2009年10月08日

【転送・転載歓迎】満月に配信 ぶんぶんニュースVol.9 届いたよ!

◎満月に配信 ぶんぶんニュースVol.9        【転送・転載歓迎】
★*888━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新作ドキュメンタリー
 私たちの未来を求めて旅するカメラ
 
        映画「ミツバチの羽音と地球の回転」
            http://888earth.net/
            2010年春公開予定!
                               
                             鎌仲ひとみ監督
                             制作・グループ現代

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━earth*★
こんにちは。6日にスタートした水のウォーク。
10月になり雨と台風が気になっていたところ、
「上関原発・中国電力が埋め立て工事着手」というNEWSが入りました。
ほぼ満月、ぶんぶんニュースVol.9をお届けします。

*contents**
◆上関原発最新情報
*水のウォーク@瀬戸内海
*NO NUKESリレー@広島、全国
◆鎌仲監督ブログ、はじまりました!
*上関原発署名について・・・
*youtube動画
◆鎌仲監督出演イベント情報
*10/13〜10/18
Touch the Hitomi 〜鎌仲ひとみ監督作品 上映展〜
*10/18 土と平和の祭典@日比谷公園
*10/31 「ぶんぶん通信」上映会@福岡
◆関連情報、イベントいろいろ
*「美味しんぼ」の環境問題篇スタート
*10/11 天手子米収穫祭@青森
*10/18 プルサーマルよりカーニバル!@福岡
*11/11 ナチュラル・ステップ基礎講座@東京
◆編集後記
やれできマラソン2009!



◆上関原発最新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎【NEWS】中電、上関原発工事に着手(中国新聞09/10/08)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200910080029.html

◎【NEWS】上関原発・中国電力が埋め立て工事着手(TYS)
http://www.tys.co.jp/NewsDetails.aspx?CID=76ad61b3-5ac1-42ee-8fa2-cee84f622f1e&DID=ddbde421-249d-4dfe-8c8e-b4dbefac2c50

◎【NEWS】上関原発海の埋め立て着手(山口放送 09/10/7 )
http://kry.co.jp/news/news8701937.html

◎【NEWS】埋め立てに向けブイを設置
(NHK山口放送局2009年10月8日 )
http://www.nhk.or.jp/yamaguchi/lnews/01.html

◎【NEWS】反対派住民からは憤りの声
(NHK山口放送局2009年10月8日 )
http://www.nhk.or.jp/yamaguchi/lnews/02.html

◎【NEWS】中電ブイ設置 「敵つくるばかりだ」
(朝日新聞 山口版 09/10/08)
http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000000910080004

◎【NEWS】上関原発建設計画:中電の“抜き打ち”着手反発 
漁民ら一層態度硬化 /山口(毎日新聞 09/10/08)
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20091008ddlk35040298000c.html

+++
緊急報告
http://blog.shimabito.net/

祝島島民の会では多くの方々と協力して
9/10より田名埠頭にて上関原発建設のための
埋め立て工事の灯浮標(ブイ)の搬出の阻止行動を続けていましたが、
本日、中国電力は田名埠頭とは別の港からブイを搬出し、
予定海域に設置したと発表しました。
詳しいことが分かり次第、追記します

祝島島民の会 事務局 2009/10/7

+++

鎌仲監督より
http://888earth.net/staffblog/2009/10/post-10.html

今日、中国電力は
埋め立て工事に必要な海に浮かべるブイを設置してしまいました。
田名埠頭では朝から台船が出て9基のブイを持ち出す構えを取り、
ながら、実は朝早く他の港から別のブイを運ぶ陽動作戦でした。。
9月10日からずっと阻止行動をしてきた祝島の人々、応援に駆けつけた人々は
肩すかしを食ってしまいました。
およそ一ヶ月近く続いた阻止行動は、今日、別の局面を迎えました。
ブイは設置されても、地域の理解を得ないままに埋め立てをする
理不尽さは変わりません。たとえ、着工が期限内にできたとしてもその課題に
中国電力を向き合うべきです。そこを見つめたいと思っています。
取り急ぎ、ご報告させていただきます。

鎌仲 2009/10/7

+++

先日10/2に署名を提出したばかりでした。
◎【NEWS】原発反対 61万人署名 (朝日新聞 09/10/03)
http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000000910030003

◎【NEWS】上関原発建設計画:反対団体、経産省に中止署名を提出 
全国から61万人分 /山口 (毎日新聞 09/10/03 )
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20091003ddlk35040434000c.html


▼リアルタイムな現地の様子が伝わってきます。
【上関原発 最新情報】http://new-k.livedoor.biz/
【RadioActive】http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/
【STOP!上関原発】おすすめメルマガ
http://stop-kaminoseki.net/mail_magazine.html

*全国どこにいてもできること、あります!その2
http://888earth.net/staffblog/2009/10/post-6.html
各地から布メッセージが集まっています。現在200枚以上☆

◎署名やカンパはこちらからお願いします。
【祝島島民の会blog】http://blog.shimabito.net/
◎自然の権利訴訟、原告団を11月まで募集しています!
【長島の自然を守る会 スナメリ通信】
http://green.ap.teacup.com/sunameri/

▼翻訳家の池田香代子さんもブログで紹介してくれています。
池田香代子ブログ
緊迫する祝島「ちょっとぐらいの放射能」(2009/10/8)
http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51266790.html

▼人気No.1ブロガーも、再度上関原発について書いています!
【きっこのブログ】
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/09/post-e00d.html


▼山口県立大学の安渓遊地先生のブログより〜
【上関)田名埠頭でガンジーさんたちに出会って元気がもらえた】
http://ankei.jp/yuji/?n=796

▼「森〜川〜海 いのちと平和 つなげよう!水のウォーク」
カヌーと自転車のコラボで山口県錦川を下りスナメリが泳ぐ瀬戸内上関へ 
【開催期間 】10月6日〜9日
http://888earth.net/staffblog/2009/10/post-9.html


◎【NEWS】水のウォーク:原発反対訴え カヌー、徒歩で岩国市を出発 /山口
(毎日新聞 09/10/08)
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20091008ddlk35040303000c.html


▼「No Nukes Relay (ノーニュークスリレー)」
  〜瀬戸内海の海を原発から守りたいイベント〜
http://nonukesrelay.jugem.jp/
【開催期間 】10月12日〜25日
広島県内の有志が、お隣山口県の上関原発の建設計画について
もっと多くの人に知ってもらい、本当に必要なものなのか、
みんなで考えよう!というイベントです。最初は広島県内だけの話でしたが、
現在では山口県、岡山、高知、札幌、東京でも参加する
団体・お店が広がりつつあります。



◆鎌仲監督ブログ、はじまりました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
映画制作と上映会の講演活動で大忙しの鎌仲監督。
近況をお伝えする、スタッフブログはじまりました。
http://888earth.net/staffblog/


「上関原発は進めます」と答弁(2009/10/03)【鎌仲監督便り】
---------------------------------------------------
昨日、経済産業省に上関原発計画中止を求める全国署名が提出されまし
た。集まった署名は61万2613筆でした。参議院会館の会議室は全国
から集まった人々で埋まりました。・・・
続きはこちら⇒http://888earth.net/staffblog/2009/10/post-8.html


▼888TV 鎌仲監督インタビュー動画
◎鎌仲ひとみからのメッセージ(2009/10/1)
http://www.youtube.com/watch?v=wE0XUmGp-pw 


◎玄海原発プルサーマル計画について(2009/10/1)
http://www.youtube.com/watch?v=9E5UufdfCCg
【NEWS 九電が県議会に陳謝−
審議中のMOX燃料装てん日程発表(佐賀新聞 10月3日)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1435039.article.html
その他プルサーマル計画についてはこちらより⇒
http://888earth.net/staffblog/2009/10/youtube.html

▼「全国各地で
「ぶんぶん通信」の自主上映会がはじまっています!
http://888earth.net/trailer.html

◎「ぶんぶん通信no.2」上映会感想@広島
http://888earth.net/news/2009/10/no1-4.html

◎自主上映会の手引き
【人と地域とつながる自主上映会をしよう】
http://888earth.net/guidance.html
上映会開催申込書PDF
http://888earth.net/images/bunbun20090903_kaisai.pdf
上映会開催申込書doc
http://888earth.net/images/bunbun20090903_kaisai.doc



◆鎌仲監督出演イベント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼10/13〜10/18 
「Touch the Hitomi 〜鎌仲ひとみ監督作品 上映展〜」
http://888earth.net/news/2009/10/touch-the-hitomi-1.html

鎌仲ひとみ監督の作品を一挙に大公開!
NHKの番組「エンデの遺言」を今回特別に無料上映!
幻の処女作「スエチャおじさん バリ・夢・うつつ」、「ぶんぶん通信」、
「ヒバクシャ−世界の終わりに」、「六ヶ所村ラプソディー」上映など、
監督作品の上映や、過去の対談記事・関連取材記事、書籍やDVDの販売も行います。
鎌仲監督が取材で訪れたイラク、六ヶ所村、祝島などの写真展示など、
「鎌仲ひとみ」の魅力がぎゅっとつまった展示会&上映会です。
*会場では布メッセージやカンパを集めます。

【開催期間】10月13日(火)〜18日(日)
11:00〜19:00(最終日のみ17:00まで)
【会場】
gallery COEXIST
〒110-0016 東京都台東区台東1-23-12(各線秋葉原駅徒歩10分)
Web:http://coexist-art.com/

【料金】
映画鑑賞=1000円/回
17日スペシャルナイト=前売1800円、当日2000円(軽食+1ドリンク付)
※映画上映中と17日のイベント開催時間以外は、無料でご入場出来ます。
【プログラム】
上映時間やスケジュールなどの詳細はこちらからご確認ください
http://888earth.net/news/2009/10/touch-the-hitomi.html

【17日(土)スペシャルナイト☆】
17:00 OPEN
17:30−19:30 上映「スエチャおじさん バリ・夢・うつつ」
19:30−20:00 鎌仲監督トーク
20:00−21:00 松谷冬太ライブ 飛び入りgest有!?
21:00−21:30 freetime(森を守るコーヒーやオーガニックの軽食など)
22:00 CLOSD

【主催】
「ミツバチの羽音と地球の回転」制作プロジェクト/gallery COEXIST

【写真展示提供・協力】
「六ヶ所あしたの森」設立準備委員会 http://ashitanomori.net/
日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET) http://www.jim-net.net/
長島の自然を守る会 http://green.ap.teacup.com/sunameri/
祝島 ひと くらし[アマチュア写真展]from 田名部工房、矢郷桃


▼10月18日(日)「土と平和の祭典2009」@東京・日比谷公園
http://www.tanemaki2007.jp
はじめる自給!を合言葉に農的幸福と収穫に感謝する
日本最大のお祭りです。鎌仲監督もトーク出演します。

*種まきトークステージ・平和
<@にれのき広場特設ステージ *artwork:生意気>
土からはじまる平和について、じっくり語りましょう。
11:00〜12:15 暮らしの種まきトーク・・・
身近な暮しから、世界のことを考えます。
【MC】吉本多香美(女優)
【ゲスト】鎌仲ひとみ(映画監督)/藤村靖之(非電化工房)/
中島デコ(マクロビ料理家) 他


*そして今回は特別に
【暮らしの種まきプロジェクト】としてエリア出展します。
http://kuratane9.blog88.fc2.com/
ナマケモノ倶楽部、非電化工房、六ヶ所あしたの森、
9パン屋、天然住宅、「ミツバチ」制作プロジェクトの6団体が参加。
ブース内でゲストのミニトークやWSもあります。どうぞお楽しみに♪


▼その他講演情報
*10月12日(祝・月)講演会@兵庫
*10月31日(土)「ぶんぶん通信no.1」上映会@福岡
主催していただくNPO法人たんぽぽとりでのみなさんは
ap bankの融資を受けて活動されています。
http://www.apbank.jp/lending/profile/tampopo/



◆関連情報、イベントいろいろ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「美味しんぼ」の環境問題篇スタート!六ヶ所村再処理工場が登場。
---------------------------------------------------
あの「美味しんぼ」で環境問題篇がスタートしました!
http://tanakayu.blogspot.com/2009/09/httpkariyatetsu.html
今発売中のビッグコミックスピリッツ44号で、巻頭の見開き
カラーページには、確かに六ヶ所村再処理工場の絵が・・!
続きはこちら⇒http://888earth.net/staffblog/2009/09/post-5.html


*10/11(日) 天手子米収穫祭
秋だよ!集まれ〜!『天手子米の収穫祭 2009』in 青森・十和田
http://888earth.net/staffblog/2009/10/10181011.html


*10/11(日) 午後9時00分〜9時58分 NHK 総合テレビ
原発解体 〜世界の現場は警告する〜
決まっていない放射性廃棄物の処分方法▽廃炉にする一方で原発建設
http://www.nhk.or.jp/special/onair/091011.html

*10/11(日) 原子力×メディア  トークライブイベント
 @京都大学原子炉実験所(大阪・熊取町)
*10/18(日) プルサーマルよりカーニバル@福岡
詳細はこちらより⇒
http://888earth.net/staffblog/2009/10/10111018.html

*11/11(水)「ナチュラル・ステップ基礎講座」
http://www.es-inc.jp/news/001690.html
日 時:11月11日(水) 9:30〜16:30(9:15〜受付開始)
会 場:こどもの城 901研修室
http://www.kodomono-shiro.jp/access/index.shtml
東京都渋谷区神宮前5-53-1 TEL 03-3797-5666
(メトロ表参道駅 B2出口より徒歩8分)


*国際NGOナチュラル・ステップ・ジャパン :http://www.tnsij.org/
講師の高見幸子さんはスウェーデン取材のコーディネートをしていただき、
大変お世話になりました。映画の応援メッセージをいただいています。
http://888earth.net/news/cat11/



◆編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*11/23(祝・月)に都内でスペシャルイベントが開催されます。
祝島現地より山戸孝さん、長島の自然を守る会より高島美登里さん、
そして「ミツバチ」制作スタッフの冨田さんに高尾山を守る坂田さん率いる
【ケンジュウノカイ】http://homepage2.nifty.com/kenju/
自然を守るアクションを展開!
詳細は次号ぶんぶんニュースで。どうぞお楽しみに♪

*去年WATER GREENで鎌仲監督や田中優さん達を
招きイベントを開いた米原君がチャレンジ中!みなさん応援しましょう。
やれできマラソン2009
http://yaredeki2009.jugem.jp/
毎日フルマラソンで3千キロ 青森六ヶ所から沖縄への無謀な旅が
スタート!greenz.jp
http://greenz.jp/2009/10/07/yaredeki2009/

*Slowムーブメントhttp://www.slowmovement.jp/
スローなイベントやスローなカフェなど
「いのちを大切にして、ゆっくりいきる」ことをコンセプトとした
さまざまなムーブメントが紹介されています。

★*888−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
新作撮影中
映画「ミツバチの羽音と地球の回転」

WEB:http://888earth.net/
MAIL:888earth@g-gendai.co.jp

「ミツバチ」制作プロジェクト
メールニュース担当:藤井、小原
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-11-13
トラスト新宿ビル4F グループ現代
Tel: 03-3341-2863 Fax:03-3341-2874
−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・earth*★

posted by momotomo at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

小出ゼミ合宿 関西遠征 最終のご案内 その2

小出ゼミ合宿 10/11〜13 最終のご案内 2
10/6更新分 が最終のはずだったのですが、ごめんなさい。

今日は、 最終の案内 2 というタイトルです。

最終のご案内 3 も 10月9日の最終締切までに登場してしまうかもしれません。
あらかじめご了承下さい。
どうぞ、最新情報をご確認の上、足をお運び下さい


みなさま
こんばんは。

ももんがの井上です。
小出ゼミ合宿の呼びかけ人&実行委員です。

今週末の日曜日、11日に初日を迎えます、小出先生によるゼミ合宿について、
ご案内および現状の予約状況についてご報告します。


************ご報告*************

1)10月13日(火)の原子炉見学  ※受付終了しました。

2)10月11日(日)のイベント後の懇親会(3,500円〜) 定員30名
  → あと3名(先着順)

3)11日(日)の宿泊
  原子炉実験所共同宿泊所(1,000円) → 9日(金)正午まで受付ます。

その他のスケジュールも、ご相談下さい。
  
初日11日のトークライブイベントは、
ゲストのみなさんの貴重なお話が、一度に聞けちゃうすごいチャンスです。
定員70名のお部屋ですので、まだ余裕がございます。
当日、飛び入りでの参加も大歓迎です。
(ただし、資料の準備があります関係で、できるだけ事前にお申込下さい。ご協力お願いします)

直前のご案内ではありますが、お知り合いの方に、ご紹介いただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いします。

【参加状況】

●現在の受講人数 

  1日目 : トークライブ23名        
        (70名定員の会議室。現在、40名程度として準備中。
         ⇒ 当日参加も受け入れも歓迎します)
                 
        懇親会 27名 
        (お店のスペース上、定員30名までの為、あと3名。
         ぎりぎり定員まで対応します)
 
  2日目 : 小出先生のゼミ(午前2コマ・午後2コマ)19名
         現在の人数でこじんまりというには、ギリギリ?というところですが、
         この機会にぜひ参加したい。と強く希望される方がいらっしゃいましたら、
         仲間に加わってください。
                 
 3日目: 実験所施設見学 17名  (受付終了しました)
   
●宿泊人数

 1日目(実験所):20名 (お申込いただければ、一応、追加可能) 

 2日目(旅館): 宿泊 16名 (他3名日帰り宴会コース) 
          (現在、部屋を一部屋追加し、定員21名分のお部屋を予約できています。
           男性は4名、女性1名 または、男性1名、女性4名 追加可能)

●受付について
メールによる事前申込は、9日 正午にて、終了させていただきます。
(特に、実験所の共同宿泊所の宿泊は、こちらでラスト)

当日参加が可能なトークライブ、小出先生によるゼミの受講については、
直接、会場にお越し下さい。
(井上携帯 090−9106−0308 までご連絡いただけますと、資料等の準備ができ、助かります)

会場である、京都大学原子炉実験所内に入られる場合、受付が必要となります。
合宿ツアー、または、トークライブへ申込メールをいただけますと名簿にし、
小出先生に事前に登録していただくことになりますので、当日は簡単な手続きで入れるそうです。
もちろん、申込なしで当日イベントやゼミにご参加いただくこともできますが、
その際は、ご自身での正門にて手続きをお取りいただきますので、多少お時間がかかるそうです。
また、資料が不足する場合もありますので、できるだけ事前連絡(メール、電話)にご協力お願いします。

●比較的定員枠が大きく、ギリギリまで受け入れが可能そうなもの
11日のトークライブへの参加、
12日の小出ゼミへの参加 
の2つです。
      ※11日夜の実験所共同宿泊所の宿泊は、削除しました。
        ←9日(金)正午が申込期限となりました。

こちらは、施設の定員が大きく、ゆとりがあります。
ただ、会場設営や資料の準備等がありますので、できるだけ事前のご予約をお願いします。

でも、もしも、直前にこのご案内がご自身のところに回ってきても、あきらめないで、ぜひ、お問合せ下さいね。
先着順のもの、事前届出のルールが厳しいもの以外は、なんとか対応できるかもしれませんので。
チャンスは生かしましょう!)

***********************

申込先: momotomonet@hotmail.co.jp 
(担当 美苗子さん)

*** 小出先生ゼミ合宿 原子炉実験所訪問ツアー(大阪・熊取)(最終版 2)***

【日程】
:2009年10月11日(日)、12日(祝・月)、13日(火)

※ 3連休の2日目からのスタートです。
  「現地集合・現地解散」 
※ 最終日13日(火)は、「平日」です。
  原子炉実験所内の見学は「平日」に限られているためです。
※ 初日のトークライブ&懇親会のみの参加、
  最初の2日間、最後の2日間など、一部スケジュールのみの参加も大歓迎です。
  ⇒ 各種締切については、別途ご確認下さい。

【集合時間】
10/11(日) 集合 : 12:30    
         京都大学原子炉実験所・事務棟 会議室   
         到着次第、正門で守衛さんに受付をして「左」手へ。 ←※「右」手より修正
         直接会議室へどうぞ。

10/13(火)  解散 : 15:00頃  実験所内のどこか


【場所】 京都大学原子炉実験所 
     大阪府泉南郡熊取町朝代西2丁目
     URL: http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/

     原子炉実験所共同利用案内
     http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/JRS/information/information.htm

     『不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉
      URL: http://www.fudouguchikan.com/
      住所:〒598-0023 大阪府泉佐野市大木7番地
      TEL: 072-459-7326( 代 )
     
【ゼミ参加費用(資料代等)】 

@参加費(ゼミ費) 
合宿の際にかかります諸経費は、参加するゼミ員のみんなで分担します。
当初、3日間通しで 5,000円程度とのご案内でしたが、
フルコース以外の方も多いので、日数による減額などを考慮しました。
下記のとおりです。

  1日目(トークライブ) 1,000円
  2日目         1,500円 (学生1,000円)
  3日目         1,500円 (学生1,000円)
  と設定しました。

A宿泊費 

   1泊目: 実験所内 共同宿泊所 1,000円 (予約9日正午まで)
   
   2泊目: 『不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉 (予約メールは9日正午まで。
                                    携帯電話は、10日まで

          1泊2食付 10,500円+入湯税150円
         ※当日夜に帰る方は、日帰り参加も可能です。
          入浴+宴会食事(皆と一緒)で、5,250円+入湯税75円です。
          申込後のキャンセルは、規定のキャンセル料が発生します。
       
B食事・飲み物代  初日11日の懇親会 
             お料理代 3,000円+各自飲み物代(最初の1杯500円分)の計3,500円)
             その他の食事は、各自分を負担のこと
 
C交通費 実費   
 現地集合・現地解散です。

※往復の交通手段の予約や購入は、各自の判断・責任でお選びください。
 京都大学原子炉実験所 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/

 実験所のアクセスについては、下記を確認ください。 
  http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/index/access.html

 <飛行機の場合>
  関西空港から 
  JR関西空港駅(関西空港線 関空快速)→ JR熊取駅 
   約15分 440円

 <長距離バス・新幹線の場合>
 JR新大阪駅→JR大阪駅(環状線)→天王寺駅(阪和線快速)→熊取駅
   約50分 780円
 ※JR熊取駅 から バス停「原子力研究所前」まで。
  バスで7分、タクシーで5分ほど(170円)

 熊取駅からのバスの時刻表 ↓
 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/gaiyo/access/bus.pdf

 (当日は、だんじり祭の為、バスの運行状況が変わる可能性があります。
  徒歩ですと20分ほどだそうです。早めの時間帯のバスに乗るか、タクシーに乗りあう仲間を募る、
  また、徒歩で行く道順を各自チェックしておいてください)

原子炉実験所のある、大阪府・熊取は、東京からですと最短は「飛行機」の往復です。
(※京都大学の施設ですが、京都ではありません)


【スケジュール】

10/11(日) (合宿1日目) 
12:30集合、
13:00〜17:15頃 トークライブ

**************************
原子力×メディア  トークライブイベント
@京都大学原子炉実験所 事務棟会議室 (大阪・熊取町)
 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/

※参加申込の方には、メーリングリストにて、
  施設案内、地図をお送りしております。
           
〜 知ろう、伝えよう、つながろう 〜

 会いに来ちゃいました、
   まっすぐな生き方、聞かせてください!

豪華ゲストで実現
津村氏、岩田氏、今中氏、小出氏の魅力に、ぐっと迫ります。

小出裕章氏によるおはなし
       ・日本列島各地での講演から知る、原子力の現状(ダイジェスト版)
       ・各ゲストのご紹介

各ゲストによるおはなし → 質疑応答
 
【ゲスト】 
毎日放送 ディレクター 津村健夫氏
(MBS『なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所 ”異端の研究者たち”』制作)
http://video.google.com/videoplay?docid=2967840354475600719&hl=ja

潟}フィア・コーポレーション 岩田カズヒロ氏 
(京都清水寺内ご開帳記念講話イベント『奉納 言』 企画実施、『神聖喜劇』を漫画化)
http://www.kiyomizudera.or.jp/2009_news/gen.html
NTV特集「神聖喜劇 ふたたび」 http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2008/0810.html

京都大学原子炉実験所 助教 今中哲二氏
(『なぜ警告を続けるのか〜』 に小出さんと共に主演、
チェルノブイリ等の旧ソビエト諸国の原子力事情がご専門)
原子力安全研究グループHP http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/

**************************
→ 18:00〜21:00頃 懇親会
  (花舟庵さん定員30名まで、会費制) 

〜〜〜 原子炉実験所 共同宿泊所 (泊) 〜〜〜 

10/12(祝・月) 
(合宿2日目)  
午前10時〜午後15時頃まで 
小出先生によるゼミ (講義+質疑応答) 
4コマ @原子炉実験所・会議室 

 ↓
15:30発、送迎バスにて「不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉へ移動 (約10〜15分)
散歩、温泉、宴会、就寝
 
〜〜〜 不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉(泊) 〜〜〜

10/13(火) 
(合宿3日目) 
不動口館にて、朝風呂、朝ごはん、散策
10:00チェックアウト後、原子炉実験所へ送迎バスで移動(約10〜15分)
昼食をはさんで、実験所内の原子炉等の施設を見学。
15時頃、解散予定

【ツアーのポイント】

今回の見どころは大きく3つ!(日程順)

【1】 トークライブ:素敵なゲスト3人をお迎えします。

小出先生は、参加者みんな と ゲストの3名 をつなぐキーパーソン。
そこで、今回、ゲストのご紹介をお願いし、みんなをつないでいただきます。
 
1)ゲストのおひとり目は、第46回ギャラクシー賞のテレビ部門 選奨 を受賞された、
 映像08’ 「なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち〜 」を作られた、
 毎日放送(大阪)の津村健夫ディレクターです。

 この番組の応援する活動(DVDを無料で配って声を届けよう!)をみんなでコツコツしてきましたが、
 DVDを手渡されたほんとうにたくさんの方々が、応援の声(メールやFAX)を届けてくださいました。
 ご協力、本当にありがとうございます♪ 

 今回、小出先生のお膝元に原子炉を見にいくのだったら、ぜひ津村さんにおはなしが聞きたいです。と、
 小出さんにお願いしたところ、みんなと一緒に、直接お礼を言い、お話を聞けることになりました(ラッキー☆)

 ※現在、YOU TUBE でも観れます。
 http://video.google.com/videoplay?docid=2967840354475600719&hl=ja

2)ゲストのおふたり目は、今年の4,5月に、京都の清水寺の境内にて、
 ご開帳記念の連続講話イベント「平成21年 奉納「言」(第3回)」を企画実施された、
 株式会社マフィア・コーポレーションの岩田カズヒロさんです。
 (マフィア? MAFIA? 詳しい由来は、当日伺いましょう) 
 津村さんの「映像’08」をご覧になられた岩田さんが、
 河内家菊水丸さん、ワダエミさん、佐高 信さん、梁 英姫さん、雨宮処凛さんなど、
 様々な分野で活躍するゲストの方々の一人として、小出さんに声をかけてくださったそうです。
 
 テーマ: 本当に「原発(原子力発電所)は要る」のか!?
     原子力の研究者が反・原発を説く訳を聞いてみませんか?
 このイベントでは、有名なお寺、清水寺の境内での講話ということで、初めて原子力のおはなしを聞く人が多く参加。
 新しい層にぐっと広がっていったようです。
 岩田さんのご活躍は多岐に渡っており、作家大西巨人氏の「神聖喜劇」の漫画化に取組み、
 日本漫画家協会賞および手塚賞を受賞。
 http://www.yomiuri.co.jp/book/author/20060530bk01.htm
 http://www.asahi.com/shimbun/award/tezuka/senkou07.html 
 これを機に、「神聖喜劇」の再ブームを作り出されました。
 その歩みを撮影した番組が、NHKで放映され、ギャラクシー賞を受賞しました。
 NTV特集 http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2008/0810.html
  (2008年4月13日初放映、2008年の8月10日再放送)

3)ゲストの3人目は、長年にわたり、小出さんと共に、反原発の道を共に歩んでいらっしゃる、
 京都大学原子炉実験所 助教 今中哲二さんです。
 映像’08の番組中では、チェルノブイリ、セミパラチンスクの土壌調査などをされている姿。
 そこに表れる放射能の汚染を科学的に解明したとしても、そこで暮らす方々の文化や生活そのものが消されていくこと、
 そこで暮らす方々の悲しみや怒りは?という問いかけをされ、現地の方々の気持ちに寄り添う今中先生。
 そして、原子力が推進されているのはなぜか?という問いに、原子力が利権構造化している現実をわかりやすく説明し、
 さらに核武装していくための能力を備えておきたいのだろう。との言葉。ドキっとしました。
 原子力の研究者という立場から、真剣にカメラに向かって語る姿。勇気がありその姿、発言は、多くの方の胸に深く刻まれました。
 
 今中先生・小出先生の歩みは、原子力安全研究グループのHP 
  http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/  をご覧下さい。

【2】 12日のゼミ 
   たっぷりと、まる一日取りました!
   小出先生じきじきの少人数ゼミです。

  <45分間の小出先生のゼミ + 20分間の質疑応答(わいわい、じっくり)を4コマ分、取りました。
  なんだか学校みたいです。ドキドキ。
  参加者から寄せられたリクエストを届けました。
  ゼミのタイトルは、下記の通りです。

 1.核と原子力
    核開発とそれに続く原子力開発の全体像
 2.破綻した核燃料サイクル
    高速増殖炉、再処理、プルサーマルなど
 3.厖大に残る核のごみ
    ウラン鉱山、低レベル・高レベル廃物など
 4.核の本質と世界の平和
    核分裂の性格と原子力潜水艦などの利用、朝鮮のことなど

  ゼミでしっかり学んだ後は、ほっと一息つきましょう。
  夕方からは、犬鳴山の渓谷ぞいへ移動します。
  近所をてくてく散策し、そのあと、気持ちのよい温泉(2種類)でのんびり。
  その後、宴会です。
  時間がたっぷりあるので、ゼミ生のみんなが小出さんと直接おはなしできます。
  また、日本各地から集まってくる20数名の仲間との交流もきっと楽しいです♪

B 原子炉実験所の施設の見学をさせていただきます。
  原子炉って、どうなってるのでしょうか?
  実験所内ではどのような仕事をしているのでしょう?
   (現在、17名ですので、10名以上の為、今中先生も付き添ってくださるそうです。(感謝)
  → こちらは受付終了いたしました。

*************************

以下、参加申込メールのフォーマットです。

--------- 参加申込メール -------

○お名前(フルネーム) & ニックネーム
○所属(勤務先、職業、学校、等)
○どんなルートで、今回の小出ゼミ合宿(または、トークライブ)をお知りになりましたか?
○連絡先 
・MLに登録OKなメールアドレス
・携帯電話(あれば)

○参加形態: 必ず、お書きください。
例)11日トークライブ+懇親会の日帰りコース。
  12日小出ゼミの終了後、温泉の前まで等、  
  <合流するタイミング> と <帰るタイミング> の記入をお願いします。

○初日11日(日)夜の懇親会の参加について  参加する OR しない
  (参加費 お料理代3,000円+各自飲み物代)

○宿泊の有無 【最重要】 ※申込締切ご確認ください。

1日目 : 実験所の共同宿泊所 OR その他(自分で探す・友人宅)
        1,000円
2日目 : 不動口館  OR その他(自分で探す・友人宅)
        10,500円 + 入湯税150円

○分担していただけるお仕事、得意なことを教えてください。
 記録係(文、映像、画像)、HPやブログへの記事のUP,
 飲み会幹事、食事ごとの会計係、受付、司会、その他

○質問等あれば

--------------------------------------------------
申込先: momotomonet@hotmail.co.jp (9日正午まで。担当:美苗子さん) 

質問など: ecomomo8@m9.dion.ne.jp 井上
      090−9106−0308(携帯・ソフトバンク)
      (直前まで、申込受付電話は、こちらです)
 
取りまとめ)
   エコロジー雑貨ももんが & 
     ももんがともだちネット 井上(まぼ)

posted by momotomo at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

小出ゼミ合宿 10/11〜13 最終のご案内

みなさま

こんばんは。

ももんがのまぼ(井上)です。

今週末の日曜日に初日を迎えます、
小出先生ゼミ合宿について、最終のご案内、
現状の予約状況についてご報告します。

定員間近。若干名のみ募集。という箇所もありますが、
初日のトークライブについては特に、引き続き、
皆様のお知り合いの方に、ご紹介いただけたらと思います。

よろしくお願いします。

なお、3日目の原子炉見学ツアー参加の申込は、
1週間前の事前届出が必要なため、
明日、10月6日(火曜)の正午までとなります!
定員まであと3名です。
申込時に、
@お名前、
A所属(職場、学校、職業等)、
B連絡先(電話+メールアドレス) 
をお書きの上、お早めにお申込下さい。
先着順とさせていただきます。
よろしくお願いします。

************ご報告*************

【参加状況】

●現在の受講人数 

  1日目:トークライブ21名        
      (40名程度。当日参加も受け入れも歓迎します)
                 
      懇親会 24名 
     (お店のスペース上、定員30名までの為、あと6名。
      ぎりぎり定員まで対応します)
 
  2日目:小出先生のゼミ(午前2コマ・午後2コマ)19名
      現在の人数でこじんまりギリギリ?というところですが、この機会にぜひ。と強く希望される方がいらっしゃいましたらどうぞ。
 当日参加も受け入れも歓迎します)
                 
 3日目:実験所施設見学 17名
   (◎定員まであと3名。但し10月6日正午までの申込要)

●宿泊人数

 1日目(実験所):17名 (一応、追加可能です)

 2日目(旅館):16名 
   (定員18名分お部屋を予約できています。
    男性は1名、女性1名追加可能)

●受付について

会場の京都大学原子炉実験所内に入られる場合、受付が必要となります。
合宿ツアー、または、トークライブへ申込メールをいただきますと、
名簿にしたものを、小出先生に提出し、事前に登録していただくことになりますから、当日は簡単な手続きで入れるそうです。
もちろん、申込なしで当日イベントやゼミにご参加いただくこともできますが、その際は、ご自身での正門にて手続きをお取りいただきますので、多少お時間がかかるそうです。

●比較的定員枠が大きく、実施日ギリギリまで、受け入れが可能そうなもの

11日のトークライブへの参加、
実験所の共同宿泊所での宿泊、
12日の小出ゼミへの参加 の3つです。

こちらは、施設の定員が大きく、ゆとりがあります。
ただ、会場設営や資料の準備等がありますので、できるだけ事前のご予約をお願いします。
(でも、もしも、直前にこのご案内がご自身のところに回ってきても、あきらめないで、ぜひ、お問合せ下さいね。
 先着順のもの、事前届出のルールが厳しいもの以外は、
 なんとか対応できるかもしれませんので。チャンスは生かしましょう!)

***********************

申込先: momotomonet@hotmail.co.jp 

(担当 美苗子さん)

*** 小出先生ゼミ合宿 原子炉実験所訪問ツアー(大阪・熊取)(最終版)***

【日程】
:2009年10月11日(日)、12日(祝・月)、13日(火)

※ 3連休の2日目からのスタートです。
  「現地集合・現地解散」 。
※ 最終日13日(火)は、「平日」です。
  原子炉実験所内の見学は「平日」に限られているためです。
※ 初日のトークライブ&懇親会のみの参加、
  最初の2日間、最後の2日間など、一部スケジュールのみの参加も大歓迎です。

【集合時間】
10/11(日) 集合 : 12:30    
         京都大学原子炉実験所・事務棟 会議室   
         到着次第、正門で守衛さんに受付をして右手へ。
         直接会議室へどうぞ。

10/13(火)  解散 : 15:00頃  実験所内のどこか


【場所】 京都大学原子炉実験所 
     大阪府泉南郡熊取町朝代西2丁目
     URL: http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/

     原子炉実験所共同利用案内
     http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/JRS/information/information.htm

     『不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉
      URL: http://www.fudouguchikan.com/
      住所:〒598-0023 大阪府泉佐野市大木7番地
      TEL: 072-459-7326( 代 )
     
【ゼミ参加費用(資料代等)】 

@参加費(ゼミ費) 
  
  1日目(トークライブ) 1,000円
  2日目        1,500円(学生1,000円)
  3日目        1,500円(学生1,000円)

  と設定しました。
  資料代 等の合宿時にかかります諸経費は、参加するゼミ員みんなで分担します。
  
A宿泊費 

   1泊目: 実験所内 共同宿泊所 1,000円 
   
    2泊目: 『不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉
          1泊2食付 10,500円+入湯税150円

         ※当日夜に帰る方は、日帰り参加も可能です。
          入浴+宴会食事(皆と一緒)で、5,250円+入湯税75円です。
          宿の予約は、料理の準備があるので、前日11日までに必ず予約をお願いします。
          申込後のキャンセルは、規定のキャンセル料が発生します。
       
B食事・飲み物代  初日11日の懇親会 お料理代 3,000円+各自飲み物代
          その他の食事は、各自分を負担のこと
 
C交通費 実費   現地集合・現地解散です。

※往復の交通手段の予約や購入は、各自の判断・責任でお選びください。
京都大学原子炉実験所 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/

実験所のアクセスについては、下記を確認ください。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/index/access.html

 <飛行機の場合>
  関西空港から 
  JR関西空港駅(関西空港線 関空快速)→ JR熊取駅 
   約15分 440円

 <長距離バス・新幹線の場合>
 JR新大阪駅→JR大阪駅(環状線)→天王寺駅(阪和線快速)→熊取駅
   約50分 780円
 ※JR熊取駅 から バス停「原子力研究所前」まで。
  バスで7分、タクシーで5分ほど(170円)

 熊取駅からのバスの時刻表 ↓
 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/gaiyo/access/bus.pdf

 (当日は、だんじり祭の為、道路が込み合う等で、バスの運行状況が変わります。
  徒歩ですと20分ほどだそうです。早めの時間帯のバスに乗るか、タクシーに乗りあう仲間を募る、
  また、徒歩で行く道順を各自チェックしておいてください)

原子炉実験所のある、大阪府・熊取は、東京からですと最短は「飛行機」の往復です。
(※京都大学の施設ですが、京都ではありません)


【スケジュール】

10/11(日) (合宿1日目) 
12:30集合、
13:00〜17:15頃 

原子力×メディア  トークライブイベント
@京都大学原子炉実験所 事務棟会議室 (大阪・熊取町)
 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/
※参加申込の方に施設案内、地図をお送りしますのでご安心下さい。
           
〜 知ろう、伝えよう、つながろう 〜

 会いに来ちゃいました、
   まっすぐな生き方、聞かせてください!

豪華ゲストで実現
津村氏、岩田氏、今中氏、小出氏の魅力に、ぐっと迫ります。

小出裕章氏によるおはなし
       ・日本列島各地での講演から知る、原子力の現状(ダイジェスト版)
       ・各ゲストのご紹介

各ゲストによるおはなし → 質疑応答
 
【ゲスト】 
毎日放送 ディレクター 津村健夫氏
(MBS『なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所 ”異端の研究者たち”』制作)
http://video.google.com/videoplay?docid=2967840354475600719&hl=ja

潟}フィア・コーポレーション 岩田カズヒロ氏 
(京都清水寺内ご開帳記念講話イベント『奉納 言』 企画実施、『神聖喜劇』を漫画化)
http://www.kiyomizudera.or.jp/2009_news/gen.html
NTV特集「神聖喜劇 ふたたび」 http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2008/0810.html

京都大学原子炉実験所 助教 今中哲二氏
(『なぜ警告を続けるのか〜』 に小出さんと共に主演、
チェルノブイリ等の旧ソビエト諸国の原子力事情がご専門)
原子力安全研究グループHP http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/


→ 18:00〜21:00頃 懇親会
  (花舟庵さん定員30名まで、会費制) 

〜〜〜 原子炉実験所 共同宿泊所 (泊) 〜〜〜 

10/12(祝・月) 
(合宿2日目)  
午前10時〜午後15時頃まで 
小出先生によるゼミ
(講義+質疑応答) @原子炉実験所・会議室 
 ↓
15:30発、送迎バスにて「不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉へ移動 (約10〜15分)
散歩、温泉、宴会、就寝
 
〜〜〜 不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉(泊) 〜〜〜

10/13(火) 
(合宿3日目) 
不動口館にて、朝風呂、朝ごはん、散策
10:00チェックアウト後、原子炉実験所へ送迎バスで移動(約10〜15分)
昼食をはさんで、実験所内の原子炉等の施設を見学。
15時頃、解散予定

【ツアーのポイント】

今回の見どころは大きく3つ!(日程順)

@ 素敵なゲスト3人をお迎えします。
  小出先生は、参加者みんな と ゲストの3名 をつなぐキーパーソン。
  そこで、今回、ゲストのご紹介をお願いし、みんなをつないでいただきます。
 
1)ゲストのおひとり目は、第46回ギャラクシー賞のテレビ部門 選奨 を受賞された、
 映像08’ 「なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち〜 」を作られた、
 毎日放送(大阪)の津村健夫ディレクターです。

 この番組の応援する活動(DVDを無料で配って声を届けよう!)をみんなでコツコツしてきましたが、
 DVDを手渡されたほんとうにたくさんの方々が、応援の声(メールやFAX)を届けてくださいました。ご協力、本当にありがとうございます♪ 

 今回、小出先生のお膝元に原子炉を見にいくのだったら、ぜひ津村さんにおはなしが聞きたいです。と、
小出さんにお願いしたところ、幸運なことに、みんなと一緒に、直接、お礼を言い、お話を聞けることになりました。
 ※現在、YOU TUBE でも観れます。
 http://video.google.com/videoplay?docid=2967840354475600719&hl=ja

2)ゲストのおふたり目は、今年の4,5月に、京都の清水寺の境内にて、
ご開帳記念の連続講話イベント「平成21年 奉納「言」(第3回)」を企画実施された、
 株式会社マフィア・コーポレーションの岩田カズヒロさんです。
 (マフィア? MAFIA? 詳しい由来は、当日伺いましょう) 
 津村さんの「映像’08」をご覧になられた岩田さんが、
 河内家菊水丸さん、ワダエミさん、佐高 信さん、梁 英姫さん、雨宮処凛さんなど、
 様々な分野で活躍するゲストの方々の一人として、小出さんに声をかけてくださったそうです。
 テーマ: 本当に「原発(原子力発電所)は要る」のか!?
     原子力の研究者が反・原発を説く訳を聞いてみませんか?
このイベントでは、清水寺の境内での講話ということで、初めて原子力のおはなしを聞く人が多く参加。新しい層にぐっと広がっていったようです。

 岩田さんのご活躍は多岐に渡っており、作家大西巨人氏の「神聖喜劇」の漫画化に取組み、
 日本漫画家協会賞および手塚賞を受賞。
 http://www.yomiuri.co.jp/book/author/20060530bk01.htm
 http://www.asahi.com/shimbun/award/tezuka/senkou07.html 
 これを機に、「神聖喜劇」の再ブームを作り出されました。
 その歩みを撮影した番組が、NHKで放映され、ギャラクシー賞を受賞しました。
 NTV特集 http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2008/0810.html
  (2008年4月13日初放映、2008年の8月10日再放送)

3)ゲストの3人目は、長年にわたり、小出さんと共に、反原発の道を共に歩んでいらっしゃる、原子炉実験所の 今中哲二先生です。
 映像’08の番組中では、チェルノブイリ、セミパラチンスクの土壌調査などをされている姿。
 そこに表れる放射能の汚染を科学的に解明したとしても、そこで暮らす方々の文化や生活そのものが消されていくこと、
 そこで暮らす方々の悲しみや怒りは?という問いかけをされ、現地の方々の気持ちに寄り添う今中先生。
 そして、原子力が推進されているのはなぜか?という問いに、原子力が利権構造化している現実をわかりやすく説明し、
 さらに核武装していくための能力を備えておきたいのだろう。との言葉。ドキっとしました。
 原子力の研究者という立場から、真剣にカメラに向かって語る姿。勇気がありその姿、発言は、多くの方の胸に深く刻まれました。
 
 今中先生・小出先生の歩みは、原子力安全研究グループのHP 
  http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/  をご覧下さい。

A まる一日取りました!
  小出先生じきじきの少人数ゼミです。

  <45分間の小出先生のゼミ+20分間の質疑応答(わいわい、じっくり) を 4コマ分、取りました。
  なんだか学校みたいです。

  ゼミでしっかり学んだ後は、夕方からは、犬鳴山の渓谷ぞいへ移動。
  近所を散策し、そのあと、気持ちのよい温泉(2種類)でのんびり。その後、宴会です。
  時間がたっぷりあるので、ゼミ生のみんなが小出さんと直接おはなしできます。

  【2日目 小出ゼミの内容について】
  ゼミ生から募集した質問をまとめ、小出さんにようやく提出しました(10/4) 

B 原子炉実験所の施設の見学をさせていただきます。
  原子炉って、どうなってるのでしょうか?
  実験所内ではどのような仕事をしているのでしょう?
   (現在、17名ですので、10名以上の為、今中先生も付き添ってくださるそうです。(感謝)

  → こちらは、定員20名、受付は1週間前までです。注)10月6日迄 

*************************

以下、参加申込メールのフォーマットです。

--------- 参加申込メール -------

○お名前(フルネーム) & ニックネーム
○所属(勤務先、職業、学校、等)
○どんなルートで、今回の小出ゼミ合宿を知りましたか?
○連絡先 
・MLに登録OKなメールアドレス
・携帯電話(あれば)

○参加形態: 必ず、お書きください。
例)11日トークライブ+懇親会の日帰りコース。
  12日小出ゼミの終了後、温泉の前まで等、  
  合流するタイミング と 帰るタイミングの記入をお願いします。
  2日目からの参加も可能です。
  3日目は施設への申込締切が早く(10月6日正午まで)定員も20名です。
  締切後、定員後の対応は難しいです。あらかじめご了承下さい。

○初日11日(日)夜の懇親会の参加について  参加する OR しない
  (参加費 お料理代3,000円+各自飲み物代)

○宿泊の有無 【最重要】

1日目 : 実験所の共同宿泊所 OR その他(自分で探す・友人宅)
        1,000円

2日目 : 不動口館  OR その他(自分で探す・友人宅)
        10,500円 + 入湯税150円

○分担していただけるお仕事、得意なことを教えてください。
 記録係(文、映像、画像)、HPやブログへの記事のUP,
 飲み会幹事、食事ごとの会計係、受付、司会、その他

○質問等あれば

--------------------------------------------------
申込先: momotomonet@hotmail.co.jp 
(担当:美苗子さん)

質問など: ecomomo8@m9.dion.ne.jp 井上
      090−9106−0308(携帯・ソフトバンク)
 
取りまとめ)
   エコロジー雑貨ももんが & 
     ももんがともだちネット 井上(まぼ)




posted by momotomo at 01:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

10月11日 原子力×メディア トークライブイベント@京都大学原子炉実験所(大阪・熊取町)

みなさま

こんばんは。

ももんがの井上です。

10月2日からはじまった
一連の反原発のイベントにご参加の皆様、
お疲れ様でした!

全国各地から集まられた皆さんのおはなしを聞いたり、
家族のように思っている、東北からのお友だちと笑顔で乾杯したり、はじめましてのお客さん(日本各地から)と、
ブースでおはなししたり、一緒に布メッセージを描いたりしながら、
色々なことを考えました。
元気をいっぱいいただきました。
ありがとうございました。

3日、会場でお会いできた皆さん、
ももんがのブースに遊びに来てくださった皆さん、ありがとうございました!
このMLのお友だちもたくさん足を運んでくださいました(感謝)
テントや備品等を貸してくださった誠さん、ありがとうございました。
当日は、一人でもそもそ出店した日だったのですが、
かわるがわるに遊びに来てくれるので、
笑って話しているうちに、あっという間におわってしまいました。
通販のお会いしたことがなかったお客さんも2組も!足を運んでいただけました。
ちょっと照れたりしながら、よろしく!って握手しました。
顔が見えるとうれしくなっちゃいますね。
小出ゼミのおすすめ!というお話や
「犬と猫と人間と」の話、みんなの近況等あれこれに、
話に花が咲きましたー。
夜は、東北の6ラプサミットチームの方がたと一緒の交流会。
楽しかったなぁ。


そして、4日(日)、どきどきの初の試み。
奈々ちゃんや愛ちゃん、誠さんたちががんばって準備していた、
ビーズカフェイベント、ワールドカフェ形式の新趣向のイベント。
私は、当日だけだったのですが、裏方のカフェスタッフでちょこっとお邪魔しました。ちこまか廊下を移動するたびに、部屋をのぞくのですが、そのたびに、笑顔が多くてとても素敵な空間でした。
その静かな活気に、そして、元気な笑い声に、
とても勇気付けられ、希望をいっぱい持ちましたー。

みなさんは、今晩あたりバタンキューだったり、
雨の降るなか、のんびり疲れを癒されているかとおもいます。
畳み掛けるようで恐縮しちゃいますが、
今週末の日曜日に企画しておりますトークライブのご案内です。

直前のお誘いになってしまいましたし、
ちょっと(?)遠いのですが、関西にお住まいの皆様、
また、3連休中、関西におでかけのかた、
どうぞ、お誘いあわせのうえ、お越し下さいね!

お待ちしています。

******** 転 載 歓 迎 *************

10月11日
 原子力×メディア  トークライブイベント
   @京都大学原子炉実験所(大阪・熊取町)

〜 知ろう、伝えよう、つながろう 〜

 会いに来ちゃいました、
   まっすぐな生き方、聞かせてください!

豪華ゲストで実現
津村氏、
   岩田氏、
      今中氏、
         小出氏の魅力に、ぐっと迫ります。

日時:2009年10月11日(日)

集合時間・場所: 12:30集合 
           京都大学原子炉実験所・事務棟 会議室 
           http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/

           (京都ではありません。必ず確認してください)
           正門で守衛さんに受付をして、直接会議室へどうぞ!
    
13:00〜17:30頃 (終了時間未定)

18:00〜21:00頃 懇親会

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

小出裕章氏によるおはなし
       ・日本列島各地での講演から知る、原子力の現状(ダイジェスト版)
       ・各ゲストのご紹介

各ゲストによるおはなし → 質疑応答
 
【ゲスト】 
毎日放送 ディレクター 津村健夫氏
(MBS『なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所 ”異端の研究者たち”』制作)
http://video.google.com/videoplay?docid=2967840354475600719&hl=ja

潟}フィア・コーポレーション 岩田カズヒロ氏 
(京都清水寺内ご開帳記念講話イベント『奉納 言』 企画実施、『神聖喜劇』を漫画化)
http://www.kiyomizudera.or.jp/2009_news/gen.html
NTV特集「神聖喜劇 ふたたび」http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2008/0810.html

京都大学原子炉実験所 助教 今中哲二氏
(『なぜ警告を続けるのか〜』 に小出さんと共に主演、
チェルノブイリ等の旧ソビエト諸国の原子力事情がご専門)
原子力安全研究グループHP http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/

●資料代等  1000円

●お問い合わせ 申込先
 momotomonet@hotmail.co.jp     

☆件名を「トークライブ参加申込」としてください。

☆お名前(フルネーム)
☆連絡先(携帯電話・メールアドレス)
☆会社名・団体名・個人などの所属名
※個人情報は,実験所への入講のため 必要となります。

☆トークライブ後の懇親会へのご参加の方は、申込時に明記してください。
参加費 3000円 + 飲み物1杯 500円〜
(懇親会のみ、定員まであと5〜6名)

※このトークライブは、小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)の元に、全国から集まり、
直接原子力のことを学ばせていただく、小出ゼミ合宿第2弾(2泊3日)中のスケジュールのひとつです。

参加者には、下記2点の映像を、事前に観ていただいています。
@毎日放送 『なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所 ”異端の研究者たち”』制作)
  http://video.google.com/videoplay?docid=2967840354475600719&hl=ja
ANTV特集 『神聖喜劇ふたたび』http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2008/0810.html


※トークライブへは 当日の飛び込み参加も大歓迎です(定員70名)
 会場も広いですので、まだ余裕があります。

※ ゲストのプロフィール や イベントの開催経緯、スケジュール、現在の空き状況などの詳細は、
別途、ももんがともだちネットブログの
「小出ゼミ合宿第2弾 について 現状報告・ご案内」
をご覧ください。

今回のゲストの皆さんの歩みは、骨があり、かっこよく、
大変興味深いのですが、なかなかお話を伺うことはできないと思います。
そういった意味でも、色々な意味で、
とても貴重で贅沢な機会になると思っています。

みなさまのご参加を、心よりお越しをお待ちしております。

何かご不明なことがございましたら、
井上携帯まで(090−9106−0308)


               小出ゼミ合宿実行委員 
               ももんがともだちネット 井上
posted by momotomo at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

☆★10・2〜3〜4 NO NUKES FESTA 2009★☆

みなさん

おはようございます。
ももんがの井上です。

今日、3日(土)、東京・明治公園で、
原子力のこと見つめなおす、下記のイベントがあります。

「ももんがともだちネット」 も賛同団体に入れていただき、
49番のブースで、「花とハーブの里」さんと一緒に、
出店させていただいています。

午後になると気持ちよいお天気になるかな?
お散歩がてら、ぜひ、遊びにいらして下さいね!

お隣のブースは、みっちんたちのグループ現代ぶんぶんチーム&奈々ちゃんたちの六ヶ所あしたの森チームのブースです。

祝島の皆さんへの布メッセージ作りもしていますので、
お気軽にお立ち寄り下さい。

あしたは、大井町のきゅりあんで、イベントですーーっ。
(ここで、カフェの裏方お手伝いをしています。
一人で参加を迷われている方、声をかけて!)                
********************

10.3 NO NUKES FESTA 2009のイベント案内です


☆★10・2〜3〜4 NO NUKES FESTA 2009★☆

http://www.nonukesfesta2009.com/

posted by momotomo at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

9月26日(土)ぶんぶん通信上映会IN駒込 ご報告

みなさま、こんばんは。

ももんがの井上です。

26日(土)、ぶんぶん上映会 IN 駒込、
無事、終了しました。

参加者は、12名(スタッフ含む)です。
足をお運びいただきました皆様、ありがとうございました。

ひさしぶりにお会いした方も多くて、
懐かしくうれしい気持ちにもなりました。

森のマーケット(ちび)にて、
お買い物をたくさんしてくださった皆様、ありがとうございました。

短い時間枠に、とっても内容の濃い映像を2本、
そして、署名、
ピースフラッグ作り、
また、それぞれから発信されるイベントのご案内等々、
ぎゅぎゅっと、てんこ盛り。
とってもあったかい時間を、みんなでくつろぎ過ぎな感じで(笑)、過ごしました。

最初に筆をとってくれたのは、誰だったんだろう?

菜々ちゃんが描いてくれた、氏本農園さんのわんこ、マキちゃん?

K君&Sさんのお二人の瓜族キュウリのイラスト?

キノコの名前も出てきます(アンズダケ)。

チェルノブイリのことなど、真剣なメッセージもあるのですが、
みんなが描き始めるメッセージもイラストも、
ワクワクしながら観つづけてしまいます。

筆をとり、楽しそうにイラストや気持ちを書き出す仲間を見てると、
その熱気は伝わっていくんですね。

遠巻きに観ていた、みんなも加わってゆき、熱気むんむん。

今回、小出ゼミ合宿の準備スタッフを一緒にお願いしているMちゃん&Rちゃん&U君に、こちらのイベントの準備も終始助けていただけ、
S平さんには、ももんがの物販まで助けてもらえちゃいました。

なので、私は、ゆるみっぱなし、心開きっぱなしで、畳の上で、
祝島の映像を観、みんなをお迎えし、
祝島で暮らす生き物たちの気持ちになって過ごしました。
ピースフラッグ作りにも参加できました。
(普段は、準備や進行でてんてこまいで、自分は絶対かけないんです。仕事をさらりと分担してくれる仲間のおかげです。)

ももんがともだちネットのチームは、ももんがが駒込にあるので、
駒込でのイベントが多いのですが、特に「地元」というのはありません。
みんな、色々なところでがんばっている仲間のゆるやかなつながりなので。
祝島のことを、一地域の問題だと思われないように、
各地からの発信をしましょう。という呼びかけなんだよ。と伝えて、
みんなの住んでいる町を書こうよ。
こんなところからも応援してるよ。って伝えようよ。と言ってみたら、本当に色々な町の名前が書き添えられていきました。

仕上がりは、画像で3日にご紹介しますが、、、。

現在のピースフラッグ。

ももんがチームの旗の真ん中にどーーんとがんばってくれているのは、Nちゃん作、力みなぎる、はんかくま君です。
(熊のおでこに反核って書いてある(笑)

右隣では、Sちゃんのピンク色の子コブタが、駄洒落言ってます
(くすっ)

右上には、Mちゃんが、かわいい朱色のぷっくりした蛸を描いてくれました。

その横には、Rちゃんが、カンムリウミスズメの絵。
その子は誰?って聞いたら、羽ばたく様子をまねっこ。
わかった! 

その隣には、Hさんが、神妙な面持ちで何かを書いています。
厳粛な雰囲気・・・。
あっ、びわの実だ!!おいしそうです。
写実的っていうのかな?とっても上手ですね。

Nちゃんは、しなやかにまるで生きているかのような、
鮮やかな水色のスナメリを描いてくれました。

ジュゴンを描きなれているそうで、ジュゴンとの違い(背びれのとこ)のレクチャーを受けて、
みんなも真剣にうなづいたりして。

同じくジュゴンのよこに、U君のメッセージがありました。
イラストはNさんに教えてもらって描いたのかな?
そっくりながらちょっぴり太めなスナメリさん♪

みんな、描いているうちに楽しくなってきた。と口々に言ってくれて、今度は旗作りだけで集まろうよ!という声もあがってきました。

じーん。

すぐに送りたかったのですが、旗の上半分がかなりさびしいのと、
淵のところが、ぎざぎざのままなので、10月3日に、
イベントのブースにて、引き続き、かわいいイラストを描いてもらおうと思ってます。
布のまわりのお化粧飾りなども、得意な方にお願いしたり、
持ち寄った素材でちくちくしたりできたら素敵だね。といいあいました。

26日にかけなかった方は、ぜひ、
3日にももんがのブースに来てくださいね。

終了後、お店に移動して、遅い夕飯を食べながらの、
感想タイムは、とってもよかったです。
同じ映像を観ているのですが、それぞれの視点が違うので、
ほほーーとか、へーー、そうともいうんだ。とか、発見も多くて。
分かち合いタイムはやっぱり欲しいなーと思いました。

********************

ご報告)

○グループ現代さんへ 下記の通り、上映料 をお支払いします。

10名(スタッフ含む)×2本分(600円)=6,000円
 2名        ×1本分(400円)=  800円
____________________________
                   合計 6,800円 

※このように、とても気軽に、
小さな上映会を重ねることができるのは幸せなことです。

何十万とかだったら、踏み出せない人も、気軽にできるし、
それが回数を重ね、世界各地で行われていったら、
色々な変化が一気に起こりますね!

同時に、コツコツと少額ながら集まるお金は、
そのまま、今後の鎌仲監督チームの映画の撮影費用になります。

こんな小さな上映会でもいいんだーと思ってくださる方が増えますように!
 色々な場所で行えるんだよ。ということを伝えて、応援団を増やしていきたいな。と思ってます。


○当日、会場で集めさせていただいた祝島の活動への寄付:
かごに入れていただいた会費から、グループ現代さんへの上映料、公民館の室料500円を引きまして、2,240円となりました。

→ 10月3日にも引き続き集めて、まとめて旗と共にお届け予定です。


○ 昨日、27日の朝から走り始めました☆

やれできマラソン 2009

青森→沖縄 3000kmの道

http://water-green.didit.jp/


米原草太くん(23歳)がマラソンで、
それを支える弟さんの幹太君(19歳)がママチャリで伴走。

青森県六ヶ所村の再処理施設の前を出発し、
  日本を縦断して、
   沖縄やんばる高江 まで走りますよ!

この企画のスタート日が、翌日と迫っていたのでした。
ああ、走り出す前に、カンパ渡したかった!

当日、チラシを持って来てくださった方がいたので、
会場で呼びかけてみたところ、
Sさんご夫妻からなんと1万円が!
さらに、Mちゃんから2千円、ほか3千円の 
合計1万5千円が集まりました。

急いで、現地に彼らを支え、見送りに行ってくれているともだちに電話してみました。
急な電話に対応してくれた奈々ちゃんに感謝です。

090927_0534~03.jpg

090927_0536~01.jpg

※スタートまで秒読み

 八戸から、Tちゃんが写メールを送ってくれました。
 綺麗な海と日の出。パワーを感じます。
 みんなの笑顔、元気をいただきました。


                 ももんが まぼ
posted by momotomo at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「犬と猫と人間と」、応援します♪

090926_120238.JPG

画像・かわいい子に会いました!
みんな埼玉県の保健所にいた子犬たちです。

動物愛護週間のイベント会場の芝生のところで、
兄弟犬たちと一緒に、子犬たちが10匹以上、
のんびりしていました。
張り切っている子、ごろりんとしてる子。
みんなほんとうにかわいくて、そばにいるだけで癒されました。
(ちゃんと人がぎゅっとか触れないようになっているので、
それもほっとしました)
翌日とかに殺処分されたらどうしよう・・・とちょっとハラハラ心配しちゃって見つめていたら、
担当の方に横に。
話をうかがってみたところ、現在は、様々な啓蒙活動(保健所に来た動物たちの現実を伝える活動)が実を結び、
子犬たちは、抽選待ちという状態とのこと。
(成犬たち、成猫たちはまだまだ殺処分・・・)

こちらにいた虎毛まだら模様の かわいこちゃん。
我が家で溺愛しているあきとそっくりのぶちぶち模様。
オリジナリティーあふれた、世界で一匹の愛らしさです。

どの子もほんとうにいきいき、瞳もキラキラしてて元気いっぱい。
今、新しいお家へ旅立つ前に、同じ月齢の子犬たちと遊びながらルールを学び、人との暮らしをスムーズに始められるようトレーニングを受けている時期とのことでした。


***************

映画「犬と猫と人間と」一緒に観ませんか♪

ぜひ、周りの方にお勧めくださ〜い!

******************

9月20日〜26日までが、動物愛護週間でした。

1週間といわず、1年365日間、
ずーーっと動物を大切に思う日々を送りたいです。

いのちを大切にするってなんでしょう?

そんなことを改めて考えたのは、
この夏、ある映画の試写を見たからです。
(試写状を下さったRちゃん、Sさん、ありがとう)

試写会を見た帰り、私は友人に、こんなメールを送っていました。(ふだん携帯メールを書きません。それでも書かずにはいられないくらい、こみ上げてきた気持ちです)

『今日観た、映画「犬と猫と人間と」は、
犬好き、猫好き、人間好きをみんな巻き込んで、まあるく、
つなげちゃういい映画でした。
私もまあるくつながっていきたいです。
悲しいシーンを覚悟して見に行ったのですが、
それはほんの一部で、心がほっかりして、
優しい気持ちになりました。
とってもお勧めです☆』

試写室は満員。
遅れていった私は、
通路に座布団をお借りして、座って観させていただいたのですが、
あっという間の2時間でした。

****************

映画「犬と猫と人間と」

http://www.inunekoningen.com/ 

(HP上、映像の一部を見ることができます)

*****************

ずっと待っていた映像でした。

想像を超える暖かさ、
新しい発見、希望がちりばめられていました。

この作品が生まれてきてくれたことに、心から 感謝しています。

かわいいだけじゃなく、
かわいそうでもなく(もちろんかわいそうシーンもあるのですが)、
それを超えた、
何かさわやかで、とってもほかっとする感じがしました。

こちらの映画を作ってくださった、
飯田監督の視点の新しさには、
問題に迫る姿勢に、ほほーーっとうなりました。
(もともと他の社会問題をテーマに映画を撮られてきた方ならでは)
ホームレスの方を追った、「あしがらさん」の監督です。

試写を観る前から、絶対観る。って思っていました。

観た後、すぐに、ももんがのなかまたち、お客さんたち、
ともだちにぜひ観て欲しいな。と思いました。

(動物が好きじゃないともだちにもぜひ。
 監督も動物好きじゃなかったのだし・・・)

一緒に、自主上映会をやりたいな。と思いました。

やるぞ。って決めました。 
            ←皆さん、いつも巻き込んでごめんなさい

試写会会場で、応援の為、
前売りチケットを10枚ほどお預かりしています。

そんな話をあちこちでしていたら、
「いいのがあるよ!」って、ももんがのMLへイベントのお知らせが届きました。

こちらのブログでもご紹介しましたが、
26日の埼玉県の動物愛護週間のイベントです。

ただ、26日は、夕方から、ぶんぶん通信の上映会IN駒込 を控えていました。
会場となっている加須市は、実家のある、さいたま市からも電車を3つ乗り継いでいく場所。
行ったことがなかったので、ちょっと遠いかなぁ。駒込のももんがのイベントに支障が出ない?間に合う?と思ったのですが、
監督のトーク、そして、F原さん、企画されたKさんにもお会いしたい、会えるかも?ということで、えいやっと行ってきました。

行ってほんとうによかったです。

加須はおうどんが有名なのでしょうか?
 私は、おそばとおうどんが両方盛られている、夫婦もりを食べてきました!(もう一杯、あったかいおうどんも食べたかったです。)

イベント当日の朝、急遽、電車を乗り継いで加須に向かうことになりました。
もたもたしていたため、監督のトークショー&一部映像の上映がすっかり終わってから、ようやく会場に到着しました(残念)。

トークライブの様子のレポートを待って下さっていた方、
報告ができなくて、ほんとうにごめんなさい。

せっかく駆けつけたので、ちょっとずうずうしいけど、
監督の生の声が聞きたくて、思い切って話しかけてみました。

既に試写会をみせていただいていたので、
監督にいろいろな質問をさせていただいたり(でもまだ聞きたいこと満載)、
このテーマを別の分野の映画監督さんが撮ってくださったことに感謝しています。と声を届けたりすることができました。

自主上映についての細かいおはなしも聞けました。

私が、映画のラストのテロップで、
自分が最近亡くした最愛のぽぽみを、
川崎の保健所から引き出してくださった、
いのちの恩人、S口さんのお名前が出ていたので、
この映画をぐっと身近に感じ、
とても大切に思っている。と、
監督にお伝えしました。

その途端、
監督が
「ああ、そうでしたか。
S口さんのお知り合いだったのですね。。
S口さんが、保護した犬がきっかけでしたか・・・」
と、
まぶしそうな、とってもうれしそうな笑顔になりました。

飯田監督が、動物たちの問題、捨てられる動物たちのこと、
訓練の話などを色々を教えてもらった方が
S口さんだったそうです。
(川崎の保健所の話題にもなりました)

私が未収録映像を全部観たいくらい、とっても興味を持ちました。
と伝えていたのですが、
その収録映像のうち、10時間じゃとてもきかないくらい、
長い時間、S口さんには密着取材をさせてもらいましたよーと。
 
私にとっても、S口さん(とお姉さんのYさん姉妹)は、
ぽぽみの命の恩人というだけではなくて、
私がこの店(ももんが)をはじめ、自分の心のままに動くことを
勧めてくれた方のおひとりです。

保健所から引き出していただいた朝、
ぽぽみを両親と車で川崎市のSさんのご自宅へ迎えにいったのですが、その時に、色々なお話を伺いました。
本当に長時間、丁寧なおはなしでした。

そのとき、何か応援や寄付をしたいです。といった私に、
悲しむ動物たちを減らしたいなら、
とにかく自分のいる場所で、
あなたがこの子と一緒に、
自分のできることをとにかくはじめてみて!
と力強く勧めてくださいました。
そういう人が一人ずつでも増えていくこと、拠点が増えることが鍵だと。

ほんとうにそうだと思います。
それを実際に、軽やかに実践してみせてくださった先輩です。

とはいいながら、忙しさにかまけ、
長らくご報告もできてないくて、
ぽぽみが亡くなったことを伝えるお手紙も書けずにおり、、、。

そのことを監督に伝えたら、
「そういった心の動きも含めてわかってくださる方ですから、あまり急がないで。」とのこと・・・。
また涙があふれてしまいました。。。
 
こういった出会いにも、感謝し、
私なりに、ぽぽみの分も、声を大きく大きく、
この映画を応援していこうと思っています♪


来月、10月10日から、
渋谷のユーロスペースでのロードショーが始まります。
 
ここがとっても大事な時期です。

犬や猫の大好きな方、
これ以上泣いている動物を増やしたくない方、
動物たちの笑顔に、
そしてそれを支える方たちの真剣な歩みを知る機会を
すこしでも多くの方に知っていただけるように、
ぜひ、この映画を観て、応援団として一緒に支えてください!
 
東京にいらっしゃるのが難しい方が多いと思います。

そういう方は、
地元の新聞社や各種マスコミに取り上げてもらえるように、
地域の映画館に、ぜひ映画上映をしてもらえるように、
上映が決まった劇場では、すこしでも長い期間かけ続けていただけるように、
劇場のない地域では、仲間たちで自主上映会を企画できるように、
手足口ぜーんぶ使って、動いてみましょ!
思いがけないところから、縁が生まれるかもしれません。

色々な方法がありますので、一歩ずつ、
自分の得意なこと、
できることを 笑顔で していきましょう!

 ももんがでもユーロスペースで使用できる、 
 前売りチケットを預からせていただきました。
 ちょっぴりお得なのです。
 こんな風な、チケットを預かる応援団も、動物たちの笑顔を増やす動きになります。

 ももんがからの通販の出荷の際にも、お客様にさりげなーく、この映画のチラシのかわいい面を目立つように入れさせていただいています。
 
popo7.jpg
 
 ※去年10月、谷中の町で
  懐かしいみんなと遊んでもらってご満悦のぽぽみ店長

 
               エコロジー雑貨ももんが まぼ

posted by momotomo at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

10/4 イベントのお誘い 【Bee's Café】 Vol.1 「六ヶ所から見つめる未来」

みなさん

下記のイベントのスタッフをされている奈々子さんから、
10/4のイベントのすてきなお誘いが届いていました。
どんな流れで誕生した企画なのか?もよくわかるご案内が、
ももともネットMLに流れたので、イメージがどんどんわいてきます。

大きなイベントの準備に参加できないでいたのですが、
わたしも、前日10/3のイベントと合わせて、
楽しみになってきました。

私もカフェのお手伝いに当日会場でがんばっています。
(おいしいおやつに、つい前のめりになっちゃう・・・)

みなさんも、ぜひ、足をお運びくださいね。


以下、奈々子さんからのお誘い
(普通は下のほうの案内から転送するんだと思うのですが、
そのきっかけなどもわかったほうが、楽しくなるので、
ブログでもシェアさせてくださいー♪)

-----------------------------------

今年の2月7日に急に思い立ち
まぼちゃんとふたりで「えいっ」って新幹線に乗って
盛岡で開催された「六ヶ所村ラプソディ・東日本市民サミット」に
参加させていただきました。

◆「六ヶ所村ラプソディ・東日本市民サミット」のHP
http://lmswkm.net/summit/


あれから、7ヶ月が経ちましたが
いろいろなことが確実に動き出している気がします。

この間に
「東日本市民サミット」の流れを首都圏にも広げよう!
という声に呼応して集まったメンバーで
あーでもない、こーでもないと試行錯誤を繰り返していました。

その流れで、来る10月4日(日)に“大井町きゅりあん”で
ちょっと変わったイベントを開催することになりました。
実験的な要素も大きい、初めての試みのイベントです。

青森・岩手・宮城のみなさんが、ギュっと集結して動いているので、
首都圏では、私たち一人ひとりの中で再処理工場のことを捉え直し、
「私たちにもできること」に結びつくような「つながり」をつくろうという
目的で、とにかくやってみようと思います。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ミツバチたちのように集まろう!語ろう!伝えよう!
「ワールド・カフェ」スタイルの交流会

【Bee's Café】
Vol.1 「六ヶ所から見つめる未来」

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
Web: http://www.nonukesmorehearts.org/bees-cafe.html
Blog: http://bees-cafe.jugem.jp/
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

★開催日時 : 2009年10月4日(日) 10:00〜16:00
★会場 : きゅりあん(品川区立総合区民会館) 5階 第2・第3・第4講習室
東京都品川区東大井5-18-1 / 京浜東北線・東急大井町線・りんかい線大井町駅前
*駐車スペースはありません。 
きゅりあん地図 http://www.shinagawa-culture.or.jp/curian/cumap.html
★参加費 : 1000円 (おもてなしドリンク&スイーツ付)
※予約制(定員150名) 
★ゲスト : 廣瀬裕子 / 志葉玲 / サワサキヨシヒロ / YAM / 冨田貴史

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

詳しくは、ホームページをご覧ください。
Bee's Cafeのホームページには
ミツバチがぶんぶん飛んでいます。カワイイです!
http://www.nonukesmorehearts.org/bees-cafe.html


このイベントのプレ企画として、
専用のブログ上で「私とロッカショ」というインタビューを連載してるのですが・・・
この内容が、とってもいいのです!!!

◆Bee's Cafe ブログはコチラ
http://bees-cafe.jugem.jp/


フツーに暮らす私たちのことばで
「六ヶ所村核燃料再処理工場」から見えたもの・感じたことが語られています。

当日も、リラックスした雰囲気の中で、
みんなが自分の想いを語り合えたら
Bee's Cafe は大成功です♪

みなさま、どうぞお気軽にお集まりください!

当日は、ヴィーガン仕様のスペシャルスイーツ

●豆乳アーモンドチョコタルト
●アップルクランブルパイ のいずれか1つと
オーガニックドリンクのおもてなし付でーす。

☆参加申し込みはコチラから☆
http://www.nonukesmorehearts.org/bees-cafe_mail.html

posted by momotomo at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物愛護週間のイベントのお知らせ☆ 日本にアニマルポリスを誕生させようメルマガより転送-----

みなさまへ

こんばんは。

ももんがの井上です。

20日から動物愛護週間がはじまりました。

映画「犬と猫と人間と」 トーク&ダイジェスト上映会
下記のイベントに、ドライブがてら行ってまいります。

お時間のあるかたも、どうぞ、
お近くのイベントを見つけて、足をお運び下さい。

下記は、ももんがともだちネットに、Aさんがご紹介くださった、
メルマガからの転送です。

Aさん、
日本にアニマルポリスを誕生させようメルマガを発行してくださっているみなさん、
動物たちのために、ありがとうございます!

お知らせ2つ


-----以下、日本にアニマルポリスを誕生させようメルマガより転送-----
http://www.animalpolice.net/

**********************************
H21年の動物愛護週間地方行事
http://animalpolice-net.blog.so-net.ne.jp/2009-09-06
**********************************
H21年の動物愛護週間地方行事一覧を、
ブログにアップしました。

http://animalpolice-net.blog.so-net.ne.jp/2009-09-06

皆さんは、お出かけになりますか?
各地でさまざまな企画があるようですので、
ぜひ出かけてみてくださいね。

埼玉では、9月26日(土)
「彩の国さいたま 動物愛護フェスティバル2009」にて
映画「犬と猫と人間と」 トーク&ダイジェスト上映会も開催されます。

時間 : 開場:午前9時45分  開演:午前10時  終演:午前11時頃
会場 : 第2会場(パストラルかぞ小ホール)
内容 :
●「犬と猫と人間と」予告編上映…映画の全体像を掴んでもらう。(4分)
● 飯田監督による、犬猫を取り巻く現状説明と作品紹介(30分)
● 映画本編より一部上映(15分)


「彩の国さいたま 動物愛護フェスティバル2009」の詳細は、
下記、HPをご確認ください。

http://www.pref.saitama.lg.jp/A04/BB02/2009%20aigosyuukann.htm

当日、「日本にアニマルポリスを誕生させよう!」賛同者の方に呼びかけ、
作成することができた啓発リーフレットの配布やパネルの展示、
更には、とあるプロジェクト特製(もうじき正式発表がありますので
お待ち下さい)の鑑札・迷子札ホルダーの無料配布を、
「チームプロジェクトZERO」(「日本にアニマルポリスを誕生させよう!」賛同者が中心に、
啓発のために立ち上げたグループです)で行うことになっています。

ぜひ足を運んでくださいね。


**********************************
動物愛護週間60周年記念切手の発売について
**********************************
9月18日(金)から来年3月17日(水)まで、
「寄付金つき動物愛護週間60周年記念切手」が全国の郵便局で販売されます。

ポスターの画像をブログにアップしました。

http://animalpolice-net.blog.so-net.ne.jp/2009-09-06-1

この切手は、動物愛護週間中央行事のイベントと、
長野県(小諸市で開催)及び川崎市のイベントで移動郵便局が運営され、
そこでも発売されます。

公募で選ばれた写真を元に作成されたとってもかわいい記念切手。
動物愛護のために使われる寄付金つきです!
皆さん、ぜひ購入してくださいね!

参考URL

http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2009/h210918_t.html




posted by momotomo at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

修正あり)9/26 ぶんぶん通信上映会のお誘い

9/26 (土)
『ぶんぶん通信no.1』 & 『ぶんぶん通信no.2』 上映会 IN 駒込

皆様へ 
こんばんは。

ももんがの井上です。
みなさん、お元気ですか?
連休の後、職場の仕事が・・・。
残業確定です(泣)。

そのため、丁寧な発信がやっぱり出来ていませんが、
明日は、映画「犬と猫と人間と」の短いバーションの上映、
監督トークショーのご案内が先日、東さんからありました。
新入りわんこのめめちゃん(お預り犬)を連れて、行ってまいります!

その後、駒込へ、祝島応援で使う実家の布などをもって、移動。
みなさんを、勤労福祉会館にお迎えしてのぶんぶん上映会です。

ももんがの商品をお買い求めいただけるかたは、
ぜひ、メールにて、ももんがまでご注文をお願いします。
公民館へ運んでいきます!

(スタッフをお願いしている方は、17時に
 ももんがまでどうぞお願いします)

○ ぶんぶん上映会について

 料金がさがるお知らせ、部屋の修正のお知らせ

予告いたしましたとおり、
9月26日(土)の夕方から、ぶんぶん通信の上映会IN駒込 を行います。

<料金のこと>

上映の申請をグループ現代さんにしましたところ(←遅すぎ)、
みっちんから、2本上映するときは、800円じゃなくて、600円を、
グループ現代にお支払すればOKって、教えてもらいました。

なので、ももんがでお預りするのは、
上映2本の方は、600円+会場費・お茶・おやつ代100円の合わせて、
700円です。
上映1本の方は、400円+会場費・お茶・おやつ代100円の合わせて、
500円です。
(2本立てが、とってもお得!)

受付には祝島への応援寄付箱を(しっかり)置き、お預りします。
こちらもよろしくお願いします。

<お部屋のこと>

第「一」和室が正しいのですが、
すぐお隣の第「二・三」和室としてご案内してしまいました。
ごめんなさい。(ブログ上は後日変更したのですが、
すでにMLなどを経て、ご自分のブログなどに転載してくださった方、ごめんなさい。
お部屋は横ならびですし、看板に「ももんがともだちネット」とありますし、分かるようにしておきます。


2点、変更させてください。

現在、すでに10名ほどの予約をいただいております。感謝)
20名定員のお部屋です。

                   ももんが 井上

                    
〜☆〜『ぶんぶん通信no.1』&『ぶんぶん通信no.2』 上映会 IN 駒込 〜☆〜

2009年9月26日 (土曜日) 夕方

17:45 〜 開場・受付 

18:00 〜 19:10 『ぶんぶん通信no.1』 上映(70分)

19:10 〜 19:30 フリータイム 
              
19:30 〜 20:33 『ぶんぶん通信no.2』 上映(63分)

20:33 〜 21:15 フリータイム 

21:15 〜 終了

※フリータイム中に、現地で使っていただく、布メッセージ作りをしています。
各自が制作した布メッセージをお持ちよりいただいてもOK。ももんがで一緒に送りま
すよ。
また、署名(祝島&六ヶ所)&祝島へのカンパも、ももんがともだちネットでも集め
ます。

※終了後、近くのお店で、簡単な懇親会を予定しています。
今回、山口県・祝島のSOSをどうしても、ももんがの仲間たちにお伝えしたくて、
欲張って上映を2本としましたので、わかちあいタイムが十分にとれていません。
夜遅い時間となりますが、よろしければそちらにご参加下さい。

○会場:文京区勤労福祉会館 3階 第一和室 ※
                        第二・三和室ではありません。
 
   東京都文京区本駒込4−35−15
URL:http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_keizai_shisetsu_kinpuku.html
山手線 駒込駅(東口)下車 徒歩9分,
     田端駅(北口)下車 徒歩10分
南北線:駒込駅(1番口)下車 徒歩11分
〔上58〕早稲田←→上野松坂屋前(『本駒込四丁目』下車前)
〔東43〕東京駅丸の内北口←→荒川土手操車所前(『動坂下』下車 徒歩5分)
最寄駅からの地図はこちら ↓
http://www.city.bunkyo.lg.jp/var/rev0/0009/9555/map_kinpuku.pdf住所

○電話:03(3823)6711 (会場・文京区勤労福祉会館)
   
○申込・問合せ:
ももんが井上 ecomomo8@m9.dion.ne.jp 090-9106-0308
○定員: 会場は20人定員です。
      できるだけ予約をお願いします。

○参加費:

映画上映代(グループ現代さんへ) + 100円(会場費・お茶おやつ代) で
す。

例)
1本映画を観る方は、映画上映代400円+100円(会場費・お茶おやつ代)= 
500円
2本映画を観る方は、映画上映代600円+100円(会場費・お茶おやつ代)=7
00円

○カフェコーナー

祝島のおいしいびわ茶をご用意します。
おやつはちょっぴりパレスチナのオリーブを使ったクッキーをご用意しますが、
お腹のすく方は、各自ご持参いただくか、
会場内で「ももんが・森のマーケット(ちび)」が出ています。
そちらでお買い求め下さい。

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜
詳しくは、下記のサイトをご覧下さい。

新作映画「ミツバチの羽音と地球の回転」(仮題)
http://888earth.net/index.html

●ぶんぶん通信とは
映画「ミツバチの羽音と地球の回転」…2010年 春 公開予定
この映画は旅するカメラの記録です。
持続可能な未来のヒント・希望を追いかけ、社会をシフトする
人間のエネルギーやネットワークが生み出されようとしている
その瞬間を記録し発信する、ドキュメンタリーの映画です。
映画の完成までの制作過程をまとめたビデオレター「ぶんぶん通信no.1」(70分)が
2009年4月にDVDで発売されました。
http://888earth.net/dvd.html

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の制作過程を公開するビデオレターです。
いわば映画の卵のようなもの。
山口県祝島とスウェーデンの撮影を中心に新作で描こうとしている
今まさに起きている現実を、なるべくリアルタイムで報告します。

ぶんぶん通信 no.1
「地域を守る人々の意志」(2009年/70分)
千年続く祭り「神舞」が継承される祝島。島の真正面に計画されている上関原発。
島の人々は27年間反対を続けて来た。しかし、計画は具体的に迫ってきた。
自然と共に生きる人々と地域の暮らしはどうなるのか?
一方、スウェーデンでは電力の自由化が進み、自然エネルギーだけを選択できる
仕組みもとられている。
スウェーデンでは持続可能な社会をつくる市民の取り組みがすでに始まっている。
そこでは環境NGO「ナチュラル・ステップ」が提唱する持続可能になるための
システム条件が重要な役割を果たしている。
監督:鎌仲ひとみ プロデューサー:小泉修吉
撮影:岩田まき子 録音:河崎宏一 助監督:南田美紅
上映配給:巖本和道、藤井佳子 制作スタッフ:冨田貴史、村井祥平

ぶんぶん通信 no.2
「いっしょに生きる道」(2009年/63分)
原発予定地、田ノ浦を守りたいと「長島の自然を守る会」が調査を行う。
田ノ浦は生物多様性のホットスポット。貴重でかけがえのない場所、
破壊したら二度と取り戻すことはできない環境だと海洋生物の専門家たちは
主張する。
絶滅が危惧される数々の生き物たちがこの生態系を支え、また支えられている。
スナメリ、カンムリウミスズメ、カサシャミセンなど、これらの生き物が原告となっ

自然の権利訴訟が始まった。
一方、祝島の外からサーファーやシーカヤッカーたちが集まり、ユニークな行動を起
こす。
監督:鎌仲ひとみ プロデューサー:小泉修吉
撮影:岩田まき子、山本健二 録音:河崎宏一、服部卓爾 
助監督:南田美紅 上映配給:巖本和道、藤井佳子 
制作スタッフ:冨田貴史、村井祥平

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

posted by momotomo at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。