2007年06月22日

Lingkaran リンカラン VOl.24 7月号に 上映会とトークショーのことが!

皆さんに、お知らせがありまーす。

地球のなかま映画祭2007に、
4月、5月と参加してくださったフリーライターの女性Mさんが、
とても熱心に、雑誌の編集部の方がたや、
お知り合いの超有名な料理研究家のTさんに、
こつこつ、六ヶ所で起きつつあることを、
特に、「食」の方面から、熱心に伝えてくださっていました。

Mさんは、「六ヶ所村ラプソディー」を観たときに、
ももんがのセレクションと同じ、
小出裕章さんと鎌仲ひとみさんのお話をぜひ聞きたい!と思われたそうです。
それで、ありがとう!というメールを下さったのです。
公開討論会のお話や次の映画上映の場所等のご案内をしました。

先日、映画祭実行委員のA代ちゃんからメールが届きました。
「リンカランに載ってたね!」とのこと。
どれだろ?
昨日、やっと本屋に寄れたので、手にとりました。

「Lingkaran リンカラン VOl.24 7月号(定価780円)
 ソニーマガジンズ

「心とカラダにやさしい生活」がテーマの雑誌です。

 今号の特集は、「働くおかあさん」

 おいしそうなもの。ふんわりやさしい風合いのものが多くて、読むのは好きですが、貧乏なので、毎号、色々な雑誌(自然派っぽい)のと見比べて、時々しか買えていませんでした。

その 084ページに、リンカランプレス という、
イベントや出来事をレポートするコーナーがあります。
右下に、「六ヶ所村ラプソディー上映会」とあります。
「知ることから まず、はじめてみる」というタイトルです。

Mさんが書いてくださったのでしょうか?

自主上映会が各地で行われてて(200ヶ所を超えた)、
文京区本駒込で行われた5/13の参加してみましたよ。というレポートでした。
ありがとうございます。

実際に、あの上映会の後、どんどん相談のお便りやメールをいただきます。
このリンカランを観た方が、各地でこれから行われる上映会に足を運び、また、自分たちでも開こう!って思ってくれるとうれしいですね!

ぜひ、皆さんもお手にとって下さいね!
店内でもお見せします〜。

 



posted by momotomo at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。