2008年09月21日

9月17日:植林ライブに行ってきました

みなさん、こんにちは!

先週のレポートになりますが、
こちらのブログでもご案内した植林ライブに行ってきました。

9/17(水)の夜、場所は東京・高円寺です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
picnic earth PRESENTS

☆☆☆【地球に森が生き還る日 -The day of the earth to be
forested.- vol.2】☆☆☆

     『アイ ハ チキュウ ト ウタウ。』

地球という舞台(ステーシ゛)を守ろう。
『アイ ハ チキュウ ト ウタウ。』

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今回は、この夏、FUNKISTのサイン入りTシャツを着用して、
色々なイベントに出歩いていた結果(笑)、いえちゃん(若手女子)が、「まぼさん、Tシャツ見てましたよ。私もライブ行きます」と連絡をくれました。
なので、二人で行くことになりました。

事前に、FUNKISTのCDとDVDを貸し出すから、
見ていくといいよ。と先輩風を吹かせていたものの、会うときに毎回忘れて、、、。
ぶっつけ本番だったのです。

「万が一だけど、つまんなかったら、全額まぼが払い戻すよ」という自信のあるライブです。

会場に着いたら、テツさんやおっかーに再会!やっほー。
あべちゃんやS平ちゃん、まやちゃんは来てないかな?ときょろきょろしました。

今回は、前回の反省を生かして、地べたに座って、てんつくマンの話しがしっかりきけるように、ズボンをしっかり着用。

今回はのステージは、

我武者羅(がむしゃら)応援団 のステージ exclamation×2


てんつくマンのトーク 
 ゲラゲラ笑った後、スライドを観て、泣く もうやだ〜(悲しい顔)


NUBO 笑顔がかわいい。若い元気なバンドでした。


FUNKIST 黒ハート

おお。
やっぱりかっこいいです。
FUNKIST,最高でしたっ!

そして、当日、ヴォーカルの染谷西郷さんの30歳の誕生日。
サプライズで、みんなからのお祝いのメッセージが届いて(南アフリカのおじいちゃん、おばあちゃん、幼馴染のお友だちからも)、それをメンバーが代読。
西郷さん、泣き笑い。
(会場をこそこそとわーい(嬉しい顔)、カラーペンと色紙が回ってきました。暗闇の中、真剣な顔になって書き込んでしまいました)

みんな泣いて笑って、西郷さんーー、
生まれてきてくれて本当にありがとうー♪♪っていう気持ちがいっぱい詰まった優しい空間になっていきます。

お誕生日のケーキは、なんとオムレツ!
野菜がいっぱい、大きなまんまるいお料理のプレートに、
ローソクが30本。ふーーーっと吹き消すと大きな拍手に包まれました。
当日の歌は、リーダーの西郷さんが歌いたい歌が選ばれたんだって。

じーんとしました。



てんつくマンとFUNKISTのコラボ(書き下ろし)

「白い世界」の熱唱(←大好きな歌。去年、香川の道端でキャンドルの中、アカペラで歌ってくれたのを思い出しました)

てんつくマンの書き下ろしは、何度観ても迫力がある。
自分も一緒の写経しているような、そんな厳かな雰囲気が漂います。



もう終わりかなーと思っていたら、、、。
やっぱりみんなが再登場♪

我武者羅応援団 が熱気むんむんで走って、
舞台へ躍り出てきました。(毎回、のけぞってしまいます)

1,2列目のひとたちは、汗も飛び散ってくる(って笑いをとってた)し、前に前に飛び出してくる感じだし、楽しかったろうなー。
(といいつつ、自分は4列目あたりを死守してしまったあたりが、
 守りに入ってしまった感があります。)

出演者全員+会場にいたみんなで、
我武者羅応援団の「WE ARE BEAUTIFUL」←面白い。

そして、感動する。

この歌を振りつけを教わりながら、熱唱して、踊りました。

この一体感はなんでしょうか!!

来年は、てんつくマンたちは、中国モンゴル自治区だけじゃなくって、植林の舞台を、アマゾンへも伸ばします。
私も、1円玉を集めて応援したいと思っています。

(1円玉には、木のイラストが載っていること、小さな子にも木を植える実感を持てるように。と1円玉基金にしたんだよというお話を教えてくれたのも、このプロジェクトでした)

また、この植林ライブは、今後も引き続き企画されるようです。
みなさんも、ぜひ、一度、顔を出してみてくださいね。



今回の感想)

みんな楽しくて、元気が出て、
おもしろくて、切なくて、泣けて、
すばらしくて、よかったんだけど、
一番、びっくり腰がひきながらも、
じーーーーんと来たのは、
期待してなかった分(←ごめんなさい。笑)、
我武者羅(がむしゃら)応援団さんというグループの方々の時間
でした。

「ふ・れぇ〜〜〜〜〜、ふ・れぇ〜〜〜〜〜〜〜〜 
 み ・ な ・ さ ・ ん 」と、拍手したり、
こぶしを振り上げたりしながら、
本気で、汗を飛び散らせながら、みんなを色々な演舞で応援してくれます。

8月10日に行われた、本当に素敵だった!「WATER GREEN (越谷)」

その会場で、出会った愛ちゃんは、その前の日に、てんつくマンの上映会をやったばかりで、今日はてんつくマンのトークを聞きに来たの。って教えてくれました。
そして、てんつくマンのトークだけではなくて、
いっしょに我武者羅応援団にも来ていただきました。と言っていたので、ちょっと耳に残ってて(暑苦しそうでおもろそうってわーい(嬉しい顔)
どんな応援団なんだろうなーと思っていました。

私は、むかーし、女子高生だった頃(そんな頃もあったのだ)、
某大学の応援団のみなさんの応援に通っていた時期がありました。

(神宮球場はもちろん、6大学野球の応援合戦などにもてくてくと赴くのです。せいいっぱいおしゃれしたりしてね。
そして、応援団を声をからして、応援するのでした。おもしろい経験でした)

そんな甘酸っぱい頃の(というか随分変わった青春だった?)を色々思い出して、当時の友だちや憧れの方々のことを懐かしく思ったりしていました。

なので、我武者羅応援団の動き一つ一つが、懐かしく、自分も踊り出しそうになって(こぶしを突き出すポーズのときなど)、
おお!とか、ああ!とか言ってしまいます。
彼らの動きが、本格仕込みで驚きました(皆、OBなのかな)。

ああ、これも縁だなーと思いました。

いっしょに行ったいえちゃんは、我武者羅応援団が出てきたとたんに、まだ何もしてないときに、
「もう返金不要です」といいます。笑)

てんつくマンのトークの後も、
FUNKISTのライブのときも、
つい友だちの喜んでる顔が見たくて、チラリンと横見しちゃった私です。

終わった後は、かなりすっきりして、応援までされちゃって、元気いっぱい。
さらに、いえちゃんからも、「ほんとに来れてよかったよ!」なんていわれて、一層、うれしくなっちゃいました。

私も、一人でも、もちろん行くつもりだったけど、
ほんとうに贅沢なイベントに友だちといけてよかった!と大満足。
気分よく、帰途につきました。


添付した画像

てんつくマンたちの植林ライブで、
会場をいっぱいに彩っていた、かわいい風船です。
すごく手が込んでいましたーー♪

いえちゃんは、「章(あき)ちゃん」と呼んで、
お家にいた、はらぺこあおむしの人形の弟分にして、
かわいがってくれています。


***************

みなさんへ 

残念ながら、
学ラン、持っていませんが、私とぽぽみ店長からも、エールを。

我武者羅応援団風に、

「ふ・れ〜〜〜〜〜〜ふ・れ〜〜〜〜〜〜〜〜み・な・さ・ん」


それぞれの場で、それぞれのペースで、
気持ちよく、つながって、暮していけますように!

                                                 ももんが ぽぽ&まぼ



posted by momotomo at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。