2008年09月21日

雨の休日:

みなさんへ

こんばんは。
ももんがのまぼ(井上)です。

この週末をみなさん、いかがおすごしでしたか?

わたくしごとになりますが、
20日(土)は、登山にいけなかったことで、
参加をあきらめていた、色々な集まりに顔を出すことできました。

ほんとうに大満足の日となりました。

午前は、ぽぽみとあきとのんびりし、
ランチは、旧友たちとの集いに合流。
その後、霞ヶ関に行き、日弁連主催の原子力の講座へ。

(小出さんの出番がみじかかったのが残念でしたが、
とても熱のこもったトークだったこと、
そして、隣の席に座った若い女性の弁護士さんが、
必死になって、メモをとって小出さんの講演を聞いてくださったのを、じかに見れて、希望を感じました。)

それから、中央線に乗って、移動して、別の集まりへ。
農や平和のことをじっくりはなしあうような温かな輪へ参加。
話しに話して24時前。びっくりして帰る。

出会い(再会も半分)に満ちた1日でとても楽しかったです!

その反動もあって、
今日は、お休みの日にしました。

あまりにも 家事がたまり、ももんがの仕事もたまってしまっていたのです。

たて積みで色々やりたいことをやり、
自分自身のことは置き去りにしがちなので、ちょっと深呼吸。

勝手に肩にしょっているあれこれを、ちょっと下ろしてみます。

私はあまり器用じゃないのに、ついついなんでもやってみたくなっちゃうし、
頼まれるとわりと、いいよ。って言ってしまうので(よくないな)よく空中分解しそうになっています。

今だって、
オーガニックコットンキャンペーンの最中でバタバタしているし(今やっと200枚達成!あと100枚がんばる)、

それと同時に、「ホピの予言」の上映会&辰巳礼子さんをお招きしてのトークショーを企画していて、ミーティング中だし、

11月の終わりに上野野外音楽堂で行われるイベントにもかかわろうとしてて、

それとは別に、木下ディビットさんのトークライブや、
グレイセング・雪子さんと一緒に歩く、高尾山のツアーもまたやりたいし、

12月には、小出さんの原子力中級ゼミ(こじんまりした集中ゼミ6コマとか!)をやろうと思っています。

さらに、動物園のエンリッチメントの研究をしている若手研究者の友だちや、
保健所での動物たちの置かれている環境をよくするために動いている友達にも報告会をしてほしいと思っています。

そして、今一番急ピッチでやるのは、芸工展2008の準備!

手帳に書き出しただけでも、
なんだか、大変 ふらふら って気分になってしまいました。

だからこそ、深呼吸の1日をとりました。

どの一つをとっても、
「やるべきこと。」なんかじゃなくて、
「自分が、すっごくやりたいこと!」ばっかりなのだから。


そして、どのイベントもたくさんの方に手や知恵を借りることができて、本当に毎回、想像している以上の素敵なものに仕上がっています(幸せなことだなあ)

それを思い出すのに、自分もたまには、
ちょっとのんびり過ごす時間が必要だったようです。

途中、ご近所のレストランでランチを食べて、
フレーベル館のショップにいき「どんぐり」の本を買って、
アンパンマンのVTRを1本子供に混ざって見せてもらってから、
雨の中、六義園に入りました。

年間パスポートがもう期限が切れていたので、
また買って、お散歩ぐるり。

しとしとと綺麗な雨音を聞きながら、深呼吸しながら歩いた六義園の森は、
とても静かで、空気が清らかで、とてもいい香りがしました。

ここは、江戸時代に人に植えられた人口の森ですが、
こんなビルやコンクリやアスファルトばっかりなってしまったこの土地で、なんとか守られてきた森。
たくさんのいのちを育んでいます。
そして、この界隈を涼しくしてくれています。

このビルに越してきて、窓を開けておくと、本当に色々な形の虫が飛び込んできて、壁に並びます。
最初は、うわーーーと飛び退り、本当にびっくりしました。
そんな風に虫がたくさんいるから、鳥もいっぱい飛んできてくれます。

部屋に居ながらにして、虫や鳥の声を聞き、
窓の外の大きな木に、時間差でやってくる鳥達を、本を読んだり、コーヒーを飲みながら観察します。
自分の家でも、バードウォッチできちゃうんだったよーと思い出して、にっこりしました。

今日は残念ながら、鳥達はねぐらで休んでいるので、
姿をみせてくれませんでした。
だから、声だけでも、幸せな気分になりました。

深呼吸しながら、座布団に座って(←ソファー持ってない)、
窓の外を見ながら、音楽を聴きながら、作業をして1日を過ごしました。

(やるぞ。と思っていた仕事は、全部は終わりませんでしたが、気分的にかなり色々落とせたのかな。かなり気分はいい感じです。)

こんな休日は久しぶりです。

(これが私の休日です。みんなげっそりしないでー)








posted by momotomo at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

六ヶ所再処理工場の本格稼動を再考してもらおう/// ///★★みんなで民主党へメール!緊急アクション★★///

みなさまへ

ももんがの井上です。

以下のお知らせが回ってきました。

どうぞ、家でできる未来を変えていく一歩です。

総裁選のこと、
次々に出てくる食の不祥事などをみても、
政治家って何してるんだろう。
利権を取り合って、権力争いばっかりだよ。
誰も日本の未来に責任とらないで、
たくさんお給料(歳費)もらってるんだよなーと、
しらじらとしながら見てしまう自分がいます。

けど、あきらめてしまうと、
自分の選挙権のことにも鈍感になっちゃっているけど、
そうすると、どんどん国って一部の人の声だけが反映されてしまうので、立ち止まって考えてみる機会だなーと思うようになりました。

何もできないよ。と思う方にもぜひお願いします。

お友だちにも教えてあげて、一緒に送ってみて下さい。
お返事が来たらラッキー。

どの政治家も、ほんとうにいろんな問題を検討しているから、
六ヶ所のこと、まだまだちゃんと知らない人がいっぱいいます。

この星に暮らしているどの生き物も、これ以上、放射能の心配なんてしないで暮らして行きたいと思うんです。

空を見上げて、深呼吸。
笑って暮らせる地球にしていきましょう!

以下、賛同してくださる方、どんどん転送をお願いします。
お手本がついているので、メール出しやすくなりますね。

普通の生活者である、私たちが動き出せば、
世の中はきっとどんどんよい方向に変わっていくと思います。

                ももんが まぼ

******** 転送・転載 大大大歓迎!! ********

///六ヶ所再処理工場の本格稼動を再考してもらおう///
///★★みんなで民主党へメール!緊急アクション★★///
********************************************
  **9月末までを目標に出しましょう**

みなさま

民主党のマニフェストに、六ヶ所再処理工場の本格稼動の「再考」「凍結」を盛り込むための取り組みを、「再処理とめたい!首都圏市民のつどい」として呼びかけます。


原発が出す放射能の一年分を、たった一日で大気や海に放出する青森県の六ヶ所再処理工場。事故がなくても大量に放射能を出すこの工場によって、環境はもちろん、農産物や海産物が放射能で汚染されてしまいます。たくさんの農業者、漁業者、アーティストやサーファーも反対しています。

そんなことしないでほしい!!と思っている皆さん、六ヶ所再処理工場をとめるために、総選挙前のこの機会をとらえてアクションを起こしませんか?

今回は政権交代の看板を掲げる民主党にメールで働きかけようというご提案です。
*文末に例文があります。

民主党は昨年の選挙のマニフェストで、再処理工場の運転を含む「核燃料サイクル計画」について言及していません。次期総選挙に向けて民主党がマニフェストをまとめるこの時期に、たくさんの方からメールを送ることで、再処理工場に反対する世論の高まりを認識してもらい、今年の選挙では六ヶ所再処理工場の本格稼動の「再考」「凍結」を表明してほしいと伝えるのです。

「国民の生活が第一」「食の安全・安心の確保」「食料自給率の向上」 「農業経営の安定化」「漁業の振興」「食材の原産地表示義務付け」などを掲げる民主党です。
六ヶ所再処理工場の運転が、それらの政策と真っ向から反対することを、私たちの言葉で伝えましょう!

民主党によると公示とほぼ同時にマニフェストを発表するそうですので、9月末までを目処にアクションをお願いします。
(もし遅くなってしまっても、今後への意見としてぜひ伝えましょう)

一人でも多くの方のご参加を、よろしくお願いします!!

●民主党本部 「ご意見はこちらへ」ページ(このページからメールを送れます)http://www.dpj.or.jp/header/form/index.html

●小沢一郎議員 「掲示板・投稿」ページ(このページからメールを送れます。「掲示板に上げる・上げない」を選べます。)https://www.ozawa-ichiro.jp/keijiban/s8.php3

●鳩山由紀夫議員アドレス
yuai@hatoyama.gr.jp

●菅直人議員アドレス
kan-naoto@nifty.com

●地元有権者からの声を届けるために、みなさんの地元の民主党議員(候補者)にも送りましょう
検索はこちらから↓

http://www.dpj.or.jp/member/

●民主党昨年の選挙でのマニフェスト(PDF)
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2007/index.html


*****例文:たとえばこんな内容で送りましょう
  (多少アレンジしていただくとより効果的です)*****

●●県在住の●●と申します。
試運転中の青森県の六ヶ所再処理工場の問題についてご連絡させていただきます。原発一年分の放射能を一日で出すこの工場がもたらす環境と食べ物への放射能汚染を大変心配しています。

貴党の昨年のマニフェストには「食の安全・安心の確保」「食料自給率の向上」「農業経営の安定化」「漁業の振興」などが掲げられていました。六ヶ所再処理工場の運転は、こうした政策とは相容れないのではないでしょうか。

青森県はこの工場から出される放射能が食べ物を汚染することを認めています。たくさんの農業者、漁業者、そして消費者がこの工場に不安を持っています。

風評被害が起きたら、また実際に汚染が起きたらどうなるのでしょう。試運転開始後、すでに周辺環境の放射能濃度が上がったことが確認されています。

費用の面では、建設費として2兆1000億円強がかかっており、さらに本格稼働後は後処理費用として19兆円かかることも発表されています。

食品の安全性に対して不安が高まり、貧困問題が深刻さを増す中、こんなにお金をかけて、国の政策として環境や食べ物を放射能汚染していてよいのでしょうか。

現在、試運転はトラブルなどにより予定通り進まず、延期を繰り返しています。
農業者、漁業者、消費者が安心して生活できるよう、またあるべきエネルギー政策について議論を深めるために、この機会にいったん立ち止まり、貴党が次期総選挙において六ヶ所再処理工場の本格稼動の再考、または凍結を表明してくださるよう、心よりお願い申し上げます。

*************文案以上****************


■再処理工場って何?という方に
六ヶ所再処理工場とは…全国の原発の使用済み核燃料からプルトニウムと燃え残りのウランを取り出す工場。本格稼働すると、事故がなくても通常運転するだけで原発一年分の放射能を一日で空や海へ放出する。本格稼働はこれまで14回延期されているが、現在の本格稼働予定は今年11月。昨年末以来、不具合により半年以上停止していたガラス固化体の作業は7月に再開されたが、直後にトラブルのため再度止まり、その後1本もガラス固化体ができない状況にある。

■参考資料(メール本文に貼り付けてもよいでしょう)
・原子力資料情報室
原発から再処理まで ニュースも満載 http://cnic.jp/modules/rokkasho/

・NO NUKES MORE HEARTS 
再処理の基本、過去のイベント報告なども http://www.nonukesmorehearts.org/

・音楽家 坂本龍一さんのページ
アートや音楽でSTOP再処理 http://stop-rokkasho.org/

・「海に放射能を捨てないで」法律制定を求める動き
岩手県の全35市町村のうち30市町村で「放射能を海に放出しない法律を制定する請願」が採択されています。
たとえば陸前高田市の請願書はこちら。
http://www.city.rikuzentakata.iwate.jp/kakuka/gikai/ikensyo/h18/hatugi2.html

・岩手県議会で六ヶ所再処理工場について請願採択
http://www.daily-tohoku.co.jp/tiiki_tokuho/kakunen/news/news2005/kn051004a.htm

・漁協やサーファーも反対表明
http://news.ohmynews.co.jp/news/20080202/20461
http://www.daichi.or.jp/mamorukai/news/070717rokkasho/index.html

・青森県が認める食べ物の放射能汚染
青森県は食べ物がどれぐらい放射能で汚染されるかの予測値を、以下のページで公式に発表しています。
http://gensiryoku.pref.aomori.lg.jp/monitor/investigation_724521e9f6.html
真ん中あたりの「添付ファイル:原子力施設環境放射線調査報告書(平成17年度)」のP271(印字してあるページで)です。表の中の「施設寄与分(増分)の予測値」というのが、再処理工場によって増えると予想される放射性物質です。

・坂本龍一さん、ピーター・バラカンさんなど著名人が出した再処理についてのアピール

http://cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=456

・再処理問題を取り上げた映画「六ヶ所村ラプソディー」。
http://www.rokkasho-rhapsody.com/index2
上映スケジュール
http://www.rokkasho-rhapsody.com/_schedule/calender


再処理とめたい!首都圏市民のつどい

連絡先団体:原水爆禁止日本国民会議 03(5289)8224 
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11
日本消費者連盟 03(5155)4765/ふぇみん婦人民主クラブ 03(3402)3244/大地を守る会
03(3402)8841
posted by momotomo at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月5日(日)京都ベジフェス開催♪楽しいイベントです

http://www.vegetarianfestival.jp/

京都ベジタリアンフェスティバス、
今年は、10月5日(日曜日)に開催されますよ!

今年は、あちこちのお祭に出歩きすぎて、
京都出店を狙っていたものの、今年はももんがは出店する余裕がありませんでした。
でも、またいつか出店したいなーと思う、とても素敵な楽しいお祭でした。(貯金しようっと!)

どうぞ関西にお住まいの方は、ぜひ、お友だちを誘って、
ぜひ、足を運んでくださいね。
みんなに、喜ばれると思います!

すっごい盛り上がりで、おいしいものに包まれて(ほおばって)楽しいですよ。
(ファラフェルは、絶対食べてね)

そして、毎年思うのですが、これだけのゴージャスなイベントになるのって、実行委員のみなさんの魅力としっかりと実施してきたその成果が、またどんどん大きなつながりを生み出しているのだ。と思うと、一層じーんとします。

イベントを作るうえで、とても参考になりました。

京都ベジフェスのHPは、ベジってなに?という方や、
京都に行くという仲間に、お店を紹介したくて、
友だちやももんがのお客さんに、HPを紹介してたんですが、
今年のサイトもすごいです。

ベジタリアンってなあに?という方って方でも、
踊りが見たいー、おいしいもの食べたい!
楽しいお祭として参加しくださるのでも一緒に楽しみましょう!というイベントですが、
ぜひ、事前にこちらのビデオをご覧になってから、足を運んで下さいね。という、予習のページ アニメーション もありました。

どうぞ、こちらもご覧下さい。


今年、出店できなくて、
「晴れ上がること、そして、大盛況のイベントになるよう」お祈りするももんがお留守番チームではありますが、
なんと友だちからも教えてもらったのですが、
I佐さんのはからいで、ぽぽみ店長の写真(大きいよ)&お店のブログをご紹介いただいておりました。
(親ばかでにんまりしちゃった!)

どうもありがとうございます!

みなさん、マイ食器を持って、京都・岡崎公園へ集まって!


                   ももんが まぼ

posted by momotomo at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月17日:植林ライブに行ってきました

みなさん、こんにちは!

先週のレポートになりますが、
こちらのブログでもご案内した植林ライブに行ってきました。

9/17(水)の夜、場所は東京・高円寺です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
picnic earth PRESENTS

☆☆☆【地球に森が生き還る日 -The day of the earth to be
forested.- vol.2】☆☆☆

     『アイ ハ チキュウ ト ウタウ。』

地球という舞台(ステーシ゛)を守ろう。
『アイ ハ チキュウ ト ウタウ。』

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今回は、この夏、FUNKISTのサイン入りTシャツを着用して、
色々なイベントに出歩いていた結果(笑)、いえちゃん(若手女子)が、「まぼさん、Tシャツ見てましたよ。私もライブ行きます」と連絡をくれました。
なので、二人で行くことになりました。

事前に、FUNKISTのCDとDVDを貸し出すから、
見ていくといいよ。と先輩風を吹かせていたものの、会うときに毎回忘れて、、、。
ぶっつけ本番だったのです。

「万が一だけど、つまんなかったら、全額まぼが払い戻すよ」という自信のあるライブです。

会場に着いたら、テツさんやおっかーに再会!やっほー。
あべちゃんやS平ちゃん、まやちゃんは来てないかな?ときょろきょろしました。

今回は、前回の反省を生かして、地べたに座って、てんつくマンの話しがしっかりきけるように、ズボンをしっかり着用。

今回はのステージは、

我武者羅(がむしゃら)応援団 のステージ exclamation×2


てんつくマンのトーク 
 ゲラゲラ笑った後、スライドを観て、泣く もうやだ〜(悲しい顔)


NUBO 笑顔がかわいい。若い元気なバンドでした。


FUNKIST 黒ハート

おお。
やっぱりかっこいいです。
FUNKIST,最高でしたっ!

そして、当日、ヴォーカルの染谷西郷さんの30歳の誕生日。
サプライズで、みんなからのお祝いのメッセージが届いて(南アフリカのおじいちゃん、おばあちゃん、幼馴染のお友だちからも)、それをメンバーが代読。
西郷さん、泣き笑い。
(会場をこそこそとわーい(嬉しい顔)、カラーペンと色紙が回ってきました。暗闇の中、真剣な顔になって書き込んでしまいました)

みんな泣いて笑って、西郷さんーー、
生まれてきてくれて本当にありがとうー♪♪っていう気持ちがいっぱい詰まった優しい空間になっていきます。

お誕生日のケーキは、なんとオムレツ!
野菜がいっぱい、大きなまんまるいお料理のプレートに、
ローソクが30本。ふーーーっと吹き消すと大きな拍手に包まれました。
当日の歌は、リーダーの西郷さんが歌いたい歌が選ばれたんだって。

じーんとしました。



てんつくマンとFUNKISTのコラボ(書き下ろし)

「白い世界」の熱唱(←大好きな歌。去年、香川の道端でキャンドルの中、アカペラで歌ってくれたのを思い出しました)

てんつくマンの書き下ろしは、何度観ても迫力がある。
自分も一緒の写経しているような、そんな厳かな雰囲気が漂います。



もう終わりかなーと思っていたら、、、。
やっぱりみんなが再登場♪

我武者羅応援団 が熱気むんむんで走って、
舞台へ躍り出てきました。(毎回、のけぞってしまいます)

1,2列目のひとたちは、汗も飛び散ってくる(って笑いをとってた)し、前に前に飛び出してくる感じだし、楽しかったろうなー。
(といいつつ、自分は4列目あたりを死守してしまったあたりが、
 守りに入ってしまった感があります。)

出演者全員+会場にいたみんなで、
我武者羅応援団の「WE ARE BEAUTIFUL」←面白い。

そして、感動する。

この歌を振りつけを教わりながら、熱唱して、踊りました。

この一体感はなんでしょうか!!

来年は、てんつくマンたちは、中国モンゴル自治区だけじゃなくって、植林の舞台を、アマゾンへも伸ばします。
私も、1円玉を集めて応援したいと思っています。

(1円玉には、木のイラストが載っていること、小さな子にも木を植える実感を持てるように。と1円玉基金にしたんだよというお話を教えてくれたのも、このプロジェクトでした)

また、この植林ライブは、今後も引き続き企画されるようです。
みなさんも、ぜひ、一度、顔を出してみてくださいね。



今回の感想)

みんな楽しくて、元気が出て、
おもしろくて、切なくて、泣けて、
すばらしくて、よかったんだけど、
一番、びっくり腰がひきながらも、
じーーーーんと来たのは、
期待してなかった分(←ごめんなさい。笑)、
我武者羅(がむしゃら)応援団さんというグループの方々の時間
でした。

「ふ・れぇ〜〜〜〜〜、ふ・れぇ〜〜〜〜〜〜〜〜 
 み ・ な ・ さ ・ ん 」と、拍手したり、
こぶしを振り上げたりしながら、
本気で、汗を飛び散らせながら、みんなを色々な演舞で応援してくれます。

8月10日に行われた、本当に素敵だった!「WATER GREEN (越谷)」

その会場で、出会った愛ちゃんは、その前の日に、てんつくマンの上映会をやったばかりで、今日はてんつくマンのトークを聞きに来たの。って教えてくれました。
そして、てんつくマンのトークだけではなくて、
いっしょに我武者羅応援団にも来ていただきました。と言っていたので、ちょっと耳に残ってて(暑苦しそうでおもろそうってわーい(嬉しい顔)
どんな応援団なんだろうなーと思っていました。

私は、むかーし、女子高生だった頃(そんな頃もあったのだ)、
某大学の応援団のみなさんの応援に通っていた時期がありました。

(神宮球場はもちろん、6大学野球の応援合戦などにもてくてくと赴くのです。せいいっぱいおしゃれしたりしてね。
そして、応援団を声をからして、応援するのでした。おもしろい経験でした)

そんな甘酸っぱい頃の(というか随分変わった青春だった?)を色々思い出して、当時の友だちや憧れの方々のことを懐かしく思ったりしていました。

なので、我武者羅応援団の動き一つ一つが、懐かしく、自分も踊り出しそうになって(こぶしを突き出すポーズのときなど)、
おお!とか、ああ!とか言ってしまいます。
彼らの動きが、本格仕込みで驚きました(皆、OBなのかな)。

ああ、これも縁だなーと思いました。

いっしょに行ったいえちゃんは、我武者羅応援団が出てきたとたんに、まだ何もしてないときに、
「もう返金不要です」といいます。笑)

てんつくマンのトークの後も、
FUNKISTのライブのときも、
つい友だちの喜んでる顔が見たくて、チラリンと横見しちゃった私です。

終わった後は、かなりすっきりして、応援までされちゃって、元気いっぱい。
さらに、いえちゃんからも、「ほんとに来れてよかったよ!」なんていわれて、一層、うれしくなっちゃいました。

私も、一人でも、もちろん行くつもりだったけど、
ほんとうに贅沢なイベントに友だちといけてよかった!と大満足。
気分よく、帰途につきました。


添付した画像

てんつくマンたちの植林ライブで、
会場をいっぱいに彩っていた、かわいい風船です。
すごく手が込んでいましたーー♪

いえちゃんは、「章(あき)ちゃん」と呼んで、
お家にいた、はらぺこあおむしの人形の弟分にして、
かわいがってくれています。


***************

みなさんへ 

残念ながら、
学ラン、持っていませんが、私とぽぽみ店長からも、エールを。

我武者羅応援団風に、

「ふ・れ〜〜〜〜〜〜ふ・れ〜〜〜〜〜〜〜〜み・な・さ・ん」


それぞれの場で、それぞれのペースで、
気持ちよく、つながって、暮していけますように!

                                                 ももんが ぽぽ&まぼ

posted by momotomo at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トッチより:映画「1/4の奇跡〜本当のことだから〜」上映会 のご案内

みなさんへ

トッチです。

映画の上映会のお知らせです。

今回は千葉県の白井というところなので、
ちょっと遠いのですが、お近くの方、ご都合の良い方是非見に来てください♪

************************************************************

映画「1/4の奇跡〜本当のことだから〜」上映会 

「障害があっても なくても そんなの全然関係ない」


石川県在住、養護学校教諭の山元加津子さん。

加津子さんが語る、学校の子ども達のお話は、
“いのちの尊さ”
“いのちを生かす大きな存在”にまで触れ、
聞く人の魂を揺さぶり、
全国で感動を呼んでいます。


「1/4の奇跡〜本当のことだから」は、
そんな加津子さんに語っていただきながら、
“ひとりひとりが、とっても大切な存在なんだ”
“ありのままの私たちで、大丈夫なんだ”ということを、
描き出していくドキュメンタリー映画です。


この映画は、
映像制作経験ゼロ、
2児の母である入江富美子さんがある大晦日の夜に制作をひらめいて、
一念発起し、創られた映画です。

大晦日の夜、ありのままの自分をまるごと受け入れたときに、
「ありがとう〜」という気持ちが自分の中から溢れ出てくる、という体験をしました。

そして、自分の中の“ありがとう”が増えたとき、
この宇宙全体の“ありがとう”の量が増えたという確信がありました。

その瞬間、「私は、宇宙に感謝の量を増やす映画を創る!」そう決意します。

経験なし、人脈なし、資金なし、すべてゼロからのスタート。

しかし様々な人との出会いと応援によって、映画は完成し、
2007年2月11日初上映会が開かれます。

手作りのイベントに関わらず、約1000名の方が観てくださり、
その後も口込みで自主上映の輪が全国、海外へ広がっています。



私は この映画を観たら

もっと 自分が好きになりました
そして もっと人に優しい気持ちになれました

ぜひ みんなにも 観て貰いたいです!



日時  2008年 9月28日(日)
    開場:16:30  開始:17:00  終了:19:30

場所  The Works Cafe ザ ワークスカフェ
    http://www.the-works.jp/cafe/home.html

参加費 大人    2000円(当日2500円)
    高校生以下 1500円(当日2000円)
    障害者   1500円(当日2000円)
    未就学児   無料

     *いずれも 1ドリンクサービスあり*


交通手段 新京成「鎌ヶ谷大仏駅」から船橋新京成バスで10分
     (鎌10 NT七次台行・鎌12 西白井駅行)
     「開拓入口」で下車

     北総線「西白井駅」から船橋新京成バスで10分
     (鎌12 鎌10 鎌ヶ谷大仏行)
     「開拓入口」で下車して下さい


申し込み ホームページの入力フォームから入力して下さい

     URL:http://soranoyakusoku.didit.jp/

☆入力フォームが使えない場合 お手数ですが
    以下のメールアドレスに本名・人数をご連絡下さい

     Mail:kiseki@didit.jp

映画も素敵ですが 上映会場の カフェもとっても素敵なのです♪


みんな 自分の大事な人を誘って
ぜひぜひ 観に来て下さいね!


posted by momotomo at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/12(日):糸紡ぎワークショップ〜渡良瀬エコビレッジ〜

みなさん、こんにちは。
ももんがの井上です。

おともだちのOさんから、
下記のイベントに「申し込んじゃった!」
とメールをいただきました。

どれどれ?と思って、ブログへ飛んでいってみたところ、
「コットンボール弾けましたー」っていう文字が飛び込んできて、
私も本当に行きたくなりました・・涙)

(当日は翌週から行われる、芸工展2008のももんがブースの準備で駒込に一日いて、作品をお迎えしている&森のマーケットを開催している予定なんです)

もし、10月の3連休、ちょっと遠出したいな。
何か手作りとか、農とか、そんなことに興味があって、行き先を探していた方、ぜひ、まぼの代わりに行ってきて、
レポートしてくださいな!

以下、おたよりから、転載します。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

糸紡ぎワークショップ〜渡良瀬エコビレッジ〜

http://blog.canpan.info/watarase/


☆糸紡ぎワークショップ☆
 〜フワフワの綿から一本の糸に紡ぐ、しあわせな手仕事体験〜

【日程】
10月12日(日) 午前10時〜午後3時

【場所】
栃木県下都賀郡藤岡町<あき津亭>
東武日光線藤岡駅より、車で5分
詳細地図
http://www.eco-online.org/ecovillage/hajime.html

【食事】
各自持参(お茶・軽いおやつはこちらで用意しています)

【参加費】
非会員:2000円(10歳以上)
会員:500円

【持ち物】
カッターナイフ
(割りばしでコマを作るときに使います。)

【申込先(必須)】
メール、事務局和田まで→yosihisa@eco-online.org
もしくは電話、渡良瀬エコビレッジ工房まで→0282-62-2677(平日9:00〜17:00の
み)       
※定員20名を超えましたら、受付終了させていただきます。

****************************

今回は綿の種まきイベントでお知り合いになった,
かややねの家にお住まいの、新田光子さん
http://www.h5.dion.ne.jp/~sato-ken/index.htm
を講師に迎え、糸紡ぎのワークショップを開催することになりました!

新田さんはご自分の畑で綿を育て、糸を紡ぎ、布を織り、さらに染め、服に仕立てる
ところまでをやってしまわれた方です!
実際に作品を見せていただいたんですが、手仕事の温かさを感じる素晴らしいもので
した。

糸紡ぎとは種とりした綿を、糸にしていく作業です。
すべてを手作業で、自分の力でやってみるという手仕事の、とても貴重な体験ができ
ます!
少しづつフワフワの綿が、一本の糸に紡がれていく様子は、本当に興味深い体験にな
ること
間違いありません!

はじめは難しいかもしれませんが、一度覚えてしまえばだれでも手軽にできます!
これを機会にぜひ、昔の手仕事を体験してみませんか



posted by momotomo at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。