2009年10月29日

新発売)『原子力が止まる日』 〜脱原発化を選んだドイツからのメッセージ〜

みなさま

「知ることからはじめよう」を作ってくれた、
スロービジネススクールから、
あたらしいとっても魅力的な冊子が新発売です。

先日、「土と平和の祭典」の会場で、奈々ちゃんたちの「あしたの森ブース」に遊びに行ったら、Aちゃんがニコニコ販売していました。

早速、買って読んでみました。
希望がわいてきました。

Aちゃんによると、たくさんの小学生が「うん、そっかー」とか言いながら(笑)、
お母さんに電話で相談とかしながら、
自分の小さなお財布から、買って帰ってくれたようです。

イラストもかわいいし、
とっても大きな字で、Q&A形式だし、
とっても読みやすい。

小さな子もぜひトライして欲しいなあ。

(電力会社からのエネルギーについての出前授業を、
学校で受けているらしい、小さな子たちにほどね・・・)

今、原子力産業、それを国の政策として進めていくぞ。と決めている国は、大ピンチを迎えています。
原子力を進めるほど、出てきちゃう、放射能のゴミが、まったなしに、たまってしまっているからです。
それを埋めてもいいよ。と名乗りでる街は今のところありません。

だから、今、躍起になって色々なタレントさんを使った
「原子力は安全でクリーンだよ」というメッセージを広げています。

テレビをぜんぜん観ない私でも、
電車のつり革広告にどきっとしたり、
色々な雑誌に出てきたりして、
みんな鵜呑みにしちゃうんだろうかと、
かなりげっそりしてしまう・・・。

それに対して、
本当はどうなのかな?と思っているひとに、

じっくり考える機会を(そっと)作り出してくれ、
さらなる一歩を歩ませてくれ(自分で調べ、感じる力を取り戻す)、
もっといえば、飛躍を促しちゃう、
とっても素敵な本だと思いました。

先日、放映された、NHKの「原発解体」の映像。


2009年10月11日(日)
午後9時00分〜9時58分 総合テレビ
『原発解体〜世界の現場は警告する〜』
http://www.nhk.or.jp/special/onair/091011.html#

この映像の中に、
ドイツの原発事情を取材した部分がありました。

そこで、上記の映像と併せて、こちらの冊子を読み進めていただけたら、より深まるぞ!いいぞーと思ってます。

(映像を録画したものをいただいたので、
貸し出しもします。声をかけてくださいね)

ぜひ、イベントや通販等でお手にとってぜひお求め下さい。

----------------------------------------------------

『原子力が止まる日』
〜脱原発化を選んだドイツからのメッセージ〜

1冊300円
こちらのウェブサイト(ショップ膳)で購入できます。(送料別)

http://shop.slowbusiness.org/index.php?
main_page=index&cPath=87_92_114

10冊以上の購入で割引販売もあるようです。

「六ヶ所あしたの森」や「ナマケモノ倶楽部」さんが
ブース出店している際は販売していると思いますし、
ももんがでも今後継続的に販売のお手伝いをしていきたいと思ってます!

翻訳チームの皆様、ありがとうございます♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『原子力が止まる日』
〜脱原発化を選んだドイツからのメッセージ〜

この冊子はドイツ連邦環境・自然保護・原子力安全省(BMU)の公開文書の英語版
の邦訳を、同省の許可を得てご紹介するものです。
正式版は同省が公開しているドイツ語版と英語版のみで、邦訳版の内容についての
責任はスロービジネスカンパニーにあります。

脱原発化を選んだ、ドイツからのメッセージ

(冒頭文より)
ドイツは原子力に力をいれなおすべきでしょうか?
電気料金やエネルギーの価格が値上がりし、野心的な気候保護目標、エネルギーの安定供給をめぐる議論、石油・
ガスの輸入依存度。原子力業界は、こうした課題を理由に、しきりに原子力議論の再燃を図ろうとします。
しかし、原子力ははたして気候保護に貢献するでしょうか?原子力によってエネルギー・電気料金は、確実に値下
げできるでしょうか?
ドイツ連邦環境省がこれらの疑問にお答えします。


【もくじ】

つながりマップ
原子力は「手痛い過ち」?-- 原子力産業の神話とは --

1原子力は気候変動の防止につながるの?
2原子力は「グリーンなエネルギー」?
3原子力は、地球規模での気候変動の防止に貢献するの?
4原発の運転期間が制限されるのは、なぜ?
5運転期間を延長して場合、核廃棄物の量は?
6一番古い原発の運転期間延長は可能?
7原子力は安全?
8放射性廃棄物は、どこに置いておけばいい?
9原発は世界平和を脅かすもの?
10「原子力ルネサンス」が起きている?
11原子力で、ガソリン代や暖房費が安くなるの?
12原発の運転期間を延長すると、電気料金が安くなる?
13運転期間の延長から出る利益を、再生可能エネルギーに投資できないの?
14運転期間が長期化すると、エネルギー市場にどんな影響が出るの?
15エネルギーコストは、どうすれば安定する?
16再生可能エネルギーへの切り替えに、運転期間の延長が役立つのでは?
17未来のエネルギーミックスの姿とは?
18原子力で、エネルギーの輸入依存から抜け出せる?
19原子力は、コスト効率がいいの?
20原発は、雇用を確保する?
21結論:脱原子力化は続きます







posted by momotomo at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小出裕章さんの講演会 2つ(関東・越谷、関西・梅田)

皆様

こんにちは!
ももんがの井上です。

昨晩は、「がんばれ祝島・守れ長島」という、
生物多様性どまんなかのイベントに
最前列に座って参加してきました。

主催:「がんばれ祝島!守れ長島!」集会実行委員会

もー、大興奮の映像・お話しの連続
(4人の先生のリレーとWWFの花輪さん)で、
くらくら、ドーパミンが出まくりでした。

どのお話も、原発つくるぞ。以前に、
埋め立てちゃだめだよーーって思う、自然の美しさでしたよ。。。

お話は、下記のように進行しました。

高島みどりさん(「長島の自然を守る会」)
 ↓

向井宏さん(京都大学/フィールド科学教育研究センター/海域陸域統合管理学研究部門 特任教授):日本ベントス学会
 ↓

野間直彦さん(滋賀県立大学環境学部講師)
(日本生態学会:上関アフターケア委員)
 ↓

飯田知彦さん(九州大学大学院農学研究院森林資源科学部門)
:カンムリウミスズメの瀬戸内海初確認者

---------------------------------

原発のことも、そのからくりを知ったら、
誰も、環境にいい。なんて言えないと思います。

今週末の越谷での講演会は、
初心者の方ウェルカムの学習会です。

会場は、川沿いで、とっても気持ちのよいところです。
私も、ピクニックを兼ねて参りマース!

ぜひ、聞きにいらしてくださいね!

11月の大阪・梅田での講演会は、
司法試験の塾、伊藤塾で行われるんですね!

お近くの方は、ぜひ、お誘いあわせのうえ、
ご参加下さい。


以下、転送転載歓迎!

※今週末、埼玉県の越谷市での講演です!
==========================================
 「子どもたちに残したいもの・残したくないもの」
        〜小出裕章さんの再処理ビギナー講座〜

残したいのは、青く広がる空・豊かな海・生き物の暮らせる森・・・

あなたにとって残したくないものは?

六ヶ所村再処理工場】のことを知っていますか?

 知っているあなたも知らないあなたも小出裕章さんから聞いてみませんか?


日時 10月31日 (土) 午後2時〜4時

会場 越谷市中央市民会館 会議室

住所 越谷市越ヶ谷4−1−1  п@048−966−6622

東武伊勢崎線【越谷駅】下車 東口から大きな道路を直進7分。

講師 小出裕章氏  (京都大学 助教 原子炉実験所)

参加費  500円

主催 生活クラブ生協 越ヶ谷ブロック 

お問い合わせ    
越谷センター 048−988−3912[萩原]

ブログ http://blog.goo.ne.jp/koidesensei


※平和つむぎMLより 大阪での講演を見つけました!
==========================================


□■市民社会フォーラム第52回例会のご案内■□
原発はクリーンなエネルギー?
小出裕章さん講演会

日 時 11月27日(金)18:30〜20:50(18:00開場)
会 場 伊藤塾・大阪梅田校
大阪駅より徒歩5分・阪急梅田駅より徒歩3分
大阪市北区芝田2‐7‐18 オークスエックス梅田ビル新館5階
地図URL http://www.itojuku.co.jp/20sch_umeda/map/255.html

共催 光と水☆プロジェクト 参加費500円

地球温暖化の対策のために、
「原子力は二酸化炭素を出さず、環境にやさしい」という喧伝がされていますが、
本当に原発はクリーンなエネルギーでしょうか?
瀬戸内海・田ノ浦に予定される上関原発の建設には、
住民の生活をかけた反対運動が28年も続いています。
また青森県・六ヶ所村の使用済み核燃料再処理工場では、
3度目の放射能液漏れトラブルが起きています(10/23)。
今回は、京都大学原子炉実験所の小出裕章さんに、
全国に50基以上もある原発の問題点を通して、
私たちの環境への影響やエネルギーのあり方について、
わかりやすくお話いただきます。

◆小出 裕章(こいで ひろあき)さん
京都大学原子炉実験所助手。1949年生まれ。
東北大学原子核工学科卒、同大学院修了。74年から現職。
研究テーマは、核=原子力施設による環境汚染の解明、
原子力施設事故の解析、原子力を含めたエネルギー問題など。
著書に「放射能汚染の現実を超えて」「原子力と共存できるか」など。


※お申し込みなしで、どなたでも参加できますが、
人数把握のために事前に連絡いただければ助かります。
メール civilesocietyforum@gmail.com まで
◆市民社会フォーラム
HP http://sites.google.com/site/civilesocoietyforum/
ブログ http://civilesocietyforum.com/



posted by momotomo at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イベント案内)『吉田静佳どうぶつずかん展2009』他 

みなさまへ

ももんがの井上です。


さてさて、あと少しで11月になります。
あと2ヶ月で、2009年も終る???
いろいろなやりのこし、積み残しを思い、目が遠くなりますが、
自分なりに一歩ずつ、楽しみながら歩みたいと思います。


11月になると、今年はだれだろう、どの子だろう(=どんな野生動物)?と、
思う位、『吉田静佳どうぶつずかん展2009』は、
わたしにとっても、年間行事のようになってきています。笑)

吉田静佳 さん http://www.h4.dion.ne.jp/~shizukay/
から、お知らせをいただきました。

わたしのお勤め先(職場)からも近いので、
昼休みに、一緒に観にいけまーす。

ぜひ、声をかけて下さいね。

森のテラスさんは、6ラプの上映会をしてくれたり、
高尾山のイベントをしてくれたり、
わかめちゃんがおもしろいイベントを主催してくれた時の空間ですねー。
とっても楽しくて、気持ちのよさそうな空間みたいですね。


********************************************************

★『森のテラス de 森呼吸』

日時:11月7日(土)12:00〜15:00
場所:仙川・森のテラス
(※入場料がかかります¥1,000-)

〒182-0003 東京都調布市若葉町1-32-13
☆7人の作家による、1日だけの、小さな展示&ティーパーティーイベントで
す。
☆お茶&お菓子つきです。さらに飲食物の持ち込みもOKです。

地図&詳細は
http://shin-kokyu.blogspot.com/

★『吉田静佳どうぶつずかん展2009』

日時:11月16日(月)〜21日(土)
11:00〜19:00(最終日は〜18:00)

場所:ギャラリーYOYOGI
渋谷区千駄ヶ谷4-30-1

☆いつものギャラリー代々木の11年目の個展です。
☆11/21(土)14:00〜、16:00〜(各30分程度)
鈴木敬子さんによるクラシック
ギター弾き語りライブがあります。

地図&詳細は
http://blogs.dion.ne.jp/shizukay/

********************************************************

posted by momotomo at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祝島、長島、すごすぎ☆もっと大好きになりました

みなさま

こんにちはー。

昨晩、このイベントに参加してきました。




祝島、長島の生き物たちのスライドショーを見せていただきました。
そして、真剣だったり、楽しかったり。
トークライブも堪能しました。
(時間がもっと欲しかった!)

井上は、
最前列をキープ。
感激しまくり、
身を乗り出しまくり、
メモしまくり、
祝島のお土産、カンムリウミスズメグッズ等買いまくり

生物多様性の話は興味のど真ん中なので、
やや鼻息荒くなりながら、堪能しました。

(ももんがのブースを、Bさんにおねがいしっぱなしですみませんっ)

きれいな大自然の映像、
魅力的な4名の方のトーク、
WWFの花輪さんのお話なども、
貴重な自然の魅力、
そしてそれを気にかけている人たちがすべきことを、
自分なりに考える機会をそっとくれるような、
素敵なイベントでした。

お話は、下記のように進行しました。

高島みどりさん(「長島の自然を守る会」)
 ↓

向井宏さん(京都大学/フィールド科学教育研究センター/海域陸域統合管理学研究部門 特任教授):日本ベントス学会
 ↓

野間直彦さん(滋賀県立大学環境学部講師)
(日本生態学会:上関アフターケア委員)
 ↓

飯田知彦さん(九州大学大学院農学研究院森林資源科学部門)
:カンムリウミスズメの瀬戸内海初確認者

---------------------------------

私も、自然をそのまんま残したいので、
皆さんの発信、情報を心でしっかり受取って、
次につながっていきたいなーと思いました。

懇親会でも、さらに濃いお話が聞けて、うっとり。

早速、次の上京時には、ぜひ、ももんがでもトークライブして下さい!と、熱いラブコールを個別にさせていただきました!
←相変わらずちゃっかりです。

会場では、ももんがのMLにも入ってくださっている方や、
色々な場で出会った仲間とお会いできました。
なので、みんなと一緒に
この美しい映像を観れているんだ。と思って、それもうれしかったです。


自分が 小さな生き物だったら。という視点さえ忘れなければ、
どの開発も、足元にも暮している「いのち」を見つめれば、
「もうこれ以上、こわしちゃいかんぞ。」ってやめていけると思っています。
そこで、降りていくことを選ぶこと。

まず、変わるのは 自分なんだなー、
それから色々なことが変わるんだと思ってます。

※カンムリウミスズメ、かわいすぎました。
羽が短くって、ぴよって感じ。
ペンギンのようです。

その貴重さ(たった5000羽!)、
そして、小さな小さな生き物の美しいスライドの数々。


裁判の原告としても登場している、

国の天然記念物・カンムリウミスズメ(鳥類)、

ナメクジウオ(脊索(せきさく)動物)、

ヤシマイシン近似種(貝類)
    ←感激のかわいさ。
     講義聞きながらもイラスト練習してみた。

ナガシマツボ(同)、

スギモク(海藻)

などなど。

彼らは、自然の価値を代弁する「自然の権利」を主張したけれども、裁判ではその主張は、一切無視されました。

けれど、そこにこんな貴重な仲間も住んでいるよ!という声を、
しっかりあげています。

彼らの生態調査、分布調査について、
学者の方3名からあれこれうかがえて、
動物マニア、鳥好きの魂 が呼び起こされてました(予想とおり)
長島の魅力、
そこで権力やお金に買われずに声をあげてくれている仲間の存在に、圧倒され、感謝し、深く感じ入りました。



ももんが 井上
posted by momotomo at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。