2008年10月30日

小出さんが出てます!:毎日放送(関西)放映「なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち〜 」

ももんがともだちネットのブログへ
遊びに来てくださるみなさんへ

こんにちは。

ももんがの井上です。
ご無沙汰してしまってすみませんっ。

皆さんに ご案内&応援のお願い があります!

関西の毎日放送さんが作ってくださった、
「なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち〜」 というドキュメンタリー番組が、
先日、10/19の深夜24:30〜25:30(→ 20日)に放映されました。

http://www.mbs.jp/eizou/

京大原子炉実験所の小出さんと今中さんのお二人を密着取材。
(40分テープで90本分とのこと!→もったいないことに45分間に編集)

HPの内容を、以下、転載させていただきます。

■ なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち〜
10月19日 24時45分〜25時45分
大阪府熊取町にある京都大学原子炉実験所。ここに脱原発の立場から活動を続けてい
る"異端"の研究者たちがいる。原子力はわが国の総発電電力量の3割を供給するまで
になったが、反面、去年の中越沖地震で柏崎刈羽原発が「想定」を上回る激しい揺れ
で被災するなど、技術的な課題を完全には克服できていない。番組では、国策である
原子力推進に異を唱え、原子力の抱えるリスクについて長年、警告を発し続けてきた
彼らの姿を追う。その言葉はエネルギーの大量消費を享受する私たち国民一人ひとり
への問いかけでもある。

-------------------------------------------------------------

「映像’08」は1980年4月に「映像80」のタイトルでスタートした関西初
のローカル・ドキュメンタリー番組です。
月1回、それも深夜の放送という地味な番組ながら、ドキュメンタリーファンの根強
い支持を得て今年で27年目を迎えました。
この間、番組は国内外のコンクールで高い評価を受け、芸術祭賞を始め、日本民間放
送連盟賞、日本ジャーナリスト会議賞、更にはテレビ界のアカデミー賞といわれる国
際エミー賞の最優秀賞を受賞するなど、輝かしい成果を上げてきました。
またこうした四半世紀にわたる地道な営為と実績に対して、放送批評懇談会より
「ギャラクシー特別賞」も贈られています。
これからも「地域に密着したドキュメンタリー」という原点にたえず立ちかえりなが
ら、より高い水準の作品をめざして様々なメッセージを発信し続けてまいります。

この毎月第三日曜日 24:30〜25:30

------------------------------------------------------------

ぜひ、この番組をいっしょに観ていただいて、
番組制作者の方々に、
「ありがとう!」
「続編もお願いします!」
「再放送して下さい」
「関東(九州・北海道・東北)でも上映して下さい」とか、
要望&お礼&激励のメールを送って下さい!

(既に、40分×90本分のテープを既に持っていらっしゃるし、
追い風(みんなの声)が集れば、
さらに撮影を続行してくれる勇気がわいてくると思うのです)

※どうぞ、こちらへ!

毎日放送のご意見・ご感想受付窓口(広報)※お電話のみみたい。

http://www.mbs.jp/kouhou/

→ 私が上記のように、お電話のみみたい。と書いたら、友だちがメールも大丈夫だよ。って、調べて教えてくれました! 


メールもおくれるよ。

http://www.mbs.jp/kouhou/mail/index.html ※皆さん、ぜひぜひね!
 
------------------------------------------------------

1枚、DVDを譲っていただきましたので、皆さんといっしょに観て、
意見を伝え合うアクションを。と思ってます。

2度ほど観ています。

観るたびに、これはとにかく早いうちに、
いろいろな方に観てほしい!
再処理をとめるための、具体的なアクションとして、
とても価値のある行動につながるよ。と思いました。

「ひと」に焦点を当てながら、とても丁寧に、六ヶ所、プルサーマル、もんじゅのこと、大間原発のことも含めて、
ほんとうに原子力のことを横断的に番組を作ってくれている、
とてもすごい作品でした。

小出さんと今中さんの働いている、原子炉実験所の中の映像、
研究室はもちろん、全国各地にも密着取材。

六ヶ所村の現状なども撮影されていて、
そこで菊川さんのかわいくて、かっこいい映像部分(花とハーブの里の現状)などもありました。

原発予定地だった浜(和歌山県)で毎年、行われてきた小出さんたちみんなの合宿へも参加。
その民宿を営む浜さんは漁師さんで原発誘致の動きを仲間と一緒に身体を張って止めてきた人なんだそうです。

(海で遊ぶ小出さんと今中さんのシーンもあり)

仙台で行われた、公開討論の会場のシーンも絶品。
(←まぼとみなこさんも聞きに行きました)
推進する側と反対する側とは、エネルギーだけではなく、
「どう生きていくのか?」という姿勢そのものが大きく異なっているんだ・・ということが、浮き彫りにされていました。

東京で行われた講演会などでも、至るところで、
毎日放送さんのクルーの方の姿を見かけました。

それもあって、映像を観てると、
撮影されているクルーの方々の小出さんたちに対する、
好意というか、深い愛情を感じる素敵な番組でした。
(感動しちゃった)。

ただ、上記の作品ゆえに、やはり横槍が入るんですね。

この番組が放映された直後に、毎日放送へ、
関西電力の方々から、クレームをつけてきているようです。

(どんなクレームなのかな?
みんなの前で、質問とか苦情を言ってほしいし、
公開質問だったらいいと思いました。
 それだったら、小出さんや今中さんが、ぴしっと答えてくれるのになー)

もともと取材チームの方や番組を流してくださっている会社としては、その部分も含めて覚悟の上での製作、上映してくださっているのだと思います。
けれど、大変、追い込まれた立場だと思われます。

ももんがチームからも、応援の声をいっぱい届けて、
後ろからぐっと支えたいし、
小出さんの応援団としても、一緒につながりたいなあと思います。

アクションを一緒にしていただける方を広く(できるだけ早く)募っています。

ぜひ、ご自身の声を届けて下さいね。

あっ、その前に一緒に観ましょう!
声をかけてね。

ももんがでは、平日の夜、こつこつ上映会をします♪
(10/7(金)の夜、10/15(日)昼頃)

どうぞ、周りのおともだちにも、お知らせ下さい。

                   ももんが 井上


posted by momotomo at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「地球のスライドショー」 松本英揮さん(ひできちゃん) :ミス・アプリコットさんの企画:11/2(日)@鎌倉 

みなさんへ

こんにちは。
ももんがの井上です。

鎌倉・長谷寺のそばにある、
ミス・アプリコットさんの若き社長(3代目!)の香苗さんから、
楽しいイベントのお知らせが回ってきました。

ミス・アプリコットさんは、ももんががずーっと前に雑貨屋さんになる
きっかけとなったブランドです。
(動物実験していません。というメーカーは、当時とても画期的でした)

香苗さんとは、先日行われた、豊田さん&ちーちゃん夫妻の
結婚式の二次会のパーティーで再会しました!
インド舞踊を習っているとのことで、赤い綺麗な衣装を着て参加していました。

そして、その香苗さんから、回ってきたイベント案内を見てびっくり。

地球のスライドショー 
エコロジストの松本英揮さん。

去年のクリスマスのとき、まやちゃん&なりちゃんと参加した、
てんつくマンたちのライブイベント@高松 
で、スライドショーを見せてもらって、いいな☆と思ってた、
「ひできちゃん」でした!

※終了後、話しに行って、「松本さん」と呼びかけるたびに、
「ひできちゃん」と訂正してくれました。
のびのびした、すっごくお茶目な方でした。
ひできちゃん主催のヨーロッパの格安エコツアーに、
絶対参加したいと思ってます。

---------------以下、転載歓迎です------------------------

さて11月2日に鎌倉で行うイベントの案内です。
お忙しいとは思いますが、興味あったら、お友達などお誘い
あわせの上、是非きてくださいね!

軽快なトークで地球の今をめぐる旅にトリップさせてくれるチャリで
世界を回るエコロジスト、松本英揮による地球のスライドショーが
鎌倉にやってきます。

スライド150枚 +Q&A15分

中国から入る地球の亀裂・沈み始めた南太平洋の国ツバル・・・
武器を捨てた平和国家コスタリカ・食糧危機を救ったキューバのオルガノポニコ
殺人率世界一、サンパウロファベーラでの講演・環境理想都市クリチバ
大成功だった米ぬか酵素風呂アフリカエイズプロジェクト
素敵なエコタウン葛巻・長男唯人とチャリで走る美・日本・・・

代表 松原香苗よりコメント:
石けん作りに精を出していた時代、当時は珍しいマイ箸・マイカップ・ふんどし文化
を伝授され、アフリカのマリでは共通の友人とプロジェクトを起こした。
建築会社のトップから、山谷での畳一畳生活へ。
いまだに把握しきれない人生ですが、とにかく経験が幅広い、
価値観・常識をぶっ飛ばしてくれる男に是非会いにきてください!

プロフィール 松本英揮 エコロジスト。
環境NPO H-imagineひまじん代表。鹿児島大学 非常勤講師  

12歳の頃からひとり旅を始め、20歳の頃からズタ袋担いで
世界100カ国を歩いてきました。
今はスライド映写機を担ぎ自転車にのって世界中で‘地球のスライドショー’
を開いています。
故郷宮崎市に住み、宮崎にいる時は毎日近所の子らと遊びながら
‘宮崎を地球の環境首都に!’と活動しています。
玄米菜食・日本茶・裸足・ペーパレスの楽しい生活。
自分で庭に井戸を掘り、風力発電でエネルギーも自給しています。

日時 2008年11月2日 18:00〜 20:00
場所  鎌倉生涯学習センター  (きらら鎌倉)
入場料 ¥1,300(大学生¥500・高校生以下無料)子供たち大歓迎!
要予約 30名 TEL 0467-61-2606

企画 ミス・アプリコット
イノチに優しい生活を 
Sustainable Living for Every Life
 Miss.Apricot Company
地球と全ての命を大切にしていきたい・・・
80年代のエコロジー運動の中、そんな市民の願いから、
ミス・アプリコットは誕生しました。地球規模の環境問題も、
私たちの「暮らし方」を変えていくことで解決に向かっていくと私たち
は考え、シャンプーや化粧水やお洗濯の石けんなど身の回りのもの
から、全ての命にやさしい地球生活を提案しています。
うさぎマークはドイツ人アーティストが武器を溶かしうさぎの像を作ったこと、
元気に跳ね回るうさぎに動物実験の廃止と平和への願いを託しています。

------------------------------
株式会社ミス・アプリコット
松 原 香 苗 〒248-0016
神奈川県鎌倉市長谷4-7-28
TEL0467-61-2606
FAX0467-24-9202
kanae@miss-apricot.com
http://www.miss-apricot.com
------------------------------

posted by momotomo at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

明日25日(土) ホピの予言イベントのお誘い

みなさまへ

既に2度ほど、ホピの予言イベントについて、
りんこさんから、ご案内をさせていただきました。

今回、神戸からお越しいだたく辰巳玲子さん。
なかなかゆっくりと話しを伺える機会は少なく貴重な機会です。

(というのは、玲子さんがイベントを主催されると、
別の方をメインゲストにされるからなのですが、、、)

辰巳玲子さんのしなやかな生き方、
ホピ族の教え、
ウラン採鉱など、
いろいろな切り口から、入っていただける機会だと思います。

そして、映画とトークの後、お弁当をいただきながらの交流会が用意されております。
いつも短い時間にぎゅっと入れてしまいがちなももんがですが、
今回は、ほんとうにゆるやかな時間枠で、皆さんをお迎えしております。

その中の語らいの中で、
自分の中に、「平和の種」を見つけていただけるやわらかな会になると思います。

現在、芸工展準備&開催と重なりまして、
ももんがからの個別プッシュがまったくできておらず、
現在、定員の1/3ほどです。

ご案内では、スタッフが少ないため、
当日の受入対応は厳しいなあ。ということで、
「事前予約!」「交流会のみの参加はできません」とぴっちりしておりますが、
まだまだ現在のところ、ゆとりがありますので、
お時間の都合が付きましたら、ぜひ、お越しくださいね♪

ただ、当日のお弁当のご用意はすでに締め切っておりますので、
駒込駅からの道中にでも各自ご用意下さい。
(会場のすぐそばには、コンビニはなくて99円ショップだけあるかな)

また、交流会のみの参加も、希望の声が何人か届いております。

辰巳さんへの交通費や会場費などは、
1-2部参加の方からいただきます参加費の中から捻出することになってしまっています。
なので、交流会のみからの参加もお受けいたしまして、
交流会そのものへの参加は無料ですが、
500円程度のカンパをいただけますようお願いします。


ももんが 井上
posted by momotomo at 20:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

みんなも見よう「ホピの予言」&聞こう「辰巳玲子さん」のお話

 芸工展2008おかげさまで無事に終わりました。来てくださったみなさま、ありがとうございました。

みんなも見よう「ホピの予言」&聞こう「辰巳玲子さん」のお話
 いよいよ今週末(10/25土)となりました!
 再度のご案内です。

 まだまだお申し込み受け付け中です。
 お誘い合わせの上、どしどしお越しください!
 よろしくお願いします!

 ****************************************************

 みんなも見よう「ホピの予言」&聞こう「辰巳玲子さん」のお話
  〜身近なところから「ホピの種」に気づき、育ててみませんか?〜 

  平和の民と呼ばれるアメリカ先住民・ホピ。
  そのホピの聖地で行われているウラン採掘・放射能汚染・石炭露天堀り・強制移住___。
  そんな厳しい現実にいながらも、ホピは口承で伝わる偉大なる精霊の教えに従い、大地と生命の調和に立った生き方をしています。
 
  そんなホピの教えにふれることができる「ホピの予言2004年版」を上映します。
  「ホピの予言2004年版」は、「ホピの予言(1986年)」本編と、2003年05年に撮録された「浄化の時代を迎えて―ホピの伝統に生きるマーチン・ゲスリスウマ氏に聞く―」補遺版の2本立ての作品です。

  そして「ホピの予言」の監督、宮田雪さんのパートナーであり、 ホピの聖地にて補遺版を撮録した、ランド・アンド・ライフの辰巳玲子さんをお迎えして、お話し会も開催します!

  映画「ホピの予言」が縁でホピの聖地へ旅することになった辰巳玲子さん。
  次の時代にホピのメッセージを手渡すメッセンジャーとなり、活動されています。
  辰巳さんの強く清らかな平和への想いを、ひとりの女性の生き方を通じてお話しいただきます。

  上映とお話し会後は、辰巳さんを囲んで交流会もあります!
  おいしいマクロビ弁当をご用意します。

  平和の民であるホピの教えにふれ、ホピのメッセンジャーである辰巳さんのお話を聞き、皆さんも「ホピ(=平和)の種」を育ててみませんか? 
 
  みなさまのご参加をお待ちしています。

 ○日時:2008年10月25日(土)13:30〜20:30 
 ○会場:文京区勤労福祉会館 3階 第二和室と第三和室
      (文京区本駒込4−35−15) 
 ○会場へのアクセス:http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_keizai_shisetsu_kinpuku.html
  JR山手線 駒込駅(東口)下車 徒歩9分
  東京メトロ南北線:駒込駅(1番口)下車 徒歩11分
  JR山手線・京浜東北線 田端駅(北口)下車 徒歩10分
 
 ○当日スケジュール:
  第1部 )映画 「ホピの予言2004年版」上映:13:30〜15:10(100分)
  第2部 )辰巳玲子さんによるお話し会&「質問タイム」: 15:40〜17:10(90分)
  第3部 )食事・交流会: 18:00〜20:30
  ※第3部の食事・交流会は、お弁当をご用意します。(お弁当、要事前予約)
   お申し込み時にお弁当の要不要をお知らせください。
 ○第2部 ゲスト
  ランド・アンド・ライフ 辰巳玲子さん
      http://www.h6.dion.ne.jp/~hopiland/
     
 ○参加費:
   ¥2,000(第1〜3部通し)
    第1部のみ:¥500
    第2部・第3部のみ:¥1,500 ※第3部のみの参加はできません。
    なお、第3部のお弁当は、別途800円(実費)をいただきます。
    当日受付でお支払いいただきます。
 ○お申し込み:
  momotomonet@hotmail.co.jp  まで事前にメールでお申し込みください。
  件名に「ホピの予言上映&辰巳さんお話し会申込み」 とお書きください。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  @お名前
  A電話連絡先
  B参加人数
  C何部参加希望(どれかを教えてください)
   1.第1〜3部通し 2.第1部のみ 3.第2部・第3部のみ
  DCで1か3をお答えいただいた方のみ(どちらか教えてください)
   1.お弁当を申し込む 2.お弁当を申し込まない
  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 ○当日の注意・お願いなど
  ・会場は駐車場がないため、電車かバスをご利用ください。
  ・お茶をご用意しますので、「マイカップ」をご持参ください。
   第3部に参加する方でお弁当ご希望の方は、「マイ箸」も持参をお願いします。
  ・お弁当は、千駄木「よかしこや今風庵」さんのマクロビ弁当をご用意します。
   お弁当を申し込まなくても、第3部に参加できます。
  ・第3部のみの参加はできません。
  ・事前予約なしの当日参加は、お受けできません。必ず事前予約をお願いします。
 ○主催
  ももんがともだちネット ホピの予言イベント実行委員会
  http://momotomonet.seesaa.net/
  エコロジー雑貨 ももんが(http://www.h4.dion.ne.jp/~ecomomo/)
  〒113-0021 
  文京区本駒込6-15-9フォレスタ六義園5F
  携帯 : 090-9106-0308(夜間のみ)
  イベントに関するお問い合わせ:momotomonet@hotmail.co.jp
 
posted by momotomo at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

芸工展2008 はじまりました!ももんがより

みなさまへ

おはようございます。
大変ごぶさたしちゃっています。。。

ももんがの井上です。

昨日16日より20日までの5日間、谷中の町のかわいい建物の一部をお借りして、
「地球のなかま展2008」 今、日本で起きていること。その「仕方ない」ってホント?

を開催中です♪

すでに、みほこさんが作ってくださった、特設ブログもOPENしており、こちらのブログでもご案内させていただいたかと思います。
(ナオさん、ありがとう!)

今回20名ほどのアーティストさんのご協力をいただき、
助けてくださるスタッフさんも14名ほど集まっていただいております!
(急なお誘い&お願いばっかりだったのに、快く引き受けてくださった皆さんに本当に感謝感謝です)

谷中の町はもともとギャラリーや蔵やちいさな美術館や職人さんたちの工房、昔ながらの商店街が生き生きとしている町並みで
本当に懐かしく、あったかい場所です。
ふだんから、猫がのんびり暮らす街ということでも有名で、週末には
カメラ片手にリピーターさんが多い界隈ですよね。

その上、今回の芸工展シーズン(3週間もあります)、
あちこちのお店さんで、いちどきに、様々な個展などが繰り広げられていて、普段ちょっと入りにくい場所(民家や工房など)にもずんずん探検させていただきにいけたりして、
おもしろさも一層格別です。
街の再発見も兼ねて、そして、秋を探しに、ぜひ、谷中の町へ遊びにお越しください。

なお、今回、ももんがチームは駒込を飛び出して、
谷中の町のちょうど真ん中、香隣舎さんの一部をお借りしております。
裏手には、谷中霊園も広がっております。


明日18日(土)は、ぽぽみ店長がやってきています。
お昼の時間帯になると思いますので、
どうぞちょっと早めにお越しください♪


<交流会のこと>
直前に迫ってしまったご案内でごめんなさい。
谷中での地球のなかま展の交流会ですが、
13日の芸工展の交流パーティーのときに、瀬戸さんから、「18日(土)は谷中の瀬戸さんのお店(ビーンズキッチンさん)のご都合とあわず、翌日19日(日)はどうかしら?」とご提案いただいておりました。

当初、交流会は18日(土)を予定してご案内などしていたので、
既に18日OKのお返事が多いです。
なので両日そのまま「交流ごはん会」になります。
(ただ、会費制等のパーティーとかにしないで、17時に終わった後、集まったみんなで谷中の町でお夕飯を一緒に食べて交流を深めるイメージです)

翌19日(日)は、ビーンズキッチンさんでもOKをいただいておりますが、夜は営業時間外ですので、人数と予算を決めたりして先に相談する必要があるとのことです。

→ いずれも、まずは,
井上(まぼ)携帯:090−9106−0308 か、
メール ecomomo8@m9.dion.ne.jp までご連絡をおねがいします。
急ですが、本日17日までに人数確認だけはさせてください。


○18日(土) 10−17時  ギャラリーOPEN(大賑わい!(予定)
         → 18時頃より交流ごはん会
        (人数を見て電話します、谷中ボッサさんか
         お好み焼きやさんに行きたいな)

○19日(日) 10−17時 ギャラリーOPEN(大賑わい予定)       → 18時頃より交流ごはん会
          (人数を見て、井上連絡します。
          人数が集まれば瀬戸さんのビーンズキッチンさん。)


まとまらないままですが・・・

関係ないですが、今日、井上、会社代休を無事ゲットしました!
ふぅ。。。

本日一日、芸工展会場でほっこり畳の上で作業したり、
散策してスタンプ集めたりして(えへへ)、
たくさんの方に、どうぶつたちの魅力とSOSをお伝えしたり、
色々な方と交流を深めてのんびりしたいと思います。

もし、お時間があう方がいたら、ぜひ、お越しくださいね。20日まで開催しておりますので、
どうぞ、お誘いあわせのうえ、お越しください。

                                                    ももんが まぼ













posted by momotomo at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

『地球のなかま展2008』

今、日本で何が起きているの? その「仕方ないよ」って本当?
谷中、根津、千駄木界隈で開催される芸工展2008に出展します。
『地球のなかま展2008』ももんがともだちネット
2008年10月16(木)〜20日(月)10:00〜17:00
場所:香隣舎(芸工展本部)

地球のなかまの笑顔のために。犬、ねこ、むささび、ナキウサギ、ツキノワグマ、ジュゴン、スナメリ、ヤンバルクイナ。写真、イラスト、粘土、陶芸と様々な作り手たちが、8種のなかまに光をあて、その魅力を存分に伝えます。ぜひ、遊びに来て下さい。

『地球のなかま展2008』ブログも開設されています。
詳細はそちらをご覧ください。
posted by momotomo at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

10月4,5日 世界自然・野生生物映像祭IN東京 開催中です(有楽町・上野2会場にて)

TO みなさん

こんばんは。
ももんがの井上です。

今日はためていた出荷をこつこつしながら、
有楽町まで出かけて、午前中から7本の映画+講演会へ行きました。

こちらのMLやブログで、バタバタしすぎて昨日のうちにご案内できなかったのですが(ごめんなさいー)、
今日、明日と、第3回 世界自然・野生生物映像祭 が行われています。

場所は、東京国際フォーラム D1 ホール(定員130人)

詳しくは、こちらをご覧下さい
映像も観られますよ。

http://mainichi.jp/select/wadai/graph/2008naturemovie/index.html?inb=yt

明日も、朝から晩まで、色々な野生動物の映像を観ることができます。
今日も若いボランティアさんがたくさんいて、活気ある会場でした。

1作品 当日券は1000円ですが、
3回券を購入すると3本で2000円になります。
(学生は 700円)

今日、私が観た映像は、

マウンテンゴリラ、←最高でした!

カラハリ砂漠のラーテル←最高でした!

屋根裏のふくろう一家(50分)←おもしろかった。

バンチ・オブ・ファイブ「亀の世界」(8分) ←世界中の人が観たほうがいいなあ。

バンチ・オブ・ファイブ「バンジョー蛙」、

現代のイソップ物語 ピーター・ラロビッチの世界 (アリ地獄、森のものがたり、糞ころがし)

羽仁 進 さんの講演+映像

でした。

いくつか見逃したものもありますが、
明日も、同じ会場で行われる、ナマケモノの映像など10本ほどと
千石正一さんの講演を聴いてこようと思っています。

今日観て大変興味深かった、

「マウンテンゴリラ」 の映像は、
明日、もうひとつの会場、国立科学博物館で 14時〜 行われます。

整理券が必要らしいので、すこし早めにGOです。

ちょっとネタバレになっちゃう&まぼの偏った感想ですが、、。

単純に、ゴリラという生物種のすばらしさや彼らの目を見張る知恵や
かっこよさ、愛らしさ、尊さがわかるドキュメンタリー映像で、観れてよかったです。
子供のゴリラの愛らしさはもちろん格別なのですが、
シルバーバックのボスの魅力も相当でしたっ。
(会いに行きたい!みんなに観て欲しくって上映会をやりたくなった!)

野生のゴリラたちが暮らす森の環境は年々ひどくなるのですが、
その大きな原因が、ルワンダから逃げてきている難民の方々が、
ゴリラのすんでいる森で暮らし出したことが、拍車をかけているのでした。

新聞やDAYS JAPANの報道ですこし知っていたけど、
ゴリラの家族の生活を追う映像の中で出会うと、人間の存在が本当に脅威でした。

そんな視点も忘れないように。と思いました。

(フェアトレードや難民の方の支援をしているだけだと、
人間ばかりの地球のような気がしてきちゃうし、視点が偏るなあ。。とも思いました。

地球の人間が喧嘩(戦争)してしまうと、他の命にとって迷惑な上に、非常に脅威なのだから、
なかよくしなくてはいかんぞ。と、また思いを新たにしました。
隣に座った小さな子とうなづきながら、目を手で覆いながら、一緒に観ました。

そして、同時に、遠く離れた世界のことじゃなくって、
今、冬眠前なのに、食料がなくて山を下りてきてガリガリにやせ細ったツキノワグマが、
どんどん射殺されている、クマが人を襲った。なんていう報道を見るような季節になってきましたが、
ゴリラの問題と同じで、ルワンダからの難民の方とは違うようにみえるけど、
私たちが(じわじわとだけど)他の野生動物たちの住みかに入っていっていることと、
パラレルだと思いました。

うわーーっ。
他にも驚く魅力的な映像がありすぎましたっ。

(私のような動物オタクじゃなくっても、
きっとびっくりおもしろい映像の連続だと思います)
ぜひ、時間があいている方は、観にいってください!

朝10時から、8本を上映。
こちらの会場は、入場料のみ払えば、
映像は無料で観られそうです(席は150席)


それでは 
これから、出荷しがてら、
さいたまの実家のぽぽみ嬢に会いに帰りますー。

みなさん、引き続き、楽しい週末をお過ごしください。


ももんが 井上

posted by momotomo at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

10/25(土): みんなも見よう「ホピの予言」&聞こう「辰巳玲子さん」のお話

こんにちは。

倫子 (ももんがともだちネット ホピの予言イベント実行委員会) と申します。

10/25(土)に、
 
 みんなも見よう「ホピの予言」&聞こう「辰巳玲子さん」のお話

と題して、「ホピの予言」上映会+辰巳玲子さんトークショーの
イベントを開催します。
盛りだくさん!の内容となっておりますので、ぜひぜひご参加ください。
お待ちしてます。

詳細は、以下をご覧ください。

*******************************************************************

みんなも見よう「ホピの予言」&聞こう「辰巳玲子さん」のお話

 〜身近なところから「ホピの種」に気づき、育ててみませんか?〜 

2008.10.25(土)13:30〜20:30 
文京区勤労福祉会館
主催:ももんがともだちネット ホピの予言イベント実行委員会

 平和の民と呼ばれるアメリカ先住民・ホピ。
 そのホピの聖地で行われているウラン採掘・放射能汚染・石炭露天堀り・強制移住___。
 
 そんな厳しい現実にいながらも、ホピは口承で伝わる偉大なる精霊の教えに従い、
 大地と生命の調和に立った生き方をしています。

 そんなホピの教えにふれることができる「ホピの予言2004年版」を上映します。
 
 「ホピの予言2004年版」は、「ホピの予言(1986年)」本編と、2003年05年に撮録された「浄化の時代を迎えて―ホピの伝統に生きるマーチン・ゲスリスウマ氏に聞く―」補遺版
 の2本立ての作品です。

 そして「ホピの予言」の監督、宮田雪さんのパートナーであり、
 ホピの聖地にて補遺版を撮録した、ランド・アンド・ライフの辰巳玲子さんをお迎えして、お話し会も開催します!

 映画「ホピの予言」が縁でホピの聖地へ旅することになった辰巳玲子さん。
 次の時代にホピのメッセージを手渡すメッセンジャーとなり、活動されています。
 辰巳さんの強く清らかな平和への想いを、ひとりの女性の生き方を通じてお話しいただきます。

 上映とお話し会後は、辰巳さんを囲んで、ももんがともだちネット恒例?の交流会もあります!
 おいしいマクロビ弁当をご用意しますよ〜!

 平和の民であるホピの教えにふれ、ホピのメッセンジャーである辰巳さんのお話を聞き、
 皆さんも「ホピ(=平和)の種」を育ててみませんか? 
 
 みなさまのご参加をお待ちしています。


○日時:2008年10月25日(土)13:30〜20:30 

○会場:文京区勤労福祉会館 3階 第二和室と第三和室
     (文京区本駒込4−35−15) 

○会場へのアクセス:

     http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_keizai_shisetsu_kinpuku.ht
ml

 JR山手線 駒込駅(東口)下車 徒歩9分
 東京メトロ南北線:駒込駅(1番口)下車 徒歩11分
 JR山手線・京浜東北線 田端駅(北口)下車 徒歩10分

○当日スケジュール:

第1部 )映画 「ホピの予言2004年版」上映: 13:30〜15:10(100分)
 
第2部 )辰巳玲子さんによるお話し会&「質問タイム」: 15:40〜17:1
0(90分)

第3部 )食事・交流会: 18:00〜20:30

第3部の食事・交流会は、お弁当をご用意します。
(お弁当、要事前予約)

お申し込み時にお弁当の要不要をお知らせください。

○第2部 ゲスト

 ランド・アンド・ライフ 辰巳玲子さん
     http://www.h6.dion.ne.jp/~hopiland/

○参加費:

  ¥2,000(第1〜3部通し)

第1部のみ:¥500
第2部・第3部のみ:¥1,500 
※第3部のみの参加はできません。

 当日受付でお支払いいただきます。
 なお、第3部のお弁当は、別途800円(実費)をいただきます。

○お申し込み:

 momotomonet@hotmail.co.jp  まで 
事前にメールでお申し込みください。

      件名に「ホピの予言上映&辰巳さんお話し会申込み」 とお書きください


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
@お名前
A電話連絡先
B参加人数
C何部参加希望(どれかを教えてください)
 1.第1〜3部通し 2.第1部のみ 3.第2部・第3部のみ
DCで1か3をお答えいただいた方のみ(どちらか教えてください)
 1.お弁当を申し込む 2.お弁当を申し込まない

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

○当日の注意・お願いなど

 ・会場は駐車場がないため、電車かバスをご利用ください。

 ・お茶をご用意しますので、「マイカップ」をご持参ください。
  第3部に参加する方でお弁当ご希望の方は、「マイ箸」も持参をお願いします。

 ・お弁当は、千駄木「よかしこや今風庵」さんのマクロビ弁当をご用意します。
  お弁当を申し込まなくても、第3部に参加できます。
      
・第3部のみの参加はできません。

・事前予約なしの当日参加は、お受けできません。必ず事前予約をお願いします。

 ○主催
  ももんがともだちネット ホピの予言イベント実行委員会
  http://momotomonet.seesaa.net/
  
  エコロジー雑貨 ももんが(http://www.h4.dion.ne.jp/~ecomomo/)
    
  〒113-0021 
  文京区本駒込6-15-9フォレスタ六義園5F(不在がち)
  携帯 : 090-9106-0308(当日のみ)
  イベントに関するお問い合わせ:momotomonet@hotmail.co.jp


posted by momotomo at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

ももんがより ひなたぼっこまつり&28日(日)ももんが森のマーケット開催、おやつの予告!

みなさま
こんばんは。
ももんがの井上です。

9/23(祝) 牟礼の里公園で行われた、
風義さんとおともだち が主催した、ひなたぼっこまつり 
(ライブと昼寝と物々交換市!)に行ってきました。

(ななちゃんとみなちゃんと、終了後夜に麻代ちゃんが合流!)

そこは芝生の広場になっていて、太陽の陽射しを浴びて、木陰で休んで、
風を味わい、流れる雲 を楽しみながら、夕日が沈むのをながめながらおしゃべりし
ます。
寝転びながら、風義さんの歌を聴けたり、インディアンドラムのどんどこを聞きなが
ら夜は星を眺めながら、
過ごしました。
(井上寝まくりでした)
とっても心がぽかぽかする、お祭りだったのです。
(次は、冬至の日 12/21 にあるそうですよ!)

その日の穏やかさ は いずこへ?

こちらのMLがどんどん投稿が活発になってきて、一つずつつっこみいれたり、
いっしょにわいわいしたり気分はしてるんですが、
職場の仕事が9/30に向けて正念場で処理しきれず(9/30の小出さんの講演は聞きたい
のに)、
ももんがの通販も遅れがちで、
さらに、各種活動のミーティングや締切があちこちでパタパタ。
MLやブログが放置気味で、申し訳なく思ってます。
(そんなときでも、気にせずに、どんどこ投稿して下さいね!)

9月28日(日) 14時から19時は、ももんがの森のマーケットを開きます。
前回は段ボール山積みの中での打ち上げでしたが、
少しは「お客さまとしてお迎え」できるよう、がんばります。

おやつは、食パンを用意します。
「えっ?おやつなのに?味気ない」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
実は、23日のひなたぼっこまつりのとき、お隣にいた、虔十の会の雨ちゃんが、
持ってきていた、「黄色のパンダトースター(憧れ)」を、
ももんがの在庫のペルーの楽器、サンポーニャ2個セット と 交換してもらいまし
た!
やったー。
(明日、高尾山に持っていくのです。時間差交換です)
焼いた形が、パンダになるそうで、今からとても楽しみです。

食パンとジャムとはちみつと紅茶をももんがで用意します。
ほかにお勧めのおいしい具がある方は、ぜひお持ち下さい。

なお、ぽぽみは、10月の芸工展のときからの出勤とさせていただきます。
毎回、ほんとうに親(ぽぽ店長の送迎)と都合が合わなくって・・・。
ごめんなさい。


ももんが 井上


posted by momotomo at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

9/28(日):高尾山に行こう!虔十の会より「八木のぶお×照本史 秋風LIVE&ワークショップ三昧@高尾ツリーダム

●八木のぶお×照本史 秋風LIVE&ワークショップ三昧@高尾ツリーダム

そろそろ風が秋を連れてくる頃。
ブルースハープ、ピアニカ、カリンバの音たちが少し透明になった秋の空気に優しく
共鳴する時間を作り出す。
ワークショップもたっぷり楽しんで、素敵な一日をすごしてください。

【日時】9月28日(日)11:00〜 (カフェメニューもご用意いたします)

【ワークショップ】

・水カンリンバ作り
 byケンジュウの会 11:00〜15:00  参加費500円
 空き缶を再利用、高尾の水を使えば素敵な水カンリンバのできあがり♪

・鳥笛作り
 by Sage 11:00〜15:00   参加費1000円
 高尾の木の枝を拾って、鳥笛作り。
 鳥達が応えてくれる素敵な音が出ます♪

・珈琲ワークショップ
 by 洋平 13:00〜15:00    参加費1500円(「つむぎ」子鹿いく
絶品スイーツ付き)
みんなでほっこり♪ゴン太の珈琲ワークショップ
水は様々な情報を蓄えます。
使う水はもちろん、珈琲を入れる人の気持ちが練り込まれるんです☆
技術ではなくて、一番大切なことはハートなんですよ♪
珈琲は、豆の状態8割、入れる人の気持ち2割なんです。
1粒1粒に太陽がいっぱい詰まってます。
おいしい=体にやさしいなんですよ☆
豆の状態が8割なんですから、大自然に対する感謝を忘れずに♪
珈琲業界でついて回ることはやはり、輸入国と輸出国の経済格差や搾取の問題。
これって、きっと僕らの内側でもおきてること♪
ひとりひとりが『当たり前』の裏側にある感謝を思い出せば、きっと世界は変わる☆
心の中のフェアトレードをみんなでしていきましょう♪
こんなトークのあとに、みんなで美味しい珈琲を入れる秘訣を伝授。

【ライブ】
・Sage(カリンバ) 16:00〜
・八木のぶお×照本史 17:00〜

【参加費】2000円・1ドリンク(中学生以下無料) ワークショップ料金は別料
金 
※ワークショップのみ参加の方は、ワークショップ料金のみでOK

【申し込み】 要予約 kenju_treedom@yahoo.co.jp まで





posted by momotomo at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

9月23日(祝)*うたをうたえば* せんざきあやのライブ   のお誘い☆

○ももんがともだちネットMLより

ひろこさんからふんわりしたライブのお誘いがありました。
こちらに転載しますね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

練馬の「OHANA CAFE」で、友人せんざきあやのさんのライブを企画しました。

とってもすてきな歌声、やさしいウクレレの音色。
(文才がなく月並みな言葉ですが。。。)

みなさまにもきいていただきたくて、ぜひぜひ、とおねがいしました。

ほっと心がゆるむ、そんな夜になると思います。
下の案内を読んでいただければ、幸いです。
予約はいりませんので、その日の気分でふらっとおこしいただければと思います。
どうぞ、よろしくおねがいいたします。
(転載、コピー歓迎です)


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


*うたをうたえば*


せんざきあやのライブ 

とき  2008.9.23(火)秋分の日 18:00開場18:30開演

ところ OHANA CAFE 練馬区豊玉北5−20−4大和ビル2F

HP http://www.ohanacafe.jp/ mixiコミュニティ http://mixi.jp/view_community.pl?id=676272

チャージ 1500円+1オーダー(高校生以上)
      当日直接おこしください


京都から来たおかあさん

ウクレレを手にゆったりうたってます

子守唄のようなやさしいウクレレ弾き語り

昔小さい人だったあなたも そして今小さい人も

どうぞゆるりとおこしください

きっとゆりかごのような心地よい秋分の夜になると思います

(文・お手伝い係 かつ)

*友情出演*
京都のシンガーソングライター中西彦助君(彼は翌日24日は京都の磔磔にてライブです。お近くの方はぜひこちらもおすすめ)の心に響く歌で始まります。
せんざきあやのさんの学生時代の同級生、坂本龍治君も参加してくれます。

◎せんざきあやの◎

1984年生まれ
東京都出身
日本各地を旅して、京都に移り住む
京都を中心にゆるりとライブ活動
おいしいごはん、おいしいお菓子を作るおかあさん
ウクレレ弾き語り
自主制作CD「ふわりふわり」
ブログ「おこめさんの台所」http://kitchen.ponde.net/blog/


                *ありがとうございます*
        

posted by momotomo at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ももんがともだちネット メーリングリストのこと

みなさまへ

こちらのブログに遊びに来てくださっている皆様

ももんがともだちネットには、こちらのブログのほかに、
メーリングリスト(ML)があります。

こちらは、すべての命を大切に思う方なら、どんな方でも大歓迎です。
特定のルールや信条などはありません。

ブログだと、ちょっと一般向けすぎて、書きずらいよ。という方も多いのですが、MLのほうには色々な投稿をしてくださるようになりました。
(その一部、情報の案内については、こちらに転載しています)

人手不足もありまして(ぽぽみの手も借りたいよー)、
こちらへの掲載も、リアルタイムでなかなか行えないので、
MLへの参加もどうぞご検討ください。

現在、参加してくださっている方は、

エコロジー雑貨ももんがのお客さんとしてお会いできた友だち、
地球ギャラリー時代に、動物の作品を展示させてくださっていたアーティストのみなさん、
ももんがのイベント(調理実習やお祭、上映会など)に来てくださった方々、
犬猫をはじめとして、動物保護の活動でお会いした方々、
パンダを愛するお友だち、
動物園ボランティアで会った友達、
あちこちの環境・平和のイベントでお会いできた方々
農業、山遊び、海遊び、旅先で会ったともだち
映画好きのなかま、
六ヶ所村ラプソディの上映会をきっかけにつながった、各地で色々な活動をがんばっている方々、
海外でNGOの職員として活躍している方、
フェアトレードのつながりで知り合った方々、
寺子屋ゼミの講師をお願いした方々、
井上の学生時代、元の職場などのともだち
(井上のレスポンス率が低いため(「うん」とか「すん」とかの返事ばっかり)、私の生存をこのブログやMLで確認してもらっているような状況です。反省)

上記のどこかにあたる方々が、すこしずつなかまに加わってくださって、
その人にしかできない発信をしてくれていています(感激)。

特に、何か目的とか活動とかはないんですが、
誰も泣かない地球がいいなあと思ってはじめた店ですし、
リーダーは、ぽぽみですから、

笑顔がこの星にたくさん増えていくように、
顔が見える形で、
得意なことでつながりましょう。
輪を「笑い声で」大きくしましょう!という、
ゆるやかなつながりになってきました。

今は、1年半ほど経ちまして、じわりじわりと80名くらいになりました。

北海道から九州までなかまが分布しているのに、
情報はどうしても自分のところに飛び込んでくる東京発信のものばかりに偏りがちだし、親切とは言いがたいと思います。

お茶会や交流会などで、チョコチョコ実際に会えない仲間も多いですが、上京してくれたときやまぼが旅に出たときに、会ってごはんを食べてつながって行きたいな。って思っています。

色々なつながりが生まれると心強くなるし、
心地よい場所がたくさん生まれると、生き易くなります。
喜びって、気づいて、まわりのみんなにもおすそ分けし出すと、
すっごく加速度的に、増えていくんだなあと思います。

「ペイフォワード」という映画、観ていない方は、ぜひ観て下さいね。
 http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id162415/

「入るよ。」って方は、どうぞ簡単な自己紹介を書いて、
ももんが ecomomo8@m9.dion.ne.jp までメールを下さいね。

お待ちしていまーす。
(ただ、仕事がのろのろです。あらかじめお許し下さい)

                   ももんが まぼ


posted by momotomo at 04:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ももんがまつり収益+各種カンパを送金しました!&三番瀬の金子さん 10月26日(日)三番瀬の犬猫たちの基金を作るフリーマーケット開催のご案内です

080414_あきちゃん(座布団).JPG


みなさんへ

こんにちは。

ももんがの井上です。

先月8月24日に行われました、
ももんがまつりでの収益に、
当日から9月頭までにいただいた応援基金、
さらに、ももんがのブタ貯金箱(大)の中に入れていただいたお金を加えまして、
合計 14,030円を、
三番瀬の金子さんに、送らせていただきました。

会社がめちゃ忙しくて、合間をみての送金だったので、
昼休みにダッシュで送りに行ったら、ホッとしちゃって、
こちらへのレポートが遅くなりました。
ももんがまつり会計のみなちゃん、
そしてご参加下さったみなさん、そして、基金を寄せてくださった皆さん、ごめんなさい。

送金の際に、振込票に「ももんがともだちネット」として送ろうとしたら、寄付のようだけど送金料が525円もかかってしまいますよ。って、郵便局の方が親切に教えてくださいました。

ぱるる送金(個人同士)だと、ATMからだったら無料とのことで、慌ててATMの列に並びなおして、井上の個人口座から送金しました。
(フリマやももんがの物販で525円も稼ぎ出すのは本当に大変なことです。窓口の方とは、以前多摩動物公園のレッサーパンダの話などをしたことがあったのですが、今回も丁寧に教えていただけて助かりました)


三番瀬さんの活動HPの会計報告の際には、
名義を井上個人からももんがともだちネットに変えていただこう。と思いながら、
金子さんにメールを送れずにいたのですが(後手後手に回りすぎ)、三番瀬の金子さんご本人から、
先日、見沼自然公園に行った際の、あきの写真を見に来てくださってコメントをつけていただいておりましたっ!
感動です。

もう本当に随分と長いこと、ご無沙汰してしまっていたのです。

早速、メールを送ってみようと思いますが、
その前に、三番瀬さんのブログを拝見していて、10月26日のフリマのご案内に気づきました!

こちらは、江東区の木場公園で行われるので、
金子さんもいらっしゃるようでしたら(無理かしら?)、我が家も、あきとぽぽみを乗せて、フリマで使っていただけそうな物資を載せて、ぶーーんと参上したいなと思っています。

(その頃には、芸工展も終えて、OCにっこりキャンペーンの基金も揃って、お渡しできるかな?)

こちらへ遊びに来てくださるみなさんのお家でも、
下記の用品(具体的なので分かりやすい)が眠っていましたら、どうぞご協力ください。

ももんがまで持ってきていただくか、一緒に遊ぶ時にお持ちくださったり、お送りいただけましたら、一緒にあきぽぽ車にて、配送いたしまーす。

木場公園は、東京都の現代美術館があったり、広々と気持ちよい公園ですし(年に1度は美術館に遊びにいく場所です)、
フリーマーケット自体もとても大きくて楽しいところと聞いています。
どうぞ、遊びにお立ち寄りくださいね!

(って、勝手に宣伝しちゃいます。晴れますように!)

以下、「三番瀬発 アニマルストーリー」ブログ 
http://sanbanse.blog79.fc2.com/ より転載させていただきます。

***********************

第10回フリーマーケット開催決定

26日はみんなで木場公園へGO

日 時:10月26日(日) 9:00〜15:00
場 所:木場公園 噴水広場(東西線木場駅徒歩10分)

詳細はコチラ木場公園フリマ

今年の秋のフリマは木場公園で開催することになりました
気候の良い時期だと思いますので
皆様お誘い合わせ上、ぜひお立ち寄り下さい

そこで、またまたお願いで恐縮ですが、
下記の品物、又はご家庭で使わない物がありましたら、
犬達のために、ご提供のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます

■タオル・シーツ(新品なら箱なしも可。名前入りOK)
■洗濯用洗剤、石鹸
■化粧品全般、香水(多少使ってあるものでもOK)
■ペットグッズ (首輪・リード・洋服・ベッド他)
■バッグ、靴(きれいなものなら中古もOK)
■食器 (新品ならバラでもOK)
■キッチン用品全般(新品ならOK)
■家庭雑貨(スリッパ、ハンガー等)

また、フリマ物資ではありませんが、
使わないテレフォンカード(新品)がございましたら、
ご提供いただければ、大変ありがたいです

フリマ物資は、365日いつでも受け付けております
送付先等につきましては、お問い合せフォームから、お問い合せ下さい。
どうぞよろしくお願い申し上げます

**************************

あきのおかげで、私は小さな頃からの課題(動物の役立つ人間になれているか?)を問い直しました。
その後、ぽぽみを保健所から迎えてから、急旋回。

今、この道をずんずん歩いています。

そのときにとても影響を受けた、前を歩いて実践してみせてくださった方のお一人が、金子さんです。

金子さんが助けてくださったあきは、
我が家にとって、本当に天使ですっ(親ばかすみません)

ほんとうに色々なきっかけやたくさんの愛情の贈り物をくれました。

いつまでも1歳の元気な女の子のような気がしてしまうんですが、すこしずつ、おばあちゃんわんこになってきました。
そんな矢先に、「あきを助けてくださった金子さんや育ててくださっていた佐藤さんにあきが歩けるうちに一度は連れていって、
会ってもらいたいね。夏が過ぎたら。」とお話していた折でした。

DSC_5462.jpg

お花見の時のヒトコマ。
あきは、父が大好きなので、ひとときも離れません。
お隣の大きなわんこは、あきのお気に入りのポン太くん。
そして、弟分のシロちゃん。
(彼も放浪していて、ポン太クンの家の子になれた、ラッキーボーイです)


0804080 お花見のとき ちょっと緊張してるあき.jpg

お花見のときのあき。
ちょっと緊張しています。

popomi.jpg

おまけ・同じ日のぽぽみさん。舌がちょろり。

(撮影・長谷部さん)










                  ももんが まぼ 
posted by momotomo at 02:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月:動物愛護週間(ちょっと掲載が遅くなっちゃいました・・・)

みなさまへ

ももんがともだちネットのMLへ、
既に20日からはじまっておりますが、
動物愛護週間にちなんだ投稿が続きました。

こちらのブログへもご案内の部分を一部掲載させていただきます。

毎年、思うことですが、
この1週間だけじゃなくって、
それに、「愛護」って上から目線じゃなくって、
ずっと仲良くお互い様だね。って協力しあって暮らせる対等パートナーだと、思ってもらえる日が来るといいなあ。

紹介してもらった、杉本彩さんのおしゃれのために動物たちを殺すことへの意思表示のヌードは、とっても綺麗だったし(感謝しちゃう)、

セラピードッグ第一号のチロリの映像も、かわいくて感動的でしたもうやだ〜(悲しい顔)

悲しい画像はありませんよ。

みなさんも、どうぞご覧ください。
そして、多くのお友だちにもぜひお伝え下さい!

そうだ、アニマルライトセンターの方から、
チラシをいただいたのですが、
10月26日(日)のお昼に東京で、毛皮について知ってもらおう。という、デモパレードがあるそうです。

そちらにもご興味のある方、どうぞ、足をお運びくださいね。
(あとで、お知らせ別途します)

**************

ももちゃんより:

みなさん、動物愛護週間ってご存知ですか?
毎年、9月20〜26日は動物愛護週間となっています。

動物愛護週間には、各地で動物愛護イベントが行われます。
動物との暮らしをお考えの方、そうでない方も行ってみてくださいね(^^)

全国のイベント情報はこちら
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=12039&hou_id=10104

皆さんのお住まいの自治体の広報にもお知らせが載っていると思います。
イベントの開催は、都道府県と政令指定都市、中核市ごとです、たぶん(^^;

東京都で開催の中央行事イベントはこちら
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=10104

********************

動物愛護ふれあいフェスティバル(動物愛護週間中央行事)の概要

(1)日時
平成20年9月20日(土)11:00〜16:00(屋外イベント) 

23日(祝)13:30〜16:30(シンポジウム)

(2)場所
上野恩賜公園内 噴水前広場及び上野動物園(屋外イベント)

東京国立博物館平成館講堂(シンポジウム)

(3)主催
動物愛護週間中央行事実行委員会
(環境省、東京都、台東区、
(財)日本動物愛護協会、(社)日本動物福祉協会、
(社)日本愛玩動物協会、(社)日本動物保護管理協会、
(社)日本動物園水族館協会、(社)東京都家庭動物愛護協会、
(社)日本新聞協会、(社)日本雑誌協会)

(4)概要
[1]9月20日(土):屋外イベント
◇内容
表彰式(ポスター、写真、児童文学、標語、キャッチコピー)
愛犬しつけ方教室、聴導犬実演
動物ふれあいコーナー
クイズ、スタンプラリー、紙芝居、お絵かき・各種ゲーム
ポスター展示、パネル展示など

[2]9月23日(祝):シンポジウム

◇テーマ:まもれますか?ペットの健康と安全
◇出席者: 中川 志郎(実行委員会実行委員長)
小方 宗次(麻布大学付属動物病院副院長)
水越 美奈(日本獣医生命科学大学助教)
大島 誠之助(日本ペット栄養学会理事) ほか(敬称略、順不同)

(5)参加費:無料

(6)問合せ先
動物愛護週間中央行事実行委員会事務局((財)日本動物愛護協会)
TEL:03-3409-1821
※シンポジウム(23日の分)のみ事前参加申込が必要ですので、
(社)日本動物福祉協会(FAX:03-5496-0930)宛、
氏名、電話番号を記入の上ご連絡下さい。

*******************

○毛皮と言えば、杉本彩さん、毛皮反対のモデルになったんですね!

http://www.afpbb.com/article/entertainment/news-entertainment/2518713/3348896

http://aya-sugimoto.at.webry.info/theme/23535f2dee.html
(杉本彩さんのブログ)

********************
以下、転載です。

【9月17日 AFP】
今までにセクシーな映画や写真集でヌードを
披露してきた女優の杉本彩(40)が17日、
初めて動物愛護のためにヌードになった。

 杉本は、「毛皮?裸でいいわ(Fur? I'd rather go naked)」
と書かれた小さなプラカードを手に、全裸になって、
数十人のカメラマンやテレビカメラの前でポーズをとった。

国際動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会
(People for the Ethical Treatment of Animals、PETA)」で
日本人初のヌードモデルだという。

 杉本は、毛皮の製造工程を知ってから、
2年前に毛皮を着るのを止めたという。

毛皮反対キャンペーンに参加することで、多くの人に、
残酷で恐ろしい目にあっている動物の現状を知ってもらいたいと話した。

杉本は、杉本のヌード写真が辺り一帯に貼られても、
まったく気にならないと述べた。

 PETAは、杉本の動物愛護に対する情熱を評価し、
国際的な反毛皮キャンペーンの初の日本人モデルとして選出した。

杉本は、フェイクファーを用いたファッションブランドを設立している。

 PETAアジア・太平洋支部の責任者である
ジェイソン・ベイカー(Jason Baker)氏は、
「彼女は完ぺきだ。問題に関心を持っている」と述べた。

 ネコ愛好家でもある杉本は、日本の消費者に対し、
おしゃれであることと動物愛護が相反するものではないことを示したいという。

 杉本は、本物の毛皮を着なくても、
おしゃれで優雅になれるということを
人々に知って欲しいと述べた。

********************

みほこさんから:
(既に終わってしまった番組も含まれています。遅くなってごめんなさい)

いつものわんこのお話です。

明日20日土曜日18時10分より、NHK「週刊こどもニュー
ス」で
「捨てられる動物を救え」という特集が放送されるそうです。
http://www.nhk.or.jp/kdns/

多くのこども達が見て、命の大切さを感じてくれるといいなと思います。

動物愛護週間ですね。

私の住む千葉県では「なかよし動物フェスティバル2008」という
のが行われます。
http://www.pref.chiba.jp/syozoku/c_eisi/aigo/osirase.html#festa

富里の愛護センターといえば
先日テレビで放送されたセラピー犬「チロリ」とその後輩たちは
ここの出身だそうです。

収容されてくるのに、出身というのもおかしいですが。
見逃した人は見てみて下さいね。

前半 http://jp.youtube.com/watch?v=cHNkYWZwK1c
後半 http://jp.youtube.com/watch?v=u5Prvkd_76o&feature=related


posted by momotomo at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

六ヶ所再処理工場の本格稼動を再考してもらおう/// ///★★みんなで民主党へメール!緊急アクション★★///

みなさまへ

ももんがの井上です。

以下のお知らせが回ってきました。

どうぞ、家でできる未来を変えていく一歩です。

総裁選のこと、
次々に出てくる食の不祥事などをみても、
政治家って何してるんだろう。
利権を取り合って、権力争いばっかりだよ。
誰も日本の未来に責任とらないで、
たくさんお給料(歳費)もらってるんだよなーと、
しらじらとしながら見てしまう自分がいます。

けど、あきらめてしまうと、
自分の選挙権のことにも鈍感になっちゃっているけど、
そうすると、どんどん国って一部の人の声だけが反映されてしまうので、立ち止まって考えてみる機会だなーと思うようになりました。

何もできないよ。と思う方にもぜひお願いします。

お友だちにも教えてあげて、一緒に送ってみて下さい。
お返事が来たらラッキー。

どの政治家も、ほんとうにいろんな問題を検討しているから、
六ヶ所のこと、まだまだちゃんと知らない人がいっぱいいます。

この星に暮らしているどの生き物も、これ以上、放射能の心配なんてしないで暮らして行きたいと思うんです。

空を見上げて、深呼吸。
笑って暮らせる地球にしていきましょう!

以下、賛同してくださる方、どんどん転送をお願いします。
お手本がついているので、メール出しやすくなりますね。

普通の生活者である、私たちが動き出せば、
世の中はきっとどんどんよい方向に変わっていくと思います。

                ももんが まぼ

******** 転送・転載 大大大歓迎!! ********

///六ヶ所再処理工場の本格稼動を再考してもらおう///
///★★みんなで民主党へメール!緊急アクション★★///
********************************************
  **9月末までを目標に出しましょう**

みなさま

民主党のマニフェストに、六ヶ所再処理工場の本格稼動の「再考」「凍結」を盛り込むための取り組みを、「再処理とめたい!首都圏市民のつどい」として呼びかけます。


原発が出す放射能の一年分を、たった一日で大気や海に放出する青森県の六ヶ所再処理工場。事故がなくても大量に放射能を出すこの工場によって、環境はもちろん、農産物や海産物が放射能で汚染されてしまいます。たくさんの農業者、漁業者、アーティストやサーファーも反対しています。

そんなことしないでほしい!!と思っている皆さん、六ヶ所再処理工場をとめるために、総選挙前のこの機会をとらえてアクションを起こしませんか?

今回は政権交代の看板を掲げる民主党にメールで働きかけようというご提案です。
*文末に例文があります。

民主党は昨年の選挙のマニフェストで、再処理工場の運転を含む「核燃料サイクル計画」について言及していません。次期総選挙に向けて民主党がマニフェストをまとめるこの時期に、たくさんの方からメールを送ることで、再処理工場に反対する世論の高まりを認識してもらい、今年の選挙では六ヶ所再処理工場の本格稼動の「再考」「凍結」を表明してほしいと伝えるのです。

「国民の生活が第一」「食の安全・安心の確保」「食料自給率の向上」 「農業経営の安定化」「漁業の振興」「食材の原産地表示義務付け」などを掲げる民主党です。
六ヶ所再処理工場の運転が、それらの政策と真っ向から反対することを、私たちの言葉で伝えましょう!

民主党によると公示とほぼ同時にマニフェストを発表するそうですので、9月末までを目処にアクションをお願いします。
(もし遅くなってしまっても、今後への意見としてぜひ伝えましょう)

一人でも多くの方のご参加を、よろしくお願いします!!

●民主党本部 「ご意見はこちらへ」ページ(このページからメールを送れます)http://www.dpj.or.jp/header/form/index.html

●小沢一郎議員 「掲示板・投稿」ページ(このページからメールを送れます。「掲示板に上げる・上げない」を選べます。)https://www.ozawa-ichiro.jp/keijiban/s8.php3

●鳩山由紀夫議員アドレス
yuai@hatoyama.gr.jp

●菅直人議員アドレス
kan-naoto@nifty.com

●地元有権者からの声を届けるために、みなさんの地元の民主党議員(候補者)にも送りましょう
検索はこちらから↓

http://www.dpj.or.jp/member/

●民主党昨年の選挙でのマニフェスト(PDF)
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2007/index.html


*****例文:たとえばこんな内容で送りましょう
  (多少アレンジしていただくとより効果的です)*****

●●県在住の●●と申します。
試運転中の青森県の六ヶ所再処理工場の問題についてご連絡させていただきます。原発一年分の放射能を一日で出すこの工場がもたらす環境と食べ物への放射能汚染を大変心配しています。

貴党の昨年のマニフェストには「食の安全・安心の確保」「食料自給率の向上」「農業経営の安定化」「漁業の振興」などが掲げられていました。六ヶ所再処理工場の運転は、こうした政策とは相容れないのではないでしょうか。

青森県はこの工場から出される放射能が食べ物を汚染することを認めています。たくさんの農業者、漁業者、そして消費者がこの工場に不安を持っています。

風評被害が起きたら、また実際に汚染が起きたらどうなるのでしょう。試運転開始後、すでに周辺環境の放射能濃度が上がったことが確認されています。

費用の面では、建設費として2兆1000億円強がかかっており、さらに本格稼働後は後処理費用として19兆円かかることも発表されています。

食品の安全性に対して不安が高まり、貧困問題が深刻さを増す中、こんなにお金をかけて、国の政策として環境や食べ物を放射能汚染していてよいのでしょうか。

現在、試運転はトラブルなどにより予定通り進まず、延期を繰り返しています。
農業者、漁業者、消費者が安心して生活できるよう、またあるべきエネルギー政策について議論を深めるために、この機会にいったん立ち止まり、貴党が次期総選挙において六ヶ所再処理工場の本格稼動の再考、または凍結を表明してくださるよう、心よりお願い申し上げます。

*************文案以上****************


■再処理工場って何?という方に
六ヶ所再処理工場とは…全国の原発の使用済み核燃料からプルトニウムと燃え残りのウランを取り出す工場。本格稼働すると、事故がなくても通常運転するだけで原発一年分の放射能を一日で空や海へ放出する。本格稼働はこれまで14回延期されているが、現在の本格稼働予定は今年11月。昨年末以来、不具合により半年以上停止していたガラス固化体の作業は7月に再開されたが、直後にトラブルのため再度止まり、その後1本もガラス固化体ができない状況にある。

■参考資料(メール本文に貼り付けてもよいでしょう)
・原子力資料情報室
原発から再処理まで ニュースも満載 http://cnic.jp/modules/rokkasho/

・NO NUKES MORE HEARTS 
再処理の基本、過去のイベント報告なども http://www.nonukesmorehearts.org/

・音楽家 坂本龍一さんのページ
アートや音楽でSTOP再処理 http://stop-rokkasho.org/

・「海に放射能を捨てないで」法律制定を求める動き
岩手県の全35市町村のうち30市町村で「放射能を海に放出しない法律を制定する請願」が採択されています。
たとえば陸前高田市の請願書はこちら。
http://www.city.rikuzentakata.iwate.jp/kakuka/gikai/ikensyo/h18/hatugi2.html

・岩手県議会で六ヶ所再処理工場について請願採択
http://www.daily-tohoku.co.jp/tiiki_tokuho/kakunen/news/news2005/kn051004a.htm

・漁協やサーファーも反対表明
http://news.ohmynews.co.jp/news/20080202/20461
http://www.daichi.or.jp/mamorukai/news/070717rokkasho/index.html

・青森県が認める食べ物の放射能汚染
青森県は食べ物がどれぐらい放射能で汚染されるかの予測値を、以下のページで公式に発表しています。
http://gensiryoku.pref.aomori.lg.jp/monitor/investigation_724521e9f6.html
真ん中あたりの「添付ファイル:原子力施設環境放射線調査報告書(平成17年度)」のP271(印字してあるページで)です。表の中の「施設寄与分(増分)の予測値」というのが、再処理工場によって増えると予想される放射性物質です。

・坂本龍一さん、ピーター・バラカンさんなど著名人が出した再処理についてのアピール

http://cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=456

・再処理問題を取り上げた映画「六ヶ所村ラプソディー」。
http://www.rokkasho-rhapsody.com/index2
上映スケジュール
http://www.rokkasho-rhapsody.com/_schedule/calender


再処理とめたい!首都圏市民のつどい

連絡先団体:原水爆禁止日本国民会議 03(5289)8224 
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11
日本消費者連盟 03(5155)4765/ふぇみん婦人民主クラブ 03(3402)3244/大地を守る会
03(3402)8841
posted by momotomo at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月5日(日)京都ベジフェス開催♪楽しいイベントです

http://www.vegetarianfestival.jp/

京都ベジタリアンフェスティバス、
今年は、10月5日(日曜日)に開催されますよ!

今年は、あちこちのお祭に出歩きすぎて、
京都出店を狙っていたものの、今年はももんがは出店する余裕がありませんでした。
でも、またいつか出店したいなーと思う、とても素敵な楽しいお祭でした。(貯金しようっと!)

どうぞ関西にお住まいの方は、ぜひ、お友だちを誘って、
ぜひ、足を運んでくださいね。
みんなに、喜ばれると思います!

すっごい盛り上がりで、おいしいものに包まれて(ほおばって)楽しいですよ。
(ファラフェルは、絶対食べてね)

そして、毎年思うのですが、これだけのゴージャスなイベントになるのって、実行委員のみなさんの魅力としっかりと実施してきたその成果が、またどんどん大きなつながりを生み出しているのだ。と思うと、一層じーんとします。

イベントを作るうえで、とても参考になりました。

京都ベジフェスのHPは、ベジってなに?という方や、
京都に行くという仲間に、お店を紹介したくて、
友だちやももんがのお客さんに、HPを紹介してたんですが、
今年のサイトもすごいです。

ベジタリアンってなあに?という方って方でも、
踊りが見たいー、おいしいもの食べたい!
楽しいお祭として参加しくださるのでも一緒に楽しみましょう!というイベントですが、
ぜひ、事前にこちらのビデオをご覧になってから、足を運んで下さいね。という、予習のページ アニメーション もありました。

どうぞ、こちらもご覧下さい。


今年、出店できなくて、
「晴れ上がること、そして、大盛況のイベントになるよう」お祈りするももんがお留守番チームではありますが、
なんと友だちからも教えてもらったのですが、
I佐さんのはからいで、ぽぽみ店長の写真(大きいよ)&お店のブログをご紹介いただいておりました。
(親ばかでにんまりしちゃった!)

どうもありがとうございます!

みなさん、マイ食器を持って、京都・岡崎公園へ集まって!


                   ももんが まぼ

posted by momotomo at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トッチより:映画「1/4の奇跡〜本当のことだから〜」上映会 のご案内

みなさんへ

トッチです。

映画の上映会のお知らせです。

今回は千葉県の白井というところなので、
ちょっと遠いのですが、お近くの方、ご都合の良い方是非見に来てください♪

************************************************************

映画「1/4の奇跡〜本当のことだから〜」上映会 

「障害があっても なくても そんなの全然関係ない」


石川県在住、養護学校教諭の山元加津子さん。

加津子さんが語る、学校の子ども達のお話は、
“いのちの尊さ”
“いのちを生かす大きな存在”にまで触れ、
聞く人の魂を揺さぶり、
全国で感動を呼んでいます。


「1/4の奇跡〜本当のことだから」は、
そんな加津子さんに語っていただきながら、
“ひとりひとりが、とっても大切な存在なんだ”
“ありのままの私たちで、大丈夫なんだ”ということを、
描き出していくドキュメンタリー映画です。


この映画は、
映像制作経験ゼロ、
2児の母である入江富美子さんがある大晦日の夜に制作をひらめいて、
一念発起し、創られた映画です。

大晦日の夜、ありのままの自分をまるごと受け入れたときに、
「ありがとう〜」という気持ちが自分の中から溢れ出てくる、という体験をしました。

そして、自分の中の“ありがとう”が増えたとき、
この宇宙全体の“ありがとう”の量が増えたという確信がありました。

その瞬間、「私は、宇宙に感謝の量を増やす映画を創る!」そう決意します。

経験なし、人脈なし、資金なし、すべてゼロからのスタート。

しかし様々な人との出会いと応援によって、映画は完成し、
2007年2月11日初上映会が開かれます。

手作りのイベントに関わらず、約1000名の方が観てくださり、
その後も口込みで自主上映の輪が全国、海外へ広がっています。



私は この映画を観たら

もっと 自分が好きになりました
そして もっと人に優しい気持ちになれました

ぜひ みんなにも 観て貰いたいです!



日時  2008年 9月28日(日)
    開場:16:30  開始:17:00  終了:19:30

場所  The Works Cafe ザ ワークスカフェ
    http://www.the-works.jp/cafe/home.html

参加費 大人    2000円(当日2500円)
    高校生以下 1500円(当日2000円)
    障害者   1500円(当日2000円)
    未就学児   無料

     *いずれも 1ドリンクサービスあり*


交通手段 新京成「鎌ヶ谷大仏駅」から船橋新京成バスで10分
     (鎌10 NT七次台行・鎌12 西白井駅行)
     「開拓入口」で下車

     北総線「西白井駅」から船橋新京成バスで10分
     (鎌12 鎌10 鎌ヶ谷大仏行)
     「開拓入口」で下車して下さい


申し込み ホームページの入力フォームから入力して下さい

     URL:http://soranoyakusoku.didit.jp/

☆入力フォームが使えない場合 お手数ですが
    以下のメールアドレスに本名・人数をご連絡下さい

     Mail:kiseki@didit.jp

映画も素敵ですが 上映会場の カフェもとっても素敵なのです♪


みんな 自分の大事な人を誘って
ぜひぜひ 観に来て下さいね!


posted by momotomo at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/12(日):糸紡ぎワークショップ〜渡良瀬エコビレッジ〜

みなさん、こんにちは。
ももんがの井上です。

おともだちのOさんから、
下記のイベントに「申し込んじゃった!」
とメールをいただきました。

どれどれ?と思って、ブログへ飛んでいってみたところ、
「コットンボール弾けましたー」っていう文字が飛び込んできて、
私も本当に行きたくなりました・・涙)

(当日は翌週から行われる、芸工展2008のももんがブースの準備で駒込に一日いて、作品をお迎えしている&森のマーケットを開催している予定なんです)

もし、10月の3連休、ちょっと遠出したいな。
何か手作りとか、農とか、そんなことに興味があって、行き先を探していた方、ぜひ、まぼの代わりに行ってきて、
レポートしてくださいな!

以下、おたよりから、転載します。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

糸紡ぎワークショップ〜渡良瀬エコビレッジ〜

http://blog.canpan.info/watarase/


☆糸紡ぎワークショップ☆
 〜フワフワの綿から一本の糸に紡ぐ、しあわせな手仕事体験〜

【日程】
10月12日(日) 午前10時〜午後3時

【場所】
栃木県下都賀郡藤岡町<あき津亭>
東武日光線藤岡駅より、車で5分
詳細地図
http://www.eco-online.org/ecovillage/hajime.html

【食事】
各自持参(お茶・軽いおやつはこちらで用意しています)

【参加費】
非会員:2000円(10歳以上)
会員:500円

【持ち物】
カッターナイフ
(割りばしでコマを作るときに使います。)

【申込先(必須)】
メール、事務局和田まで→yosihisa@eco-online.org
もしくは電話、渡良瀬エコビレッジ工房まで→0282-62-2677(平日9:00〜17:00の
み)       
※定員20名を超えましたら、受付終了させていただきます。

****************************

今回は綿の種まきイベントでお知り合いになった,
かややねの家にお住まいの、新田光子さん
http://www.h5.dion.ne.jp/~sato-ken/index.htm
を講師に迎え、糸紡ぎのワークショップを開催することになりました!

新田さんはご自分の畑で綿を育て、糸を紡ぎ、布を織り、さらに染め、服に仕立てる
ところまでをやってしまわれた方です!
実際に作品を見せていただいたんですが、手仕事の温かさを感じる素晴らしいもので
した。

糸紡ぎとは種とりした綿を、糸にしていく作業です。
すべてを手作業で、自分の力でやってみるという手仕事の、とても貴重な体験ができ
ます!
少しづつフワフワの綿が、一本の糸に紡がれていく様子は、本当に興味深い体験にな
ること
間違いありません!

はじめは難しいかもしれませんが、一度覚えてしまえばだれでも手軽にできます!
これを機会にぜひ、昔の手仕事を体験してみませんか



posted by momotomo at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

10/20(土)お昼:国立・カフェスローにて 正木高志さんのトークライブ

みなさんへ

ともだちのみっちんが、司会をつとめますー。
台風がちょっと気になるけど、、、。

明日のイベントのお知らせですが、
お時間のあう方、どうぞ、ご参加ください。

正木さんに会って、お話がきけて、仲間と話せるチャンスは、
つかんで欲しいです。

───────────────────────────

木を植える人、正木高志さん。
9月にカフェスローにいらっしゃいます。

現在執筆中の最新作「グラウンディング ストーリーズ」や、
来春に予定しているwalk9/韓国巡礼についての最新トークを予定。

お見逃しなく。

『walk 9 / 感謝』

平和を信じて
楽器をとって
木を植えながら
君と歩く道

星と本能を
たよりにいきる
花も咲いている
君が笑ってる

いのちこそすべて
からだこそすべて
自然こそすべて
君こそすべて

......peace9 / green9

ひとつの地球へ
平和を選ぶ
夜明けの光
君にさしてきた

竜が飛んでる
鳥が舞ってる
みんなひらいた
君にありがとう

君にありがとう
君にありがとう
森(海)に感謝


■日 時:9月20日(土)12:00オープン/13:00スタート(15:00終演予定)

■出 演:正木高志

■料 金:予約1,500円/当日1,800円(ともにワンドリンク付)

■場所:カフェスロー http://www.cafeslow.com/

〒185-0022
東京都国分寺市東元町2-20-10
TEL : 042-401-8505
FAX : 042-401-8503
E-mail : cafeslow@h4.dion.ne.jp



posted by momotomo at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SOS:芸工展への出展作品・応援を募ってます 

みなさまへ

地球のなかま展2005、
森とくまと共に生きるくまのTシャツ展2005、
しあわせわんこ・にゃんこ展2006、
地球のなかま映画祭2007開催時のクラフト展 等 の アート企画に、
作品をお寄せくださったすべてのアーティストの皆様、
また、それらの企画を、実行委員として支えてくださったともだち、
ご来場くださったり、お買い求めいただいた、全てのみなさまへ
はじめまして!の皆様へ

こんにちは。

ももんがの井上です。

ギリギリの時期でのご案内・出展協力のお願いとなりましたこと、
先にお詫びします。。。

みなさま、お元気でいらっしゃいますか?
みなさん、おひとりおひとりが、それぞれの暮らしの場で、
ご活躍のことと思います。

さて、来月、10月11日(土)から26日(日)まで、ももんが(駒込)の隣町である、
東京の下町、谷中・根津・千駄木界隈で、
芸工展2008 http://www.geikoten.net/  という楽しいアートイベントがありま
す。

第16回 芸工展2008ガイドマップより 

「素」にかえろう。

谷中・根津・千駄木・日暮里・上野桜木・池之端 界隈

まちじゅうが展覧会場

2008年10月11日(土)〜26日(日)


以下、HPより
****************************************************
http://www.geikoten.net/about/

芸工展とは

「まちじゅうが展覧会場」をキーワードにより平成5年にスタートした谷中芸工展
は、今年で16回目。毎年10月の中旬に2週間にわたり谷中・根津・千駄木・日暮里・
上野桜木・池之端界隈を舞台に開かれています。
芸工展は谷中に暮らす普通の人々の日常の創作活動をとりあげ、まちの多くの人に興
味を持ってもらい谷中の魅力を語り合ってもらう場、「日常の延長としての表現」を
通して、まちの様々な人が互いの生活を理解し、認識を深めていく交流の場を目指し
て開かれています。
芸工展の参加者は筆や彫金、せんべい、鼈甲といった谷中に根付く職人の他、まちに
点在するギャラリーやアーティストのアトリエ、路地での落書き大会や街角でのワー
クショップ、また自宅の一室を公開して行う展示などの自主企画からなります。2002
年に100企画であった参加者は今年は118企画156に達するまでになり、まち内外の参
加者・訪れる人々にとってまちの新たな魅力を発見する場となっています。

****************************************************

6月に出店した、駒込大観音さんのほおずき市のとき、上記実行委員のかたに、
「ももんがチームも、参加してみてる?」 とお声がけいただきました。

もともと、ももんが&地球ギャラリーには、地球上のなかまの魅力、かっこよさや愛らしさを
伝える様々な作品を作り出すことに、笑顔を増やしてくれるなかまが多く集まってくださっていました。

2006年の引越し以後、ももんがは、ギャラリーの空間はなくなりましたが、そろそろ
皆さんの作品を中心に笑顔で集まれる、同窓会のような企画をしたいなぁと思っていた矢先でした。
そこで、はりきって、内容未定のまま、「地球のなかま展」として、申込をしました。

実行委員会のみなさんの計らいで、ももんがともだちネットとして、お借りできたスペースは、
朝倉彫塑館さん(素敵!) http://www.taitocity.net/taito/asakura/  
と同じ道沿いにある、古い民家。
香隣舎(こうりんしゃ)さんという建物です。 ← 本当にラッキーなんです☆

ここは、谷中学校の拠点であり、今回の芸工展2008の本部の皆さんの詰め所です。
なので、お客さんが、ガイドブックを買いにきたり、ぶらっとあそびに来る方、お隣のはらっぱ市に来る方(13日に市が立ちます)、
迷子(大人も迷う)になって相談にやってくる方、スタンプラリーの景品を取りに来る方で、
始終ひっきりなりに人が遊びにきてくれる楽しい場所になるようです。

上記芸工展の期間のうち、
ももんがともだちネットがお借りした期間は、その二番目にあたる、
10月16日(木)〜10月20日(月)までの5日間です。


スタンプラリー付きのガイドブックも完成!
(ナナコさんと瀬戸さんが、芸工展の実行委員として活躍していて、
先週、瀬戸さんが、ももんがの分10冊を届けてくれました)

第16回芸工展2008 ガイドマップ より

番号:A−13 
開催場所・香隣舎 台東区谷中7−17−6 
企画名:地球のなかま展
主催者名:ももんがともだちネット
開催時間:10:00〜17:00 (会場ルール)

内容:
地球のなかまの笑顔のために。
犬、ねこ、むささび、ナキウサギ、ジュゴン、ヤンバルクイナ。
写真、イラスト、粘土、陶芸と様々な作り手たちが、7種のなかまに光をあて、その魅力を存分に伝えます。
ぜひ、遊びに来て下さい。

※企画に申し込んだ後、新しい原発を作るため、奇跡的に残っていた瀬戸内の海を壊しはじめることを教えてもらい、
そこに暮らす、カンムリウミスズメやスナメリなどのたくさんの動物たちのSOSが届きました。
そこで、代表して、スナメリを追加して、8種に決めました。
当初の案内では、7種といいながら、ツキノワグマが漏れてしまいました。ごめん・・・くま。


アートの力 と みんなの笑顔や手が重なることで、
今暮らしている場所にいながらにして、世界各地、日本各地の動物たちや、
彼らが暮す森や海そのものを守るため、がんばっている方たちにエールを送ったり、
広報や基金をサポートがすることができます。

今回の地球のなかま展では、動物たちの種類を8種類にしぼりました。
(本当はもっとたくさんの動物たちが、今、絶滅に向かって秒読み。
住みかを追われたり、人間のそばにいて、ひどい扱いをうけて泣いています)

こちらの動物たちの置かれている現状を簡単にコメントをつけました。
それらの背景をいっしょに伝えることも、今回の企画の柱でもあるのですが、
なによりもまず、アートの力で、その動物の魅力を存分に伝えて欲しいと願っていま
す。

今回、選ばれた8種類の動物たち

@むささび (高尾山のおなかにトンネル? 虔十の会)
Aエゾナキウサギ (大雪山系の道路建設、その道ほんとにいるの?ナキウサギファ
ンクラブへ)
Bヤンバルクイナ (沖縄・高江のヘリパッド増設。ブロッコリーの森)
Cジュゴン(沖縄・辺野古の米軍基地拡大。命を守る会へ)
Dツキノワグマ(日本各地の山々。日本熊森協会)
Eスナメリ:瀬戸内の最後に残った綺麗な海。上関原発の為の長島・祝島の埋め立て
工事 ←NEW!!

F犬 (捨て犬のレスキュー活動)
G猫 (捨て猫のレスキュー活動。
→ 大阪ARK、千葉三番瀬のコンパニオンアニマルの2箇所へ送金

上記の趣旨をご理解いただいた上で、
その動物やその地域の環境をいっしょにアートで守りたい!思われる方、
ぜひ、あなたの手と知恵をお貸しください。

上記の出展とあわせて、現在、ももんがで行っている、オーガニックコットンのお得ににっこりキャンペーンで、
販売しているキャミソールやタンクトップがあります。売上の中から、1枚ごとに350円の寄付をしますが、
そちらからの基金を合わせて、8箇所へ送金します。

送金先の団体からは、その動物たちについて、また、現地での活動について、
レポートをいただけるようにお願い、参加してくださった全ての作品といっしょに、
その活動のレポートをHP上と紙面で、皆さんにお伝えしていく予定です。

私も一緒にやりたい!作品をだすよ。お手伝いOK!という方、
声をかけてください!

<作品を作るよ。まかせて!という方>

アート展ですから、これがなくちゃはじまりませんっ。
おもちゃ箱のように、元気な個性あふれた空間を作りたいと思います。

写真、イラスト、ぬいぐるみ、バッグ等の雑貨、どんなものでも歓迎です。

8種類動物たちがいますので、得意な動物をお選びいただき、その「魅力」を伝えてください。
(動物たちの間で、偏りのないように!と祈るばかりです。
ぜひ、初めて知った動物もいると思いますが、図鑑やネットで調べて好きになったら、ぜひ作品を!)

方法A:展示のみ:(展示用に作品を貸してください)
(お返しの方法は、ももんがに取りに来ていただける方、また、お返しに伺う機会がある方できる方)

方法B:チャリティー販売させてくださる:
(売上の一部は、その動物への応援基金とさせてください。それぞれで割合を決めてください)

※郵送の際の費用(要返却の方はその分も)は、申し訳ありませんが、ご負担ください。
※お近くの方は、なるべく手持ちで、ももんがの仲間に会いがてらの出品をお願いします。
※下見がてら、前の週に行われる、谷中まつりやはらっぱ市、フリーマーケット、谷中菊まつり、
秋も一箱古本市 などにいらっしゃり、その足で、ももんがにお立ち寄りいただくのもお勧めです。
街中が楽しいですよ。

事前に、案内をブログやML、各種ご案内を出す際に、
出品してくださる方の名前(ハンドルでもOK)が必要になります。
そのため、9月中にお返事(エントリーだけでも・・)をお願いします。
もちろん、その後にインスピレーションが沸いてきて、作品が作れた方もぜひ。
ぎりぎり15日(搬入日)まで、待ってま〜す♪)


〜〜〜 応援をお願いしたいこと 〜〜〜

アートは苦手という方も。無理無理。っていう方も。

色々な声、センスでこの企画を成功させて、
動物たちと現地でがんばる皆さんといっしょに、ニッコリしたいです。
どうぞ、下記の応援団になってください!

また、参加が無理な場合でも、イベント期間中、遊びにいらしてくださいね。

<搬入・展示・搬出>
前日、終了後の搬入・出の作業 

<期間中の応接担当(10/16・17・18・19・20)>
日向でほっこり。
お隣にある、貸はらっぱ音地さんでも、おもしろい出店が!(13日)

交代で地図を見ながら、街めぐりをして、おいしいものを食べ歩き、
いい笑顔で、お店番ができるように、数名ずつお願いしたいです。

<物販>
展示の中で、チャリティー販売させていただけるものを、販売します。
なお、今回、スペースは全て展示に使いたいので、通常のももんが商品の物販はありません。
ただ、動物レスキューキャンペーンの関連商品(キャミソール、タンクトップ)の販売は、
力を貸してください。

<当日配布するプリント冊子、特設HPなどの作成> 

※事前準備の中で、こちらもとっても大切な仕事です。
 ひとり1種類ずつ引き受けてくださるとうれしいのです。

今回、出場する動物たち、8種の動物たちの魅力、その生態、行動の謎、その動物たちが置かれている環境の人間による危機を、
小さなミニ冊子にまとめたいと思ってます。

現在、私だけしかメンバーがおらず、大ピンチ(妄想で終わらないように・・・)

動物が好きな方、冊子作りに興味ある方、ぜひ手を貸してください。

HPが作れたり、印刷やパソコンが得意な方、どうぞ、力を貸してください。


以上、まとまらないままのご案内になってしまいました。

今年は「井上、ちょっと遅すぎだよー」とおっしゃる方も、
来年以降も、継続的に、こちらの企画には、同窓会として、
また、動物の応援団として、出展し続けたいと思っています。

どんな形の応援でも、ほんとに心強いし、助かります。

どうぞ、何かにぴんと来た方、
よくわからないけどーとおっしゃる方、そうですよね。。。

これから色々と決めていくことも多々あります。
ミーティングを重ねて、1ヶ月後に花を咲かせたいと思っています。

ぜひ、連絡をお待ちしています(←切実)。

                 ももんが 井上雅代


以下は、これまでのアート企画へ出展・応援してくださった、
みなさんです。
-----------------

<地球のなかま展(@銀座・長谷川画廊)2005>

ーアートー
ぱんだ13号さん 
橘るいこ子さん 
あいだたきこさん(pochaさん) 
吉良星春(キラキラ)さん
今井彩乃さん(ぶうちゃん) 
吉田静佳さん
佐野高太郎さん 
地球ギャラリー(井上)

ー実行委員ー
足立香さん
岡磨唯さん
ぱんだ13号さん
内田一輝さん
水上美穂子さん
井上雅代

<森とくまと共に生きるくまT展2005@ももんが&地球ギャラリー>
http://www.h4.dion.ne.jp/~ecomomo/kumat/kumat_ichiran.html

牧野田さん 
なすまさみさん 
ゆうさん 
流風さん 
きたがわめぐみさん 
えっちゃん  
麻里子さん 
砂の城の住人さん(イーちゃん) 
みほこさん 
キミミちゃん 
たぐちかよさん 
昭二さん 
キノシタナオさん
こたにちえさん

<しあわせわんこ・にゃんこ展2006 @ももんが&地球ギャラリー>

たぐちかよさん
長谷部昭二さん
たけちゃん
キノシタナオさん 
影浦さん 
ステファニーさん 
みーちゃん 
のりえさん 

<地球のなかま映画祭り2007 @文京区立本駒込交流館ホール>

郷子さん(ひつじやさん・布小物) 
たけちゃん(陶器)
わかばの家のアーティストのみなさん(ポストカード)

<その他>
あっきー イラストレーター 
グレイセング・雪子さん 高尾在住のイラストレーターさん


他に、応援してくださる方、お願いします。





posted by momotomo at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。