2007年03月22日

あっというまに

今日はあったかい日でした。echizenです。おかげさまで映写にご協力くださる方も見つかり、仕事のヤマも一段落つきほっとゆるんでいると、もう映画祭までひと月を切っています。ともだちに宣伝したり、映画祭に出す絵はがきを作るのも、まだまだ頑張らなければ。このブログをご覧くださっている方も、おともだちにこの映画祭のことを伝えていただければ、とてもありがたいです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

地球のなかま映画祭2007 「六ヶ所村ラプソディ」「ヒバクシャー世界の終わりに」
上映会&トークショー

2007年4月14日(土)ともだちの日
語り手 小出裕章さん(京都大学原子炉実験所)

映画「六ヶ所村ラプソディ」にも出演されている、行動する科学者、小出裕章さん。今回、「六ヶ所再処理工場と地球上の生命」と題して、再処理とは何かということを鍵に、地球上の生命のあり方についてお話をうかがいます。
11:00   「六ヶ所村ラプソディ」上映
13:15   小出裕章さんミニトーク
14:00   「六ヶ所村ラプソディ」上映
16:15  小出裕章さん講演会
18:00   終了予定

2007年5月13日(日)母の日
語り手 鎌仲ひとみさん(ドキュメンタリー映画監督)

鎌仲ひとみさんの映像の豊かさ、笑顔、聡明な語りに影響を受け、事実を知り、自分で考え、動き出す人が増えています。そこで、ご本人から、ドキュメンタリーという表現の魅力、映画2作品のテーマとの出会い、撮影中の思いなどを語っていただきます。
11:00  「ヒバクシャー世界の終わりに」上映
13:30 「六ヶ所村ラプソディ」上映
16:00 鎌仲ひとみ監督トークショー
18:00  終了予定

両日とも、終了後に交流会を予定しております。準備のため、できるだけ前売券とともにお申し込みください。

場所    文京区立本駒込交流館地下ホール (文京区本駒込3-22-4) 
JR山手線 駒込駅(南口) 徒歩15分 東京メトロ南北線 本駒込駅 徒歩8分 都営三田線 千石駅 徒歩8分
参加費  前売り券 2日通し券1,500円(先着100名)・1日券1,000円 / 当日券 1,300円

会場で手作りの絵はがき+雑貨+フェアトレード商品の販売も行います。

前売り予約、お問い合わせはmomotomonet@hotmail.co.jpまで(@は半角に直してください)。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


posted by momotomo at 19:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

地球のなかま映画祭2007
Excerpt: エコロジー雑貨ももんがさんより、映画祭のお知らせです。 動物には直接関係ないように思えるかもしれないですが、実際には無関係ではない原子力……ぜひ観てほしいそうです。よろしくお願いします。 (以下、転送..
Weblog: さよなら、じっけんしつ ブログ
Tracked: 2007-03-28 01:54

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。