2009年09月28日

9月26日(土)ぶんぶん通信上映会IN駒込 ご報告

みなさま、こんばんは。

ももんがの井上です。

26日(土)、ぶんぶん上映会 IN 駒込、
無事、終了しました。

参加者は、12名(スタッフ含む)です。
足をお運びいただきました皆様、ありがとうございました。

ひさしぶりにお会いした方も多くて、
懐かしくうれしい気持ちにもなりました。

森のマーケット(ちび)にて、
お買い物をたくさんしてくださった皆様、ありがとうございました。

短い時間枠に、とっても内容の濃い映像を2本、
そして、署名、
ピースフラッグ作り、
また、それぞれから発信されるイベントのご案内等々、
ぎゅぎゅっと、てんこ盛り。
とってもあったかい時間を、みんなでくつろぎ過ぎな感じで(笑)、過ごしました。

最初に筆をとってくれたのは、誰だったんだろう?

菜々ちゃんが描いてくれた、氏本農園さんのわんこ、マキちゃん?

K君&Sさんのお二人の瓜族キュウリのイラスト?

キノコの名前も出てきます(アンズダケ)。

チェルノブイリのことなど、真剣なメッセージもあるのですが、
みんなが描き始めるメッセージもイラストも、
ワクワクしながら観つづけてしまいます。

筆をとり、楽しそうにイラストや気持ちを書き出す仲間を見てると、
その熱気は伝わっていくんですね。

遠巻きに観ていた、みんなも加わってゆき、熱気むんむん。

今回、小出ゼミ合宿の準備スタッフを一緒にお願いしているMちゃん&Rちゃん&U君に、こちらのイベントの準備も終始助けていただけ、
S平さんには、ももんがの物販まで助けてもらえちゃいました。

なので、私は、ゆるみっぱなし、心開きっぱなしで、畳の上で、
祝島の映像を観、みんなをお迎えし、
祝島で暮らす生き物たちの気持ちになって過ごしました。
ピースフラッグ作りにも参加できました。
(普段は、準備や進行でてんてこまいで、自分は絶対かけないんです。仕事をさらりと分担してくれる仲間のおかげです。)

ももんがともだちネットのチームは、ももんがが駒込にあるので、
駒込でのイベントが多いのですが、特に「地元」というのはありません。
みんな、色々なところでがんばっている仲間のゆるやかなつながりなので。
祝島のことを、一地域の問題だと思われないように、
各地からの発信をしましょう。という呼びかけなんだよ。と伝えて、
みんなの住んでいる町を書こうよ。
こんなところからも応援してるよ。って伝えようよ。と言ってみたら、本当に色々な町の名前が書き添えられていきました。

仕上がりは、画像で3日にご紹介しますが、、、。

現在のピースフラッグ。

ももんがチームの旗の真ん中にどーーんとがんばってくれているのは、Nちゃん作、力みなぎる、はんかくま君です。
(熊のおでこに反核って書いてある(笑)

右隣では、Sちゃんのピンク色の子コブタが、駄洒落言ってます
(くすっ)

右上には、Mちゃんが、かわいい朱色のぷっくりした蛸を描いてくれました。

その横には、Rちゃんが、カンムリウミスズメの絵。
その子は誰?って聞いたら、羽ばたく様子をまねっこ。
わかった! 

その隣には、Hさんが、神妙な面持ちで何かを書いています。
厳粛な雰囲気・・・。
あっ、びわの実だ!!おいしそうです。
写実的っていうのかな?とっても上手ですね。

Nちゃんは、しなやかにまるで生きているかのような、
鮮やかな水色のスナメリを描いてくれました。

ジュゴンを描きなれているそうで、ジュゴンとの違い(背びれのとこ)のレクチャーを受けて、
みんなも真剣にうなづいたりして。

同じくジュゴンのよこに、U君のメッセージがありました。
イラストはNさんに教えてもらって描いたのかな?
そっくりながらちょっぴり太めなスナメリさん♪

みんな、描いているうちに楽しくなってきた。と口々に言ってくれて、今度は旗作りだけで集まろうよ!という声もあがってきました。

じーん。

すぐに送りたかったのですが、旗の上半分がかなりさびしいのと、
淵のところが、ぎざぎざのままなので、10月3日に、
イベントのブースにて、引き続き、かわいいイラストを描いてもらおうと思ってます。
布のまわりのお化粧飾りなども、得意な方にお願いしたり、
持ち寄った素材でちくちくしたりできたら素敵だね。といいあいました。

26日にかけなかった方は、ぜひ、
3日にももんがのブースに来てくださいね。

終了後、お店に移動して、遅い夕飯を食べながらの、
感想タイムは、とってもよかったです。
同じ映像を観ているのですが、それぞれの視点が違うので、
ほほーーとか、へーー、そうともいうんだ。とか、発見も多くて。
分かち合いタイムはやっぱり欲しいなーと思いました。

********************

ご報告)

○グループ現代さんへ 下記の通り、上映料 をお支払いします。

10名(スタッフ含む)×2本分(600円)=6,000円
 2名        ×1本分(400円)=  800円
____________________________
                   合計 6,800円 

※このように、とても気軽に、
小さな上映会を重ねることができるのは幸せなことです。

何十万とかだったら、踏み出せない人も、気軽にできるし、
それが回数を重ね、世界各地で行われていったら、
色々な変化が一気に起こりますね!

同時に、コツコツと少額ながら集まるお金は、
そのまま、今後の鎌仲監督チームの映画の撮影費用になります。

こんな小さな上映会でもいいんだーと思ってくださる方が増えますように!
 色々な場所で行えるんだよ。ということを伝えて、応援団を増やしていきたいな。と思ってます。


○当日、会場で集めさせていただいた祝島の活動への寄付:
かごに入れていただいた会費から、グループ現代さんへの上映料、公民館の室料500円を引きまして、2,240円となりました。

→ 10月3日にも引き続き集めて、まとめて旗と共にお届け予定です。


○ 昨日、27日の朝から走り始めました☆

やれできマラソン 2009

青森→沖縄 3000kmの道

http://water-green.didit.jp/


米原草太くん(23歳)がマラソンで、
それを支える弟さんの幹太君(19歳)がママチャリで伴走。

青森県六ヶ所村の再処理施設の前を出発し、
  日本を縦断して、
   沖縄やんばる高江 まで走りますよ!

この企画のスタート日が、翌日と迫っていたのでした。
ああ、走り出す前に、カンパ渡したかった!

当日、チラシを持って来てくださった方がいたので、
会場で呼びかけてみたところ、
Sさんご夫妻からなんと1万円が!
さらに、Mちゃんから2千円、ほか3千円の 
合計1万5千円が集まりました。

急いで、現地に彼らを支え、見送りに行ってくれているともだちに電話してみました。
急な電話に対応してくれた奈々ちゃんに感謝です。

090927_0534~03.jpg

090927_0536~01.jpg

※スタートまで秒読み

 八戸から、Tちゃんが写メールを送ってくれました。
 綺麗な海と日の出。パワーを感じます。
 みんなの笑顔、元気をいただきました。


                 ももんが まぼ
posted by momotomo at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「犬と猫と人間と」、応援します♪

090926_120238.JPG

画像・かわいい子に会いました!
みんな埼玉県の保健所にいた子犬たちです。

動物愛護週間のイベント会場の芝生のところで、
兄弟犬たちと一緒に、子犬たちが10匹以上、
のんびりしていました。
張り切っている子、ごろりんとしてる子。
みんなほんとうにかわいくて、そばにいるだけで癒されました。
(ちゃんと人がぎゅっとか触れないようになっているので、
それもほっとしました)
翌日とかに殺処分されたらどうしよう・・・とちょっとハラハラ心配しちゃって見つめていたら、
担当の方に横に。
話をうかがってみたところ、現在は、様々な啓蒙活動(保健所に来た動物たちの現実を伝える活動)が実を結び、
子犬たちは、抽選待ちという状態とのこと。
(成犬たち、成猫たちはまだまだ殺処分・・・)

こちらにいた虎毛まだら模様の かわいこちゃん。
我が家で溺愛しているあきとそっくりのぶちぶち模様。
オリジナリティーあふれた、世界で一匹の愛らしさです。

どの子もほんとうにいきいき、瞳もキラキラしてて元気いっぱい。
今、新しいお家へ旅立つ前に、同じ月齢の子犬たちと遊びながらルールを学び、人との暮らしをスムーズに始められるようトレーニングを受けている時期とのことでした。


***************

映画「犬と猫と人間と」一緒に観ませんか♪

ぜひ、周りの方にお勧めくださ〜い!

******************

9月20日〜26日までが、動物愛護週間でした。

1週間といわず、1年365日間、
ずーーっと動物を大切に思う日々を送りたいです。

いのちを大切にするってなんでしょう?

そんなことを改めて考えたのは、
この夏、ある映画の試写を見たからです。
(試写状を下さったRちゃん、Sさん、ありがとう)

試写会を見た帰り、私は友人に、こんなメールを送っていました。(ふだん携帯メールを書きません。それでも書かずにはいられないくらい、こみ上げてきた気持ちです)

『今日観た、映画「犬と猫と人間と」は、
犬好き、猫好き、人間好きをみんな巻き込んで、まあるく、
つなげちゃういい映画でした。
私もまあるくつながっていきたいです。
悲しいシーンを覚悟して見に行ったのですが、
それはほんの一部で、心がほっかりして、
優しい気持ちになりました。
とってもお勧めです☆』

試写室は満員。
遅れていった私は、
通路に座布団をお借りして、座って観させていただいたのですが、
あっという間の2時間でした。

****************

映画「犬と猫と人間と」

http://www.inunekoningen.com/ 

(HP上、映像の一部を見ることができます)

*****************

ずっと待っていた映像でした。

想像を超える暖かさ、
新しい発見、希望がちりばめられていました。

この作品が生まれてきてくれたことに、心から 感謝しています。

かわいいだけじゃなく、
かわいそうでもなく(もちろんかわいそうシーンもあるのですが)、
それを超えた、
何かさわやかで、とってもほかっとする感じがしました。

こちらの映画を作ってくださった、
飯田監督の視点の新しさには、
問題に迫る姿勢に、ほほーーっとうなりました。
(もともと他の社会問題をテーマに映画を撮られてきた方ならでは)
ホームレスの方を追った、「あしがらさん」の監督です。

試写を観る前から、絶対観る。って思っていました。

観た後、すぐに、ももんがのなかまたち、お客さんたち、
ともだちにぜひ観て欲しいな。と思いました。

(動物が好きじゃないともだちにもぜひ。
 監督も動物好きじゃなかったのだし・・・)

一緒に、自主上映会をやりたいな。と思いました。

やるぞ。って決めました。 
            ←皆さん、いつも巻き込んでごめんなさい

試写会会場で、応援の為、
前売りチケットを10枚ほどお預かりしています。

そんな話をあちこちでしていたら、
「いいのがあるよ!」って、ももんがのMLへイベントのお知らせが届きました。

こちらのブログでもご紹介しましたが、
26日の埼玉県の動物愛護週間のイベントです。

ただ、26日は、夕方から、ぶんぶん通信の上映会IN駒込 を控えていました。
会場となっている加須市は、実家のある、さいたま市からも電車を3つ乗り継いでいく場所。
行ったことがなかったので、ちょっと遠いかなぁ。駒込のももんがのイベントに支障が出ない?間に合う?と思ったのですが、
監督のトーク、そして、F原さん、企画されたKさんにもお会いしたい、会えるかも?ということで、えいやっと行ってきました。

行ってほんとうによかったです。

加須はおうどんが有名なのでしょうか?
 私は、おそばとおうどんが両方盛られている、夫婦もりを食べてきました!(もう一杯、あったかいおうどんも食べたかったです。)

イベント当日の朝、急遽、電車を乗り継いで加須に向かうことになりました。
もたもたしていたため、監督のトークショー&一部映像の上映がすっかり終わってから、ようやく会場に到着しました(残念)。

トークライブの様子のレポートを待って下さっていた方、
報告ができなくて、ほんとうにごめんなさい。

せっかく駆けつけたので、ちょっとずうずうしいけど、
監督の生の声が聞きたくて、思い切って話しかけてみました。

既に試写会をみせていただいていたので、
監督にいろいろな質問をさせていただいたり(でもまだ聞きたいこと満載)、
このテーマを別の分野の映画監督さんが撮ってくださったことに感謝しています。と声を届けたりすることができました。

自主上映についての細かいおはなしも聞けました。

私が、映画のラストのテロップで、
自分が最近亡くした最愛のぽぽみを、
川崎の保健所から引き出してくださった、
いのちの恩人、S口さんのお名前が出ていたので、
この映画をぐっと身近に感じ、
とても大切に思っている。と、
監督にお伝えしました。

その途端、
監督が
「ああ、そうでしたか。
S口さんのお知り合いだったのですね。。
S口さんが、保護した犬がきっかけでしたか・・・」
と、
まぶしそうな、とってもうれしそうな笑顔になりました。

飯田監督が、動物たちの問題、捨てられる動物たちのこと、
訓練の話などを色々を教えてもらった方が
S口さんだったそうです。
(川崎の保健所の話題にもなりました)

私が未収録映像を全部観たいくらい、とっても興味を持ちました。
と伝えていたのですが、
その収録映像のうち、10時間じゃとてもきかないくらい、
長い時間、S口さんには密着取材をさせてもらいましたよーと。
 
私にとっても、S口さん(とお姉さんのYさん姉妹)は、
ぽぽみの命の恩人というだけではなくて、
私がこの店(ももんが)をはじめ、自分の心のままに動くことを
勧めてくれた方のおひとりです。

保健所から引き出していただいた朝、
ぽぽみを両親と車で川崎市のSさんのご自宅へ迎えにいったのですが、その時に、色々なお話を伺いました。
本当に長時間、丁寧なおはなしでした。

そのとき、何か応援や寄付をしたいです。といった私に、
悲しむ動物たちを減らしたいなら、
とにかく自分のいる場所で、
あなたがこの子と一緒に、
自分のできることをとにかくはじめてみて!
と力強く勧めてくださいました。
そういう人が一人ずつでも増えていくこと、拠点が増えることが鍵だと。

ほんとうにそうだと思います。
それを実際に、軽やかに実践してみせてくださった先輩です。

とはいいながら、忙しさにかまけ、
長らくご報告もできてないくて、
ぽぽみが亡くなったことを伝えるお手紙も書けずにおり、、、。

そのことを監督に伝えたら、
「そういった心の動きも含めてわかってくださる方ですから、あまり急がないで。」とのこと・・・。
また涙があふれてしまいました。。。
 
こういった出会いにも、感謝し、
私なりに、ぽぽみの分も、声を大きく大きく、
この映画を応援していこうと思っています♪


来月、10月10日から、
渋谷のユーロスペースでのロードショーが始まります。
 
ここがとっても大事な時期です。

犬や猫の大好きな方、
これ以上泣いている動物を増やしたくない方、
動物たちの笑顔に、
そしてそれを支える方たちの真剣な歩みを知る機会を
すこしでも多くの方に知っていただけるように、
ぜひ、この映画を観て、応援団として一緒に支えてください!
 
東京にいらっしゃるのが難しい方が多いと思います。

そういう方は、
地元の新聞社や各種マスコミに取り上げてもらえるように、
地域の映画館に、ぜひ映画上映をしてもらえるように、
上映が決まった劇場では、すこしでも長い期間かけ続けていただけるように、
劇場のない地域では、仲間たちで自主上映会を企画できるように、
手足口ぜーんぶ使って、動いてみましょ!
思いがけないところから、縁が生まれるかもしれません。

色々な方法がありますので、一歩ずつ、
自分の得意なこと、
できることを 笑顔で していきましょう!

 ももんがでもユーロスペースで使用できる、 
 前売りチケットを預からせていただきました。
 ちょっぴりお得なのです。
 こんな風な、チケットを預かる応援団も、動物たちの笑顔を増やす動きになります。

 ももんがからの通販の出荷の際にも、お客様にさりげなーく、この映画のチラシのかわいい面を目立つように入れさせていただいています。
 
popo7.jpg
 
 ※去年10月、谷中の町で
  懐かしいみんなと遊んでもらってご満悦のぽぽみ店長

 
               エコロジー雑貨ももんが まぼ

posted by momotomo at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

10/4 イベントのお誘い 【Bee's Café】 Vol.1 「六ヶ所から見つめる未来」

みなさん

下記のイベントのスタッフをされている奈々子さんから、
10/4のイベントのすてきなお誘いが届いていました。
どんな流れで誕生した企画なのか?もよくわかるご案内が、
ももともネットMLに流れたので、イメージがどんどんわいてきます。

大きなイベントの準備に参加できないでいたのですが、
わたしも、前日10/3のイベントと合わせて、
楽しみになってきました。

私もカフェのお手伝いに当日会場でがんばっています。
(おいしいおやつに、つい前のめりになっちゃう・・・)

みなさんも、ぜひ、足をお運びくださいね。


以下、奈々子さんからのお誘い
(普通は下のほうの案内から転送するんだと思うのですが、
そのきっかけなどもわかったほうが、楽しくなるので、
ブログでもシェアさせてくださいー♪)

-----------------------------------

今年の2月7日に急に思い立ち
まぼちゃんとふたりで「えいっ」って新幹線に乗って
盛岡で開催された「六ヶ所村ラプソディ・東日本市民サミット」に
参加させていただきました。

◆「六ヶ所村ラプソディ・東日本市民サミット」のHP
http://lmswkm.net/summit/


あれから、7ヶ月が経ちましたが
いろいろなことが確実に動き出している気がします。

この間に
「東日本市民サミット」の流れを首都圏にも広げよう!
という声に呼応して集まったメンバーで
あーでもない、こーでもないと試行錯誤を繰り返していました。

その流れで、来る10月4日(日)に“大井町きゅりあん”で
ちょっと変わったイベントを開催することになりました。
実験的な要素も大きい、初めての試みのイベントです。

青森・岩手・宮城のみなさんが、ギュっと集結して動いているので、
首都圏では、私たち一人ひとりの中で再処理工場のことを捉え直し、
「私たちにもできること」に結びつくような「つながり」をつくろうという
目的で、とにかくやってみようと思います。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ミツバチたちのように集まろう!語ろう!伝えよう!
「ワールド・カフェ」スタイルの交流会

【Bee's Café】
Vol.1 「六ヶ所から見つめる未来」

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
Web: http://www.nonukesmorehearts.org/bees-cafe.html
Blog: http://bees-cafe.jugem.jp/
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

★開催日時 : 2009年10月4日(日) 10:00〜16:00
★会場 : きゅりあん(品川区立総合区民会館) 5階 第2・第3・第4講習室
東京都品川区東大井5-18-1 / 京浜東北線・東急大井町線・りんかい線大井町駅前
*駐車スペースはありません。 
きゅりあん地図 http://www.shinagawa-culture.or.jp/curian/cumap.html
★参加費 : 1000円 (おもてなしドリンク&スイーツ付)
※予約制(定員150名) 
★ゲスト : 廣瀬裕子 / 志葉玲 / サワサキヨシヒロ / YAM / 冨田貴史

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

詳しくは、ホームページをご覧ください。
Bee's Cafeのホームページには
ミツバチがぶんぶん飛んでいます。カワイイです!
http://www.nonukesmorehearts.org/bees-cafe.html


このイベントのプレ企画として、
専用のブログ上で「私とロッカショ」というインタビューを連載してるのですが・・・
この内容が、とってもいいのです!!!

◆Bee's Cafe ブログはコチラ
http://bees-cafe.jugem.jp/


フツーに暮らす私たちのことばで
「六ヶ所村核燃料再処理工場」から見えたもの・感じたことが語られています。

当日も、リラックスした雰囲気の中で、
みんなが自分の想いを語り合えたら
Bee's Cafe は大成功です♪

みなさま、どうぞお気軽にお集まりください!

当日は、ヴィーガン仕様のスペシャルスイーツ

●豆乳アーモンドチョコタルト
●アップルクランブルパイ のいずれか1つと
オーガニックドリンクのおもてなし付でーす。

☆参加申し込みはコチラから☆
http://www.nonukesmorehearts.org/bees-cafe_mail.html

posted by momotomo at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物愛護週間のイベントのお知らせ☆ 日本にアニマルポリスを誕生させようメルマガより転送-----

みなさまへ

こんばんは。

ももんがの井上です。

20日から動物愛護週間がはじまりました。

映画「犬と猫と人間と」 トーク&ダイジェスト上映会
下記のイベントに、ドライブがてら行ってまいります。

お時間のあるかたも、どうぞ、
お近くのイベントを見つけて、足をお運び下さい。

下記は、ももんがともだちネットに、Aさんがご紹介くださった、
メルマガからの転送です。

Aさん、
日本にアニマルポリスを誕生させようメルマガを発行してくださっているみなさん、
動物たちのために、ありがとうございます!

お知らせ2つ


-----以下、日本にアニマルポリスを誕生させようメルマガより転送-----
http://www.animalpolice.net/

**********************************
H21年の動物愛護週間地方行事
http://animalpolice-net.blog.so-net.ne.jp/2009-09-06
**********************************
H21年の動物愛護週間地方行事一覧を、
ブログにアップしました。

http://animalpolice-net.blog.so-net.ne.jp/2009-09-06

皆さんは、お出かけになりますか?
各地でさまざまな企画があるようですので、
ぜひ出かけてみてくださいね。

埼玉では、9月26日(土)
「彩の国さいたま 動物愛護フェスティバル2009」にて
映画「犬と猫と人間と」 トーク&ダイジェスト上映会も開催されます。

時間 : 開場:午前9時45分  開演:午前10時  終演:午前11時頃
会場 : 第2会場(パストラルかぞ小ホール)
内容 :
●「犬と猫と人間と」予告編上映…映画の全体像を掴んでもらう。(4分)
● 飯田監督による、犬猫を取り巻く現状説明と作品紹介(30分)
● 映画本編より一部上映(15分)


「彩の国さいたま 動物愛護フェスティバル2009」の詳細は、
下記、HPをご確認ください。

http://www.pref.saitama.lg.jp/A04/BB02/2009%20aigosyuukann.htm

当日、「日本にアニマルポリスを誕生させよう!」賛同者の方に呼びかけ、
作成することができた啓発リーフレットの配布やパネルの展示、
更には、とあるプロジェクト特製(もうじき正式発表がありますので
お待ち下さい)の鑑札・迷子札ホルダーの無料配布を、
「チームプロジェクトZERO」(「日本にアニマルポリスを誕生させよう!」賛同者が中心に、
啓発のために立ち上げたグループです)で行うことになっています。

ぜひ足を運んでくださいね。


**********************************
動物愛護週間60周年記念切手の発売について
**********************************
9月18日(金)から来年3月17日(水)まで、
「寄付金つき動物愛護週間60周年記念切手」が全国の郵便局で販売されます。

ポスターの画像をブログにアップしました。

http://animalpolice-net.blog.so-net.ne.jp/2009-09-06-1

この切手は、動物愛護週間中央行事のイベントと、
長野県(小諸市で開催)及び川崎市のイベントで移動郵便局が運営され、
そこでも発売されます。

公募で選ばれた写真を元に作成されたとってもかわいい記念切手。
動物愛護のために使われる寄付金つきです!
皆さん、ぜひ購入してくださいね!

参考URL

http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2009/h210918_t.html




posted by momotomo at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

修正あり)9/26 ぶんぶん通信上映会のお誘い

9/26 (土)
『ぶんぶん通信no.1』 & 『ぶんぶん通信no.2』 上映会 IN 駒込

皆様へ 
こんばんは。

ももんがの井上です。
みなさん、お元気ですか?
連休の後、職場の仕事が・・・。
残業確定です(泣)。

そのため、丁寧な発信がやっぱり出来ていませんが、
明日は、映画「犬と猫と人間と」の短いバーションの上映、
監督トークショーのご案内が先日、東さんからありました。
新入りわんこのめめちゃん(お預り犬)を連れて、行ってまいります!

その後、駒込へ、祝島応援で使う実家の布などをもって、移動。
みなさんを、勤労福祉会館にお迎えしてのぶんぶん上映会です。

ももんがの商品をお買い求めいただけるかたは、
ぜひ、メールにて、ももんがまでご注文をお願いします。
公民館へ運んでいきます!

(スタッフをお願いしている方は、17時に
 ももんがまでどうぞお願いします)

○ ぶんぶん上映会について

 料金がさがるお知らせ、部屋の修正のお知らせ

予告いたしましたとおり、
9月26日(土)の夕方から、ぶんぶん通信の上映会IN駒込 を行います。

<料金のこと>

上映の申請をグループ現代さんにしましたところ(←遅すぎ)、
みっちんから、2本上映するときは、800円じゃなくて、600円を、
グループ現代にお支払すればOKって、教えてもらいました。

なので、ももんがでお預りするのは、
上映2本の方は、600円+会場費・お茶・おやつ代100円の合わせて、
700円です。
上映1本の方は、400円+会場費・お茶・おやつ代100円の合わせて、
500円です。
(2本立てが、とってもお得!)

受付には祝島への応援寄付箱を(しっかり)置き、お預りします。
こちらもよろしくお願いします。

<お部屋のこと>

第「一」和室が正しいのですが、
すぐお隣の第「二・三」和室としてご案内してしまいました。
ごめんなさい。(ブログ上は後日変更したのですが、
すでにMLなどを経て、ご自分のブログなどに転載してくださった方、ごめんなさい。
お部屋は横ならびですし、看板に「ももんがともだちネット」とありますし、分かるようにしておきます。


2点、変更させてください。

現在、すでに10名ほどの予約をいただいております。感謝)
20名定員のお部屋です。

                   ももんが 井上

                    
〜☆〜『ぶんぶん通信no.1』&『ぶんぶん通信no.2』 上映会 IN 駒込 〜☆〜

2009年9月26日 (土曜日) 夕方

17:45 〜 開場・受付 

18:00 〜 19:10 『ぶんぶん通信no.1』 上映(70分)

19:10 〜 19:30 フリータイム 
              
19:30 〜 20:33 『ぶんぶん通信no.2』 上映(63分)

20:33 〜 21:15 フリータイム 

21:15 〜 終了

※フリータイム中に、現地で使っていただく、布メッセージ作りをしています。
各自が制作した布メッセージをお持ちよりいただいてもOK。ももんがで一緒に送りま
すよ。
また、署名(祝島&六ヶ所)&祝島へのカンパも、ももんがともだちネットでも集め
ます。

※終了後、近くのお店で、簡単な懇親会を予定しています。
今回、山口県・祝島のSOSをどうしても、ももんがの仲間たちにお伝えしたくて、
欲張って上映を2本としましたので、わかちあいタイムが十分にとれていません。
夜遅い時間となりますが、よろしければそちらにご参加下さい。

○会場:文京区勤労福祉会館 3階 第一和室 ※
                        第二・三和室ではありません。
 
   東京都文京区本駒込4−35−15
URL:http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_keizai_shisetsu_kinpuku.html
山手線 駒込駅(東口)下車 徒歩9分,
     田端駅(北口)下車 徒歩10分
南北線:駒込駅(1番口)下車 徒歩11分
〔上58〕早稲田←→上野松坂屋前(『本駒込四丁目』下車前)
〔東43〕東京駅丸の内北口←→荒川土手操車所前(『動坂下』下車 徒歩5分)
最寄駅からの地図はこちら ↓
http://www.city.bunkyo.lg.jp/var/rev0/0009/9555/map_kinpuku.pdf住所

○電話:03(3823)6711 (会場・文京区勤労福祉会館)
   
○申込・問合せ:
ももんが井上 ecomomo8@m9.dion.ne.jp 090-9106-0308
○定員: 会場は20人定員です。
      できるだけ予約をお願いします。

○参加費:

映画上映代(グループ現代さんへ) + 100円(会場費・お茶おやつ代) で
す。

例)
1本映画を観る方は、映画上映代400円+100円(会場費・お茶おやつ代)= 
500円
2本映画を観る方は、映画上映代600円+100円(会場費・お茶おやつ代)=7
00円

○カフェコーナー

祝島のおいしいびわ茶をご用意します。
おやつはちょっぴりパレスチナのオリーブを使ったクッキーをご用意しますが、
お腹のすく方は、各自ご持参いただくか、
会場内で「ももんが・森のマーケット(ちび)」が出ています。
そちらでお買い求め下さい。

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜
詳しくは、下記のサイトをご覧下さい。

新作映画「ミツバチの羽音と地球の回転」(仮題)
http://888earth.net/index.html

●ぶんぶん通信とは
映画「ミツバチの羽音と地球の回転」…2010年 春 公開予定
この映画は旅するカメラの記録です。
持続可能な未来のヒント・希望を追いかけ、社会をシフトする
人間のエネルギーやネットワークが生み出されようとしている
その瞬間を記録し発信する、ドキュメンタリーの映画です。
映画の完成までの制作過程をまとめたビデオレター「ぶんぶん通信no.1」(70分)が
2009年4月にDVDで発売されました。
http://888earth.net/dvd.html

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の制作過程を公開するビデオレターです。
いわば映画の卵のようなもの。
山口県祝島とスウェーデンの撮影を中心に新作で描こうとしている
今まさに起きている現実を、なるべくリアルタイムで報告します。

ぶんぶん通信 no.1
「地域を守る人々の意志」(2009年/70分)
千年続く祭り「神舞」が継承される祝島。島の真正面に計画されている上関原発。
島の人々は27年間反対を続けて来た。しかし、計画は具体的に迫ってきた。
自然と共に生きる人々と地域の暮らしはどうなるのか?
一方、スウェーデンでは電力の自由化が進み、自然エネルギーだけを選択できる
仕組みもとられている。
スウェーデンでは持続可能な社会をつくる市民の取り組みがすでに始まっている。
そこでは環境NGO「ナチュラル・ステップ」が提唱する持続可能になるための
システム条件が重要な役割を果たしている。
監督:鎌仲ひとみ プロデューサー:小泉修吉
撮影:岩田まき子 録音:河崎宏一 助監督:南田美紅
上映配給:巖本和道、藤井佳子 制作スタッフ:冨田貴史、村井祥平

ぶんぶん通信 no.2
「いっしょに生きる道」(2009年/63分)
原発予定地、田ノ浦を守りたいと「長島の自然を守る会」が調査を行う。
田ノ浦は生物多様性のホットスポット。貴重でかけがえのない場所、
破壊したら二度と取り戻すことはできない環境だと海洋生物の専門家たちは
主張する。
絶滅が危惧される数々の生き物たちがこの生態系を支え、また支えられている。
スナメリ、カンムリウミスズメ、カサシャミセンなど、これらの生き物が原告となっ

自然の権利訴訟が始まった。
一方、祝島の外からサーファーやシーカヤッカーたちが集まり、ユニークな行動を起
こす。
監督:鎌仲ひとみ プロデューサー:小泉修吉
撮影:岩田まき子、山本健二 録音:河崎宏一、服部卓爾 
助監督:南田美紅 上映配給:巖本和道、藤井佳子 
制作スタッフ:冨田貴史、村井祥平

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

posted by momotomo at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

9/26(土)『ぶんぶん通信no.1』&『ぶんぶん通信no.2』上映会 IN 駒込

9/26(土)『ぶんぶん通信no.1』&『ぶんぶん通信no.2』上映会 IN 駒込

皆様へ 

こんにちは。

駒込エコロジー雑貨ももんがの井上です。

あちこちでお知らせさせていただきましたとおり、
今週末、9月26日(土)の夕方から、
鎌仲ひとみ監督の「ぶんぶん通信」の上映会を行います。

ももんがの森のマーケット(9月)、
小出ゼミ合宿メンバーの方の事前学習会、
六ヶ所の署名ステーション、
祝島の署名&カンパ集め、布メッセージ作り をすべて兼ねています。
(欲張っててすみませんっふらふら

ぜひ、お友だちをお誘いあわせの上、お越し下さい。

なお、初回のご案内時より、二点ほど、
修正を加えさせてください。そそっかしくてごめんなさい。

@会場のお部屋について:
 誤)第二・三和室 → 正)第「一」和室

A参加費について:
 会場費 誤)200円 → 正)100円
 例)映画2本+会場費の場合、合計額 誤)1000円→正)900円

                     ももんが 井上


お待たせしました!

2007年春、地球のなかま映画祭「ヒバクシャ&六ヶ所村ラプソディー」IN 駒込 から2年が経ちました。

みなさんの生活や気持ちは、
どのように変わっていったでしょう?

六ヶ所村の再処理施設は、今、どうなっているんだろう?

鎌仲監督の新作の撮影はどんな感じで進んでいるんだろう?
(スウェーデンと山口県の祝島が舞台です)

自然から離れて暮らしてしまうと、
 私たちの視野は、どんどんと小さくなります。

こちらの映像を2本を一緒に味わいながら、
五感を研ぎすませるひとときを過ごしませんか。

現在、瀬戸内にある、山口県の長島・祝島では、
27年間、豊かないのちの海を守るために動かれてきた漁師さんとご家族の皆さん、その海で暮らしているすべての小さな生き物たちから、今、SOSの声が届いています。

世界各地から、海を大事に思い、
様々ないのちを大切に思う仲間からの「支え」が必要な事態です。

そのままの海が大事。
地球は人間だけの星じゃないよ。小さな生き物たちのいのちだって、とっても大事。と思うみんなにとっても、
ほんとうに見過ごせない事態になっています。

でも、大きな力(電力会社や政府)にとって、
不都合なニュースは、なかなか報道されません。


同じ星に暮らす家族だったね。
と、優しい気持ちを思い出せる時間となりますように。

そして、自分の暮らしている場所でも、
できることがいっぱいあることをに気づき、
元気を出して、歩みはじめるひとがひとりでも増えていきますように。

どうぞ、周りの皆様をお誘いあわせの上、ご来場ください。

お待ちしています。
                 

        ももんがともだちネット&エコロジー雑貨ももんが
 
                    
〜☆〜『ぶんぶん通信no.1』&『ぶんぶん通信no.2』 上映会 IN 駒込 〜☆〜

2009年9月26日 (土曜日) 夕方

17:45 〜 開場・受付 

18:00 〜 19:10 『ぶんぶん通信no.1』 上映(70分)

19:10 〜 19:30 フリータイム 
              
19:30 〜 20:33 『ぶんぶん通信no.2』 上映(63分)

20:33 〜 21:15 フリータイム 

21:15 〜 終了

※フリータイム中に、現地で使っていただく、布メッセージ作りをしています。
各自が制作した布メッセージをお持ちよりいただいてもOK。ももんがで一緒に送りますよ。
また、署名(祝島&六ヶ所)&祝島へのカンパも、ももんがともだちネットでも集めます。

※終了後、近くのお店で、簡単な懇親会を予定しています。
今回、山口県・祝島のSOSをどうしても、ももんがの仲間たちにお伝えしたくて、
欲張って上映を2本としましたので、わかちあいタイムが十分にとれていません。
夜遅い時間となりますが、よろしければそちらにご参加下さい。

○会場:文京区勤労福祉会館 3階 第一和室
              ※第二・三和室ではありません。
   東京都文京区本駒込4−35−15
URL:http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_keizai_shisetsu_kinpuku.html
山手線 駒込駅(東口)下車 徒歩9分,
     田端駅(北口)下車 徒歩10分
南北線:駒込駅(1番口)下車 徒歩11分
〔上58〕早稲田←→上野松坂屋前(『本駒込四丁目』下車前)
〔東43〕東京駅丸の内北口←→荒川土手操車所前(『動坂下』下車 徒歩5分)
最寄駅からの地図はこちら ↓
http://www.city.bunkyo.lg.jp/var/rev0/0009/9555/map_kinpuku.pdf住所

○電話:03(3823)6711 (会場・文京区勤労福祉会館)
   
○申込・問合せ:
ももんが井上 ecomomo8@m9.dion.ne.jp 090-9106-0308
○定員: 会場は20人定員です。
     できるだけ予約をお願いします。

○参加費:
映画上映代(グループ現代さんへ) + 100円(会場費・お茶おやつ代) です。

例)
1本映画を観る方は、映画上映代400円×1本+100円(会場費・お茶おやつ代)= 500円
2本映画を観る方は、映画上映代400円×2本+100円(会場費・お茶おやつ代)=900円

○カフェコーナー
祝島のおいしいびわ茶をご用意します。
おやつはちょっぴりパレスチナのオリーブを使ったクッキーをご用意しますが、お腹のすく方は、各自ご持参いただくか、
会場内で「ももんが・森のマーケット(ちび)」が出ています。
そちらでお買い求め下さい。

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

詳しくは、下記のサイトをご覧下さい。

新作映画「ミツバチの羽音と地球の回転」(仮題)
http://888earth.net/index.html

●ぶんぶん通信とは
映画「ミツバチの羽音と地球の回転」…2010年 春 公開予定
この映画は旅するカメラの記録です。
持続可能な未来のヒント・希望を追いかけ、社会をシフトする
人間のエネルギーやネットワークが生み出されようとしている
その瞬間を記録し発信する、ドキュメンタリーの映画です。
映画の完成までの制作過程をまとめたビデオレター「ぶんぶん通信no.1」(70分)が
2009年4月にDVDで発売されました。
http://888earth.net/dvd.html

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の制作過程を公開するビデオレターです。
いわば映画の卵のようなもの。
山口県祝島とスウェーデンの撮影を中心に新作で描こうとしている
今まさに起きている現実を、なるべくリアルタイムで報告します。

ぶんぶん通信 no.1
「地域を守る人々の意志」(2009年/70分)
千年続く祭り「神舞」が継承される祝島。島の真正面に計画されている上関原発。
島の人々は27年間反対を続けて来た。しかし、計画は具体的に迫ってきた。
自然と共に生きる人々と地域の暮らしはどうなるのか?
一方、スウェーデンでは電力の自由化が進み、自然エネルギーだけを選択できる
仕組みもとられている。
スウェーデンでは持続可能な社会をつくる市民の取り組みがすでに始まっている。
そこでは環境NGO「ナチュラル・ステップ」が提唱する持続可能になるための
システム条件が重要な役割を果たしている。

監督:鎌仲ひとみ プロデューサー:小泉修吉
撮影:岩田まき子 録音:河崎宏一 助監督:南田美紅
上映配給:巖本和道、藤井佳子 制作スタッフ:冨田貴史、村井祥平

「ぶんぶん通信 no.2
「いっしょに生きる道」(2009年/63分)
原発予定地、田ノ浦を守りたいと「長島の自然を守る会」が調査を行う。
田ノ浦は生物多様性のホットスポット。貴重でかけがえのない場所、
破壊したら二度と取り戻すことはできない環境だと海洋生物の専門家たちは
主張する。
絶滅が危惧される数々の生き物たちがこの生態系を支え、また支えられている。
スナメリ、カンムリウミスズメ、カサシャミセンなど、これらの生き物が原告となって
自然の権利訴訟が始まった。
一方、祝島の外からサーファーやシーカヤッカーたちが集まり、ユニークな行動を起こす。

監督:鎌仲ひとみ プロデューサー:小泉修吉
撮影:岩田まき子、山本健二 録音:河崎宏一、服部卓爾 
助監督:南田美紅 上映配給:巖本和道、藤井佳子 
制作スタッフ:冨田貴史、村井祥平

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

●旅人・イベントコーディネーターの冨田貴史さんのブログより転載いたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://radio-active.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2009/09/17/photo_7.jpg

【緊急!】現地に届ける布メッセージ大募集
転送・転載歓迎します

「海を守る布メッセージ」大募集!!
祝島島民をはじめとする多くの海を守りたいと願う人達の願いが聞き入れられぬまま、
原子炉設置許可も下りぬまま、上関原発予定地の海(田ノ浦)が埋め立てられようとしています。
9月16日現在、埋め立て予定地に配置するためのブイ(浮き)を積み込もうと、
作業船を接岸しようとしていますが、連日、祝島の漁船が立ちふさがり、作業が出来ないままの状態が続いています。
しかし、このような阻止行動は、生活を犠牲にしながら成り立たせているものであり、
心身の疲労は日々積み重なっていきます。
同時にマスコミの報道によって映し出される現場の状況は、
「地元の一部の漁業者らが反対を続けている」という構図であり、
「特殊な人たちによるローカルな運動」として描かれてしまっているのではないでしょうか。
海を守りたいと願う人達は、本当は、日本中、世界中にいます。
上関の海が埋め立てられてしまうことを他人事でないと思っている人がいます。
そして同時に、現地に出向けないうえに、何をしていいか分からない、という人も少なくないでしょう。
想いはつながっているのに、具体的につながることが出来ていない。
このような状況のまま、みすみす海が埋め立てられていく事を眺めているわけにはいきません。
本当は、特別なことでなく、誰でも出来るようなことで、現地の人達とつながり、支え合うことができます。
祝島在住の山戸孝君は、車で通りすがりに「がんばって」と声をかけられるだけで元気になる、
様々な形での応援メッセージに日々勇気づけられ、支えられている、と言います。
おそらく、今の時点で目で見える形で届いているメッセージ以上に、
たくさんの人達が想いを寄せ、メッセージを送りたがっているのではないかと思います。
その思いを、もっと具体的に、目に見える形で集められないかと考え、孝君に相談をしました。
以下は、彼との打ち合わせの元で始める、新たな提案です。

【海を守る布メッセージ・プロジェクト】
座り込みや、海上行動、申し入れの現場や、デモやウォークで掲げるメッセージフラッグを大募集します。
1、想い想いのメッセージを表現した大きな布を募集最大でタテ90センチ×横180センチくらい
(2人で立って持てるくらいのサイズ)
孝君コメント:
なるべく大きく地名が入っているとうれしい
反対をしている、想いを寄せているのが、一部の地域の人間だけではない、ということが伝わります
2、船と船をつなぐ「もあい」や人間バリケード、座り込みの現場に使える小さな布を募集50センチ×50センチくらい
(バンダナサイズ)
左右の上部にひもを付けて送ってもらえるとありがたいです
孝君コメント:
布と布をつなげれば、どんな長さにも調節ができるので使い勝手がいい
シーカヤック同士や、船と船をつなぐバリケードがつくれる
座り込みの現場に掲げたり、ウォークの際につなげて歩いたり、様々な用途で活用できる
・布メッセージ送り先:
「上関原発を建てさせない祝島島民の会」
742-1401
山口県熊毛郡上関町大字祝島218・布メッセージプロジェクト」問い合わせ先:
「冨田貴史」
080-6947-2491
takafumitomita1320@yahoo.co.jp
以上にかぎらず、上関原発計画、埋め立て工事、に対する思い、祝島への応援メッセージ、
阻止行動にかかる諸経費へのカンパなど、ドシドシ寄せてください。
よろしくお願いします。

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜
posted by momotomo at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

元気がでた!泡瀬干潟の工事、中断・中止へ ☆

みなさん、こんにちは!

ももんがのまぼ(井上)です。

こちらのブログでも、海の生き物たちからのSOSということで、
応援のお願いを書かせていただいたことがある、
沖縄・泡瀬干潟の埋め立て工事ですが、
今回の政権交代によって、うれしいニュースが飛び込んできました☆

やった!!!
すでに始まった埋め立て工事の大量の砂利によって、
殺されてしまった海の生き物たちのことを考えてしまう自分もいるのですが、
それでもやっぱり、うれしいです。

人間は、やめることもできるんだ。


泡瀬の生き物の為にがんばっている水野さんや
様々なイベントで、その魅力を伝えてくれていたKEN子さんの笑顔が浮かんできて、うれしくなりました。

八ッ場ダムのこともそうですが、今、各地で公共工事の存続とその中止をめぐって、様々なぶつかり合いが生じています。

自分の、人間たちの利益ばっかりじゃなくって、
他のいのちとゆずりあって生きていくって大切。

「生物多様性」ということばが、キーワードですねぇ。

経済優先、特定の利益にばかり配慮すること、
自然を壊すだけの開発一本槍のやり方は、
今後はどう考えても、お金もなくて実現しないのだから
(現在の日本の一人当たりの借金・・・)、
早いところ「それはやめようよ・・・」って思えたら、
そこから、大きく未来は変わっていくんですね。

みんなもおぼろげにでも、あるいは、
人によっては、はっきりとしたイメージを持って、
それが今回の政権の交代につながったのだろうし。
その激動の時代には、みんなの気持ちが、未来を描くイメージが
着実に「変化」につながっているのだと思います。

これで、高尾山のお腹に無理ばかりしながらトンネルを掘ったり、
外環道のために、奇跡的に残った各地の自然の森を壊すような作戦は、「お金がないので」でも、理由はなんでもいいから、
取り下げて行けたら。と、願います。

ただただ、朗報☆続きの中、民主党の政権に変わって、
「ぎょっ」としてしまうのは、「原子力」に対する態度です。

どんどん「推進」するんですね。

どんな未来にしたいのかな?!

他の公共事業よりも、ぐっとぐっと被害甚大で、
お金がもっといっぱいかかると思うのですが。。。

(今回のぶんぶん通信は、とても勢力的にニュースをまとめてくれましたので、一気に情報を受け取れました。感謝)

これは、CO2の削減で、世界的に評価されよう!とするなら、
CO2の削減ももちろん大事ですが、
それよりもっともっと危なくて、地震のときにもひとたまりもなく、
とても人には手に負えない「放射能」の出番を減らしていくようにしなくていいのでしょうか?

(原発が増えれば、海水温はどんどん上がってしまうから心配)

身近にいる仲間や家族、ともだちだけに伝えるだけではなく、
選挙も終わってほっとした頃だから、民主党の議員の人たち、
政策秘書のひとたちに、あきらめずに、
事実を伝えることだと思ってます。




元気のでる、みっちんからのぶんぶんニュースをお届けします!


◎臨時便だよ ぶんぶんニュース           
【転送・転載歓迎】
★*888━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 新作ドキュメンタリー
 私たちの未来を求めて旅するカメラ
 
        映画「ミツバチの羽音と地球の回転」
            http://888earth.net/
            2010年春公開予定!
                               
                             鎌仲ひとみ監督
                             制作・グループ現代
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━earth*★
9月10日より上関原発の埋め立て工事、着工の準備がはじまりました。
鎌仲監督は現場に急行しています。対岸に住む27年間海を守り続けてきた
祝島島民の方々、そして瀬戸内海の海と自然、未来を守りたいと願う人々が
必死の阻止行動を開始しています。

*contents**
◆上関原発最新情報&祝島島民の会山戸孝さんより
*【きっこのブログ】祝島というニポンの宝
*鎌仲監督、ブログはじまります◎
9/17(木) 今日も中電は帰っていった。 from鎌仲監督
◆各地で集会&報告会  ぜひ、お集まりください
*9/19(土)
現地集会@田名埠頭
スライド報告会@東京 主催:DAYSJAPAN
*9/21(祝・月)
「ぶんぶん通信no.1」上映会&鎌仲監督の最新報告会!@横浜
*9/23(祝・水)
田中優さん×鎌仲監督対談@横浜
「自然エネルギー最前線 〜
市民による『創エネ』の可能性」
*9/20(日)〜9/22(祝・火)
TOKYOメディアフェス2009開催!
◆動き出す政策に注目!
沖縄の環境・大問題!
【速報! 新政権 即断に驚き 「泡瀬」中止表明】
◆編集後記−生物多様性がいいよね
サステナブルCSRレター、
ブータンより 〜 GNP(国民総生産)より、GNH(国民総幸福)を


◆上関原発最新情報&祝島島民の会山戸孝さんより
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎【速報】また着工延期、6回目 上関、漁船30隻が阻止(中国新聞 09/9/17)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200909170334.html
◎上関原発工事 中電に焦りの色(朝日新聞 09/09/16)
http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000000909160006

「祝島の人たちは普段通りの暮らしがしたいと願っています。
                 だからこそ、明日も田名埠頭へ行きます」
http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/916-cb63.html

阻止行動を続けている
「上関原発を建てさせない祝島島民の会」山戸孝さんからの呼びかけです。
---------------------------------
9/10より始まった中国電力の上関原発建設のための海の埋め立て工事に対する
祝島島民の会を中心とした阻止行動ですが、実質6日目となる本日も
中国電力は工事に着手できませんでした。・・・・・
つづきはこちら⇒http://888earth.net/staffblog/2009/09/917-919.html#more

リアルタイムな現地の様子が伝わってきます。
◎【上関原発 最新情報】http://new-k.livedoor.biz/
◎【RadioActive】http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/
◎【STOP!上関原発】おすすめメルマガ
http://stop-kaminoseki.net/mail_magazine.html

*全国どこにいてもできること、あります!
http://888earth.net/staffblog/2009/09/post-2.html
◎署名やカンパはこちら⇒
【祝島島民の会blog】http://blog.shimabito.net/
◎自然の権利訴訟、原告団を11月まで募集しています!
【長島の自然を守る会 スナメリ通信】
http://green.ap.teacup.com/sunameri/

▼人気No.1ブロガーも今回の上関原発の埋め立て着手について書いています!
【きっこのブログ】祝島というニポンの宝
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/09/post-8137.html

▼鎌仲監督、ブログはじまります!http://888earth.net/staffblog/
【9/17(木) 今日も中電は帰っていった。 from鎌仲監督】
---------------------------------
9月10日より上関原発用地の埋め立て工事に着工しようという
中国電力の作業を祝島の漁船が設置するブイの前に
バリケードをはって阻止する行動が続いています。・・・・・
つづきはこちら⇒http://888earth.net/staffblog/2009/09/post-1.html#more


◆各地で集会&報告会  ぜひ、お集まりください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼9/19(土)
◎現地集会@山口県平生町田名埠頭
午前9時からは先週に続き、
祝島島民の会主催で、現地集会が工事現場の田名埠頭で開かれる予定です。
*13日の集会の様子
【海上でのにらみ合いは3日目に 反対派の集会に250人、雨の中攻防続く】
http://new-k.livedoor.biz/archives/774161.html

◎スライド報告会@東京 主催:DAYSJAPAN、現代史研究会
http://daysjapanblog.seesaa.net/article/128023290.html
========================================
緊急報告!!
祝島住民はなぜ、原発建設に反対し、20年以上も闘い続けるのか
スライド報告 広河隆一
中国電力はいよいよ上関原発建設のための埋め立てに着手し、
島民は今、体を張って抵抗している。
人々は何を守ろうとして闘っているのだろうか。
祝島を孤立させないために、私たちにできることとは。
=======================================

▼9/21(祝・月)
「ぶんぶん通信no.1」上映会&鎌仲監督の最新報告会!@横浜
▼9/23(祝・水)
田中優さん×鎌仲監督対談@横浜
「自然エネルギー最前線 〜
市民による『創エネ』の可能性」

以下、田中優さんのブログ「田中優の持続する志」より
http://tanakayu.blogspot.com/2009/09/blog-post.html

横浜開港150周年を記念した「開国博Y150」。
ヒルサイド創エネセミナー3日目に田中優さんが出演し、
「六ヶ所村ラプソディー」の監督で、
新作映画「ミツバチの羽音と地球の回転」
http://888earth.net/
を撮影中の鎌仲ひとみさんと対談します。

日本最大級の竹を使用した施設「竹の海原」内のつながりのステージで行われます。
http://event.yokohama150.org/event/hillside/detail1.html

■第1日◆9月21日(月・敬老の日)・・・・・10:00〜12:00
 「対比して考える日本とスウェーデンのエネルギー事情」
第1部:映画 「ぶんぶん通信 no.1」 上映  10:00〜11:10
     ※鎌仲ひとみ監督の最新作発表前のメイキング映像
第2部:鎌仲ひとみ監督の取材最新報告    11:10〜12:00

■第3日◆9月23日(水・秋分の日)・・・・・10:00〜15:00
「自然エネルギー最前線 〜 市民による『創エネ』の可能性」
第1部:「省エネ&創エネスペシャルトーク」 10:00〜11:30
 田中優さん(未来バンク事業組合理事長.他)×鎌仲ひとみさ
ん(映像作家)

※ 詳しくは「ヒルサイド創エネセミナー」
http://cc-pr.net/souene/seminar.html



▼9/20(日)〜9/22(祝・火)
TOKYOメディアフェス2009開催!@東京
http://medifes.net/
国内の独立系メディア、クリエイター、ジャーナリストや研究者などが集まり、
これからのメディアのありかたを考えるお祭り。3日間にわたって国際シンポジウ
ムや分科会などが開催されます。


◆動き出す政策に注目!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
政権交代した日本。今後の環境・エネルギー政策、
そしてマスメディアの報道に注目しましょう!

◎原発行政:福島氏の見直し発言に、直嶋経産相「ノー」(毎日新聞 09/9/17)
http://mainichi.jp/select/science/news/20090917k0000e010019000c.html
◎連合が「原発新設」容認へ 民主シフト鮮明に (産経新聞 09/09/16)
http://sankei.jp.msn.com/life/environment/090916/env0909160134000-n1.htm

◎沖縄の環境・大問題!
今朝の沖縄県の新聞では1面トップで大きく報じらているそうです。
【速報! 新政権 即断に驚き 「泡瀬」中止表明 】(沖縄タイムス 09/9/18)
http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-09-18-M_1-029-1_001.html

【泡瀬埋め立て中断へ 前原沖縄・国交相が表明】(琉球新報 09/9/18)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-150009-storytopic-3.html

◎-市民の時代がやってくる-鎌仲監督
http://888earth.net/news/2009/08/post-5.html



◆編集後記−生物多様性がいいよね
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読んでいただき、ありがとうございます。
おすすめのメルマガから元気の出る記事をご紹介します。

【メルマガ】fromサステナブルCSRレター
《巻頭言》「25%削減の意味」より、以下抜粋。
・・・
 そう考えると、これからの産業は、生物資源をベースとしたものに作
り変えなければならないことは明らかです。つまり25%削減という目標設
定によって、石油ベースの20世紀型産業から生物ベースの21世紀型産業
への切り替えが、いよいよ本格化したのだと考えることができます。・・・
http://archive.mag2.com/0000226055/index.html

【ニュースレター】fromJFS ウィークリー ダイジェスト
http://archive.mag2.com/0000106723/index.html
ブータンより 〜 GNP(国民総生産)より、GNH(国民総幸福)を
JFS ニュースレター No.81 (2009年5月号) より、以下抜粋。
・・・
ブータンは、「公正な社会経済発展」「環境保全」「文化保存」「良い統治」
をGNHの4つの柱として国家運営の大原則としています。
そして、この4つの柱を支える9つの分野を定めています。
「生活水準」「健康」「心理的・主観的幸福」「教育」
「生態系と環境」「コミュニティの活力」「バランスのよい生活時間活用」
「文化の活力と多様性」「良い統治」です。・・・
http://www.japanfs.org/ja/join/newsletter/pages/029066.html



さまざまな取り組みがはじまっていますね。
生物ベースの21世紀型産業への切り替えとGNH。
人も環境も幸福になる方法をぶんぶんと探っていきましょう〜◎
★*888−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
新作撮影中
映画「ミツバチの羽音と地球の回転」

WEB:http://888earth.net/
MAIL:888earth@g-gendai.co.jp

「ミツバチ」制作プロジェクト
メールニュース担当:藤井
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-11-13
トラスト新宿ビル4F グループ現代
Tel: 03-3341-2863 Fax:03-3341-2874
−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・earth*★





posted by momotomo at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

緊急報告!! 祝島住民はなぜ、原発建設に反対し、20年以上も闘い続けるのか スライド報告 広河隆一

みなさまー

私も時間ギリギリになっちゃいますが、
DAYS JAPAN の広河編集長のおはなしを聴きに参ります!

ぜひ、ご一緒しましょう。

転送歓迎*
   転送歓迎*
      転送歓迎*
         転送歓迎

========================================
緊急報告!!

祝島住民はなぜ、原発建設に反対し、20年以上も闘い続けるのか

スライド報告 広河隆一

中国電力はいよいよ上関原発建設のための埋め立てに着手し、
島民は今、体を張って抵抗している。
人々は何を守ろうとして闘っているのだろうか。
祝島を孤立させないために、私たちにできることとは。

========================================

DAYS JAPANでは8月に、DAYSフォトジャーナリスト学校の生徒約30人が、広河隆一編集長とともに、祝島のワークショップを行い、島の人々の暮らしの取材をしてきました。また9月14日には現在島の人が抵抗している現場を広河が訪れ、撮影しました。地元の那須圭子さんも取材を続けています。こうした私たちの写真を中心に、報告会をしたいと思います。

主催 DAYS JAPAN・現代史研究会

【日時・場所】
2009年9月19日(土)18:30〜20:30(18:00開場)
場所:明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー 1021号室(270名)
資料代:700円(DAYSJAPAN定期購読者バッチ持参者および大学生以下500円)

【主催】
DAYS JAPAN、現代史研究会
【賛同】
チェルノブイリ子ども基金、七つ森書館、グループ現代、週刊金曜日、原子力資料情報室、ピースボート、たんぽぽ舎、ストップ・ザ・もんじゅ東京、原発いらん!山口ネットワーク、ふぇみん婦人民主クラブ、PEACE LAND、ジャビルカ基金、原発いらない!ちば、核燃やめておいしいごはん、空と海の放射能汚染を心配する市民の会、福島老朽原発を考える会、脱原発全国会、東電と共に脱原発をめざす会、原発・核燃とめようかい、花とハーブの里、広河隆一 非核・平和写真展開催を支援する会、高木仁三郎市民科学基金、さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト、ストップ再処理工場・意見広告の会、グリーンピース・ジャパン、反原子力茨城共同行動、日本消費者連盟、核のゴミキャンペーン、脱原発・東電株主運動、原発を考える品川の女たち、エコロジー雑貨ももんが、ほか

【協力】
DAYS JAPANフォトジャーナリスト学校有志 

【行き方】
■JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩3分
■東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩5分
■都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩5分

【お申し込み方法】
席確保のため、事前に予約くださいますよう、お願いいたします。
Email: kikaku@daysjapan.net (デイズジャパン 企画室)
FAX: 03-3322-0353 

【お問い合わせ】
同上

(2009年9月17日 11:46版)

posted by momotomo at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

遅くなりごめんなさい。芸工展2008地球のなかま展等、動物チャリティー 送金のご報告(2008.12.13)

みなさま、こんにちは。

ももんが井上です。

以下は、2008年12月13日付けで、
芸工展MLへ会計報告をしたまま、
ももともネットのブログやMLへの投稿を、
送金先の皆さんからの感謝の言葉と一緒に、
みなさんにシェアしようと思ったまま、
しそびれてしまった、大切なご報告でした。

ご協力くださった方々は、
芸工展特別MLに参加してくださった方だけではなくって、
ももともMLを通じて、キャンペーン商品を購入してくださったり、
ともだちにお勧めしてくださったり、
紹介してくださった全ての皆さんのおかげでした。

どうもありがとうございました。

現在、山口県の祝島(いわいしま)では、
原発のために豊かな自然を壊そうとしています。
(前便のとおり)
大変高齢化している島で、
いのちをかけたたたかいを27年以上もしてこれれた方々で
す。

去年から、祝島に暮す、スナメリの応援という形で、
こちらのMLに登録してくださっているすべての皆さんにも、
助けていただきまして、

スナメリ     
山口・長島&祝島  長島の自然を守る会

@芸工展売上より 3,650円 
+ AOCキャンペーン売上より9,400円

合計 13,050円 を、送金させていただきました。

ここにご報告させていただきます。
大変遅れてしまってごめんなさい。

以下、一部ですが、芸工展MLより、転載します。

その節にご協力くださったアーティストの皆さん、
スタッフをしてくださった皆さん、
お買い上げ協力をしてくださったり、応援に来てくださった皆さんありがとうござい
ました☆

--------------------------------------------------

おはようございます。
ももんがの井上です。
************************

芸工展2008イベント本家のほうは、
アンケート集計、会計報告も終えられて、報告書が届きました!

おお・・・。
出遅れまくっていますが、
ももんがともだちネットチームの「地球のなかま展2008」も、寄付の送金についてご報告です。
ゴールまで目前とようやく迫ってきました。

12月11日(木曜日)に、無事、8ヶ所の動物たちにゆかりのある、
団体へ、「ももんがともだちネット」よりとして、寄付を送らせていただきました。

参加してくださった皆さんからの声や思いを再度丁寧に集めて、
それをももともネットブログやももともMLへも伝え、
作品を作って参加してくださった皆さん、
当日お手伝いに来てくださった皆さん、
ご来場いただいたすべての方々へお伝えする。というのは、
現状のわたしのキャパを超えていて(←いつも欲張りすぎてる)、
今回も残念ながらできなそうですが、
送金についてのレポートと現状報告を致します。

(携帯メールの方も多いので、テキスト貼り付けとさせていただきました。
読みにくくてすみません。)

チャリティー集計:

@ももんがともだちネット

芸工展「地球のなかま展2008」 作品売上からのチャリティー分

ジュゴン     \8,310
ヤンバルクイナ \4,950
スナメリ     \3,650
犬&猫     \16,050
ナキウサギ   \5,366
むささび     \6,110
ツキノワグマ  \9,950

    計    \54,386

Aエコロジー雑貨ももんが

オーガニックコットンをお得に着て、動物たちを守ろう!キャンペーン
気持ちいいコットンをお得に着ちゃおう(半額!)
生産者さんも地球もわたしたちもにっこり。

さらに1枚につき350円ずつを、
8種の動物たちと自然を守ってくれるグループに寄付できます。

⇒ 6月から販売を開始して、ももんがから飛び出して、色々なイベントやお祭り
で、
たくさんの方に買って支えていただきました。
全部で226枚!のお買い上げをいただき、なんと79,100円の寄付ができました☆

(あと155枚のキャミソール、タンクトップがももんが倉庫で眠っております。
引き続きどうぞお声がけ下さい♪今後も続けていきます)

ジュゴン     \9,100
ヤンバルクイナ \8,750
スナメリ     \9,400
犬&猫     \20,300
ナキウサギ   \10,150
むささび     \8,400
ツキノワグマ  \14,000

    計    \80,100


上記の@+Aを、それぞれの団体へ、内訳を記載して郵便振替で、
送金いたしました。


1)ジュゴン     沖縄・辺野古   いのちを守る会
@芸工展8,310円+AOCキャンペーン9,100円=17,410円

2)ヤンバルクイナ 沖縄・高江    ブロッコリーの森会 
@芸工展4,950円+AOCキャンペーン8,750円=13,700円

3)スナメリ     山口・長島&祝島  長島の自然を守る会
@芸工展3,650円+AOCキャンペーン9,400円=13,050円

4)ナキウサギ   北海道・ナキウサギふぁんくらぶ 
@芸工展5,366円+AOCキャンペーン10,150円=15,516円

5)ツキノワグマ  兵庫・日本熊森協会 
@芸工展9,950円+AOCキャンペーン14,000円=23,950円

6)ムササビ ⇒  東京高尾山・エコアクション虔十の会 
@芸工展6,110円+AOCキャンペーン8,400円=14,510円

7)犬・猫 A  ⇒ 千葉県浦安市 三番瀬の子供たち 金子理絵さん
@芸工展8,025円+AOCキャンペーン10,150円=18,175円

8)犬・猫 B  ⇒ 大阪府あにまるりARC オリバーさん 
@芸工展8,025円+AOCキャンペーン10,150円=18,175円

総合計
@芸工展54,386円+AOCキャンペーン80,100円=134,486円

となりました!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんなにたくさんのチャリティー基金が集まったこと、
ご協力いただいた、皆さんにほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。
とても一人だったら、こんなに多くのお金を送れませんでした。

もちろん、お金も大切なのですけれど、もっと大事なのは、
そこでがんばってくれている仲間が孤立しておらず、
応援がいっぱいあることを伝えることだと思います。

そして、声を出せないいのちの代弁をしてくれている方々に、感謝したい。
そして、離れていてもできることとして、寄付+伝えることを、
今後も重点的にやっていきたいと思います。

ももんががイベントで仲間に呼びかけて動く以上、
たくさんの方に動物たちのSOSを、
「心で感じ」「事実を知っていただく」機会にもなんとかできたようで、
そちらのほうもとてもうれしかったです。

イベントの後、「あの後にさ、あの動物が気になってネットで見てるうちに、
会員になっちゃった!今度行ってみる」とか、
「寄付してみたよ」とか「チャリティーのカレンダーを買ってみた」なんて、
意外な友だちの声を聞いてうれしくなったりしました。

今回、知らない動物ばっかし、自分はプロじゃないから、、、なんてしり込みし
ちゃったけど、
次は、何か作って参加してみたい!などの熱い声も、
寄せられて、ぐーーっと広がりも感じました。

そこにある問題がシビアであるからこそ、
わたしたちのできうる柔らかな提案でつながりたいです。

いつも心優しく、動植物の声が聞こえちゃう仲間だけが、
動物たちのつらい現状を聞いて胸を痛め、
動き、その後、疲弊しちゃうしくみを変えたい。

そんな思いで、動き出したももんがですから、
今回も準備不足でしたが、
皆さんのおかげで、ほんとうにおしゃれに、軽やかに、
アートを通じて、動物たちのかっこいいところ、
魅力を伝えられるイベント&キャンペーンになりました。

いずれも手を重ねてくださった皆さんの協力、
どれひとつをとっても欠くことができないものでした。
本当にありがとうございました☆

なお、今回の集計は、芸工展の売上集計についてはOさん、
「6月からはじめていたオーガニックコットンで動物たちを応援しよう」の売上集計
のほうはA立さんが
助けてくれました。
どうもありがとうございました。

こちらについて、個別に作家さんごとにご意向を聞きながら、
チャリティー先をまとめたものも付けました。
芸工展のほうは、今回ルールを設けなかったので、
アーティストさんのおひとりずつのお気持ちに沿うようまとめさせていただきまし
た。

ご協力、まことにありがとうございます。
こちらの参加アーティストの皆様、ギャラリー当番を助けてくれたお友達にも、
本当にたくさんたくさん買って支えていただきました。

また、オーガニックコットンのキャミソール等をたくさん買って支えてくださった皆
様、
ありがとうございます。
色々なお祭り会場やイベント会場で、動物たちのSOSを伝えるメッセージチラシと共
に、
販売させていただきました。

売上集計の表をまとめながら、買ってくれたお客さんのメモを見直しました。

そうしたら、この1枚ずつあたりの寄付350円には、
キャミソールを買ってくれた方お一人ずつの、
その動物への思いが詰まってるんだなあと思い出しました。
一生懸命動物を選んでくれて、
「ナキウサギにします。」といった時の笑顔を思い出して、じーーんとしました。
ちらしをもらってイベント会場へ消えていった方が、休憩時間に戻ってきてくれて、
「ジュゴンでしょう」という方や、
「動物が選べないから、8枚買うわ!」なんていうお客様と出会えたり・・・。
そこでの会話のやり取りも、
このキャンペーンをしなかったらできなかった貴重なプレゼントでした。

なお、これ以上の会計の報告というのはありませんー。
上記のイベントの寄付売上には、経費等の差し引き等はなくって、
純然たる売上そのものです。

イベントへの参加費や出展料等の費用は、
ももんがの自主イベントなので、そちらで負担しました。
ただ、今回、本当にみんながボランティアで応援してくれたので、
限りなく低額で抑えて、効果的なイベントを実施することができました。
(とはいいながら自分の経費精算がたまっててよく分かってません 汗)

皆様からいただく費用などで、
今後もこのような企画を運営していく際には、
そういったことも含めて(収支)、しっかりしていこうと思います。

みなさま、有り難うございました!

エコロジー雑貨ももんが 井上

posted by momotomo at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「祝島の方がた、そこで暮らす生き物たちの応援を、   ぜひ、一緒にしてください!」

みなさま

こんにちは。
ももんがの井上です。

みなさん、お元気でお過ごしでしょうか?

暑さと涼しさが交互にやってきて、
体調の調整がすこ〜し難しい時期ですね。

私も、先週は風邪をこじらせてしまい、
ごぶごぶしながら大げさな咳がとまりませんでした。

会社を休んだり、職場に復帰しては大慌てでコツコツ仕事をしたり、
ももんがの出荷もマスクをしながら行ったり
(合間に映画や美術展などにも出かけてしまうので治りが遅いのだろう・・・(汗))
老犬あきちゃんと新入りわんこのめめちゃんのお世話に実家に帰ったりと、いつものように地味に激動の毎日でした。

9〜10月にかけては、様々な企画が目白押しです。

あちこちから、広報の応援やSOSのお知らせが届いています。
ようやく復活しましたので、
少しずつ 情報をUPして、ご紹介していきます。

こちらのブログへの掲載やももんがともだちネットのMLへの投稿は、
毎日、少しずつ更新してー。といわれているのですが、
いつもためちゃっててすみません。

それでは、緊急度の高い順に。

「山口県祝島(いわいしま)の方がた、
 そこで暮らす生き物たちの応援を、ぜひ、一緒にしてください!」

みなさん、
スナメリ をご存知ですか?

去年の秋、谷中の町で行われた「芸工展2008」で、
ももんがは、「地球のなかま展」 として、
日本にいっしょに暮らしている8種類の動物たちに、
光を当てたアート展を実施しました。

大好きなアーティストの方に、「今、SOSが来てる。大ピンチなんだよー」ということで素敵な作品を寄せていただき、
たくさんの方に観ていただけました。

同時に、ももんが店頭では、「オーガニックコットンで動物を救おう!」という企画をし、
オーガニックコットンのキャミソールやタンクトップなどの商品をご購入いただき、1点あたり350円ずつをお買い物された方に「どの動物に寄付したいか?」を選んでいただきました。
(8種類の中から、1点につき1種です)

芸工展用のMLでは参加アーティストの方がたへ年末遅くになってやっと会計報告をしたのですが、こちらのももともネット本家のメーリングリストとこちらのブログには、報告しそびれてしまっていました。

-----------------------------------------------------
そのひとつ、「スナメリ」

つるっとまあるいかわいいお顔の一番小さなクジラの仲間。

彼らの魅力を、彼らの暮らす海の豊かさと共に伝えると、
ぜひ、行ってみたいなぁーーとの声。
そこが今、大ピンチで、新しい原発を作るために、
埋め立てられそうなんだよ。とSOSを伝えました。
話せなかったお客さんたちには、それらを載せたミニ冊子をお渡して読んでいただきました。

通販の方の一部にも、その冊子を送らせていただいたのですが、
思わぬところから、「はじめてスナメリという動物を知りました。
それほど豊かな自然を原発の為に壊すのは困りますね。」
といって、お友だちやご家族からも注文を集めてくださって、
その度に、いつも「スナメリ」を選んでくれた方もいらっしゃいました。

皆さんのおかげで、集まった応援基金は、
ぶんぶん通信VOl.2 の中に出てくる、祝島や長島を拠点に、
自然を守る活動をされている「長島の自然を守る会」へ
13,050円 を送らせていただきました。

ほんとうにありがとうございました。

**************************

その後、現地に行く機会がないままだったのですが、
映画「六ヶ所村ラプソディー」の鎌仲ひとみ監督が、
次回作の撮影に スウェーデンと共に、
「山口県の祝島」を訪れているという話を聞きました。

どんどんパズルのピースがつながってくる思いで、
監督の新作の仕上がりを待っています♪

(現在、その貴重な撮影映像は、「ぶんぶん通信 VOl.1&VOl.2」 で観ることができます。

ももんがでも、上映会を9月26日(土))の夜に、駒込で行いますよ。観に来てね。)

今回、書かせていただくご案内、SOSの声は、
その豊かな自然の映像を観ながら、
また、スナメリたちのきゅーきゅーというとても可愛い声を聞きながらが本当はいいのですけれど、、、。

力不足ながら、応援の気持ちで、
こころをこめて書きました。

大きな自然を前に、
愚かにも、人間は「壊す」こともしちゃうけれど、
「壊すことをやめる」こともできるよねと、信頼し、祈る気持ちでいます。

またまた、動物小ネタになってしまうのですが、
江戸時代から戦前、日本各地で暮らしていたニホンカワウソ。
戦後には、瀬戸内海沿岸にぽつぽつという生息状況に変わります。
その後、ニホンカワウソは、護岸工事や化学工場などのコンビナート化によって
絶滅してしまったといわれています。
(どこかでひっそりと暮らしていて欲しいです)

1種の動物が絶滅している裏では、
数百から数千のいのちも共に絶滅していると言われています。

5年ほど前に、山口県出身のお客さん(イラストレーターのYさん)が、
「わたしたちの貯金や預金が、どのように自然を破壊する公共事業に使われているか?」を、
ふぇみんさんの新聞に書かれたときの記事や
長島の貴重な自然を紹介した素敵なハンドブックを持って、ももんがに来て下さいました。

そこに登場していたたくさんの命(わくわくしました)が、
今、大ピンチを迎えていることを意味しています。
がーーーん・・・

ぶんぶん通信を観て、
瀬戸内の中でも、本当に奇跡的に残った豊かな自然を壊しちゃだめだよ!と
本気で思うようになりました。

(スナメリたちが、この地域を選んで、出没(回遊)してくるのは、
他の地域すべてがもう、彼らが子育てをしたり、食べ物を調達することができない、近づくことすらできない場所(埋め立て)だからに他なりません)

戦後、日本各地に作られた原子力発電所。
そこで暮らす人たちが、権力(政府や電力会社)を闘ってきた歴史を、六ヶ所村の再処理工場のことを知る中で、
たくさん映像をみせていただき、おはなしの中で耳にしてきました。

が、今、祝島でおきていることは、30年前と同じ構造、同じ理由で、そこで暮らす住民たちとの対話もなく(←手続き違反)、
工事ありき。という、
驚くほど、古い古い姿勢です。

それが、過去30年以上前のことじゃなくって、
今、現在、起きていることです。

そこで暮らす人々と共に、
声をあげられない小さな生き物たちにとっても、
いのちをかけた戦いです。


都会で暮らし、電気を使っている身である自分たちは、
知らないでいたり、知っていても黙っていると、
「傷つける側」に立ってしまいますが、
遠くにいながらでも、応援できることが、まだまだあります。


● 正確な事実を知ること
 (ネットで、イベントで)

● ともだちに、このSOSを伝えること 
  (ぜひ、転送・転載 お願いします)

● 中部電力や山口県など、大きなお金と権力を使って、
  原発をどうしても作りたいチームの人々に、
  対話を求め続け、あちらが取りやめる理由をプレゼントする!

  たくさんの「いまどき、その作戦はないだろう!
  莫大なお金を使って、取り戻すことのできない自然破壊をするのはやめて欲しい」という声を届けること。
  メールやFAX

● 祝島のびわ茶やおいしい魚介類などをお買い物すること。
  →これらの恵みも、綺麗な空気・海 があってこそです。

  みんなは、微量とはいえ、放射能を含み、
  毎日、7度も温度が上がった暖かい排水がドクドク流れて海にも度されること、イメージできますか?
  そこで、どれほどのいのちが生き続けられると思いますか?
  小さな生き物ほど、温度差によってあっという間に絶滅します。

● 想像すること

→ 動物が好きな方なら、細かく。
  動植物にはあまり興味のない方も、自分が食べていく「食べ物」をいう観点からでも、
  ぜひ、生態系、いのちの輪・ピラミッド構造を思い出して下さい。

  あなたが新鮮なお魚や貝を食べるのが大好きだったら、
  スナメリやイルカたちと一緒です。
  その食料となっている生き物(お魚やプランクトンなど)は、
  どんなものを食べていますか?
  水俣病のしくみと同じことがこれから起きるとしても、
  それでも「電気」はやっぱり必要?

---------------------------------------------------------

そんなことを考えながら、
原子力資料情報室の澤井正子さんから、届きましたSOSのメールをお読み下さい。

一緒に読み、動き出してくださる方が、
1人でも増えてくださったら、うれしいです。

ちなみに、澤井さんは、長い間、再処理工場や原発現地に行き、
国会や官庁に行き、再処理をはじめ原子力の現場で起きている、
おかしなことを、その安全性を問うため、粘り強く交渉を続けていらっしゃいます。
その傍ら、日本各地から声がかかり、主婦層や学生、会社員など、
『原子力って何?』という所から、初心者にもわかりやすく教えてくださるかっこいい女性です。
ももんがの寺子屋ゼミ(こじんまり)にも2度ほど来てくださり、仲間と一緒に、たくさんのことを学ばせてもらってきました(感謝)

フェアトレードのMLでも、平和のMLでも、原発や再処理はいやだなあ。というMLでも、
みなさん、ご自身の言葉を添えて、転送されています。

自然保護や動物たちの命を守ろう!という視点のMLからは、
まだ届いていませんでしたので、
ももんがからも、発信してみることにしました。

 これ以上、地球を壊さないで欲しい。
 どの動物も絶滅させたくないよ。と願い、動いている、
 すべての仲間に、お届けします。


みなさんの1通のメール、FAX,送る寄付が、
現場で座り込んでいる、現地の方がたを強くサポートします。

明日から、また、中部電力は工事を再開してくるそうです。
20日までに工事を始めて既成事実を作らないと、
「認可」が取り消されてしまうからだそうです。←びっくり

あーー。

私も飛んでいって、応援したい。
おむすびを作ったり、お茶を入れたり、
(家事は苦手だけど)、皆さんの家の犬の散歩や
掃除くらいだったら、できるかもしれない。
何かのサポートがしたいなあ。

ただとなりで座ったり、
70代、80代の方も多いとのことで、
疲れてきている方の肩をもんだり、マッサージをしたりしたいなあ。。

平和な気持ちで、今、いる場所で寄り添い、
思いを飛ばしたいと思います。

以下、14日時点のメールです。
あらかじめ、ご了承下さい。

**************

皆さま

澤井@CNICです。

上関問題について、お知らせいたします。

1) 略)

2)写真、映像について

3)Days Japanの 広川隆一さんらが緊急報告集会開催(19日夕方)

全国から抗議のファクスやメールをお願いします。

何度でも、粘り強く、メッセージを下記へ届けてください。

どうぞよろしくお願いします。

簡単なものでOKです。

山口県

・海の埋め立てに関してはこちら
土木建築部港湾課(管理班、港政班)
TEL083-933-3810 FAX083-933-3829

・スナメリやカンムリウミスズメなどの希少生物についてはこちら
環境生活部自然保護課
自然・野生生物保護班
TEL(083)933-3050 Fax(083)933-3069

中国電力
TEL 082-241-0211 FAX 082-523-6185

上関町
電話 0820-62-0311 FAX 0820-62-1600

****************************************************************************
*****

1)略

以下転載歓迎】

2)
冨田貴史さんのブログの昨日の写真から

西岡真由美さんがデジブックを作成。
http://www.digibook.net/q/qIzMxYAJlyBXHnxy/

冨田さんのブログから

・写真はこちらのブログから

http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/

・動画はこちらです

YOUTUBE

【9月14日午前・上関原発埋め立て準備作業阻止行動(海上)】

http://www.youtube.com/watch?v=pbPy-bfkcto

【9月14日午後・上関原発埋め立て準備作業阻止行動(海上)】

http://www.youtube.com/watch?v=sgMnYWUQK1s


********************************
3)

【緊急報告】

2009年9月19日(土) 18:30〜

正念場を迎える祝島・反原発運動の現在

昨夜〜本日、広河が山口県祝島を取材してきました。

祝島で揺れていることは、首都圏の私たちの未来のことでもあります。
周りの方をお誘いの上、ご来場ください。

========================================
緊急報告!!
正念場を迎える祝島・反原発運動の現在〜
========================================

中国電力はいよいよ上関原発建設のための埋め立てに着手し、
島民は今、体を張って抵抗している。
人々は何を守ろうとして闘っているのだろうか。
祝島を孤立させないために、私たちにできることとは。

主催 DAYS JAPAN・現代史研究会

【日時・場所】

2009年9月19日(土)18:30〜20:30(18:00開場)

場所:明治大学 駿河台キャンパス リバティータワー 1021号室(270名)

【行き方】
■JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩3分
■東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩5分
■都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩5分

【賛同・協力】
賛同:チェルノブイリ子ども基金、七つ森書館、グループ現代、ほか
協力:DAYS JAPANフォトジャーナリスト学校有志 

【お申し込み方法】

席確保のため、事前に予約くださいますよう、お願いいたします。
Email: kikaku@daysjapan.net (デイズジャパン 企画室)
FAX: 03-3322-0353 

【お問い合わせ】

同上
===================================================


ももんがともだちネットも賛同団体になって、
当日も企画に参加してきたいと思っています。

気になる方、ぜひ、ご一緒しましょう!

また、26日のぶんぶん通信も、ぜひお越し下さい。
映像を観ると一層、その美しさに引き込まれます。

特に、こちらのブログに来てくださる方がた、
また、ももんがともだちネットのMLを購読してくださる方は、
自然保護、動物問題に強い方も多いですね。

・スナメリやカンムリウミスズメなどの希少生物についてはこちら

環境生活部自然保護課
自然・野生生物保護班
TEL(083)933-3050 Fax(083)933-3069


こちらへのアピールもぜひ、一緒にしてください!

ももんがからも、よろしくお願いします。

                    ももんが 井上


posted by momotomo at 02:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

小出ゼミ合宿 10/11〜13 関西遠征のお誘い(第二次) 

みなさま

こんばんは。

ももんがのまぼ(井上)です。

現在、企画仕込み中の小出先生ゼミ合宿について、続報、第二次募集のお知らせです。
宿泊施設の関係で、8月25日を第一次締切とさせていただきました。

参加メールをお送りくださった皆様、ありがとうございます!

以下、【参加状況】 と 【2日目 宿泊施設の変更】をお知らせします。

【参加状況】

●合計人数:20名
  (途中から・途中まで参加も含めて)

●受講人数1日目:18名、 2日目・16名、 3日目・14名

●宿泊人数

 1日目(実験所):15名 (追加可能)
 2日目(旅館):13名  (あと男性2名、女性3名追加可能)


【2日目 宿泊施設の変更】

『不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉
URL: http://www.fudouguchikan.com/
住所:〒598-0023 大阪府泉佐野市大木7番地
TEL: 072-459-7326( 代 )

料金: 1泊2食付¥10,500(人)

送迎バス: 有り、 
      実験所正門 15:30発 → 約10分

※お詫び※
当初予定していた、「いよやかの郷 コテージ」は、地元のお祭り「だんじり祭り」と重なり、予約が取れませんでした。
他の旅館を探しましたが、満室だったり、送迎バスが無かったり、移動交通手段が大変だったりで、見つかりませんでした。
当初のご案内、予定より¥2,000ほどアップしてしまい、申し訳ありません。
何卒ご理解お願いいたします。

***********************


1.小出ゼミのゼミ員 引き続きもう少し募集します。の件

上記の通り、初日、2日目共に、もう少し宿泊施設に余裕があります。
現在、もう少し小出ゼミのメンバーをお迎えできるかな?と思っています。
このブログをご覧になられている方で、
まだまだ参加を悩んでいらっしゃる方、
今、はじめてこのゼミ合宿のことを見つけた!という方、
ご案内には、8月25日締切とあってあきらめていらした方、
どうぞ、参加メール待っています♪
どなたでも歓迎しています。

各地で原子力の大きな力につぶされそうになっている仲間に呼ばれて、全国を講演で飛び回っている小出さん。
(週末は、来年の春まで埋ってます・・・)

そんな小出さんとゆっくり過ごせて、
直接レクチャーを受け、一緒に温泉にも行け、実験所の見学もという、贅沢な3日間!

初日にお迎えする、ゲストの津村ディレクター、岩田カズヒロさん、今中先生の 3名も「今回だけ!」という貴重な機会です。

さらに、初日のトークライブ(セミナー)&懇親会には、
6人組の他の先生も駆けつけてくださるかもしれないそうです。
(映像’08の中にも登場されている先生)

また、今回、第一次の受付を拝見して、
集まってくださるゼミ員のメンバーを拝見しても、
それはもう濃い、熱い、おもしろい方々ばかりです。

(事前に資料や知識の共有の機会を持ったり、
 小出ゼミMLを作りましたので、そちらで事前に自己紹介のシェアリングもします。楽しみ☆)

テーマは非常にシリアスな問題でもありますが、
ゆっくり交流を深めて、元気になって、
それぞれの活躍の場で、
(普段の歩みは、原子力以外の人も多いなあ)、
自分のペースでがんばっていきましょう!

というわけで、既にお申込の方へ。というより、
まだ、申込しそびれちゃっている方、
お悩みだった方、
小出さんのゼミをぜひ受けたいっていうなーという、
身近な方々が浮かんだ方は、
ぜひ、お誘いをといいご案内でした。


2.2日目、10月12日(祝・月)の日帰り参加(温泉・宴会) の件 

今回、2日目の宿泊施設にご案内から、変更がありました。
広報を作ったとき、ちょっとのんき過ぎました。
締切と同時に確認したところ、コテージ、送迎バス共に埋ってしまい、広報後の不利益な変更(2000円ほどUP)になってしまいました。ごめんなさい。

交通費のやりくりなど厳しいけど・・・とおっしゃる方も
いらっしゃったかと思いますが、
「よかった探し」もしつつ、どうぞご理解下さい。

よかった探し

@ いよやかの郷の場合、バスに揺られること往復2時間。
  小出さんからのメールにあるとおり、これが往復30分ほどに短縮します。
  その分、犬鳴山の渓谷沿いを、のんびりみんなで散策できちゃう。

A 今回予約の10,500円(1泊2食、送迎つき)のコースは、
  犬鳴温泉のいちばんリーズナブルなコースになるのですが、
  露天風呂もあり、気持ちのよい温泉宿。
  現在、和室のお部屋を4部屋(男子1部屋、女子3部屋)を押えています。
  ちょっとレトロな施設のようで、ぐっと温泉旅気分は高まるかも。

B いよやかの郷の場合、小出ゼミを受講後、バスで移動してしまうと日帰り参加の方は帰れなくなるので、15時半に実験所にて解散の予定でした。
  このタイミングで泣く泣く離れる方も何人か・・・。

  けれど、犬鳴温泉の場合だと、宿が実験所に近いので、
温泉だけは入っていこう。とか、夕飯&宴会まで参加しちゃおうという方も出てくるかな?
  12日(祝・月)の帰りの時間に合わせて、ギリギリ参加できる人が増えますね。
  選択肢がひろがりました。

  <ここが、一番の魅力かなーと思っています>

  この場合、日帰りの場合、お料理、送迎等の相談を追加でする必要があります。
  事前に必ずお声がけ下さい。

  ※帰りの飛行機や夜行バスなどの手配を含めて、お早めにご検討ください。

                      ももんが 井上

***** 引き続き 小出先生ゼミ合宿のお誘い 第二次 *****

<申込・締め切りについて>

第2次 申込期限 は、9月20日 とします。

(宿泊施設の予約、そして、
 小出先生、ゲストの方々へ、映像を観ての感想、
トークライブへのリクエスト、日ごろから感じている小出先生への質問などを事前に届けますので、期限(第二次)を設けました)

申込先: momotomonet@hotmail.co.jp 

(担当 美苗子さん)

*** 小出先生ゼミ合宿 原子炉実験所訪問ツアー(大阪・熊取)(改定版 その1)***

【日程】:2009年10月11日(日)、12日(祝・月)、13日(火)
※ 3連休の2日目からのスタートです。前日から旅を楽しまれている方、
  有給が取りにくくて、泣く泣く途中で帰られる方もかなりいそうなので、
  「現地集合・現地解散」 の企画としました。
※ 最終日13日(火)は、「平日」です。
  原子炉実験所内の見学は「平日」に限られているためです。
※ 初日のトークライブ&懇親会のみの参加や、
  最初の2日間の参加など、一部スケジュールのみの参加も大歓迎です。

【集合時間】
10/11(日)  集合 : 12:30    
        京都大学原子炉実験所・事務棟 会議室   
        (12:00〜予約済み。
        到着次第、正門で守衛さんに受付をして右手へ。
        直接会議室へどうぞ)

10/13(火)  解散 : 16:00頃  実験所内のどこか

【場所】 京都大学原子炉実験所 
     大阪府泉南郡熊取町朝代西2丁目
     URL: http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/

     原子炉実験所共同利用案内
     http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/JRS/information/information.htm


     『不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉
      URL: http://www.fudouguchikan.com/
      住所:〒598-0023 大阪府泉佐野市大木7番地
      TEL: 072-459-7326( 代 )
     
【費用(おおまか)】 

@参加費(ゼミ費) 5,000円位?
  資料代、講師・ゲストの方へのお礼・懇親会費・交通費等の経費は、
  参加するゼミ員みんなで分担します。
  (ある程度、人数が把握できてから、金額を決めます。
   参加日数に応じた減額 も考慮します)

A宿泊費 1泊目: 実験所内 共同宿泊所 1,000円 
            

     2泊目: 『不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉
          1泊2食付 10,500円 
       
B食事・飲み物代  初日11日の懇親会 お料理代 3,000円+各自飲み物代
          その他の食事は、各自分を負担のこと
 
C交通費 実費   現地集合・現地解散です。

※往復の交通手段の予約や購入は、各自の判断・責任でお選びください。
京都大学原子炉実験所 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/

実験所のアクセスについては、下記を確認ください。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/index/access.html

 <飛行機の場合>
  関西空港から 
  JR関西空港駅(関西空港線 関空快速)→ JR熊取駅 
   約15分 440円
 <長距離バス・新幹線の場合>
 JR新大阪駅→JR大阪駅(環状線)→天王寺駅(阪和線快速)→熊取駅
   約50分 780円
 ※JR熊取駅 から バス停「原子力研究所前」まで。
  バスで7分、タクシーで5分ほど(170円)

 熊取駅からのバスの時刻表 ↓
 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/gaiyo/access/bus.pdf
 
原子炉実験所のある、大阪府・熊取は、東京からですと最短は「飛行機」の往復です。
(※京都大学の施設ですが、京都ではありません)

連休にかかっており、飛行機や長距離バスの場合、
安いチケットは売れ切れはじめています。ご予約はどうぞお早めに。

【おおまかなスケジュール】

10/11(日) 12:30集合 
         13:00〜 
         トークライブ @原子炉実験所・会議室

(合宿1日目)  毎日放送 津村健夫氏
         潟}フィア・コーポレーション 岩田カズヒロ氏
         原子炉実験所 今中哲二先生
 
         → 懇親会(小出さん今中さんの行きつけのお店) 
         → 二次会

〜〜〜 原子炉実験所 共同宿泊所 (泊) 〜〜〜 

10/12(祝・月) 
(合宿2日目)  午前〜午後15時頃まで 
         小出ゼミ @原子炉実験所・会議室 
  
        15:30発、送迎バスにて
        「不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉
         へ移動 (約10〜15分)
                                        温泉、散策、宴会、二次会(エンドレス?)
 
〜〜〜 不動口館(ふどうぐちかん)』 犬鳴山温泉(泊) 〜〜〜

10/13(火) 
(合宿3日目)  不動口館にて、
     朝風呂、朝ごはん、散策、チベット体操、二度寝(ぐぅ)           
        10:00チェックアウト後、原子炉実験所へ送迎バスで移動
                      (約10〜15分)
       昼食をはさんで、実験所内の原子炉等の施設を見学。
       小出先生の研究室にお邪魔する。         
          16:00 解散予定

【ツアーのポイント】

今回の見どころは大きく3つ!(日程順)

@ ゲスト3人をお迎えします。
  小出先生は、参加者みんな と ゲストの3名 をつなぐキーパーソン。
  そこで、今回、聞き手・ホスト役 をお願いして、
  対談風のトークライブを行います(←初の試み)。
 
1)ゲストのおひとり目は、第46回ギャラクシー賞のテレビ部門 選奨
 を受賞した、映像08’
「なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち〜 」を作られた、毎日放送(大阪)の津村健夫ディレクターです。

  この番組の応援する活動をみんなでコツコツしてきましたが、DVDを手渡されたほんとうにたくさんの方々が、応援の声(メールやFAX)を届けてくださいました。  ありがとうございます♪ 

 今回、せっかく関西に行くなら・・・と、ぜひおはなしが聞きたいです。と、小出さんにお願いして(ずんずん)、津村さんに、直接お礼を言えて、お話を聞けることになりました。

 こちらに参加するゼミ生は、必ず、番組を観てくださいね。 
 現在、YOU TUBE でも観れます。
 http://video.google.com/videoplay?docid=2967840354475600719&hl=ja

2)ゲストのおふたり目は、今年の4,5月に、京都の清水寺の境内で、ご開帳記念の連続講話イベント「平成21年 奉納「言」(第3回)」を企画実施された、株式会社マフィア・コーポレーションの岩田カズヒロさんです。
 (マフィア? MAFIA? 詳しい由来は、当日・・・) 

 津村さんの「映像’08」をご覧になられた岩田さんが、
 河内家菊水丸さん、ワダエミさん、佐高 信さん、梁 英姫さん、雨宮処凛さんなど、様々な分野で活躍するゲストの方々の一人として、小出さんに声をかけてくださったそうです。

 テーマ: 本当に「原発(原子力発電所)は要る」のか!?
     原子力の研究者が反・原発を説く訳を聞いてみませんか?
 このイベントでは、清水寺の境内での講話ということで、初めて原子力のおはなしを聞く人がたくさん参加。
新しい層にぐっと広がっていったようです(じーん)。

 岩田さんのご活躍は多岐に渡っており、大西巨人著の「神聖喜劇」の漫画化に取組み、日本漫画家協会賞および手塚賞を受賞。

 http://www.yomiuri.co.jp/book/author/20060530bk01.htm
 http://www.asahi.com/shimbun/award/tezuka/senkou07.html 
 これを機に、「神聖喜劇」の再ブームを作り出された方とのことです。
 その歩みを撮影した番組が、NHKで放映され、ギャラクシー賞を受賞しました。
 NTV特集 http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2008/0810.html
  (2008年4月13日初放映、2008年の8月10日再放送)

3)ゲストの3人目は、長年にわたり、小出さんと共に、反原発の道を共に歩んでいらっしゃる、原子炉実験所の 今中哲二先生です。
 映像’08の番組中では、チェルノブイリ、セミパラチンスクの土壌調査などをされている姿。
 いくらその汚染を科学で解明したとしても、そこで暮らす方々の文化や生活そのものが消されていくこと、そこで暮らす方々の悲しみや怒りは?という問いかけをされ、現地の方々に寄り添う今中先生。
 そして、原子力が推進されているのはなぜか?という問いに、
 原子力が利権構造化している現実をわかりやすく説明し、さらに核武装していくための能力を備えておきたいのだろう。との言葉。
ドキっとしました。
 原子力の研究者という立場から、真剣にカメラに向かって語る姿。
 勇気があり、多くの方の印象に残ったようです。
 
 今中先生・小出先生の歩みは、原子力安全研究グループのHP 
  http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/  をご覧下さい。

A まる一日取りました!
  小出先生じきじきの少人数ゼミです。
  犬鳴山の渓谷ぞいを散策し、古くからの温泉街の宿に1泊します。
  露天温泉や散策、ひたすらゴロゴロも楽しめます!
  時間がたっぷりあるので、ゼミ生のみんなが小出さんと直接おはなしできます。

  【小出ゼミの内容について】

  これからみんなで相談して決めましょう。
  各自聞きたいテーマを書き出して、後日アンケートにご記入ください。
  日頃、初級者向けの講演会等の企画・実施で、忙しくしている方々の参加が多数ということで、「もっと突っ込んで、小出さんに直接聞いてみたかったこと」を聞けちゃう。というイメージで考えています。
  小出さんの講演録、講演DVD、YOU TUBE映像などが既に出ているテーマについてはそちらを利用してからご参加ください。
(ももんがにある資料、映像等もどんどん貸し出しますので、ご相談下さいね)
  
B 原子炉実験所の施設の見学をさせていただきます。
  小出さんと今中先生の解説付き!
  (10名以上になる場合は、今中先生も付き添ってくださるそうです。(感謝)
  原子炉ってどうなってるんだろう?

  また、「六ヶ所村ラプソディー」の映像中、目が釘付けになったうさぎちゃんやゲルニカのハガキが貼ってある)小出さんの研究室にもお邪魔します。

*************************

以下、参加申込メールのフォーマットです。

--------- 参加申込メール 9月20日締切分 -------
○お名前&ニックネーム
○どんなルートで、今回の小出ゼミ合宿を知りましたか?
○連絡先 
・MLに登録OKなメールアドレス
・携帯電話(あれば)
○参加形態: 現状、わかる範囲で教えてください。
例)11日トークライブ+懇親会の日帰り,
  12日小出ゼミの終了後、温泉の前まで等、  
  合流するタイミング と 帰るタイミングが既に分かっている方は、
  教えてください。
○初日11日(日)夜の懇親会の参加について  参加する OR しない
  (参加費は お料理代3,000円+各自飲み物代)

○宿泊の有無 【最重要】
1日目 : 実験所の共同宿泊所 OR その他(自分で探す・友人宅)
        1,000円
2日目 : 不動口館  OR その他(自分で探す・友人宅)
        10,500円

○分担していただけるお仕事、得意なことを教えてください。

 記録係(文、映像、画像)、HPやブログへの記事のUP,
 飲み会幹事(2名)、食事ごとの会計係、受付、司会、その他

○質問等あれば
 (まだ未定のことが多いので、答えられる範囲になります)

--------------------------------------------------
申込先: momotomonet@hotmail.co.jp 
(今回も美苗子さんが担当してくれます・ありがとう)

質問など: ecomomo8@m9.dion.ne.jp 井上
      090−9106−0308(携帯・ソフトバンク)
 
みなさん、待ってま〜す!

取りまとめ)
   エコロジー雑貨ももんが & 
     ももんがともだちネット 井上(まぼ)




posted by momotomo at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじまるよ!「海に空に放射能汚染を広げないよう 再処理工場の稼働凍結を求める署名」 データマップ作りにご協力ください。                    

ももんがも 署名ステーション に登録してもらおうっと!

六ヶ所の再処理工場の運転をとめるため、
 差別を生み出し、環境を汚す、原子力の利用をすこしずつでもなくして行きたい 
  誰でもができること 

ご紹介します。


**************************

「海に空に放射能汚染を広げないよう 再処理工場の稼働凍結を求める署名」

データマップ作りにご協力ください。
                                             2009年8月吉日


今年2月に岩手県盛岡市に於いて、青森県六ヶ所村再処理工場の稼動停止を求める市民により主催され、
全国から170名余の賛同参加者を集めた『六ヶ所村ラプソディー東日本市民サミット』(以下、「六ラプサミット」)では、4つのアクションプランが採択されました。
その中の一つ、再処理に関連する様々な情報をインターネット上で共有する「再処理を止めるためのデータバンク・プロジェクト」が立ち上がりました。
このプロジェクトの一環として、現在「再処理全国署名データマップ」というホームページを製作しています。



●署名ステーションの募集●
「再処理全国署名データマップ」は、署名活動をしている店舗や場所、団体、個人の情報を、地図上で確認できるようにするホームページです。
お住まいの地域にある署名収集場所・団体・個人(以下「署名ステーション」とする)の情報を掲載し、署名用紙を置いている店舗や、街頭での署名活動の日時、場所が一目でわかるようになります。
現在、六ラプサミットプログラムの一つである「全国署名プロジェクト」が署名活動を実施しています。
まず、恒常的にこの署名を集めている「署名ステーション」情報を募集します。

・「再処理工場の稼働凍結を求める署名用紙」はこちらからダウンロードできます
http://homepage3.nifty.com/gatayann/090522sig.pdf

 
●全国一斉街頭署名参加者募集●
そして同時に、9月13日〜9月20日の間で行われる「全国一斉街頭署名」キャンペーンに参加する方の情報を掲載いたします。
このキャンペーンは、同じく六ラプサミットプログラムの一つ「みんなでできるキャンペーン(みなCANZ」)」によるものです。
「一斉街頭署名」についての詳細は、この後の「【2009 STOP再処理 全国一斉街頭署名】参加のお願い」をご参照ください。



「一斉街頭署名に参加する」、「すでに署名を集めている」、「これから署名を集めてみようと思う」・・・。
このような団体・個人様はぜひ、情報を提供いただき、マップ作りにご協力ください。


別紙に添付しました申し込み用紙にご記入の上、お送りください。



●「再処理全国署名データマップ」公開について●
現在公開準備中の「再処理全国署名データマップ」は、皆さんからの情報を頂いて初めて完成します。皆さんからの情報をお待ちしています。
ページ公開は9月上旬を予定しています(アドレスは以下の通りです)。
公開の案内は、情報を寄せてくださった方々への直接の連絡と、「六ヶ所村ラプソディー東日本市民サミット」ホームぺージ、
「みんなでできるキャンペーン」ホームぺージなどでお知らせいたします。
署名に関する情報だけでなく、再処理に関する様々な情報を集めたホームページも継続して製作していきます。
今後とも「再処理を止めるためのデータバンク・プロジェクト」をよろしくお願いします。

                                「再処理を止めるためのデータバンク・プロジェクト」一同

※参考サイト
「再処理全国署名データマップ」http://shomei.saishori-databank.org (9月初旬公開予定)
「六ヶ所村ラプソディー 東日本市民サミット」http://lmswkm.net/summit/
「みんなでできるキャンペーン(みなCAN'Z)」http://minacanz.web.fc2.com/
「データマップ」に関する問い合わせ・署名参加申し込み:shomei@saishori-databank.org




【2009 STOP再処理 全国一斉街頭署名】

参加のお願い

青森県六ヶ所村にある再処理工場。
この工場は海と空に放射能を捨て、事業者である原燃は「海や空は広いので薄まるから大丈夫」と言い張ります。
そんな子ども騙しの理屈を私は納得できません。
放射能はたとえ微量でも発ガン、また遺伝的障害などの発生を否定できない危険性があり、半減期の長い放射能は環境中にたまり続け、世界中の海と空を汚染し続けます。
そして国や多くの自治体までもが、そのことに何の疑問も持たず容認することに大きな怒りと失望を感じます。
このままでは海や空は放射能で汚染され続けます。
何か問題が起きてからでは遅いのが放射能の怖さでもあるのに。

再処理工場が海や空に放射能を捨てることを知ったのは3年ほど前でした。
少しでも多くの人にこの事実を知らせたいと思い、講演会、投書、署名集め、県庁や事業者への申し入れなど、思いつくことは何でもやりました。
しかし今だに再処理工場は止まっていません。
落ち込むこともありましたが簡単にあきらめられる問題ではないし、この問題を解決するのはこれからの世代に対する責任でもあります。
とにかくここまで無我夢中でやってきました。

こうして動いていく中でたくさんの人と出会い、同じ思いを共有し、交換し合うことが出来、そこから得る勇気や喜びはかけがえのないものとなり、
今年2月に盛岡で開催した「六ヶ所村ラプソディー 東日本市民サミット」へとつながっていきました。
このサミットで取り組むことが決まった4つのアクションプランの中で、「三陸の海を放射能から守る岩手の会」から提案された『海に空にこれ以上放射能汚染を広げないよう再処理工場の稼働凍結を求める署名』があります。
「これ以上」という言葉が入っているのは、既に試験運転で放射能を捨てているからです。
この言葉は本当に切実な思いを物語っていると思います。

今様々な問題が起き、この工場の試験運転が中断している間に、皆が力を合わせ本格稼働を止めなければ、東北の海や空にこれから何十年にも渡って放射能が捨てられてしまいます。
今、私たち一人一人が出来ることを考えたとき、2007年に行った「全国一斉街頭署名」を思い出しました。
当時まだ動き始めたばかりの私の呼びかけに対し、全国で30以上の団体、そしてたくさんの個人の方に賛同・参加して頂き、地元青森では1日で1000筆以上もの署名が集まり多くの人が勇気づけられました。
もちろん参加人数が少なくても構いません、筆数が少なくても構いません。
自分が出来る範囲の事をそれぞれがやり遂げること、街頭署名と同時にチラシを配り多くの人に事実を伝えること、そして全国のたくさんの力を1つに合わせることが意味のあることだと思います。

今回は六ラプサミットアクションプラン「再処理を止めるデータバンク・プロジェクト」が制作中の「全国署名データマップ(仮題)」とも協力し、全国各地で行う一斉署名の場所・時間・実施団体が全国地図で確認できるような形にします。 
まだ地元に仲間がいないという方でもマップを見て、近くの場所に参加してください。
そこから新たな出会いが広がること、それこそがこの「全国一斉街頭署名」、そして「みんなで出来るキャンペーン」の目的の一つであり、醍醐味です。
ぜひこの『2009 STOP再処理 全国一斉街頭署名』にご参加ください。
ご協力よろしくお願いいたします。

                                「みんなでできるキャンペーン(みなCAN’Z)」 武藤北斗


■期間:2009年9月13日〜20日
(筆数を集約し発表する予定です。21日以降に事務局まで連絡お願いします)
■署名用紙:http://homepage3.nifty.com/gatayann/090522sig.pdf
■再処理全国署名データマップ:http://shomei.saishori-databank.org (9月初旬公開予定です)
■全国一斉街頭署名事務局・問合せ:chikyuutotomoni@yahoo.co.jp /090−1103−1672(担当:武藤)
■全国一斉街頭署名主催:「六ヶ所村ラプソディー市民サミット」みなCAN’Z
■全国署名データマップ問い合わせ:shomei@saishori-databank.org /080-6947−2491(担当:冨田)




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□




■再処理全国署名データマップへの掲載申込書■



お申し込みありがとうございます。
下記 3項目のうち、実施なさるアクション毎に該当箇所にご記入ください。

<署名ステーションの登録>
<全国一斉街頭署名参加登録>
<サポーター登録>

回答は各設問わきにご記入ください。

※【署名ステーション】・・・署名を収集している場所・団体・個人



*********************************



■署名ステーションの登録■

★日常的に署名を置き、また収集していただける拠点の情報です。
 記載された情報はマップ上に表示されます。

@【参加団体名・店舗名・個人名など】

A【@の代表者名】

B【連絡先(事務局・店舗のものでも結構です)】
 【郵便番号】
 【住所】
 【電話】
 【受付時間】
 【メールアドレス】

C【コメントなど(200字まで)】

D【その他 ブログやサイトのURL、画像(2枚まで)】



*********************************



■全国一斉街頭署名参加登録■
  
★9月13日〜20日の全国一斉街頭署名の情報です。
 代表者の住所以外の情報はすべてマップ上に表示されます。

@【実施日(時間)・期間・場所(できるだけ詳細に)】

A【参加団体名・店舗名・個人名など】

B【@の代表者名】

C【代表者の連絡先】
 【郵便番号】
 【住所(★この情報はマップ上には表示しません)】
 【電話(署名活動当日に連絡がとれるようにできるだけ携帯電話にしてください)】
 【メールアドレス】

D【コメントなど(200字まで)】

E【その他 ブログやサイトのURL、画像(2枚まで)】



**********************************



■サポーター登録■

★9月13日〜20日の全国一斉街頭署名で応援してくれる方。
 詳細な個人情報を出したくない方でも大丈夫。
「この地域で応援してます! この街頭署名に参加します!」と運動を盛り上げてください。

@【公開するお住まいの市(可能な方は町村名まで)】

A【公開するハンドル名】

B(★この情報はマップ上には表示しません)
【連絡先】
 【氏名】
 【メールアドレス】

C【コメントなど(100字まで)】

D【その他 ブログやサイトのURL、画像(1枚まで)】

**********************************

●登録申し込み・問い合わせ●

メール:shomei@saishori-databank.org
(再処理全国署名データマップ事務局)

電話:090−1103−1672
(武藤北斗/みんなでできるキャンペーン)
   080−6947−2491
(冨田貴史/再処理を止めるためのデータバンク・プロジェクト)

posted by momotomo at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。