2008年06月18日

@プルトニウムが首都高速を通過した日「週刊スパ SPA! 6/24号、A通販生活7月号 

輸送中 渋谷 2.jpg

輸送中 渋谷 1.jpg

みなさんへ

こんばんは。
ももんがの井上です。

昨日の朝、通勤途中に「週刊スパ SPA! 6/24号 」 
の中吊り広告を見かけました。

30歳で貯金300万円達成者の共通点という字に目が釘付けに。

(わたし・・・そんなに持ってませんよ。とほっ。
ももんがの大量在庫が、わたしの財産ですか・・そんな感じで目に飛び込んできたわけです)

が、中吊り広告の結構目立つ、ちょうど真ん中へんに、

****************************
茨城→東京→名古屋→福井を通過した14時間を激写
プルトニウムが首都高速を通過した日

長崎型爆弾18個分のプルトニウムがトラックで本州を横断!

「もんじゅ」運転再開に向けた核物質の“隠密輸送”に密着

****************************
とありました。

扶桑社・スパ さん のHP:
http://spa.fusosha.co.jp/
http://spa.fusosha.co.jp/weekly/ent_4408.php

こちらは、先月5月15日に、首都高速を通過したプルトニウムを輸送した際の記事です。

多くのマスコミが(多分)だんまりしてたところ、
掲載してくれてほんとうにありがたいです。。。


NHKのカメラマンの方も撮影に来られたようなのですが、
実際には、映像として日の目を見てないんですよね?
わたしテレビを持っていない為、あまり分かってませんが・・・)

SPA!6/24号、特集記事を読みくださいね。

そして、内容がよかったよ!とか、
この部分が特に感動した!とか、
視点が新しかった。とか、
もっと○○が知りたかったよ。とか、
それぞれの思いを、勇気ある掲載に感謝の気持ちを添えて、
特集を組んでくれた記者さん、掲載OKしてくれた出版社さんに、
メールやFAXをどうぞお願いします。

-----------------------------------------------------

 まだ、「六ヶ所村ラプソディー」などを見ていなかったり、
 再処理工場って何?プルトニウムってなんだ?とおっしゃる方へ


プルトニウムは、長崎型の原爆の材料になります。
これは「たった1gで吸い込んだ100万人がガンに侵されてしまうほどの猛毒物。今回運ばれたプルトニウムは推定140〜150sとのこと)

(ほんとうはこのあたりを全て、小出さんのわかりやすい講義を聴いて欲しいところです。
スロービジネススクールさんで出していらっしゃるDVDを見たり、各地の講演会で1度はお話を聴いてくださいね。

このプルトニウムで作られた燃料(原爆18個分)ですが、
今年の10月に予定されている「もんじゅ」の再稼動に向けて輸送が再開されたのだそうです。。。
(その輸送が95年12月以来、13年ぶりに行われることになり、
それを全国各地でもんじゅの稼動を心配するジャーナリストやカメラマン、脱原発グループの方々がつながって、待ち伏せや追跡を行って取材したレポートとあります)

もんじゅ。。。
六ヶ所村ラプソディーの映画を観てから、
やっと、「再処理は高速増殖炉があってなんぼ。きっても切り離せない関係。」と知りました。
それでも、もんじゅの事故後、ずーーっと止まっていたので、それをまた動かす?
えぇっ!まだやるつもりだったの?という声も聞こえてきそうです・・・

この燃料は、茨城県の東海村にある原子力関連施設で作られて、
千葉、埼玉、東京と普通に高速道路を通過して、静岡、名古屋を経由して、福井県敦賀市の高速増殖炉「もんじゅ」まで運ばれました。

小さな頃、高速道路にのってて、前にあの「原子力」マークの車が走ってて、動きもとれずで併走することになりました。
なんか、こわいな。大丈夫?ってどきどきして聞いた記憶がよみがえってきました。
ひえーー、当日は「まっ、大丈夫だろう。みんな普通だし」とか思ってしまったんだろうけど(無知だったし)、
すごく被曝してたんだなぁ(がっくり)もうやだ〜(悲しい顔)

今回も色々なMLで「今日ですよ」って教えてくださる方がいらしたり、残業の身ながら、渋谷のセルリアンタワー等に駆けつけたい心境でした。
そこでじっと待っていて、撮った写真をMLで発表してくださる方もいらして、こちらのブログでもアップしたいと思いながら、
そのままになっていました。

その写真を見たらね、前後にうっかり走ってしまっている、
一般車両の方がいて、その方々の安否(被曝)と、
長時間(14時間以上)運転したり、伴走したりしなくてはならない方の安否がとても気になってしまいました・・・。

記事によると、そのあたりを聞いても「大丈夫」という国の言い分をそのまま受け入れているようです・・・。うぅ。

そして、ほとんど報道もされないから、
誰も知らないまま、さりげな〜く、危ないプルトニウムがトン単位でトラック3台に積まれて運ばれていくこと・・・。

その事実に、「ありえないでしょう」とか、
驚いてしまうひとも多いかと思います。

再処理工場をとめたい。と思って動き出す仲間も多いですが、
原子力発電所は必要だとおもうけど。って思う方も多いと思います。

けど、原発を動かし続けたり、「もんじゅ」を動かすには、こういった核燃料を日本各地をこつこつ道路で輸送していくことが絶対必要なことなんですね。。。

「原発も、再処理施設も遠いから」と、実感が伴わない方もいらっしゃるかもしれないのですけれど(自分もそのひとりでした)、
ほんとうは、すぐそばにあっても、
そのこと自体に気づけないしくみ(変に秘密でいや)になっていることがわかりました。

 どんな星で暮らしていきたいでしょうか?
 
記事の中には、松丸さんや原子力資料情報室の伴さん、そして、小出さんと、いろいろな学習会などでお目にかかったりした方が出てきて、おおっ!と思いました。

そして、右下のほうには、本当にごく最近、5月25日に、六ヶ所の再処理工場の真下に、これまで未発見だった活断層があると指摘された、渡辺満久さんの記事、

そして、「ハコモノ行政と変わらない矛盾だらけの「原子力政策」として、ほんとうに分かりやすく原子力政策のことを伝えてくれる参議議員議員の田中康夫さんのコメント。
(最高にわかりやすく、直球すぎてて、おもしろいです。こんな風に噛み砕いて話をしてくださる)

ほんとうに、すごい特集になっていました。

他のページも、もちろんおもしろかったのですがわーい(嬉しい顔)
どうかなにげなく購入されたサラリーマンの方々も、
この特集も飛ばさないで、じっくり読んでくれますように〜。

週間スパ!を出されている、扶桑社さんは、最近、田中優さんの新書「地球温暖化/人類滅亡のシナリオは回避できるか」を出してくれましたね。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31898575

特集の取材・文・撮影という欄を見てみたら、北村尚紀さんと志葉玲さんという方。

志葉さんはイラク戦争関連のイベントで、お見かけしたこともある方でした。

ジャーナリストの 志葉 玲 (しばれい)さんのブログ:
http://reishiva.exblog.jp/

このブログにも記事のことが載っていましたので、
合わせてご覧下さいね。

もうおひとかたの、北村さんって、どんな方なのかな?と思ってたら、
小出さんの古くからのお知り合いのようでした。
納得〜!!

あらためて、色々なところでがんばっていらっしゃる方がいることに気付けて感謝♪

ほんとうに、記者の方の腕前。そして、
これまでの実力と信頼関係のなせる技なのだろうな。と思います。

もちろん、それをずっ〜と理論と実践で支えてきた、
色々な場でがんばる研究者、市民団体の方々のおかげでもあります!)

勇気ある、我慢強い人たちが、現場に飛び込んで、保守的な空気をすこしずつ「真実を知り、伝え、未来を自分で考えて決めよう!」っていうムードに、変えていくのかな。
うれしくなっちゃいましたわーい(嬉しい顔)


小出さんに、今朝、「スパ、写真も文章もいっぱい載ってました。
あとは、通販生活の記事のことも書きますね。」と報告したら、

「あの特集は、北村さんが企画してくれました。
権力とは圧倒的な力の差はあるけれど、あっちこっちにしっかりした人がいてくれることを嬉しいと思う。
そして、「通販生活」の2008年7月号についても書いてくれるとのことで、ありがとう。
茂木さんと僕の対談も載っていた。そして、それ以上に、オーガニックコットンの記事とか、中村哲さんの記事とか、素敵な記事が満載だ。180円ととても安いので、皆に読んでもらいたいです。というメールをいただきました。

オーガニックコットン(以下、OC)は、今、ももんがでも、日本各地の動物たちのSOSと魅力を伝えるのとからめて、大きなOCキャンペーンをしようと思っていました。
特集、とっても気になります。
それに、中村哲さんのプロジェクトも、ちょっと前に友人に聞いたばかり。

なお、カタログハウスにて行なわれた、小出さんと茂木さんの対談の資料(記事)をPDFファイルにしていただきました。
ご希望の方には、個別にメールでお送りします。
声をかけてください。
                       ももんが まぼ






posted by momotomo at 23:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
田中優さんの新書も、扶桑社北村さんの企画・編集によるものです。北村さんは私の尊敬する超優秀な編集者です。それでいて、すごく謙虚で偉ぶらないところがステキです。
Posted by miyumiyu at 2008年06月24日 15:55
miyumiyuさま

こんばんは!
そして、はじめまして!
エコロジー雑貨ももんがの井上と申します。
今回は、この小さなブログにお越しいただき、また、「おっ!やっぱり!」と思うような、素敵なコメントをいただきまして、
ありがとうございました。

小出さんによる、信頼している感じの手放しの褒めっぷりに加え、
さらに、miyumiyuさんの愛のあふれるコメントを拝見して、うれしくなりました。

とっても魅力的で、すばらしい仕事をなさる、北村さんと、このようなコメントを残してくださったmiyumiyuさんに、
ぜひぜひお会いしたくなっちゃいました。

スパを見せた友人が、「俺も買って職場えまわすよ」と言ってくれていたので、
ファンレターとか、ありがとうメールも出そうよ!と呼びかけています♪

わたしも、熱烈なありがとうカードを送りたいと思います。
Posted by ももんが まぼ店員(井上) at 2008年06月25日 00:49
井上さま
ありがとうございます。私はライターとしての立場で週刊SPA!の北村尚紀さんと接しています。なかなか一緒に仕事はさせていただけませんが…………。
彼は「新しい教科書」で悪名高い扶桑社の人。おそらく信条とかけはなれた職場にだいぶストレスたまっていると思いきや、「どこで仕事しようと、自分を曲げずにいられれば関係ない。自分はSPA!が好きだし、今の職場にも、自由にさせてくれる上司にも感謝している」と常々言っています。なんてカッコイイ〜。。。。!!@
想像するに、彼みたいな人は、長いものにまかれろ的な会社組織からは歓迎されないし、出世もできないと思います。だから「読者の声」をどんどん編集部に届けて、彼のような心意気ある編集者を応援しましょう!
Posted by miyumiyu at 2008年06月25日 07:16
miyumiyuさま
おはようございます。

先日、コメントをいただいた後、PC等でブログを読めない環境の仲間もいるので、
ももんがともだちネットMLの仲間に、
miyumiyuさまが書き込んでくれたコメントを読んで見て欲しいことを伝えてみました。
その後、私、直接コメントを書きこんだつもりだったのですが、、。放置してしまっていて、本当にごめんなさい・・・(あれれ?)

上記のような、北村さんの態度はほんとうにカッコいい!ですし、その背中を見て、自分を立て直ししゃんとする方、そして、「光」を感じる方も多いと思います。

MLでお伝えした後、ももんがは月に1,2回の営業日がありまして、その日のお茶会(いろんなことを話す)のときに、
「そうそう、週間SPAの北村さんの記事見せて〜」と2度ほど話題に上りました。
待ってました!

SPAの記事、それまでおしゃべりしてた方も皆真剣になって読みいります。

その後、扶桑社の教科書のことから、田中優さんのお話、そして、まだお会いしたことがないけど、北村さんへの熱い思い!をみんなと共有できました。

週刊誌だから買える人は急いで!って伝えたけれど・・・。
「だめでも、直接、バックナンバーを注文してみる!」と言って、帰ってゆきました。
その時に、北村さんの記事がとてもよいです☆って伝えてくれることで、
応援になればいいな〜と思ってます。

それも、miyumiyuさんが上記のように声を届けてくださったからこそです。

ありがとうございます。

今後とも色々と教えてください。
よろしくお願いします。

ももんが 井上(まぼ)
Posted by まぼ at 2008年07月02日 07:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。