2008年06月14日

東京・杉並『六ヶ所村ラプソディー』『六ヶ所村通信NO.4』上映会

みなさんへ

大地とつながる母の会のMLより、
転送大歓迎♪ということで、上映会のお知らせが回ってきました。

こちらのグループの皆さんは、小さなお子さんを抱えながら、
託児つきの6ラプ上映会を二度も既に実施し、署名活動など、
おかあさんの視点から、色々な活動を進めています。

まだまだ、見逃しているお友達やご家族がいらっしゃる方、
どうぞこちらに足を運んでみてください。

そして、観終わった後、「どうだった?」と話たり、
「どんな地球がいいかな?」「子ども達や他の生き物にとってどんな星がいいだろう?」って、一緒に話しあえる機会になれば。と思います。

以下、転載です。



どんどん転送して下さい
☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡

またまた『六ヶ所村ラプソディー』上映します!
ホームページ→http://www.rokkasho-rhapsody.com/

次の日には、六ヶ所村ラプソディー後の六ヶ所村を収めたフィルム。
『六ヶ所村通信NO4』も上映します。→以下チラシより抜粋

2007年8月から2008年2月までの取材スケッチ。
六ヶ所再処理工場や核燃サイクル計画の事を知った人々が増えるにつれて、さまざま
なアクションが起きてきました。
サーファーたちは、六ヶ所へ“WAVEMENT”というツアーをします。
その旅先で様々な出会いがうまれます。
上映会も全国各地で広がっていきます。
「花とハーブの里」の菊川慶子さんは訪問客が増え、その対応に追われています。十和田市で無農薬のお米を作ってきた苫米地ヤス子さんはこれからもお米をつくり続けるか悩んでいました。  

その答えを求めて自然農の実践者、川口由一さんに会いに出かけます。
食糧生産地、東北の漁業者とサーファーたちが再処理反対の署名を届ける一方、電気
の消費地東京では大きな集会が開かれます。
それと呼応するように青森現地でも動きが…人々がつながり、動き始めた現実にカメ
ラもまた動かされていきます。


●6月28日(土)
『六ヶ所村ラプソディー』上映場所・阿佐ケ谷産業商工会館(講堂)
時間・18時〜20時(17時30より受け付け開始)
費用・1000円(当日券のみ)
会場住所・杉並区阿佐ケ谷南3ー2ー19

●6月29日(日)   
『六ヶ所村通信NO.4』上映場所・セシオン杉並
時間@18時〜19時15 A19時45〜21時
費用・500円(当日券のみ)
会場住所・杉並区梅里 1ー22ー32

今回は28日29日共に託児はありません。
ごめんなさい!時間が遅いですが…
お子さんもご一緒にどうぞ。床に布を敷いた座り見スペース・授乳・おむつ替えス
ペースご用意しております。よろしくお願い致します。予約不要、当日会場に直接お
いでください。
もちろん、お子さんのいない方も、どなたでも是非是非いらしてください!
お問い合わせは、このアドレス又は08011873279私小林までご気軽に!
私たち一人一人の行動が未来を決めます。
☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡



posted by momotomo at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再処理工場を知る会「

再処理工場を知る会 presents? 
ノー・ニュークス モア・シネマ&トーク Vol.2
◆2008. 6.21(土)
◆会 場:BAR 60'S(バー・シックスティーズ・代官山)
 渋谷区恵比寿西2-21-4 代官山パ?クスビルB2F
東急東横線代官山駅下車。北口を出て、右手の歩道橋から右へ降りる。下の道を直
進、左側。1Fはリストランテ・カノビアーノ(イタリアンレストラン)。
非常階段のような階段を降りた地階。

◆入場料:1500円♪1Drink 付き♪
★ 定員50名・先着順★(予約は承っておりません)

「肉体が崩壊する・・・」、こんなことが想像できるだろうか?
 チェルノブイリ原発事故の処理作業に従事した男性が、事故から13年後にどのよう
にして亡くなったのか。生前の本人へのインタビューと、看護をした妻の証言から明
らかにされる、被曝によって起こった肉体崩壊という恐ろしい現実。
 今回も「ザ・サクリファイス」他、普段なかなか観ることができない貴重なドキュ
メンタリーを、「再処理工場を知る会」ならではのラインナップで上映します。また
トークゲストは、放送の現場から原子力問題を見つめてきた七沢潔さんです。(他1
本ドキュメントを上映予定)

上映作品 : ザ・サクリファイス他(Feldat Film 2003 スイス 25分)
トーク : 七沢 潔さん(ドキュメンタリスト : 交渉中)
モデレーター : 澤井正子(再処理工場を知る会)

【タイムテーブル(仮)】(詳細未定・お問い合わせ下さい)
16:00 開 場  
16:30 「ザ・サクリファイス」上映
18:00 トーク

主催:再処理工場を知る会 03-3357-3800 (原子力資料情報室)

posted by momotomo at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント案内】講演会「天木直人さんに聞く 今、イラク戦争について語るべき事」

☆今とこれからを考える一滴の会の石田さんよりご案内が届きました。

連続講座の39回目!
どうぞご参加ください。


■イラク戦争を考える連続講座第39回  私が見たイラク戦争

天木直人さんに聞く 今、イラク戦争について語るべき事

お話:天木直人さん

日時:2008年6月24日(火)午後7時00時

会場:世田谷区烏山区民センター3階 第4会議室
(京王線千歳烏山駅下車)(定員48名)

参加費:800円 申し込みは不要です。

 2008年4月、名古屋高裁で、航空自衛隊のイラク派遣について「戦闘地域のバグダッドへの空輸は他国の武力行使と一体化した行動」とし、これを違憲とする画期的判決が出ました。
新テロ対策特措法に基づく海上自衛隊の給油活動は来年1月、イラク復興支援特措法に基づく航空自衛隊の空輸活動は来年7月に期限切れを迎えます。
自衛隊の海外派遣と憲法について、今、大きな議論が必要です。この機会に訴訟原告のお一人である天木直人さんに、この判決をめぐって、そして、5年目を迎えたイラク戦争についてお考えになっていること、日本の政治・外交についてお話を伺います。

天木直人(あまき なおと)さんプロフィール
1947年7月19日山口県下関生まれ。1969年外務省入省。
マレーシア、オーストラリア、カナダなどの大使館公使、デトロイト総領事などを経て2001年から駐レバノン国特命全権大使。
2003年3月、米国のイラク戦争開戦に先立ち、イラク戦争に反対する
意見を外務省に具申、それがもとで同年8月、事実上の解雇処分を受け外務省を離れる。
以後自由な立場から言論活動を続ける。著書に『さらば外務省』『さらば小泉純一郎』『アメリカの不正義』『外交力でアメリカを越える』など。

主催:今とこれからを考える一滴の会 

03-5313-1525(留守がちですのでメッセージを残してください)

-------------------------------------------------------
<ももんが まぼ より>

 私も2度ほどお誘いのチラシを見て、こちらの連続講座を受講させていただきました。
 鈴木真奈美さんの回と西谷文和さんの回でした。 
 生の語りの力強さ、ライブの味わい、それも大きなホールではなく、息遣いも聞こえるような教室での企画。
 本当に驚きました。
 「学ぶ」「事実を知る」ことの楽しさを、あらためて教えていただきました。
 石田さんにご案内をいただく度に、毎回参加したいのですが、ももんがの活動やお店番(配達)や別のイベントなどと重なったりで・・・。
 
 こちらの講座の進めかたなどを石田さんに教えていただいて、ももんがの寺子屋ゼミなども、試行錯誤で楽しみながら作ってます!
 
 そして、講座が終わった後、主催者の皆さんと講師を囲んでの懇親会があるのですが、そちらにお邪魔すると、本当に幸せな気持ちになります。
 おいしいお酒とお料理を楽しめる素敵なお店です(世田谷の市民活動の仲間が共同で運営しているビルとお店だそうです)

 天木さんのことはとても気になっていました。
 なので、この日、必ず受講しにいきます。

 お時間の都合がつく方、皆さんもご一緒しましょう!
 

posted by momotomo at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。