2009年09月25日

修正あり)9/26 ぶんぶん通信上映会のお誘い

9/26 (土)
『ぶんぶん通信no.1』 & 『ぶんぶん通信no.2』 上映会 IN 駒込

皆様へ 
こんばんは。

ももんがの井上です。
みなさん、お元気ですか?
連休の後、職場の仕事が・・・。
残業確定です(泣)。

そのため、丁寧な発信がやっぱり出来ていませんが、
明日は、映画「犬と猫と人間と」の短いバーションの上映、
監督トークショーのご案内が先日、東さんからありました。
新入りわんこのめめちゃん(お預り犬)を連れて、行ってまいります!

その後、駒込へ、祝島応援で使う実家の布などをもって、移動。
みなさんを、勤労福祉会館にお迎えしてのぶんぶん上映会です。

ももんがの商品をお買い求めいただけるかたは、
ぜひ、メールにて、ももんがまでご注文をお願いします。
公民館へ運んでいきます!

(スタッフをお願いしている方は、17時に
 ももんがまでどうぞお願いします)

○ ぶんぶん上映会について

 料金がさがるお知らせ、部屋の修正のお知らせ

予告いたしましたとおり、
9月26日(土)の夕方から、ぶんぶん通信の上映会IN駒込 を行います。

<料金のこと>

上映の申請をグループ現代さんにしましたところ(←遅すぎ)、
みっちんから、2本上映するときは、800円じゃなくて、600円を、
グループ現代にお支払すればOKって、教えてもらいました。

なので、ももんがでお預りするのは、
上映2本の方は、600円+会場費・お茶・おやつ代100円の合わせて、
700円です。
上映1本の方は、400円+会場費・お茶・おやつ代100円の合わせて、
500円です。
(2本立てが、とってもお得!)

受付には祝島への応援寄付箱を(しっかり)置き、お預りします。
こちらもよろしくお願いします。

<お部屋のこと>

第「一」和室が正しいのですが、
すぐお隣の第「二・三」和室としてご案内してしまいました。
ごめんなさい。(ブログ上は後日変更したのですが、
すでにMLなどを経て、ご自分のブログなどに転載してくださった方、ごめんなさい。
お部屋は横ならびですし、看板に「ももんがともだちネット」とありますし、分かるようにしておきます。


2点、変更させてください。

現在、すでに10名ほどの予約をいただいております。感謝)
20名定員のお部屋です。

                   ももんが 井上

                    
〜☆〜『ぶんぶん通信no.1』&『ぶんぶん通信no.2』 上映会 IN 駒込 〜☆〜

2009年9月26日 (土曜日) 夕方

17:45 〜 開場・受付 

18:00 〜 19:10 『ぶんぶん通信no.1』 上映(70分)

19:10 〜 19:30 フリータイム 
              
19:30 〜 20:33 『ぶんぶん通信no.2』 上映(63分)

20:33 〜 21:15 フリータイム 

21:15 〜 終了

※フリータイム中に、現地で使っていただく、布メッセージ作りをしています。
各自が制作した布メッセージをお持ちよりいただいてもOK。ももんがで一緒に送りま
すよ。
また、署名(祝島&六ヶ所)&祝島へのカンパも、ももんがともだちネットでも集め
ます。

※終了後、近くのお店で、簡単な懇親会を予定しています。
今回、山口県・祝島のSOSをどうしても、ももんがの仲間たちにお伝えしたくて、
欲張って上映を2本としましたので、わかちあいタイムが十分にとれていません。
夜遅い時間となりますが、よろしければそちらにご参加下さい。

○会場:文京区勤労福祉会館 3階 第一和室 ※
                        第二・三和室ではありません。
 
   東京都文京区本駒込4−35−15
URL:http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_keizai_shisetsu_kinpuku.html
山手線 駒込駅(東口)下車 徒歩9分,
     田端駅(北口)下車 徒歩10分
南北線:駒込駅(1番口)下車 徒歩11分
〔上58〕早稲田←→上野松坂屋前(『本駒込四丁目』下車前)
〔東43〕東京駅丸の内北口←→荒川土手操車所前(『動坂下』下車 徒歩5分)
最寄駅からの地図はこちら ↓
http://www.city.bunkyo.lg.jp/var/rev0/0009/9555/map_kinpuku.pdf住所

○電話:03(3823)6711 (会場・文京区勤労福祉会館)
   
○申込・問合せ:
ももんが井上 ecomomo8@m9.dion.ne.jp 090-9106-0308
○定員: 会場は20人定員です。
      できるだけ予約をお願いします。

○参加費:

映画上映代(グループ現代さんへ) + 100円(会場費・お茶おやつ代) で
す。

例)
1本映画を観る方は、映画上映代400円+100円(会場費・お茶おやつ代)= 
500円
2本映画を観る方は、映画上映代600円+100円(会場費・お茶おやつ代)=7
00円

○カフェコーナー

祝島のおいしいびわ茶をご用意します。
おやつはちょっぴりパレスチナのオリーブを使ったクッキーをご用意しますが、
お腹のすく方は、各自ご持参いただくか、
会場内で「ももんが・森のマーケット(ちび)」が出ています。
そちらでお買い求め下さい。

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜
詳しくは、下記のサイトをご覧下さい。

新作映画「ミツバチの羽音と地球の回転」(仮題)
http://888earth.net/index.html

●ぶんぶん通信とは
映画「ミツバチの羽音と地球の回転」…2010年 春 公開予定
この映画は旅するカメラの記録です。
持続可能な未来のヒント・希望を追いかけ、社会をシフトする
人間のエネルギーやネットワークが生み出されようとしている
その瞬間を記録し発信する、ドキュメンタリーの映画です。
映画の完成までの制作過程をまとめたビデオレター「ぶんぶん通信no.1」(70分)が
2009年4月にDVDで発売されました。
http://888earth.net/dvd.html

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の制作過程を公開するビデオレターです。
いわば映画の卵のようなもの。
山口県祝島とスウェーデンの撮影を中心に新作で描こうとしている
今まさに起きている現実を、なるべくリアルタイムで報告します。

ぶんぶん通信 no.1
「地域を守る人々の意志」(2009年/70分)
千年続く祭り「神舞」が継承される祝島。島の真正面に計画されている上関原発。
島の人々は27年間反対を続けて来た。しかし、計画は具体的に迫ってきた。
自然と共に生きる人々と地域の暮らしはどうなるのか?
一方、スウェーデンでは電力の自由化が進み、自然エネルギーだけを選択できる
仕組みもとられている。
スウェーデンでは持続可能な社会をつくる市民の取り組みがすでに始まっている。
そこでは環境NGO「ナチュラル・ステップ」が提唱する持続可能になるための
システム条件が重要な役割を果たしている。
監督:鎌仲ひとみ プロデューサー:小泉修吉
撮影:岩田まき子 録音:河崎宏一 助監督:南田美紅
上映配給:巖本和道、藤井佳子 制作スタッフ:冨田貴史、村井祥平

ぶんぶん通信 no.2
「いっしょに生きる道」(2009年/63分)
原発予定地、田ノ浦を守りたいと「長島の自然を守る会」が調査を行う。
田ノ浦は生物多様性のホットスポット。貴重でかけがえのない場所、
破壊したら二度と取り戻すことはできない環境だと海洋生物の専門家たちは
主張する。
絶滅が危惧される数々の生き物たちがこの生態系を支え、また支えられている。
スナメリ、カンムリウミスズメ、カサシャミセンなど、これらの生き物が原告となっ

自然の権利訴訟が始まった。
一方、祝島の外からサーファーやシーカヤッカーたちが集まり、ユニークな行動を起
こす。
監督:鎌仲ひとみ プロデューサー:小泉修吉
撮影:岩田まき子、山本健二 録音:河崎宏一、服部卓爾 
助監督:南田美紅 上映配給:巖本和道、藤井佳子 
制作スタッフ:冨田貴史、村井祥平

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜



posted by momotomo at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。