2011年07月22日

エコロジー雑貨ももんがです:リニューアル・オープンのお知らせ

20110614090538.jpg
看板わんこ(沙羅とたまき)です。
7月に沙羅2歳、たま7歳になりました。


ももんがともだちネットブログにお越しいただきました皆様へ

こんにちは。

大変ごぶさたしております。

ももんが店員のまぼです。

こちらのブログは、長く更新することができずいました。

突然のご案内という形になってしまったのですが、
地震後にいろいろなことを考え、まわりとも相談を重ねて、
本日、エコロジー雑貨 ももんが の 実店舗を、リニューアルオープン いたしました。


2011年7月22日(金曜日) 11時〜19時 

東京・駒込 の 染井商店街(ソメイヨシノの染井です) の一角で、
エコロジー雑貨ももんが&地球ギャラリー、リニューアルオープンいたしました。

しばらくは、毎日 11時〜19時に営業しています。

あまり広くない店内ですので、通常は、沙羅は歩いて30秒ほどの自宅におります。
事前に、お声がけいただければ、お店に出勤したり、私と一緒にお店番をしていることもあります。
(23日は、縁日の太鼓や声に沙羅が騒いでしまいそうなので、その時にお店の奥におります)

どうぞ、皆様、遊びにいらしてください。

どうぞよろしくお願いします。

エコロジー雑貨ももんが 井上

住所 〒170-0003 豊島区駒込6−33−4 1階
電話・ファックス 03-3910-4510(変わりません)

<店への行き方>
駒込駅(東口または北口)をおりて、旧古川庭園(バラで有名)を目指してください。
霜降商店街(しーちゃん)の入り口 から、400メートルくらいの細長い商店街を歩きます。

右手にスーパーサカガミさんを越えるあたりから、染井商店街になっています。
東日本銀行を越え、さらに、右手をごらんになりながら、てくてく進んでください。
調剤薬局、焼き鳥屋さん、お豆腐屋さん、ギャラリーカフェのあうるさん、美容室ぷっとさん、空き店舗、その横が「ももんが」です。
今回のお引越し先は、こぎれいな建物の一階です(びっくりされそう)。
反対側のお隣は、クリーニング屋さん、時計屋さん、歯医者さん、靴屋さんと続きます。

靴屋さんの正面に、染井コミュニティ広場があり、ネコたちがのんびり暮らしていて、奥は路地になっています。

なお、明日23日(土)の14時から、この広場で、「染井縁日」があります。
焼きそばとか綿あめも出るみたいです。
懐かしい感じで、おすすめです。
合わせて、そぞろ歩きに、ぜひいらしてください!


ももんが 井上





posted by momotomo at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

12/27イベント:野間さんのプロフィール追加しました!

1227「いのち、つないで」チラシ写真入.pdf

※スナメリの男の子と
カンムリウミスズメのかわいこちゃんたちのイラストが産まれました!
チラシもぜひ、みて下さい〜。

1227チラシ2ura.pdf

もう1パターン、チラシがあります。
マスコミや議員さん、そして、この問題を知っている方に、
もうすこし細やかな記載があるバージョンです。
こちらも素敵な仲間たちが、写真で「こんにちは!」しています。

ももともちらし 12.15.pdf
--------------------------------------------------------

皆様へ

ももんがの井上です。

今晩はー。

先日もご案内させていただきましたが、
暮れも押し迫っております、今週末!


12月27日(日)に、瀬戸内海の上関に新しく原発が建てられようとしているその場所
が、
実は、生物にとっても最後の楽園、多様性のホットスポットなんだよ。
という視点から、その魅力とSOSをお伝えしてゆく、
映像+スライドトークライブの イベントを準備しています。

秋に実施した、小出ゼミ合宿の際に、ともだちになった、
植物の図鑑をつくっている、環境ジャーナリストの林将之さん。

http://www.ne.jp/asahi/blue/woods/profile.html

・『葉で見わける樹木』(小学館 1837円)
  基礎から学びたい人にはまず本書をお勧め。

・『樹皮ハンドブック』(文一総合出版 1260円)
  日本初の樹皮図鑑。樹皮情報を満載した自信作。

→彼の図鑑、超いいんです。
私もわんこの散歩のときに、持ち歩きはじめました。
楽しみが増えましたよ。
ぜひ、みなさんも、買って、使いこなしてください!(宣伝しちゃう)

彼がみんなで観るように送ってくれた、NHK山口などのテレビ番組を観ては、情報が操作されて、現地が孤立しちゃうことのこわさを感じて、遠くからでもできること、やりたいなーと改めて思っているところでした。

また、元々、生き物応援団(生き物オタク)なわたしにとって、
祝島・長島の辺りは、ほんとうに、日本のガラパゴス諸島!
生物多様性の宝庫ということが分かってきて、
生き物の生死がかかってるから応援して〜〜!って伝えたい!と思っていました。

広報もギリギリで恐縮なのですが、
(いつか、読んでくださった方が、ぴんとくる日の為にでよいので)
みなさまのつながりへ、このイベントのことも、お伝えしていただけますと、大変うれしいです。

また、お子さん連れでも、参加しやすい気軽な会です。
瀬戸内海?どこ?って方でも、
忘年会?いくいく。その前に何かあるの?という方でも、
みーんな、楽しめちゃうような、
入門用なイベントになっています。

ご案内には、学者の先生みたいな書き方をしていますけれど、
野間さんは、気さくなお兄さんです。

ぽんぽんと質問しながら、
びわ茶やおやつをいただきながら進みますので、
どなたでも、学びながら、楽しめちゃうと思います。

ご家族、お友だちをお誘いあわせのうえ、
海の美しいスライド、可愛い鳥たちのスライドを見に、
ほっとしに?!いらしてください。

ももんが 井上

-----転送・転載 大歓迎♪

(野間さんプロフィール、ネアリカ展示 加筆済み)--

いのち、つないで

生物多様性のホットスポット

瀬戸内海の海と島に生きる生物(いのち)を応援しよう!

☆日程:12月27日(日)14時〜(開場13時半)
☆会場:文京区勤労福祉会館・区民会議室
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_keizai_shisetsu_kinpuku.html
 (文京区本駒込4-35-15 駒込駅(東口)下車 徒歩9分/田端駅(北口)下車 徒歩
10分)

☆参加費:1200円 (1部、2部通し)
第1部:「ぶんぶん通信」鑑賞のみの場合は400円
第2部:お話からの参加は800円(お茶・お菓子付き)

瀬戸内の海と島には、きわめて稀な生態系が残されています。
たとえば、絶滅危惧種のカンムリウミスズメやハヤブサなどの鳥、
小さなクジラのスナメリ、島の岩壁に根付いているヒノキ科のビャクシン、希少な貝類などの海生生物が多く息づき、
豊かな生物相に支えられ、沿岸漁業が綿々と営まれてきました。

今、山口県の南西部に位置する上関の海(長島・田ノ浦海域)周辺の里山を削り、豊かな生態系の海が埋め立てられようとしています。

地球上の生きものは、お互いに絶妙なバランスの中で支えあいながら生きています。

すべてのいのちがつながっていて、そこにわたしたちもいます。

2010年は‘生物多様性’について考える年。
多様な生物たちの営みと人々の暮らしを、生き生きと捉えたドキュメンタリー映像を見たり、お話を聞いたり、お茶を飲みながら語りあって、美しい瀬戸内の海と島に私たちの想いを届けましょう。

ぜひ、お誘いあわせの上、お気軽にお越しください♪

開場 13:30

●第1部 14:00〜
映画上映:ぶんぶん通信2
(鎌仲ひとみ作品・2009年・63分)
「ぶんぶん通信」は、鎌仲ひとみ監督の新作ドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」(仮題)の制作途中を報告するビデオレター。
原子力発電所建設のために埋め立ての危機にさらされる生物多様性のホットスポット・田ノ浦の自然に焦点をあてた映像です。

●第2部 15:30〜
お話の前に、長島の豊かな自然を映し出したDVD
「瀬戸内の原風景 長島」を上映します。(「長島の自然を守る会」製作)

お話:野間直彦さん
(滋賀県立大学環境学部環境生態学科・日本生態学会・上関要望書アフターケア委員)
プロフィール:
1965年千葉県生まれ、東京多摩地区育ち。
高校生時代は高尾山によく行っていました。
また父方の先祖は瀬戸内海の島にいたため、瀬戸内の自然にも親しんできました。
千葉大卒業後、京大の大学院に進み、屋久島に住んで照葉樹林で動物による種子散布の研究をしました。
森林総合研究所九州支所勤務などを経て、1998年から滋賀県立大学講師。
最近は、木の実の数の変動、イノシシやサルによる農業被害、その対策としての里山林の伐採について、などの研究をしています。
また琵琶湖に侵入している外来植物の駆除活動も行っています。
上関の自然には、環境アセスメントの問題点指摘に加わったのが最初で、10年以上つきあっています。よろしくお願いします。

----------------------------------------------
〜同時開催〜
★上関・田ノ浦写写真展
★緑のハートでつなげよう
GreenHearts プロジェクト
★祝島のいきものたちをモチーフにしたネアリカの作品展

瀬戸内海にあるハート型の小さな島
祝島の物産品(びわ茶、ソーセージ、絵葉書など)も販売します。
フェアトレードの商品の販売もあります。

お楽しみに!

プログラムの詳細は、ももんがともだちネットブログで確認してね!
http://momotomonet.seesaa.net/

********************
なお、イベント終了後、
忘年会は、駒込で一番おいしい!ネパール料理のお店、
ホワイトヒマラヤさんで行います。
(2500円(飲み放題込み)コース)
(ベジタリアン対応があります。お早めにお願いします)

30名定員なので、3日前の人数確定のお約束をしていますので、
そちらへもご参加いただける場合は、
お早めにお声がけよろしくお願いします。
(懇親会参加については、携帯090-9106-0308まで!)

※ホワイトヒマラヤ
http://white-himalaya.com/

19:00〜21:00で貸切予約させていただいています。

メニュー:
モモ(ネパールの蒸餃子)や、カレー、ネパールてんぷらなど
10品目程度で、デザート付き。
ドリンク:生ビールや各種お酒、ソフトドリンク、マンゴージュース、ラッシーなどいろいろ。


ももんがともだちネット 井上雅代
ecomomo8@m9.dion.ne.jp

posted by momotomo at 18:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

12月27日 野間先生+ぶんぶん(IN駒込) いのち、つないで 生物多様性のホットスポット 瀬戸内海の海と島に生きる生物(いのち)を応援しよう!

みなさーーーん!

あっ  

という間に師走も半ば。

あと15日で新しい年を迎えるんですねぇ。
ひぇーーー。

みなさん、お元気でお過ごしですか?

下記のとおり、年の暮れではありますが、
27日(日)に、いきものばんざいなイベント を 
今とこれからを考える一滴の会さんと共催で、
準備しています。

この日は、日頃、ももんがともだちネットのMLに参加してくださっている皆さん同士
の、
お顔を直接見て、話してゆっくり語り合える時間にもなる と思います。

今回のゲストは、滋賀県立大学の植物がご専門の野間先生。
遠くから来てくださって、
みんなに瀬戸内の自然について、映像を交えてお話してくれます。

いのちの神秘って、見れば見るほどおもしろい♪
とってもわかりやすいし、映像のすべてが、
うっとりぽやーんとしちゃう、美しさ、かわいさ、神々しさです。

大掃除?
あとでやりましょう!(*^-^*)

お友だち、家族をお誘いの上、遊びに来て下さいね!

なお、終了後の夜は、元気に忘年会です。
(参加費、飲み放題2500円くらい)
ネパール料理のホワイトヒマラヤさん(定員30名)です。

そちらへの参加もあわせて、ご検討下さい。
「いけるよ!手伝えるよ!」とおっしゃる方は、ぜひ、お早めに
ももんがまでお知らせ下さい。
(安心させて〜笑)
                ももんが まぼ

-----------------------------------------------

いのち、つないで
生物多様性のホットスポット

瀬戸内海の海と島に生きる生物(いのち)を応援しよう!

☆日程:12月27日(日)14時〜(開場13時半)
☆会場:文京区勤労福祉会館・区民会議室
 (文京区本駒込4-35-15 駒込駅(東口)下車 徒歩9分/田端駅(北口)下車 徒歩
10分)
☆参加費:1200円 (1部、2部通し)
第1部:「ぶんぶん通信」鑑賞のみの場合は400円
第2部:お話からの参加は800円(お茶・お菓子付き)

瀬戸内の海と島には、きわめて稀な生態系が残されています。
たとえば、絶滅危惧種のカンムリウミスズメやハヤブサなどの鳥、
小さなクジラのスナメリ、島の岩壁に根付いているヒノキ科のビャクシン、
希少な貝類などの海生生物が多く息づき、
豊かな生物相に支えられ、沿岸漁業が綿々と営まれてきました。

今、山口県の南西部に位置する上関の海(長島・田ノ浦海域)周辺の里山を削り、
豊かな生態系の海が埋め立てられようとしています。

地球上の生きものは、お互いに絶妙なバランスの中で支えあいながら生きています。
すべてのいのちがつながっていて、そこにわたしたちもいます。

2010年は‘生物多様性’について考える年。
多様な生物たちの営みと人々の暮らしを、生き生きと捉えたドキュメンタリー映像を
見たり、お話を聞いたり、お茶を飲みながら語りあって、
美しい瀬戸内の海と島に私たちの想いを届けましょう。

ぜひ、お誘いあわせの上、お気軽にお越しください♪

開場 13:30

●第1部 14:00〜
映画上映:ぶんぶん通信2
(鎌仲ひとみ作品・2009年・63分)
「ぶんぶん通信」は、鎌仲ひとみ監督の新作ドキュメンタリー映画「ミツバ
チの羽音と地球の回転」(仮題)
の制作途中を報告するビデオレター。原子力発電所建設のために埋め立ての
危機にさらされる
生物多様性のホットスポット・田ノ浦の自然に焦点をあてた映像です。

●第2部 15:30〜
お話の前に、長島の豊かな自然を映し出したDVD
「瀬戸内の原風景 長島」を上映します。(「長島の自然を守る会」製作)

お話:野間直彦さん
(滋賀県立大学環境学部環境生態学科・日本生態学会・
上関要望書アフターケア委員)

〜同時開催〜
★上関・田ノ浦写写真展
★緑のハートでつなげよう
GreenHearts プロジェクト

瀬戸内海にあるハート型の小さな島
祝島の物産品も販売します。
お楽しみに!

プログラムの詳細は、ももんがともだちネットブログで確認してね!
http://momotomonet.seesaa.net/


posted by momotomo at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

開催中)豊田直巳写真展『大津波アチェの子供たち?スマトラ沖地震か ら5年?』 -- 神奈川県

■転送歓迎■

豊田直巳写真展『大津波アチェの子供たち?スマトラ沖地震か
ら5年?』 -- 神奈川県

開催期間:2009年10月31日〜2009年12月6日

開催時間:10:00〜18:00

開催地 あーすぷらざ 3階企画展示室

備考:
月曜休館 11/23(月)は開館、11/24(火)は閉館

スマトラ沖地震とアチェの子ども達

2004年12月26日、インド洋に面した国々で約23万人の方が犠牲
となったスマトラ沖地震から5年。震源に最も近いインドネシ
ア・アチェでは、地震と津波による死者・行方不明者約17万人
という被害をもたらした。多くの犠牲者を出したインドネシア
・アチェにおける、津波被害から復興までを見つめたフォトジ
ャーナリストの写真約90点を展示。(2000年3月〜2007年12月)

問い合わせ先 (財)かながわ国際交流財団 学習サービス課
045-896-2899
URL http://www.k-i-a.or.jp/plaza/news/20091031_tsunami.html
開催地 あーすぷらざ 3階企画展示室

住所 横浜市栄区小菅ヶ谷1-2-1
アクセス 公共: JR根岸線「本郷台」駅徒歩3分


■■■ 豊田直巳 Naomi TOYODA ■■■■■■■■■■■■■■■■■
○最新刊『戦争を止めたい〜
           フォトジャーナリストの見る世界』(岩波書店)
豊田直巳公式HP「境界線の記憶」 http://www.ne.jp/asahi/n/toyoda/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

posted by momotomo at 17:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊田直己さん他のお話: 11/20放射能兵器(劣化ウラン兵器)禁止国際行動デー(第6回)

みなさま

昨晩、行われたスライドトークショーで、
豊田さんのお話を始めてうかがいました。
とても迫力がありました。

お話の中でも紹介があったのですが、
下記のイベントでも、豊田さんのお話が伺えるそうです。

平日の夜ですが、タイミングのあう方は、ぜひ!

なお、この集会は、毎年行われいる「劣化ウラン兵器禁止・国際共同行動デイ」の一環として実施されているそうです。


11/20放射能兵器(劣化ウラン兵器)禁止国際行動デー(第6回)

日 時:11月20日(金) 開場17:30 開会18:00〜21:00
会 場:東京学院3F (JR水道橋駅西口下車4分)
主 催:劣化ウラン兵器禁止:市民ネットワーク
参加費:800円(前売り)、当日1000円

講 演:◎嘉指信雄氏(ICBUWアジア太平洋地域コーディネーター)
    「NO DU NEXT・劣化ウラン兵器禁止への道」
    対人地雷・クラスター爆弾禁止条約に続け

   ◎豊田直巳氏(フォト・ジャーナリスト)
「可能性が出てきた核廃絶とDU兵器」
日本の市民の行動が問われています

     ◎佐藤真紀氏(日本イラク医療支援ネットワーク事務局長)
      「市民の連帯力で繋ぐ医療支援」
      イラクの子供たちが、それぞれの未来を作るために




嘉指信雄(かざし・のぶお)氏プロフィール

「NO DU (ノーディーユー)ヒロシマ・プロジェクト」代表。
神戸大学教授(専門:現代哲学・近代日本思想)。
広島に住み始めて15年、様々な活動に関わってきているが、ここ数年、
特にDU問題に取り組む。2002年末にはイラクへの「市民平和使節・
調査団」に参加し、翌年3月2日広島で作られた「NO WAR NO
 DU! 人文字メッセージ」では、呼びかけ人代表を務めた。
 ICBUW(ウラン兵器禁止を求める国際連合)の創設メンバーで
あり、現在、ICBUWヒロシマ・オフィス代表。今年5月には、
第1回バスラ国際がん会議に招待され、再びイラクを訪れた。
森住卓著『湾岸戦争の子どもたち』(英語版、2002)、
『劣化ウラン兵器禁止を求めるヒロシマ・アピール』(日・英版、2003)
豊田直巳・清水仁制作『知られざる DU の恐怖-イラクの子どもたち
は今』(DVD/日・英版、2005)、『ウラン兵器なき世界をめざして-
ICBUWの挑戦』(2008/「平和・協同ジャーナリスト基金奨励賞」
受賞)などの制作・編集・発行に関わる。

──────────────────────────────
 


posted by momotomo at 17:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/13〜15 被爆者の声をうけつぐ映画祭

みなさま

前回の上映会は、狙いを定めてほぼフルスケジュールで、
観にいけたのですが、
今回は、今朝の朝刊で知りました!!(汗)

既に終了してしまった部分もありますが、
情報の共有にー。
明日以降も続きますので、ぜひ。

(私は、15日の午前中、映像と山田玲子さんのお話を聞きにいきますよ
 玲子さんは、8月にももんがのちいさな、ももんがまつりで、
 被爆者の声を聞かせてくださった美しく魅力的な女性です。
 なので、プレゼントを持っていくのです♪ ←おっかけ
 ぜひ、皆様も。

--------------------------------------------

<被爆者の声をうけつぐ映画祭>

11月13日(金)〜11月15日(日)
:明治大学・リバティタワーにて

http://hikakueiga.exblog.jp/

被爆者の声をうけつぐ映画祭
hikakueiga.exblog.jp

日時:2009年11月13日〜15日(3日間)

会場:明治大学リバティタワーホール(お茶の水)

各回入場料
前売りチケット:大人1000円 学生・子ども800円
当日チケット :大人1200円 学生・子ども1000円

※13日午後のプレ企画は、参加費500円です。
※15日の午前中のプログラムは、入場料無料です。
※14日夕方の記念講演と15日夕方の特別イベント、シンポジュームは、それぞれ参加費500円です。


-----------------------------------------------
プレ企画 留学生歓迎
「NAGASAKI ANGELUS BELL 1945」ワンコイン鑑賞会
11月13日(金)入場14:50 上映15:00〜16:50
「NAGASAKI1945 アンゼラスの鐘」 )(英語字幕付上映)
 参加費500円(一般の方も参加出来ます)
 上映後に有原誠治監督の挨拶、他

プログラム@ 11月13日(金)17:20〜21:00 
 オープニングイベント
 トランペット演奏(松平晃)と開会の挨拶(10分)
 特別講演「人間と科学 核兵器のない世界へのメッセージ」(60分)
 講師:被爆医師・肥田舜太郎氏
 劇映画『夕凪の街 桜の国』(118分)18:45〜 ゲスト:佐々部清監督(上映後)

プログラムA 11月14日(土)10:00〜12:00
 ドキュメント『広島長崎における原子爆弾の影響 長崎編』(約80分) 
 ゲスト:山内隆治(上映前)長崎の被爆者(上映後)

プログラムB 11月14日(土)13:30〜15:50
 短編アニメーション『太陽をなくした日』(17分)
 劇映画『青葉学園物語』(103分)13:50〜15:50 ゲスト:大澤豊監督(上映後)

映画祭記念講演 11月14日(土)16:30〜18:00
 「被爆者として、科学者として生きる」(60分)
 沢田昭二 被爆者・名古屋大学名誉教授)
 参加費500円 当日受付

プログラムC 11月14日(土)夜18:45〜21:00 
 劇映画『さくら隊散る』(112分) ゲスト:新藤次郎プロデューサー(上映前)

プログラムD 11月15日(日)10:00〜12:00 〔無料上映会〕 
 ドキュメント『ヒロシマ 母たちの祈り』(30分)
 ドキュメント&アニメ『夏服の少女たち〜ヒロシマ・昭和20年8月6日』(50分)
 ゲスト:山田玲子 広島の被爆者(上映後)

プログラムE 11月15日(日)13:00〜15:30
 劇映画『長崎の子』(50分)
 ドキュメント『二重被爆』(60分) ゲスト:青木 亨監督(上映後)

映画祭特別イベント 11月15日(日)16:00〜18:00
 シンポジューム 『原爆認定訴訟19連勝が切り拓いたもの』 (120分)
 司会:田部知江子(原爆症認定集団東京訴訟弁護士)
 シンポジスト:畑谷由江(原告)、中村桂子(NPOピース・デポ)、斎藤 紀(証言者、医師)
          山田英典(被団協)、中川重徳(原爆症認定集団東京訴訟弁護士)
 参加費500円 当日受付

映画祭エンディング 11月15日(日)18:00〜18:15
  歌:田中ルミ子 シンガーソングライター(10分)
  閉会の挨拶
       
※今後の準備の中で、ゲストや出演者などに若干の変更が出る場合があります。
※15日のプログラムDは、広島平和祈念資料館とNHKの作品のため、入場無料です。
※14日夕方の特別講演と15日夕方の特別イベントは、それぞれ参加費500円です。 

主催:明治大学軍縮平和研究所 被曝者の声をうけつぐ映画祭実行委員会
協賛:被曝者の声をうけつぐプロジェクト50 日本原水爆被害者団体協議会

【ご連絡・お問い合わせ先】
共同映画梶@03-3463-8245
鞄ニ立映画センター 03-5827-2641
ウイング・コア (FAX)03-3205-8958
Mail:eigasai★gmail.com
※上記アドレスの★を@に変えてご連絡下さい。

posted by momotomo at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

植林活動チャリティー講演 C'mon Tour 〜地球に緑と笑顔が増える〜 『ハッピー植林フェスティバル』

みなさま

ももんがともだちネットのMLへ、
サトミンさんから、お知らせをいただきましたー!

11/22の川口が参加が難しい方は、
11/28の福生へGOGO!

以下、転載

-------------------------------------------------------


てんつくマンの映画「天国はつくるもの」にパートUができました。
観た人からは、「最初から最後まで涙無しでは観られなかった。。」など、
パートTに引き続き、感動と勇気をもらえる映画だそうです。

今回、映画とてんつくマンと、
そして一緒に植林活動をしているまーちゃんと森げんたとのコラボの中身の濃い企画です!!

収益金は、森を増やすために使われます。

*******************

植林活動チャリティー公演
C’mon Tour!! in 東京

〜地球に緑と笑顔が増える〜
『ハッピー植林フェスティバル』

今、地球は雨が降らなくなっている
この瞬間も、森が消え、砂漠が広がっている

やがて世界中で水の戦争が起こるかもしれない
未来のために、今、何が出来るんだろう?

そうだ
木を植えよう

木を植えれば 緑が増え 雨が降る
虫も 花も 人も 地球も みんな喜ぶ

心に木を植え
日本の森を元気にし
世界中に緑を増やしていこう

微力は無力じゃない
微力のつながりが 世界を変えていく

母なる地球に
緑と、笑顔と、感謝の量を増やすために
ハピフェス(通称)を開催します

世界中に、希望の風が広がっていきますように

■ 開催日程
2009年11月28日(土)東京都・福生市民会館大ホール
開場:12時  開演:13時〜19時
前売:2200円 当日:2800円 (高校生以下1000円引き 1062人限定)

■ 目的
地球の緑の大切さを伝え、心と大地に木を植えること
世界中に緑と笑顔、そしてHAPPYを増やしていくこと
★植林活動を応援するためのチャリティー公演です。収益金は「WONDERFUL
WORLD 植林 FESTIVAL」を通じて、砂漠緑化や国内の植林活動の支援となりま
す。
■ 出演
★てんつくマン
(動けば変わるを合言葉に、希望を伝える活動家・「107+1天国はつくるも
の」監督)
★南ぬ風人まーちゃんうーぽー
(心に雨を降らせ、大地に木を植える三線アーティスト・「風人の祭」発起
人)
★森源太(ただ真っすぐな唄うたい、「ぜろ祭り」発起人)
★まーちゃんバンド&風人ブドゥリ太鼓&てんつくファミリー
☆司会:みーちん(元気の種まき&スマイル活性MC)

■ 内容
●13時〜 第1部 上映会(C’mon Tour!! in 東京)
「107+1天国はつくるもの」パートU上映会、てんつくマン挨拶
●15時50分〜 第2部 講演会
てんつくマンのトークライブ、ワンフェスの植林活動紹介
●17時〜 第3部 コンサート
森源太ライブ、「1円玉が世界を救う」宣言
南ぬ風人まーちゃんバンド&風人ブドゥリ太鼓
○ロビー:植林活動の紹介、出演者の物販&活動紹介、てんつくマンの書き下
ろし、
「1円玉の森」コーナー(ワンフェス募金)

■超ハッピー1円企画(ワンフェスを盛り上げよう)
★「1円玉が世界を救う」宣言★ 〜微力は無力じゃない〜
「微力は無力じゃない」ということを伝えるために、参加者みんなで創りあげ
る企画!
→実行委員やワンフェス仲間、会場の参加者にステージに立っていただき、未
来へむけて動いていくアツイ思いを宣言していただきます。
★「1円玉の森」コーナー★ 〜微力のつながりが世界を変えていく〜
1円玉大募集!微力の1円玉であっても、それが集まれば世界を変えていけると
いうことを伝えるための企画!→ワンフェスの1円募金を会場にて集めます。


■運営費用について 運営費は、以下の方法でまかないます。
1、はっぴーチケット 
前売2200円 当日2800円(高校生以下は1000円引き)※幼児は無料
→実行委員による手売りと、事務局にて予約を受け付けます(会場受付で清
算)
 2、パンフレットへの協賛広告 1口 5000円〜 (4cm×4cmを60口ま
で)
   →会場と全国各地の協力者へ2000部を配付、ホームページへも名前を掲

 3、ホームページへのバナー広告 
→お祭りHPにバナーをリンク→1万円
 4、寄付を1円〜受付けます
→お祭りへの寄付を受け付けます、また会場にて感動募金箱を設置。
5、カンパグッズによる収益
→ステッカーやグッズなどを販売します。

■チケット代、協賛、寄付の受付口座はこちら
◎ゆうちょ銀行口座「ハッピー植林フェスティバル実行委員会」まで
◆郵便局から(記号-番号)  14190−27497801 
    ◆銀行からの場合は(店番418) 四一八支店 普通口座 2749780
(※振込をされるときは、かならず内容をご連絡ください。)
    ★収益金はすべて、ワンフェス植林活動へ寄付いたします。


■ 運営組織
○主催:『ハッピー植林フェスティバル』実行委員会
○共催:NGO風人ネットワーク、WONDERFUL WORLD 植林 FESTIVAL
○後援:申請予定→福生市、福生市教育委員会、他

■ 実行委員会の構成(通称:関東♪ハピル隊♪) ※ハピル=沖縄の方言で
蝶々の意味
実行委員長: 南ぬ風人まーちゃんうーぽー(山下正雄)、假屋恵子(けい
ちゃん)、
       桜井健司(さくやん)
副実行委員長:恵美佐知子(さちべえ)、上栗絵里香、小島朋則(とも)、
古川幸平(こっへぇ)、宮島賢也(みやじっち)、大芝健太郎(しばけん)
事務局:大西雄史(かばちん)、藤井葉子(くらげ)
その他、会計、広報、舞台、受付、会場などの役割を配置する


■事務局・お問い合わせ
「NGO風人ネットワーク」(風人の家)〒532-0011  大阪市淀川区西中島
1-13-13-2FTEL 06-6101-8818  FAX06-6889-7731E-mail
kajipito@painukaji.com URL http://www.painukaji.com


■ 出演者と団体の紹介(くわしくは、HPを)

●てんつくマン(NGO MAKE THE HEAVEN代表、映画監督、ワンフェス実行委員
長)
吉本興業・お笑いコンビTEAM 0として活躍後、94年映画製作という夢を見つ
け、吉本興業を退社。98年映画の資金6000万円を集めるため、原宿表参道の路
上に座り、筆と墨を使い、相手を見てインスピレーションで言葉を書き始め
る。その言葉が多くの元気を増やすこととなり、書籍を次々に出版。03年ド
キュメンタリー映画「107+1〜天国はつくるもの〜」が完成。2008年2月に観客
動員10万人を突破し、今なおロングラン上映中。 映画や講演を通して、多く
の人々に勇気を与え続ける。 04年NGO「MAKE THE HEAVEN」を設立。香川県の
小豆島を拠点に、環境問題や海外支援を「笑い楽しみながらロマンチックに動
けば変わる」を提案しながら楽しんでいる。 http://www.tentsuku.com/


●南ぬ風人まーちゃんうーぽー(NGO風人ネットワーク代表、音楽家)
沖縄県西表島出身、本名:山下正雄。 「歌って踊って平和をつかめ」「戦争
をお祭りに」を合言葉に、まーちゃんバンドを率い、子どもから大人まで誰も
が楽しめるHAPPYなライブを展開。
『風人』(かじぴとぅ)=「自然と共に生きる人」を表現するそのライブは、
大地や人の心に、木を植えていくようである。1999年より『風人の祭』を開催
し、2002年NGO風人ネットワークを設立、地球に緑と笑顔を増やすためにお祭
りを創っている。 http://www.painukaji.com

●森源太(長崎県出身のシンガーソングライター)
カンボジアで生きる人に惹かれ、カンボジア地雷除去イベント「ぜろ祭り」
を、日本全国の仲間たちとともに主催。「唄で日本ば元気にしたか!」と全国
で公園&ライブ活動中。
http://www.morigenta.net/

□NGO風人ネットワーク
「唄って踊って平和をつかめ」を合言葉に、平和のためのお祭りを開催する仲
間たちで、大阪市の「風人の家」に事務局を置く市民団体。その中心である
「風人の祭」は、2008年は全国39箇所で開催、のべ2千人の実行委員と3万人を
こえる参加者がありました。
他にも「虹のまつり」などを開催、毎年4月は内モンゴルでの植林ツアーを展
開中。

□WONDERFUL WORLD 植林 FESTIVAL
 通称:ワンフェス。一番小さいお金、1円玉を集めて地球を緑だらけにし
ちゃうプロジェクト。
1円玉や、多くの人の小さな力を集め、国境を越えて、多くの人種が一緒に植
林をしていくプロジェクトです。てんつくマン実行委員長を中心に、「内モン
ゴル植林ツアー」では、過去5年間で502人の仲間や現地の人たちの協力で、34
万6500本の木を植えています。
http://www.wonderful-world-syokurin.org/wecan/


posted by momotomo at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【転載】「犬と猫と人間と」ニュース Vol.10 2009.11.13

******************************
  「犬と猫と人間と」ニュース Vol.10 2009.11.13
    http://www.inunekoningen.com/

     発行:映像グループ ローポジション/合同会社東風
******************************

-----------------------------------------------------------
  1.渋谷・ユーロスペースにて絶賛公開中!
-----------------------------------------------------------

●ユーロスペースでの公開も残すところあとわずか!
 11月20日(金)までとなりますので、どうぞお見逃しなく。
 上映時間:11:10/13:40/16:10/18:40→20:45

●11日よりレコメンドカードの展示をしています。
 ご入場の際に配布しているレコメンド(お薦め)カードに
 映画の感想を記して次回持参すると、割引の特典があります。
 劇場に戻ってきたカードを11日より展示しています。
 皆さまが映画に寄せてくれた感想をぜひご覧ください。
 
●イベント情報!
 10/31の竹内薫さん、11/5の杉本彩さん、11/8のマルコ・
 ブルーノさんとのトークはいずれも大盛況でした!
 ゲストを招いてのトークイベントも残すところあと2回です。

●11/14(土)16:10の回上映後に穴澤賢さん(ブログ「富士丸な日々」)

●11/15(日)16:10の回上映後には、本作のスタッフである、
 土屋トカチさん&常田高志さん

 となります。いずれも監督・飯田とのトークになります。

※イベント内容、ゲストはやむをえない都合により変更になる場合
 があります。最新情報はオフィシャルサイトにてご確認ください。

-----------------------------------------------------------
  2.「犬と猫と人間と」応援団の募集!
-----------------------------------------------------------

●ユーロスペースでの前売り券をお預かり下さっている方々、
本当にありがとうございます。販売して頂いたチケットは、ユーロ
スペースのみ有効ですので、周りでまだご覧頂いていない方が
いらっしゃいましたら、ぜひお声をかけて頂けましたら幸いです。

●横浜ジャック&ベティのチラシ配布ご協力頂ける方を大募集!!
 info@inunekoningen.comまでお問い合わせ下さい。
 前売り券も劇場窓口、ローポジションにて扱っています。

●横浜での劇場公開に併せ、映画応援を兼ねた写真募集・展示
 イベントが開催されます!ぜひこちらにもご来場ください。
 「ネコミュ! 2009 in YOKOHAMA Miysis 」
  http://nekotomo.jp/commu09/

●大阪第七藝術劇場のチラシ配布ご協力頂ける方も募集中!!  info@inunekoningen.comまでお問い合わせ下さい。

■他地域に関しても、チラシ配布に関する申し出をいただいて
おりますが、地域によりチラシの用意が難しい場合がございま
す。下記の東風までお問い合わせ下さい。

■お問合せは、配給:東風まで。
 〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-42-11 カーサ新宿705号室
 TEL:03-5155-4362 FAX:03-5155-4364
 E-mail:info@inunekoningen.com

-----------------------------------------------------------
  3.その他の劇場情報!
-----------------------------------------------------------

<現在上映中!>
〜11/13 新潟県 十日町シネマパラダイス  TEL:025-752-7505

11/7〜20 愛知県 名古屋シネマテーク    TEL:052-733-3959
     7日(土)〜13日(金)→14:15/16:20/18:30
 14日(土)〜20日(金)→朝10:30の上映となります。

<間もなく公開!>
11/21〜  岡山県 シネマクレール  TEL:086-231-0019
11/21〜  広島県 横川シネマ  TEL:082-231-1001
11/21〜  大阪府 第七藝術劇場   TEL:06-6302-2073
          ※11/23(月) 飯田監督の舞台挨拶を予定
11/21〜  京都府 京都みなみ会館   TEL:075-661-3993
          ※11/23(月) 飯田監督の舞台挨拶を予定
11/28〜  神奈川 シネマ・ジャック&ベティ TEL:045-243-9800 
          ※11/28(土) 飯田監督の舞台挨拶を予定
12/5〜  北海道 シアターキノ   TEL:011-231-9355
12/5〜  神奈川 川崎市アートセンター  TEL:044-955-0107
       ※12/5(土) 飯田監督と小西修さんのトークを予定
        上映期間中、小西修さんの写真展を予定
12/5〜  福岡県 KBCシネマ1・2 TEL:092-751-4268
          ※12/6(日) 飯田監督による舞台挨拶を予定
12/7〜  愛媛県 シネマルナティック  TEL:089-933-9240
12/12〜  兵庫県 神戸アートビレッジセンター :078-512-5500
12/13〜19 徳島県 シネアルテ  TEL:088-632-2239
          ※12/13(日) 飯田監督による舞台挨拶を予定
12/12〜  富山県 フォルツァ総曲輪 TEL:076-493-8815

<2010年>
1/9〜   静岡県 浜松 CINEMAe_ra  TEL:053-489-5539
※12/9(土) 飯田監督による舞台挨拶を予定
1/16,17  長野県 松本シネマセレクト TEL:0263-98-4928
※12/16(土) 飯田監督による舞台挨拶を予定
1/23〜  新潟県 新潟シネウインド  TEL:025-243-5530
1月予定  北海道 苫小牧シネマトーラス  TEL:0144-37-8182
時期未定 群馬県 シネマテークたかさき TEL:027-325-1744
時期未定 石川県 シネモンド  TEL:076-220-5007

まだ今後も増える予定です!

<自主上映会>
「犬と猫と人間と」船橋上映会
 日時:11/22(日) 6時開場・6時半上映開始
 会場:船橋市勤労市民センター地下2階ホール
 http://www.chibaphil.jp/map/funakin.html
 主催:『犬と猫と人間と』ちば上映実行委員会
入場料:1000円
 連絡先:090-4075-5967 / HCE03065@nifty.com
 後援:船橋市教育委員会
 
-----------------------------------------------------------
  4.ローポジション関連情報!
-----------------------------------------------------------

●飯田プロデュースのDVD『「ホームレス」と出会う子どもたち』
一般価格¥2800にて、まもなく販売開始!
 11/21東京&11/28大阪にて完成記念上映&トークライブ開催!
 詳しくは、 http://class-homeless.sakura.ne.jp/

●映画「フツーの仕事がしたい」も各地で上映会あり!
 詳しくは、 http://nomalabor.exblog.jp/

-----------------------------------------------------------
▼mixi内の「犬と猫と人間と」コミュニティもぜひ!▼
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4013137

▼最新情報はグループ ローポジションのブログで随時更新▼
 blog: http://lowposi.jugem.jp/

■自主上映に関しては、各地の劇場公開との兼ね合いを見ながら、
 ご相談させて頂いております。お問合せは東風まで。

■DVDパッケージの発売は劇場公開終了後となります。

posted by momotomo at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イベント2つ:

皆様
こんにちはー。
ももんが井上@昼休み です。

昨晩は明学前にあるギャラリーで行われた、
豊田直己さんのスライドトークイブに行ってきました。
(下に11/20のイベント案内をつけます)

もぅ、なんというかー。
まとまりませんが、すごく「魂」を感じるトークでした。
100分くらいの長いトークですが、あっという間でした。
特に、日本国内で戦争直後に大量に海や山に放棄された、
毒ガスのこと、
今も終っていない被害者の苦しみ。
それだけではなく、終っていないのは、おなじ戦争で、
戦犯にも問われず(うまく逃げて)、大儲けしたり、
何の反省もないままの人たちの側にそのままになってた利権。
新しい視点でした。

また、インドネシアに占領され、自治領として、
武力で押さえ込まれて苦しんでいた「アチェ」を襲った、
大地震、大津波。その被害の復興の影に、大量の殺戮があったことなどは、驚き。
それをタンタンと、でもあつーく話す、豊田さんの話しには、とても力がありまし
た。
その政情とか知らなかったことも多くて、つながりが見えたり・・・。
フェアトレードの世界での救援、寄付のことなどともつながっていきました。
ももんがも、がんばれることはやろう!と改めて感じました。

さて、今晩は、同じ企画・会場で、
森住卓(もりずみたかし)さんのスライドトークライブに行きます。

小出ゼミ合宿のMLで、まどかさんが教えてくれて、
2003年から折に触れて、森住さんの写真などは見つめてきたので、
ご本人に会ってみたいなーと思っていて、
手帳にくりっと○をつけていました。

-----------------------------------
でも、今朝、通勤時に、朝刊を読んでいたら、なんと、
明治大学では、肥田舜太郎医師の講演(60分)が夕方から。
しかも、大好きな漫画の映画化『夕凪の街 桜の国』の上映、
そして、監督トークとセットなのです・・・。

<被爆者の声をうけつぐ映画祭>
11月13日(金)〜11月15日(日):明治大学・リバティタワーにて
http://hikakueiga.exblog.jp/

被爆医師の肥田舜太郎さんの講演

映画『夕凪の街 桜の国』がまた上映されます(感謝)。

監督挨拶
詳しくは、下記のサイトか、全部を転載させていただいた、ももんがブログをご覧下
さい。

とっても悩ましいのですが、トークライブは、予約もしてあるし、
40人の小さな会場で、ぎゅっと森住さんのお話しを聞ける貴重な機会なので、
そちらに行ってきます・・・
(うわーーん。肥田先生ー。身体がふたつ欲しいです)
そして、15日には、山田玲子さんのお話もあります!

-----------------------------------
以下、私が2日連続で参加するトークライブの案内は、
11/4付け、ももんがブログに載っています。
一部抜粋して、転載します。

今年もキッド・アイラック・アート・ホールでの
JVJA写真展が以下のとおり開催されます。
全紙約130点を展示します。
日替わりトークショーもあります。
写真展は無料です。

日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)写真展2009
「世界187の顔」〜生命の現場から〜
『こころの眼で聞き入るとき ことばの垣根は存在しない』
--------------------------------------------
「世界187の顔」 〜生命の現場から〜
時間  11:00〜20:00 期間中無休 ※15日(最終日)は15:00まで
会場:キッド・アイラック・アート・ホール http://www.kidailack.co.jp
    東京都世田谷区松原2-43-11  京王線明大前下車徒歩2分
入場無料 ※期間中のトークショーは入場料が必要です。
写真・映像展出品者(JVJA会員):
森住卓 國森康弘 綿井健陽 野田雅也 山本宗補 権徹
古居みずえ 佐藤文則 豊田直巳 小林正典 桃井和馬
主催:日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)
    http://www.jvja.net/

【期間中特別トーク開催】
11月3日(火・祝)〜14日(土)
予約制/トーク時は入場料1000円(予約先着順・定員 40名)
予約受付:キッドアイラック・アートホール
TEL 03-3322-5564  E-mail
arthall@kidailack.co.jp
※予約で定員に達した場合は受付を終了します。あらかじめご
了承ください。
※トークショー開催時は、一部の写真展会場に入場できません

会期中のトーク日程:
11月12日[木]:
「終わらない”戦争”」  トーク:豊田直巳  (終了)
18:30 - 20:30

11月13日(金):
「核兵器廃絶はなぜ必要か。核実験場からの証言(仮題)」
18:30- 20:00 トーク:森住卓 

11月14日[土]:
「沖縄戦を知る〜沈黙を破った元兵士と住民たち」トーク:國森康弘
16:00 - 18:00 
「沖縄戦では本土出身の日本兵7万人弱と、それをはるかに
上回る15万人規模の沖縄住民が亡くなった。
国内唯一の地上戦で一体何が起きていたのか―。
戦後60余年、表に出ることの無かった元兵たちの証言を通して、その実相に迫る」

・予約/問い合わせ
日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)

東京都千代田区神田淡路町1-21 静和ビル2B
TEL 090-6101-6113 FAX 03-3252-7651
E-mail office@jvja.net
キッド・アイラック・アート・ホール
東京都世田谷区松原2-43-11
TEL 03-3322-5564
URL http://www.kidailack.co.jp

日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)
http://www.jvja.net/

-----------------------------------------------------

なお、おまけみたいですが、明日11/14(土)は、
ひさびさの、ももんが☆森のマーケット 15時〜19時です。
隣の六義園は、入場無料の日だそうです。
(途中、六義園の散歩に出ちゃうかも。お気軽に合流して下さい)
たくさんのフェアトレード商品が、皆様をお待ちしております。

----------------------------------

ももんが 井上

posted by momotomo at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

11/21(土)(大阪)「いのちの輪を つなぎなおすために―上関・高尾・辺野古―」

みなさま

こんにちは。

10月に小出ゼミ合宿でともだちになった、
大阪のエリちゃんから、素敵なイベントのお知らせを頂きましたよ。

このブログは、どうしても関東のお知らせに傾きがちだったのですが、
今後はコツコツ、
関西のニュースやイベント案内も載せていきたいと思っています。
関西に御住まいのお友だちに、ぜひご紹介くださいね!

ももんが 井上




←─MOVIE─←
& TALK───────────────←──────

「いのちの輪を つなぎなおすために―上関・高尾・辺野古―」

─→───────────────────────→─

すべてのいのちはつながっている

そして、人もまた

原発建設にゆれる瀬戸内の海、上関

都心の膨張を食い止めてきた、高尾山

ジュゴンを育む蒼海、辺野古

三つの、いのちの輪

それぞれの場所で、関わりつづけてきた

三人の女性が集います


【日 時】2009.11.21[SAT]

【会 場】 チャクラ(北浜)
http://www.chakra-jp.com

【トークゲスト】

*長島の自然を守る会
高島美登里

*虔十の会
坂田昌子

*ジュゴン保護キャンペーンセンター
池側恵美子

【スケジュール】
◆第1部・・・・・・・・・
14:00open
14:30start

●「ぶんぶん通信 no.2」上映 [14:30-15:40]

「ぶんぶん通信」は、映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の制作過程を公開するビデ
オレター。no.2では、上関原発予定地、田ノ浦で調査を続ける「長島の自然を守る会」の
活動を追う。一方、現地の外からサーファーやシーカヤッカーたちが集まり、ユニークな
行動を起こす。
(鎌仲ひとみ監督 63分 ミツバチの羽音と地球の回転 http://888earth.net

●トーク [16:00-17:30]

「上関の生物多様性、今とこれから」

ゲスト:高島美登里(長島の自然を守る会) 他
聞き手:冨田貴史


◆第2部・・・・・・・・
18:30open
19:00start

●映像上映[19:00-19:30]

「PEACE ONE EARTH, SAVE THE OCEAN. STOP上関原発」

冨田貴史が上関で約2年間にわたり撮影し、YOU TUBEで公開されていた映像を中心に,埋め
立て阻止行動の様子や、現地で活動するメンバーのインタビューなどを収録。(ピースフ
レンドシップコミュニティー編集・制作 24分)

●トークセッション[19:45-22:00]※途中休憩あり

「いのちの輪をつなぎなおすためにできること ―上関・高尾山・辺野古―」

ゲスト:高島美登里(長島の自然を守る会)、坂田昌子(虔十の会)、
池側恵美子(ジュゴン保護キャンペーンセンター) 他

進 行:冨田貴史


【会場アクセス】

チャクラ
〒530-0046 大阪市北区菅原町6-12
Tel & fax 06-6361-2624
http://www.chakra-jp.com

◎京阪北浜駅の26番出口を上がり、橋をわたり北へ徒歩約8分。
◎地下鉄南森町駅の2番出口を上がり、南へ徒歩約8分。
◎お車の場合、阪神高速北浜出口を降ります。

駐車場はございませんので、お近くの駐車施設をご利用くださいますよう、お願いいた
します。

【料 金】第1部もしくは第2部のみ…1,000円(+1オーダー)/両方参加…1,500円(+1オ
ーダー)

【定 員】約40名(なるべくご予約をお願いします、左記チャクラまで)

【お問合せ】冨田 080-6947-2491 / takafumitomita1320@yahoo.co.jp もしくはチャクラ
まで

当日は祝島物産・祝島定食の販売、各地の写真展などを実施予定です。

|主催|

RadioActive (冨田貴史 Tomita Takafumi)
http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/


|special thanks to|

長島の自然を守る会 虔十の会 ジュゴン保護キャンペーンセンター・SDCC 祝島茶会ML
「ミツバチの羽音と地球の回転」制作プロジェクト(グループ現代) Peace Friend
Ship community チャクラ

−上関町長島(かみのせきちょうながしま)

山口県の南東に位置する瀬戸内の玄関に、今、原発が着工されようとしています。六十
万筆をも超える反対の署名が集まっているにもかかわらず、その声は届かず、瀬戸内海に
残された最後の自然海岸ともいえるこの地が、今まさに埋め立てられようとしているので
す。

長島(とりわけ、埋め立て予定地の田ノ浦湾)は、豊富な湧き水と黒潮のぶつかる複雑
な海洋環境が、希少な生態系を築き上げてきました。長島の自然を守る会の高島さんは、
生物調査を通じて、埋め立てと原発建設に反対し、自然保護活動を続けておられます。


−高尾山(たかおさん)

都心に緑の風を送り続け、人々の信仰の対象となってきたこの山を切り崩し、トンネル
を掘り、巨大なインターチェンジを作る計画が進行しています。

都心からわずか1時間の距離にありながら、豊かな水源を抱き、日本でも有数の生物多
様性を誇るこの山。虔十の会(けんじゅうのかい)の坂田さんは、高尾山を「楽しみなが
ら守る」活動を続けてこられました。


−辺野古(へのこ)

米軍のヘリポートが、沖縄のこの蒼海を埋め立てて建設されようとしています。戦後日
本の防衛政策の矛盾のすべてを引き受けてきた沖縄に、さらなる負担が、さらなる破壊が
押しつけられようとしています。

ジュゴンを育み、琉球の文化を見守ってきたこの海。ジュゴン保護キャンペーンセンタ
ーの池側さんは、ここ関西から、継続的にジュゴンの保護活動に関わってこられました。


三つの場所のそれぞれその現状を、三人の女性をお迎えしてお話しいただきます。現地
が置かれている状況から、見えてくる問題の共通点を知り、連携してできることのアイデ
ア交換を深められたらと思います。

いのちのつながりを断ち切ってきた時代を、いのちをつなぎ直す時代に変えていくため
には、何が必要なのか、何ができるのかを、深く楽しく語り合う時間にできればと思って
います。ぜひお集まりください。


Talk Guest Profile--------

高島美登里
Takashima Midori

山口県防府市在住。「長島の自然を守る会」代表。山口県熊毛郡上関町長島の生物多様性
を守るための活動を続ける。瀬戸内では他に類例のない、豊穣な「究極の楽園」とも言う
べき生態系の残存する長島。現在、この場所に生きるすべての生きものたちの声を代弁す
るべく「自然の権利訴訟」◎長島の自然を守る会ブログ「スナメリ通信」
http://green.ap.teacup.com/sunameri/


坂田昌子
Sakata Masako

虔十の会(けんじゅうのかい)代表。高速道路のためのトンネル工事をめぐってゆれる、
高尾山の自然保護にとりくむ。いわゆる「反対運動」の枠組みをこえ、ツリーハウスや高
尾山天狗フェスティバル、天狗トレイル大会など、音楽やスポーツを取り込んだ新しいア
プローチを次々企画・実践し、注目を集めている。

◎虔十の会ホームページ
http://homepage2.nifty.com/kenju/


池側恵美子
Ikegawa Emiko

OL、環境NGOスタッフを経て、現在介護職。現在、ジュゴン保護キャンペーンセンターの
スタッフとして、海を守り、海と共にある豊かな暮らしを未来へ継いでいきたいと活動
中。美しいものを美しいままに残し、だれもが幸せに暮らせる平和な世界を創りたいと願
っている。 『基地ではなく ジュゴンの保護区を』できることから、楽しくやっていこう
と呼びかけている。

◎ジュゴン保護キャンペーンセンター・SDCC
http://www.sdcc.jp/
-----
posted by momotomo at 12:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/4に届いてました(汗)◎満月に配信 ぶんぶんニュースVol.10        【転送・転載歓迎】

みなさま

11/4に、みっちんから、ぶんぶんニュースが届いていました。
こちらに転載しわすれちゃいました・・・。
この時期(秋は特に)、魅力的なイベントが多く、
あれこれご紹介しようと思いながら、
仕事にパタパタしてしまっていました。
が、みっちんのこのニュースに、ほとんど網羅されています☆

みなさんも、今週末のご予定なども合わせて、
チェックして見て下さいね!

あっ、ここに載っていませんが、
ももんがの11月の森のマーケットは、
週末、14日(土)にやってます。よろしくお願いします♪

******************


◎満月に配信 ぶんぶんニュースVol.10 
      【転送・転載歓迎】

★*888━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新作ドキュメンタリー
私たちの未来を求めて旅するカメラ
 
        映画「ミツバチの羽音と地球の回転」
            http://888earth.net/
            2010年春公開予定!
                               
                             鎌仲ひとみ監督
                             制作・グループ現代
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━earth*★
こんにちは。11月になり秋空から冬の気配が感じられるようになりました。
阻止行動が続く上関原発建設計画。
祝島の氏本農園では可愛い子ブタが17匹生まれました。
ほぼ満月、盛り沢山のぶんぶんニュースVol.10をお届けします。

*contents**
◆上関原発最新情報
*祝島特集号fromDAYS JAPAN
*patagonia、WWFの取り組み、生物多様性
◆Shing02 言葉・音楽 伝える力(鎌仲監督便り)
◆TALK&LIVE&「ぶんぶん通信」上映会
*11/23(祝・水)@和歌山
「FIRST CONTACT」Shing02Live!
*11/23(祝・水)@東京
「小さないのちの大きな輪」

*12/12(土)@広島
「No Nukes Relay 〜瀬戸内海の海を原発から守りたい〜」
*鎌仲監督講演スケジュール
◆関連情報、イベントいろいろ
*日刊温暖化新聞
*11/11(水) ナチュラル・ステップ基礎講座@東京
*11/13〜11/15 被爆者の声をうけつぐ映画祭2009@東京
*11/28〜11/29 ヒロシマ平和映画祭2009@広島
*緊急!プルサーマルについて、青森アクション他
◆おすすめ本のご紹介
*「原子力発電がとまる日」
*「つながりを取りもどす時代へ―
リサージェンス誌選集 持続可能な社会をめざす環境思想」
◆編集後記
*HIKESHI始動!




◆上関原発最新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎【NEWS】上関原発工事妨害禁止申請 初の審尋、平行線(山口新聞 09/11/3)
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2009/1103/10.html

◎【NEWS】上関原発建設計画:中電が残るブイ7基設置 埋め立
て工事本格化へ /山口(毎日新聞山口東版 09/10/30)
◇反対派を説得できず
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20091030ddlk35040595000c.html

◎【NEWS】上関原発建設計画:社民・近藤氏「環境保護優先」 
副環境相に見直し訴え /山口(毎日新聞 09/10/29)
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20091029ddlk35040393000c.html

10/25(日)には阻止行動の現場、田名埠頭で1200人の集会が開かれました。
◎【NEWS】上関原発反対「闘い最後まで」/平生(制作スタッフブログ)
http://888earth.net/staffblog/2009/10/news-1.html

◎【NEWS】山口・上関原発建設計画:反対運動 祝島の声、若者
ら発信 /広島(毎日新聞広島版 09/10/31)
 ◇写真展示や記録映画上映−−80店舗
http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20091031ddlk34040730000c.html

◎【母親ら3,548人の賛同得て 中電に疑問訴える】(上関原発最新情報)
http://new-k.livedoor.biz/archives/832145.html

◎【上関自然の権利訴訟 野生生物は原告と認められず】(上関原発最新情報)
http://new-k.livedoor.biz/archives/837534.html


+++
【緊急連絡 残りのブイ7基が設置されてしまいました】
http://blog.shimabito.net/

本日未明、中国電力は
上関原発建設予定地の海の埋め立て工事区域を示すブイ9基のうち、
まだ設置していなかった残りの7基を設置しました。10/7に2基を設置した
前回と同様に、9/10から阻止行動が続けられている。
田名埠頭とは別の場所から運んできたブイを、今回は作業台船7隻で
夜中から夜明け前の間にいっせいに設置したものとみられます。
まだ海上が暗い午前5時半ごろにはすでに作業は
終わっていたのを海上で確認した島の人もいます・・・・

祝島島民の会 事務局 2009/10/29

+++

【関係破壊の所業】
http://888earth.net/staffblog/2009/10/post-16.html


・・・・・台船は四国や九州からかき集められたらしい。
金に飽かせたやり方。関係性を破壊するような強引な所業。
こんなことで企業の社会的責任が果たされると思っているのか。
しかも、マスコミにも内緒にして、後で日の出を待ってやったなどと嘘をつき、
台船の数もはっきりと答えなかった。こんな情報隠蔽体質の企業が
原発を作って運営するのかと思うとぞっとする。情報公開をいかに
徹底するかが大事な事業なのに。やはり、田名埠頭で祝島のおばちゃんたちが言っていた、
「中電のうそつき」というのは本当だった。こんなやり方がいつまでも続けられるとしたら、
私たちのありかたが問われることになるだろう。

鎌仲ひとみ 2009/10/29

+++

▼リアルタイムな現地の様子はこちらから⇒
【上関原発 最新情報】http://new-k.livedoor.biz/
【RadioActive】http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/
【STOP!上関原発】おすすめメルマガ
http://stop-kaminoseki.net/mail_magazine.html


▼上関・祝島関連ニュース、イベント一覧
【Urauranews】http://iwaijima.jugem.jp/


*今年も出発!11/24直島発→11/30祝島着予定
【瀬戸内カヤック横断隊】
http://blogs.yahoo.co.jp/oudantai/30341026.html
*去年の瀬戸内カヤック横断隊の様子は「ぶんぶん通信no.2」に登場しています。

*山口県の39歳以下の若者を中心とした
「上関原発を考える山口若衆(わかいし)の会」が立ち上がりました!
【若衆の会ブログ】http://nijiirohearts.blogspot.com


◎署名やカンパはこちらからお願いします。
【祝島島民の会blog】http://blog.shimabito.net/
◎自然の権利訴訟、原告団を11月まで募集しています!
【長島の自然を守る会 スナメリ通信】
http://green.ap.teacup.com/sunameri/


*全国どこにいてもできること、あります!その2
http://888earth.net/staffblog/2009/10/post-6.html


▼10月に発売した最新号は祝島特集!


【DAYS JAPAN最新号】特集:祝島 原発を拒否する人々
http://888earth.net/staffblog/2009/10/days-japan.html

*その他雑誌「クーヨン」、「自然と人間」に
上関原発についての記事が掲載されています。

▼【祝島フォト情報】http://iwai-island.jp/
祝島の日々の暮らしと四季折々の写真が満載です◎
子ブタたちの様子や10月の出来事はこちらから
http://iwai-island.jp/asiato/asiato200910.html

▼アウトドアウェアメーカーのパタゴニアでは
キャンペーンがはじまりました!「ボイス・ユア・チョイス」
patagoniaで買い物をしたあなたの一票が環境保護に投じられます☆
今年は助成先に「長島の自然を守る会」がノミネートされています。
お客様投票期間: 10月29日(木)〜11月26日(木)
結果発表: 2009年12月下旬予定
http://www.patagonia.com/web/jp/patagonia.go?assetid=40486

▼世界的な自然環境保護団体のWWFのパンダショップでは
「食べもの市場 - 厳選食品」にて祝島市場のたこの燻製が取り扱われています。
http://shop.wwf.or.jp/pshop/index.php
WWF:http://www.wwf.or.jp/

▼上関)日本生態学会のこれまでの取り組みのまとめ
http://ankei.jp/yuji/?n=808

▼日本鳥学会
鳥学通信NO.46より
【上関原子力発電所建設計画とカンムリウミスズメ −幸せな結末を求めて−】http://wwwsoc.nii.ac.jp/osj/japanese/katsudo/Letter/no26/OL26.html#09

▼ハチの干潟調査隊 
http://www.geocities.jp/pipipopo227/index.html
*上関原発を考える広島20代の会
http://www.geocities.jp/pipipopo227/kamiseki/kamiseki.html


▼ラムサール・ネットワーク日本
【上関原発建設工事の強行に対する抗議声明】
http://www.ramnet-j.org/2009/09/information/172.html

▼【中国電力さん、こんな事も。】(鎌仲監督便り)
http://888earth.net/staffblog/2009/11/post-19.html
こんな記事を見つけました。田ノ浦を原発ではなく
何か別の自然エネルギーのサイトにできないものでしょうか?
自然破壊を行わない再生可能エネルギーに
転換できないものでしょうか? ・・・・・
【中国電力、木質バイオマス混焼発電の実証事業を開始】
http://www.ecool.jp/news/2009/11/eneg54-683.html(CSR・環境ニュース | ecool 09/11/2)

▼脱原発、自然保護、平和を望む市民や団体、企業のさまざまな動き。
2010年秋には名古屋で生物多様性会議(COP10)が開催されます。
「ミツバチの羽音と地球の回転」制作プロジェクトは
今後も随時、制作スタッフブログでニュースの発信・共有をしていきたいと思います。


◎これまでの上関原発に関する情報
http://888earth.net/staffblog/cat19/
◎「日本野鳥の会」が小冊子「カンムリウミスズメの海をまもろう!」プレゼント
http://888earth.net/staffblog/2009/10/post-13.html



◆【Shing02 言葉・音楽 伝える力】(鎌仲監督便り 09/11/4)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://888earth.net/staffblog/2009/11/shing02.html


映画のサウンドトラックを誰にお願いしようか、ずっと前から考えていた。
去年、Shing02の「歪曲」コンサートに出かけてガツンときた。
ぜひこの映画のサウンドトラックをお願いしたいと思った。
日本でのライブツアーの合間に時間をとって祝島に行きたいと言ってくれた。
ちょうど阻止行動が続いている時期、一緒に祝島に行くことができた。
短い滞在だったが、島で流れるゆっくりとした時間をとても気に入ってくれたようだ。
ちょうど中電は作業を休んでいて島はひさしぶりにホッとしていたのだ。
短い滞在のあとに手記を書いてくれた。
http://www.e22.com/atom/iwaishima.htm

これを読むとあんな短い時間にこんなに豊かに感じていたのだと驚く。
Shing02は最近twitterで「HIP HOP IS JOURNALISM.」と書いている。
その観察力、洞察力が言葉、音楽、一体となって直接私達の真ん中へと届いてくる。
伝わる力の圧倒的な強さ。私達の映画に参加してくれることになった。
本当にうれしい、わくわくしている。
11月にはタイ、ヨーロッパから帰って日本でもライブがある。ぜひ参加してみて欲しい。
http://888earth.net/staffblog/2009/11/talklive.html


田名埠頭で続いていた阻止行動は10月29日、
抜き打ちの作業で新たな局面を迎えることとなった。
阻止行動が始まって50日目だった。
今、この間の阻止行動を伝える「ぶんぶん通信no.3」を作っている。
現実は待ってはくれない。その変化し続ける今、をおっかけ続けてはてしないが、
またひとつ小さな句読点を打ってご報告したいと思っている。

+++
Shing02とのコラボレーション!
映画「ミツバチの羽音と地球の回転」は年内に予告編を発表予定!
「ぶんぶん通信no.3」は制作奮闘中!
次号ぶんぶんニュースをこうご期待☆




◆TALK&LIVE&「ぶんぶん通信」上映会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼11/23(祝・水) 和歌山@Bagus&木村屋旅館
『FIRST CONTACT』
「ぶんぶん通信no.1」上映会とライブイベント
http://888earth.net/staffblog/2009/11/talklive.html

【プログラム】
15:00-21:00
【LIVE】
Shing02 with 歪曲バンド
『Shing02(MC) DJ A-1(tuntables) 山口元輝(drums) Emi Meyer(keys,vo)』
アストニッシュ
サイコディスコ
DJ
タツシ
Reiji Dejima
【MOVIE】
「ぶんぶん通信no.1」
*収益金の一部は[祝島、島民の会]に寄付されます。

☆Shing02
http://www.e22.com/shing02/
「僕と核・上」−祝島訪問手記
http://www.e22.com/atom/iwaishima.htm

=========


▼11/23(祝・水) 東京@代々木八幡区民会館
「小さないのちの大きな輪
― バカでもできるもん環境作戦会議 田ノ浦スナメリ&高尾ムササビ篇 ―」
http://ameblo.jp/bakademokankyou/entry-10368254389.html

【プログラム】10:00-18:00
【TALK】
鎌仲ひとみ(映像作家)
高島美登里(長島の自然を守る会)
山戸孝(祝島島民の会)
坂田昌子(虔十の会)
冨田貴史(RadioActive)
【LIVE】
ラビラビ
【MOVIE】
「ぶんぶん通信no.2」
【主催】環境作戦会議

=========

▼12/12(祝・水) 広島@向島洋らんセンター
「No Nukes Relay 〜瀬戸内海の海を原発から守りたい〜」

http://nonukesrelay.jugem.jp/

【プログラム】18:00-21:30
【LIVE】
・エマ−ソン北村
・小島大介(Port of Notes)
・小池龍平(Hands of Creation)
・二階堂和美
・ゴトウイズミ+アコーディオン
【MOVIE】「ぶんぶん通信no.2」
その他にも上関町田ノ浦写真展+祝島写真展、祝島特産品販売
主催:れいこう堂、本間四畳半

*「No Nukes Relay (ノーニュークスリレー)」
〜瀬戸内海の海を原発から守りたい〜とは・・・
10月12日〜25日まで広島県内の有志が、上関原発の建設計画について
もっと多くの人に知ってもらい、本当に必要なものなのか、
みんなで考えよう!というイベントリレーが開催されました。

【No Nukes Relay】レポート
http://nonukesrelay.jugem.jp/?cid=8

*11/3には急遽広島の横川シネマにて
【ソウル・フラワー・アコースティック・パルチザン】
http://www.breast.co.jp/soulflower/index.html
「No Nukes Relay」の主旨に賛同いただき、
[上関原発阻止行動支援GIG(中川敬、命名)]として、
フード&ドリンクの売り上げを祝島へカンパされたそうです!
今、アーティストが熱い!

=========

▼全国各地で熱い想いにあふれた
「ぶんぶん通信」の自主上映会がはじまっています!
http://888earth.net/trailer.html


◎自主上映会の手引き
【人と地域とつながる自主上映会をしよう】
http://888earth.net/guidance.html
上映会開催申込書PDF
http://888earth.net/images/bunbun20090903_kaisai.pdf
上映会開催申込書doc
http://888earth.net/images/bunbun20090903_kaisai.doc


▼おすすめ上映会
11/21(土)@群馬県 館林市文化会館小ホール
「いま「お金」を考える 〜景気も石油も環境もみんなつながっている〜」
午前の部 10:30〜13:00
「エンデの遺言」〜根源からお金を問う〜上映
「エンデの遺言」から10年 河邑厚徳さん講演
午後の部14:00〜15:10
「ぶんぶん通信no.1」 上映
15:30〜17:00未来につづく道 田中優さん講演
田中優“持続する志”http://tanakayu.blogspot.com/

▼鎌仲監督スケジュール
*11/13 森住卓さんと対談!「核廃絶はなぜ必要か」
森住さんのブログより⇒http://mphoto.sblo.jp/article/33407242.html
「世界187の顔」〜生命の現場から〜@東京 写真展は11/15まで!
JVJA:http://www.jvja.net/


*11/15(日)講演会+上映会 
「エンデの遺言から持続可能な経済を展望する」
上映:「エンデの遺言─根源からお金を問う」(1999) 〔NHKより無償提供〕
@石川県西田幾多郎記念哲学館
詳細はこちらより⇒ http://www.nishidatetsugakukan.org/

*11/21 「ぶんぶん通信」上映会@岡崎
*11/23 「小さないのちの大きな輪」@都内
*11/28、29 「ヒロシマ平和映画祭2009」


*12/5 くくのち学舎WS@都内
詳細はこちらより⇒http://kukunochi.jp/
*12/16 JFSサスティナビリティ講座@都内
「人を動かすドキュメンタリーの力」
詳細はこちらより⇒http://www.japanfs.org/ja/pages/029400.html
*12/16 田中優さんと対談!スペシャルライブ@都内
詳細は次号ぶんぶんニュースより◎

その他にも撮影、編集、大学の講義活動に大忙しの鎌仲監督。
みなさん、応援メッセージ大募集中です〜

鎌仲監督、つぶやいてます。
◎twitterはじめました!:http://twitter.com/kama38
◎mixi公式コミュ:http://mixi.jp/view_community.pl?id=4189119



◆関連情報、イベントいろいろ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼【日刊 温暖化新聞】http://daily-ondanka.com/

*ナチュラル・ステップ・ジャパンの高見幸子さんの
寄稿がアップされています。ぜひご覧ください。

【日刊 温暖化新聞】あの人の温暖化論考

fromナチュラル・ステップ・ジャパン高見幸子さん
http://888earth.net/staffblog/2009/10/from.html


*高見さんはスウェーデン取材のコーディネートをしていただき、
大変お世話になりました。映画への応援メッセージをいただいています。
http://888earth.net/news/cat11/


▼11/11(水)はes主催(代表・枝廣淳子さん)の講座が開催!
スウェーデン在住の高見さんが、日本で開催される貴重な機会です。
「ナチュラル・ステップ基礎講座」
http://www.es-inc.jp/news/001690.html
日 時:11/11(水) 9:30〜16:30(9:15〜受付開始)
会 場:こどもの城 901研修室
http://www.kodomono-shiro.jp/access/index.shtml
東京都渋谷区神宮前5-53-1 TEL 03-3797-5666
(メトロ表参道駅 B2出口より徒歩8分)

▼11/13(金)〜11/15(日)




被爆者の声をうけつぐ映画祭2009
@明治大学リバティタワー1F リバティホール
公式サイト:http://hikakueiga.exblog.jp/
*11/13には「ヒバクシャ−世界の終わりに」ご出演いただいた
肥田先生のオープニング講演!

▼11/20(土)〜12/12(土)
ヒロシマ平和映画祭2009公式サイト
http://sites.google.com/site/peanutsff/
*鎌仲監督は11/28、11/29に駆けつけます!


▼11/28(土)Connected Cafe vol.2
「核兵器と原発 〜過去と現在と未来をつなぐ」
@カフェ・スロー(東京・国分寺)
http://connectedcafe.org/event.html

▼全国のみなさまへご報告
「玄海原発プルサーマル中止要望書への賛同団体募集」
詳細はこちらより⇒
【プルサーマルよりカーニバル!!(みらい実行委員会ブログ)】
http://carnivals.blog93.fc2.com/

*呼びかけより2日間弱で全国から673の賛同団体が集まり、
本日(4日)に九電本社にて要望書が提出されました。
明日(5日)には九電佐賀支店で説明会があり、
福岡では同日朝から九電本社前で計画中止をアピールする座り込みが始まるようです。


*関連NEWSはこちらより⇒
【玄海原発プルサーマル問題 :佐賀新聞の情報コミュニティサイト ひびの】
http://www.saga-s.co.jp/news/genkai_pluthermal.html

*市民発信のニュースサイトPJニュース
「疑い残したままMOX燃料装てん=佐賀・プルサーマル」
http://news.livedoor.com/article/detail/4398424/

▼全国のイベント情報満載☆
【六ヶ所村で自然を返せと叫ぶ】http://d.hatena.ne.jp/aresan/20091101

▼11/15(日)〜11/23(祝・月) NO NUKES 全国一斉街頭署名
http://d.hatena.ne.jp/aresan/20091021
*参考サイト【再処理全国署名データマップ】http://shomei.saishori-databank.org/


▼11/22(日)〜11/24(火) NO NUKES ★青森★ ツアー
http://peaceland.jp/PeaceFiles/event.html#Anchor-NO-49575
*青森のニュースはこちらより⇒
【SCRAPEACE LOCALAND】http://peacelandia.blogspot.com/2009/10/blog-post_30.html
【液体は高レベル廃液/再処理漏えい3度目】(デーリー東北 09/10/30)
http://www.daily-tohoku.co.jp/tiiki_tokuho/kakunen/news/news2009/kn091030a.htm

▼熊本でも原発の建設計画があります!
【原発ではなく太陽を!天草宝島ネットワーク】
http://nonukeamax.exblog.jp/




◆おすすめ本のご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
映画とともに広めていきたい本のご紹介です。

▼『原子力発電がとまる日』

http://888earth.net/staffblog/2009/10/post-12.html
*いのちを大切にする仕事づくりを提案・実践しているスロービジネスクールより
『原子力発電がとまる日 ― 知ることからはじめよう2 ― 』が発刊されました!
スロービジネスクール公式サイト:http://www.slowbusiness.org/

▼『つながりを取りもどす時代へ
―リサージェンス誌選集 持続可能な社会をめざす環境思想』
http://888earth.net/staffblog/2009/10/post-14.html
枝廣淳子さん監訳、大月書店より発刊されました!
アマゾンで購入できます。
https://www.amazon.co.jp/dp/4272330624?tag=junkoedahiro-22


世界をリードする人物たちが、20の視点を投げかけます。
40年以上にわたり世界中で読まれてきた
持続可能社会のための雑誌「リサージェンス」の選集です。

*そして「リサージェンス」編集長のサティシュ・クマールさんが来日されます!
◎サティシュ・クマール2009 講演会
つながりを取りもどすために
「土」と「心」が創る「持続可能な社会」
(主催:懐かしい未来ネットワーク)http://afutures.net/event/091118.html



◆編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎マエキタミヤコさんと伊勢崎賢治さんのアクションがはじまりました!
==============
HIKESHIとは
http://hikeshi.org/

【ひけし(火消し/HIKESHI)】
平和構築、戦争予防、紛争解決活動をする人のこと。
==============
11/7(土)にはお二人のTalk&Jazz Live、
「Jazz HIKESHI ジャズ・ヒケシ」
11/9(月)-20(金)からは
世界銀行情報センター(PIC東京)1階ロビーにて展示会が開催!
「HIKESHI PEACE AD EXHIBITION 2009」
世界中から紛争や、ヒバクによる苦しみがなくなり、
市民の手で平和を構築していけますように*


◎イベントのご報告です。
ご来場いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、
心よりどうもありがとうございました◎
「土と平和の祭典」⇒http://888earth.net/staffblog/2009/10/2009.html
「Touch the Hitomi」⇒http://888earth.net/staffblog/2009/10/touch-the-hitomi-1.html

★*888−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
新作撮影中
映画「ミツバチの羽音と地球の回転」

WEB:http://888earth.net/
MAIL:888earth@g-gendai.co.jp

鎌仲監督、つぶやいてます。
◎twitterはじめました!:http://twitter.com/kama38
◎mixi公式コミュ:http://mixi.jp/view_community.pl?id=4189119


「ミツバチ」制作プロジェクト
メールニュース担当:藤井、小原
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-11-13
トラスト新宿ビル4F グループ現代
Tel: 03-3341-2863 Fax:03-3341-2874
−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・earth*★




posted by momotomo at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

平和フォーラム 11/21(土)Be the Change〜“おかげさま”からつながる世界 サティシュ・クマール@築地本願寺

みなさま

こんばんは。
ももんがの井上です。

サティシュ・クマールさん来日しています。

築地のお寺で、お話を聞けますよ。

わたしももちろん参加します〜☆

※ サティシュさんの『土と心と社会』(2007年の東京講演の冊子)は、時折読み返す、心のバイブルです。

****************

平和フォーラム

2009.11.21(Sat)
Be the Change〜“おかげさま”からつながる世界
サティシュ・クマール@築地本願寺

築地本願寺に世界的な平和運動家であり偉大な思想家、サティシュ・クマールさんが登場!

有機野菜の朝市、半農半歌手Yaeのライブ、300本のリサイクル竹灯籠をつかったキャンドルナイト。

「つながり」を取り戻すキーワードは「おかげさま」。
土とのつながり、コミュニティとのつながり、いのちとのつながり。

私たちが目に見えないつながりに生かされていることに気づいたとき、「おかげさま」な世界へと、一歩、近づくのかもしれません。

さあ、私たちが、美しい、おいしい、たのしい、安らぐと感じる生き方に、Be the Change!。


日時:2009年11月21日(土)10:00-20:30

 10:00-17:00東京朝市アースデイマーケット

 17:00-18:00平和法要
 18:00-20:00Yaeライブ、サティシュ・クマールトーク
 20:00-20:30キャンドルナイト

会場:築地本願寺

ゲスト:サティシュ・クマール(平和運動家、『リサージェンス』編集長)
    辻信一(明治学院大学教授、ナマケモノ倶楽部世話人)
    Yae(半農半歌手、「土と平和の祭典」実行委員長)

参加費:無料(申込不要)

主催:本願寺築地別院
共催:ナマケモノ倶楽部、東京朝市アースデイマーケット

お問合せ:ナマケモノ倶楽部
03-3638-0534

posted by momotomo at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祝島で起きていること:高島さん→野間さん→ももんが→みんな!!!

みなさま

こんばんは。

ももんがの井上です。

先月28日に行われた、祝島・長島の応援イベント。

お話してくださったのは、下記の4名の皆さんでした。

○ 高島みどりさん(「長島の自然を守る会」)

○ 向井宏さん(京都大学/フィールド科学教育研究センター/
  海域陸域統合管理学研究部門 特任教授):日本ベントス学会

○野間直彦さん(滋賀県立大学環境学部講師) ←☆
  (日本生態学会:上関アフターケア委員)

○飯田知彦さん(九州大学大学院農学研究院森林資源科学部門)
  :カンムリウミスズメの瀬戸内海初確認者

既に、私ががぶりよつで、最前列でお話を聞いたよーという話は、
お伝え済みだと思いますが・・・。

みんなで一緒に観たかったです。

(当日のイベントの様子を撮影した映像DVDを永井さんがくださったので、
順番に貸し出しします。先着順で資料も付きますよ!)

このイベントは、当日のお昼に上関原発をめぐる自然破壊について、
環境省の田島副大臣への申し入れができることになり、
その後の集会が急きょ、声をかけて実現したのだそうです。
(澤井さんの手腕、すごすぎ☆)

生物多様性の観点から、お話をしてくださった4人の方々。
豊かな自然の映像を、小さな命から3名の学者さんが話してくれて、
ほほーーとうなづきました。うっとりもしたり。

その後、世田谷の北烏山で、「今とこれからを考える一滴の会」
を主宰されている石田さんと、ももんがとで一緒に、年末までになんとか、
ぶんぶん上映会NO.2の上映会と生物多様性から魅力をどーんと伝わる、
祝島の応援イベントをしたいですねーと相談していました。

その講演者の方は、みなさん、魅力的で困っちゃうのですが、
今回、相談の結果、野間さんに白羽の矢をたてて、だめもとで
アタックしてみました。


アタックされた先生:

野間直彦さん(滋賀県立大学環境科学部)
        (日本生態学会:上関アフターケア委員)
http://www.ses.usp.ac.jp/ses/seitai/kenkyushitsu/noma.html

野間先生は、美しい植物を中心とした自然のスライドショーと、
流れるような、それでいて緩急のあるトークが絶妙です。
12月後半の土日のいずれかに、おねがいできることになりました☆。
(やったー。井上も相当押しが強いとよく言われます・・・。
 あとは施設予約次第)


野間先生は、植物の世界からずっと、祝島・長島の自然の豊かさを
伝え、その破壊の最たるものとなる、上関原発の工事について、
10年以上に渡って、警告しつづけてきた方です。

そのほか、HPを観ていたら、イノシシやサルの獣害についても、
色々研究を続けてこられた方のようで、私はそっちも気になります・・・。
(私は、「害」じゃないのだーという視点から)

そのやりとりの中で、下記のメールをいただきました。

ひとりでも多くの方に読んでいただきたく。
転送します。

野間先生から
--------------------------------------------
さて、先日の申し入れに対する動きもまだなうち、
中国電力は予定地海域の埋立工事を強行し、
怪我人も出たという知らせが来ました。
(殺人未遂になりかねない事態ではないかと思います)。

もうご存知かもしれませんが、先日もご一緒した高島美登里さんからのメール
を末尾に付けます。
伝聞に基づく、反対派からの情報ではありますが、
推測できることは多いと思います。

先ほど、田島副大臣にこのメールを転送し、とりあえずの工事の中止(中断)
を、環境省から呼びかけていただけないかお願いしました。

皆様からも、工事の中止(中断)について緊急の申し入れを、
各方面へしていただけないでしょうか。

どうかよろしくお願いいたします。
取り急ぎお返事とお願いまで。

---------転送・転載ぜひおねがいします-----------

みなさまへ

長島の自然を守る会の高島美登里です。
既にご存知の方は重複をお許し下さい。

上関原発の埋め立て工事で私たちが懸念していた
中電の危険行為による「事件」が起こりました。
現在、埋め立て予定地田ノ浦ではナメクジウオが生息し、
スギモク群落が繁茂する海域にコンクリートブロックを
投入する作業が強行されつつあります。

人間や生物の生きる権利を守るため、それに抗議しようとする
祝島やシーカヤッカーに対する中国電力の非道な行為は
断じて許すことができません。

中国電力はいつもと同じ手法で「事件」を矮小化・隠蔽し、
「人命救助」などと偽りの情報を流しています。

私たちは
@この「事件」の真相を明らかにし、中国電力の偽装を
 糾弾する
Aこれ以上、長島の自然を破壊させないため、
@)現地での阻止行動
A)COP10に向けた全世界への発信
B)海鳥や海生生物・海藻など生態系の解明
に励みたいと思います。

ここしばらくは被害を受けた方に付き添いますので、
病院でネットの送受信ができない環境です。

現地情報については、
http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/
をご覧下さい。

具体的な協力要請もアップされますので、
皆さんのご支援を変わらず、お願いします。

以下、現地に居合わせた山戸孝さんのэ報が書かれた
http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/
の記事を貼り付けます。

尚、緊急事態とのことで私が電話で伝聞して一部の方に
発信して頂いたものと若干食い違いがありました。

混乱を招きましたことをお詫びいたします。

(以下記事を貼り付け)

さきほど祝島島民の山戸孝君から電話が入りました。
すでにネット上で流れ始めている、田ノ浦でのシーカヤッカー負傷の件につい
てです。
以下、話した内容をまとめます。(追って、孝君からマスコミ向けの情報とし
て文章をもらいます)

11月8日
今日も、昨日と同様に中国電力の作業台船や作業のサポートに入っている地元
の漁船は、
クレーンのワイヤーにつるしたコンクリートのおもりを漁船やシーカヤックの
頭上を通して
作業を行ったり、作業阻止のために作業船に近づこうとするシーカヤックを竹
の棒で突いて押し出すなど、危険な行為を続けていたようです。

今日の8時頃、このような作業に対する抗議行動として、シーカヤッカーの1
人が作業台船のクレーンワイアーに手をかけていたところ、
作業員4人に取り押さえられ、
漁船の甲板に引き上げられました。そして、そのまま4人に手や足をおさえら
れ、腕で首を絞められて意識を失いました。
台船による作業が終わるまで取り押さえられたのち、別のカヤッカーが助けに入り、
救急車を呼び、病院に運ばれました。
命に別条はないようですが、首を絞められた影響で意識レベルが「低下」して
いましたが、現在はかなり回復してきました。
ただ、当面は入院する必要があるようです
尚、以上のような出来事が起こっている間、出動の要請をしていたにも関わら
ず海上保安庁は一度も現れず、
カヤッカー負傷の事故が起こった後になって駆けつけてきたそうです。

長島の自然を守る会
代表 高島美登里
747-0063 山口県防府市下右田387-14
п彦AX 0835(23)1891. 携帯 090(8995)8799
midori.t@crocus.ocn.ne.jp
----------------------------------
posted by momotomo at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

ももんがです:11月 森のマーケット(14日、28日)‏

みなさまへ


******************

ももんがの森のマーケットは、

11月は14日(土) 15:00〜19:00

     28日(土  15:00〜19:00 となります。


お茶タイムは、屋上で森を見ながら、屋外で
あったかいお茶をいただくイメージでおります。
むくむくと暖かな格好をして、お越しくださいね。

フェアトレードの新商品、
チョコレート等をたくさん入荷しております。

みなさんをお越しを、お待ちしております。

◎ 一部、ブログ、ML等で、11月8日(明日!)と記載してしまったようです。お声掛けくださったかたには、お返事をかけたのですが、、、。
8日にぶらっとお立ち寄りくださることを予定してくださった方、ごめんなさい。
 

皆様、楽しい週末をお過ごしください!

ももんが まぼ


posted by momotomo at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)写真展2009 「世界187の顔」〜生命の現場から〜 『こころの眼で聞き入るとき ことばの垣根は存在しない』

【以下、転載・転送大歓迎です。】

今年もキッド・アイラック・アート・ホールでの
JVJA写真展が以下のとおり開催されます。

全紙約130点を展示します。
日替わりトークショーもあります。
写真展は無料です。

日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)写真展2009
「世界187の顔」〜生命の現場から〜
『こころの眼で聞き入るとき ことばの垣根は存在しない』

日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)のメンバーたちは、
生命が危機にさらされている戦場や飢餓、被災地や環境破壊など
様々な現場を世界各地で取材し、伝えてきました。
そして民族も宗教もことばも異なる人々の多様な営みも見つめてきました。
今年で6回目と なるJVJAのキッド・アイラック・アート・ホール2009展は、
「世界187の顔」をテーマに選びました。これは今という時代を、
この地球に生きる人々の顔を見つめなおしてみようという試みです。
気候変動も、戦争も、自然災害も、遠くで起きているような出来事でも、
すべては私たちの毎日に関わっているのです。
「世界187の顔」は、昨日の私たちであり、今日の私たちであり、
明日の私たちなのかもしれません。
人間の生きる多様な世界を想像し、
隣人の心に触れていただければと願います。
--------------------------------------------

「世界187の顔」 〜生命の現場から〜

時間  11:00〜20:00 期間中無休 ※15日(最終日)は15:00まで
会場:キッド・アイラック・アート・ホール http://www.kidailack.co.jp
    東京都世田谷区松原2-43-11  京王線明大前下車徒歩2分
入場無料 ※期間中のトークショーは入場料が必要です。

写真・映像展出品者(JVJA会員):

森住卓 國森康弘 綿井健陽 野田雅也 山本宗補 権徹
古居みずえ 佐藤文則 豊田直巳 小林正典 桃井和馬

主催:日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)
    http://www.jvja.net/

【期間中特別トーク開催】

11月3日(火・祝)〜14日(土)

予約制/トーク時は入場料1000円(予約先着順・定員 40名)
予約受付:キッドアイラック・アートホール
TEL 03-3322-5564  E-mail
arthall@kidailack.co.jp

※予約で定員に達した場合は受付を終了します。あらかじめご
了承ください。
※トークショー開催時は、一部の写真展会場に入場できません

会期中のトーク日程:
11月3日[火・祝]:JVJAスペシャルトーク「世界に生きる187の顔」。
16:00 - 18:00 JVJAのメンバーが集まってトークします。
参加予定メンバー:
野田雅也、山本宗補、古居みずえ、森住卓、佐藤文則、国森康弘
、林克明

11月5日[木]:「陰に追いやられる難民申請者−難民たちの肖像」
18:30 - 20:30   トーク:佐藤文則+在日ビルマ人

11月6日[金]:「パレスチナで起こったこと、起こっていること」
18:30 - 20:30  トーク:古居みずえ
昨年の12月から今年始めにかけて、イスラエル軍による侵攻で、
1400人にものぼるパレスチナ人が亡くなった。ガザ地区で、何が
起こり、その後どうなっているか、子どもたちの目を通して見つめる映像とトーク。 
  
11月7日[土]:「チベット難民が語るチベットの未来」  
16:00 - 18:00  トーク:野田雅也+シェラブ・ウーセル(チベット人編集者)
+ テンジン・チョジョル(チベット人フォトジャーナリスト)

インドのダラムサラから2人のチベット難民が緊急来日! 故郷チ
ベットを知らない難民2世のシェラブ、幼い頃にチベットから亡命したテンジン。
2人の切なる願いは、天空の国へ帰ること。そしてチベットの受
難を世界の人々に知ってもらうこと。半世紀を経ても解決の糸口が見
えないチベット問題。人生を翻弄されてきた2人が、国境を越えて伝える心のメッセージ。

11月8日[日]:「佐々井秀嶺師、インド仏教徒の最高指導者、44年ぶりの帰国」
16:00 - 18:00   トーク:山本宗補 
1億人を越え増え続けるインド仏教徒の最高指導者となった日本
人僧、佐々井秀嶺師が44年ぶりに帰国した。二ヶ月間の報恩行脚で日
本中を回った佐々井師全密着同行取材と、インドでの「生きた仏教」
実践者としての活動ぶりを余すところなく伝えるスライドトーク。

11月10日(火):「いま話したいこと、考えたいこと。〜ノンフィクション・ドキュメンタリー・ジャーナリズムの現状〜」
18:30−20:30    トーク:綿井健陽
トークゲスト:青木理さん(ジャーナリスト/『絞首刑』著
者)

11月12日[木]:「終わらない”戦争”」  トーク:豊田直巳
18:30 - 20:30

11月13日(金):「核兵器廃絶はなぜ必要か。核実験場からの証言(仮題)」
18:30- 20:00 トーク:森住卓 

11月14日[土]:「沖縄戦を知る〜沈黙を破った元兵士と住民たち」トーク:國森康弘
16:00 - 18:00 「沖縄戦では本土出身の日本兵7万人弱と、それをはるかに上回る15万人規模の沖縄住民が亡くなった。
国内唯一の地上戦で一体何が起きていたのか―。戦後60余年、表に出ることの無かった元兵たちの証言を通して、その実相に迫る」

・予約/問い合わせ
日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)

東京都千代田区神田淡路町1-21 静和ビル2B
TEL 090-6101-6113 FAX 03-3252-7651
E-mail office@jvja.net
キッド・アイラック・アート・ホール
東京都世田谷区松原2-43-11
TEL 03-3322-5564
URL http://www.kidailack.co.jp

日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)
http://www.jvja.net/

転載終わり
-----------------------------------------------------

posted by momotomo at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<かも〜んツアー 埼玉上映会> 『107+1〜天国はつくるもの〜』Part2上映会&てんつくマントークライブ       〜ホノルルメンバーと我武者羅応援団もやってくる!〜

みなさま〜

こんにちは。
ももんがの井上です。

チベット体操の先生、
アイちゃんから、下記のイベントのお誘いをいただきました。

既に、11/1の全国一斉上映会で、パート2の映画を観て、
お友だちの紺ちゃんのがんばりを映像で改めて見つめ、
ずっと涙が止まらなかったんだーって、
心のこもったメールをいただきました。

今回のトークライブも、
なかなか実現できない夢の競演だと思います。

私もぜったい行きマース♪

=====================================
           <かも〜んツアー 埼玉上映会>

『107+1〜天国はつくるもの〜』Part2上映会&てんつくマントークライブ
      〜ホノルルメンバーと我武者羅応援団もやってくる!〜
          http://ameblo.jp/happysmile-saitama/
======================================

『107+1〜天国はつくるもの〜』という映画をご存知ですか?

死んでから天国にいって幸せになってもしょうがない。
 生きている現在を天国にしてしまおう!
この思いのもと、「すべてはやるか、やらないか。あきらめるか、あきらめないか」
 天国をつくろうとしたド素人たちのドキュメンタリー映画です。

公開から6年。自主上映のみにも関わらず、観客数が13万人を超え、
 今もなおその数は増え続けています。

そして2009年11月、ついにその続編となる
 『107+1〜天国はつくるもの〜Part2』が公開となります。

この作品に対する、監督てんつくマンの思い...

今回のPART2は「動くこと」「あきらめないこと」を選択した人達の
 挑戦の物語です。
自分や周りを信じながら歩んだ挑戦者達の動きは多くの人に動く気力を与えます。

 1+1=2

 しかし、人と人が出逢えばそんな計算はあてはまらない。
 互いが応援しあい、動き出す時、互いの力があふれてくる。
 そして、時には1+1=3にも10にもいや、100になることもある。
 今、伝えたいメッセージは

     「自分の力をあなどるな!ならば奇跡は起きる奇跡は連鎖する」

今回の上映会では、監督のてんつくマンをお呼びし、この映画に対する
 思いを存分に語っていただきます。
さらに、この映画に登場する、あきらめなかった挑戦者の方たちもゲスト
 としてご登場いただき、映画の中で描かれた奇跡の連鎖、そして撮影後から
 現在に至るお話などしていただく予定です。

必ずやあなたの心の中に感動の嵐が起きるでしょう。
そしてその感動が、あなたに何かのきっかけを与え、
 そして何かに挑戦する原動力となることでしょう。

次に奇跡を起こすのはあなたかもしれません...

        〜◇〜◇〜◇〜◇〜◇〜◇〜◇〜◇〜

 ◆日時◆
  2009年11月22日(日)
  <開場>11:00 <開演>12:00 <終演>17:00(予定)

 ◆会場◆
 SKIPシティ彩の国Visual Plaza 映像ホール
 埼玉県川口市上青木3-12-63
  ※最寄り駅は、JR川口駅になりますが、駅から離れているので、
   バスなどをご利用の上、ご来場ください。
   詳細は、こちらまで → http://www.skipcity.jp/access/

 ◆入場料◆
  大人 3000円 (当日 3500円)
  小・中学生 1000円 (当日 1500円)
  未就学児 無料

 ◆お申し込み◆

申込は下記申込フォーム、またはメールアドレスより受付いたします。
 必ず、申込フォームに登録の上、下記、振り込み先にご入金願います。

 申し込みフォーム: http://my.formman.com/form/pc/QCTHiIsD5Kv4Lr66/
 申し込みメールアドレス:happysmile-saitama(あっと)deep-eco.net
             ※迷惑メール防止のため(あっと)を小文字の@に
              変更して、ご利用ください。

 ※メールでのお申し込みの時は、お名前、フリガナ、
  メールアドレスまたは電話番号、参加人数(大人、小中学生、未就学児)、
  このイベントを知ったきっかけを必ずお書き添えください。

 ◆振り込み先◆

 【郵便口座】口座番号:10180-8415471
       口座名義;ハッピースマイル埼玉

【銀行口座】ゆうちょ銀行 〇一八支店(ゼロイチハチ) 普通 0841547
      口座名義:ハッピースマイル埼玉

 ◆主催◆

<主催>ハッピースマイル埼玉
     ブログ:http://ameblo.jp/happysmile-saitama/
 <代表>小松 090-2660-4477
        happysmile-saitama(あっと)deep-eco.net
        ※迷惑メール防止のため(あっと)を小文字の@に
         変更して、ご利用ください。

      〜◇〜◇〜◇〜◇〜<イベント内容>〜◇〜◇〜◇〜◇〜

 ◆タイムテーブル(予定)◆

11:00 会場 12:00 開演
12:00〜12:10 主催者挨拶
12:10〜14:10 『天国はつくるものPart2』上映
14:10〜14:30 休憩
14:30〜16:00 ゲスト(てんつくマン・杉野幸三氏・紺野大輝氏)によるトークライブ
16:00〜16:15 休憩
16:15〜16:30 紺野大輝氏によるドリームプランプレゼンテーション
16:30〜17:00 我武者羅應援団ライブ
17:00 終演

 ※諸事情により、内容の変更がある場合があります。ご了承ください。
  尚、変更があった場合、ブログなどでご連絡いたしますので、
  よろしくお願い致します。

 ◆出演者プロフィール◆

 <てんつくマン>
1968年、兵庫県にて心配性の母・久子と、ちょっぴり嘘つきな父・重光の
 次男として生まれる。
高校を卒業後、吉本興業にハプニングで入り、7年後、やりたいことが
 見つかったとお笑いをやめ、映画の世界へ。役者から映画製作へと思いは変わり、
 1996年、ドキュメント映画「107+1〜天国はつくるもの〜」を企画。
 製作費を集めるために路上に4年半座り、筆と墨で一人一人にインスピレーションで
 言葉を書くパフォーマンスが大ブレークとなり、2003年に映画を完成。
以来、ロングラン上映を続け、2008年2月にとうとう観客動員数10万人を突破。
現在はNGO『MAKE THE HEAVEN』代表として「動けば変わる」を合言葉に
 笑い楽しみながら世の中に笑顔と元気を増やそうと、海外支援・環境問題・小豆島
 での村づくりプロジェクトに力を注いでいる。「てんつくマン」とは
 「天国をつくる人」という意味で、今自分達の住んでいる世界を天国にしようと
 講演活動などで日本全国を飛び回っている。

<杉野幸三>
 24歳の時にC型ウィルス性肝炎であることが判明。以後、治療するも悪化。
 42歳で肝硬変末期、余命一年と宣告される。
 肝臓移植で一命を取り留め、社会復帰ができるまでに回復するが、移植後
 2年経て、股関節の難病、大腿骨頭壊死症と診断される。
 主治医からは散歩時間も制限されていた中、重篤な状況から奇跡的な回復をした
 仲間の影響を受け、無謀にも2008年12月のホノルルマラソン出場し、多く
 の仲間のサポートを借りながら19時間43分かけて完走(完歩)を果たす。
 その映像は、2009年4月にTV番組「奇跡体験アンビリバボー」で放映され、
 勇気と感動を与えられたと多くの人からメッセージが寄せられた。また、
 この映像は、2009年11月より、ドキュメンタリー映画
 『107+1天国はつくるもの パート2』(監督:てんつくマン)の中でも
 使用され、全国で自主開催される。

<紺野大輝>
1976年北海道生まれ。脳性麻痺という障害を持って生まれ
 「この子は一生歩けない」と医者から宣告を受ける。
4年間の入院生活の末奇跡的に歩けるようになり、幼稚園より普通学級で
 生活を送る。
1996年ホノルルマラソンに初挑戦するが、12時間の死闘の末
 40キロでリタイア。限界は存在すると感じた瞬間だった。
しかし2008年映画監督・てんつくマンに誘われ再挑戦し
 10時間44分で完走。
この様子は2009年11月公開ドキュメンタリー映画
 『107+1天国はつくるもの パート2』(監督:てんつくマン)に収録される。
現在は「挑戦する喜び」をテーマとした講演を全国各地で行っている。
また、12月11・12日に開催される
 『ドリームプラン・プレゼンテーション2009』に出場が決定している。

<我武者羅應援團>
 2007年2月、オールバックに学ランまとい気合と本気の応援で世界を
 熱くするために結成。
 繰り出す突きで未来を切り開き、打ち続ける拍手で世界を支える。
我武者羅應援團の応援に触れるとあまりの気合の入りっぷりに、笑いすぎて腹筋が
 割れるとの噂。同時にスカッと爽快感を感じ、行動したくなると評判。その圧倒的な
 応援が話題を呼び日本テレビ『誰も知らない泣ける歌』、グリコポッキーCM、
 NHK『ゆうどきネットワーク』、フジテレビ『スーパーニュース』、
 TBS『あらびき団』等に出演するなど、各メディアへの出演が相次いでいる。
史上初のあなたを応援するDVDブック『押忍!ガムシャラにあなたを応援します』の
 発売が決定。あなたに向かい 今日もどこかで 我武者羅にエールを贈る・・・。
 
−−−−−−−−−−−−−−−
posted by momotomo at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/23(祝)「小さな命の大きな輪」(高尾と上関のいのちを守る)

【EVENT】11月23日「小さな命の大きな輪」
(高尾と上関のいのちを守る)


【以下、転載・転送大歓迎です。】


上関原発と高尾山圏央道建設によって、それぞれの自然が壊されようとしています。
これら の計画から自然を守るためのシンポジウムが行われます。

【会場】:代々木八幡区民会館
  渋谷区代々木5-1-15 / 03-3466-3239

【アクセス】 小田急線 代々木八幡駅 6分
       東京メトロ千代田線 代々木公園駅 6分
    
【時 間】:13時スタート。

【出演者】:鎌仲ひとみ、山戸孝、高島美登里、坂田昌子、冨田貴史、 ラビラビ 他。

☆「ぶんぶん通信2」上映&鎌仲ひとみ監督TALKもあります。
 10:00〜12: 00(別料金500円)。

24日にはみなで議員会館ロビイングとロビイング報告会があります。
-------------------------------------------------------------

11月23日、山口県上関の海と、東京都高尾の山を、つなぎあわせ、守るためのシンポジウムを行います。

山口の現地からは、祝島島民の山戸孝君、長島の自然を守る会の高島美登里さんを招きます。

当日の出演者は後述しますが、
それ以外にも、当日ぎりぎりまで政治家やマスメディア関係者への参加呼びかけを続け、
自然を守るための具体的な道を見つけるための話し合いの場とします。

翌11月24日には、この日の参加者みなで、永田町の議員会館で一斉ロビイングを行い、24日夜には山口からの2人も交えて、ロビイング報告会を行います。

破壊を止めるための、具体的な1歩になればと願います。


【告知映像】

http://www.youtube.com/watch?v=-DBhLk75VYg&feature=player_embedded
http://ameblo.jp/bakademokankyou/



【フライヤー(表・裏)】










































posted by momotomo at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

11/4(水)東ティモール住民投票10周年記念講演会 平和構築とジェンダー・ジャスティス 東ティモールにおける女性への暴力と正義の行方

以下、ももともネット宛に、
ご夫妻で、東チモールの住民投票にかかわっていらした、
Kさんから、お知らせをいただきましたので、転載いたします。

※Kさんご夫妻が、ももんがの店長ぽぽみに会いに、
初めて、お店に通ってきてくださってから何年がたったでしょうか?

その度に、東チモールのコーヒーを持ってきてくださり、
その秘話を コタツで コーヒーをいただきながら、
ぽぽみと一緒に、お散歩しました。

その時々、ピークオイルの話しや、
六ヶ所の問題、クルド難民の方のことなど、
ほんとうに色々なことを学ばせていただきました。
視野をぐっと広げてくれる、家族のようなお客さん(お友だち)です。

ももんがでも、Kさんの推薦で、
パルシックさん(現在は小ロットなのでぐらるすーつさん経由)を通じて、
東チモールコーヒーを扱わせていただいています。

とっても香り高く、酸味と苦味のバランスも○!
とても美味しいです。
ぜひ、お求め下さい!
ひとつ、粉・豆ともに、700円です♪


ちなみに、、、。
私の勤め先でも、コーヒー豆を○ニマットのをやめて、
どうするか?と検討していた時期に、
職場の同僚が「あれがいいんじゃない?」って、
提案してくれたので、
無事、パルシックさんから直接購入してもらえることになりました。

毎日ぽこぽこ。おいしくいただいています!うれしかったなー)


------------------------------------------------------

momotomoねっとの皆様:

以下の講演会がありますので、ご案内致します。

====

東ティモール住民投票10周年記念講演会

平和構築とジェンダー・ジャスティス
東ティモールにおける女性への暴力と正義の行方

日時:2009年11月4日(水)午後6時半開場、7時開演

場所:東京大学本郷キャンパス・教育学部1F 156教室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_09_01_j.html

講演者:マヌエラ・ペレイラさん

問合:mm3k-frsw@asahi-net.or.jp

参加費:学生無料・一般500円

1999年の住民投票から10年。東ティモール女性連絡協議
会のマヌエラ・ペレイラさんに、東ティモールがこれまで被っ
てきた人権侵害における正義の状況を、特にジェンダー・ジャ
スティスの観点から語ってもらいます。
====


posted by momotomo at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日、11/3(祝)お誘い : (午後)(ももんがお茶会+上映会(ちび)+(夜間)小出ゼミ記録化プロジェクトミーティング

みなさま

こんにちは。
ももんがの井上です。

明日のイベントのご案内です。
広報がいつもぎりぎりでごめんなさい。

(11/3にやるよーと、何かのメールに書いたきりで、
個別にメールをいただきまくりでした・・・反省)

急ですけれど、タイミングのあう方がいたら、ぜひ、お越し下さい。

なお、会場はももんがから、歩いて10分ほどのところにある、
レトロな公民館になります。

フェアトレードのチョコレート、入荷し始めました!
それらをちょっと持ってゆきます。

ももんがでのお買い物を考えてくださっている方、
会場に持ち込みますので、12:00までにお電話か、
メールをおねがいします。

(森のマーケット、10月は実施できなくてすみません。
11月は、8日と28日の予定です)


****** ももんがお茶会+上映会(ちび) ******

○日時 :  2009年11月3日(火・祝日) 13:30〜17:00 

○参加費 : 会場費・お茶代 100円
         ※おやつは各自お持ち下さい。

○会場 : 文京区立 本駒込勤労福祉会館 
       東京都文京区本駒込4−35−15
       第一和室(定員20名)
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_keizai_shisetsu_kinpuku.html

○おねがい:
入口にまるいカゴを置いておきますので、100円を入れて、
ノートにお名まえを書いて、ご入場下さい。
※みなさんのタイミングに合わせて、合流OKです。
※映像を流している時間は静かに入場して下さいね。

スタッフは13:00から、会場にて準備等をしています。
お茶を準備したり、受付を助けてくれる方、
イベントのチラシを置いたり、何かご自身で販売したい方は、
ちょっと早く会場へおねがいします。

○スケジュール(目安)

13:30〜14:15 山口、祝島関連のニュース映像(45分)
 (山口在住のフォトジャーナリストの方からいただいたDVD3枚のうち)

14:20〜15:20 「原発の解体」についての映像 (60分程度)
  日本国内の原発のゆくえは?
  ドイツやイギリスの取材も合わせて、しっかり見つめています。
          
15:30〜16:00 祝島、長島に暮している、人以外のなかまを紹介します!
カンムリウミスズメ」等について 貴重な映像資料等 (30分程)
(原子力資料情報室よりいただきました。10/28実施の講演会
映像より抜粋)

16:05〜16:25 10/11-13日実施の小出先生ゼミ合宿のダイジェストリポート
(うつみ君、りんちゃん、井上(まぼ店員)より)

16:30〜17:20 お茶タイム、みんなでゆっくり語ろう!
        話題は、上記のテーマに限りません。
           ぜひ、ご参加下さい。

17:20〜17:30 片付け、解散。
        お気をつけて、お帰り下さい。
-------------------------------------

引き続き、夜 17:30〜21:00 は、
小出ゼミ合宿の映像等の記録化を進めるプロジェクトの、
ミーティングの時間 となっています。

こちらも、小出先生のゼミ合宿ツアーに参加できなかった方でも、
3日間にわたる、映像、音源等をたくさんの方と共有していくための、
「記録化」に参加したい!という熱意のあふれる方の参加を募っています。

<参考>
小出ゼミ合宿は、2009/10/11〜13の2泊3日で行いました。
この記録を編集等しながら、みんなで情報を共有していくための
プロジェクトです。
10/11 トークライブ(3時間半)
10/12 小出先生のゼミ講義(4時間、質疑応答含む)
10/13 原子炉実験所内見学ツアー(原子炉、処理施設等計2時間半)


ももんが まぼ 
(電話連絡は、当日のみとさせて下さい 090-9106-0308)







posted by momotomo at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

新発売)『原子力が止まる日』 〜脱原発化を選んだドイツからのメッセージ〜

みなさま

「知ることからはじめよう」を作ってくれた、
スロービジネススクールから、
あたらしいとっても魅力的な冊子が新発売です。

先日、「土と平和の祭典」の会場で、奈々ちゃんたちの「あしたの森ブース」に遊びに行ったら、Aちゃんがニコニコ販売していました。

早速、買って読んでみました。
希望がわいてきました。

Aちゃんによると、たくさんの小学生が「うん、そっかー」とか言いながら(笑)、
お母さんに電話で相談とかしながら、
自分の小さなお財布から、買って帰ってくれたようです。

イラストもかわいいし、
とっても大きな字で、Q&A形式だし、
とっても読みやすい。

小さな子もぜひトライして欲しいなあ。

(電力会社からのエネルギーについての出前授業を、
学校で受けているらしい、小さな子たちにほどね・・・)

今、原子力産業、それを国の政策として進めていくぞ。と決めている国は、大ピンチを迎えています。
原子力を進めるほど、出てきちゃう、放射能のゴミが、まったなしに、たまってしまっているからです。
それを埋めてもいいよ。と名乗りでる街は今のところありません。

だから、今、躍起になって色々なタレントさんを使った
「原子力は安全でクリーンだよ」というメッセージを広げています。

テレビをぜんぜん観ない私でも、
電車のつり革広告にどきっとしたり、
色々な雑誌に出てきたりして、
みんな鵜呑みにしちゃうんだろうかと、
かなりげっそりしてしまう・・・。

それに対して、
本当はどうなのかな?と思っているひとに、

じっくり考える機会を(そっと)作り出してくれ、
さらなる一歩を歩ませてくれ(自分で調べ、感じる力を取り戻す)、
もっといえば、飛躍を促しちゃう、
とっても素敵な本だと思いました。

先日、放映された、NHKの「原発解体」の映像。


2009年10月11日(日)
午後9時00分〜9時58分 総合テレビ
『原発解体〜世界の現場は警告する〜』
http://www.nhk.or.jp/special/onair/091011.html#

この映像の中に、
ドイツの原発事情を取材した部分がありました。

そこで、上記の映像と併せて、こちらの冊子を読み進めていただけたら、より深まるぞ!いいぞーと思ってます。

(映像を録画したものをいただいたので、
貸し出しもします。声をかけてくださいね)

ぜひ、イベントや通販等でお手にとってぜひお求め下さい。

----------------------------------------------------

『原子力が止まる日』
〜脱原発化を選んだドイツからのメッセージ〜

1冊300円
こちらのウェブサイト(ショップ膳)で購入できます。(送料別)

http://shop.slowbusiness.org/index.php?
main_page=index&cPath=87_92_114

10冊以上の購入で割引販売もあるようです。

「六ヶ所あしたの森」や「ナマケモノ倶楽部」さんが
ブース出店している際は販売していると思いますし、
ももんがでも今後継続的に販売のお手伝いをしていきたいと思ってます!

翻訳チームの皆様、ありがとうございます♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『原子力が止まる日』
〜脱原発化を選んだドイツからのメッセージ〜

この冊子はドイツ連邦環境・自然保護・原子力安全省(BMU)の公開文書の英語版
の邦訳を、同省の許可を得てご紹介するものです。
正式版は同省が公開しているドイツ語版と英語版のみで、邦訳版の内容についての
責任はスロービジネスカンパニーにあります。

脱原発化を選んだ、ドイツからのメッセージ

(冒頭文より)
ドイツは原子力に力をいれなおすべきでしょうか?
電気料金やエネルギーの価格が値上がりし、野心的な気候保護目標、エネルギーの安定供給をめぐる議論、石油・
ガスの輸入依存度。原子力業界は、こうした課題を理由に、しきりに原子力議論の再燃を図ろうとします。
しかし、原子力ははたして気候保護に貢献するでしょうか?原子力によってエネルギー・電気料金は、確実に値下
げできるでしょうか?
ドイツ連邦環境省がこれらの疑問にお答えします。


【もくじ】

つながりマップ
原子力は「手痛い過ち」?-- 原子力産業の神話とは --

1原子力は気候変動の防止につながるの?
2原子力は「グリーンなエネルギー」?
3原子力は、地球規模での気候変動の防止に貢献するの?
4原発の運転期間が制限されるのは、なぜ?
5運転期間を延長して場合、核廃棄物の量は?
6一番古い原発の運転期間延長は可能?
7原子力は安全?
8放射性廃棄物は、どこに置いておけばいい?
9原発は世界平和を脅かすもの?
10「原子力ルネサンス」が起きている?
11原子力で、ガソリン代や暖房費が安くなるの?
12原発の運転期間を延長すると、電気料金が安くなる?
13運転期間の延長から出る利益を、再生可能エネルギーに投資できないの?
14運転期間が長期化すると、エネルギー市場にどんな影響が出るの?
15エネルギーコストは、どうすれば安定する?
16再生可能エネルギーへの切り替えに、運転期間の延長が役立つのでは?
17未来のエネルギーミックスの姿とは?
18原子力で、エネルギーの輸入依存から抜け出せる?
19原子力は、コスト効率がいいの?
20原発は、雇用を確保する?
21結論:脱原子力化は続きます





posted by momotomo at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。