2009年11月10日

秩父の気持ちのよい蔵での上映会、収穫 体験してきました〜

みなさま

こんにちは。

ももんがの井上です。

先週末、埼玉県の秩父にある、とっても気持ちのよい蔵で、
友だちが実施した、「ファルージャ 2004」の上映会に、
参加してきました。

夏が終った頃、主催のK浦さんから、
こんなお知らせをいただきました。
小さな映画上映会というのが、いいなあー。

------------------------------------------

下記のように、秩父の古い蔵を利用し、小さな映画上映会をします。

日時:2009年11月7日(土)18:00〜20:00

映像: 『ファルージャ2004年4月』(土井敏邦さん)

場所:「たべものや 月のうさぎ」2階
    秩父市宮側町17-5 参號蔵

参加費:500円 食べ物・飲み物は別料金で注文できます

最大人数:15人
------------------------------------------

秩父? 
 -おいしいものがいっぱいあって、好きな街です。

古い蔵? 
 - わくわく、気持ちよさそう!

たべものや 月のうさぎ ?
 - こだわりのおいしいものを食べられる!

11月? 
 - 紅葉の時期かなー。きのこも採れる?
   おそばもいい時期かな?

そして、K浦さんの別荘にお泊まりもさせていただけるなら、
温泉 や ずっと行きそびれていた畑へもいけちゃうかな?

(私は、毎日、H部さんご夫妻のお弁当で収穫されたお野菜をいただいてきたのです。
すこしは手伝わないと・・・)

ただ、『ファルージャ2004年4月』(土井敏邦さん)は、
正直、つらい映像だろうと思うとちょっとしり込みしていました。

(最近、かなり飽和な状態で・・・)

でも、ゆっくり話しあえる時間があったり、
おいしいものが食べられたり、
会場そのものが気持ちのいいところだよ。というお話だったので、
思い切って参加してみることにしました。

---------------------------------------------

ほんとうに参加できてよかったです☆

もちろん、映画はテーマがテーマだけに、重い部分もあるのですが、
映画「犬と猫と人間と」と同じで、うまく言えないのですが、
誠実な監督の運びに、かなり助けられています。
主催のSさんは、「最後には希望を感じるの」とおっしゃっていました。


会場になったのは、月のうさぎさん。
2階だてのとても気持ちのいい蔵を使った、カフェ(食事どころ)&ギャラリーでし
た。
ネパールのカレーやフェアトレードのコーヒーを、おいしくいただけました☆

今度は秩父に行ったときには、ふだんの日の食事にも来たいし、
2/14にも再訪したいと思っています。

お店のオーナーが企画されている企画に興味を持ったからなのです。
新潟県の阿賀野川流域に残る、昔の道具や知恵について、
古い古い映像を蔵でみんなで一緒に観ながら、学ぶ会がもたれるそうです。
(その流域は、新潟水俣病に苦しむ歴史もあるのですが、
道具や知恵がとにかくいいの!とのこと)

店主のOさんが「何度も観てしまう映像なの」とおっしゃるのを聞き、
その映像とその会が持つだろう心地よい空間をイメージしました。
とても惹かれました。
お知らせを、今後、こちらでもご紹介したいと思います。
気になる方は、ぜひ、足をお運び下さい〜。

映画は、土井敏晴さんの作品。

土井さんはお会いしたことがないのですが(新作も見逃してる)、
とにかくもう、誠実な静かな人となりがそのまま出ているような作品でした。

テレビなどの報道で、「数」で、
イラクでの死傷者の数を見てしま、どんどん麻痺してしまうこと。
それを、誠実で訥々とした感じで、聞き取ってゆきます。
取材を受けるひとは、亡くなられた一人ひとりのことを思い出しながら、
どんな人だったか、何が得意で、何を大切にする人で、
こんな状況で、、と静かに、証言していきます。

その一人ひとりが 大切ないのち だったということを、
丁寧に、証言していくような運びでした。

「数」ではかると、とりこぼしてしまうような大切な事実。
監督の思い、そして、それを伝え、思いを共有するために
企画したK浦さん夫妻の思いをしっかり受取りました。

K浦さんの思いは、もう1点。
毎日毎日起きることに追われて、5年前の事実が、
もうどんどん押しやられ、昔のこと、既に終ったこととして忘れられてしまう。
それを実感し、その状況を、
そして、その時間の長さを あらためて見つめなおそうという部分にもあるようでした。

私も、そうか、5年前なのか、、と、色々なことを思い出しました。。。

(K浦さんによると、年を重ねていけばいくほど、
目の前に越えるべきものがなくなり、
昔のことを一層鮮やかに思い出されるようになるとのこと)
次から次に悲惨な戦争、事件が続きます。

その中で、どんどん風化してしまう中で、
被害を受けた当事者の方にとっては、
ずっと続く戦いになってしまいます。
戦場に生きることは、その後も心のトラウマになり続いていくのだということ。

(先週、同じK浦さんが企画された東チモールの女性たちの性被害についての報告会@東大教育学部 でも、同じことを感じました)

さらに、イラクでは、まだ、日本が加担している戦争がまだ現在も続いているのだ。
という重い現実に、改めて、はっとさせられました。

ももんがでも、11/7に実施した、
「ファルージャ」上映会&K浦さんを囲み、
おはなしの会をおねがいできることになりました。

視点を変えることにも、事実を学びなおすにも、
よい機会になると思います。
企画がまとまりましたら、ご案内しますので、ぜひ、ご参加下さい。

***************

翌日は、秩父のみんなの畑にお邪魔して、
今年、初の収穫!

お邪魔したのは、K浦さんご夫妻、H部さんご夫妻の4人で、
今年の6月からコツコツがんばっている畑です。

(私は、収穫のみ ちゃっかり行ってすみません)

先週、H部さんのおうちに、お夕飯を誘っていただきました。
今年初のおでんです☆
よーく味のしみた、おでんの大根。わたしの大好物です。
今年は、この「大根」は、4人が熱心に畑に取り組み、
その収穫物のうち、大根の収穫第一号とのことでした。
(働く前に、先に食べちゃったので、働くことに・・・笑)

当日、前夜話しすぎて、寝不足の目をこすりながら、
何をしたらいいものかーーと、うろうろしたり、観察したりしていました。
収穫してみたら!と、声をかけていただき、
茂りまくる落花生(初めてみた!)※画像
091108_115031 落花生.JPG

太白という種類の、さつまいも ※画像
091108_114904 太白.JPG

大きな大きなヤーコン、

の収穫を、体験してきました〜。


さらに、私は、ほうれん草の苗のまわりの雑草抜きをはじめました。
(まるで写経のようで、集中する)、

畑ではみんなの先生役として、色々教えてくださっているT島さんが、
焼いもを焼く道具を出してくださり、
ほっくほくのおいしい焼いもを味わえました。
感激のおいしさでした。

新鮮な大根もいただき、
葉っぱもおいしくいただきました。

落花生は、半分を茹でてすぐに食べ(ほかほか)
半分を軒下につるして、乾燥させてみることにしました。

実家に帰ったところ、
メンバーは、わんこ2匹(40sと2s)と 両親 とわたし。
1本の焼き芋を5人で分け合います。
そのおいしさ、色合いの美しさに、みんな目をぱちくりです。
譲り合っておいしくいただきました。
(一番いっぱい焼き芋を食べたのは、あーちゃん(秋田犬)です)

20090716 めめちゃん.jpg

※めめちゃん(1歳)は、親戚からの預りワンコです。
 初登場でしょうか?小さいけど、元気いっぱいの女の子です。

今回は、4人ががんばって作ってきた作物という、
贈り物をいただきましたが、
私も、土から離れることないように、暮していきたいな。
と改めて思いました。

(これは、以前、循環農法の赤峰さんが土から離れたら、
人はろくなことにならない。と言っていたのが、ずっと響いています。
「土から」だけじゃなくって、太陽、海、山、自然そのものから離れちゃ、
ろくなことにならんぞ。っていう意味でしょう)

ここ数年、色々なつらいこと、悲しいこと、
人間ってさーー(怒)と思ってしまうシーンがおきて、
うっかり、バランスを失いかけたときに、
自分でもそれを「そろそろ危ないな、私」って感じとれ、
自然にずっと支えてきてもらえました。

せっかく、実家が見沼たんぼに沿った、
とっても自然が豊かなところにあるので、
わたしが、「ふんっ」って奮起するタイミングがあればーーと思っていました。

以前、Fさんからいただいた、
とっておきの素敵な種(自家採取の)は、親に頼んで、
ベランダのプランターや小さな庭で育ててもらい、
ほそぼそとプチ農業をしていました。

けれど、今回、たくさんの収穫物を見て(いただいちゃって)、
また、ヤーコンや落花生も自分で作れちゃうんだー!と驚き。
ヤーコンはとてもプランターじゃ無理そうでしたので、
それなら、やっぱり大地を踏みしめてやりたいねえーと、
夢がふくらみ、
わんこの散歩コース(徒歩2分)のところの、
さいたま市の市民農園の抽選に
応募してみようと盛り上がっています。
(ヤーコンは、特に健康によいらしく・・・)

同じ区内の東大宮には、友だちが通っている、
自然農の学びの場や畑があるそうなので(トッチ夫妻が通ってる!)
私もこの数年、(気持ちばっかり)農業づいていたのですが、
重かった腰をあげて、参加させていただき、
農場デビューを目指したいと思いました。


ももんが 井上

posted by momotomo at 17:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

こんな時だからこそ、生きてる内に思いっきり楽しんでおきたい…
不謹慎なんて言うなよな!いっちまったら何もできないんだから…(´・ω・`)
http://os-g5-p.glinds.info/
Posted by 備えあれば憂いナシ!! at 2011年03月21日 22:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。