2007年09月10日

田中優さんの講演に行きました。「地球温暖化―人類滅亡のシナリオは回避できるか」

みなさまへ
ももんがの 井上です。
先週のブログで「行きます!」って書いていた、
講演会のレポートを書きます。

9/7(金)、会社帰りに久しぶりにお台場に向かいました。
ニフティーさん主催の、田中優さんの講演会「好都合な真実」があったからです。

大満足の講演会でした!

会場は、お台場の観覧車の真横。
おもしろい場所にある、かなりおしゃれなお店でした。
席を見つけたら、最初の1ドリンクは、自分で取りに行きます。

迷わずビールをお願いし、野菜スティックや揚げ物などをもりもり食べながら、優さんの真正面の席で、スライドを観、お話を聞くことができました。(Mちゃんありがとう♪)

 なんだかもぐもぐ食べたり、飲んだりしながら講演を聞くのは、失礼だなぁと思ったのですが、会場をこちらに選んだのも、かちこちの講演じゃなくてカジュアルな感じしたかったのでしょうし、参加費無料のイベントなので、飲んで食べて少しは売上にも貢献しないとね(ニフティーさん直営の飲食店でした)。

 な〜んて、色々書きましたが、本当はごぼうの揚げ物(スパイシー)がおいしくて止まらず、、、。
 食い気に勝てませんでしたふらふら

 講義の内容は、3/31の世田谷のふろむ・あーすさんの六ヶ所村ラプソディーの上映会&講演会で伺ったお話や、
スロービジネススクールさんがDVDにしてくださってるお話に近いのですが、
新しい事例の報告(おもしろい!)や、驚くようなデータも満載で、
最初は、心配顔 ⇒ 最後は、希望を持て元気いっぱいになりました。

 毎度、お〜と思うのが、優さんが示す「視点」の鮮やかさです。
 環境問題を語りながら、戦争や原子力を反対しないのは、大きな間違いだ。という視点です。
 仕組みを変えること、本当の原因に気づく為の視点です。

 前回と同様、隣のMちゃんと一緒に、大きくうなづきながら聴きました。(←動きが大きい)

 会場がお台場という、おしゃれスポットというのがあるのでしょうか?
 元気で、のびのびした人がいっぱい集まっていました。
 てんつくマンのチームGOGOの号外配りの仲間もいっぱい座っていたように思います。
 (優さんが、かわいい「号外」を手に「全国での取り組み」として紹介してくれたとき、会場がわいわいどよめきましたもんね!)
  
 会場で、ばったり、来週9/17(月・祝)に上映会を企画している、
戸島君となかまたちにも会えて、
横浜のGOGOの仲間も紹介してもらいました。

今回は、私は、MちゃんとKさんと参加したのですが、他にも何人か行きたかったよーというメールをもらいました。
 他にも、たくさんいらしたかと思いますが、、、。

 そんな方は、ぜひ、9/17(月・祝)の上映会&田中優さん講演会に行きましょう〜。(柏は近いですよ。)

 また、その日も無理〜、又は、遠いよ〜という方は、こちらの本をご紹介します。

 優さんの講演そのもの。講演から起こしたものなので、おもしろい語りそのままで、するすると読みやすいです。
 ぶふっと、噴出して笑っちゃったりしました。(←そういう意味では「危険な」新書です)
 最新情報もかなり載ってました。付箋、付箋♪)


 北極の氷の世界で生きるホッキョクグマ。
 彼らは、氷を利用して(上手に隠れたり、流氷に乗って移動する)アザラシを食べて暮らしていますが、氷が解けることで、アザラシ猟ができなくて、餓死したり、溺死したりするそうです。
 
 そんな映像ばかり観ている、わたしのように、人間だけじゃなくって、動物と共に地球で暮らしたい人たちにとっては、
温暖化は、本当に胸が痛い、心配の種です。

となると、まずは、自分にできることは。。。と考えるところです。

地球温暖化の原因は、私たちの「ライフスタイルだ」と思わされていて、「仕方ない」なんて声も出てきちゃって、無力感に襲われる人も多いと思いと思うのです。

けど、ほんとうにそうなのかな?

→ その、ひとつの答えがその本に書いてあります。
  読んでみて!
  そして、一緒にお話ができたらって思ってます。

  
田中優さんのこの新書には、薄い冊子の中で、
希望を失わないで、歩き続けること。
どんどん気づいたひとから、実際に動き出してるのが事例としてたくさん出てくるので、元気がでる。
そして、「オトク」、みんなの心に迫るところが、おもしろいです。


注)
この本は、4章以降が 私からの個人的なお勧めです。
優さんの「元気になる提案」が満載なのです。
(特に、7章を読むと、わくわくする。)

本を読むのがすごく苦手なひとは、前から読むだけだと、
後半の超いいところまで、たどりつけないかもしれません。
そんな人は、ショートカットでもいいから、
第4章から先に読んでみてくださいね。
(本屋で立ち読みする人は、第7章かなー)

もちろん、現状把握、原因を見つめ分析することがあって、
後半の提案の鮮やかさもよーく分かってくるので、
全編まるごと味わって欲しいところです。


これまでは、私が「原子力とさよならしたいの。」という思いや再処理施設の問題を仲間たちにじわじわお伝えするには、
鎌仲さんの映像をまずは観てもらってから、
田中優さんの本や小出さんの本を何冊も用意して貸し出して(買ってもらって)読んでもらう(付箋付き)、
そして、「とにかくDVDの講演を見てみてね!」と、
フルコースでやっていたわけです。

けれど、
田中優さんの場合は、「岩波ブックレット〈No.675〉戦争って、環境問題と関係ないと思ってた」とこちらの新書、
小出裕章さんの場合は、「知ることからはじめよう」をさらりとお勧めして、見てもらえれば、
自分が拙い説明をして(失敗して)、
お互い気まずい思いをすることも、疲れ果てちゃうこともなく、
大変楽チンになります。


この本も、ももんがでも、扱います!


http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/459405384X.html

扶桑社新書
地球温暖化―人類滅亡のシナリオは回避できるか
扶桑社 (2007-06-01出版)

・田中 優さん【著】
[新書 判] NDC分類:451.35 販売価:\735(税込) (本体価:\700)

第1章 現在は“試合終了”までのロスタイム
第2章 地球温暖化の現実とメカニズム
第3章 石油と戦争と温暖化
第4章 社会の仕組みを変えて、二酸化炭素排出量を減らす 
第5章 家庭から二酸化炭素を減らす
第6章 熱の省エネとトクする仕組みの作り方
第7章 自然エネルギー社会のイメージ
第8章 もっと自由に考えよう


※9月16日(日)の 夜、久しぶりのももんが寺子屋ゼミでは、
 地球温暖化について、動物写真家の方の動物の映像を一緒に観ます。
 その時に、こちらの本のお話もしたいと思います。
 気になる方は、どうぞ、先に本屋さんでお求めいただいて、読み込んでから、参加してください!


<おすすめの田中優さんの本>

@岩波ブックレット〈No.675〉
 「戦争って、環境問題と関係ないと思ってた」
 岩波書店 (2006-05-10出版)
 田中 優【著】
 \504(税込)

A「戦争をやめさせ環境破壊をくいとめる新しい社会のつくり方―エコとピースのオルタナティブ」
 合同出版 (2005-07-25出版)
 田中 優【著】
 \1,470(税込)

※@とAは、ピークオイルの勉強会の前後に、益岡賢さんがももんがにプレゼントしてくれました。びっくりの視点が満載でした。

B「世界から貧しさをなくす30の方法 」
 合同出版 (2006-12-25出版)
 田中 優・樫田 秀樹・マエキタ ミヤコ【編】
 \1,365(税込)

※ももんがのフェアトレード商品たち(雑貨や衣類)でおなじみの、ピープルツリー、グローバルビレッジ主催の「貧困をなくそう」セミナーの会場で、優さんの講演を初めて聴きました。
その時にこの本をいいなー思いました。
この本もよく「貸して〜」と声がかかって、なかまうちをぐるぐる回っています。


posted by momotomo at 18:07| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[環境][本]「戦争をやめさせ環境破壊をくいとめる新しい社会の作り方」田中優著
Excerpt: 戦争をやめさせ環境破壊をくいとめる新しい社会のつくり方―エコとピースのオルタナティブ 作者: 田中優 出版社/メーカー: 合同出版 発売日: 2005/07 メディア: 単行本 最近手にした現状の環..
Weblog: バックカントリー系放浪記
Tracked: 2008-02-11 23:17

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。