2008年07月26日

7月27日(日)再処理工場をしる会主催・大学習会「渡辺先生、再処理工場の真下に活断層ってほんとですか?」】開催!豪華ゲスト決定です♪

みなさまへ

豪華ゲスト決定。

お友だちもみんな誘って、お集まりください〜。


【転載大歓迎】

【 大学習会「渡辺先生、再処理工場の真下に活断層ってほんとですか?」】

◆◆◆◆◆◆◆◆◆トークゲスト決定しました。◆◆◆◆◆◆◆◆◆

六ヶ所村の活断層問題についての説明を日本原燃にお願いいたしましたが、出席できないとの回答をいただきました。

当日のゲストトークは下記の皆さまです。

鎌仲ひとみさん(映画監督)
SUGIZO さん(ミュージシャン)
吉村栄一さん( エディター)
渡辺満久さん(東洋大学教授)
澤井正子(再処理工場を知る会)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【渡辺先生、 再処理工場の真下に活断層ってほんとですか?」】

7月27日(日)13:30〜16:30(開場13:00)

明治大学リバティータワー1001教室(地下1F)(JRお茶の水駅下車)
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

お話:渡辺満久教授(東洋大学・変動地形学)
ー「赤青メガネ」で六ヶ所村の変動地形を解説していただきますー
http://www.soc.toyo.ac.jp/socio/faculty/watanabe.html
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/niigata/kikaku/061/16.htm

ゲスト:(日本原燃他に交渉中)

資料代:¥1000

*大学という会場の制約から、託児はできませんが、
教室の一部にお子様連れ優先コーナーを設けます。

主催:再処理工場を知る会
後援:現代史研究会
問合せ・連絡先:原子力資料情報室(TEL 03-3357-3800)

ガラス固化体が作れない! 
六ヶ所再処理工場では、放射性濃度の高い廃液をガラスと混ぜて
「ガラス固化体」を作る施設の最終試験を行っています。
しかしこの製造試験にトラブルが発生し、昨年12月末から試験を中断して
対策を立ててきました。7月2日、やっと試験を再開しましたが、
またまた原因不明のトラブルが発生、わずか12時間で試験をストップ
しています。
日本原燃:ガラス溶融炉運転性能確認試験の停止
http://www.jnfl.co.jp/press/pressj2008/pr080703-1.html

六ヶ所再処理工場直下に活断層!
が存在する可能性が明らかになっています。
渡辺満久教授など変動地形学の専門家グループが、六ヶ所村現地の調査に
よって、活断層特有の地形を確認したと発表しています。これに対して
日本原燃は、工場敷地内には活断層は存在せず、施設の耐震安全性は十分
に確保しているとホームページ等で否定しています。本当はどうなの???
大学習会では、渡辺先生から六ヶ所村の活断層についてじっくりお話を伺い、
再処理工場の耐震安全性を考えます。

(参考資料)
*渡辺教授の学会発表傍聴記「浦底断層(敦賀原発)と六ヶ所の活構造」について
http://www.cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=658

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


posted by momotomo at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。