2008年10月30日

小出さんが出てます!:毎日放送(関西)放映「なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち〜 」

ももんがともだちネットのブログへ
遊びに来てくださるみなさんへ

こんにちは。

ももんがの井上です。
ご無沙汰してしまってすみませんっ。

皆さんに ご案内&応援のお願い があります!

関西の毎日放送さんが作ってくださった、
「なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち〜」 というドキュメンタリー番組が、
先日、10/19の深夜24:30〜25:30(→ 20日)に放映されました。

http://www.mbs.jp/eizou/

京大原子炉実験所の小出さんと今中さんのお二人を密着取材。
(40分テープで90本分とのこと!→もったいないことに45分間に編集)

HPの内容を、以下、転載させていただきます。

■ なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち〜
10月19日 24時45分〜25時45分
大阪府熊取町にある京都大学原子炉実験所。ここに脱原発の立場から活動を続けてい
る"異端"の研究者たちがいる。原子力はわが国の総発電電力量の3割を供給するまで
になったが、反面、去年の中越沖地震で柏崎刈羽原発が「想定」を上回る激しい揺れ
で被災するなど、技術的な課題を完全には克服できていない。番組では、国策である
原子力推進に異を唱え、原子力の抱えるリスクについて長年、警告を発し続けてきた
彼らの姿を追う。その言葉はエネルギーの大量消費を享受する私たち国民一人ひとり
への問いかけでもある。

-------------------------------------------------------------

「映像’08」は1980年4月に「映像80」のタイトルでスタートした関西初
のローカル・ドキュメンタリー番組です。
月1回、それも深夜の放送という地味な番組ながら、ドキュメンタリーファンの根強
い支持を得て今年で27年目を迎えました。
この間、番組は国内外のコンクールで高い評価を受け、芸術祭賞を始め、日本民間放
送連盟賞、日本ジャーナリスト会議賞、更にはテレビ界のアカデミー賞といわれる国
際エミー賞の最優秀賞を受賞するなど、輝かしい成果を上げてきました。
またこうした四半世紀にわたる地道な営為と実績に対して、放送批評懇談会より
「ギャラクシー特別賞」も贈られています。
これからも「地域に密着したドキュメンタリー」という原点にたえず立ちかえりなが
ら、より高い水準の作品をめざして様々なメッセージを発信し続けてまいります。

この毎月第三日曜日 24:30〜25:30

------------------------------------------------------------

ぜひ、この番組をいっしょに観ていただいて、
番組制作者の方々に、
「ありがとう!」
「続編もお願いします!」
「再放送して下さい」
「関東(九州・北海道・東北)でも上映して下さい」とか、
要望&お礼&激励のメールを送って下さい!

(既に、40分×90本分のテープを既に持っていらっしゃるし、
追い風(みんなの声)が集れば、
さらに撮影を続行してくれる勇気がわいてくると思うのです)

※どうぞ、こちらへ!

毎日放送のご意見・ご感想受付窓口(広報)※お電話のみみたい。

http://www.mbs.jp/kouhou/

→ 私が上記のように、お電話のみみたい。と書いたら、友だちがメールも大丈夫だよ。って、調べて教えてくれました! 


メールもおくれるよ。

http://www.mbs.jp/kouhou/mail/index.html ※皆さん、ぜひぜひね!
 
------------------------------------------------------

1枚、DVDを譲っていただきましたので、皆さんといっしょに観て、
意見を伝え合うアクションを。と思ってます。

2度ほど観ています。

観るたびに、これはとにかく早いうちに、
いろいろな方に観てほしい!
再処理をとめるための、具体的なアクションとして、
とても価値のある行動につながるよ。と思いました。

「ひと」に焦点を当てながら、とても丁寧に、六ヶ所、プルサーマル、もんじゅのこと、大間原発のことも含めて、
ほんとうに原子力のことを横断的に番組を作ってくれている、
とてもすごい作品でした。

小出さんと今中さんの働いている、原子炉実験所の中の映像、
研究室はもちろん、全国各地にも密着取材。

六ヶ所村の現状なども撮影されていて、
そこで菊川さんのかわいくて、かっこいい映像部分(花とハーブの里の現状)などもありました。

原発予定地だった浜(和歌山県)で毎年、行われてきた小出さんたちみんなの合宿へも参加。
その民宿を営む浜さんは漁師さんで原発誘致の動きを仲間と一緒に身体を張って止めてきた人なんだそうです。

(海で遊ぶ小出さんと今中さんのシーンもあり)

仙台で行われた、公開討論の会場のシーンも絶品。
(←まぼとみなこさんも聞きに行きました)
推進する側と反対する側とは、エネルギーだけではなく、
「どう生きていくのか?」という姿勢そのものが大きく異なっているんだ・・ということが、浮き彫りにされていました。

東京で行われた講演会などでも、至るところで、
毎日放送さんのクルーの方の姿を見かけました。

それもあって、映像を観てると、
撮影されているクルーの方々の小出さんたちに対する、
好意というか、深い愛情を感じる素敵な番組でした。
(感動しちゃった)。

ただ、上記の作品ゆえに、やはり横槍が入るんですね。

この番組が放映された直後に、毎日放送へ、
関西電力の方々から、クレームをつけてきているようです。

(どんなクレームなのかな?
みんなの前で、質問とか苦情を言ってほしいし、
公開質問だったらいいと思いました。
 それだったら、小出さんや今中さんが、ぴしっと答えてくれるのになー)

もともと取材チームの方や番組を流してくださっている会社としては、その部分も含めて覚悟の上での製作、上映してくださっているのだと思います。
けれど、大変、追い込まれた立場だと思われます。

ももんがチームからも、応援の声をいっぱい届けて、
後ろからぐっと支えたいし、
小出さんの応援団としても、一緒につながりたいなあと思います。

アクションを一緒にしていただける方を広く(できるだけ早く)募っています。

ぜひ、ご自身の声を届けて下さいね。

あっ、その前に一緒に観ましょう!
声をかけてね。

ももんがでは、平日の夜、こつこつ上映会をします♪
(10/7(金)の夜、10/15(日)昼頃)

どうぞ、周りのおともだちにも、お知らせ下さい。

                   ももんが 井上


posted by momotomo at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「地球のスライドショー」 松本英揮さん(ひできちゃん) :ミス・アプリコットさんの企画:11/2(日)@鎌倉 

みなさんへ

こんにちは。
ももんがの井上です。

鎌倉・長谷寺のそばにある、
ミス・アプリコットさんの若き社長(3代目!)の香苗さんから、
楽しいイベントのお知らせが回ってきました。

ミス・アプリコットさんは、ももんががずーっと前に雑貨屋さんになる
きっかけとなったブランドです。
(動物実験していません。というメーカーは、当時とても画期的でした)

香苗さんとは、先日行われた、豊田さん&ちーちゃん夫妻の
結婚式の二次会のパーティーで再会しました!
インド舞踊を習っているとのことで、赤い綺麗な衣装を着て参加していました。

そして、その香苗さんから、回ってきたイベント案内を見てびっくり。

地球のスライドショー 
エコロジストの松本英揮さん。

去年のクリスマスのとき、まやちゃん&なりちゃんと参加した、
てんつくマンたちのライブイベント@高松 
で、スライドショーを見せてもらって、いいな☆と思ってた、
「ひできちゃん」でした!

※終了後、話しに行って、「松本さん」と呼びかけるたびに、
「ひできちゃん」と訂正してくれました。
のびのびした、すっごくお茶目な方でした。
ひできちゃん主催のヨーロッパの格安エコツアーに、
絶対参加したいと思ってます。

---------------以下、転載歓迎です------------------------

さて11月2日に鎌倉で行うイベントの案内です。
お忙しいとは思いますが、興味あったら、お友達などお誘い
あわせの上、是非きてくださいね!

軽快なトークで地球の今をめぐる旅にトリップさせてくれるチャリで
世界を回るエコロジスト、松本英揮による地球のスライドショーが
鎌倉にやってきます。

スライド150枚 +Q&A15分

中国から入る地球の亀裂・沈み始めた南太平洋の国ツバル・・・
武器を捨てた平和国家コスタリカ・食糧危機を救ったキューバのオルガノポニコ
殺人率世界一、サンパウロファベーラでの講演・環境理想都市クリチバ
大成功だった米ぬか酵素風呂アフリカエイズプロジェクト
素敵なエコタウン葛巻・長男唯人とチャリで走る美・日本・・・

代表 松原香苗よりコメント:
石けん作りに精を出していた時代、当時は珍しいマイ箸・マイカップ・ふんどし文化
を伝授され、アフリカのマリでは共通の友人とプロジェクトを起こした。
建築会社のトップから、山谷での畳一畳生活へ。
いまだに把握しきれない人生ですが、とにかく経験が幅広い、
価値観・常識をぶっ飛ばしてくれる男に是非会いにきてください!

プロフィール 松本英揮 エコロジスト。
環境NPO H-imagineひまじん代表。鹿児島大学 非常勤講師  

12歳の頃からひとり旅を始め、20歳の頃からズタ袋担いで
世界100カ国を歩いてきました。
今はスライド映写機を担ぎ自転車にのって世界中で‘地球のスライドショー’
を開いています。
故郷宮崎市に住み、宮崎にいる時は毎日近所の子らと遊びながら
‘宮崎を地球の環境首都に!’と活動しています。
玄米菜食・日本茶・裸足・ペーパレスの楽しい生活。
自分で庭に井戸を掘り、風力発電でエネルギーも自給しています。

日時 2008年11月2日 18:00〜 20:00
場所  鎌倉生涯学習センター  (きらら鎌倉)
入場料 ¥1,300(大学生¥500・高校生以下無料)子供たち大歓迎!
要予約 30名 TEL 0467-61-2606

企画 ミス・アプリコット
イノチに優しい生活を 
Sustainable Living for Every Life
 Miss.Apricot Company
地球と全ての命を大切にしていきたい・・・
80年代のエコロジー運動の中、そんな市民の願いから、
ミス・アプリコットは誕生しました。地球規模の環境問題も、
私たちの「暮らし方」を変えていくことで解決に向かっていくと私たち
は考え、シャンプーや化粧水やお洗濯の石けんなど身の回りのもの
から、全ての命にやさしい地球生活を提案しています。
うさぎマークはドイツ人アーティストが武器を溶かしうさぎの像を作ったこと、
元気に跳ね回るうさぎに動物実験の廃止と平和への願いを託しています。

------------------------------
株式会社ミス・アプリコット
松 原 香 苗 〒248-0016
神奈川県鎌倉市長谷4-7-28
TEL0467-61-2606
FAX0467-24-9202
kanae@miss-apricot.com
http://www.miss-apricot.com
------------------------------

posted by momotomo at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。