2008年06月27日

鎌倉・長谷のカフェにて開催 :6/29 【高尾山にトンネルを掘らないで!】<映像&トーク>

みなさまへ

こんにちは。

おともだちの愛さんが仲間たちといっしょに企画された、
高尾山についての映像&トークショーのご案内が届きました!
場所もステキ☆です。

今週の日曜日、どうぞ、足をお運びくださいね。

以下、ご案内です。

転送、大歓迎です!!!
-----------------------------------------------------

【高尾山にトンネルを掘らないで!】

○日時 2008年6月29日(日)
○時間 17:45開場 18:00開演
○参加費;1500円(ドリンク付き)
○会場 てぬぐいカフェ一花屋
神奈川県鎌倉市坂ノ下18-5(最寄り駅は江ノ電長谷です)
http://ichigeya.petit.cc

◎御予約は一花屋まで。
TEL 0467-24-9232
E-mail ichigeya@fa.petit.cc

<映像&トーク>
東京から電車で約1時間。約1300種の植物、オオタカやムササ
ビなどが棲む豊かな自然をほこり、ミシュランの日本ガイドで
も富士山などと並び、3つ星になっている標高599mの高尾山 。
その高尾山で20年以上前に計画された、圏央道計画のためのト
ンネル工事が進められようとしています。この工事によっ て
、豊かな水を含んだ水脈が断たれ、沢が涸れ、滝が涸れ、多
様な高尾山の生物種が、大きなダメージを受けると言われてい
ます。 道路も、車も便利で、わたしたちの生活には必要かも
しれない。 でも高尾の森を削ってまで、作る必要があるので
しょうか…。
様々なイベントを通じて、エネルギッシュに高尾山のすばらし
さ、魅力を伝え、豊かな自然を守る活動を続ける『エコアクシ
ョン虔十の会』代表の坂田昌子さんをお招きして、映像も交え
てお話を伺います。参加者のみなさんと一緒に高尾山のこと、
そこからつながる未来のこと、一緒に考えられたらと思います
。ぜひご参加ください!

◎エコアクション虔十(ケンジュウ)の会 
 http://takao-kenju.sakura.ne.jp/
虔十の会は、ツリーハウス作りなど自然と人間の共存を考えな
がら、高尾山の自然を守る環境NGO。虔十とは、宮沢賢治の
童話『虔十公園林』に由来する。
-----------------------------------------------------

posted by momotomo at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通販生活 臨時増刊号 2008年7月 ※小出さん載ってます〜 

みなさんへ

先日、小出さんの紹介っぽくご紹介したものについて、続報です。

通販生活 臨時増刊号 2008年7月 

-------------------------------------------------
先日、小出裕章さんから、カタログハウスさんの通販生活(2008.7)に
載った記事のPDFファイルをいただき、
こちらのMLへ、「帰りに買って帰ります♪」って書きました。
でも、本屋さんに並んでいる、「通販生活」には、
小出さんが載っていなくて、次の号かしら?と思っていました。
(もし、同様に本屋さんに走ってくださった方がいたら、ごめんなさい)

一昨日、ポストをのぞいたら、カタログハウスの封筒が入ってました。
中にはカタログハウスの学校に参加した人に、プレゼントで送ってくださった、
臨時増刊号(2008.7)(定価180円)が1冊入っていました。

手にとって、納得!
これだったのか〜って、笑顔になりました。

「カタログハウスの学校:環境、趣味、実用などテーマはさまざま。
選りすぐりの講師陣を揃えたセミナーが自慢です。」とあります。

小出さんと茂木さんの地震と原発の講義がしっかり再現されてます。
(ほんとうは小出さんひとりの講演がよかった)

その他のページを見ても、講師陣がほんとうに贅沢!

こちらには、森達也さんの会(Mさんが出席された)や
大阪での実施で参加できなかった辻信一さんとセヴァン・スズキさんの会も。

小出さんが見所満載!と事前に褒めちぎっていらしたとおり、
素敵な講演会が紙面に再現されていて、
興味深く眺めています。(通勤途中にゆっくり読んでいく予定)

(通常の通販生活だと、商品紹介のページの印象が強いと思いますが、
そのイメージのある方、全然違います。
講義をいくつも紙面で「受講」できちゃう感じの、お得な冊子です。)
180円、やすいよ〜。←回し者っぽいですが、、。

どうぞ、お求め下さい!

カタログハウス HP
http://www.cataloghouse.co.jp/

posted by momotomo at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ももんがより @6/28(土)小出さん講演会A6/29(日)ももんが森のマーケット

皆さん
こんにちは。

ももんがの井上です。

昨日、お気に入りの映画館、ギンレイホールで、
映画「アース」 http://earth.gyao.jp/ を観てきました(2回目!)。

くじら問題のメールなどを必死で読んでいたら、
色々ぐるぐる頭がしてきていたので、上映時間ぎりぎりに飛び込みました!

北極から赤道、そして南極へとゆっくり旅していく映像です。
そこで、ホッキョクグマ、ゾウ、クジラがメインで登場します。
何度みてもため息がでちゃう、すばらしい作品でした。
(でも、みんなの声にならない、みんなのSOSを受け取りました)

ひとりでも多くの方に、捕鯨とかの問題を、「頭で」考える前に、
クジラのすごさ、地球のこと、感じてもらえるひとときになれば・・・。
捕鯨で絶滅させるとかの問題の前に、
地球の温暖化で、どんどん餌のオキアミが少なくなっているそうです。

もうDVDにもなった頃だと思います。

名画座(2本立てで安く観れる映画館)のある地域でしたら、
大きな画面で、観るのがお勧めの作品です。

東京は、ギンレイが今日で終わりなので(案内できず)、
次は、早稲田松竹で 7/19〜25 
「アース」「いのちの食べ方」と二本立てでしたよ!
---------------------------------------

さて、2つほどお知らせです。

1) 明日、6/28(土)は、小出さんの講演会+カテリーナさんの歌&
バンドゥーラ演奏+映画「見えない雲」上映会
大変贅沢なイベントです。

どうぞお越し下さい。←すっかりスタッフさん♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

終焉に向かう原子力(第6回)
反原発・反再処理工場
6.28 講演と映画と音楽の集い

日時:2008年6月28日(土)
13:00〜17:00 (開場 12:30)
場所:明治大学リバティタワー1001教室(地下1F)
御茶ノ水駅より徒歩5分
参加費:1500円
共催:現代史研究会 「終焉に向かう原子力」実行委員会
連絡先: TEL・FAX :03-3739-1368

〜 イベント詳細 〜 
チラシより転記しました。
第1部
講演  13:05〜14:35
「みえない雲の向こうに視るべきもの」
 小出 裕章氏 (京都大学原子炉実験所)
第2部 
■歌とバンドゥーラ演奏
  カテリーナ(ウクライナ出身)
   14:45〜15:05
■映画「みえない雲」上映 (2006年・ドイツ)
   15:05〜16:50
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
※私は、当日、11:30頃〜、受付などでお手伝い予定です。
他にもスタッフさん募集しているそうなので、
すこし早めにお越しいただけるかたがいらしたら、ご協力下さい。
もちろん、みんなにはしっかり講演や演奏、映画を楽しんで欲しいから、
スタッフは、有志で。って思ってます。

OKってかたは、11:30に、会場(明大の地下1Fにある教室)前へ!
地下は携帯電話が通じません。直接、お越し下さい。

2)

6/29(日):
ももんが、森のマーケット 開店しまーす。
(※ぽぽみ店長は、送迎の都合がつきませんでしたので、お休みです。ごめんなさ
い)

14:00〜16:00 
16:00〜 お茶タイム

※お茶は、晴れたら、屋上でいただきます。
直接、階段を上がって7Fまでお越し下さいね。
どんな話題になるかな?
私はお気に入りの高江応援Tシャツを着ています。
ヤンバルクイナやノグチゲラが、琉球染色でかわいい!

夕飯は 18時頃から、コモンミールにしましょう。
メニューはみんなで決めて、分担して作ります。
どなたでも参加できます。ぜひ、いらしてください。

-----------------------------------------------------------

まぼはこれから、石田さん、菊川慶子さん!たちと、
こちらのMLでもご案内した、
菊千代さんの落語を聴きに行きます〜。
楽しみです。

みなさんも、心地よい週末をお過ごし下さいね!


ももんが まぼ




posted by momotomo at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お誘い「100万人たんざくアクション」

みなさんへ

ももんがの井上です。

NGOフォーラムを知っていますか?

今年7月7日から北海道洞爺湖にて開催されるG8サミットに向けて
NGO(市民団体)から政策提言をするために作られました。

ここに参加しているNGOの方々から、
MLやメール等で、下記のたのしそうなイベントの案内をいただきました。

このG8−NGOフォーラムでは、各国首脳に向けてメッセージを届けようと、
「100万人たんざくアクション」を呼びかけています。

これは、7月7日に、様々な思いや願いを短冊に書き、その実現を祈る
「七夕」の風習になぞらえて「これからの世界がこうなっていてほしい」
というメッセージを、私たちから首相へ届け、
G8首脳を動かそうというアクションです。.

以下のフォームから、意見を届けることができます。
各国首脳へのリクエスト。
世界中のみんなに伝えたいメッセージなどなど。
祈りながら、書いてみませんか?

友達にも伝えて、かわいい色の短冊に、
願いをこめて、メッセージを送ってくださいね。

PCをお持ちで無い方は、6/29(日)の森のマーケットの日に、
ももんがのPCから、書き込むこともできます

こちらをクリック 
↓ 
https://www.g8ngoforum.org/g8ngo_form/

締切は、6月30日まで。

メールで送ったメッセージは、HP上で公開され、みんなで読むことができます。
色とりどりの短冊形のフォーマットにつづられたメッセージを見ると、
やさしい思いが伝わってくるので、しあわせな気持ちになります。

https://www.g8ngoforum.org/g8ngo_form/search.php

--------------------------------------------------
こちら、動物保護の活動で、お世話になっている、
地球生物会議(ALIVE)さんのメーリングリスト 
[aa-news 00900] G8サミットに市民の声を届けよう 2008.06.26 
には、具体的に、こんな願いが挙がっていましたよ。
(転載OKを野上さんから、いただきました)

<例>
世界の飢餓を救うため、穀物を家畜の飼料にしないように。
食肉産業への過剰な補助金を停止し、有機農業に助成してください。
生き物と共存する農業政策を推進してください。
これ以上新たな化学物質を開発せず、動物実験をなくしてください。
野生動物の住処をこれ以上開発しないでください。
野生動物をペットとして売り買いすることを禁止してほしい。
この地球は人間だけのものではない、生き物みんなの地球のための政治を。

-------------------------------------------
いろいろありますね!

活動や興味のあるものは様々。
だからこそ、こちらのMLやブログで、ご紹介したいな。って思いました。

みんなの今立っている場所から見えるもの。
どんな社会、どんな地球にしたいだろう?

フェアトレードの取り組みを応援している方は、その分野で、
平和の活動や原子力の問題にかかわってくださっている方はその分野で、
いろいろな障害者施設ではたらく方には、その分野で、
子供達の幸せのために動いているかた、
地域のみんなが幸せに暮らせるように動いてるかた、
やさしい気持ちでみんなのサポートをしていらっしゃる方、ぜひ、その視点からの声
を。
子供を育て、家族やまわりのみんなを大切に暮らしているかた、
いろいろな思いを伝えてくださいね!
(わたしもかくぞ〜)

ももんが まぼ





posted by momotomo at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

6月21日(土)本日♪ ノー・ニュークス☆モア・シネマ&トーク Vol.2

こんにちは!
お天気、なんとかもちそうですね???
今日は夏至の日、6月21日です。
各地でキャンドルナイトイベントが行われますね。

みなさまも、大切なひとと、素敵なひとときをお過ごしください。

で、その前に。。。
あと数時間後にはじめるイベントですが、ブログへの転載もれを発見!ふらふら
ぴぴっときたかた、どうぞ、ご参加ください。

ももんが井上より

以下、再処理とめようのMLより、原子力資料情報室の澤井正子さんから届きました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


皆さま 澤井@CNICです。

下記お知らせいたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【トークゲスト変更のお知らせとお詫び】
トークゲストとしてお招きした嶋橋美智子さんですが、体調不良のため出演できなくなりました。
嶋橋さんのお話を楽しみにしておられた皆さまには大変申し訳ありませんが、ご了承いただけますようお願いいたします。                再処理工場を知る会 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
http://www.cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=654

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +再処理工場を知る会 presents!!

ノー・ニュークス☆モア・シネマ&トーク Vol.2+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

「肉体が崩壊する・・・」、こんなことが想像できるだろうか?
 チェルノブイリ原発事故の処理作業に従事した男性が、
事故から13年後にどのようにして亡くなったのか。
生前の本人へのインタビューと、看護をした妻の証言から明らかにされる、被曝によって起こった肉体崩壊という恐ろしい現実。
 今回も「ザ・サクリファイス」他、普段なかなか観ることができない貴重なドキュメンタリーを、「再処理工場を知る会」ならではのラインナップで上映します。

またトークゲストは、放送の現場から原子力問題を見つめてきた七沢潔さんです。(他1本ドキュメントを上映予定)
ご予約は承っておりませんのでお早めにご来場ください(定員50名)。

◆上映作品:『ザ・サクリファイス』(Feldat Film 2003 スイス 25分)      
他1本

◆トーク:七沢潔さん(ドキュメンタリスト:交渉中)

◆モデレーター:澤井正子(再処理工場を知る会)

◆ 2008年6月21日(土)  OPEN 16:00 / START 16:30

◆会 場:BAR 60'S(バー・シックスティーズ・代官山)
posted by momotomo at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

多摩動物公園に行ってきました

先週の日曜日、ひさしぶりに、
東京都日野市にある、多摩動物公園に行きました。

レッサーパンダのコパンダ2頭がいますよー。

木の後ろの岩にぺたっとしています。
午前中のかけっこ、そして、笹(竹)をたんまり食べたので、
眠いのでしょう。

レッサーパンダ こども 2.jpg

レッサーパンダのこども.jpg

去年やってきて、公開のはじまったシャモア。
こちらは、男性だとのこと。

シャモア オス.jpg

中国や東アジアに暮らす、ゴールデンターキン。
中国では、ジャイアントパンダ並の、珍重のされ方です。
人間の開発が進み生息域がとても狭められているそうです。

こちらは、成獣の女性です。

ゴールデンターキン.jpg

こちらは、ターキンの姉妹。↓

ゴールデンターキンの姉妹 ふうか・おうき.jpg

こちらは、アジア園で一番人気のある場所。
オランウータンのスカイウォークです。
ちょうど、通過中。
下から、眺めることができます。

目がくらくらするような、高所を、すいすいと懸垂っぽくしたり、
とことこ綱をつたったりして(怖い!)、
ほんとうにオランウータンの身体能力の高さと能力を、
すごい☆と言いながら、見せていただきました。

オラン 3 スカイウォーク.jpg

オラン.jpg

オラン 2.jpg

口をぽかーんと開けて、渡ってゆく、ポピー君を見上げてしまいました。






posted by momotomo at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/22(日)「Peace Music Festa! from 辺野古 '08」 いっしょに行こうよ!

henoko4.jpg

綺麗な辺野古の海。
キャンプシュワブとの境界。
みんなの平和の祈りのリボンが、はためいていました。

辺野古 コッコちゃん.jpg

辺野古のテントのアイドル、にわとりのコッコちゃん。
自ら座り込みの為、テントにやってきたコッコちゃん。すごい!


みなさんへ

ももんがの井上です。

明後日、6/22(日)は、みなさんいかがお過ごしですか???

私は、NさんとMさんといっしょに、
上野公園にある野外ステージにて行なわれる、
「 Peace Music Festa! from 辺野古 '08 」 に行きます。

毎年、辺野古の美しい海で開かれているライブイベントが、
東京にやってきてくれます!

ちょっと雨が心配ですが、いっしょに行きませんか?

わたしたちが、このライブに参加することで、
その一歩で、沖縄でいのちを育む海を守るため、
活動してくださっている方々への応援になるし、
それを伝えるために、集まってくださっている、
たくさんのミュージシャンの方へも
「ありがとう!同じ思いだよ」ってことを、しっかり伝えられますよ。

そして、会場には来れないし、人間のことばもしゃべれないけど、
辺野古の海で、静かに暮らしている、ジュゴンやさんごたちの想い。

声にならないけれど、みんなが平和に笑顔で暮らしていけたらいいと思います。

彼らのSOSや想い、心に響いてくることすべてを、
それぞれが感じて、
まわりの友達や家族に伝えるきっかけの日にしていきたいですね!
そこから広がる縁を思うと、元気になってきます。

歌にのせて、そんな想いをステキに届けてくれる、
力のあるイベントです。

当日のボランティアさんは多数集まっているとのことで(出遅れたっ)、
ももんが 井上 は、最初から最後まで!、
お客さんとして、友達と唄い、踊り、楽しもうと思ってます。

ライブが苦手・・・と、思っていたわたしですが、

辺野古にお邪魔したときに、
テントでS原さんに、いろいろとお話を聞きました。
そして、そこで、譲っていただいた、
タンスでジュゴンやポストカード(かわいい!)、
辺野古の浜で、行なわれた、ライブのDVDを観ては、
この日を楽しみに待っていましたぴかぴか(新しい)

ももんがに来る人来る人に、「辺野古ライブ」を誘い、
辺野古や高江のピンチ、そして、ジュゴンやヤンバルクイナそして彼らを育む海と森の魅力、そこで暮らす方々の魅力をしゃべりまくる、
ももんが店員・・・。

まだまだ、みなさんに熱いお誘いを届けきれていないのが、心残りです。
というわけで、ちょっと暑苦しくなっちゃうけど、何度でも!

ひとりで何するでもなく、ぼんやりしてるよーーという方、
ぜひ、上野へ!いっしょに楽しみましょう。

ひとりで心細いよーって方、
ももんがチームで、女子3人でしっとり?楽しんでますので、
ぜひ、合流してくださいね!

ライブがはじまる前までは、井上携帯 090-9106-0308へ!

(はじまっちゃったら、ごめんなさい。各自楽しんでね♪)


なお、一応、屋根がある会場とのことですが、
ぬれるかもしれないので、タオルや雨具を持参して下さい
と書いてありました。(かさは会場で使えないそうです)。

詳しくは、下記のご案内をご覧下さい!
Peace Music Festa! from 辺野古 '08

http://www.peace-music.org/index.html

イベント主旨

a.. Peace Music Festa! from 辺野古の思い BLOG

出演決定ミュージシャン&タイムテーブル(出演順)
野外ステージでの開催ですので、
出演時間は20〜30分の前後のずれが生じる場合があります。

時間に余裕を持ってお越し下さい。

上野公園へのお問い合わせはご遠慮ください。

a.. KACHIMBA4 (14:00)
b.. KZ (14:30)
c.. 照屋政雄 (15:00)
d.. Shaolong To The Sky (15:30)
e.. 寿[kotobuki] (16:00)
f.. DUTY FREE SHOPP.×カクマクシャカ (16:32)
g.. ドーナル・ラニーwith梅津和時、近藤ヒロミ (17:19)
h.. 渋さ知らズオーケストラ (18:12)
i.. SOUL FLOWER UNION (19:05)
a.. フライヤーを開く
b.. Peace Music ブログのアーティスト紹介へ

お問合せ
a.. pmf08@peace-music.org
b.. お問合せはメール対応のみになっております。
上記メールアドレスまでお願いします。
c.. イベント詳細に関しては上野公園には問合わせしないでください。

イベント情報
a.. 2008年6月22日(日)
b.. 13時開場 14時開演
c.. 【東京都】上野公園 野外ステージ
d.. 雨天決行(屋根あり)
e.. 前売り¥4000 当日¥4500
f.. 中学生以下無料

チケット 取扱店
a.. 新宿『Naked loft』
b.. 高円寺『沖縄居酒屋 抱瓶』
c.. 銀座『わしたショップ』
d.. イープラス
e.. チケットぴあ Pコード : 289-114
f.. ローソンチケット Lコード : 74966

【More Info!!】フライヤー拡大
a.. フライヤー表&裏表紙
b.. フライヤー中面/アーティスト情報

henoko1.jpg

henoko3.jpg

henoko2.jpg


遠く離れて暮らしてるけど、応援団の一員、ももんが店長のぽぽみです。
「いつも思いはいっしょだよ!」Byぽぽみ

henoko 6ouendan popo.jpg

ジュゴンやコッコちゃん、いのちをかけて辺野古を守ってくれる全ての方がたといっしょに、幸せになりたいです。
わたしにできることは何だろう?
沖縄から戻って、ずっとかんがえています。

                  ももんが まぼ



posted by momotomo at 19:07| Comment(1) | TrackBack(1) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再)6月21日キャンドルナイト@高尾山 暗闇はステキ♪】

ももんがの井上です。

明日、森のマーケット終了後、
気持ちのよい、高尾山に行きます〜。

くんくん、ふへーー。
(ぽぽみ同様、私も匂いをかぎ、深呼吸♪)

今のところ、わたしとS平さんかな?

天候にもよりますが、そのままここにいたいなーと思う時の為に、
ちいさなテントとマイ寝袋、雨具、食料を背負って、
長靴を履いて、のんびり深呼吸しに行ってきます。

(あと、Yさんに、ももんがの商品の配達もあるのです♪)

私は、17:00の坂田さんのガイドツアーを申し込んでいます。
どんないきものと出会えるかな?わくわくします。

気持ちのよい高尾!
雨がふっても、楽しめると思います。
みなさんも、ごいっしょしませんか?

---------------------------------------------------------

【6月21日キャンドルナイト@高尾山 暗闇はステキ♪】

山の暗闇は、生き物たちにとって大事な時間。
タヌキやアナグマたちがゴソゴソ、カサカサ。
ふくろうが柔らかな声でホォウ、ホォウ。
ムササビが、サァーと夜空を滑空。
ホタルたちが、お相手を求めて淡い光を灯しだす。
暗闇には、いろんな気配がいっぱい。
そんな山の暗闇に、キャンドルの灯りで
ちょっとお邪魔させてもらいましょ♪

■日時 6月21日(土)雨天決行

■場所 高尾ツリーダム&日影沢キャンプ場

JR・京王線高尾駅北口から小仏行きバスに乗車。日影バス停下車、バスの進行方向へ
徒歩2分行くと
左手に天狗の看板があるところが日影沢林道入り口。ここに案内スタッフがいます。

■タイムスケジュール

★13:00〜16:00 みつろうの薔薇キャンドル作り@高尾ツリーダム
参加費1500円
50名先着順 要予約  kenju_treedom@yahoo.co.jp

★17:00〜18:30 高尾山夕暮れお散歩ガイド(ガイド:坂田昌子)
参加費500円
20名先着順 要予約 kenju_treedom@yahoo.co.jp
※日影沢林道入り口17:00集合


★19:00〜20:30 LIVE&DANCE@日影沢キャンプ場
出演:ちゅんどん茶屋・SOLA(ファイヤーダンス)・木歌・ハンマーダルシマー
演奏 たっち〜
参加費1000円
予約不要

■駐車は若干可能ですが、なるべく公共交通機関でお越しください。
■帰りの最終バスは、8:43ですが、スタッフが高尾駅まで送迎しますので
ご安心ください。
■キャンプ場に宿泊可。テント・寝袋などは、ご自分でご用意ください。


----------------------------------------------------------------------------
posted by momotomo at 18:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/21(土)ももんが☆森のマーケット

みなさん こんにちは。

ももんがの井上です。
明日 6/21(土)のご案内をさせていただきます。
雨が降りそうですね。
雨が降るからこそ、輝いたり、元気でいられれる、
植物達や動物達もいますよー。


■ 森のマーケット :ももんが店内にて : 
11:00〜14:00 森のマーケットを開きます。

(時間の変更をし、また、夜も屋上でのキャンドルナイトは延期にしました。
後日またご案内します。ほんとうにごめんなさい。)

1)新入荷の商品がたくさん♪

第三世界ショップさんからの新商品、カタログなどが届いています。
新しいクラッカンバーの試食なども兼ねた、
お茶タイムをもうけます。
13時ごろに集合してくださいっ!

2)この夏、オーガニックコットンと動物たち(7種)の保護活動や植林活動をからめ
た、
ももんが発のキャンペーンを準備中です。わくわく。

動物は、犬・猫・ツキノワグマ・ジュゴン・ヤンバルクイナ・むささび・ナキウサギ
の7種に決めました。
送金先の団体もある程度決定しました。
そちらの商品(オーガニックコットンのキャミソールなどレディース商品)も、すこ
し安く団体から譲っていただけたので、ももんがでも、50%オフでセールできること
になりました。
ちょっとお得に、自慢の1品、肌にも心にも気持ちよい商品を買っていただけます。
そして、売上の中から 「1枚につき、350円☆」 を
上記の動物達と生息域を守る活動をしているグループへ送ります。

ご案内チラシ等の作成が準備がとても遅れていますが、
特大段ボールで大量に入荷してきたこともあり、
ブログに書いたのを読んでくださった方から、ちょっとずつ販売をはじめました。

サイズや色など、かなり偏りがあるため(Mが品薄です)、お早めにお声がけ下さい
ね〜。
偵察に来て、いっしょにお手伝いもしてくれるとうれしいです♪
(後日、別途、キャンペーンの詳しいご案内を送らせてください)

3)2008年10月に3週間ほど、谷中の町を中心に開催される、
芸工展2008 というイベントがあります。

こちらに、ももんがも上記の動物保護キャンペーンとからめて、
動物達をテーマにした作品を飾って、企画に参加しようと思っています。
ぜひ、皆さんの作品、アイディアをお寄せ下さい。
まず、イベントそのものの説明資料をいただいたので、
こちらをみんなで森のマーケットで見て、企画を進めていきます。

どうぞ、お友達をお誘いの上、遊びにいらしてください。

*******************************
posted by momotomo at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一つ前の情報について・・・ももんがまぼから

オキゴンドウ しぐさが犬そっくりで、かわいかった.jpg

オキゴンドウ おねだり中 .jpg

MLに、イルカ肉の水銀汚染のことを教えてくださる情報が流れてきました。

それを読んで、感想を書かせていただきました。

読んだ方の多くの人が「えっ?イルカって食べてるのか?」と思われたかなー。
クジラも食べるのだから、イルカも食べるだろうと思う方も多いのかなー。

北極や南極でも、人が住んでいないような場所にまで、
そこで暮らす動物達の身体から、
たくさんの化学物質を蓄積しているのがわかってきたり、
ビニール袋などをお腹につめたまま、なくなっていますね。

私は、小さな頃から、イルカやカメをはじめとする海の動物達が、
間違ってえさと思って食べちゃうから、風船やゴミ袋を飛ばさないで、とか、
胸を痛めていたけど、
日本各地の海域でも、イルカの漁をしていたこと(生き延びた子は水族館へ)、
そのイルカたちの体内に水銀をはじめたくさんの化学物質が蓄積されていること。

去年は、さらに、放射能まで、ドクドク垂れ流してきていたのか・・・およよ。と、

色々なことが見えてきて、つながってしまって、
正直、去年はとてもしんどくなっちゃっていましたふらふら

けど、今は、知ること、たくさんの仲間と出会えたこと、いっしょに語り合い、動き出すことで、
自分も一層強靭になり(こわっ)、
知った以上、自分の頭・心で考えるようになっています。

Aさんが案内してくれたとおり、もっと知りたい方、
そして、アクションについても「やりたい!」と思った方は、どうぞ〜。

食料として食べる側からしても、
動物のいのちを大切にする側からも、
「気づき」はたくさんありますね。

水俣から何も学んでいない。。というのは、
自分の身に置き換えても、ほんとうにその通りだなあ。と思いました。
身がひきしまりました。

でも、そもそもゴンドウクジラを知らない方も多いかなと思います。

この前、沖縄にある水族館(わりと広々、飼育員の方も熱心)で出会った、オキゴンドウ2頭。
カマイルカに混ざって、泳いでいました。

わんこみたいに、人にとっても慣れていました!(びっくり)
わたしは、芸をさせるのとかを見るのは、好きではないので、
その時間を避けて、ふだんの生活っぽい時間帯を狙っていったのですが、もう積極的に(自らの意志で)
愛嬌を振りまくオキゴンドウちゃんたちに目が釘付けになりました・・・。

一生懸命ごはんをねだったり、自分の番じゃないのに、
プールサイドに上がってしまって、トレーナーの方に、尾ひれをしっぽみたいに振るのです。

(君の番じゃないでしょう。って感じで、無視されてしまったのですが(そりゃーそうだ。食べすぎだもん)、
そのときに、しょんぼりした表情で、ピーと泣いて、大きな身体を揺らして、そーーっと水に入りました。

そのしぐさを見ていたら、うちのあき(大きな秋田犬の女の子)にとても似てて、かぶってしまい、それから目が離せなくなりました

そして、捕獲されたとき、仲間の多くは彼女の目の前で殺されたのだろう。。と想像してしまって、
それでも生きていくのに、人間と仲良くなる道を選んだのか、、と思って切なくなりました。

なんとも複雑ですが、、、。
いのちあるもの、笑顔でのびやかに暮らして欲しいです。

                     ももんが 井上

オキゴンドウとバンドウイルカ.jpg



posted by momotomo at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「食卓を脅かす水銀汚染 ―その実態調査と報告―」

いつも動物実験のことなど教えていただいている、
Aさんから、ももともネットのMLのほうに、
下記の投稿をいただきました。

興味をもたれる方(「食」という面や「動物の命」という面、どんなサイドからでも)も多くいらっしゃると思いましたので、ブログにも転載させていただきました。

::::::::::::::::::::::::

エルザ自然保護の会が、イルカ肉の水銀汚染についての報告書を公開し、厚生労働省への意見メール送信を呼びかけていますので、
お知らせしたく投稿しました。

日本は、水俣の経験がある国なのにも関わらず、水銀汚染問題についての話題を耳にすることがあまりなく不思議ですが、
世界的に見るとこれは今かなり関心がもたれている話題なのだそうです。
「文化だからイルカ獲るべきだ」という考えが食品安全に優先されるとしたら、それはかなり冷静ではない態度だと思うので、
こういう情報は広まってほしいと思います。

報告書をプリントアウトした資料も数部いただいていますので、
ほしい方にお譲りします。お知らせ下さい。
⇒ ももんがに連絡をいただければ、Aさんに転送します。

-------------以下、HPより---------------

http://www.elsaenc.net/mercury/mercury_report.html

「食卓を脅かす水銀汚染 ―その実態調査と報告―」

エルザ自然保護の会 2008

執筆:辺見 栄
監修:藤原英司
協力:アラム企画・環境と安全食品部

本文中第5章のイルカ肉の水銀汚染報告を見れば、イルカの肉がどれほど人体に有害な水銀に汚染されているかが分かります。検査されたすべての肉が、日本政府が定めた暫定規制値を超えています。ジャパンタイムズのインタビューに対して、熊本大学の浴野成生(えきの・しげお)教授は、「イルカ肉の摂取は避けるべきだ。食べ続けるなら、脳への悪影響を受ける恐れがある」と答え、北海道医療大学の遠藤哲也准教授は、「イルカは食品ではない」と述べています。

しかし、これほど汚染されているイルカ肉は、何の規制もなく、汚染を知らせる警告のラベルを貼られることもなく市場に出され、消費され続けています。

2007年には、イルカ肉の供給地として知られる和歌山県太地町でゴンドウクジラ(イルカの一種)が、太地町の幼稚園、小学校、中学校で給食に出されました。地元の一部町議会議員が、これを問題にして強く反対したため、結局、ゴンドウクジラは、以後、太地町の学校給食で使われないことになりました。しかし、太地町では、その後もイルカの追い込み猟が続けられ、捕獲されたイルカ肉はゴンドウクジラの肉も含めて、相変わらず市場に出され、消費され続けています。

日本政府が定めた現在のイルカ類の年間捕獲枠数は、20,826頭。毎年19,000頭近いイルカ類が補殺され、食糧として販売され、消費されています。

消費者は水銀汚染の実態を知って買っているのでしょうか?

イルカ肉の販売店は、イルカ肉がこれほど水銀に汚染されているのを知って販売しているのでしょうか?

本会で調査した結果を以下に報告します。

* * *目 次* * *

はじめに
第1章:消費者への食の安全性と信頼に関する意識調査アンケート集計結果報告
第2章:イルカ肉販売店への食の安全性と信頼に関する意識調査アンケート集計結果報告
第3章:消費者及びイルカ肉販売店に対する意識調査結果を踏まえて、消費者の健康を護るために水銀問題にどう対処すべきか
第4章:水銀とは?
第5章:イルカの追い込み猟で捕殺されたイルカ肉の水銀汚染報告(2004・2006〜2008)
まとめ

* * * * * * * * *

水銀汚染報告書全文ダウンロード 水銀汚染報告書全文ダウンロード PDF 104KB
「食卓を脅かす水銀汚染 ―その実態調査と報告―」
http://www.elsaenc.net/pdf/mercuryreport2008.pdf

厚生労働省へメールを!
下記フォームから意見メールを送信できるようになっています。
http://www.elsaenc.net/mercury/mercury_action.html

posted by momotomo at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(イベント案内):パレスチナ、それぞれの現実と思い  〜エルサレム・西岸・ガザに生きる人々

******<以下転送歓迎>*************

パレスチナ、それぞれの現実と思い 
〜エルサレム・西岸・ガザに生きる人々

現在エルサレムにて「パレスチナ子どものキャンペーン」の職員として働いていらっし
ゃる方の一時帰国にあわせ、最新の、生のパレスチナについてお話していただく会を開
催します。

イスラエルが誕生し大量のパレスチナ難民が発生してから今年で60年。この60年もの間
、パレスチナはイスラエルの占領下に置かれています。

同じパレスチナ人でも、住む場所と持っているIDによって、その立場が変わってきます
。エルサレムから追い出されようとしているパレスチナ人と、エルサレムに入ることが
できない西岸のパレスチナ人。そして封鎖されて外に出られないガザのパレスチナ人。
それぞれが抱える問題は、占領が続く限り悪化することはあっても良くなることはあり
ません。

21世紀の現代でもなお続いている占領の現実とパレスチナ人の苦悩について、パレスチ
ナ料理を食べながら、思いを馳せてみませんか? ファッションや食などパレスチナの
文化についてもご紹介します。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。どうぞ宜しくお願いします。

日時:7月21日(月、祝日)17:00〜

場所:Beans Kitchen
   東京都台東区谷中3−11−18
   03−3823−2406

ゲスト:川越東弥さん(パレスチナ子供のキャンペーン職員)

参加費:3,000円

posted by momotomo at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

@プルトニウムが首都高速を通過した日「週刊スパ SPA! 6/24号、A通販生活7月号 

輸送中 渋谷 2.jpg

輸送中 渋谷 1.jpg

みなさんへ

こんばんは。
ももんがの井上です。

昨日の朝、通勤途中に「週刊スパ SPA! 6/24号 」 
の中吊り広告を見かけました。

30歳で貯金300万円達成者の共通点という字に目が釘付けに。

(わたし・・・そんなに持ってませんよ。とほっ。
ももんがの大量在庫が、わたしの財産ですか・・そんな感じで目に飛び込んできたわけです)

が、中吊り広告の結構目立つ、ちょうど真ん中へんに、

****************************
茨城→東京→名古屋→福井を通過した14時間を激写
プルトニウムが首都高速を通過した日

長崎型爆弾18個分のプルトニウムがトラックで本州を横断!

「もんじゅ」運転再開に向けた核物質の“隠密輸送”に密着

****************************
とありました。

扶桑社・スパ さん のHP:
http://spa.fusosha.co.jp/
http://spa.fusosha.co.jp/weekly/ent_4408.php

こちらは、先月5月15日に、首都高速を通過したプルトニウムを輸送した際の記事です。

多くのマスコミが(多分)だんまりしてたところ、
掲載してくれてほんとうにありがたいです。。。


NHKのカメラマンの方も撮影に来られたようなのですが、
実際には、映像として日の目を見てないんですよね?
わたしテレビを持っていない為、あまり分かってませんが・・・)

SPA!6/24号、特集記事を読みくださいね。

そして、内容がよかったよ!とか、
この部分が特に感動した!とか、
視点が新しかった。とか、
もっと○○が知りたかったよ。とか、
それぞれの思いを、勇気ある掲載に感謝の気持ちを添えて、
特集を組んでくれた記者さん、掲載OKしてくれた出版社さんに、
メールやFAXをどうぞお願いします。

-----------------------------------------------------

 まだ、「六ヶ所村ラプソディー」などを見ていなかったり、
 再処理工場って何?プルトニウムってなんだ?とおっしゃる方へ


プルトニウムは、長崎型の原爆の材料になります。
これは「たった1gで吸い込んだ100万人がガンに侵されてしまうほどの猛毒物。今回運ばれたプルトニウムは推定140〜150sとのこと)

(ほんとうはこのあたりを全て、小出さんのわかりやすい講義を聴いて欲しいところです。
スロービジネススクールさんで出していらっしゃるDVDを見たり、各地の講演会で1度はお話を聴いてくださいね。

このプルトニウムで作られた燃料(原爆18個分)ですが、
今年の10月に予定されている「もんじゅ」の再稼動に向けて輸送が再開されたのだそうです。。。
(その輸送が95年12月以来、13年ぶりに行われることになり、
それを全国各地でもんじゅの稼動を心配するジャーナリストやカメラマン、脱原発グループの方々がつながって、待ち伏せや追跡を行って取材したレポートとあります)

もんじゅ。。。
六ヶ所村ラプソディーの映画を観てから、
やっと、「再処理は高速増殖炉があってなんぼ。きっても切り離せない関係。」と知りました。
それでも、もんじゅの事故後、ずーーっと止まっていたので、それをまた動かす?
えぇっ!まだやるつもりだったの?という声も聞こえてきそうです・・・

この燃料は、茨城県の東海村にある原子力関連施設で作られて、
千葉、埼玉、東京と普通に高速道路を通過して、静岡、名古屋を経由して、福井県敦賀市の高速増殖炉「もんじゅ」まで運ばれました。

小さな頃、高速道路にのってて、前にあの「原子力」マークの車が走ってて、動きもとれずで併走することになりました。
なんか、こわいな。大丈夫?ってどきどきして聞いた記憶がよみがえってきました。
ひえーー、当日は「まっ、大丈夫だろう。みんな普通だし」とか思ってしまったんだろうけど(無知だったし)、
すごく被曝してたんだなぁ(がっくり)もうやだ〜(悲しい顔)

今回も色々なMLで「今日ですよ」って教えてくださる方がいらしたり、残業の身ながら、渋谷のセルリアンタワー等に駆けつけたい心境でした。
そこでじっと待っていて、撮った写真をMLで発表してくださる方もいらして、こちらのブログでもアップしたいと思いながら、
そのままになっていました。

その写真を見たらね、前後にうっかり走ってしまっている、
一般車両の方がいて、その方々の安否(被曝)と、
長時間(14時間以上)運転したり、伴走したりしなくてはならない方の安否がとても気になってしまいました・・・。

記事によると、そのあたりを聞いても「大丈夫」という国の言い分をそのまま受け入れているようです・・・。うぅ。

そして、ほとんど報道もされないから、
誰も知らないまま、さりげな〜く、危ないプルトニウムがトン単位でトラック3台に積まれて運ばれていくこと・・・。

その事実に、「ありえないでしょう」とか、
驚いてしまうひとも多いかと思います。

再処理工場をとめたい。と思って動き出す仲間も多いですが、
原子力発電所は必要だとおもうけど。って思う方も多いと思います。

けど、原発を動かし続けたり、「もんじゅ」を動かすには、こういった核燃料を日本各地をこつこつ道路で輸送していくことが絶対必要なことなんですね。。。

「原発も、再処理施設も遠いから」と、実感が伴わない方もいらっしゃるかもしれないのですけれど(自分もそのひとりでした)、
ほんとうは、すぐそばにあっても、
そのこと自体に気づけないしくみ(変に秘密でいや)になっていることがわかりました。

 どんな星で暮らしていきたいでしょうか?
 
記事の中には、松丸さんや原子力資料情報室の伴さん、そして、小出さんと、いろいろな学習会などでお目にかかったりした方が出てきて、おおっ!と思いました。

そして、右下のほうには、本当にごく最近、5月25日に、六ヶ所の再処理工場の真下に、これまで未発見だった活断層があると指摘された、渡辺満久さんの記事、

そして、「ハコモノ行政と変わらない矛盾だらけの「原子力政策」として、ほんとうに分かりやすく原子力政策のことを伝えてくれる参議議員議員の田中康夫さんのコメント。
(最高にわかりやすく、直球すぎてて、おもしろいです。こんな風に噛み砕いて話をしてくださる)

ほんとうに、すごい特集になっていました。

他のページも、もちろんおもしろかったのですがわーい(嬉しい顔)
どうかなにげなく購入されたサラリーマンの方々も、
この特集も飛ばさないで、じっくり読んでくれますように〜。

週間スパ!を出されている、扶桑社さんは、最近、田中優さんの新書「地球温暖化/人類滅亡のシナリオは回避できるか」を出してくれましたね。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31898575

特集の取材・文・撮影という欄を見てみたら、北村尚紀さんと志葉玲さんという方。

志葉さんはイラク戦争関連のイベントで、お見かけしたこともある方でした。

ジャーナリストの 志葉 玲 (しばれい)さんのブログ:
http://reishiva.exblog.jp/

このブログにも記事のことが載っていましたので、
合わせてご覧下さいね。

もうおひとかたの、北村さんって、どんな方なのかな?と思ってたら、
小出さんの古くからのお知り合いのようでした。
納得〜!!

あらためて、色々なところでがんばっていらっしゃる方がいることに気付けて感謝♪

ほんとうに、記者の方の腕前。そして、
これまでの実力と信頼関係のなせる技なのだろうな。と思います。

もちろん、それをずっ〜と理論と実践で支えてきた、
色々な場でがんばる研究者、市民団体の方々のおかげでもあります!)

勇気ある、我慢強い人たちが、現場に飛び込んで、保守的な空気をすこしずつ「真実を知り、伝え、未来を自分で考えて決めよう!」っていうムードに、変えていくのかな。
うれしくなっちゃいましたわーい(嬉しい顔)


小出さんに、今朝、「スパ、写真も文章もいっぱい載ってました。
あとは、通販生活の記事のことも書きますね。」と報告したら、

「あの特集は、北村さんが企画してくれました。
権力とは圧倒的な力の差はあるけれど、あっちこっちにしっかりした人がいてくれることを嬉しいと思う。
そして、「通販生活」の2008年7月号についても書いてくれるとのことで、ありがとう。
茂木さんと僕の対談も載っていた。そして、それ以上に、オーガニックコットンの記事とか、中村哲さんの記事とか、素敵な記事が満載だ。180円ととても安いので、皆に読んでもらいたいです。というメールをいただきました。

オーガニックコットン(以下、OC)は、今、ももんがでも、日本各地の動物たちのSOSと魅力を伝えるのとからめて、大きなOCキャンペーンをしようと思っていました。
特集、とっても気になります。
それに、中村哲さんのプロジェクトも、ちょっと前に友人に聞いたばかり。

なお、カタログハウスにて行なわれた、小出さんと茂木さんの対談の資料(記事)をPDFファイルにしていただきました。
ご希望の方には、個別にメールでお送りします。
声をかけてください。
                       ももんが まぼ




posted by momotomo at 23:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■7/6(日)やおよろず地球まつりINさっぽろ■

みなさん、こんばんは。
ももんがの井上です。

以下、虔十の会の坂田さんより、イベントのお誘いです。

なんと舞台は札幌!
高尾山のこてんぐたちは、フットワークがとっても軽い!
わたしも見習いたいところです。

この機会に、アイヌの文化にも触れちゃったりできそうな、
熱い旅&イベントになりそうです。

ももともネットのMLでは既にご案内させていただいたものですが、
ブログでもご案内させていただきます。
なので、もし、定員に達してしまっていたらごめんなさい〜。

                   ももんが 井上

****************************

虔十の会の坂田です。
BCCでお知らせしています。

7月洞爺湖サミット開催に合わせて、虔十の会&その仲間たちで
札幌にてイベントを開催することにしました♪

海外、国内両方のメディアやNGO・NPOが北海道に集まります!
日本政府が、これ以上、巨大開発で自然破壊しないように
高尾山のことを派手に訴えた〜い!!

すでに、札幌入りを決めている方は、
6日(日)ぜひ会場のサッポロファクトリー煙突広場に遊びに来てください。
まだ、北海道に行くかどうか決めてない方は、
虔十といっしょに行きませんか?

以下、詳細です。

★☆★ 転送歓迎です ☆★☆★


■7/6(日)やおよろず地球まつりINさっぽろ■

 今、地球はきっと曲がり角に、立っている。
7月7日から始まる洞爺湖サミットでも、環境・貧困・平和など、さまざまな問題が
目の前に山積み状態。たくさんの問題がからみあって、こんがらかって、どこから手
をつけていいのやら。
でも、「いのち」というキーワードで、ときほぐしていくとどうすればいいか見えて
くる。
一番たいせつなのは、この地球に在る多様な「いのち」にとって一番良い方法は何か
?って考えてみるのをスタンダードにしていくこと。
小さな花や虫、子どもたち、若い人もお年寄りも、男も女も、みんなこの地球に棲む
やおよろずの「いのち」たち。地球は、この「やおよろず=多様ないのち」の大きな
かたまり!だからもうこれ以上、他の「いのち」を踏みにじっていても気づかないふ
りをしたり、地球に甘えたりしちゃダメ!!
こんな時代に、日本でサミットが開催されるのも何かのご縁。そういうことなら、や
およろず地球の再生を願うお祭りで、「いのち」の磁場を創りだすなり♪

【 日時】7月6日(日)11:00〜19:00 雨天決行
【場所】サッポロファクトリー煙突広場  札幌市中央区北2 条東3丁目
【主催】やおよろず実行委員会(虔十の会とその仲間たち)
【出演】★ジンタらムータ
大熊ワタル(cl)・桜井芳樹(g)・阿部万里江(acc)・渡辺明子(tp)・JIGEN
(b)・こぐれみわぞう(チンドン太鼓、フロアタム)
★ RabiRabi×Pico
★ アシリ・レラ(アイヌ風の家)
その他アーティスト交渉中 
【その他】トークやワークショップ(風鈴作り、苔玉作り、ヨガ他)なども開催
【参加費】無料
【問い合わせ先】kenju_sakata@yahoo.co.jp

■虔十といっしょに札幌入りしたい方へ(スタッフ協力よろしく!)■

@ 車で3日夜22時に東京出発、フェリーで4日に札幌入りし、帰りは7日中に
東京着。(車はキャラバン)
 ●あと2名乗れます。交通費は、往復約2万円。

A車で3日夜22時に東京出発、フェリーで4日に札幌入りし、帰りは9日中に東京
着。(車はハイエース)
  ●あと1名乗れます。交通費は、往復約2万円。

B車で4日夜に東京出発、フェリーで5日昼までに札幌入り。帰りは6日夜札幌出
発、7日に東京着。
 ●人数によって金額が変わりますが、2万円〜2万5千円。

B 5日早朝に、羽田発、10時頃に函館着。先ノリ組みの車で札幌まで送迎。
帰りは、6日の夜に函館発、東京着。
 ●あと1枚だけチケットがあります。3万円〜4万円。


★ 宿泊について
札幌市のキャンプ場開放が絶望的なのであてにしない。
アシリ・レラさんのご好意で、札幌市内、地下鉄菊水駅前の、山道アイヌ語学校「風
の家」の展示室に宿泊15名可能。(謝礼として一泊1000円)
希望者は、二風谷の「風の家」に宿泊。札幌まで車で約2時間。
これを機会に二風谷に行ってみたい♪

★7月5日は、札幌市内の大通り公園で行われるパレードに参加します。
ジンタらムータが演奏しながら歩きます♪

札幌にいっしょに行きたい方は、
6月22日までに、坂田までご連絡ください。

坂田昌子 kenju_sakata@yahoo.co.jp
ケイタイ 090−5308−2197
(出れないことが多いので留守電に入れてください。折り返し電話します)


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■エコアクション虔十の会(けんじゅうのかい)
 ■代表 坂田 昌子
 □E-mail:kenju-no-kai@nifty.com
 □Homepage:http://www3.to/kenju
 □Blog:http://kenju-no-kai.cocolog-nifty.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


posted by momotomo at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

河野太郎さんの選挙用動画:「再処理への疑問」がアップされました


以下は、原子力資料情報室の澤井さんから、
MLへ投稿されていたものです。

河野太郎さんの選挙用動画:「再処理への疑問」

皆さま 澤井@CNICです。

ザ・選挙:JANJAN 全国政治家データベース

:河野太郎さんの選挙用動画:「再処理への疑問」がアップされました。

大変分かりやすいお話です。(約10分)

http://www.senkyo.janjan.jp/movie/0000/00000385.html

******************************************************
posted by momotomo at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハルさんより:ネット上のエコ関連活動3件のご紹介

みなさん、おはようございます。

ももともネットMLへ、TEAMGOGOの号外配りや六ヶ所村ラプソディーの上映会、日比谷野音のライブ、そして、田植え!で出会ったハルさんから、たのしそうなエコイベントのお知らせが届きました。

ブログでもご紹介します♪

ハルさんが、めちゃくちゃ応援している3つかー。
こうやって紹介されると、興味がわくね!

楽しみ〜。

_____________________________

ネット上のエコ関連活動3件のご紹介です。

僕が個人的にめちゃくちゃ応援している3つです。
是非、ご覧下さい。

■■1.行くぞ洞爺湖ママチャリサバイバル

TEAMGOGOで号外を配布していた大学生7人が洞爺湖サミットにあわせ国会議事堂前から洞爺湖まで自転車で爆走中!
行く先々で、号外を配り、マイ箸をアピールし、環境問題を考えようと呼びかけているぞ!
今、彼らがどの辺にいるか、GPSでわかるようになっていておもしろい。
ブログへのコメントが彼らの何よりのエネルギー! 求む! 書き込み。

URL: http://greenz.jp/mamachari_toyako/

■■2.環境問題への気づきを与える映画KIZUKI

環境問題への気づきを与える、環境問題に取り組む人たちがこの映画を築いていく、環境問題を題材にしたエンターテイメント映画「KIZUKI」。
ただいま、この映画に賛同し一緒に広めていく賛同者を募集中。賛同金2000円で、映画を広めないか?

洞爺湖近くの街「伊達市」で6月29日初上映。舞台挨拶には上記のママチャリ大学生も自転車で駆けつけ登場するらしいぞ。
すばらしい繋がりだ!

URL: http://www.eigakizuki.com/

■■3.レジ袋を断って沖縄に行こう

こちらは、北海道から沖縄に行く自動車のお話しだ。
レジ袋一枚に使われている石油は、自動車を400メートル動かす量なのだそうだ。
今回のイベントはレジ袋一枚削減すると、400メートル自動車が動くというルールで、1万枚削減で車を北海道から沖縄まで走らせようと言うもの。
なんだかレジ袋を断るのが楽しくなっちゃうイベント。
みんなで車を沖縄に進めようぜ!
イベント期間は7月10日まで。期間内にゴールを目指そう!

なお、この車はバーチャルの車。
ネットの世界でこれまたネット上の日本地図の上を走ります!

URL: http://earthring.mobi

※レジ袋削減報告は携帯からのみ受付。
PCと携帯で表示される画面が違います。

_______________________________



※なお、ブログのほうへ個別にアップしていけない思いの交換もあります。
どうぞ、メールアドレスをお持ちの方、ももんがともだちネットのメーリングリストにお入りください♪

(「ML入るよ。」と書いて、簡単な自己紹介・メルアドを、井上(まぼ)宛 ecomomo8@m9.dion.ne.jp に送ってください!)

posted by momotomo at 08:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「奇跡の母子犬、ひまわり」のお話、ぜひ観てくださいね!

みなさま

ももんがともだちネットMLのほうへ、
ももちゃんから「奇跡の母子犬、ひまわり」についてのおたより&ご案内をいただきました!

そちらへの小出裕章さんからの声が届いて♪、ももちゃんからのもう一声。
うれしくなっちゃうな〜犬

あわせてお届けします。

ももちゃんより→ ももともMLへ

途中略 〜
 話している時に出てきた
 
 「奇跡の母子犬、ひまわり」

悲しくもあるけど、いいお話しだよね〜(*^^*)

いいお話しなのに、皆さんにも紹介しないのはもったいないということでご紹介させていただくことにしました。

奇跡の母子犬Flashムービー

http://www.animalpolice.net/jititai/himawari/index.html

本も出版されてます。
「奇跡の母子犬」

PHP出版
ISBN978-4-569-68776-6

動物の収容施設に捕獲された母犬は必死で子犬を守ります。
職員の思いとは……。
命の尊さ、絆、人との関わり――感動のノンフィクション。

http://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/200805120000/
(著者のブログ)

印税は、「みやざき動物のいのちを守る会」と
「ノイジー基金」に寄付するそうです。

あと、ザ!世界仰天ニュースで
8月13か20日にテレビ放送される予定ということです。
お見逃しなく!


****************************
小出さんの感想がメールの中に。という形で届きましたので、
即効、ご案内という形で報告しました。
発信者は反応があるとうれしいものなんですよね!



ももんが まぼ → ももともML


To ももちゃん、みなさん。

森のマーケットに来てくださり、ありがとうございました!
(トッチとKさんとQさんもありがとうございました〜)

そして、MLにお話していた、ひまわりの映像などを、
紹介してくれて、ありがとう。
そうそう、この映像でした!

色々なところで載せてもらえることによって、
幸せをつかめる子が増えますように。

みなさんのブログやミクシなどで、どうぞ、こちらの映像を観て、記事を書いてください〜。
お願いします。ぺこり。

また、今朝、小出裕章さんから、メールをいただいちゃいました。
(以下、OKもらってます)
______________________________

小出さん → ももちゃん

 ももちゃんが載せてくれていた「奇跡の母子犬、ひまわり」はよかった。
 毎日処分されていくたくさんの命から見ればほんの一例にしか過ぎないけれど、
でも一例でも真実を知ることは大切だ。
 多くの人に見て欲しいな。
 本当に人間って愚かな生き物だ。

______________________________________________________

ももです。こんばんは(^^)

小出さん、ひまわりちゃんのお話しをもう見てくださったんですね♪
ありがとうございます!!

ほかの皆さんもぜひご覧になってくださいね。
ハッピーエンドですから安心してご覧ください。


まぼさんのブログに書かれてるDAYS JAPAN 6月号って、
この前、見せてもらったのだよね(?)

前に他で同じの見た気がするって言ったドリームボックスの写真も
大石さん撮影の写真でした。

私が見たのは、ZAITEN(’07、12)って雑誌です。
http://www.zaiten.co.jp/zaiten/200712.shtml

古いからもう本屋さんにないかもしれないですが、
機会があったら皆さんも見てみてくださいね。
トップで特集されてます(^0^

危ないペットフード事情の記事もあるので、
動物と暮らしている方におすすめです。

ちなみに、原発の記事も載ってました。
こっちは、う〜ん。。。て感じでしたが。。。

(ドリームボックス
動物を入れて、炭酸ガスで殺処分するためのボックスです。)

****************************

いろいろな思いや案内が届き出して、
にっこりしながら、MLを読んでいます。

上記にあるとおり、「奇跡の母子犬、ひまわり」のお話、
私は、職場の昼休み、犬のブログをうろうろみてて、
たまたまクリックして映像をみました。
悲しかったら・・・と思いながら、観はじめましたが、
じーんとしてこぼれ出た涙。
正面に座っていた同僚には、どうしたの?と驚かれましたが、
すぐに他の同僚たちみんなにも、
「この映像は絶対観て!怖くないし、悲しくないから。」ってお誘いできました。

なので、色々な方のHPやブログ、ミクシに、さりげなくご紹介していただけると、
犬や猫たちがどのようにして保健所で過ごしているのか?を知ってもらうきっかけになると思います。
多くの方の目に触れることになり、すこし早くこのような連鎖から抜け出せるのかな。と思っています。

ちなみに、ひまわりちゃんが人間をまた信じるよ。と決めてくれて甘えている姿が目に焼きついています。

ぽぽみの場合は、赤ちゃんは取り上げられてしまったのかな?
おっぱいはパンパンだったけど、1匹だけで保健所(愛護センター)にいれられてしまいました。
でも、職員さんのはからいとがんばりで、ボランティアさんにつないでいただけて、我が家にやってきて、今はももんがの店長さんとしてがんばっています。

本当は、施設から生還できる犬や猫はとても少ないです。
けれど、ひまわりちゃんの映像や ぽぽみ、そして、イヌダスさんのお家にやってくる子達の笑顔やかわいいしぐさを見て、
抱きしめてその暖かさや感情に触れたら、、、。
元気に走り回ったり、おどけたり、なぐさめてくれたりする姿を見ると、その命の尊さが人間とまるっきり同じだし、
人間だけが特別。とか、ほかの生き物をコントロールしていい。なんて、これっぽっちも思えなくなります。

でも、あまりに当たり前と思っているぽぽみとの暮らしだって、
そのひとつひとつが奇跡なんだな・・・とあらためて思いました。

ひどいことをされてもなお、人間が大好きだよ。信じるよ。と言ってくれてペットといわれている犬や猫たち。

彼女たちの環境が少しでもよくなって、
行政のお金を「殺す」ために使うんじゃなくて、
「命をいつくしんで育てる」ために使うよう、動こうと思います。

この映像を観て、まだまだできることがいっぱいあるね。と初心をまた思い出しました。

どうぞ、「奇跡の母子犬、ひまわり」のご紹介、
そして、書籍の購入、テレビを観て感想を届ける等、ご協力お願いします。

そして、ひまわりちゃんの場合は、劣悪なペットショップ や 悪徳ブリーダーによる持込みではないようですが、
首都圏や大都市近郊では、そういう「お金儲けのために」繁殖して(命を作り出して)は、平気で殺す処分が行われています。
(税金です。しかも、ボタンを押したりする職員のひとの心を傷つけてまで行う「処分」でしょうか。)

そちらもあわせて、自分がこのお店で子犬や子猫を買うお金はどのように流れるのかな?売れ残った子達はどうなるのか?

ただただ、「考えること」をやめないでいただけたらと思います。

(何もできない。ごめんね。とよくいわれるのですが、私は、「考えてくれる」だけでうれしいんです。
 考えたら次の「消費」という一歩は、ゆるやかに変わると思うので・・・)

こんな風な事件に出会うたびに、「動物たちを苦しめてしまうんだよ。欲のためにいのちを踏みにじるのは、いつも人間だ。」

と思って悲しんだり、怒ってしまう自分もいます。

けれど、ひまわりちゃんと暮らすことを選んでくれ、自分のほうこそ支えられている。といってくれた職員さんのような方がいます。

そして、それを映像にし、本にし、みんなに知らせてくださった著者の方、
どんどんまわりにお勧めしてくれる人々のつながり。
実際に各地で、捨てられた犬や猫を保護し、愛してくれるなかまたち。

それを思うと、やっぱりひとも優しいし、あったかいなーと思います。

ひまわりちゃん、ありがとう!

ぽぽみ、ありがとう!

これからも、ももんがのお店と活動は、
ぽぽみたちをはじめとする動物たちが「それ、いいね!」と言ってくれるか?を判断基準にして進めていきます。

いつもこんな風にぜーぜー熱く思いをつづってしまうのを読ませてしまっていますが、、、。

読んでくださるみなさんにありがとう!を伝えたいです。


                      ももんが まぼ


 


posted by momotomo at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月5日(土)、『NO NUKES MORE HEARTS LIVE&DEMO』—STOP SAISHORI☆JOIN HANDS!— 日比谷野外小音楽堂

みなさん、おはようございます。
ももんがの井上です。

あちこちぱたぱた動いていて、こちらのライブ&トークのご案内遅れました。ごめんなさい犬

以下の開催のお知らせを読みますと、
今の六ヶ所再処理工場をめぐる状況もよくわかります。

また、坂本龍一さんからのメッセージも載っています。

ぜひ、個人のブログやミクシ、メール転送で、
思いを届ける協力をお願いします〜。

たくさんの方に集まってもらいたいので、入場無料での開催です。
けれど、機材や場所代、チラシ代等の費用がかなりかかります。
いま、そちらの賛同や協賛などもがんばって集めているとのこと。

個人は1000円、団体は3000円、協賛(お店など)10000円
とのことです。

翌日6日にも、上野公園でまーちゃんバンドの皆さんたちの作り上げる、「風人のまつり」もありますね。

いずれも晴れて、イベントを心から楽しめる日となりますように!晴れ

____________________________________________________________


開催のお知らせ                                        2008年5月吉日


 7月5日(土)、日比谷野外小音楽堂で、『NO NUKES MORE HEARTS LIVE&DEMO』—STOP SAISHORI☆JOIN HANDS!—と題して、青森県六ヶ所村核燃料再処理工場の本格稼働に反対の意を表すイベントを開催することになりました。

ライブやトークなどで構成されるこのイベントは、昨年11月、今年1月に開催されたイベント同様、長年活動されてきた方々と新しく参加し始めた層のエネルギーの融合により新たなうねりを生みだし、若い人や今まで参加しづらかった多くの方々にも集まっていただきやすい雰囲気となることと思います。

 5月12日に発生した中国・四川大地震では、核施設が倒壊し32個の放射性物質が廃墟の中に埋まり、そのうち15個が未だに回収されず、放射能漏れや核拡散も懸念されています。そんな最中、25日には六ヶ所再処理工場の敷地の直下に、マグニチュード(M)8クラスの大地震を引き起こす地下活断層があるとの調査結果が先日報道されました。
アクティブ試験では、第4ステップのガラス固化体製造試験に失敗。ガラス溶融炉の温度を一定に保てず固化体の製造が順調にできないような状況です。このまま無理矢理本格稼働させないためにも、世代や地域や団体を越え、手を取り合って高まっている世論を表す場が、今、必要ではないでしょうか。

 再処理工場の問題は、全ての核問題とつながっています。昨年7月に新潟中越沖地震で被害を受けた柏崎刈羽原発はじめ現在運転、予定されている全ての原発、再開されようとしている高速増殖炉もんじゅ、高速道路を走ったプルトニウム輸送、原子力空母、劣化ウラン弾etc、ここには書き切れない程です。
「反核は究極のエコ」を掲げ、最大級の環境問題である核問題に反対の声を上げる全ての人々と協力しあえる場でもありたいと願っています。たくさんの方々のご参加をお待ちしています!

_________________________________________
先日のミャンマーを襲ったサイクロンや、中国四川省を襲った地震で、自然の巨大な力に改めて畏怖を感じる今日この頃です。自然のもう一つの巨大な力、核をコントロールできると一部の人間は
思っているようですが、いつから人間はそれほど自惚れるようになってしまったのでしょうか?人間はそんな完全な存在ではありません。あんな大災害が、この地震列島の日本を襲ったらと、誰もが想像して身震いしたと思います。改めて、人類は核とは共存できないと思わざるをえません。

                                             坂本龍一 (音楽家)
_________________________________________

*****************************************************************************

日時:2008年7月5日(土)/
入場料:無料/
会場:日比谷野外小音楽堂 http://hibiya-kokaido.com/

開場:13時〜/開演:13時30分〜

デモ・パレード:15時50分〜(当日イベントにいらっしゃることができない方でも、デモ・パレードに間に合うようでしたらぜひご参加下さい。服装自由、仮装OKです!
大人数の場合には事前に下記問い合わせe-mailまでお知らせ下さいますようお願いいたします。

デモ集合場所:

イベント途中なら小音楽堂へ/
デモ出発ギリギリの場合は大音楽堂横の西幸門へ)

ゲスト:

◆ライブト:佐藤タイジ / 中西俊夫 / 望月唯/他 
◆トーク:マエキタミヤコ / 廣瀬裕子 / 他

主催:再処理とめたい!首都圏市民のつどい /

企画運営:NO NUKES MORE HEARTS_7.5LIVE&DEMOユニット /
連絡先:03−3357−3800(原子力資料情報室 担当:伴)
HP : http://nonukesmorehearts.org/

<お問い合わせはe-mailにて>

一般:info@nonukesmorehearts.org 
賛同・協賛:sando@nonukesmorehearts.org
posted by momotomo at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

トークイベント・PARCafe(パルカフェ)6/27(金)鎌仲ひとみさん:「どうなっているの? 六ヶ所村の現在を語ろう」

みなさん、こんにちは。

PARC自由学校から、お知らせが回ってきました。

ももんがのお客さんたちと一緒に作り上げた、
地球のなかま映画祭!
去年の5月に上映会と鎌仲ひとみさんに講演をお願いしてから、
もう1年経ちました・・・。

鎌仲さんのお話の続き、聞きたいなーという仲間も、
多いと思います。

とてもフランクにお話が聞ける空間になりそうですね。
どうぞ、お出かけ下さい。

(お誘いを書きながら、私は、菊千代さんの落語の予定が入ってます。ちょっと場所が見つけにくいけれど、一人でも気軽に参加できます!太鼓判。どうぞ、ふるってご参加ください)


-------------------------------------------------------

2008年より、誰でも自由に参加できる「PARCafe」クラスを開講
することになりました。
毎月最終金曜日に、時期折々のゲストトークを開催します。

第1回目は、鎌仲ひとみさんに、六ヶ所村の現在、そして私たちの暮らしとのエネルギーのかかわりについてお話いただきます。

ぜひ、お誘いあわせの上お越しください!

*******************************
【転送歓迎】

6月より毎月最終金曜日スタート!
トークイベント・PARCafe(パルカフェ)

世の中の気になるニュース、話題の事象や事件について「これっておかしい?」と感じることはありませんか? 
PARCafeは、すべての人に開かれた議論とコミュニケーションの空間です。
ゲストとともにその時々のホットな話題を思いっきり自由に語ります。第一回目は、『ヒバクシャー世界の終わりに』『六ヶ所村ラプ
ソディー』等のドキュメンタリー作品を手がけた鎌仲ひとみさんに、六ヶ所村の現在、そして私たちの暮らしとのエネルギーのかかわりについてお話いただきます。
今ほど、エネルギーが問われている時代はありません。
ぜひご参加ください!

●第1回目日程:6月27日(金)19:00〜21:00
●テーマ:「どうなっているの? 六ヶ所村の現在を語ろう」
●トーク:鎌仲ひとみさん(東京工科大学メディア学部助教授/映像作家)
●会場:PARC自由学校
 http://www.parc-jp.org/guidance/guidance_04.html
●参加費:PARC会員・2008年度自由学校受講生 500円
    その他の方・800円

●鎌仲ひとみさんからのメッセージ

日本の民主主義はまだまだ途上にあると思います。特に「議論」が成熟していない。
「議論」や「コミュニケーション」を実践する場としてパルカフェをぜひ活用していただきたいと思います。
異論を認める作法、自分の思考を伝えるスキルをみんなで磨きましょう。
メディアの伝え方を分析し、その背後に隠されているものを知ることでより、この世界を理解する助けになればと期待しています。

主著:『ヒバクシャ―ドキュメンタリー映画の現場から 影書房 2006/『内部被曝の脅威 原爆から劣化ウラン弾まで』(共著)筑摩書房 2005/『ドキュメンタリーの力』(共著)子どもの未来社 2005


***********************************
Pacific Asia Resource Center(PARC)
KOIKE NATSUMI
3fl.Toyo Bldg. 1-7-11 Kanda awaji-cho Chiyoda-ku Tokyo JAPAN
Tel:03-5209-3455 Fax:03-5209-3453 E-mail: office@parc-jp.org
HP http://www.parc-jp.org/
***********************************

posted by momotomo at 18:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。