2009年10月29日

新発売)『原子力が止まる日』 〜脱原発化を選んだドイツからのメッセージ〜

みなさま

「知ることからはじめよう」を作ってくれた、
スロービジネススクールから、
あたらしいとっても魅力的な冊子が新発売です。

先日、「土と平和の祭典」の会場で、奈々ちゃんたちの「あしたの森ブース」に遊びに行ったら、Aちゃんがニコニコ販売していました。

早速、買って読んでみました。
希望がわいてきました。

Aちゃんによると、たくさんの小学生が「うん、そっかー」とか言いながら(笑)、
お母さんに電話で相談とかしながら、
自分の小さなお財布から、買って帰ってくれたようです。

イラストもかわいいし、
とっても大きな字で、Q&A形式だし、
とっても読みやすい。

小さな子もぜひトライして欲しいなあ。

(電力会社からのエネルギーについての出前授業を、
学校で受けているらしい、小さな子たちにほどね・・・)

今、原子力産業、それを国の政策として進めていくぞ。と決めている国は、大ピンチを迎えています。
原子力を進めるほど、出てきちゃう、放射能のゴミが、まったなしに、たまってしまっているからです。
それを埋めてもいいよ。と名乗りでる街は今のところありません。

だから、今、躍起になって色々なタレントさんを使った
「原子力は安全でクリーンだよ」というメッセージを広げています。

テレビをぜんぜん観ない私でも、
電車のつり革広告にどきっとしたり、
色々な雑誌に出てきたりして、
みんな鵜呑みにしちゃうんだろうかと、
かなりげっそりしてしまう・・・。

それに対して、
本当はどうなのかな?と思っているひとに、

じっくり考える機会を(そっと)作り出してくれ、
さらなる一歩を歩ませてくれ(自分で調べ、感じる力を取り戻す)、
もっといえば、飛躍を促しちゃう、
とっても素敵な本だと思いました。

先日、放映された、NHKの「原発解体」の映像。


2009年10月11日(日)
午後9時00分〜9時58分 総合テレビ
『原発解体〜世界の現場は警告する〜』
http://www.nhk.or.jp/special/onair/091011.html#

この映像の中に、
ドイツの原発事情を取材した部分がありました。

そこで、上記の映像と併せて、こちらの冊子を読み進めていただけたら、より深まるぞ!いいぞーと思ってます。

(映像を録画したものをいただいたので、
貸し出しもします。声をかけてくださいね)

ぜひ、イベントや通販等でお手にとってぜひお求め下さい。

----------------------------------------------------

『原子力が止まる日』
〜脱原発化を選んだドイツからのメッセージ〜

1冊300円
こちらのウェブサイト(ショップ膳)で購入できます。(送料別)

http://shop.slowbusiness.org/index.php?
main_page=index&cPath=87_92_114

10冊以上の購入で割引販売もあるようです。

「六ヶ所あしたの森」や「ナマケモノ倶楽部」さんが
ブース出店している際は販売していると思いますし、
ももんがでも今後継続的に販売のお手伝いをしていきたいと思ってます!

翻訳チームの皆様、ありがとうございます♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『原子力が止まる日』
〜脱原発化を選んだドイツからのメッセージ〜

この冊子はドイツ連邦環境・自然保護・原子力安全省(BMU)の公開文書の英語版
の邦訳を、同省の許可を得てご紹介するものです。
正式版は同省が公開しているドイツ語版と英語版のみで、邦訳版の内容についての
責任はスロービジネスカンパニーにあります。

脱原発化を選んだ、ドイツからのメッセージ

(冒頭文より)
ドイツは原子力に力をいれなおすべきでしょうか?
電気料金やエネルギーの価格が値上がりし、野心的な気候保護目標、エネルギーの安定供給をめぐる議論、石油・
ガスの輸入依存度。原子力業界は、こうした課題を理由に、しきりに原子力議論の再燃を図ろうとします。
しかし、原子力ははたして気候保護に貢献するでしょうか?原子力によってエネルギー・電気料金は、確実に値下
げできるでしょうか?
ドイツ連邦環境省がこれらの疑問にお答えします。


【もくじ】

つながりマップ
原子力は「手痛い過ち」?-- 原子力産業の神話とは --

1原子力は気候変動の防止につながるの?
2原子力は「グリーンなエネルギー」?
3原子力は、地球規模での気候変動の防止に貢献するの?
4原発の運転期間が制限されるのは、なぜ?
5運転期間を延長して場合、核廃棄物の量は?
6一番古い原発の運転期間延長は可能?
7原子力は安全?
8放射性廃棄物は、どこに置いておけばいい?
9原発は世界平和を脅かすもの?
10「原子力ルネサンス」が起きている?
11原子力で、ガソリン代や暖房費が安くなるの?
12原発の運転期間を延長すると、電気料金が安くなる?
13運転期間の延長から出る利益を、再生可能エネルギーに投資できないの?
14運転期間が長期化すると、エネルギー市場にどんな影響が出るの?
15エネルギーコストは、どうすれば安定する?
16再生可能エネルギーへの切り替えに、運転期間の延長が役立つのでは?
17未来のエネルギーミックスの姿とは?
18原子力で、エネルギーの輸入依存から抜け出せる?
19原子力は、コスト効率がいいの?
20原発は、雇用を確保する?
21結論:脱原子力化は続きます





posted by momotomo at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小出裕章さんの講演会 2つ(関東・越谷、関西・梅田)

皆様

こんにちは!
ももんがの井上です。

昨晩は、「がんばれ祝島・守れ長島」という、
生物多様性どまんなかのイベントに
最前列に座って参加してきました。

主催:「がんばれ祝島!守れ長島!」集会実行委員会

もー、大興奮の映像・お話しの連続
(4人の先生のリレーとWWFの花輪さん)で、
くらくら、ドーパミンが出まくりでした。

どのお話も、原発つくるぞ。以前に、
埋め立てちゃだめだよーーって思う、自然の美しさでしたよ。。。

お話は、下記のように進行しました。

高島みどりさん(「長島の自然を守る会」)
 ↓

向井宏さん(京都大学/フィールド科学教育研究センター/海域陸域統合管理学研究部門 特任教授):日本ベントス学会
 ↓

野間直彦さん(滋賀県立大学環境学部講師)
(日本生態学会:上関アフターケア委員)
 ↓

飯田知彦さん(九州大学大学院農学研究院森林資源科学部門)
:カンムリウミスズメの瀬戸内海初確認者

---------------------------------

原発のことも、そのからくりを知ったら、
誰も、環境にいい。なんて言えないと思います。

今週末の越谷での講演会は、
初心者の方ウェルカムの学習会です。

会場は、川沿いで、とっても気持ちのよいところです。
私も、ピクニックを兼ねて参りマース!

ぜひ、聞きにいらしてくださいね!

11月の大阪・梅田での講演会は、
司法試験の塾、伊藤塾で行われるんですね!

お近くの方は、ぜひ、お誘いあわせのうえ、
ご参加下さい。


以下、転送転載歓迎!

※今週末、埼玉県の越谷市での講演です!
==========================================
 「子どもたちに残したいもの・残したくないもの」
        〜小出裕章さんの再処理ビギナー講座〜

残したいのは、青く広がる空・豊かな海・生き物の暮らせる森・・・

あなたにとって残したくないものは?

六ヶ所村再処理工場】のことを知っていますか?

 知っているあなたも知らないあなたも小出裕章さんから聞いてみませんか?


日時 10月31日 (土) 午後2時〜4時

会場 越谷市中央市民会館 会議室

住所 越谷市越ヶ谷4−1−1  п@048−966−6622

東武伊勢崎線【越谷駅】下車 東口から大きな道路を直進7分。

講師 小出裕章氏  (京都大学 助教 原子炉実験所)

参加費  500円

主催 生活クラブ生協 越ヶ谷ブロック 

お問い合わせ    
越谷センター 048−988−3912[萩原]

ブログ http://blog.goo.ne.jp/koidesensei


※平和つむぎMLより 大阪での講演を見つけました!
==========================================


□■市民社会フォーラム第52回例会のご案内■□
原発はクリーンなエネルギー?
小出裕章さん講演会

日 時 11月27日(金)18:30〜20:50(18:00開場)
会 場 伊藤塾・大阪梅田校
大阪駅より徒歩5分・阪急梅田駅より徒歩3分
大阪市北区芝田2‐7‐18 オークスエックス梅田ビル新館5階
地図URL http://www.itojuku.co.jp/20sch_umeda/map/255.html

共催 光と水☆プロジェクト 参加費500円

地球温暖化の対策のために、
「原子力は二酸化炭素を出さず、環境にやさしい」という喧伝がされていますが、
本当に原発はクリーンなエネルギーでしょうか?
瀬戸内海・田ノ浦に予定される上関原発の建設には、
住民の生活をかけた反対運動が28年も続いています。
また青森県・六ヶ所村の使用済み核燃料再処理工場では、
3度目の放射能液漏れトラブルが起きています(10/23)。
今回は、京都大学原子炉実験所の小出裕章さんに、
全国に50基以上もある原発の問題点を通して、
私たちの環境への影響やエネルギーのあり方について、
わかりやすくお話いただきます。

◆小出 裕章(こいで ひろあき)さん
京都大学原子炉実験所助手。1949年生まれ。
東北大学原子核工学科卒、同大学院修了。74年から現職。
研究テーマは、核=原子力施設による環境汚染の解明、
原子力施設事故の解析、原子力を含めたエネルギー問題など。
著書に「放射能汚染の現実を超えて」「原子力と共存できるか」など。


※お申し込みなしで、どなたでも参加できますが、
人数把握のために事前に連絡いただければ助かります。
メール civilesocietyforum@gmail.com まで
◆市民社会フォーラム
HP http://sites.google.com/site/civilesocoietyforum/
ブログ http://civilesocietyforum.com/



posted by momotomo at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イベント案内)『吉田静佳どうぶつずかん展2009』他 

みなさまへ

ももんがの井上です。


さてさて、あと少しで11月になります。
あと2ヶ月で、2009年も終る???
いろいろなやりのこし、積み残しを思い、目が遠くなりますが、
自分なりに一歩ずつ、楽しみながら歩みたいと思います。


11月になると、今年はだれだろう、どの子だろう(=どんな野生動物)?と、
思う位、『吉田静佳どうぶつずかん展2009』は、
わたしにとっても、年間行事のようになってきています。笑)

吉田静佳 さん http://www.h4.dion.ne.jp/~shizukay/
から、お知らせをいただきました。

わたしのお勤め先(職場)からも近いので、
昼休みに、一緒に観にいけまーす。

ぜひ、声をかけて下さいね。

森のテラスさんは、6ラプの上映会をしてくれたり、
高尾山のイベントをしてくれたり、
わかめちゃんがおもしろいイベントを主催してくれた時の空間ですねー。
とっても楽しくて、気持ちのよさそうな空間みたいですね。


********************************************************

★『森のテラス de 森呼吸』

日時:11月7日(土)12:00〜15:00
場所:仙川・森のテラス
(※入場料がかかります¥1,000-)

〒182-0003 東京都調布市若葉町1-32-13
☆7人の作家による、1日だけの、小さな展示&ティーパーティーイベントで
す。
☆お茶&お菓子つきです。さらに飲食物の持ち込みもOKです。

地図&詳細は
http://shin-kokyu.blogspot.com/

★『吉田静佳どうぶつずかん展2009』

日時:11月16日(月)〜21日(土)
11:00〜19:00(最終日は〜18:00)

場所:ギャラリーYOYOGI
渋谷区千駄ヶ谷4-30-1

☆いつものギャラリー代々木の11年目の個展です。
☆11/21(土)14:00〜、16:00〜(各30分程度)
鈴木敬子さんによるクラシック
ギター弾き語りライブがあります。

地図&詳細は
http://blogs.dion.ne.jp/shizukay/

********************************************************

posted by momotomo at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祝島、長島、すごすぎ☆もっと大好きになりました

みなさま

こんにちはー。

昨晩、このイベントに参加してきました。




祝島、長島の生き物たちのスライドショーを見せていただきました。
そして、真剣だったり、楽しかったり。
トークライブも堪能しました。
(時間がもっと欲しかった!)

井上は、
最前列をキープ。
感激しまくり、
身を乗り出しまくり、
メモしまくり、
祝島のお土産、カンムリウミスズメグッズ等買いまくり

生物多様性の話は興味のど真ん中なので、
やや鼻息荒くなりながら、堪能しました。

(ももんがのブースを、Bさんにおねがいしっぱなしですみませんっ)

きれいな大自然の映像、
魅力的な4名の方のトーク、
WWFの花輪さんのお話なども、
貴重な自然の魅力、
そしてそれを気にかけている人たちがすべきことを、
自分なりに考える機会をそっとくれるような、
素敵なイベントでした。

お話は、下記のように進行しました。

高島みどりさん(「長島の自然を守る会」)
 ↓

向井宏さん(京都大学/フィールド科学教育研究センター/海域陸域統合管理学研究部門 特任教授):日本ベントス学会
 ↓

野間直彦さん(滋賀県立大学環境学部講師)
(日本生態学会:上関アフターケア委員)
 ↓

飯田知彦さん(九州大学大学院農学研究院森林資源科学部門)
:カンムリウミスズメの瀬戸内海初確認者

---------------------------------

私も、自然をそのまんま残したいので、
皆さんの発信、情報を心でしっかり受取って、
次につながっていきたいなーと思いました。

懇親会でも、さらに濃いお話が聞けて、うっとり。

早速、次の上京時には、ぜひ、ももんがでもトークライブして下さい!と、熱いラブコールを個別にさせていただきました!
←相変わらずちゃっかりです。

会場では、ももんがのMLにも入ってくださっている方や、
色々な場で出会った仲間とお会いできました。
なので、みんなと一緒に
この美しい映像を観れているんだ。と思って、それもうれしかったです。


自分が 小さな生き物だったら。という視点さえ忘れなければ、
どの開発も、足元にも暮している「いのち」を見つめれば、
「もうこれ以上、こわしちゃいかんぞ。」ってやめていけると思っています。
そこで、降りていくことを選ぶこと。

まず、変わるのは 自分なんだなー、
それから色々なことが変わるんだと思ってます。

※カンムリウミスズメ、かわいすぎました。
羽が短くって、ぴよって感じ。
ペンギンのようです。

その貴重さ(たった5000羽!)、
そして、小さな小さな生き物の美しいスライドの数々。


裁判の原告としても登場している、

国の天然記念物・カンムリウミスズメ(鳥類)、

ナメクジウオ(脊索(せきさく)動物)、

ヤシマイシン近似種(貝類)
    ←感激のかわいさ。
     講義聞きながらもイラスト練習してみた。

ナガシマツボ(同)、

スギモク(海藻)

などなど。

彼らは、自然の価値を代弁する「自然の権利」を主張したけれども、裁判ではその主張は、一切無視されました。

けれど、そこにこんな貴重な仲間も住んでいるよ!という声を、
しっかりあげています。

彼らの生態調査、分布調査について、
学者の方3名からあれこれうかがえて、
動物マニア、鳥好きの魂 が呼び起こされてました(予想とおり)
長島の魅力、
そこで権力やお金に買われずに声をあげてくれている仲間の存在に、圧倒され、感謝し、深く感じ入りました。



ももんが 井上
posted by momotomo at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

転載)「犬と猫と人間と」ニュース Vol.9 2009.10.26

popomi.jpg

ぽぽみからも、おねがいします
映画「犬と猫と人間と」を、ぜひお子さんと一緒に、
ご家族を誘って観にいってくださいね♪


みなさまへ

こんばんは。
ももんがの井上です。

「犬と猫と人間と」、やっぱりとってもおすすめの映画です。
10日の公開後、ちょこちょこと友人に声をかけ、あの手この手で、
宣伝中です(応援団員を自認)

今日は、母と姉が観に行ってくれています。

どんな感想を聞けるかな?!

こちらのお知らせを観てくれた、
各地の友だちから、「お勧めの映画、観てきたよ」って、
感想をいただけると、ほんとうにうれしいです。

「私の町でも、今度やるってさ!」とか、
「チケットを預かる応援団に私もなったよー」なんて声もうれしく。

私は小西さんの絵葉書セット2部(お手紙描いてお誘い予定)
や、パンフレットを2部、
2度目にみたときに、なぜ稲葉さんは、飯田監督におねがいするって決めたんだろう。という気持ちが高まり、
映画「あしがらさん」のDVDとパンフレットも買いました☆
(速攻見て、納得した次第)


25日(日)、私は多摩動物園の帰りに、
いつものように、ギンレイホールに1本映画をふらっと観に行きました。
常にバッグに入れている、応援用のチラシファイルに入れていた、
この映画のチラシ2種を、肝心のスポット、ギンレイホールさんに置いていただき忘れていたことを思い出しました。

おずおずと、とってもいそがしくされていた職員の方にチラシをおきたい旨をお伝えしたのですが、
とっても気持ちよく受取ってくださり、
「この作品のチラシは、別の方も持ってきてくださっていますよ。
 でも、ちょうどもう無いかな。」
とおっしゃり、若いスタッフさんが、すぐに棚に入れてみせてくれました。
他の仲間も既に置いてもらいに来てくれていたことにもじーんとしましたし、
この映画館は長年のファンも多く(私もギンレイ会員9年目です)、
長蛇の列のお客さんたちは、みーんな映画ファンの方という位、
濃い特別な感じの空間なんです。

みなさんに、選んで観ていただけますよう!
まずはチラシを受取って〜〜〜!と念じながら(笑)、
列の後ろについたところ、前の方の手が次々に伸び、
かわいい猫と犬の写真(写真家の小西修さん撮影)にひかれてくれていました。

[六ヶ所村ラプソディー」の映画チラシも、
おねがいしにいったときと、
同じ気持ちで、これからもコツコツ行こう。って、
あらためて思いました。


以下、転載させていただきます。

飯田監督発信の メルマガです。

杉本彩さんやマルコ・ブルーノさん、穴沢賢さんのトークもあるなら、
私も3回目を見に行こうかな!!


******************************
  「犬と猫と人間と」ニュース Vol.9 2009.10.26
    http://www.inunekoningen.com/

     発行:映像グループ ローポジション/合同会社東風
******************************

-----------------------------------------------------------
  1.渋谷・ユーロスペースにて絶賛公開中!
-----------------------------------------------------------

●公開期間&追加ゲストの決定!

ユーロスペースでの公開が11月20日(金)までと決定しました。
10/10から6週間やらせてもらえることとなります。
これも応援して下さる皆様のおかげです。
ぜひお早めに足を運んで下さるよう、お願いいたします。

そして、11月のゲストの発表です。

●11/5(木)13:40の回終了後に杉本彩さん(女優/作家)

●11/8(日)16:10の回上映後にマルコ・ブルーノさん(出演者)

●11/14(土)16:10の回上映後に穴澤賢さん(ブログ「富士丸な日々」)

●11/15(日)16:10の回上映後には、本作のスタッフである、
 土屋トカチさん&常田高志さん

となりました。いずれも監督・飯田とのトークになります。

●10/31(土)16:10の回上映後に竹内薫さん(猫好き科学作家)

もありますので、ぜひふるってご参加ください。

※イベント内容、ゲストはやむをえない都合により変更になる場合
があります。最新情報はオフィシャルサイトにてご確認ください。

上映時間:11:10/13:40/16:10/18:40→20:45
※11/10(火)18:40の回は休映となります。

-----------------------------------------------------------
  2.「犬と猫と人間と」応援団の募集!
-----------------------------------------------------------

■ユーロスペースでの前売り券をお預かり下さっている方々、
チケット販売にご協力頂き、本当にありがとうございます。
心から感謝しております。
お預かりして頂いているチケットですが、劇場公開が始まってから
の販売も構いませんので、お手数をおかけしますが引き続きお願
いできましたら幸いです。

東風でのチケット販売やチケット委託も引き続き行っていきます。
お願いできる方がいましたら、ぜひ以下にご注文下さい。

配給:東風 TEL:03-5155-4362 FAX:03-5155-4364
   E-mail:info@inunekoningen.com

※東風が移転をしました。10/26より下記に変更にしました。

〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-42-11 カーサ新宿705号室
TEL:03-5155-4362 FAX:03-5155-4364
E-mailは以前と変わりありません。

■チラシ配布のお願い
劇場公開中も、東京近郊でチラシ配布にご協力頂ける方を
募集しています!
必要枚数をお知らせ頂けましたら、こちらより発送いたします。
またポスターもB2サイズ、B3サイズの2種類を用意しています。
貼れる場所に心当たりのある方もぜひご連絡ください。

●横浜でのチラシ配布ご協力いただける方を大募集!!
11/28から上映されます横浜シネマジャック&ベティ用のチラシが
今週末を目処で完成予定です。
ついては、チラシ配布ご協力いただける方を大募集します。info@inunekoningen.comまでお問い合わせ下さい。

●大阪第七藝術劇場でのチラシ配布していただける方も募集して
います。info@inunekoningen.comまでお問い合わせ下さい。

他地域に関しては決まり次第、随時ご案内させて頂きます。

-----------------------------------------------------------
  3.その他の劇場情報!
-----------------------------------------------------------
●11/7(土)からの名古屋シネマテーク上映の初日に、監督・飯田の
舞台挨拶が決定しました。詳細はまた後日発表します。

●大阪・京都での上映開始日が11/21に決定しました。
 金沢シネモンドでも上映が決定しました!

<現在上映中!>
10/17〜  新潟県 十日町シネマパラダイス  TEL:025-752-7505

<間もなく公開!>
11/7〜  愛知県 名古屋シネマテーク    TEL:052-733-3959
     7日(土)〜13日(金)→14:15/16:20/18:30
 14日(土)〜20日(金)→朝10:30の上映となります。

11/21〜  岡山県 シネマクレール  TEL:086-231-0019
11/21〜  広島県 横川シネマ  TEL:082-231-1001
11/21〜  大阪府 第七藝術劇場   TEL:06-6302-2073
11/21〜  京都府 京都みなみ会館   TEL:075-661-3993
11/28〜  神奈川 シネマ・ジャック&ベティ TEL:045-243-9800 
12/5〜  北海道 シアターキノ   TEL:011-231-9355
12/5〜  福岡県 KBCシネマ1・2 TEL:092-751-4268
12/5〜  神奈川 川崎市アートセンター  TEL:044-955-0107
12/7〜  愛媛県 シネマルナティック  TEL:089-933-9240
12/12〜  兵庫県 神戸アートビレッジセンター :078-512-5500
12/12〜  徳島県 シネアルテ  TEL:088-632-2239
12/12〜  富山県 フォルツァ総曲輪 TEL:076-493-8815

1/16,17  長野県 松本シネマセレクト TEL:0263-98-4928
来年1月  静岡県 浜松 CINEMAe_ra  TEL:053-489-5539
来年1月  新潟県 新潟シネウインド  TEL:025-243-5530
来年1月  北海道 苫小牧シネマトーラス  TEL:0144-37-8182
来年1月  群馬県 シネマテークたかさき TEL:027-325-1744

まだ今後も増える予定です!

-----------------------------------------------------------
  4.ローポジション関連情報!
-----------------------------------------------------------

●ローポジション作品「フツーの仕事がしたい」(監督:土屋トカチ)
 ロンドンでベスト・ドキュメンタリー賞を受賞!
 各地で上映会もあります。
 詳しくは、http://nomalabor.exblog.jp/

●11/1(日)「あしがらさん」上映と監督・飯田トークあります!
 SundayLAB 第107回定例勉強会
「社会問題とドキュメンタリー映画(仮)」
 プレゼンター:飯田基晴さん
 (ホームレス問題から、捨て犬猫問題に至るまでを語ります)
 日時:11/1(日) 14:00-17:00 
 会場:大久保地域センター 会議室A 定員60名
 参加費:800円
 参加登録の受付は、以下からサンラボサイトからよろしく
 お願いします。http://sundaylab.jp/apply/

●飯田プロデュースのDVD「ホームレス」と出会う子どもたち
 11/21東京&11/28大阪にて完成記念上映&トークライブ!
 詳しくは、 http://lowposi.jugem.jp/

-----------------------------------------------------------
▼mixi内の「犬と猫と人間と」コミュニティもぜひ!▼
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4013137

▼最新情報はグループ ローポジションのブログで随時更新▼
 blog: http://lowposi.jugem.jp/

■自主上映に関しては、各地の劇場公開との兼ね合いを見ながら、
ご相談させて頂いております。
また自主上映の受付先が東風に変更しました。

■DVDパッケージの発売は劇場公開終了後となります。

■以上、転送歓迎です。
posted by momotomo at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日10/28(水)夜 のイベント:「がんばれ祝島!守れ長島!」集会

みなさま
こんばんは。

ご無沙汰してます。
ももんがの井上です。

明日のイベントのご案内をさせていただきます・・・

昨晩、ようやく NHKの「原発解体」10/11放送 を観ました。

あーーーー。(いろいろありすぎて書けない・・・けど、作ってくださった方にほんとうに感謝です)

いっそう強く、命をこわさない方向を、
まずは自分からしっかりと見据えて、
目指してゆきたい。と思ってます。

※優等生みたいなコメントになっちゃった

⇒ 11/3の午後に、上記映像を含めた、
上映会(ちび)+ももんがお茶会をやります。
小出ゼミ合宿の簡単レポート報告も。

まだ、映像を観てないひとは、ぜひ足を運んで下さいね。
順番に貸し出しもしまーす。

さて、本題に。
-------------------------

澤井さんからお誘いで、明日のイベントです。
ひとりでも多くの方に参加していただきたいです。

ももんが井上も、
職場の仕事を定時に切り上げて(大丈夫か?)
ダッシュで移動予定。

みほこさん、みんとさん、雪子さんのオリジナルすなめりグッズを持って、ちょっとだけ、机をお借りして、
ももんがのお店を広げさせていただきます。

もちろん、お店として出店っていうことより、
元々、生物多様性の問題は、ももんがの興味のど真ん中なので。

スピーカーの方のお話が楽しみです。

これまで原発の話は遠いよーと思っていたお友達も、
動物好きだったり、
綺麗な海が残したいって方は、多いと思います。
ぜひぜひご参加下さい。


【転載大歓迎】

皆さま
澤井@CNICです。

田ノ浦(上関原発建設予定地)、長島(田ノ浦を含む島)の生物多様性を
紹介する緊急集会が、急遽決定いたしましたのでお知らせいたします。

--------------------------------------------------------------------
10月28日(水) 18:00〜21:00

総評会館2階204会議室(JRお茶の水、東京メトロ新お茶の水下車)

http://www.sohyokaikan.or.jp/access/

資料代¥1000

18:00〜 埋め立て工事着工阻止の闘いのニュース映像等上映します。

18:30〜
飯田知彦さん(九州大学大学院農学研究院森林資源科学部門)
:カンムリウミスズメの瀬戸内海初確認者
向井宏さん(京都大学/フィールド科学教育研究センター/海域陸域統合管理学研
究部門 特任教授):日本ベントス学会
野間直彦さん(滋賀県立大学環境学部講師)(日本生態学会:上関アフターケア
委員)
高島みどりさん(「長島の自然を守る会」)
*スピーカーは、変更の可能性があります。


主催:「がんばれ祝島!守れ長島!」集会実行委員会
連絡先:原子力資料情報室(担当:澤井・永井)
〒162-0065 東京都新宿区住吉町8-5曙橋コーポ2階B
TEL:03-3357-3800  FAX:03-3357-3801


【各スピーカーのプロフィール、研究分野等は下記をご参照ください】

■飯田知彦さん(九州大学大学院農学研究院森林資源科学部門)
「カンムリウミスズメ」について
http://www3.ocn.ne.jp/~kumataka/umisuzume-menu.html

■日本鳥学会
「衆議院環境委員会における環境省総合環境政策局長の答弁に関する意見と要望」
http://wwwsoc.nii.ac.jp/osj/japanese/materials/Iken&Youbo_2009.pdf
「上関原子力発電所計画地点における鳥類生息状況調査結果開示の要請について」
http://wwwsoc.nii.ac.jp/osj/japanese/NotificationMain.html#Chuden_2009Aug

■向井 宏さん
(京都大学/フィールド科学教育研究センター/海域陸域統合管理学研究部門 特
任教授)
(日本ベントス学会)(北海道大学名誉教授)、
http://www.fserc.kyoto-u.ac.jp/icm/mukai.html

■日本ベントス学会
「上関原子力発電所建設計画に関する詳細調査・環境影響評価についての要望
書」(2005/11/11)
http://www.benthos-research.info/menu4.html

■野間直彦さん(滋賀県立大学環境学部環境学科講師)(日本生態学会:)
http://www.ses.usp.ac.jp/ses/seitai/kenkyushitsu/noma.html

■日本生態学会
「上関原子力発電所建設予定地の自然の保全に関する要望書」
http://www.esj.ne.jp/esj/ESJ_NConsv/2000Kaminoseki.html

■高島みどりさん(長島の自然を守る会)
http://www2.ocn.ne.jp/~haguman/nagasima.htm

【関連情報】
■日本弁護士連合会:上関原発問題現地調査報告書(2002年)
http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/report/2002_13.html

【関連リンク】
■上関原発を建てさせない祝島島民の会(署名用紙:ダウンロードできます)
http://shimabito.net/

■祝島市場
http://www5d.biglobe.ne.jp/~jf-iwai/

■祝島ホームページ
http://www.iwaishima.jp/

主催:「がんばれ祝島!守れ長島!」集会実行委員会
連絡先:原子力資料情報室(担当:澤井・永井)
〒162-0065 東京都新宿区住吉町8-5曙橋コーポ2階B
TEL:03-3357-3800  FAX:03-3357-3801

----------------------------------------------------------------
*集会への個人の賛同(¥1000)、団体の賛同を(¥3000)を募集しています。

賛同いただける個人、団体は、個人・団体名と都道府県名、賛同金入金の方法を
明記のうえ下記メールアドレスにご連絡ください。 

賛同金について

(1)郵便振替:
「がんばれ祝島!守れ長島!」集会賛同の旨明記し、下記郵便振替口座にご送金
ください。(領収書が必要な場合もその旨、明記ください)

(2)集会当日払:
集会会場でも賛同金を受け付けます。 ←ももんがともだちネットもこちら☆

賛同の連絡先:(原子力資料情報室)
郵便振替:00140-3-63145 加入者名:原子力資料情報室

====================================
posted by momotomo at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すこしずつ色づき・・・

IMG_0351 紅葉2.jpg

週末にひさしぶりに、ともだち と高尾山に行きました。

いつものように気持ちのよい場所。

すこし色づいていました


IMG_0350 紅葉.jpg


画像は一緒に登った、Rさんがくれたものです。
ありがとう♪



posted by momotomo at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

10/17 09秋のとめげん講演会 『ひかりとかぜが拓くエネルギー』

石田さんから、お誘いが届きました。

**********

09秋のとめげん講演会 ひかりとかぜが拓くエネルギー

時間 10月17日土曜 午後6時から 
講師 飯田 哲也さん(環境エネルギー政策研究所)
会場 北沢タウンホール11階 研修室
(小田急線・井の頭線 下北沢駅下車 徒歩5分)
資料代 500円(予約不要)

政権交代が実現し、各政策分野で自民公明両党連立政権時代の政策の見直しや予
算の執行停止がはじまっています。いよいよ原子力産業界と自民党政権との長い
因縁が終わろうとしています。〈脱原発〉を市民の側から主張し続けてきた私た
ちにとっても、今後はエネルギー政策の動向についてはより大きな関心をもって
声をあげていく必要がある時代にさしかかっているのではないでしょうか。
「自然エネルギー利用促進」が大枠としても新エネルギーといわれているものを
どのように利用してゆくことが適切なのか、日々の暮らしと自然エネルギーはど
のようにつながってくるのか。この分野の第一人者である環境エネルギー政策研
究所の飯田哲也さんに講演をお願いしました。

主催;とめよう原発せたがやネットワーク 3702−3895

posted by momotomo at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(ご案内)10/13〜18日: Touch the Hitomi、17日:鎌仲ひとみトーク×松谷冬太ライブ

みっちんから、
ももんがともだちネットMLに
素敵なお誘いが届きましたよ!

大好きな鎌仲さんの色々な作品に触れることができる、
貴重な機会です。

Touch the Hitomi って、タイトルがいいなー。

かまなかさんは、日本各地で、みんなに色々な映像を見せてくれて、
真剣なトークを聞かせてくれる。
そして、同時に、超きもちいい笑顔で、みんなをぎゅっと抱きしめ、
励ましてくれる人。
6ラプに触れた人は、みんなかまなかさんの大らかさに、
包まれているから、現実にへこたれることなく、
次の一歩を自分らしく進めていけてるんだと思ってます。

ぜひ、足をお運び下さいー。

PS 早速、「エンデの遺言」観てきたよーって、
友達がメールをくれました。

とっても元気が出ちゃうらしいです。
ごくりん。

私も、見に行くぞ!

(ってことで、秋葉原→日比谷ルートは決定です)

みっちんたちの展示では、とまべじさんの田んぼのお写真もあるみたい。。。


みなさま、よい週末をお過ごし下さい♪

                    ももんが まぼ

*****************

お知らせをさせてください。

18日まで秋葉原のギャラリーで鎌仲さんの上映展を
開催させていただいています。

http://888earth.net/staffblog/

急遽開催が決まり、あわただしく決まり準備させていただいたのですが、
8月に大阪で開催された、祝島 ひと くらし[アマチュア写真展]から
今回写真を出力・パネルにしてわけていただき、展示させていただきました。

東京の花田さんにお願いして
長島の自然を守る会より写真をお借りし展示させていただきました。

祝島のアマチュア写真は
そこに根をおろし、暮らしている人だからこその瞬間だと思いました。
日常の営みや島の風景が、はっとするほど美しく、何気ない日々の暮らし、
大切なもの、大切にしたいことが伝わってきます。

この写真を今後も東京の上映会等で活用させていただき、
祝島のこと、上関原発のことをすこしでもお伝えできたらと思っています。
みんなに見てほしい。

会期中、午前中は以前NHKで放送した番組「エンデの遺言」を無料上映しています◎

午前中と写真展は無料で入れるのでお時間がありましたらぜひお越しください。

*17日の夕方からは鎌仲の20代の処女作「スエチャおじさん バリ・夢・うつつ」を上映し、
当日祝島より戻った鎌仲のトーク、松谷さんのライブと交流会を開催します。

バリの映像は、淡々と暮らす日常の営みの中に
バリの神様や伝統文化が親から子へと受け継がれている様が
淡々とありのままに映されています。主人公のスエチャに神様が宿り
踊るシーンは、祝島の神舞と重なるなぁと、先日はじめて観たときに感じました。

鎌仲さんがこれまでに映画制作で関わり現在も支援しつづけている
イラクの子どもたちの絵画や、六ヶ所あしたの森の植樹の様子、
青森の天手子米の写真も展示させていただきました。

改めて写真をながめながら、取材で訪れた現場はどこも解決しておらず、
現在もさまざまな課題を抱えていますが、
今起きていることをつなげて見て考えながら、
これからも映画制作と上映活動を行っていきたいと思いました。
みなさん今後ともどうぞよろしくお願い致します。

*18日には土と平和の祭典に出店します。

こちらでも署名や上関原発のことを伝えていきたいと思っています☆
http://kuratane9.blog88.fc2.com:80/


では今日もぶんぶん〜

「ミツバチ」制作プロジェクト 藤井佳子
http://888earth.net/


posted by momotomo at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大地に感謝する収穫祭 10/18(日)はじめる自給!種まき大作戦 2009 土と平和の祭典

みなさま

素敵なイベントのお知らせが回ってきていましたー。

私も、かまなかさんトークをきき、
みっちんに会い、FUNKISTのライブを楽しみに、
ぜったい遊びにゆきま〜す♪

みなさんもいかがですか?

********************

http://www.tanemaki.jp/tsuchitoheiwa2009


無料コンサートと農家市場。

大地に感謝する収穫祭

はじめる自給!種まき大作戦 2009

土と平和の祭典
———————————————–
■開催日時  2009年10月18日(日) 10時〜16時30分
※農家市場は16:00まで ※雨天決行

■開催場所 日比谷公園
※山手線「有楽町駅」徒歩10分 or 都営三田線「日比谷駅」徒歩3分

■入場料 無料

■主催 / お問い合わせ
種まき大作戦 実行委員会 事務局
事務局長:神沢則生 / 副実行委員長(企画責任者):ハッタケンタロー
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-16-10 1003
TEL. 03-3351-2712 FAX 03-6806-9282
メール seed@tanemaki.jp
http://www.tanemaki.jp

ボランティアスタッフもまだまだ募集中!

土と平和の祭典2009
http://www.tanemaki.jp/tsuchitoheiwa2009


posted by momotomo at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

再掲)今週末!10/11(日)原子力×メディア トークライブイベント@京都大学原子炉実験所(大阪・熊取町)

みなさま

こんばんは。

ももんがの井上です。

再掲になりますが、今週末に準備している、
イベントのご紹介をさせて下さい。

今回のゲストの皆さん3名と小出さんの歩みは、
骨があり、かっこよく、大変興味深いです。
でも、ゲストの3名の皆さんのお話は、
なかなか伺うことはできないと思います。

色々な意味で、とても貴重で贅沢な機会になりますので、
ぜひ、お誘いあわせの上、お越し下さい!

※大阪です。

******** 転 載 大 歓 迎 ♪ *************

10月11日

 原子力×メディア  トークライブイベント

   @京都大学原子炉実験所(大阪・熊取町)

〜 知ろう、伝えよう、つながろう 〜

 会いに来ちゃいました、
   まっすぐな生き方、聞かせてください!

豪華ゲストで実現
津村氏、岩田氏、今中氏、小出氏の魅力に、ぐっと迫ります。

日時:2009年10月11日(日)

集合時間・場所: 12:30集合 
         京都大学原子炉実験所・事務棟 会議室 
         大阪府泉南郡熊取町朝代西2丁目
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/
         (京都ではありません。必ず確認してください)
         正門で守衛さんに受付をして、直接会議室へどうぞ!
    
13:00〜17:30頃 (終了時間未定)

18:00〜21:00頃 懇親会

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

小出裕章氏によるおはなし
  ・日本列島各地での講演から
知る、原子力の現状(ダイジェスト版)
  ・各ゲストのご紹介

各ゲストによるおはなし → 質疑応答
 
【ゲスト】 

毎日放送 ディレクター 津村健夫氏

(MBS『なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所 ”異端の研究者たち”』制作)
http://video.google.com/videoplay?docid=2967840354475600719&hl=ja

潟}フィア・コーポレーション 岩田カズヒロ氏 

(京都清水寺内ご開帳記念講話イベント『奉納 言』 企画実施、『神聖喜劇』を漫画化)
http://www.kiyomizudera.or.jp/2009_news/gen.html
NTV特集「神聖喜劇 ふたたび」
http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2008/0810.html

京都大学原子炉実験所 助教 今中哲二氏

(『なぜ警告を続けるのか〜』 に小出さんと共に主演、
チェルノブイリ等の旧ソビエト諸国の原子力事情がご専門)
原子力安全研究グループHP http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/

●資料代等  1000円

●お問い合わせ 申込先
 momotomonet@hotmail.co.jp     

☆件名を「トークライブ参加申込」としてください。

☆お名前(フルネーム)
☆連絡先(携帯電話・メールアドレス)
☆会社名・団体名・個人などの所属名
※個人情報は,実験所への入講のため 必要となります。

☆トークライブ後の懇親会へのご参加の方は、申込時に明記してください。
参加費 3000円 + 飲み物1杯 500円〜
(懇親会のみ、定員まであと1〜2名)※先着順、ご了承下さい

※このトークライブは、小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)の元に、全国から集まり、直接原子力のことを学ばせていただく、小出ゼミ合宿第2弾(2泊3日)中のスケジュールのひとつです。

参加者には、下記2点の映像を、事前に観ていただいています。

@毎日放送 『なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所 ”異端の研究者たち”』制作)
  http://video.google.com/videoplay?docid=2967840354475600719&hl=ja

ANTV特集 『神聖喜劇ふたたび』http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2008/0810.html


※トークライブへは 当日の飛び込み参加も大歓迎です(定員70名)
 会場も広いですので、まだ余裕があります。

※ ゲストのご紹介 や イベントの開催経緯、スケジュール、現在の空き状況など
の詳細は、別途、ももんがともだちネットブログの
「小出ゼミ合宿第2弾 について現状報告・ご案内」
http://momotomonet.seesaa.net/  をご覧ください。


みなさまのご参加を、心よりお越しをお待ちしております。

何かご不明なことがございましたら、
井上携帯まで(090−9106−0308)


               小出ゼミ合宿実行委員 
               ももんがともだちネット 井上

posted by momotomo at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/24(土) 講演会「現代社会にガンジーを読み解く」 お話しと ビデオ上映

みなさん、こんばんは。

以下、主催されている大畑豊さんから、
ももともネットにお誘いが届きました。

ガンジーを尊敬する身としては、
背筋をすっきり伸ばして、参加したいところです・・・

 みなさん、いかがですか?

大畑さんより
-----------------------------------------------------------
下記講演会を行ないますので、
ぜひ、ご参加いただければと思います。

http://np-japan.org/news/news.htm
 講演会「現代社会にガンジーを読み解く」 お話しと ビデオ上映

 2007年、国連はマハトマ・ガンジーの生誕日10月2日を「国際非暴力デー」に
定めました。
 その第一回目の記念日に潘基文国連事務総長は「今ほどガンジー師の発想が必
要とされている時代はありません。私たちが目にするのは、不寛容と文化間の緊
張が高まる中で、ますます身動きが取れなくなっているコミュニティの姿ばかり
です。また、穏健派の勢力が後退する一方で、過激な独断的思想や暴力的なイデ
オロギーも台頭しつつあります……個人から国家に至るまで、あらゆるレベルで
このような動きを食い止め、真の寛容と非暴力を推進する必要性は、今まさに高
まっているのです。」とメッセージを寄せました。
 「祈りによる広島平和市民運動」を推進され、ガンジーにお詳しい奈良毅さん
にガンジーの実践とその思想が現代にどのような意味を持つのか、ざっくばらん
に話していただき、私たちがそこから何を学べ、実践していけるのか語り合いた
いと思います。


日時:10月24日(土)18:30〜21:00
  
会場:文京シビックセンター 地下1階学習室
   電話 03(3812)7111
   営団地下鉄丸の内線・南北線 後楽園駅 徒歩1分
   都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅  徒歩1分

講師:奈良毅奈良毅(なら つよし)
   東京外国語大学名誉教授、清泉女子大学元教授、インド共和国カルカッタ
   大学院人文学研究科比較言語学科(哲学博士)。
  (財)日印協会顧問、日本・バングラディシュ協会顧問、日本南アジア学会
   会員、祈りによる広島平和市民運動代表など。世界平和と少数民族の言語
   文化及び地球環境保全のために活動中。
   著作:マンガ『古事記』監修、『限りない幸せの道』、『マハーバーラタ』
   共著、『ベンガル語会話練習帳』『ベンガル語基本単語集』他多数

参加費:800円

会場地図:
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html

主催:非暴力平和隊・日本(NPJ)
   TEL :080-6747−4157 メールoffice@np-japan.org
   ウェブサイト:http://np-japan.org/

このとき上映されるビデオは以下で見れます。制作者がアップしました:

1/5 http://www.youtube.com/watch?v=Hs86OFXkqx4
2/5 http://www.youtube.com/watch?v=KKYkZ2g5UB8
3/5 http://www.youtube.com/watch?v=d-vJ3OTzv9Q
4/5 http://www.youtube.com/watch?v=za5U040S7wg
5/5 http://www.youtube.com/watch?v=_CiNsJM08l8

posted by momotomo at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/10より 劇場公開スタート:映画「犬と猫と人間と」

映画「犬と猫と人間と」
もうじきはじまりまーす♪

こちらのブログでも何度も登場しています、この映画。
10日より、ユーロスペースでの上映が始まります♪
広報の応援なかまを募集していましたので、
ぜひ、下記のHPにアクセスして仲間に加わって下さいね!

私は残念ながら、この週末は、大阪に行っていて、
初日の監督挨拶等には伺えませんが、その後のイベントには、
かけつけたいとおもっていますー。

一緒に行こうよ!という方、メールを下さいね。

また、ちょっぴりお得な前売りチケットもあと8枚ありますー。
お声がけ下さい。


                  ももんが まぼ



******************
詳しくは、下記のHPへ

http://www.inunekoningen.com/news.html



ユーロスペースでのイベント情報

『犬と猫と人間と』のユーロスペースでの公開期間中のイベントが決まってまいりました。
是非、ご来場お願いします。

10/10(土)初回上映後と2回目上映前に飯田基晴監督による舞台挨拶
10/17(土)16:10の回上映後に渡辺眞子さんと監督によるトーク
10/31(土)16:10の回上映後に竹内薫さんと監督によるトーク

飯田監督 一週間連続ティーチイン!!
10/18(日)〜23(金)16:10の回上映後に監督によるティーチイン
※イベント内容、ゲストはやむをえない都合により変更になる場合があります。


☆ ももんがでお取扱している、チケットは、ユーロスペースで利用できるチケットになります。

下記のとおり、ほんとうにじわじわっと、
上映してくださる劇場が増えていますよ!!

みなさんもぜひ、ご家族やお友達を誘って、劇場にかけつけてください。
そして、映画を堪能してから、どうぶつたちの笑顔を増やすために、
動き出して見て下さい!

以下、HPよりご紹介させていただきました。

--------------------------------------------------------------------------------
ユーロスペース

□10月10日(土)ロードショー Tel : 03-3461-0211
上映時刻 11:10/13:40/16:10/18:40

特別鑑賞券1,400円(税込)発売中

特別鑑賞券を劇場窓口にてご購入の方には、化粧品の動物実験に反対しているザ・ボディショップより
「シャワージェル(60ml)」をプレゼント!(100個限定)

ザ・ボディショップ( http://www.the-body-shop.co.jp/)

順次公開予定
--------------------------------------------------------------------------------
大阪府 第七藝術劇場  TEL:06-6302-2073
愛知県 名古屋シネマテーク  TEL:052-733-3959
神奈川県 川崎市アートセンター TEL : 044-955-0107
神奈川県 シネマ・ジャック&ベティ TEL:045-243-9800 
群馬県 シネマテークたかさき TEL:027-325-1744
長野県 松本シネマセレクト
京都府 京都みなみ会館  TEL:075-661-3993
兵庫県 神戸アートビレッジセンター TEL:078-512-5500
北海道 シアターキノ  TEL:011-231-9355
北海道 苫小牧シネマトーラス TEL:0144-37-8182
新潟県 十日町シネマパラダイス TEL:025-752-7505
静岡県 浜松 CINEMAe_ra TEL:053-489-5539
広島県 横川シネマ TEL:082-231-1001
岡山県 シネマクレール TEL:086-231-0019
愛媛県 シネマルナティック TEL:089-933-9240
徳島県 シネアルテ TEL:088-632-2239
福岡県 KBCシネマ1・2 TEL:092-751-4268

今後も公開劇場は増えていく予定です。

posted by momotomo at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/13(火);「暦のワークショップ」のご案内@三軒茶屋

以下、主催のおともだちから、
ももんがともだちネットに、お誘いが届きましたー。

富田さんのお話、とってもおもしろいんです。

私も、以前、暦のワークショップに参加したことがありますが、
その後、空を見上げ、自然のあれこれを意識するようになりました。
心ひとつで、世の中の見え方はかわるなーーと思いました。

みなさんも、いかがですか?

**************


10月13日に三軒茶屋で開催される「暦のワークショップ」のご案内です。

お話・進行は冨田貴史さんです。

私は原子力のお話から冨田さんのお名前を知り
みっちんが設けてくれた「暦のワークショップ」で初めて冨田さんのお話を聞きました。

その頃 遠くの国の戦争の状況が酷く
情報も氾濫していて、
攻撃的な雰囲気の毎日へとへとになっていたように思います。

その時にやっとシンパシーを感じる言葉に出会え、それが
鎌田實さんの
「憎しみを連鎖させてはいけない(表現が不正確ですが)」という言葉
冨田さんの
「侵略するほうも傷つく」っていう言葉でした。

&冨田さんから聞いた 月や太陽と時間の流れの話には
<疲れがぶっとんだ>感じがしました。

この週末は 大阪での小出ゼミ合宿
13の次の14日は みっちんの「ぶんぶん茶話会」
にぎやかな芸術の秋、文化の秋が始まりましたね。

それでは宜しくお願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
:::暦のおはなし・ワークショップ:::

10月13日(火)

@三軒茶屋

cafe OHANA

20時〜22時半

************************************************************

暦=天体の運行にもとづき、1年中の月日、日の出入り、月齢などを日を追ってしるしたもの(国語辞典)

毎日使っている暦(カレンダー)・時間のこと。

美味しいご飯と一緒にお話しましょ。

参加費1800円

+カフェメニュー からワンオーダーお願いします。

おすすめは「オハナ・プレート」(マクロビオティックごはんです)

お話はゆっくり始まりなので、先に食べててね。

★連続開催の予定です。

今回は1回目。

ご参加2回以上の方には参加費サービスあるかも☆

【お話の内容の予定】

1回目「13の月の暦と旧暦」
2回目「暦の歴史と13の月の暦」
3回目「日本の暦と陰陽五行」
4回目「時間意識のシフト=TIME IS ART」※ライブ&トークを予定。

【お話・ワークショップ進行役】

冨田貴史(とみた たかふみ)さん
エンターテイメント業界のお仕事を経て、
現在は日本各地で 暦や地域通貨のワークショップを開催しています。
環境・平和・核をテーマにした分野でも活躍され、
2010年公開予定の、鎌仲ひとみ監督作品 映画『ミツバチの羽音と地球の回転』 の制作にも携わっています。
著書:「わたしにつながるいのちのために」

http://ameblo.jp/watashini-tsunagaru/

お申込は↓(10〜15名での開催となります。ご予約いただくと安心です)

haana2004@aol.com

090-2902-4460

カフェ・オハナ アクセス

【住所】東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 豊栄ビル1F
【電話】(03) 5433-8787
【最寄り駅】 東急 田園都市線/世田谷線 三軒茶屋駅 徒歩2分位
【駅 出口】 東急 田園都市線 三軒茶屋駅 南口 B






posted by momotomo at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/6 講演会:病気は自分で治せる 〜ガンを自分で治したゆっきーと、薬を使わない精神科医みやじっちの講演会〜

みなさま

ちょっと先のイベントになりますが、
ももんがの寺子屋ゼミで講師をお願いしたことがある、世界をかけめぐる看護師さん、manaさん(日本チェルノブイリ連帯基金、JIM−NET)、
下記のイベントのお誘いをももともネットMLにいただきました。

興味を持たれた方、
周りのお友達や家族の症状が心配な方も、
ぜひ、手帳にくりっと印をつけて、
参加してみてください。

先日、みやぢっちさんの講演会を、
チベット体操の愛ちゃんが大宮で開催してくれたものに参加してきました。
ありがトンの本にも会えたし、
いろいろな発見がありました。

参加できてよかったです。

今度は、ゆっきーさんに会いに参加したいな☆と思っています。

                       ももんがまぼ


******************

ひょんなことで、胃がんサバイバーのゆっきーと友達になり、
ゆっきーは、薬を使わない精神科医みやじっちのお友達ということもあって、2人の講演会を企画しました!

ゆっきーは、余命半年を宣告されたにもかかわらず、
西洋医学を拒否し、自然治癒した癌サバイバーです。
キラキラ幸せに溢れたゆっきーの話を聞くだけで、
元気になれちゃいます!

まだ2か月先の話ですが、
是非よろしくお願いいたします。

★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★

             病気は自分で治せる

 〜ガンを自分で治したゆっきーと、薬を使わない精神科医みやじっちの講演会〜

★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★



♪ なぜ、病気が体に発生するのでしょうか?ガンは不治の病でしょうか?
♪ 西洋医学だけで、病気は治せるのでしょうか?
♪ 症状はストレスを受けているという体からのメッセージ。
  症状が過労死や突然死、自殺から体を護ってくれています。
♪ 生きているのは当たり前ではなくて「奇跡」です。
 「生かされている」と感じたときに、とめどなく涙が流れ、
  今があることのありがたさと感謝と愛に満たされ、治癒の遺伝子がオンになります。


■日時:12月6日(日)10:00〜12:00 (開場9:30〜)
■場所:北沢タウンホールの3Fミーティングルーム
    http://kitazawatownhall.jp/index.html
■資料代:500円(オーガニックティー付き)
■申し込み:angel@zat.att.ne.jp 当日参加も可能です。


★星野由紀子のプロフィール★
1972年1月23日、群馬県桐生市生まれ。
看護師としてクリニックに勤務していた2005年3月、胃痛と吐血、下血あり。
胃カメラにて細胞診断の結果、胃ガンが見つかり、余命半年と宣告される。
進行胃ガンで、胃全摘出術をすすめられるも、病院でガンの再発と転移を繰り返し、
末期は苦痛の中で亡くなる患者を看てきたため、現代のガン治療に疑問を感じ、西洋医学を拒否。
自然治癒を目指し、生活リズムと食生活、心の在り方を見直すことで2007年には、
ガン細胞が消滅する。

★宮島賢也のプロフィール★
開成中学・高校卒、防衛医大卒。
自衛隊中央病院、ナチュラルクリニック代々木院長、宮島元気クリニック院長を経て、
平成21年4月より湯島清水坂クリニック院長を務める。
自分自身のうつで7年間、薬を飲んでいた経験、離婚、親との葛藤から元気になる食生活、
自分をラクにする考え方、信頼を育む関係による健康回復、幸せ増進のメンタルセラピーを開発。
東京でメンタルセラピスト養成中。



posted by momotomo at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/12(月・祝)高尾山天狗ハイク2009




政権交代が起きて、約1ヶ月。
各地の自然を守ろうという動きが加速しております。

高尾山もチャンスが来ています!

ケンジュウの会代表のサカタマサコなど高尾山を守る活動をしている3人が、なんと国交省大臣前原さんの秘書と、今日会うことができました!
30分ほど時間を割いてくれて、高尾山がどんなに豊かな自然をもっていて貴重な山かなどの説明を聞いてくれました。

これでいきなり工事が止まるというわけではありませんが、今までだったら考えられないことです。

そんなことなども含めて、高尾山の今が分かるイベントです。是非お越しください!


□■□■高尾山天狗ハイク2009□■□■

秋の高尾山は、登山を楽しむ人たちでいっぱい!
ミシュラン三ッ星に選ばれて、ますます高尾山人気に拍車がかかっています。
豊かな水がめぐり、小さいのも、大きいのもキラキラ命がつまった素敵な山。
みんなが大事にしたいのに、高速道路のためのトンネルが掘られはじめています。

政府も変わって、無駄な道路やダムがどんどん見直される時代になり、高尾山の命を救うチャンス到来です!
「高尾山にトンネルをほらないで」というメッセージTシャツを着て、高尾山をハイキングしながら、このことをまだ知らない登山客に伝えてください。
少し掘られちゃったけど、山はまだ生きています。
可愛い秋草をたくさん咲かせ、小さな生き物たちのためにどんぐりをいっぱい落としてくれています。
お願い、山の声を聞きに来てください。そしてみんなに伝えてください!
下山後は、「LIVE&TALK高尾山天狗ハイク」も開催されます。
すてきな音楽、すてきなアート、すてきな言葉が、高尾山にあふれかえりますように♪

●高尾山天狗ハイク

【開催日】10月12日(月・祝)雨天決行

【集合・受付】京王線高尾山口駅前

9:30〜11:00 受付
高尾山メッセージTシャツ・地図を受け取ってスタートしてください。
申し込み不要

【参加費】1000円(高尾山メッセージTシャツ付き)

●LIVE&TALK高尾山天狗ハイク

【場所】日影沢キャンプ場
【アクセス】 朝の受付時に地図をお渡しします。直接会場に来られる方は、JR/京王線高尾駅北口から「小仏行き」バスに乗車、「日影バス停」下車し、バスの進行方向へ徒歩2分「森の図書館」看板を左に入り日影沢林道をまっすぐ徒歩10分です。
http://homepage3.nifty.com/takaosc/campjo/annaizu.html#campjo )
【時間】14:30〜18:00
【LIVE出演】サヨコ meets YA MAN RIDDIM・ラビラビ・
カリンバ奏者ヒロユキ・ベリーダンサーYOSHIE
【TALK】坂田昌子・高尾山の味方になってくれる議員さんたち
【参加費】投げ銭(縄文式)
【問い合わせ先】 虔十の会 пEFax 042-684-9119
Eメール kenju_treedom@yahoo.co.jp
posted by momotomo at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【転送・転載歓迎】満月に配信 ぶんぶんニュースVol.9 届いたよ!

◎満月に配信 ぶんぶんニュースVol.9        【転送・転載歓迎】
★*888━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新作ドキュメンタリー
 私たちの未来を求めて旅するカメラ
 
        映画「ミツバチの羽音と地球の回転」
            http://888earth.net/
            2010年春公開予定!
                               
                             鎌仲ひとみ監督
                             制作・グループ現代

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━earth*★
こんにちは。6日にスタートした水のウォーク。
10月になり雨と台風が気になっていたところ、
「上関原発・中国電力が埋め立て工事着手」というNEWSが入りました。
ほぼ満月、ぶんぶんニュースVol.9をお届けします。

*contents**
◆上関原発最新情報
*水のウォーク@瀬戸内海
*NO NUKESリレー@広島、全国
◆鎌仲監督ブログ、はじまりました!
*上関原発署名について・・・
*youtube動画
◆鎌仲監督出演イベント情報
*10/13〜10/18
Touch the Hitomi 〜鎌仲ひとみ監督作品 上映展〜
*10/18 土と平和の祭典@日比谷公園
*10/31 「ぶんぶん通信」上映会@福岡
◆関連情報、イベントいろいろ
*「美味しんぼ」の環境問題篇スタート
*10/11 天手子米収穫祭@青森
*10/18 プルサーマルよりカーニバル!@福岡
*11/11 ナチュラル・ステップ基礎講座@東京
◆編集後記
やれできマラソン2009!



◆上関原発最新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎【NEWS】中電、上関原発工事に着手(中国新聞09/10/08)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200910080029.html

◎【NEWS】上関原発・中国電力が埋め立て工事着手(TYS)
http://www.tys.co.jp/NewsDetails.aspx?CID=76ad61b3-5ac1-42ee-8fa2-cee84f622f1e&DID=ddbde421-249d-4dfe-8c8e-b4dbefac2c50

◎【NEWS】上関原発海の埋め立て着手(山口放送 09/10/7 )
http://kry.co.jp/news/news8701937.html

◎【NEWS】埋め立てに向けブイを設置
(NHK山口放送局2009年10月8日 )
http://www.nhk.or.jp/yamaguchi/lnews/01.html

◎【NEWS】反対派住民からは憤りの声
(NHK山口放送局2009年10月8日 )
http://www.nhk.or.jp/yamaguchi/lnews/02.html

◎【NEWS】中電ブイ設置 「敵つくるばかりだ」
(朝日新聞 山口版 09/10/08)
http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000000910080004

◎【NEWS】上関原発建設計画:中電の“抜き打ち”着手反発 
漁民ら一層態度硬化 /山口(毎日新聞 09/10/08)
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20091008ddlk35040298000c.html

+++
緊急報告
http://blog.shimabito.net/

祝島島民の会では多くの方々と協力して
9/10より田名埠頭にて上関原発建設のための
埋め立て工事の灯浮標(ブイ)の搬出の阻止行動を続けていましたが、
本日、中国電力は田名埠頭とは別の港からブイを搬出し、
予定海域に設置したと発表しました。
詳しいことが分かり次第、追記します

祝島島民の会 事務局 2009/10/7

+++

鎌仲監督より
http://888earth.net/staffblog/2009/10/post-10.html

今日、中国電力は
埋め立て工事に必要な海に浮かべるブイを設置してしまいました。
田名埠頭では朝から台船が出て9基のブイを持ち出す構えを取り、
ながら、実は朝早く他の港から別のブイを運ぶ陽動作戦でした。。
9月10日からずっと阻止行動をしてきた祝島の人々、応援に駆けつけた人々は
肩すかしを食ってしまいました。
およそ一ヶ月近く続いた阻止行動は、今日、別の局面を迎えました。
ブイは設置されても、地域の理解を得ないままに埋め立てをする
理不尽さは変わりません。たとえ、着工が期限内にできたとしてもその課題に
中国電力を向き合うべきです。そこを見つめたいと思っています。
取り急ぎ、ご報告させていただきます。

鎌仲 2009/10/7

+++

先日10/2に署名を提出したばかりでした。
◎【NEWS】原発反対 61万人署名 (朝日新聞 09/10/03)
http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000000910030003

◎【NEWS】上関原発建設計画:反対団体、経産省に中止署名を提出 
全国から61万人分 /山口 (毎日新聞 09/10/03 )
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20091003ddlk35040434000c.html


▼リアルタイムな現地の様子が伝わってきます。
【上関原発 最新情報】http://new-k.livedoor.biz/
【RadioActive】http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/
【STOP!上関原発】おすすめメルマガ
http://stop-kaminoseki.net/mail_magazine.html

*全国どこにいてもできること、あります!その2
http://888earth.net/staffblog/2009/10/post-6.html
各地から布メッセージが集まっています。現在200枚以上☆

◎署名やカンパはこちらからお願いします。
【祝島島民の会blog】http://blog.shimabito.net/
◎自然の権利訴訟、原告団を11月まで募集しています!
【長島の自然を守る会 スナメリ通信】
http://green.ap.teacup.com/sunameri/

▼翻訳家の池田香代子さんもブログで紹介してくれています。
池田香代子ブログ
緊迫する祝島「ちょっとぐらいの放射能」(2009/10/8)
http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51266790.html

▼人気No.1ブロガーも、再度上関原発について書いています!
【きっこのブログ】
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/09/post-e00d.html


▼山口県立大学の安渓遊地先生のブログより〜
【上関)田名埠頭でガンジーさんたちに出会って元気がもらえた】
http://ankei.jp/yuji/?n=796

▼「森〜川〜海 いのちと平和 つなげよう!水のウォーク」
カヌーと自転車のコラボで山口県錦川を下りスナメリが泳ぐ瀬戸内上関へ 
【開催期間 】10月6日〜9日
http://888earth.net/staffblog/2009/10/post-9.html


◎【NEWS】水のウォーク:原発反対訴え カヌー、徒歩で岩国市を出発 /山口
(毎日新聞 09/10/08)
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20091008ddlk35040303000c.html


▼「No Nukes Relay (ノーニュークスリレー)」
  〜瀬戸内海の海を原発から守りたいイベント〜
http://nonukesrelay.jugem.jp/
【開催期間 】10月12日〜25日
広島県内の有志が、お隣山口県の上関原発の建設計画について
もっと多くの人に知ってもらい、本当に必要なものなのか、
みんなで考えよう!というイベントです。最初は広島県内だけの話でしたが、
現在では山口県、岡山、高知、札幌、東京でも参加する
団体・お店が広がりつつあります。



◆鎌仲監督ブログ、はじまりました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
映画制作と上映会の講演活動で大忙しの鎌仲監督。
近況をお伝えする、スタッフブログはじまりました。
http://888earth.net/staffblog/


「上関原発は進めます」と答弁(2009/10/03)【鎌仲監督便り】
---------------------------------------------------
昨日、経済産業省に上関原発計画中止を求める全国署名が提出されまし
た。集まった署名は61万2613筆でした。参議院会館の会議室は全国
から集まった人々で埋まりました。・・・
続きはこちら⇒http://888earth.net/staffblog/2009/10/post-8.html


▼888TV 鎌仲監督インタビュー動画
◎鎌仲ひとみからのメッセージ(2009/10/1)
http://www.youtube.com/watch?v=wE0XUmGp-pw 


◎玄海原発プルサーマル計画について(2009/10/1)
http://www.youtube.com/watch?v=9E5UufdfCCg
【NEWS 九電が県議会に陳謝−
審議中のMOX燃料装てん日程発表(佐賀新聞 10月3日)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1435039.article.html
その他プルサーマル計画についてはこちらより⇒
http://888earth.net/staffblog/2009/10/youtube.html

▼「全国各地で
「ぶんぶん通信」の自主上映会がはじまっています!
http://888earth.net/trailer.html

◎「ぶんぶん通信no.2」上映会感想@広島
http://888earth.net/news/2009/10/no1-4.html

◎自主上映会の手引き
【人と地域とつながる自主上映会をしよう】
http://888earth.net/guidance.html
上映会開催申込書PDF
http://888earth.net/images/bunbun20090903_kaisai.pdf
上映会開催申込書doc
http://888earth.net/images/bunbun20090903_kaisai.doc



◆鎌仲監督出演イベント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼10/13〜10/18 
「Touch the Hitomi 〜鎌仲ひとみ監督作品 上映展〜」
http://888earth.net/news/2009/10/touch-the-hitomi-1.html

鎌仲ひとみ監督の作品を一挙に大公開!
NHKの番組「エンデの遺言」を今回特別に無料上映!
幻の処女作「スエチャおじさん バリ・夢・うつつ」、「ぶんぶん通信」、
「ヒバクシャ−世界の終わりに」、「六ヶ所村ラプソディー」上映など、
監督作品の上映や、過去の対談記事・関連取材記事、書籍やDVDの販売も行います。
鎌仲監督が取材で訪れたイラク、六ヶ所村、祝島などの写真展示など、
「鎌仲ひとみ」の魅力がぎゅっとつまった展示会&上映会です。
*会場では布メッセージやカンパを集めます。

【開催期間】10月13日(火)〜18日(日)
11:00〜19:00(最終日のみ17:00まで)
【会場】
gallery COEXIST
〒110-0016 東京都台東区台東1-23-12(各線秋葉原駅徒歩10分)
Web:http://coexist-art.com/

【料金】
映画鑑賞=1000円/回
17日スペシャルナイト=前売1800円、当日2000円(軽食+1ドリンク付)
※映画上映中と17日のイベント開催時間以外は、無料でご入場出来ます。
【プログラム】
上映時間やスケジュールなどの詳細はこちらからご確認ください
http://888earth.net/news/2009/10/touch-the-hitomi.html

【17日(土)スペシャルナイト☆】
17:00 OPEN
17:30−19:30 上映「スエチャおじさん バリ・夢・うつつ」
19:30−20:00 鎌仲監督トーク
20:00−21:00 松谷冬太ライブ 飛び入りgest有!?
21:00−21:30 freetime(森を守るコーヒーやオーガニックの軽食など)
22:00 CLOSD

【主催】
「ミツバチの羽音と地球の回転」制作プロジェクト/gallery COEXIST

【写真展示提供・協力】
「六ヶ所あしたの森」設立準備委員会 http://ashitanomori.net/
日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET) http://www.jim-net.net/
長島の自然を守る会 http://green.ap.teacup.com/sunameri/
祝島 ひと くらし[アマチュア写真展]from 田名部工房、矢郷桃


▼10月18日(日)「土と平和の祭典2009」@東京・日比谷公園
http://www.tanemaki2007.jp
はじめる自給!を合言葉に農的幸福と収穫に感謝する
日本最大のお祭りです。鎌仲監督もトーク出演します。

*種まきトークステージ・平和
<@にれのき広場特設ステージ *artwork:生意気>
土からはじまる平和について、じっくり語りましょう。
11:00〜12:15 暮らしの種まきトーク・・・
身近な暮しから、世界のことを考えます。
【MC】吉本多香美(女優)
【ゲスト】鎌仲ひとみ(映画監督)/藤村靖之(非電化工房)/
中島デコ(マクロビ料理家) 他


*そして今回は特別に
【暮らしの種まきプロジェクト】としてエリア出展します。
http://kuratane9.blog88.fc2.com/
ナマケモノ倶楽部、非電化工房、六ヶ所あしたの森、
9パン屋、天然住宅、「ミツバチ」制作プロジェクトの6団体が参加。
ブース内でゲストのミニトークやWSもあります。どうぞお楽しみに♪


▼その他講演情報
*10月12日(祝・月)講演会@兵庫
*10月31日(土)「ぶんぶん通信no.1」上映会@福岡
主催していただくNPO法人たんぽぽとりでのみなさんは
ap bankの融資を受けて活動されています。
http://www.apbank.jp/lending/profile/tampopo/



◆関連情報、イベントいろいろ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「美味しんぼ」の環境問題篇スタート!六ヶ所村再処理工場が登場。
---------------------------------------------------
あの「美味しんぼ」で環境問題篇がスタートしました!
http://tanakayu.blogspot.com/2009/09/httpkariyatetsu.html
今発売中のビッグコミックスピリッツ44号で、巻頭の見開き
カラーページには、確かに六ヶ所村再処理工場の絵が・・!
続きはこちら⇒http://888earth.net/staffblog/2009/09/post-5.html


*10/11(日) 天手子米収穫祭
秋だよ!集まれ〜!『天手子米の収穫祭 2009』in 青森・十和田
http://888earth.net/staffblog/2009/10/10181011.html


*10/11(日) 午後9時00分〜9時58分 NHK 総合テレビ
原発解体 〜世界の現場は警告する〜
決まっていない放射性廃棄物の処分方法▽廃炉にする一方で原発建設
http://www.nhk.or.jp/special/onair/091011.html

*10/11(日) 原子力×メディア  トークライブイベント
 @京都大学原子炉実験所(大阪・熊取町)
*10/18(日) プルサーマルよりカーニバル@福岡
詳細はこちらより⇒
http://888earth.net/staffblog/2009/10/10111018.html

*11/11(水)「ナチュラル・ステップ基礎講座」
http://www.es-inc.jp/news/001690.html
日 時:11月11日(水) 9:30〜16:30(9:15〜受付開始)
会 場:こどもの城 901研修室
http://www.kodomono-shiro.jp/access/index.shtml
東京都渋谷区神宮前5-53-1 TEL 03-3797-5666
(メトロ表参道駅 B2出口より徒歩8分)


*国際NGOナチュラル・ステップ・ジャパン :http://www.tnsij.org/
講師の高見幸子さんはスウェーデン取材のコーディネートをしていただき、
大変お世話になりました。映画の応援メッセージをいただいています。
http://888earth.net/news/cat11/



◆編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*11/23(祝・月)に都内でスペシャルイベントが開催されます。
祝島現地より山戸孝さん、長島の自然を守る会より高島美登里さん、
そして「ミツバチ」制作スタッフの冨田さんに高尾山を守る坂田さん率いる
【ケンジュウノカイ】http://homepage2.nifty.com/kenju/
自然を守るアクションを展開!
詳細は次号ぶんぶんニュースで。どうぞお楽しみに♪

*去年WATER GREENで鎌仲監督や田中優さん達を
招きイベントを開いた米原君がチャレンジ中!みなさん応援しましょう。
やれできマラソン2009
http://yaredeki2009.jugem.jp/
毎日フルマラソンで3千キロ 青森六ヶ所から沖縄への無謀な旅が
スタート!greenz.jp
http://greenz.jp/2009/10/07/yaredeki2009/

*Slowムーブメントhttp://www.slowmovement.jp/
スローなイベントやスローなカフェなど
「いのちを大切にして、ゆっくりいきる」ことをコンセプトとした
さまざまなムーブメントが紹介されています。

★*888−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
新作撮影中
映画「ミツバチの羽音と地球の回転」

WEB:http://888earth.net/
MAIL:888earth@g-gendai.co.jp

「ミツバチ」制作プロジェクト
メールニュース担当:藤井、小原
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-11-13
トラスト新宿ビル4F グループ現代
Tel: 03-3341-2863 Fax:03-3341-2874
−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・earth*★

posted by momotomo at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

小出ゼミ合宿 関西遠征 最終のご案内 その2

小出ゼミ合宿 10/11〜13 最終のご案内 2
10/6更新分 が最終のはずだったのですが、ごめんなさい。

今日は、 最終の案内 2 というタイトルです。

最終のご案内 3 も 10月9日の最終締切までに登場してしまうかもしれません。
あらかじめご了承下さい。
どうぞ、最新情報をご確認の上、足をお運び下さい


みなさま
こんばんは。

ももんがの井上です。
小出ゼミ合宿の呼びかけ人&実行委員です。

今週末の日曜日、11日に初日を迎えます、小出先生によるゼミ合宿について、
ご案内および現状の予約状況についてご報告します。


************ご報告*************

1)10月13日(火)の原子炉見学  ※受付終了しました。

2)10月11日(日)のイベント後の懇親会(3,500円〜) 定員30名
  → あと3名(先着順)

3)11日(日)の宿泊
  原子炉実験所共同宿泊所(1,000円) → 9日(金)正午まで受付ます。

その他のスケジュールも、ご相談下さい。
  
初日11日のトークライブイベントは、
ゲストのみなさんの貴重なお話が、一度に聞けちゃうすごいチャンスです。
定員70名のお部屋ですので、まだ余裕がございます。
当日、飛び入りでの参加も大歓迎です。
(ただし、資料の準備があります関係で、できるだけ事前にお申込下さい。ご協力お願いします)

直前のご案内ではありますが、お知り合いの方に、ご紹介いただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いします。

【参加状況】

●現在の受講人数 

  1日目 : トークライブ23名        
        (70名定員の会議室。現在、40名程度として準備中。
         ⇒ 当日参加も受け入れも歓迎します)
                 
        懇親会 27名 
        (お店のスペース上、定員30名までの為、あと3名。
         ぎりぎり定員まで対応します)
 
  2日目 : 小出先生のゼミ(午前2コマ・午後2コマ)19名
         現在の人数でこじんまりというには、ギリギリ?というところですが、
         この機会にぜひ参加したい。と強く希望される方がいらっしゃいましたら、
         仲間に加わってください。
                 
 3日目: 実験所施設見学 17名  (受付終了しました)
   
●宿泊人数

 1日目(実験所):20名 (お申込いただければ、一応、追加可能) 

 2日目(旅館): 宿泊 16名 (他3名日帰り宴会コース) 
          (現在、部屋を一部屋追加し、定員21名分のお部屋を予約できています。
           男性は4名、女性1名 または、男性1名、女性4名 追加可能)

●受付について
メールによる事前申込は、9日 正午にて、終了させていただきます。
(特に、実験所の共同宿泊所の宿泊は、こちらでラスト)

当日参加が可能なトークライブ、小出先生によるゼミの受講については、
直接、会場にお越し下さい。
(井上携帯 090−9106−0308 までご連絡いただけますと、資料等の準備ができ、助かります)

会場である、京都大学原子炉実験所内に入られる場合、受付が必要となります。
合宿ツアー、または、トークライブへ申込メールをいただけますと名簿にし、
小出先生に事前に登録していただくことになりますので、当日は簡単な手続きで入れるそうです。
もちろん、申込なしで当日イベントやゼミにご参加いただくこともできますが、
その際は、ご自身での正門にて手続きをお取りいただきますので、多少お時間がかかるそうです。
また、資料が不足する場合もありますので、できるだけ事前連絡(メール、電話)にご協力お願いします。

●比較的定員枠が大きく、ギリギリまで受け入れが可能そうなもの
11日のトークライブへの参加、
12日の小出ゼミへの参加 
の2つです。
      ※11日夜の実験所共同宿泊所の宿泊は、削除しました。
        ←9日(金)正午が申込期限となりました。

こちらは、施設の定員が大きく、ゆとりがあります。
ただ、会場設営や資料の準備等がありますので、できるだけ事前のご予約をお願いします。

でも、もしも、直前にこのご案内がご自身のところに回ってきても、あきらめないで、ぜひ、お問合せ下さいね。
先着順のもの、事前届出のルールが厳しいもの以外は、なんとか対応できるかもしれませんので。
チャンスは生かしましょう!)

***********************

申込先: momotomonet@hotmail.co.jp 
(担当 美苗子さん)

*** 小出先生ゼミ合宿 原子炉実験所訪問ツアー(大阪・熊取)(最終版 2)***

【日程】
:2009年10月11日(日)、12日(祝・月)、13日(火)

※ 3連休の2日目からのスタートです。
  「現地集合・現地解散」 
※ 最終日13日(火)は、「平日」です。
  原子炉実験所内の見学は「平日」に限られているためです。
※ 初日のトークライブ&懇親会のみの参加、
  最初の2日間、最後の2日間など、一部スケジュールのみの参加も大歓迎です。
  ⇒ 各種締切については、別途ご確認下さい。

【集合時間】
10/11(日) 集合 : 12:30    
         京都大学原子炉実験所・事務棟 会議室   
         到着次第、正門で守衛さんに受付をして「左」手へ。 ←※「右」手より修正
         直接会議室へどうぞ。

10/13(火)  解散 : 15:00頃  実験所内のどこか


【場所】 京都大学原子炉実験所 
     大阪府泉南郡熊取町朝代西2丁目
     URL: http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/

     原子炉実験所共同利用案内
     http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/JRS/information/information.htm

     『不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉
      URL: http://www.fudouguchikan.com/
      住所:〒598-0023 大阪府泉佐野市大木7番地
      TEL: 072-459-7326( 代 )
     
【ゼミ参加費用(資料代等)】 

@参加費(ゼミ費) 
合宿の際にかかります諸経費は、参加するゼミ員のみんなで分担します。
当初、3日間通しで 5,000円程度とのご案内でしたが、
フルコース以外の方も多いので、日数による減額などを考慮しました。
下記のとおりです。

  1日目(トークライブ) 1,000円
  2日目         1,500円 (学生1,000円)
  3日目         1,500円 (学生1,000円)
  と設定しました。

A宿泊費 

   1泊目: 実験所内 共同宿泊所 1,000円 (予約9日正午まで)
   
   2泊目: 『不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉 (予約メールは9日正午まで。
                                    携帯電話は、10日まで

          1泊2食付 10,500円+入湯税150円
         ※当日夜に帰る方は、日帰り参加も可能です。
          入浴+宴会食事(皆と一緒)で、5,250円+入湯税75円です。
          申込後のキャンセルは、規定のキャンセル料が発生します。
       
B食事・飲み物代  初日11日の懇親会 
             お料理代 3,000円+各自飲み物代(最初の1杯500円分)の計3,500円)
             その他の食事は、各自分を負担のこと
 
C交通費 実費   
 現地集合・現地解散です。

※往復の交通手段の予約や購入は、各自の判断・責任でお選びください。
 京都大学原子炉実験所 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/

 実験所のアクセスについては、下記を確認ください。 
  http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/index/access.html

 <飛行機の場合>
  関西空港から 
  JR関西空港駅(関西空港線 関空快速)→ JR熊取駅 
   約15分 440円

 <長距離バス・新幹線の場合>
 JR新大阪駅→JR大阪駅(環状線)→天王寺駅(阪和線快速)→熊取駅
   約50分 780円
 ※JR熊取駅 から バス停「原子力研究所前」まで。
  バスで7分、タクシーで5分ほど(170円)

 熊取駅からのバスの時刻表 ↓
 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/gaiyo/access/bus.pdf

 (当日は、だんじり祭の為、バスの運行状況が変わる可能性があります。
  徒歩ですと20分ほどだそうです。早めの時間帯のバスに乗るか、タクシーに乗りあう仲間を募る、
  また、徒歩で行く道順を各自チェックしておいてください)

原子炉実験所のある、大阪府・熊取は、東京からですと最短は「飛行機」の往復です。
(※京都大学の施設ですが、京都ではありません)


【スケジュール】

10/11(日) (合宿1日目) 
12:30集合、
13:00〜17:15頃 トークライブ

**************************
原子力×メディア  トークライブイベント
@京都大学原子炉実験所 事務棟会議室 (大阪・熊取町)
 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/

※参加申込の方には、メーリングリストにて、
  施設案内、地図をお送りしております。
           
〜 知ろう、伝えよう、つながろう 〜

 会いに来ちゃいました、
   まっすぐな生き方、聞かせてください!

豪華ゲストで実現
津村氏、岩田氏、今中氏、小出氏の魅力に、ぐっと迫ります。

小出裕章氏によるおはなし
       ・日本列島各地での講演から知る、原子力の現状(ダイジェスト版)
       ・各ゲストのご紹介

各ゲストによるおはなし → 質疑応答
 
【ゲスト】 
毎日放送 ディレクター 津村健夫氏
(MBS『なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所 ”異端の研究者たち”』制作)
http://video.google.com/videoplay?docid=2967840354475600719&hl=ja

潟}フィア・コーポレーション 岩田カズヒロ氏 
(京都清水寺内ご開帳記念講話イベント『奉納 言』 企画実施、『神聖喜劇』を漫画化)
http://www.kiyomizudera.or.jp/2009_news/gen.html
NTV特集「神聖喜劇 ふたたび」 http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2008/0810.html

京都大学原子炉実験所 助教 今中哲二氏
(『なぜ警告を続けるのか〜』 に小出さんと共に主演、
チェルノブイリ等の旧ソビエト諸国の原子力事情がご専門)
原子力安全研究グループHP http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/

**************************
→ 18:00〜21:00頃 懇親会
  (花舟庵さん定員30名まで、会費制) 

〜〜〜 原子炉実験所 共同宿泊所 (泊) 〜〜〜 

10/12(祝・月) 
(合宿2日目)  
午前10時〜午後15時頃まで 
小出先生によるゼミ (講義+質疑応答) 
4コマ @原子炉実験所・会議室 

 ↓
15:30発、送迎バスにて「不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉へ移動 (約10〜15分)
散歩、温泉、宴会、就寝
 
〜〜〜 不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉(泊) 〜〜〜

10/13(火) 
(合宿3日目) 
不動口館にて、朝風呂、朝ごはん、散策
10:00チェックアウト後、原子炉実験所へ送迎バスで移動(約10〜15分)
昼食をはさんで、実験所内の原子炉等の施設を見学。
15時頃、解散予定

【ツアーのポイント】

今回の見どころは大きく3つ!(日程順)

【1】 トークライブ:素敵なゲスト3人をお迎えします。

小出先生は、参加者みんな と ゲストの3名 をつなぐキーパーソン。
そこで、今回、ゲストのご紹介をお願いし、みんなをつないでいただきます。
 
1)ゲストのおひとり目は、第46回ギャラクシー賞のテレビ部門 選奨 を受賞された、
 映像08’ 「なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち〜 」を作られた、
 毎日放送(大阪)の津村健夫ディレクターです。

 この番組の応援する活動(DVDを無料で配って声を届けよう!)をみんなでコツコツしてきましたが、
 DVDを手渡されたほんとうにたくさんの方々が、応援の声(メールやFAX)を届けてくださいました。
 ご協力、本当にありがとうございます♪ 

 今回、小出先生のお膝元に原子炉を見にいくのだったら、ぜひ津村さんにおはなしが聞きたいです。と、
 小出さんにお願いしたところ、みんなと一緒に、直接お礼を言い、お話を聞けることになりました(ラッキー☆)

 ※現在、YOU TUBE でも観れます。
 http://video.google.com/videoplay?docid=2967840354475600719&hl=ja

2)ゲストのおふたり目は、今年の4,5月に、京都の清水寺の境内にて、
 ご開帳記念の連続講話イベント「平成21年 奉納「言」(第3回)」を企画実施された、
 株式会社マフィア・コーポレーションの岩田カズヒロさんです。
 (マフィア? MAFIA? 詳しい由来は、当日伺いましょう) 
 津村さんの「映像’08」をご覧になられた岩田さんが、
 河内家菊水丸さん、ワダエミさん、佐高 信さん、梁 英姫さん、雨宮処凛さんなど、
 様々な分野で活躍するゲストの方々の一人として、小出さんに声をかけてくださったそうです。
 
 テーマ: 本当に「原発(原子力発電所)は要る」のか!?
     原子力の研究者が反・原発を説く訳を聞いてみませんか?
 このイベントでは、有名なお寺、清水寺の境内での講話ということで、初めて原子力のおはなしを聞く人が多く参加。
 新しい層にぐっと広がっていったようです。
 岩田さんのご活躍は多岐に渡っており、作家大西巨人氏の「神聖喜劇」の漫画化に取組み、
 日本漫画家協会賞および手塚賞を受賞。
 http://www.yomiuri.co.jp/book/author/20060530bk01.htm
 http://www.asahi.com/shimbun/award/tezuka/senkou07.html 
 これを機に、「神聖喜劇」の再ブームを作り出されました。
 その歩みを撮影した番組が、NHKで放映され、ギャラクシー賞を受賞しました。
 NTV特集 http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2008/0810.html
  (2008年4月13日初放映、2008年の8月10日再放送)

3)ゲストの3人目は、長年にわたり、小出さんと共に、反原発の道を共に歩んでいらっしゃる、
 京都大学原子炉実験所 助教 今中哲二さんです。
 映像’08の番組中では、チェルノブイリ、セミパラチンスクの土壌調査などをされている姿。
 そこに表れる放射能の汚染を科学的に解明したとしても、そこで暮らす方々の文化や生活そのものが消されていくこと、
 そこで暮らす方々の悲しみや怒りは?という問いかけをされ、現地の方々の気持ちに寄り添う今中先生。
 そして、原子力が推進されているのはなぜか?という問いに、原子力が利権構造化している現実をわかりやすく説明し、
 さらに核武装していくための能力を備えておきたいのだろう。との言葉。ドキっとしました。
 原子力の研究者という立場から、真剣にカメラに向かって語る姿。勇気がありその姿、発言は、多くの方の胸に深く刻まれました。
 
 今中先生・小出先生の歩みは、原子力安全研究グループのHP 
  http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/  をご覧下さい。

【2】 12日のゼミ 
   たっぷりと、まる一日取りました!
   小出先生じきじきの少人数ゼミです。

  <45分間の小出先生のゼミ + 20分間の質疑応答(わいわい、じっくり)を4コマ分、取りました。
  なんだか学校みたいです。ドキドキ。
  参加者から寄せられたリクエストを届けました。
  ゼミのタイトルは、下記の通りです。

 1.核と原子力
    核開発とそれに続く原子力開発の全体像
 2.破綻した核燃料サイクル
    高速増殖炉、再処理、プルサーマルなど
 3.厖大に残る核のごみ
    ウラン鉱山、低レベル・高レベル廃物など
 4.核の本質と世界の平和
    核分裂の性格と原子力潜水艦などの利用、朝鮮のことなど

  ゼミでしっかり学んだ後は、ほっと一息つきましょう。
  夕方からは、犬鳴山の渓谷ぞいへ移動します。
  近所をてくてく散策し、そのあと、気持ちのよい温泉(2種類)でのんびり。
  その後、宴会です。
  時間がたっぷりあるので、ゼミ生のみんなが小出さんと直接おはなしできます。
  また、日本各地から集まってくる20数名の仲間との交流もきっと楽しいです♪

B 原子炉実験所の施設の見学をさせていただきます。
  原子炉って、どうなってるのでしょうか?
  実験所内ではどのような仕事をしているのでしょう?
   (現在、17名ですので、10名以上の為、今中先生も付き添ってくださるそうです。(感謝)
  → こちらは受付終了いたしました。

*************************

以下、参加申込メールのフォーマットです。

--------- 参加申込メール -------

○お名前(フルネーム) & ニックネーム
○所属(勤務先、職業、学校、等)
○どんなルートで、今回の小出ゼミ合宿(または、トークライブ)をお知りになりましたか?
○連絡先 
・MLに登録OKなメールアドレス
・携帯電話(あれば)

○参加形態: 必ず、お書きください。
例)11日トークライブ+懇親会の日帰りコース。
  12日小出ゼミの終了後、温泉の前まで等、  
  <合流するタイミング> と <帰るタイミング> の記入をお願いします。

○初日11日(日)夜の懇親会の参加について  参加する OR しない
  (参加費 お料理代3,000円+各自飲み物代)

○宿泊の有無 【最重要】 ※申込締切ご確認ください。

1日目 : 実験所の共同宿泊所 OR その他(自分で探す・友人宅)
        1,000円
2日目 : 不動口館  OR その他(自分で探す・友人宅)
        10,500円 + 入湯税150円

○分担していただけるお仕事、得意なことを教えてください。
 記録係(文、映像、画像)、HPやブログへの記事のUP,
 飲み会幹事、食事ごとの会計係、受付、司会、その他

○質問等あれば

--------------------------------------------------
申込先: momotomonet@hotmail.co.jp (9日正午まで。担当:美苗子さん) 

質問など: ecomomo8@m9.dion.ne.jp 井上
      090−9106−0308(携帯・ソフトバンク)
      (直前まで、申込受付電話は、こちらです)
 
取りまとめ)
   エコロジー雑貨ももんが & 
     ももんがともだちネット 井上(まぼ)

posted by momotomo at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

小出ゼミ合宿 10/11〜13 最終のご案内

みなさま

こんばんは。

ももんがのまぼ(井上)です。

今週末の日曜日に初日を迎えます、
小出先生ゼミ合宿について、最終のご案内、
現状の予約状況についてご報告します。

定員間近。若干名のみ募集。という箇所もありますが、
初日のトークライブについては特に、引き続き、
皆様のお知り合いの方に、ご紹介いただけたらと思います。

よろしくお願いします。

なお、3日目の原子炉見学ツアー参加の申込は、
1週間前の事前届出が必要なため、
明日、10月6日(火曜)の正午までとなります!
定員まであと3名です。
申込時に、
@お名前、
A所属(職場、学校、職業等)、
B連絡先(電話+メールアドレス) 
をお書きの上、お早めにお申込下さい。
先着順とさせていただきます。
よろしくお願いします。

************ご報告*************

【参加状況】

●現在の受講人数 

  1日目:トークライブ21名        
      (40名程度。当日参加も受け入れも歓迎します)
                 
      懇親会 24名 
     (お店のスペース上、定員30名までの為、あと6名。
      ぎりぎり定員まで対応します)
 
  2日目:小出先生のゼミ(午前2コマ・午後2コマ)19名
      現在の人数でこじんまりギリギリ?というところですが、この機会にぜひ。と強く希望される方がいらっしゃいましたらどうぞ。
 当日参加も受け入れも歓迎します)
                 
 3日目:実験所施設見学 17名
   (◎定員まであと3名。但し10月6日正午までの申込要)

●宿泊人数

 1日目(実験所):17名 (一応、追加可能です)

 2日目(旅館):16名 
   (定員18名分お部屋を予約できています。
    男性は1名、女性1名追加可能)

●受付について

会場の京都大学原子炉実験所内に入られる場合、受付が必要となります。
合宿ツアー、または、トークライブへ申込メールをいただきますと、
名簿にしたものを、小出先生に提出し、事前に登録していただくことになりますから、当日は簡単な手続きで入れるそうです。
もちろん、申込なしで当日イベントやゼミにご参加いただくこともできますが、その際は、ご自身での正門にて手続きをお取りいただきますので、多少お時間がかかるそうです。

●比較的定員枠が大きく、実施日ギリギリまで、受け入れが可能そうなもの

11日のトークライブへの参加、
実験所の共同宿泊所での宿泊、
12日の小出ゼミへの参加 の3つです。

こちらは、施設の定員が大きく、ゆとりがあります。
ただ、会場設営や資料の準備等がありますので、できるだけ事前のご予約をお願いします。
(でも、もしも、直前にこのご案内がご自身のところに回ってきても、あきらめないで、ぜひ、お問合せ下さいね。
 先着順のもの、事前届出のルールが厳しいもの以外は、
 なんとか対応できるかもしれませんので。チャンスは生かしましょう!)

***********************

申込先: momotomonet@hotmail.co.jp 

(担当 美苗子さん)

*** 小出先生ゼミ合宿 原子炉実験所訪問ツアー(大阪・熊取)(最終版)***

【日程】
:2009年10月11日(日)、12日(祝・月)、13日(火)

※ 3連休の2日目からのスタートです。
  「現地集合・現地解散」 。
※ 最終日13日(火)は、「平日」です。
  原子炉実験所内の見学は「平日」に限られているためです。
※ 初日のトークライブ&懇親会のみの参加、
  最初の2日間、最後の2日間など、一部スケジュールのみの参加も大歓迎です。

【集合時間】
10/11(日) 集合 : 12:30    
         京都大学原子炉実験所・事務棟 会議室   
         到着次第、正門で守衛さんに受付をして右手へ。
         直接会議室へどうぞ。

10/13(火)  解散 : 15:00頃  実験所内のどこか


【場所】 京都大学原子炉実験所 
     大阪府泉南郡熊取町朝代西2丁目
     URL: http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/

     原子炉実験所共同利用案内
     http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/JRS/information/information.htm

     『不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉
      URL: http://www.fudouguchikan.com/
      住所:〒598-0023 大阪府泉佐野市大木7番地
      TEL: 072-459-7326( 代 )
     
【ゼミ参加費用(資料代等)】 

@参加費(ゼミ費) 
  
  1日目(トークライブ) 1,000円
  2日目        1,500円(学生1,000円)
  3日目        1,500円(学生1,000円)

  と設定しました。
  資料代 等の合宿時にかかります諸経費は、参加するゼミ員みんなで分担します。
  
A宿泊費 

   1泊目: 実験所内 共同宿泊所 1,000円 
   
    2泊目: 『不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉
          1泊2食付 10,500円+入湯税150円

         ※当日夜に帰る方は、日帰り参加も可能です。
          入浴+宴会食事(皆と一緒)で、5,250円+入湯税75円です。
          宿の予約は、料理の準備があるので、前日11日までに必ず予約をお願いします。
          申込後のキャンセルは、規定のキャンセル料が発生します。
       
B食事・飲み物代  初日11日の懇親会 お料理代 3,000円+各自飲み物代
          その他の食事は、各自分を負担のこと
 
C交通費 実費   現地集合・現地解散です。

※往復の交通手段の予約や購入は、各自の判断・責任でお選びください。
京都大学原子炉実験所 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/

実験所のアクセスについては、下記を確認ください。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/index/access.html

 <飛行機の場合>
  関西空港から 
  JR関西空港駅(関西空港線 関空快速)→ JR熊取駅 
   約15分 440円

 <長距離バス・新幹線の場合>
 JR新大阪駅→JR大阪駅(環状線)→天王寺駅(阪和線快速)→熊取駅
   約50分 780円
 ※JR熊取駅 から バス停「原子力研究所前」まで。
  バスで7分、タクシーで5分ほど(170円)

 熊取駅からのバスの時刻表 ↓
 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/gaiyo/access/bus.pdf

 (当日は、だんじり祭の為、道路が込み合う等で、バスの運行状況が変わります。
  徒歩ですと20分ほどだそうです。早めの時間帯のバスに乗るか、タクシーに乗りあう仲間を募る、
  また、徒歩で行く道順を各自チェックしておいてください)

原子炉実験所のある、大阪府・熊取は、東京からですと最短は「飛行機」の往復です。
(※京都大学の施設ですが、京都ではありません)


【スケジュール】

10/11(日) (合宿1日目) 
12:30集合、
13:00〜17:15頃 

原子力×メディア  トークライブイベント
@京都大学原子炉実験所 事務棟会議室 (大阪・熊取町)
 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/
※参加申込の方に施設案内、地図をお送りしますのでご安心下さい。
           
〜 知ろう、伝えよう、つながろう 〜

 会いに来ちゃいました、
   まっすぐな生き方、聞かせてください!

豪華ゲストで実現
津村氏、岩田氏、今中氏、小出氏の魅力に、ぐっと迫ります。

小出裕章氏によるおはなし
       ・日本列島各地での講演から知る、原子力の現状(ダイジェスト版)
       ・各ゲストのご紹介

各ゲストによるおはなし → 質疑応答
 
【ゲスト】 
毎日放送 ディレクター 津村健夫氏
(MBS『なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所 ”異端の研究者たち”』制作)
http://video.google.com/videoplay?docid=2967840354475600719&hl=ja

潟}フィア・コーポレーション 岩田カズヒロ氏 
(京都清水寺内ご開帳記念講話イベント『奉納 言』 企画実施、『神聖喜劇』を漫画化)
http://www.kiyomizudera.or.jp/2009_news/gen.html
NTV特集「神聖喜劇 ふたたび」 http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2008/0810.html

京都大学原子炉実験所 助教 今中哲二氏
(『なぜ警告を続けるのか〜』 に小出さんと共に主演、
チェルノブイリ等の旧ソビエト諸国の原子力事情がご専門)
原子力安全研究グループHP http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/


→ 18:00〜21:00頃 懇親会
  (花舟庵さん定員30名まで、会費制) 

〜〜〜 原子炉実験所 共同宿泊所 (泊) 〜〜〜 

10/12(祝・月) 
(合宿2日目)  
午前10時〜午後15時頃まで 
小出先生によるゼミ
(講義+質疑応答) @原子炉実験所・会議室 
 ↓
15:30発、送迎バスにて「不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉へ移動 (約10〜15分)
散歩、温泉、宴会、就寝
 
〜〜〜 不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉(泊) 〜〜〜

10/13(火) 
(合宿3日目) 
不動口館にて、朝風呂、朝ごはん、散策
10:00チェックアウト後、原子炉実験所へ送迎バスで移動(約10〜15分)
昼食をはさんで、実験所内の原子炉等の施設を見学。
15時頃、解散予定

【ツアーのポイント】

今回の見どころは大きく3つ!(日程順)

@ 素敵なゲスト3人をお迎えします。
  小出先生は、参加者みんな と ゲストの3名 をつなぐキーパーソン。
  そこで、今回、ゲストのご紹介をお願いし、みんなをつないでいただきます。
 
1)ゲストのおひとり目は、第46回ギャラクシー賞のテレビ部門 選奨 を受賞された、
 映像08’ 「なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち〜 」を作られた、
 毎日放送(大阪)の津村健夫ディレクターです。

 この番組の応援する活動(DVDを無料で配って声を届けよう!)をみんなでコツコツしてきましたが、
 DVDを手渡されたほんとうにたくさんの方々が、応援の声(メールやFAX)を届けてくださいました。ご協力、本当にありがとうございます♪ 

 今回、小出先生のお膝元に原子炉を見にいくのだったら、ぜひ津村さんにおはなしが聞きたいです。と、
小出さんにお願いしたところ、幸運なことに、みんなと一緒に、直接、お礼を言い、お話を聞けることになりました。
 ※現在、YOU TUBE でも観れます。
 http://video.google.com/videoplay?docid=2967840354475600719&hl=ja

2)ゲストのおふたり目は、今年の4,5月に、京都の清水寺の境内にて、
ご開帳記念の連続講話イベント「平成21年 奉納「言」(第3回)」を企画実施された、
 株式会社マフィア・コーポレーションの岩田カズヒロさんです。
 (マフィア? MAFIA? 詳しい由来は、当日伺いましょう) 
 津村さんの「映像’08」をご覧になられた岩田さんが、
 河内家菊水丸さん、ワダエミさん、佐高 信さん、梁 英姫さん、雨宮処凛さんなど、
 様々な分野で活躍するゲストの方々の一人として、小出さんに声をかけてくださったそうです。
 テーマ: 本当に「原発(原子力発電所)は要る」のか!?
     原子力の研究者が反・原発を説く訳を聞いてみませんか?
このイベントでは、清水寺の境内での講話ということで、初めて原子力のおはなしを聞く人が多く参加。新しい層にぐっと広がっていったようです。

 岩田さんのご活躍は多岐に渡っており、作家大西巨人氏の「神聖喜劇」の漫画化に取組み、
 日本漫画家協会賞および手塚賞を受賞。
 http://www.yomiuri.co.jp/book/author/20060530bk01.htm
 http://www.asahi.com/shimbun/award/tezuka/senkou07.html 
 これを機に、「神聖喜劇」の再ブームを作り出されました。
 その歩みを撮影した番組が、NHKで放映され、ギャラクシー賞を受賞しました。
 NTV特集 http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2008/0810.html
  (2008年4月13日初放映、2008年の8月10日再放送)

3)ゲストの3人目は、長年にわたり、小出さんと共に、反原発の道を共に歩んでいらっしゃる、原子炉実験所の 今中哲二先生です。
 映像’08の番組中では、チェルノブイリ、セミパラチンスクの土壌調査などをされている姿。
 そこに表れる放射能の汚染を科学的に解明したとしても、そこで暮らす方々の文化や生活そのものが消されていくこと、
 そこで暮らす方々の悲しみや怒りは?という問いかけをされ、現地の方々の気持ちに寄り添う今中先生。
 そして、原子力が推進されているのはなぜか?という問いに、原子力が利権構造化している現実をわかりやすく説明し、
 さらに核武装していくための能力を備えておきたいのだろう。との言葉。ドキっとしました。
 原子力の研究者という立場から、真剣にカメラに向かって語る姿。勇気がありその姿、発言は、多くの方の胸に深く刻まれました。
 
 今中先生・小出先生の歩みは、原子力安全研究グループのHP 
  http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/  をご覧下さい。

A まる一日取りました!
  小出先生じきじきの少人数ゼミです。

  <45分間の小出先生のゼミ+20分間の質疑応答(わいわい、じっくり) を 4コマ分、取りました。
  なんだか学校みたいです。

  ゼミでしっかり学んだ後は、夕方からは、犬鳴山の渓谷ぞいへ移動。
  近所を散策し、そのあと、気持ちのよい温泉(2種類)でのんびり。その後、宴会です。
  時間がたっぷりあるので、ゼミ生のみんなが小出さんと直接おはなしできます。

  【2日目 小出ゼミの内容について】
  ゼミ生から募集した質問をまとめ、小出さんにようやく提出しました(10/4) 

B 原子炉実験所の施設の見学をさせていただきます。
  原子炉って、どうなってるのでしょうか?
  実験所内ではどのような仕事をしているのでしょう?
   (現在、17名ですので、10名以上の為、今中先生も付き添ってくださるそうです。(感謝)

  → こちらは、定員20名、受付は1週間前までです。注)10月6日迄 

*************************

以下、参加申込メールのフォーマットです。

--------- 参加申込メール -------

○お名前(フルネーム) & ニックネーム
○所属(勤務先、職業、学校、等)
○どんなルートで、今回の小出ゼミ合宿を知りましたか?
○連絡先 
・MLに登録OKなメールアドレス
・携帯電話(あれば)

○参加形態: 必ず、お書きください。
例)11日トークライブ+懇親会の日帰りコース。
  12日小出ゼミの終了後、温泉の前まで等、  
  合流するタイミング と 帰るタイミングの記入をお願いします。
  2日目からの参加も可能です。
  3日目は施設への申込締切が早く(10月6日正午まで)定員も20名です。
  締切後、定員後の対応は難しいです。あらかじめご了承下さい。

○初日11日(日)夜の懇親会の参加について  参加する OR しない
  (参加費 お料理代3,000円+各自飲み物代)

○宿泊の有無 【最重要】

1日目 : 実験所の共同宿泊所 OR その他(自分で探す・友人宅)
        1,000円

2日目 : 不動口館  OR その他(自分で探す・友人宅)
        10,500円 + 入湯税150円

○分担していただけるお仕事、得意なことを教えてください。
 記録係(文、映像、画像)、HPやブログへの記事のUP,
 飲み会幹事、食事ごとの会計係、受付、司会、その他

○質問等あれば

--------------------------------------------------
申込先: momotomonet@hotmail.co.jp 
(担当:美苗子さん)

質問など: ecomomo8@m9.dion.ne.jp 井上
      090−9106−0308(携帯・ソフトバンク)
 
取りまとめ)
   エコロジー雑貨ももんが & 
     ももんがともだちネット 井上(まぼ)




posted by momotomo at 01:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

10月11日 原子力×メディア トークライブイベント@京都大学原子炉実験所(大阪・熊取町)

みなさま

こんばんは。

ももんがの井上です。

10月2日からはじまった
一連の反原発のイベントにご参加の皆様、
お疲れ様でした!

全国各地から集まられた皆さんのおはなしを聞いたり、
家族のように思っている、東北からのお友だちと笑顔で乾杯したり、はじめましてのお客さん(日本各地から)と、
ブースでおはなししたり、一緒に布メッセージを描いたりしながら、
色々なことを考えました。
元気をいっぱいいただきました。
ありがとうございました。

3日、会場でお会いできた皆さん、
ももんがのブースに遊びに来てくださった皆さん、ありがとうございました!
このMLのお友だちもたくさん足を運んでくださいました(感謝)
テントや備品等を貸してくださった誠さん、ありがとうございました。
当日は、一人でもそもそ出店した日だったのですが、
かわるがわるに遊びに来てくれるので、
笑って話しているうちに、あっという間におわってしまいました。
通販のお会いしたことがなかったお客さんも2組も!足を運んでいただけました。
ちょっと照れたりしながら、よろしく!って握手しました。
顔が見えるとうれしくなっちゃいますね。
小出ゼミのおすすめ!というお話や
「犬と猫と人間と」の話、みんなの近況等あれこれに、
話に花が咲きましたー。
夜は、東北の6ラプサミットチームの方がたと一緒の交流会。
楽しかったなぁ。


そして、4日(日)、どきどきの初の試み。
奈々ちゃんや愛ちゃん、誠さんたちががんばって準備していた、
ビーズカフェイベント、ワールドカフェ形式の新趣向のイベント。
私は、当日だけだったのですが、裏方のカフェスタッフでちょこっとお邪魔しました。ちこまか廊下を移動するたびに、部屋をのぞくのですが、そのたびに、笑顔が多くてとても素敵な空間でした。
その静かな活気に、そして、元気な笑い声に、
とても勇気付けられ、希望をいっぱい持ちましたー。

みなさんは、今晩あたりバタンキューだったり、
雨の降るなか、のんびり疲れを癒されているかとおもいます。
畳み掛けるようで恐縮しちゃいますが、
今週末の日曜日に企画しておりますトークライブのご案内です。

直前のお誘いになってしまいましたし、
ちょっと(?)遠いのですが、関西にお住まいの皆様、
また、3連休中、関西におでかけのかた、
どうぞ、お誘いあわせのうえ、お越し下さいね!

お待ちしています。

******** 転 載 歓 迎 *************

10月11日
 原子力×メディア  トークライブイベント
   @京都大学原子炉実験所(大阪・熊取町)

〜 知ろう、伝えよう、つながろう 〜

 会いに来ちゃいました、
   まっすぐな生き方、聞かせてください!

豪華ゲストで実現
津村氏、
   岩田氏、
      今中氏、
         小出氏の魅力に、ぐっと迫ります。

日時:2009年10月11日(日)

集合時間・場所: 12:30集合 
           京都大学原子炉実験所・事務棟 会議室 
           http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/

           (京都ではありません。必ず確認してください)
           正門で守衛さんに受付をして、直接会議室へどうぞ!
    
13:00〜17:30頃 (終了時間未定)

18:00〜21:00頃 懇親会

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

小出裕章氏によるおはなし
       ・日本列島各地での講演から知る、原子力の現状(ダイジェスト版)
       ・各ゲストのご紹介

各ゲストによるおはなし → 質疑応答
 
【ゲスト】 
毎日放送 ディレクター 津村健夫氏
(MBS『なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所 ”異端の研究者たち”』制作)
http://video.google.com/videoplay?docid=2967840354475600719&hl=ja

潟}フィア・コーポレーション 岩田カズヒロ氏 
(京都清水寺内ご開帳記念講話イベント『奉納 言』 企画実施、『神聖喜劇』を漫画化)
http://www.kiyomizudera.or.jp/2009_news/gen.html
NTV特集「神聖喜劇 ふたたび」http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2008/0810.html

京都大学原子炉実験所 助教 今中哲二氏
(『なぜ警告を続けるのか〜』 に小出さんと共に主演、
チェルノブイリ等の旧ソビエト諸国の原子力事情がご専門)
原子力安全研究グループHP http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/

●資料代等  1000円

●お問い合わせ 申込先
 momotomonet@hotmail.co.jp     

☆件名を「トークライブ参加申込」としてください。

☆お名前(フルネーム)
☆連絡先(携帯電話・メールアドレス)
☆会社名・団体名・個人などの所属名
※個人情報は,実験所への入講のため 必要となります。

☆トークライブ後の懇親会へのご参加の方は、申込時に明記してください。
参加費 3000円 + 飲み物1杯 500円〜
(懇親会のみ、定員まであと5〜6名)

※このトークライブは、小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)の元に、全国から集まり、
直接原子力のことを学ばせていただく、小出ゼミ合宿第2弾(2泊3日)中のスケジュールのひとつです。

参加者には、下記2点の映像を、事前に観ていただいています。
@毎日放送 『なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所 ”異端の研究者たち”』制作)
  http://video.google.com/videoplay?docid=2967840354475600719&hl=ja
ANTV特集 『神聖喜劇ふたたび』http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2008/0810.html


※トークライブへは 当日の飛び込み参加も大歓迎です(定員70名)
 会場も広いですので、まだ余裕があります。

※ ゲストのプロフィール や イベントの開催経緯、スケジュール、現在の空き状況などの詳細は、
別途、ももんがともだちネットブログの
「小出ゼミ合宿第2弾 について 現状報告・ご案内」
をご覧ください。

今回のゲストの皆さんの歩みは、骨があり、かっこよく、
大変興味深いのですが、なかなかお話を伺うことはできないと思います。
そういった意味でも、色々な意味で、
とても貴重で贅沢な機会になると思っています。

みなさまのご参加を、心よりお越しをお待ちしております。

何かご不明なことがございましたら、
井上携帯まで(090−9106−0308)


               小出ゼミ合宿実行委員 
               ももんがともだちネット 井上
posted by momotomo at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。