2008年06月04日

6/21(土):東ティモール報告会のご案内 コーヒー農民の暮らしを知る(協同組合の取組み)

みなさまへ

ももんがの井上です。

一昨年、「あ〜、猛烈に動きたい」と思い立って、某ダンスを習いに行ってた、御茶ノ水にあるPARC自由学校さん。
(残念ながら、複雑なステップに、速攻脱落です もうやだ〜(悲しい顔)

こちらでは以前、オルタートレードジャパン(ATJ)さんと共同のプロジェクトということで、東ティモールのコーヒーを扱っていました。
(東ティモール支援をされている、益岡さんにコーヒーをプレゼントしていただいてから、ももんがでも、昨年中まで販売していました。
 ですが、様々な事情から、生産量が輸出するにはとてもたらず、昨年、入荷時期未定でお休み中という連絡があったのでした。

Kさんのよどみないトーク&推薦で、
ももんがでも、すこしずつ固定のお客さんがついてきた矢先だったので、とても残念に思っていました。

先日、映画「おいしいコーヒーの真実」を観ました。

http://www.uplink.co.jp/oishiicoffee/ (5月31日より公開中)
(ももんがともだちネット 5月28日:こちらの試写会に行ってきた感想 http://momotomonet.seesaa.net/article/98285691.html

この映画の舞台は、エチオピア だったのですが、
今年の、東ティモールのコーヒーの出来具合は、どうなのかな?
生産者さんたちは、どうしてるのかな?
政情は安定したのかしら?
と思いました。

以前、現地スタッフの女性が帰国されたときの報告会に参加したことがあるのですが、そのときに、会場に広がったコーヒーの香り、そして、映像の中で生産者さんたちと現地スタッフの女性ががんばっていらした姿が思い出されました。

(その映像で、あらためて、普通のコーヒー豆の買取額と、フェアトレードでの買取り額との「差」を、知りました。そして、その大変さも併せて知りました。)

 もちろん、ネパール(ネパリバザーロさん)をはじめ、中南米やアフリカのほかの国々、タンザニア、メキシコ、エクアドル、ブラジルも同じです。
 一度でも、生産者さんの顔を(映像でありますが)観てしまうと気にかかります。
 映像の力って、すごいですね。)


そこにきて、素敵なイベントの案内が届きました。

パルシックさん?? PARCの兄弟分?と思っていたら、
「パルシックは今年4月1日、旧アジア太平洋資料センターの民際協力(東ティモールやスリランカへの協力)と
フェアトレード部門が名称変更したものです。
これを機会によろしくお願い申し上げます。」 とのこと。

東ティモールの「今」が伝わってくる、報告会のようです。

どうぞ、興味を持ってくださった方、足をお運びくださいね。

今回も、東ティモールのコーヒー付きだそうです〜!喫茶店

                   ももんが 井上

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、パルシックさんからのメールより転載しました。

本日は、東ティモール報告会のご案内をさせていただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

東ティモール報告会のご案内

コーヒー農民の暮らしを知る(協同組合の取組み)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

(特活)パルシックは、東ティモールのマウベシ郡でコーヒー生産農民を支援しています。
現在、マウベシの組合の委員長のヴィットリノさんがJICAの研修
事業「農村経済活性化に果たす農協の役割」に参加するために来日中です。この機会にお2人のお話を聞く機会を作りますので、ぜひおいでください。

日時 ●6月21日土曜日 14:00〜16:00(開場13:30)

場所 ●韓国YMCA(東京都千代田区猿楽町2−5−5)

地図  http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/

ゲスト●ヴィットリノ・ペレイラさん

参加費●800円(資料代・コーヒー代を含む)

松野明久(大阪大学国際公共政策研究科教授)に通訳をお願いしています。

プログラム:

●「東ティモールの今日」

●「マウベシにおける協同組合の歩み」
  ヴィットリノ・ペレイラ(協同組合長)

◇◆お申込み・お問い合わせ◆◇

お申し込み・お問い合わせはパルシック(下記)まで

主催:(特活)パルシック
    〒101-0063東京都千代田区神田淡路町1-7-11
         東洋ビル3F
    TEL:03-3253-8990 FAX:03-5209-3453
    email admin@parcic.org web http://www.parcic.org

協賛:JICA地球ひろば(独立行政法人 国際協力機構 広尾センター)



◇╋◇╋◇╋◇╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋◆
╋◆╋◆╋  特定非営利活動法人 パルシック
◇╋◇╋   事務局
╋◆╋   〒101-0063 千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
◇╋     電話 03-3253-8990 FAX 03-5209-3453
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋◇

posted by momotomo at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

ぶどう豆

不定期企画「ももともネットお料理コーナー」を始めることにいたしました。圧力鍋の伝道師、echizenです。

本日のお料理は「ぶどう豆」。
大豆を「エコロジー雑貨ももんが」の人気フェアトレード商品、フィリピンの「マスコバド糖」でやわらかく煮ます。

普通の砂糖でももちろんできますが、マスコバド糖はフィリピン・ネグロス島で時間をかけて丁寧に作られた黒砂糖、こくがあってミネラルが豊富です。

mame

*材料
大豆 2カップ
マスコバド糖 1カップ
しょうゆ 小さじ2杯

*作り方
1.大豆は3倍の水に一晩浸します。
2.やわらかくなるまで煮ます。私はここで圧力鍋を使います。普通の鍋でする場合は、水分がなくなってきたら適当に足して、豆がひたひたの状態を保ってください。
3.やわらかくなったら、マスコバド糖を入れて、煮詰めます。砂糖を入れると堅くなるので、十分やわらかくなってから入れてください。
4.汁気がなくなってきたら火を止める前にしょうゆを入れて混ぜます。


箸休め、お弁当の一品に、我が家ではおやつにもなってます。
甘さはお好みで加減してください。
posted by momotomo at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。