2008年12月17日

23日(祝)海と山 LOVE LOVE シンポジウム ――いのちの輪と和、沖縄泡瀬干潟&東京高尾山――

海と山 LOVE LOVE シンポジウム
――いのちの輪と和、沖縄泡瀬干潟&東京高尾山――

【日時】12月23日(火・祝日)12:30開場、13:00開始
【場所】東京大学農学部弥生講堂一条ホール(地下鉄・南北線「東大前」駅徒歩1分・千代田線「根津」駅徒歩8分)
 地図 → http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/ 
【参加費】1000円

沖縄と東京、海と山、離れているけれど泡瀬干潟と高尾山は、双子のようにそっくり。

泡瀬干潟は、沖縄市の市街地にある身近な海。高尾山は、新宿からたった1時間で行ける身近な山。どちらも人間のすぐそばにあり、潮干狩りにハイキングとめぐみを与えてくれる豊かな自然です。

泡瀬干潟は、海草藻類139種、貝類312種、鳥類150種、海草の種類の多さ日本一!
高尾山は、植物1321種、昆虫5000種、鳥類150種、植物の種類の多さ日本一!

共通点は、多様ないのちが複雑にかかわりあう場所であること。

ゆらゆら動く海草、いろとりどりの貝や魚たち、
飛来する渡り鳥、夜の海にやさしく光るウミホタル。
木漏れ日に光る樹々の緑、飛び交う蝶やうごめく虫たち、
さえずる鳥の声、月夜に飛ぶムササビ。

泡瀬干潟は「海の高尾山」、高尾山は「山の泡瀬干潟」。

でも…悲しい共通点がひとつ。

泡瀬干潟は、リゾート開発のために埋め立てられようとしており、高尾山は、高速道路のためのトンネルが掘られようとしています。どちらもこのまま工事が進むと、小さなたくさんのいのちが奪われ、二度ともとの姿にもどることはできません。

わたしたち人間は、これまでたくさん壊して、たくさん造って、たくさん失って、いまこの手に何が残っているのか…じっくり自分の手を見つめる時が来ています。

トーク&ライブで、つながり合っているいのちの輪と和を感じてください。

【出演者プロフィール】

辰濃和男  朝日新聞編集委員、論説委員、編集局顧問を歴任。1975〜88年まで「天声人語」を担当。「風土生命体」という独自の思想から、高尾山の保護を訴える。『高尾山にトンネルは似合わない』(岩波ブックレット)『文章の書き方』(岩波新書)、『四国遍路』(岩波新書)など著書多数。

山下博由  泡瀬干潟生物多様性研究会代表、貝類保全研究会。日本各地の干潟で貝類の調査を行うと同時に、干潟の危機を訴え、保全に取り組む実践的貝類研究者&シンガーソングライター。泡瀬干潟では、新種の貝類を発見。

マエキタミヤコ  コピーライター、クリエイティブディレクターとしてNGOの広告に取り組み、2002年に広告メディアクリエイティブ「サステナ」設立。「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人、雑誌『エココロ』主幹、著書に『エコシフト』(講談社新書)。

中西悦子(予定)  パタゴニア日本支社環境問題担当として、六ヶ所、高尾山など海山問わず、各地のエコアクションをサポート。利益を地球に返すというパタゴニアの企業精神を実践中。

水野隆夫  泡瀬干潟大好きクラブ代表。環境省自然保護官として、国立公園西表や知床などに駐在、定年退職後、写真展の開催をはじめ、泡瀬干潟の保護に情熱をかける日々。

坂田昌子  虔十の会代表。ツリーハウスやユニークな座り込み「座っていいとも!工事だヨ、全員集合!」など環境活動をポップに変えつつ、高尾山を守るために日々格闘中。

【LIVE出演】

RaBiRaBi×PIKO  その場のインスピレーションで、音も魂もフリースタイルな打楽器×2人(PIKO・Nana)とVoice&mix(Azumi)。そのサウンドは、自然への祈りを通じて人の輪=和をつむぎだす。年間、全国各地で100回のLIVEをこなす超パワフル「縄文サウンド」!

※シンポジウム終了後17時半より、交流会を行います。参加ご希望の方は、受付でお申し込みください。開催場所の地図をお渡しします。参加費は、2000円です。



posted by momotomo at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。