2008年09月01日

六ヶ所再処理工場に関わる「口頭意見陳述会 傍聴者募集」&  その日の夜にある、「口頭意見陳述会報告・交流集会」

みなさまへ

9/10(水)に行われる、六ヶ所再処理工場に関わる「口頭意見陳述会 傍聴者募集」& 
その日の夜にある、「口頭意見陳述会報告・交流集会」のお知らせが回ってきました。
司会は、ももんが寺子屋ゼミでも講師をお願いしたことのある、
原子力資料情報室の澤井さんです。

澤井さん、ももんがチームも 飛んでいきますっ(滑空)♪


【転載大歓迎】

皆さま

原子力資料情報室の澤井です。

六ヶ所再処理工場に関わる口頭意見陳述会 傍聴者募集のお知らせ です。

六ヶ所再処理工場の設計・工事方法の認可などについて、地元住民を中心に国
への異議申し立てを行ってきましたが、国はこの「申し立て」の審議を長年放置
してきました。
今回1993年から98年にかけて行われた核燃料再処理工場とウラン濃縮工場につい
ての異議申し立てについての「口頭意見陳述会」が下記日程で開催されます。
六ヶ所再処理工場問題を網羅する、多くのみなさんが意見を陳述いたします。ど
うぞふるって傍聴にご参加下さい。
傍聴には登録が必要ですので、下記宛お申し込みください。

◆「日本原燃六ヶ所再処理施設に関する事業変更許可処分、設工認許可処分に関
わる口頭意見陳述会」

日時 : 9月10日(水) 13:00〜17:00 

会場 : 経済産業省 別館10階 1028会議室(地下鉄霞が関下車)

意見聴取者:原子力安全・保安院 核燃料サイクル規制課長 石井 康彦 他

意見陳述人(予定):
井上 年弘(平和フォーラム)
木下デビッド(プロサーファー)
澤井正子(原子力資料情報室)
西尾  漠(原子力資料情報室)
伴 英幸(原子力資料情報室)
水口憲哉(東京水産大学名誉教授)
山内雅人(ピースランド)
山口 幸夫(原子力資料情報室)
山田清彦(核燃サイクル阻止一万人訴訟原告団)
内藤 隆弁護士
浅石 紘爾弁護士
伊東良徳弁護士
海渡 雄一弁護士


◆◆◆お申し込み先(申込締め切りは9月4日(木)まで、お急ぎお願いします)
◆◆◆
TEL&FAX 0 1 7 8 ? 4 7 ? 2 3 2 1 一万人訴訟原告団まで、申込ん
で下さい。
その際、住所・氏名・電話番号をお忘れなくお書きください。
なお、当日は庁舎入場のため、運転免許など身分を証明するものをお持ち下
さい)。


【関連情報】

◆核燃サイクル阻止一万人訴訟原告団
http://www5a.biglobe.ne.jp/~genkoku/

◆デーリー東北
http://www.daily-tohoku.co.jp/tiiki_tokuho/kakunen/news/news2008/kn080806a.htm

◆原子力資料情報室
六ヶ所再処理工場が抱える大問題―ガラス固化体製造と活断層をめぐって―
http://www.cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=686

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

転載大歓迎】

皆さま
澤井@CNICです。
下記お知らせいたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

六ヶ所再処理工場に異議あり!
ー口頭意見陳述会報告・交流集会ー

六ヶ所再処理工場についての国の許可処分に対する「意見陳述会」のあと、夜
18:30から「口頭意見陳述会報告・交流集会」を開催いたします。"再処理工場止
めたい!"参加者の皆さまとゲストのフリートークの予定です。青森の豊かな自
然、蒼い海を守りたいみなさん、奮ってご参加ください。

日  時:9月10日(水) 18:30〜21:00
場  所:総評会館501会議室(JRお茶の水、地下鉄新御茶ノ水、小川町下車)
資料代:¥500
主  催:核燃サイクル阻止一万人訴訟原告団
後 援:原子力資料情報室 ・ 原水禁

お話(予定):
木下デヴィッド(プロサーファー)
水口憲哉(東京海洋大学名誉教授)
山内雅一(ピースランド)
山田清彦(核燃サイクル阻止一万人訴訟原告団)
浅石紘爾(核燃サイクル阻止一万人訴訟原告団)
核燃サイクル阻止一万人訴訟弁護団

司会:澤井正子(原子力資料情報室)

◆六ヶ所再処理工場の国の許可手続きは、最初に事業指定申請という手続きが行
われ、施設の基本設計が審査されます。これは工場のおおまかな概要を審査する
もので、1989年3月に日本原燃から申請が出され、1992年12月に許可されていま
す。この許可に対する異議申立が行われましたが却下され、住民側は訴訟を起
し、現在青森で裁判が続いています。

(日本原燃:事業指定申請書及び事業許可申請書の概要)
http://www.jnfl.co.jp/public_archive/1-1.html
 
◆国の事業許可の後、さらに施設の詳細な設計や工事の方法についての審査が行
われます。これが「設工認」と呼ばれるもので、六ヶ所再処理工場では、全体で
9回の設工認申請がおこなわれています。今回の異議申立は、「設工認」第2回、
第3回の認可についての異議申し立てです。

(日本原燃:再処理施設設計及び工事の方法に関する申請の概要)
http://www.jnfl.co.jp/public_archive/2-1.html

◆国はこの「申し立て」の審議を長年放置してきました、今回1993年から98年に
かけて行われた「申し立て」について、申立人から意見を聞く「口頭意見陳述
会」が開催されます。
傍聴申込は下記参照
http://www.cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=689
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※ももんがの仲間にも呼びかけたいです。
 この日集まれる方は、ぜひ傍聴で、交流集会に参加することで、
 色々な人たちが、「六ヶ所再処理工場は動かさないで」って思っていることを伝えるよいチャンスですよね。
 参加する仲間が直接顔をあわせられると、お互いに元気になりますね。
 遠方の方は、参加できないので、近くの方は、そういった方々の分まで、できるだけ足を運んでみませんか?

 私は、昼は休みが取れないので行けないのですが、
 夜の会には、駆け込み参加します。

 Nちゃんは昼の傍聴も既に申し込んでくれたそうです!

 みなさんにもお会いできますように〜。

                     ももんが まぼ店員
 


posted by momotomo at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。