2009年08月30日

いもとようこ絵本原画展 8/31まで! & 「HACHI 約束の犬 」 ぜひ、観て下さい!

みなさま
おはようございます。

30日、午前、無事、投票も終えて、
職場で仕事に励んでいる、まぼです。

ずっとご紹介したくてしそびれてしまった展示会、
明日までですが、東京駅の大丸で開催中。

いもとようこさんの絵本は小さな頃から大好きでした。
何冊も持っていて大事にしていますが、
今回、初めて和紙のちぎり絵で構成されている原画の数々を観て、
優しさが伝わってきて、ほんとうに感動しました。

まぼの個人的なおすすめは、、、。
「こりすのはつなめ」(金の星社)です。
今度ご案内します♪

詳しくは、こちらまで!

http://www.toei.co.jp/event/exhibition/1189270_1000.html


○HACHI 約束の犬


サイトはこちらをご参考に、お近くの劇場まで!

http://www.hachi-movie.jp/ 

テレビのCM等でもすごいようですが
(みんなが口真似してくれるので知りました。そのたびに笑みがこぼれます)、
「HACHI 約束の犬 」は、ほんとうにすばらしい映画でした。

ハチ?
知ってる。知ってる。
悲しいんでしょう?とか、
かわいそうでみれないとか、
みんないろいろ思うところだと思いますが、
ぜひ、こどもからおとなまで、みんなに観ていただきたい映画です。

私は、ぽぽみを思い出しちゃう、
嗚咽しまくりだろう・・・と、号泣用にタオルを持参したのですが、
最後には、とてもさわやかな気持ちで、感動にひたりながら、映画館を後にしました。
グッズは初日完売とのことで、パンフレットを買ってとぼとぼ帰ってきました。
U君がくれた貴重なHACHIマスコットを大切にします。
くわしい感想は省きますが、これから、映画を観にいく機会があり、
どれにしようかな?と思っている方は、ぜひ、観て下さい!

私もストーリーは分かったので安心して(笑)、
犬たちの表情をチェックするのに、
映画館に行こうと思っています。(DVDも楽しみ〜)

※アエラに載っていた、リチャード・ギア氏の表紙、
そして、次のページの彼のことばには、とても励まされました。
彼は、たった2ヶ月の秋田犬の子犬を抱っこして表紙の撮影に臨みました。
アメリカだったら、そんなに小さな子犬が店頭にならんだり、
母親から引き離されて、撮影に使われることは許されません。
(もちろん今、日本中で販売されている、2ヶ月齢の子犬たちがいることを、知ってのことでしょう)

そのあたりを、犬を愛して、信頼の絆の物語として、
あの映画を製作に加わってこころをこめて作ったギア氏が、
さらっとつっこんでいました。

そして、通常だったらぜったい流すだろう(日本のペット産業にとって都合のわるい)言葉をちゃんと拾って、
記事にしてくれた、勇気のあるアエラの記者さんにも感謝しました。

PS 

HACHIの直後に、ギンレイホールで観た、
「マーリー/世界一おバカな犬が教えてくれたこと」。
笑って笑って、最後に号泣。

HACHIは、大変警戒して、タオル持参で臨みましたが、
マーリーは、そこまで泣かないよ。とちょっと油断していたのです。
こちらの映画の最後のシーンはぽぽみを見送ったときと重なり
ちょっときつかったです。また時間が経ってから観たいです。

ぽぽみは、HACHI タイプ(忠実な友達)というより、
    マーリー タイプ(やんちゃな子供)だったのかな???

posted by momotomo at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

明日30日 やんばるNight In 駒込 お誘い(再)‏

みなさま

こんばんは。
ももんがの井上です。

みなさん、8月最後の週末、いかがお過ごしですか?

小さなお子さんは宿題の追い込みにてんてこまいでしょうか?

今日の東京は快晴でした。
昼は真夏の日差しが帰ってきたようで、ちょっと坂道を歩いたら、
汗がいっぱいでました。
お隣の六義園の森では、セミたちが元気にないていました。
けれど、夜になってくると、たくさんの秋の虫たちの音色。
すっかり輪唱のような感じです。
季節の移り変わりを「音」で感じることができて、
贅沢だなーと思って、屋上(←共有スペースだけど)で、
先ほどまで寝転んで夕涼みをしていました。

風が気持ちよく吹いてきています。

さて、1日遅れましたが、ご報告。

昨日の朝、いただきものの朝日新聞をポストで受け取り、ダッシュで駅へ。
出勤途中、新聞を観ていたら、
うれしくて隣の人に話しかけたくなりました。

ひとつは、
みっちんたちが準備している、
9/1イベントのことが朝刊本文 32面に載ってたこと!

もうひとつは、
お友だちのイラストレーターあいだたきこさん(pochaさん)のイラストが、
新聞の全面広告20ページ、21ページに載っていたことです!
(「野菜は、元気を咲かせます。もうすぐです。
  8月31日は、野菜の日。というもの)
とっても素敵なイラストで、優しい気持ちになりました。

*************************

明日は「選挙」の日ですね。

私は会社員のほうの仕事が終わらず(無念)、
日曜日出勤になってしまいました(泣)

朝の7時から投票できるようなので、ちょっと早起きして、
後回しにしないように、絶対に行きます。
(昔、お店番の前に行きそびれて、ももんが開店。
 お客さんがみえて、楽しく過ごしたのですが、
 選挙に行けなかったことが結構ありました・・・
 もったいなかったなー)

皆さんもぜひ、ご自身の1票を大切になさってください。


夜は、みなさま、お誘いあわせの上、駒込の公民館へどうぞ。

みちるんをお招きしての、やんばるNight です。
どうぞお越し下さい。

気持ちのいいレトロな和室の空間です。
ぶらっと参加も大歓迎です。
ぜひ、お越し下さい)

以下、再掲させてください。

(以下、転送、転載大歓迎。よろしくお願いします)
☆☆☆☆ やんばるnight in 駒込 ☆☆☆☆
〜「心〜ククル〜」(UAのやんばるライブ)
   &「やんばるからのメッセージ」上映〜
沖縄本島北部に「やんばる(山原)」と呼ばれる森がある。
そこにはヤンバルクイナなど数多くの動植物が暮らしている。
このやんばるの森のある東村高江に、
6ヶ所の米軍ヘリパッドが建設されようとしている。
やんばるの森と平和な暮らしを守るため、
2007年7月2日、高江の住民が米軍ヘリパッド建設反対の座り込みを始めた。
座り込みをする高江の住民に心を動かされたUAは、
2007年10月、高江でライブを行う。
UAのやんばるライブを撮影した「心〜ククル〜」、
高江住民の座り込みの様子を撮影した「やんばるからのメッセージ」。
この2つの映像には、やんばるに住む人々とUAの想いが込められています。
UAの歌を聴きながら、やんばるの森を感じてみませんか?
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜
8/30(日) 
18:00〜 開場・受付
18:15〜「やんばるからのメッセージ」上映
18:30〜 「心〜ククル〜」上映
20:10〜 やんばるスライドショーとみんなでお話会
21:15〜 終了
会場:文京区勤労福祉会館 3階 第二和室と第三和室 
   東京都文京区本駒込4−35−15
URL:http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_keizai_shisetsu_kinpuku.html

山手線 駒込駅(東口)下車 徒歩9分,田端駅(北口)下車 徒歩10分

南北線:駒込駅(1番口)下車 徒歩11分

〔上58〕早稲田←→上野松坂屋前(『本駒込四丁目』下車前)
〔東43〕東京駅丸の内北口←→荒川土手操車所前(『動坂下』下車 徒歩5分)
最寄駅からの地図はこちら ↓
http://www.city.bunkyo.lg.jp/var/rev0/0009/9555/map_kinpuku.pdf住所
○電話:03(3823)6711 (会場・文京区勤労福祉会館)
   
○申込・問合せ:
ももんが井上 ecomomo8@m9.dion.ne.jp
  会場は30人定員です。
  できるだけ予約をお願いします。
○参加費:500円 
大切にしたいものを伝える旅を続けているみちるん。
彼女に共感される方、旅の無事を祈る方、
みちるんへの熱いラブレター☆、おいしいおむすび、おやつ、
おもしろい物などのプレゼント、カンパも大募集中です。
イベントは、お夕飯どきにかかります。
わかちあいタイムには、フェアトレードの飲み物&おやつを
ご用意しますが、もっとお腹がすいちゃう方は会場でどうぞ。
お食事はご自身でご用意下さい。
みんなで一緒に笑顔でいただける差し入れも大歓迎です♪
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜
やんばる東村高江の現状ブログ 
http://takae.ti-da.net/
ライスペーパー88 Save Yanbaru Project 
http://www.wacca.com/88/

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

ナビゲーター:みちるん
愛と平和、食と農を見つめるピースウォーカー。
ピースウォーク、有機農家の手伝いをしながら、
青森県六ヶ所村にある核燃料再処理工場、
沖縄県の米軍基地などの問題を全国に伝える旅をする。

みちるんの旅ブログ 
http://love-nature.at.webry.info/
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜
エコロジー雑貨ももんが&ももんがともだちネット 
〒113−0021
 文京区本駒込6−15−9フォレスタ六義園5F
 090−9106−0308 (携帯・井上)
http://momotomonet.seesaa.net/
http://www.h4.dion.ne.jp/~ecomomo/
_________________________________________________________________
posted by momotomo at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【緊急】29日午後 肥田先生の講演会 中止のお知らせ

みなさま

おはようございます。

ももんがの井上です。

昨晩、掲載させていただきました、
本日午後のいろりばた会議、肥田医師の講演会について、

下記のお知らせがまわってきました。

*************************

■本日中止です

今井です。

取り急ぎお知らせします。
先日お知らせしました本日のいろりばた会議は、講師の肥田さんが
体調不良により参加できなくなりましたため、中止とさせていただきます。

急なお知らせとなり、申し訳ありません。

よろしくお願いします。

今井

*************************

とても残念です。

肥田先生の体調が、はやくよくなりますよう、

お祈りします。

ももんが まぼ





posted by momotomo at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

8月29日(土) 肥田先生の講演会−広島の被爆医師が体験を交えて語る−‏

みなさま

こんばんは!
井上@残業お仕事中です。

あした、下記の通り、肥田先生のおはなしを
直接うかがえる、大変貴重なイベントがあります。
ぜひ、ご参加ください!
私ももちろん最前列狙いますー。
みなさんも一緒に行きましょう。

また、別件ですが、ももんがより お誘い2つ!

@10月11〜13日の小出ゼミ合宿は、現在15名。
 申込遅れちゃったよ・・・の方、まだ大丈夫です。
 ぜひ、参加めーるを!
Aあさって、30日は選挙の後、夜、駒込へ!
 みちるんのやんばるナイトIN駒込へぜひお越し下さい。
 参加申込は不要。500円です。
 UAさんのライブ映像、みちるんによるやんばる映像付きトークライブ、
 お楽しみにね。


たんぽぽ舎です。【TMM:No817】
転送歓迎です
8月29日(土)開催のいろりばた会議(環境と原発の学習会) のご案内です。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
−広島の被爆医師が体験を交えて語る−
低線量ヒバク・内部ヒバクの危険性
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■今回のいろりばた会議は、 広島で被爆した医師の肥田舜太郎さんを
お呼びします。
皆さま、ぜひお越し下さいませ。
〜1945年8月6日前夜、 当時広島市内の病院の軍医をしていた肥田氏は、急患を見
るために郊外の村に行き、翌朝被爆。病院がほとんど全滅した中、 氏は一命を取
り留め、 原爆投下直後からほぼ現在に至るまで献身的に被爆者医療に従事。
さらに忙しい日常の合間に国内外の反核活動及び内部ヒバクや低線 量ヒバクの翻
訳・執筆・講演活動を半世紀以上行なってきた。
被爆国でありながら、長年、 一定の距離範囲以内で被爆した者にしか被爆者手帳
を支給してこなかった日本。 そこには内部ヒバクや低線量ヒバクに対する視点が
完全に欠落している。
そんな中、昨年の春の大阪高裁での原爆症認定裁判では、 入市被爆者が原爆症と
して初めて認められ、 以来被爆者裁判では被爆者側が連勝している。その根拠と
なったのが、肥田舜太郎氏の翻訳した「放射線の衝撃」と「 死にいたる虚構」で
あったという。
肥田氏は身をもって被ばく者と向き合い、 医療面での支援のみならず、外国の医
師や活動家と連携しながら被ばく者を支えてきた類まれなる医師で ある。
現在も活発に原発政策を国内外で推し進める日本。 原発産業の世界では、今もっ
て内部ヒバク及び低線量ヒバクの危険性についての意識は少ない。 今回の講演会
では、肥田氏にご自身の体験を踏まえながら、 低線量ヒバクと内部ヒバクの危険
性についても科学的にも説明してもらう。
肥田氏は述べる。
「 私にとって原爆の被爆者も原発の被害者も放射線による被害者と言 う意味では
全く同等の犠牲者です」
(いろりばた会議 今井)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・
《環境と原発問題の学習会『第143回いろりばた会議』 のご案内》
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・
【テーマ】
「低線量ヒバクの恐ろしさ」
提起:肥田 舜太郎さん(医師、広島でヒバク)
★参加者よりの発表、資料の持ち寄り、参加歓迎です
●日 時:2009年8月29日(土) 13:30開場、14:00開始〜17:00
●会 場:ニューシティハイツ飯田橋401号室
東京都千代田区飯田橋1-8-9
JR飯田橋から徒歩5分、東西線飯田橋A5出口より2分、 九段下より10分
(たんぽぽ舎から徒歩15分程度)
http://map.yahoo.co.jp/pl? type=scroll&lat=35.69628528&
lon=139.75164028&sc=3&mode= map&pointer=on&home=on
●資料代:1,000円
●主 催:いろりばた会議(環境と原発の学習会)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・
《肥田舜太郎さんプロフィール》
1917年広島生まれ。1944年陸軍軍医学校卒業後、 軍医中尉として広島陸軍病院
に赴任し、45年広島にて被爆。 以来今年3月に埼玉県の病院と診療所を退任する
まで、6000人の被爆者を診療した。全日本民医連理事、 埼玉県民医連会長、被団
協被爆者中央相談所理事長などを歴任。
忙しい医師としての仕事の合間に、 精力的に反核運動および低線量ヒバクにつ
いての翻訳及び研究を行なう。 被爆者裁判での昨今の被爆者側の勝利は、肥田氏
の翻訳した低線量ヒバクに関する外国文献がよりどころとなった。 92歳の現在も、
低線量放射線の危険性を示す「ペトカウ効果」の論文を翻訳中。
《主な著作・出演作》
BBCドキュメンタリー「Hiroshima」(2006) と映画「ヒバクシャ」(2003、鎌仲
ひとみ監督)に出演。主な著作「内部被曝の脅威」(2005)、 「ヒロシマを生きの
びて」(2004)、「広島の消えた日」(1982)、 主な翻訳書「死にいたる虚構」
(1994)「内部の敵」(1994)「放射線の衝撃」( 1991)「死にすぎた赤ん坊」(1978)
★2003年9月30日東海村臨界被曝事故4周年・ 東京圏集会での
肥田さんのお話が以下で読めます。
「58年間ヒバクシャを診てきた〜 アメリカと日本が隠していること」
http://www.tanpoposya.net/ jco930/4th_2003/930_4th_hida. htm
※同内容はたんぽぽ舎のパンフレットにもなっています。
たんぽぽ舎パンフレットNo55「被ばく者 核兵器と原発をなくす戦いを」
(2004年1月発行・肥田舜太郎、山崎久隆、大泉実成(9・ 30の会編))


posted by momotomo at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

応援のお願い:<転送・転載歓迎> 埼玉県で犬の多頭飼育現場が崩壊・・・支援をお願いします‏

みなさま
こんにちは。

ももんがのまぼ(井上)です。

ももんがの通販サイトを作ってくださったり、
動物の諸問題について様々教えていただいているAさんから、
ももんがともだちネットに、
下記の情報を投稿していただきました。

現在、わんこと暮らしていないわが身ながら、動物たちと暮らせる環境になく、預かり親にびしっと立候補できない自分をもどかしく思いながら、少しばかりの寄付を送りました。
(送金先の2団体は、とても信頼のおけるグループです。私からも・・・)

でも、もっと何かしたい!と前のめりに思って、コツコツMLやメールを送っていたのですが(犬猫の里親探しはわりといつも個別です)、そうだ!ブログに書いてないよーと思いました。

一番大切なのは、
今後このような事態が起きて、つらい思いをする仲間を作らないようにすることだと思うのです。

だから、動物が好きな方だけで情報を交換してくだけじゃなくって、それを社会問題として位置づけて、解決してくれそうな仲間にも届けたいと思ってます。
だから、このブログに遊びに来てくれる、
動植物を含めた環境に興味ある仲間や国際協力や平和や教育や文化など、広く、様々な分野に興味のある方に、この情報を届けたいし、
そこからみなさんの輪に、さらに回していただけたらと思います。

動物のレスキューをしている人たちにとっては、
今回の崩壊は初めての、驚くべき事件。ということではなく、
残念ながら、これまでも日本各地で起きていることです。
(いろいろ書きたいのですが略)

今回、この事件に勇気を持って取り組み始めて下さっているグループが、縁の深い方がつながっていたこともあり、
ももんがも、後方ながら(大きな声の)応援団になりたいと思います。

いぬやねこたちを悪い環境に閉じ込めて飼育し(長期的に継続的に苦しむことになります)、
繁殖し続けることで一層環境が悪化。
その上で飼い主が「もうだめだ」とパンクを認めた途端、
今度は、保健所は一度に沢山の動物たちを、炭酸ガスで窒息死することになります。
(書いてるだけで苦しいよ・・・)

それが異常なこと、犯罪だと思ってくれる世論を作ること、
それが起きないようにみんなが事実を知ること。が大切と思っています。

今回は様々な種類のわんこたち(雑種)の子たちで、
最初は飼い主さんも、本当はかわいそうに思って拾ってくれたのがきっかけだったのかもしれません。

けれど、他の多頭飼いの飼育崩壊の現場を見ると、
秋田犬や柴犬のブリーダーだったり、
チワワやダックスフント、ラブラドールのブリーダーだったりと、
ブームに乗ってお金儲けの為にペット産業がこのような現場を作り出して、崩壊している現場も多くあります。

(あなたの家のわんこやにゃんこのお母さん達は幸せそうでしたか?


はじめてお読みいただく方は、? なことも多いかもしれません。
でも、アニマルホーダーの定義なども含めて、
Aさんがわかりやすく書いてくださっているので、ゆっくり読んでみて、それからブログなどをご覧いただければと思います。

そんな事件があったなんて!って、
びっくりされる方もいらっしゃると思います。

そのくらい、普段、普通に暮らしていると、
動物たちの命はとっても軽んじられているため、
記事になりにくいです。

(というか、権力を持ってたり、お金を積んでいる大きな勢力にとって、都合の悪いことは全般的にそうですね。
 原子力にしても、
 開発で自然が破壊されていることも、
 児童がいじめられても、
 小さな記事でせいいっぱいです。

動物たちは、植物たちと共に、地球のなかまです。

ぜひお読みいただき、応援してくださる方が、
一人でもふえればうれしく思います。

   ついつい興奮気味で(動物のことになるとどうも・・・)、
       冗長になってしまいごめんなさい 

                  ももんが  まぼ




以下、転載させていただきます。

*******************************************

こんにちは。Aです。

新聞などで報道されているのですでにご存知でしたらすみません、
埼玉県栗橋町で犬の多頭飼育崩壊がありました。

現在、2つの愛護団体が現場に入り、計59頭の犬に新しい家庭を見つけようと尽力なさっています。
(+このMLにもいる動物愛護推進員の方〜(←Fさんのことです))

詳細は、下記の各リンク先を見ていただければと思うのですが、
現場の元飼い主は典型的な「アニマル・ホーダー」(動物版ゴミ屋敷のような感じで
ろくに飼育はできないのに動物を集めて手放さない人)で、
現場の状況はかなり悲惨だったようです。今回の現場は、民家からある程度距離が
あったそうですが、通常は、臭い・鳴き声などで近所の方も苦しみますし、
もっと社会問題として扱われてよいのではないかと思います。

死体の写真などが目を背けたくなりますが、
一度ブログぜひご覧くださいm(u_u)m
(ワンたちが可愛いのが救いです)

いま一番求めているのは、犬の一時預かりをしていただける方のようですが
(室内飼いできる方など、いろいろ条件はあります…)、
そのほか、物資、ご寄付なども必要としていらっしゃるので、
ぜひご協力もよろしくお願いいたします。

物資送付先はメールでの問い合わせになります。
2団体とも、日ごろ地道に活動なさっている団体です。

■動物生命尊重の会■

栗橋多頭飼い崩壊49頭+10頭 ブログ
http://nekoazukarinixtuki.cocolog-nifty.com/kurihasitatoukiahoukai/
里親募集ページ ※一時預かり先を待っている子がたくさんいる状況です
http://www.npo-alis.org/find/dog.html

現在の支援要請内容転載(2009.8.23)

首輪・リード・ハーネス・ゲージ・ペットシーツ・
医療費のご支援よろしくお願致します
代表金木の携帯が大変つながりにくくなっております
飼い主様ご希望・預かり様ご希望等お問い合わせは
出来ましたらメールにてお願致します
alis1993@live.jp

メールのお問い合わせも多数頂いております
順次お返事させて頂いておりますが
お時間がかかっております
申しわけございません
ご理解の程よろしくお願致します

ご寄付振込先

★三菱東京UFJ銀行
★成城学園前支店
★普通口座 0000178
★特定非営利法人 日本動物生命尊重の会

■動物の幸せを結ぶ会■

ブログ  栗橋 犬59匹多頭会崩壊!カテゴリ
http://blog.goo.ne.jp/inunekokatudou389/c/b4d3549c8221bbf444154597b91d6339
里親募集ページ
http://blog.goo.ne.jp/inu-dog-299

支援要請転載

*ドッグフード(ドライ・缶詰)良質なもの
* ケージ
* 首輪(10kgまで・13kgまでの2種類)
* リード
* ペットシーツ(ワイドサイズ以上)
* 迷子札
* タオル類
* ドライシャンプー
* 液体シャンプー

物資をお送りいただける方は、こちら(会へのご連絡)にご連絡いただければ折って送り先
をご案内いたします。
http://www.satooya-tsuushin.net/top/page/renraku_form.html

不妊手術及び治療費などに充てるべく、寄付金も募っております。

ご寄附の振込先
郵便振替口座番号   00540-9-41362
口座名義人    動物の幸せを結ぶ会


■下記は各紙報道です。電話連絡先記載あり■

町有地占拠して犬60匹、保健所に処分依頼
8月21日  読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090821-00000005-yom-soci

 埼玉県栗橋町の町有地を不法に占拠し、敷地内で約17年にわたり大量の犬を飼育していた飼い主が今年6月、「世話ができなくなった」として約60匹の犬の処分を幸手保健所に依頼していたことがわかった。

 保健所から連絡を受けた動物愛護団体は引き取り手を探すとともに、飼い主や町の対応に批判を強めている。

 地元の動物愛護団体「動物の幸せを結ぶ会」(栗橋町、加藤緑代表)とNPO法人「日本動物生命尊重の会」(東京都、金木洋子代表)のメンバー約10人は16日、現地を訪れ、おりの清掃や餌やり、名札の取り付けなどを行った。

 約80匹いた犬は、治療や一時預かりなどで一部が別の場所に移され、45匹が狭いおりの中からじっと作業の様子を見つめていた。鳥かごのような小さなおりに、首をすぼめて入れられた犬もいた。

 「これでも、だいぶきれいになった」(加藤代表)と言うものの、長年放置されていた汚物の悪臭はいまだ残り、一角には餓死したとみられる犬の白骨化、ミイラ化した遺体が山積みの状態。生まれてからずっと小さなおりの中で育てられてきた反動か、どの犬にも攻撃性がない。加藤代表は「一刻も早く、この環境から救ってあげたい」と話す。

 町などによると、飼い主は地元の夫婦で、1992年頃から284平方メートルの町有地を不法に占拠。町は93年3月までに7回、立ち退きを要請したが、夫婦は「代わりの土地を用意してくれなければ、犬をすべて放す」などと主張したため、町は野犬化することを恐れて要請を自粛。その後は交渉の記録もなく、実質的に“黙認”してきた。

 しかし昨年、夫が亡くなり妻1人になったため、「飼育が困難になった」として幸手保健所に処分を依頼。保健所から「あまりにも大量」として連絡を受けた両会が、日常の世話や引き取り手探しを始めた。町は「結果的に町の対応が今回の事態を招いたと言われても反論できない」としている。

 両会によると、ペットブームを背景に、販売目的で多くの犬や猫を飼育しながら、手に負えなくなって放棄する飼い主が全国で相次いでいる。中でもペット需要の高い都心から近く、郊外に広い土地のある埼玉県内で目立ち、「日本動物生命尊重の会」が引き取り手探しにかかわった5件のうち4件は県内だった。

 金木代表は「飼い主のモラルはもちろん、行政や住民が劣悪な環境での飼育にもっと監視の目を強めることが必要」と訴える。

 現在、引き取り手を探している犬は59匹。問い合わせは、加藤代表(090・2432・1852)か金木代表(090・9143・3149)へ。

--
犬60匹を飼育放棄 新しい飼い主探す 栗橋
8月20日 埼玉新聞
http://www.saitama-np.co.jp/news08/20/06x.html
--
町有地で15年も犬飼う 50匹処分依頼 栗橋町
8月14日 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/090814/stm0908141925009-n1.htm



posted by momotomo at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙のこと 

みなさま

選挙前に、ちょこっと思ったことを書きます。

わたしの世代(30代)は、
選挙のことなんて考える余裕や時間がないなー、
どうせ政治って変わらないって、
しらけた世代なのだと言われています。

確かそうだなー・・・
(それでも、がんばってきた同世代の方、ごめんなさい)

 けど、高尾のトンネルはそのまま掘られ続けて生き物は絶滅しつづけていくし、

放射能をまきちらして、いのちをじわじわ傷つけ、おいしい食べ物を汚していく六ヶ所の再処理工場もそのまま試験続行中
(全然、ガラス固化体つくれる技術の見通しも立たないのに)、

 私たちの生活もなんだか窮屈になってきた。
 雇用はどんどん狭められて、過酷で不安定な環境で働く仲間も増え、失業していたり、心の病気にかかっている方も増えていっている。
(その一方、自給自足に向けて舵を取り出した仲間もいっぱいいて、それが希望だったりします)

 だからこそ、「自分だけ、自分の親族だけ生き延びよう」という小さな気持ちじゃゃなくって、
 「そんなの望んでいないよ。もうやめようよ」って
 社会のしくみそのものを変えちゃおうよ、
 みんながいいね。って言えるものにしたいね。といおう。

 今回、それが言える本当に最後のチャンスなんだって思いました。

 それが政治だったのか!と最近、ようやく思います。

 黒々と利権に結びついている議員に群がって、
 自分だけー、自分の親族だけひいきして!というようなそんな世界に見えて、なんだか気持ち悪いものな気がして、
 距離をとってた人も多いのでは・・・。

 
 私は、この時期になっても、まだまだ他に心を痛めたり、
 気になっていることが多くて
 (栗橋での犬の多頭飼いの現場の崩壊 や 
 プルサーマル計画が大好きな佐賀県の玄海原発ではじまっちゃいそうなこと、さらに、職場でも、抱えている仕事が満載で、
 「選挙」に集中できていない状況なのですが、
 以前の自分よりは、しっかりしていきたいなーと思ってます。

 自分の1票を投じる前に、
 どの立候補者だったらいいかなーと、
 しっかり考える、意見を届ける時間をとるつもりです。

 そんな風に、急に、しゃっきりしようとしても、
 ヒントがなかったのがこれまで。
 誰が、同じ思いを託せる候補者なのか、分からなかった。
  
 そのような付け焼刃な私でも、前に二つ掲載しました、

 エコぎいんつうしんぼ   や   未来は僕らの手の中プロジェクト

の仲間が、コツコツ、興味をもっていることを、本当にかゆいところに手が届くような質問を出してくれて、
さらに、個別に回答までもらってくれています。
 
 ありがとう!
        ありがとう!
                ありがとう!

 その目には見えずらいけれど、
 未来を変えていくために出し合った知恵や労力や熱〜い思いが紡がれた大切な情報。
 ぜったい、役立てるからね。って気持ちでいますよ。

 皆さんも、ぜひ、投票の前にぜひチェックしてくださいね。

 自分が手がまわらなくてできないでいることを、
 してくれていた仲間に、「ありがとう!」って思ったら、
 あなたも、あなたが大切に思っている家族やおともだち、ママともだちにも、ぜひ、見てみて!って、おすすめ下さい。

 このブログを観に来てくださる方々の思いもさまざまです。
ももんがともだちネットのメーリングリストのお仲間には、
いろいろな政治信条をもった方や宗教の方がいらっしゃいます。

 どこかのグループに所属する以前に、私たちは、ひとりの人なので、様々な情報に当たれる機会を等しく持てたらいいな。って思っています!
 
 特に、動物たちのいのちを守る活動をしているお仲間の皆さんには、目の前に次々に持ち込まれる、生死をかけた現場で大変です。

 けど、動物たちの声「これ以上山を壊さないで!」
「いのちを物扱いして、殺さないで!」というゆがんだ人間の社会を変えられるのも、
そういう声を届けられるのも、私たち「大人の人」なんだ。って、
自分の1票に動物たち1000頭くらいを背中にしょっているぐらいの気持ちで、真剣に検討できたらいいな。って思ってます。

 投票日、行けないよーという方も、
 そのチャンスを無駄にしないように、「期日前投票」を使いましょ!


 選挙が終わってほっとしたら、夜は、ぜひ、駒込へ!
               (←急に、宣伝に入ります♪)

 文京区勤労福祉会館で、ナビゲーターみちるんによる、
 歌手UAさんの沖縄・高江でのライブの映像を観て、
 トークライブを味わうイベントを行っています。

  ☆☆☆ やんばるNight IN 駒込 ☆☆☆
 
  やるやかなひとときを持っています。

               ぜひお越しくださいね


                      ももんが まぼ 

 
posted by momotomo at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙の前に!A「未来は僕らの手の中プロジェクト〜選挙行こうぜ!〜」

みなさまへ

おはようございます。

ももんがの井上(まぼ)です。

もうひとつ、平和つむぎの豊田さん(20代)から、

「未来は僕らの手の中プロジェクト〜選挙行こうぜ!〜」

 のお知らせをいただきました!

 *************************

皆様、

こんにちは。

20〜30代の若者が考えた公開質問状を、
「未来は僕らの手の中プロジェクト〜選挙行こうぜ!〜」
各選挙区で送っています。

ご紹介しますので、ぜひ、読んでみて下さい



豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp

平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/

●祝 鎌倉市平和都市宣言50周年(日本初)●
●2010年 あんぽ条約50周年改定でなく平和条約でいこ●

========================================

第45回衆議院議員選挙 
公開質問状「次世代へのマニフェスト〜約束〜」

「未来は僕らの手の中プロジェクト〜選挙行こうぜ!〜」

HP http://www.shonan-senkyo.net/ 
ブログ http://maglog.jp/miraiproject/
鎌倉ブログ http://www.econakoto.net/kamakura-mirai

第45回衆議院議員選挙  各政党のご担当者様へ


このプロジェクトは「選挙」と「自分達の未来」との関わりについて気づき始めている、特に20〜30代の有権者に「楽しく行動(投票)」してもらう事を応援するプロジェクトです。
2007年の参院選を機に有志で立ち上げ、「自分たちで創る未来のために投票率をあげること」を目的として活動しています。
今回、衆院選に向けて、20〜30代の若者にメールやブログ、MIXIなどで、「『自分の未来』をキーワードとして考えたとき、投票前に立候補予定者に聞いておきたい今一番の関心事を教えてください。」
と投げかけたところ、2日間で80の質問が集まりました。
その質問を更に投げ返し、各項目ごとに投票してもらって絞込み、今回の質問内容を決定しました。
つまりこの質問内容が、次の社会=未来を担う次世代からみなさまへのストレートな問いかけです。

お忙しく活動されている最中と存じますが、以下の質問に8/15(土)中までにご回答頂き、下記アドレスまで返信いただきますようお願いいたします。
頂いた回答は貴名とともに未来プロジェクトのホームページ他、各報道機関に送らせていただき、広く周知させていただきます。
また、ホームページ等には回答をいただいた順に掲載させていただきます。

ご返信に5日間しか時間がなく、大変申し訳ありませんが、事情によりご回答いただけなかった場合は、「未回答」の旨を周知させていただく場合がありますのでご了承ください。

※ これまでのマニフェストは、「選挙」や「政治」に精通している人が理解できるものとなっていますが、私たちが投票行動を促したいのは、「興味はあるが、言葉がむずかしくて分かりにくい、とっつきにくい」等の理由で一歩を踏み込めない世代です。
ご回答は「具体的」「建設的」に、かつ「次世代」に響く分かりやすい言葉で頂戴できるとありがたく思います。

返信先→ 
未来は僕らの手の中プロジェクト事務局 神奈川4区担当 荒井理美
kamakura0mirai(a)gmail.com ←@を変えてあります。

========================================

以下、質問項目

【 財政・社会保障 】
1) 見直しが必要と考えている現行の事業を挙げてください。また新設・拡大もしくは不要・縮小が必要とされる事業とその具体的方策案も教えてください。
2) 企業・個人からの不正献金や事務所費の虚偽報告などが問題になっていますが、「政治とカネ」について、その透明性・公正性を確保するための政策を考えていますか。
3) 税金の使い道と決まった先でそれをどのように生かすかについて、教えてください。
(22歳/大学院生、30代/福祉関係、27歳/商工会議所職員、他)
【 雇用 】
4) 環境政策で雇用を創出できると思いますか?可能な場合、具体的な政策案を教えてください。
(20代/会社員、他)
【 経済格差 】
5) 社会保障全般をこれからどのように改革していくか、以下の項目をふまえてお答えください。
@ ホームレスの人の再就職と生活安定のための政策
A 年金・医療保険について
B 障害者や母子家庭を保護してた法律が取りやめになっている現状について
C 老人施設への入居希望が200人待ちを超える、現状の高齢社会に対する認識と対策について
(31歳/鍼灸マッサージ師、22歳/大学生、他)

【 ジェンダー・子ども 】
6) 出産費用をはじめかかる費用、出産場所、産後のサポート、小児科や教育(保育園、幼稚園をはじめ学校関係)、他にも女性が産休を取り、またきちんと復帰が出来るような補償、悲惨な事件やいつ何があるか分からない中に子供を送り出していく等の不安の改善…、色々な意味で子供を育てやすい環境になったら、産みたいと思う人が増えて少子化だけでなく今後の経済にも良い影響が出ると思いますが、そういった体制を整えていくのはまだまだ時間が必要なのでしょうか?
(31歳/主婦、他)
【 未来 】
7) 日本は今後30年間で、どのような発展戦略を採っていくべきと考えますか?
(22歳/大学生、他)
【 食糧・農業・環境問題 】
8) 食料自給率や将来のエネルギーについて、どのように考えていますか?具体的な政策案がありましたら教えてください。
9) 開発と環境保全は相容れないものでしょうか?開発と環境保全が共存できるシステムデザインを1例、具体的に挙げてください。
(20代/会社員、20歳/大学生、他)
【 教育 】
10) 社会保障や産業育成など重要な政治課題がある中で、成果が見えづらい「教育」に投資することをどう考えますか?
(22歳/大学生、他)
【 外交・国際問題 】
11) 戦争による環境破壊や人権侵害をなくすにはどのようにすれば良いと思いますか?その為に日々心がけていることは何ですか?
(27歳/フリーター、他)
【 人となり 】
12) 国民のために政治生命をかけられますか?あなたの政治的な立場が危うくなっても真実を語ってくれますか?
13) なぜ政治家を志すのですか?またどんな政治家になりたいですか?尊敬する政治家、具体的な目標と達成へのプロセスなどふまえて、教えてください。
14) 今もっとも重要視している政策は何ですか?どうしてそれをしたいのですか?またそのために今何をしていますか?
(22歳/大学生、25歳/会社員、他)
【 制度・市民参加 】
15) 自分の税金の使い道や議会の決議を国民の投票で決定できるようにしてくれますか?また子どもの考えや意見を国会に反映させる機会を作れますか?
(24歳/主婦、他)
【 その他 】
16) 選挙に行かない、年金を支払わない若者が多くいるのは国に信頼を寄せていないからだと思いますが、その信頼を勝ち取るために国はどうあるべき、どうするべきだと思いますか?
(22歳/短大生、他)

17) より国民の民意の反映しやすい比例代表制選挙の枠を広げていく必要があると思いますが、選挙制度についてのお考えをお聞かせください。
(29歳/会社員、他)

○最後に
※ オフィシャルHPアドレスがあれば教えてください。
※ 今後私たちが、気軽に質問できたり意見を伝えたりできる連絡先(公表できる)があれば教えてください。(メール/TEL/FAXなど)
お忙しい中ありがとうございました。


=============================
このメイルは、下記の政党アドレスに送らせて頂きました。

自由民主党 (直送アドレス無し)メールはこちらから
https://youth.jimin.or.jp/cgi-bin/info/meyasu_form.pl

民主党 info@dpj.or.jp

社会民主党 seisaku@sdp.or.jp
※社民党については政策審議会のアドレスを表記しています。

公明党 info@komei.or.jp

日本共産党 info@jcp.or.jp

国民新党  info@kokumin.or.jp

新党日本  tanaka@love-nippon.com
※新党日本については田中党首のアドレスを表記しています。

みんなの党 info@your-party.jp


posted by momotomo at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさん、選挙の前に!【転送・転載大歓迎】@エコ議員つうしんぼ

みなさま

おはようございます。
ももんがの井上(まぼです)。

30日まであとちょっぴり。

ぼんやりしている私も、みんなが教えてくれた情報をチェックします。
30日の「総選挙」と「最高裁判事の国民審査」は、
今あるすごくゆがんでいて、変な状況を、
自分たちの描く未来に変えてゆける大切な機会。

なので、ちょこっとクリックして、
自分の投じる選挙区の立候補者を、じーーーーっと確認。
変なところは、つっこんで、当選したときに、
こうしてもらいたいですからね!と請願する絶好のチャンスなんだなーと改めて思っています。

自分の1票が確実に未来を変えるイメージを持って、
以下、お読みください!

そして、このブログは掲載が遅れちゃったのですが、
選挙前、あと5日あります。

今からでもぜひ皆さんのブログやメールで、
お友だちにお伝え下さいね。

                  ももんが まぼ

以下、ケンジュウの坂田さんより届きました。

□■□■ 転送・転載歓迎!□■□■

いよいよ総選挙です。
投票日は、8月30日(日)、不在者投票は8月19日〜8月29日。
今回の選挙で、日本の森や川や海の運命は大きく左右されます。

たとえば、高尾山…
国交省は、秋には本格掘削をはじめるつもりのようです。
裁判は続いているけれど、このままでは間に合わない…

日本の公共事業は、裁判の結果が出るまでストップしてくれません。
それどころか、万が一わたしたちが勝っても
事情判決と言って、ここまで工事を進め、税金をつぎ込んだのだから
新たな公共性が生じたと言って、裁判には勝っても工事は止まらないなんてことも
あります。
まぁ、だからこそ国交省は、やみくもに工事を進めるわけです。
そうなると、もう政治的な決着しかありません。

高尾山を救うために動いてくれる候補者は誰?
マイカップやマイはし、エコバッグだけじゃ山は守れない。
マイ政治家になってくれる候補者は誰?
きっと、さまざまなエコの問題に取り組んでいる人が同じ気持ちなんだと思います。

だから、作りました!
「エコ議員つうしんぼ」!!
これまでのアンケートとちょっと違うのは、設問が法案になっていることです。
法案として国会に提出してくれますか?というアンケートを
全候補者に送りました!

高尾山トンネル問題、辺野古のジュゴン、八ッ場ダムなど公共事業による自然破壊から原発、自然エネルギー、住宅問題や特別会計などなど、
みんなが気になっていること、あったらいいなぁーという法案が25問。
あちこちのNGOやNPOをはじめ、エコに取り組む仲間たちの意見を聞きながら
作ったものなので、かなりつっこんだものになっていますよー
もう候補者は、「エコっぽい」ことを言ってごまかせません。

使い方は簡単!
たとえばわたしは、八王子なので東京24区をクリック。
候補者は3名。
その中で、民主党のあくつ幸彦さんが、高得点。
しかも高尾山を守るために動いてくれる♪
てな具合に、すぐわかるガイドが「エコ議員つうしんぼ」です。

選挙になると、みんな「地球に優しい」とか「環境に配慮して」とかって
やたら言ってるけど、本当?と思いますよね。
これまで投票に行かなかった人も、
「だって誰がいいのかわからないから…」というのがほとんど。
でも大丈夫!
エコ議員つうしんぼで、チェックすれば見分けられます。

大事なのは点数だけでなく、候補者たちのコメントです。
いろんなコメントがあって面白いですよ♪

ぜひぜひ、投票に行く前に「エコ議員つうしんぼ」を見てください。
自分の選挙区は、もちろんのこと、
気になる質問をチェックして、法案にしてくれたり、賛成してくれる候補者を
他の選挙区の人にも教えてあげて、一人でも多く当選させましょう。

今度の選挙は、環境に一票!という気持ちで
みんなが投票に行ってくれるといいな。

もちろん、選挙後も追いかけます!
当選のあかつきには、約束どおり動いてもらいます!
約束を守ってくれたかどうかをサイトにアップします。

ただいま、約400名(全候補者の三分の一)の候補者から回答が寄せられていますが、まだまだ回答は集まりそうです。
エコ議員つうしんぼチームが、がんばってアップ中。

エコ議員つうしんぼをチェック → http://giintsushinbo.com/

みんなの力で広めてくださーい!


●ブログやホームページを持っている人は
リンクやバナーをはってください!→ http://giintsushinbo.com/htm/framepage.html

●応援メッセージやご意見もどしどしお寄せください。

●ビラもあります(HPよりダウンロードもできます)。
まわりに配ってくれる人、欲しい枚数と送り先を坂田まで返信してください。




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■エコアクション虔十の会(けんじゅうのかい)
 ■代表 坂田 昌子
 □E-mail:kenju-no-kai@nifty.com
 □Homepage:http://www3.to/kenju
 □Blog:http://kenju-no-kai.cocolog-nifty.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
posted by momotomo at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

10月11〜13日 小出先生ゼミ合宿(大阪・熊取)のお誘い (どなたさまでも歓迎です♪)

みなさま

こんばんは。

ももんがの井上(まぼ)です。

2007年の春に、ももんがともだちネット主催で、
六ヶ所村ラプソディの上映会と京都大学原子炉実験所の小出先生の講演会をし、その後、様々なことを学ばせていただいています。

昨年の冬に、各地で上映会や小出さんの講演会を実施しているなかまたちで集まって、神奈川県藤野で、小出先生ゼミ合宿を行いました。
今回、さらにバージョンアップ版として、
小出さんの働いている原子炉実験所に伺う、2泊3日のゼミ合宿を企画してみました。

---------------------------------------------------------------
みなさまへ

10月に行う、小出先生ゼミ合宿 第2弾 のお誘いです。

せっかく関西に行くなら・・・と、興味のおもむくままに、
リクエストし、大変欲張った合宿ツアーになっています。

下記のスケジュールなどをご覧いただき、「私も、乗った!」という方、
楽しく充実した小出合宿ツアーをいっしょに作りましょう♪
お早めに参加メールをお送りくださいね。

合宿ツアーの細かな運び、小出ゼミの内容等についてはみんなで決めます。
遠方の方も多いと思いますので、申込時にお知らせいただくメールアドレスを
「小出ゼミ合宿専用メーリングリスト」に登録させていただきます。
そちらでみんなでわいわい決めていきたいなと思っています。

<申込・締め切りについて>
施設の予約の都合上、ご案内後、考慮期間が短くてごめんなさい。
宿泊は、予約が埋りつつあり(3連休)、施設の定員がある為、
第1次 申込期限 は、8月25日(火曜日)の正午とします。
申込先: momotomonet@hotmail.co.jp 
(今回も美苗子さんが担当・感謝)

申込フォーマットは、一番下につけました。
申込メールをいただいた順に受付させていただきます。
万が一、宿泊所の定員を超えた場合は、大変心苦しいのですが、
別の施設や高いお値段のお部屋をご案内することになるかもしれません。
あらかじめご了承下さい。

*** 小出先生ゼミ合宿 原子炉実験所訪問ツアー(大阪・熊取) ***

【日程】:2009年10月11日(日)、12日(祝・月)、13日(火)
※ 3連休の2日目からのスタートです。前日から旅を楽しまれている方、
  有給が取りにくくて、泣く泣く途中で帰られる方もかなりいそうなので、
  「現地集合・現地解散」 の企画としました。
※ 最終日13日(火)は、「平日」です。
  原子炉実験所内の見学は「平日」に限られているためです。
※ 初日のトークライブ&懇親会のみの参加や、
  最初の2日間の参加など、一部スケジュールのみの参加も大歓迎です。

【集合時間】
10/11(日)  集合 : 12:30    
        京都大学原子炉実験所・事務棟 会議室   
        (12:00〜予約済み。
        到着次第、正門で守衛さんに受付をして右手へ。
        直接会議室へどうぞ)

10/13(火)  解散 : 16:00頃  実験所内のどこか

【場所】 京都大学原子炉実験所 
     大阪府泉南郡熊取町朝代西2丁目
     http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/
  
     いよやかの郷 
     大阪府岸和田市大沢町 1156
     http://www.iyoyaka.jp/

【費用(おおまか)】 

@参加費(ゼミ費) 5,000円位?
  資料代、講師・ゲストの方へのお礼・懇親会費・交通費等の経費は、
  参加するゼミ員みんなで分担します。
  (ある程度、人数が把握できてから、金額を決めます。
   参加日数に応じた減額 も考慮します)

A宿泊費 1泊目: 実験所内 共同宿泊所 1,000円 
            ※先着順 20名程度
     2泊目: いよやかの郷 1泊2食付 8,500円 
       (温泉・森の中のコテージ・夕飯(宴会料理)・朝(バイキング)
       ※現在、4棟分空きありとのこと。20名までOK

B食事・飲み物代  初日11日の懇親会 お料理代 3,000円+各自飲み物代
          その他の食事は、各自分を負担のこと
 
C交通費 実費   現地集合・現地解散です。

※往復の交通手段の予約や購入は、各自の判断・責任でお選びください。
京都大学原子炉実験所 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/
実験所のアクセスについては、下記を確認ください。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/index/access.html

 <飛行機の場合>
  関西空港から 
  JR関西空港駅(関西空港線 関空快速)→ JR熊取駅 
   約15分 440円
 <長距離バス・新幹線の場合>
 JR新大阪駅→JR大阪駅(環状線)→天王寺駅(阪和線快速)→熊取駅
   約50分 780円
 ※JR熊取駅 から バス停「原子力研究所前」まで。
  バスで7分、タクシーで5分ほど。

 熊取駅からのバスの時刻表 ↓
 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/gaiyo/access/bus.pdf
 
原子炉実験所のある、大阪府・熊取は、
東京からですと最短は「飛行機」の往復です。
(※京都大学の施設ですが、京都ではありません)

連休にかかっており、飛行機や長距離バスの場合、
安いチケットは売れ切れはじめています。ご予約はどうぞお早めに。

【おおまかなスケジュール】

10/11(日) 12:30集合 
         13:00〜 
         トークライブ @原子炉実験所・会議室
(合宿1日目)  毎日放送 津村健夫氏
         潟}フィア・コーポレーション 岩田和博氏
         原子炉実験所 今中哲二先生
 
         → 懇親会(小出さん今中さんの行きつけのお店) 
         → 二次会
         〜〜〜 原子炉実験所 共同宿泊所 (泊) 〜〜〜 

10/12(祝・月) 
(合宿2日目)  午前〜午後15時頃まで 
         小出ゼミ @原子炉実験所・会議室 
  
        15:00頃、送迎バスにて「いよやかの郷(温泉)」へ移動
                         (約60分)
         温泉、散策、宴会、二次会(エンドレス?)
 
         〜〜〜 いよやかの郷 コテージ (泊) 〜〜〜

10/13(火) 
(合宿3日目)  いよやかの郷にて、朝ごはん、散策、チベット体操、
         朝風呂、二度寝(ぐぅ)           
        11:00チェックアウト後、原子炉実験所へバスで移動
                          (約60分)
          昼食後、実験所内の原子炉等の施設を見学。
          小出先生の研究室にお邪魔する。         
          16:00 解散

【ツアーのポイント】
今回の見どころは大きく3つ!(日程順)
@ ゲスト3人をお迎えします。
  小出先生は、参加者みんな と ゲストの3名 をつなぐキーパーソン。
  そこで、今回、聞き手・ホスト役 をお願いして、
  対談風のトークライブを行います(←初の試み)。
 
1)ゲストのおひとり目は、第46回ギャラクシー賞のテレビ部門 選奨 
 を受賞した、映像08’「なぜ警告を続けるのか〜 
  京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち〜 」を作った、
  毎日放送(大阪)の津村健夫ディレクターです。
  この番組の応援する活動をみんなでコツコツしてきましたが、DVDを手渡された、

 ほんとうにたくさんの方々が、応援の声(メールやFAX)を届けてくださいました。
  ありがとうございます♪ 
 今回、せっかく関西に行くなら・・・と、小出さんにお願いして(ずんずん)、
 津村さんに、直接お礼を言って、直接お話を聞けることになりました。
 こちらに参加するゼミ生は、必ず、番組を観てくださいね。 
 現在、YOU TUBE でも観れます。
 http://video.google.com/videoplay?docid=2967840354475600719&hl=ja

2)ゲストのおふたり目は、今年の4,5月に、京都の清水寺の境内で、
ご開帳記念の連続講話イベント「平成21年 奉納「言」(第3回)」を企画実施さ
れた、株式会社マフィア・コーポレーションの岩田カズヒロさんです。
 (マフィア? MAFIA? 詳しい由来は、当日・・・) 
 津村さんの「映像’08」をご覧になられた岩田さんが、
 河内家菊水丸さん、ワダエミさん、佐高 信さん、梁 英姫さん、雨宮処凛さんな
ど、様々な分野で活躍するゲストの方々の一人として、小出さんに声をかけてくださった

そうです。
 テーマ: 本当に「原発(原子力発電所)は要る」のか!?
       原子力の研究者が反・原発を説く訳を聞いてみませんか?
 このイベントでは、清水寺の境内での講話ということで、初めて原子力のおはなし
を聞く人がたくさん参加。新しい層にぐっと広がっていったようです(じーん)。

 岩田さんのご活躍は多岐に渡っており、大西巨人著の「神聖喜劇」の漫画化に取組
み、日本漫画家協会賞および手塚賞を受賞。
 http://www.yomiuri.co.jp/book/author/20060530bk01.htm
 http://www.asahi.com/shimbun/award/tezuka/senkou07.html 
 これを機に、「神聖喜劇」の再ブームを作り出された方とのことです。
 その歩みを撮影した番組が、NHKで放映され、ギャラクシー賞を受賞しました。
 NTV特集 http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2008/0810.html
  (2008年4月13日初放映、2008年の8月10日再放送)

3)ゲストの3人目は、長年にわたり、小出さんと共に、反原発の道を共に歩んでい
らっしゃる、原子炉実験所の 今中哲二先生です。
 映像’08の番組中では、チェルノブイリ、セミパラチンスクの土壌調査などをさ
れている姿。
 いくらその汚染を科学で解明したとしても、そこで暮らす方々の文化や生活そのも
のが消されていくこと、そこで暮らす方々の悲しみや怒りは?という問いかけをされ、

現地の方々に寄り添う今中先生。
 そして、原子力が推進されているのはなぜか?という問いに、
 原子力が利権構造化している現実をわかりやすく説明し、さらに核武装していくための能力
 を備えておきたいのだろう。との言葉にドキっとしました。
 原子力の研究者という立場から、真剣にカメラに向かって語る姿。
 勇気があり、多くの方の印象に残ったようです。
 
 今中先生・小出先生の歩みは、原子力安全研究グループのHP 
  http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/  をご覧下さい。

A まる一日取りました!
  小出先生じきじきの少人数ゼミです。
  森の中のコテージに泊まり、露天温泉や散策、ひたすらゴロゴロも楽しめます!
  時間がたっぷりあるので、ゼミ生のみんなが小出さんと直接おはなしできます。

  【小出ゼミの内容について】
  これからみんなで相談して決めましょう。
  各自聞きたいテーマを書き出して、後日アンケートにご記入ください。
  日頃、初級者向けの講演会等の企画・実施で、忙しくしている方々の参加が多数と

  いうことで、「もっと突っ込んで、小出さんに直接聞いてみたかったこと」を聞け

  ちゃう。というイメージで考えています。
  小出さんの講演録、講演DVD、YOU TUBE映像などが既に出ているテーマについては、

  そちらを利用してからご参加ください。
  (ももんがにある資料、映像等もどんどん貸し出しますので、ご相談下さいね)
  
B 原子炉実験所の施設の見学をさせていただきます。
  小出さんと今中先生の解説付き!
  (10名以上になる場合は、今中先生も付き添ってくださるそうです。(感謝)
  原子炉ってどうなってるんだろう?
  また、「六ヶ所村ラプソディー」の映像中、目が釘付けになったうさぎちゃんや
  ゲルニカのハガキが貼ってある)小出さんの研究室にもお邪魔します。

*************************

以下、参加申込メールのフォーマットです。
急ぎで<宿泊の有無>だけでも、
先に書いてメールを送ってください!!

--------- 参加申込メール 8月25日締切分 -------
○お名前&ニックネーム
○どんなルートで、今回の小出ゼミ合宿を知りましたか?
○連絡先 
・MLに登録OKなメールアドレス
・携帯電話(あれば)
○参加形態: 現状、わかる範囲で教えてください。
例)11日トークライブ+懇親会の日帰り,
  12日小出ゼミの終了後、温泉の前まで等、  
  合流するタイミング と 帰るタイミングが既に分かっている方は、
  教えてください。
○初日11日(日)夜の懇親会の参加について  参加する OR しない
  (参加費は お料理代3,000円+各自飲み物代)

○宿泊の有無 【最重要】
1日目 : 実験所の共同宿泊所 OR その他(自分で探す・友人宅)
        1,000円
2日目 : いよやかの郷 OR その他(自分で探す・友人宅)
        8,500円

○分担していただけるお仕事、得意なことを教えてください
 記録係(文、映像、画像)、HPやブログへの記事のUP,
 飲み会幹事(2名)、食事ごとの会計係、受付、司会、その他

○質問等あれば
 (まだ未定のことが多いので、答えられる範囲になります)

--------------------------------------------------
申込先: momotomonet@hotmail.co.jp 
(今回も美苗子さんが担当してくれます・ありがとう)

質問など: ecomomo8@m9.dion.ne.jp 井上
      090−9106−0308(携帯・ソフトバンク)
 
みなさん、待ってま〜す!

取りまとめ)
   エコロジー雑貨ももんが & 
     ももんがともだちネット 井上(まぼ)




posted by momotomo at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

8月30日(日)夜: やんばるnight in 駒込 のお誘い

みなさま、こんばんは。

ももんがの井上です。

8月30日(日)の夜、
ピースウォーカーのみちるんが、
   駒込にもやってきま〜す!

下記のイベントを実施しますので、
お誘いあわせの上、お越しくださいね。

以下、イベント広報 転載文 

(以下、転送、転載大歓迎。よろしくお願いします)

☆☆☆☆ やんばるnight in 駒込 ☆☆☆☆

〜「心〜ククル〜」(UAのやんばるライブ)
   &「やんばるからのメッセージ」上映〜

沖縄本島北部に「やんばる(山原)」と呼ばれる森がある。
そこにはヤンバルクイナなど数多くの動植物が暮らしている。

このやんばるの森のある東村高江に、
6ヶ所の米軍ヘリパッドが建設されようとしている。

やんばるの森と平和な暮らしを守るため、
2007年7月2日、高江の住民が米軍ヘリパッド建設反対の座り込みを始めた。

座り込みをする高江の住民に心を動かされたUAは、
2007年10月、高江でライブを行う。

UAのやんばるライブを撮影した「心〜ククル〜」、
高江住民の座り込みの様子を撮影した「やんばるからのメッセージ」。
この2つの映像には、やんばるに住む人々とUAの想いが込められています。

UAの歌を聴きながら、やんばるの森を感じてみませんか?

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

8/30(日) 

18:00〜 開場・受付

18:15〜「やんばるからのメッセージ」上映

18:30〜 「心〜ククル〜」上映

20:10〜 やんばるスライドショーとみんなでお話会

21:15〜 終了

会場:文京区勤労福祉会館 3階 第二和室と第三和室 
   東京都文京区本駒込4−35−15
URL:http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_keizai_shisetsu_kinpuku.html


山手線 駒込駅(東口)下車 徒歩9分,田端駅(北口)下車 徒歩10分
<東京メトロ>
南北線:駒込駅(1番口)下車 徒歩11分
<都バス>
〔上58〕早稲田←→上野松坂屋前(『本駒込四丁目』下車前)
〔東43〕東京駅丸の内北口←→荒川土手操車所前(『動坂下』下車 徒歩5分)

最寄駅からの地図はこちら ↓
http://www.city.bunkyo.lg.jp/var/rev0/0009/9555/map_kinpuku.pdf住所

○電話:03(3823)6711 (会場・文京区勤労福祉会館)
   
○申込・問合せ:
ももんが井上 ecomomo8@m9.dion.ne.jp

  会場は30人定員です。
  できるだけ予約をお願いします。

○参加費:500円 

大切にしたいものを伝える旅を続けているみちるん。
彼女に共感される方、旅の無事を祈る方、
みちるんへの熱いラブレター☆、おいしいおむすび、おやつ、
おもしろい物などのプレゼント、カンパも大募集中です。

イベントは、お夕飯どきにかかります。
わかちあいタイムには、フェアトレードの飲み物&おやつを
ご用意しますが、もっとお腹がすいちゃう方は会場でどうぞ。
お食事はご自身でご用意下さい。

みんなで一緒に笑顔でいただける差し入れも大歓迎です♪

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜
やんばる東村高江の現状ブログ 
http://takae.ti-da.net/

ライスペーパー88 Save Yanbaru Project 
http://www.wacca.com/88/

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜
ナビゲーター:みちるん

愛と平和、食と農を見つめるピースウォーカー。
ピースウォーク、有機農家の手伝いをしながら、
青森県六ヶ所村にある核燃料再処理工場、
沖縄県の米軍基地などの問題を全国に伝える旅をする。

みちるんの旅ブログ 
http://love-nature.at.webry.info/

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

エコロジー雑貨ももんが&ももんがともだちネット 
〒113−0021
 文京区本駒込6−15−9フォレスタ六義園5F
 090−9106−0308 (携帯・井上)
http://momotomonet.seesaa.net/
http://www.h4.dion.ne.jp/~ecomomo/

※当日イベントを助けてくださるスタッフ募集中です。
いっしょにこのイベントをやりたい!って思う方、
メールをくださいね。
posted by momotomo at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

ももんがまつり☆ピースライブ(再掲載)ぜひ、お越しくださいー!

みなさま

今日も、夏らしい暑い一日でしたね。
みなさん、いかがお過ごしですか?
お盆休みのラッシュも始まったようですので、
みなさんも夏の休暇で、海や山に行かれているでしょうか?
花火大会も堪能していますか?


さて、明日、9日(日)皆さんはいかがお過ごしの予定ですか?
ぜひ、ももんがまつり☆ピースライブに足をお運びください。

******************************
  
  今回、トークライブをお願いしている、山田玲子さん。
  
  ちょうど昨晩、広島から帰ってきたばかりな上に、
  翌日からも講演が連続しています。
  そんな中、今回のお願いを引き受けてくださいました。

  「よい会にしましょうね。がんばりましょう!」というはつらつとした、綺麗な声に励まされての開催です。
  
ももんがでの8月のイベント(ピースライブ)は、
それなりのこだわりを持って、開店当時から継続的に行ってきた催しです。
(「人」だけじゃなくて、「動物たち]も苦しめ殺しているのが人間が起こす戦争だよ。というメッセージが強かったのです)

なので、毎年、欠かさず、上野動物園で、ぞうのトンキーたちが餓死させられたり、
広島や長崎で子どもたちや動物たちが原爆によってころされていくおはなしを
映像や朗読会という「間接的な形で」発信してきました。

今回、祝島の埋め立ての危機が迫っているので、
どうしても「原発」と「原爆」がつながっていることを、
この8月に感じていっしょに話がしたくって、「原爆」にしぼったイベントを組みました。

はじめは、原爆の証言をしていただくことは、
その方に、つらいことを思い出させてしまうことになるんじゃないか。
聞いている自分も、仲間も、悲しい気持ちになって、
胸がはりさけちゃうよ。と思っていました。
そのときの自分だったら、話を受け止めて、それを糧にして、
次につないでいくだけの覚悟や力を持てなかったと思います。

けれど、今回、トッチ、KIMIKOさんとつないでくださって、お願いすることができました。
そのきっかけになったのは、今思うと、下記の2つのイベントでした。

ひとつめは、去年、映画「ひめゆり」を観たこと。
そして元ひめゆり学徒でいらした百子(ももこ)さんのトークライブに参加したことです。
「直接」と「間接」の大きな違いに驚いてしまいました。
そして、その世代の方がなくなってゆく現実に打ちのめされそうになりました。。。
目の前にいらっしゃる、やわらかでかわいらしい女性が、
当時を思い出す度に感じる、苦しさを越えて、
それでもなお、死んでいった仲間たちの為に語り継ぐことの意味。
自分も受け継ぐ勇気を持つこと。
それを乗り越えていく強さを持つこと。

ふたつめは、先日もお伝えしましたが、今年6月、夏至の日のテツさん主催のイベントです。
そちらで、「原爆の話」も、直接、語ってきかせていただける「最後の世代」なのだと、
改めて気づかされました。

戦争体験だけではなくて、上の世代からいろいろな知恵や心を受け継ぐことに、
私は、あまり関心や興味がなかったなあ。興味や共感は、自分の世代、
しかもごく限られたものだったのだなあ。と感じました。

過去から未来に、すべてつながっている、その「環」
そして、人間だけじゃなくって、そのほかの幾多の生き物たちのいのちを思うと、
見落としていたことのすべてを「もったいないなぁ」
「ありがたいことばかりだなあ」と 感じるようになりました。

みなさんにも、色々なタイミングがあると思うのですが、
何か心にピンとくるものがあった方、ぜひ、山田玲子さんのおはなしを一緒に聞きませんか?

もちろん、おはなしの最中は、悲しさや怒りや恐怖など色々な感情が立ち上ってくるとは思うのですが、
「ホピの予言」との同時開催な上に、
あいちゃんのチベット体操ワークショップ♪がふんわりと待っています!
(チベ体 狙いの人多数!)

なので、とてもやわらかで、あたたかい空間に身をおいていられると思います。

スタッフとして助けてくれる仲間、出店してくれるともだち、
既に「行くよ!」ってメールをくれたともだちの
顔を思い浮かべて、ほんとうにそう思います。

まだまだ、人数に余裕がございます。

とっても貴重な機会なので、皆さんも同じ空間で味わいませんか?

お友だち、ご家族をお誘いあわせの上、ぜひ、お越しください♪

雨が降ったらいくよー。とかも大歓迎です!

                ももんが 井上雅代(まぼ)


・・・ももんがまつり☆ピースライブ2009・・・

今年は「原爆」にテーマにしぼり、
異なる角度からの原爆の映像を2本観て、
貴重な被爆証言を聞き、
チベット体操で心と身体をゆるめるワークショップを行います。
みんなでわかちあいをする時間もとりました。
どうぞ、お友だちをお誘いあわせの上、お越し下さい。

【日時】
2009年8月9日(日曜日)

開場 13:15

第1部 13:45 〜 18:45 

映像+トークライブ+ワークショップ

第2部 19:00 〜 20:30位 

自己紹介を兼ねて、わかちあいタイム  


【会場】

文京区立本駒込交流館 3階和室A・B(定員50人)     
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_kumin_shisetsu_kouryu_honkoma.html

文京区本駒込3-22-4 本駒込地域センター内 電話:03(3824)5801 

交通機関
・東京メトロ 南北線「本駒込」駅 2番出口より徒歩5分
・都営地下鉄 三田線「千石」駅 徒歩7分
・JR山手線 「駒込」駅 南口(六義園側)より徒歩15分
 ※本郷通りを直進した道の左手です。比較的分かりやすいですが、小さな子の足だと遠いです。
・〈都バス〉茶51系統「駒込富士前」より徒歩1分
  (お茶の水、秋葉原駅 と 駒込駅を結ぶ路線です)
※事前に場所の確認をHP等でお願いします。


【参加方法】
直接会場までお越し下さい。

【参加協力費】
おとな800円(お茶・おやつ付き)

※どこから参加してもOK、いつ帰ってもOKです。
最初に入場するときに、参加協力費をお願いします。  
なお、今年は、お夕飯の準備がございません。
長時間のイベントとなりますし、近所に食事をする場所は
ほとんどないので、各自ご用意下さい。
   
【当日の流れ】 

<第1部>
●13:15 開場
●13:35 ご挨拶(司会)


●13:45頃〜
☆ ドキュメンタリー映画「ホピの予言2004年度版」上映(100分)
  宮田雪 監督
  http://www.h6.dion.ne.jp/~hopiland/

●15:45頃〜
☆ 短編アニメ「おこりじぞう」上映(27分)
   監督 板谷紀之


●16:30頃〜
☆ 山田玲子さんのおはなし 
 11歳のときに広島で被爆、現在75歳
 (おはなし30分 + 質問・わかちあいなど 30分位)


●17:45頃〜 
☆「チベット体操でこころと体をゆるゆるほぐそう」
  あいさん (60分)
  ・・・・・・・・・・・・・・・
  ももんが初登場の身体を動かすワークショップです。
  全員が初めてだと思いますので、気楽な気持ちでご参加ください。
  寝転んだりするので、運動しやすい服でご参加ください。
  広い和室で、ごろりと寝転んだり、笑いあったり、思いを伝えあったりして、ゆるゆるほぐしていくそうです。楽しみですね。  

<第2部>
 
●19:00〜20:30ころ 
自己紹介を兼ねて、ピースライブで感じたこと、
日ごろ考えていて、みんなとわかちあいたいことを、
伝え合いましょう。
心が響きあう時間になりますように。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
(イベント協力)

○トッチ(やさい料理つむぎや) 
http://www.tsumugiya-yasai.com/index.html
 
○りんちゃん
○アイちゃん
○晋平ちゃん、
○あいちゃん(チベット体操)
○イン ラケッチ 美月さん(出店協力) 
 HPアドレス:http://www.geocities.jp/ikiiki_honpo/inlakech/index.inla.html

 ネットショップ:http://inlakech.shop-pro.jp/

AND MORE・・・


 ももんがともだちネット / エコロジー雑貨ももんが 井上
  ecomomo8@m9.dion.ne.jp
posted by momotomo at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

8月9日(日) ももんがまつり☆ピースライブ のお誘い

みなさまへ

こんばんは。
ももんがの井上です。
随分と長い間、こちらのブログの更新を、
お休みしてしまいました。
申し訳ありません。

毎度、急なお知らせになってしまいますが、
来週8月9日(日)の午後から夜にかけて、
毎年夏に行っております、
ももんがまつり☆ピースライブを実施できることになりましたので、
そのお誘いを書かせていただきます。
こんなに直前になってしまって、本当にごめんなさいっ。

今年は、映像2本とトークライブとボディーワークショップ。
と、例年とはまた一味違うイベントになりそうです。

作り上げてくださるのは、
参加してくださるお一人お一人です。

今年は去年の反省を踏まえ、時間も長めに設定し、
場所も手足がぐっと伸ばしやすい、気持ちのよい和室の大広間です。
(みんな、気持ちよくって、寝ちゃうかなあ?)

小さなお子さんも過ごしやすい空間だと思いますので、
日ごろ、学習会などに参加しずらい方もぜひ!

ご家族、お友だちをお誘いあわせの上、足をお運び下さい。

 8月9日は、長崎原爆が投下された日です。

 私たちが使う電気の多くを作っている、原子力発電。
 その原子力発電と原爆は同じものだということを
「六ヶ所村ラプソディー」という映画を通じて知りました。

 すべてのいのちを焼き尽くす原爆は嫌だ。
 戦争は嫌だ。絶対にしないよ。そう思ってきたけど・・・。
 さらに新しい原子力発電所を作るために、いのちを育む豊かな海を埋め立てようとしている山口県の祝島での動き。
 
 遠い昔のことじゃなくって、今、私たちが選ぶ「1歩」のおはなしだし、全てがほんとうはつながっているんですね。

 みんなと一緒に、平和への祈りの時間、
 そして、これからをどう生きるか?をじっくり考える時間を作りたいと思っています。

 さらに、今年はゆるゆるほどけていくうちに、
なんだか元気がでちゃうというチベット体操という、ボディーワークもお願いできました!
 
 夏の1日、合宿みたいな楽しい時間になりそうです。
 いっしょに過ごしませんか?
 毎年、ひとり参加の方も多いイベントです。
 ぜひ、仲間になって、つながってください!
 
 当日、スタッフをお願いできる方、まだまだ募集中です。
 声をかけてくださいね!

以下、冗長なのですが、お誘い文です。
お手数を毎回おかけしてしまい恐縮してしまいますが、
皆さんの腕前で、かっこよく編集していただき、
ブログやミクシー、ML、メール転送等で、
ぴんと来そうなお友達へのお誘いがけをお願いします。
よろしくお願いします。
                  ももんが まぼ



・・・ももんがまつり☆ピースライブ2009・・・


今年は「原爆」をテーマにしぼり、
異なる角度からの原爆の映像を2本観て、
生の被曝証言を聞き、
チベット体操で心と身体をゆるめるワークショップを行います。
みんなでわかちあいをする時間もとりました。

どうぞ、お友だちをお誘いあわせの上、お越し下さい。


○日時:2009年8月9日(日曜日)

   開場 13:15

   第1部 13:45 〜 18:45
       映像+トークライブ+ワークショップ

   第2部 19:00 〜 20:30位 
       自己紹介を兼ねて、わかちあいタイム  

○会場: 文京区立本駒込交流館 3階和室A・B
     (定員50人)     

http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_kumin_shisetsu_kouryu_honkoma.html

文京区本駒込3-22-4 本駒込地域センター内 
電話:03(3824)5801 

交通機関
・東京メトロ 南北線「本駒込」駅 2番出口より徒歩5分
・都営地下鉄 三田線「千石」駅 徒歩7分
・JR山手線 「駒込」駅 南口(六義園側)より徒歩15分
 ※本郷通りを直進した道の左手です。比較的分かりやすいですが、小さな子の足だと遠いです。
・〈都バス〉茶51系統「駒込富士前」より徒歩1分
  (お茶の水、秋葉原駅 と 駒込駅を結ぶ路線です)

※事前に場所の確認をHP等でお願いします。

○参加方法:
 直接会場までお越し下さい。
 ただし、お茶やおやつ、資料の準備の為、事前に「行くよ!」とメールをお送りいただけると助かります。  
 ecomomo8@m9.dion.ne.jp まで

○参加協力費:おとな800円(お茶・おやつ付き)

※どこから参加してもOK、いつ帰ってもOKです。
最初に入場するときに、参加協力費をお願いします。 
 
なお、今年は、お夕飯の準備がございません。
長時間のイベントとなりますし、近所に食事をする場所はほとんどないので、各自ご用意下さい。
   
<当日の流れ> 

※スタート時間は目安です。あらかじめご了承下さい

<第1部>
13:15 開場
13:35 ご挨拶(司会)

13:45頃〜
☆ ドキュメンタリー映画「ホピの予言2004年度版」上映(100分)
  宮田雪 監督
  http://www.h6.dion.ne.jp/~hopiland/

15:45頃〜
☆ 短編アニメ「おこりじぞう」上映(27分)
  監督 板谷紀之

16:30頃〜
☆ 山田玲子さんのおはなし 

  広島で被爆。被曝当時11歳。

  (おはなし30分 + 質問・わかちあいなど 30分位)

 ・・・・・・・・・・・・・・・
 様々な方がつないでくださり、豊島区を中心に、
 被曝証言を続けてこられている、山田玲子さんに、
 ピースライブでのおはなしをお願いできることになりました。
 少女時代のつらい思い出を語りついで下さることの意味を考えています。
 大変貴重な機会となります。ご参加下さい。


17:45頃〜 
☆「チベット体操でこころと体をゆるゆるほぐそう」

  あいさん (60分)
  ・・・・・・・・・・・・・・・
  ももんが初登場の身体を動かすワークショップです。
  全員が初めてだと思いますので、気楽な気持ちでご参加ください。寝転んだりするので、運動しやすい服でご参加ください。
  広い和室で、ごろりと寝転んだり、笑いあったり、思いを伝えあったりして、ゆるゆるほぐしていくそうです。
  楽しみですね。

  
<第2部>
 
 自己紹介を兼ねて、ピースライブで感じたこと、
 日ごろ考えていて、みんなとわかちあいたいことを、
 伝え合いましょう。

 心が響きあう時間になりますように。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

(イベント協力)
 トッチ、みなちゃん、りんちゃん、
 アイちゃん、晋平ちゃん、
 あいちゃん(チベット体操)
 イン ラケッチ 美月さん(出店協力)
 AND MORE・・・

 ももんがともだちネット
 エコロジー雑貨ももんが 井上
  ecomomo8@m9.dion.ne.jp
  
※このイベントは、毎年実施しているももんがまつり☆ピースライブであると同時に、
「ヒロシマ原爆忌によせて 〜平和への祈りの輪 2009〜」(8月5,6日)の関連イベントになります。

http://www.h6.dion.ne.jp/~hopiland/



posted by momotomo at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。