2007年10月09日

「いのちと放射能」柳澤桂子さん・著

☆おすすめの本:
「いのちと放射能」柳澤桂子さん・著(560円+税)

筑摩書房から、ちくま文庫「いのちと放射能」柳澤桂子さん・著 が出版されました。

この本を、MさんとNさんとお二人から、9月の中ごろにおすすめされたんです。
Mさんは、ブログに書いてくれてて、
Nさんは「生命科学者の立場からの本です。ぜひ読んで見てくださいね」と、メールをくれたんです。

買いに行こう!と思いながら、ばたばたと走り回る日常で置き去りになっていたところ、
昨晩、Hさんのおうちでお夕飯をご馳走になっていたら、
「あっ、Mさんがこれ読んでみて!って渡されてたの。」って、
貸してくれたのでした。

早速、ぽぽみと一緒にベッドに入ってから、寝息を聞きながら、
読んでみました。

柳澤桂子さんの文章は、透明感があって、元々素敵だと思っていました。
(でも、柳澤さんが、「放射能」の本を書かれていたことを知りませんでした。それも責任を持たねば。と立ち上がっていらしたことも今回、知りました。)

本の帯には、坂本龍一さんから「放射能はなぜ怖いか。その理由がわかります。」とあります。

ほんとうに、平易で端的な表現で(理想)、よく分かるのです。

そして、この文庫が、チェルノブイリの事故の後、1988年11月、地湧社より刊行された本に、
今年「文庫版への長いあとがき」を加筆された本だということが分かりました。
そして、最後に、13ページに渡って、三陸で六ヶ所の再処理工場の問題に取り組んでこられた、永田文夫さんの「解説」が付いています。

色々書きたくなっちゃうのですが、各自におまかせします。
ぜひ、読んで見てくださいね。
 
                   ももんが店員 まぼより







posted by momotomo at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。