2008年04月24日

FUNKIST 4/29(祝・火)ワンマンライブ に行こう!

080404_緑をふやすキット.JPG


みなさんへ

去年、てんつくマンたちのお祭(イベント)に遊びに行くようになって、素敵な人と、ほんとうにいっぱい会いました。
誘ってくれたMちゃん、ありがとー。

というわけで、私もみんなに「一緒にいこうよー」と誘ってます。

FUNKISTという熱いかっこいいバンドの皆さんもその一組。
彼らの大きなライブがもうじき、4/29(火・祝)に渋谷で行なわれます!
ずいぶんとフライング気味で、ぜーぜーしながら、
ももんがのメーリングリストのほうへは、
みなさん、一緒に行こうよーって、お誘いをしていたのですが、
ブログには書きそびれていました・・・。しまった!

FUNKIST ワンマンLIVE

CLIMB AXツアー’07〜’08 FINAL −CLIMAX

2008.4.29(火.祝)

会場: SHIBUYA−AX
http://www.shibuya-ax.com/

OPEN 17:00
START 18:00

Adv(前売り) ¥3,000/ Door(当日) ¥3,500

・JR山手線原宿駅 徒歩5分
・JR山手線/営団地下鉄半蔵門線・銀座線、東急線、京王線渋谷駅 徒歩8分


地図は、直接HPを見て下さい。
※代々木第二体育館の近く。
代々木公園のNHK放送センターのところから、
線路のほうに戻る感じ。

※ももんがの仲間のの待ち合わせ場所
16:30 JR山手線原宿駅 ※事前に井上までメールください。
あとは、現地で会いましょう!
〒150-0041 東京都渋谷区神南2-1-1
TEL:03-5738-2020 (10:00〜22:00)

3/8各種プレイガイド発売開始
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:280-041)
ローソンチケット0570-084-003 (Lコード:39194)
イープラス http://eplus.jp

以下、2月に書いたものを元に書きました。
(MLの仲間の皆さん、内容がちょっとかぶります)

去年の12/23.24 と、ほんとうに素敵なイベントに参加することができました。

香川県で行なわれた、てんつくマンたち主催の、
キャンドルナイト&クリスマスイブのイベント。
「元気の種」さんに、MちゃんとNちゃんと行ってきました。

そのイベントは、ご案内の段階から、すごくおもしろくって、
てんつく通信には、「感動の涙をぬぐうため、バスタオルを持参して!」なんて書いてありました。
読むたびに笑いがこみあげてきちゃうんですが、
私は、素直にバスタオルを持っていきました。わーい(嬉しい顔)

秋田犬のイラストのバスタオル(roba3さんのプレゼント)です。

もう大正解!

そこで、FUNKIST http://funkist.info/index.php 
の大・大ファンになりました。

魂の歌を聴き、じーんとして泣いてました。

(昨年、11/18に、日比谷野外音楽堂で行なわれた、
STOP!六ヶ所 の為のイベント。
このライブで、一番最後に演奏されていた、
かっこよくて陽気なグループです、覚えてる方もおおいかな?)

元気の種でのライブが終わって、CDやDVDにサインをもらいました。
その時に、ぽぽみの写真入りの名刺を渡したのですが、
ヴォーカルの染谷西郷さん(かっこいいぴかぴか(新しい))が、おっ、駒込じゃん。って。

 彼らのフィールドが、ももんが(駒込)のお隣の町「王子(おうじ)」!であることが分かりました。
(ぽぽみと歩いてお散歩にいった一番最北端にあたります)

それに、駒込のライブハウスにもよく来ているとのこと。
お〜、寄ってくださいよ!

西郷さんのお母さんは、南アフリカの方です。
お父さん(日本人)と大恋愛だったのですが、
当時、有色人種との結婚が認められず、
モザンビークに逃げて、そこで産まれたそうです。
彼は、若い頃(今ももちろん若いけど)病気になってしまい、
どう生きていくか?を考えながらも、
実際に、動けなくなってしまったときがあって、そのときに、
もうひとつの故郷、南アフリカのおばあちゃん家に行ったそうです。

そこで、彼に歌の楽しさ、生きることのすばらしさを教えてくれた女性と会い、
スラムで貧困に苦しむ子供達、エイズでどんどんなくなっていく人々に出会いました。

彼は自分に何ができるだろう?と考え、
思いを歌にして、人前でも歌うようになったそうです。

(このあたりは、ライブでのお話やDVDやブログに詳しくあります。ぜひ、読んで観てください〜。一番いいのは、生の声だね)

彼のまわりには、とても魅力的な仲間が集い、
本当に家族のような楽しそうなバンドです。

その上、日本国中から集まってくるファンの方々も、すっごく仲がいい!

それは、彼らの歌声やハーモニーは、本当に「心」があるし、
ジーーーンとする上、元気がわいてくるからだなあ。とすぐに思います。

なので、ももんがともだちネットの皆さんにも、
とってもお勧めなのです。

そんな、彼らが、4/29(祝)に、
1500人規模の大きな会場で、ワンマンライブをすることになったそうです。

http://climbtour.funkist.info/


なんだか、もう(勝手に)目頭が熱いです。
          ←おばあちゃんみたい?犬

素敵なライブになると思います。
なので、ももんがでも、両手をあげて、応援したいと思っています。

3/9には、東京の高円寺で、てんつくマンとFUNKISTが、
内モンゴルで行なう植林のためのライブをしました。

そちらでもじーーんとして泣いたり、笑顔こぼれて、
笑って肩を組んだりして・・・。

(ちなみに、井上は大きな音が苦手でして、
なるべく避けて、ライブとは縁遠い人生を送ってきたのですが、
FUNKISTや高尾山で歌を歌ってくれるミュージシャンの方々の場合は、「うれしくなっちゃう!」ことがわかりました。)

会場で、4/29(祝)のワンマンライブのチケット(3000円)やCD(2000円) なども10枚ずつ買ってきました。

どうぞ、一緒にいくよ。という方、声をかけてくださいね。

現在、まぼ・Mさん・トッチ・あべちゃん、Rさんの5人が行きます。
あと5枚だよ〜。

※画像:みどりを増やすキット 

このキットを、FUNKIST&てんつくマンの植林ライブの日に10個買って帰ってきました。

なかには、すかしゆりの球根が入ってます。

何色のお花が咲くかな?

ライブの後、ももんがのお店の日に、お客さんにひとりずつ託してゆきました。

てんつくマンたちは、毎年、内モンゴルの植林に行っていますが、
今年は4/14〜20にそのツアーがありました。
私は、予定がつかず、行けない・・・と悲しみながら、寄付(木さんコース)を考えていたところ、
お土産のコーナーで、このかわいいイラストのついたポットを発見したのです。
この10箱の売上から、なんと、110本の苗木が買えて、
それをツアーに参加するみんなが植えてくれて、
中国の内モンゴル地区のこどもたちが育ててくれるんですって!

それに加えて、ももんがの仲間のおうちでも育ってゆきます〜。
(大島や大阪に旅立っていった球根くんもいます)

緑を増やすことで、笑顔も増える。
だれでもできることで、地球のこと、
立ち止まって、思いをはせる機会を(笑顔で)作ってくれるてんつくマン。

ほんとうに素敵なキットを用意してくれたことに、感謝しています。

花が咲いたらこちらで報告しますね!


                   ももんが まぼ










posted by momotomo at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ももんがアースデイ【お昼・第1部】ネパールカレーパーティのレポート

みなさん、こんにちは。

ももんがの井上です。

しっかり書こうとしてしまい、
レポートがどんどん遅れちゃうので、、、簡単なレポートで失礼します。

Pさんからいただいたお写真をアップします。

Pさんに「おいしいもの」を撮影していただくと、
食べ物たち がぐっと美味しく見えますね〜〜。

お野菜などの食べ物たちへの愛情がたっぷりあるからなのだと思ってます。
(たまねぎをじっくりゆっくり微笑みながら炒めている姿が、
焼きついていますわーい(嬉しい顔)


香菜がちょっと多めの、おいしい野菜のモモ完成です!

皮をこねこねまるまるとしてくれたのは、リーダーのトッチ。
私たちは、2斑に分かれて、にこにこ(にやにや)しながら、
小さく丸めて、伸ばして、包んで・・という作業です。
包むのは、今年1月にラダック料理のとき、
スカルマさんが教えてくれた方法が役立ちました!

いつもの餃子だと、三日月の形に包みますが、
モモは、まあるく花びらみたいに包むのがいいみたいです。
ちゃんと、ネパリバザーロさんのカタログの写真みたいになってるかな?!

コネコネまるまる.jpg

皮をつくるよ.jpg

キャベツを敷いて、蒸し器(せいろ)で蒸して出来上がり!

(キャベツももちろんいただきます。蒸し野菜大好き)

野菜のモモ.jpg

できた!!

前の日にアースデイの会場で買った、天日干しのおいしいお米!

こちらをレトロな大きな炊飯器で炊きました。

みんなでよそっていただきます。

できあがった、豆腐のキーマカレーは、試作のときの失敗を克服。
お豆腐をしっかり水切りをしたので、いい触感になりました。

たけのこやきのこなどの具もたっぷり。
スパイスの香りもいい感じ!

豆腐のキーマカレー.jpg

みんなでお話しながら、作って食べるのは、
どうして、こんなにおいしいのだろう〜。

会場では、映像を1本観ました。

チベットの子供達が、親元から離れて(もうやだ〜(悲しい顔))、
てくてく歩き通して、ヒマラヤ山脈を超えるのです。
中国を脱出して(ハラハラしました)、
ネパールを経由、インドにいるダライラマのもとに亡命していくドキュメンタリーでした。
(こちらも前日にアースデイでGET!
以前、アムネスティさん主催の上映会で観て、ほしかったのです)

映像を観ながら、フェアトレードの取り組みや、
日本にいると実感しずらくなってしまう、人権のことなどを、
いろいろ考えました。

お片づけなどもあり、ゆっくり感想をわかちあう時間がとれなかったのだけが、すこし残念でした。
(ラダックの調理実習のときは、最後にダンスまでしたんだ〜)

今回、急に持ちかけて、ネパールカレーパーティーのリーダーを頼んでしまった料理人のトッチさん
(本当はマクロビごはんか日本料理だよね)、
いろいろな予定を調整して参加してくださった皆さん(5人)、
ありがとうございました♪

                   ももんが まぼ

撮影の様子 .jpg

店員、けっこう真剣に撮影しています!




posted by momotomo at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ももんがより:高尾山1000人ハイクお誘い(再)

みなさま

こんにちは。

ももんがの井上です。

現在、井上は、職場にて、「GWも出勤してでも、
レポートや決算などを仕上げる。」というミッションがあり、
あわてて連日、残業の日々を迎えています(泣)。

GWは、楽しいイベント参加&衣替えなどの自分のこと(がっくり)も詰まってますから、会社に「仕事」しにくるような時間など1分もないのです!

ももんがアースデイのこってり報告、
高尾山の声を伝える、1000人ハイクのお誘い、
谷中6ラプ上映会のお知らせ、
秋田犬6匹(ブリーダー崩壊)の一時預りさんの募集、
4/29(祝)FUNKISTワンマンライブのお誘い♪などなど、
ご案内したいことがいっぱいなのですが、、、。

皆さんも、GW前の時期、
あれこれと楽しい予定やのんびりプランなどを立てて、
ちょっぴりあわあわとして、過ごしていらっしゃるでしょうか。

ひとつ前にご案内した、奈々子さんのレポート、
その場にいる気分に浸れちゃう、
素敵なしっかりレポート&お知らせ を書いてくださり感謝してます。
ありがとうございました!

谷中のお寺での6ラプ上映会は、マスコミの方への働きかけもとても上手ですねぇ。
ほかの新聞などにも、載るそうです。
上野経済新聞の記事を、教えてくださって早速読ませていただきました。
瀬戸さんの語りがそのまま載っています。
取り組みに手を重ねている仲間がほんとうにいっぱいいることに、勇気をもつと思います。

ももんがの仲間にもファンの多い、パリットフワットさん(おいしいパン屋さん)もお仲間として、名前を連ねていますよ☆

近所の根津神社は、つつじまつりで、満開でたくさんのひとでがありますよね。


奈々ちゃんや晋平さんが高尾山の声を届けるTシャツを笑顔で着てくれる。
すると、谷中に集う方たちも、「なんだなんだ?」って思ってくれる方も増えそう〜。
結構、Tシャツって読んじゃいますよね。
じーーーっとイラストや文字を読んだり、
「ねえねえ、トンネル掘ってるってほんと?」って自主的に聞いてくれる人もいるか
も?!

「六ヶ所に行こう!」だと、遠い・・・としり込みする人も、
高尾だったら、近いから、翌週行ってみようかな。って思う人が多そうです。

素敵な笑顔と着こなしで、いろいろな場に出没する作戦は、いいですね!

いろいろな問題って、自分から話しだすのは迷惑かなーと思うと、言い出しずらいこ
ともありますよね。
だから、どこでも着ていって、話しかけてくれたらラッキー☆という風に使ってもい
いですよね。

1000円の参加費。
こちらで、Tシャツはいただけます。

※どんなTシャツか?の説明の為、画像を2枚(フライングで)付けました。
坂田さんとお仲間、虔十の会の皆さんが着ています。
ももんがアースデイ(夜の部):撮影:奈々子さん

4/27(日) の1000人ハイクに都合がつかず、参加できないかたも、
「高尾山の声を伝えるよー」って気持ちの方、一緒に着ましょう。
どうぞお求め下さい。

どこからどうつながるか分かりません!
口伝えに、和居和居デッキが、もっともっと人気スポットになって、
高尾の問題をよりすその広く、伝えていくきっかけになるかもしれません。
うれしい!

高尾山のことを伝える、
高尾山でも、6ラプの話しをする。

たとえ、高尾山にいけなくても、谷中の映画祭にいけなくても、
自分のいるところで、自分のできることをして、
いのちを大切にしていきたい。と改めて思いました。

おなじ根っこの問題だって気づいたら、うごきは早い!
ほんとうにオセロのように、くるって行くと思います。

なお、4/27に今の時点で4.5人参加する仲間がいそうです。
もし、こちらのMLを見てて、ひとり参加なので不安。
とおっしゃる方もいるかもなので、
ももんがチーム(即席) を 結成します。

佐野さん情報では、ちょうど今時分が、
山桜、見ごろを迎えてるそうです!

集合: 午前 8:40 集合
京王線新宿駅 先頭から2両目の車両。

京王線 準特急 高尾山口行き
(行き先の名称が違くても、とにかく50分発の準特急です!)

08:50出発 ⇒ 09:43到着

※この時間が受付ぎりぎりなので、
こちらに乗って先に行かせていただきます。

※当日は、受付まで一緒に。というものです。
あとは、個人のペースで、もっともっとのんびり派、ごろりと寝転ぶ派、
がんがん縦走派と、好きな形で過ごしてください。
私はびわ滝コースを、雪子さんのさんぽの本を参考に登ってみたいなーと思います
が、
参加されるみなさんと相談して、のんびりいくつもりです。

                              ももんが 井上

□■□■□■□■□ 以下、転送歓迎 ■□■□■□■□■

4月27日(日)
高尾山1000人ハイク!みんなが高尾山のメッセンジャー

小さな命がたくさんにぎわう高尾山の春。
その命のみなもとは、高尾山をめぐる豊富な地下水です。
いま、高尾山のおなかに大きな穴が開けられようとしています。
圏央道高尾山トンネル工事…
山を削り、木々を伐り、水が失われようとしていても
高尾山は身動きできません、声をあげることもできません。

「高尾山にトンネルを掘らないで」Tシャツを着て、ゴールデンウィークに訪れるた
くさんの登山客にアピールを!!
高尾山のSOS!の声をみんなが伝えて!!
この日ばかりは、みんなが高尾山の申し子。
小天狗たち、ワラワラ集まれ〜
大勢でやらなきゃ目立たない、みんな誘い合って参加してください!

■受付     9:00〜10:00 高尾山口駅前

■参加費   1000円(Tシャツ&日影沢キャンプ場でのイベント参加込み)

■タイムスケジュール
9:00〜10:00  受付終了後START!
高尾山のどこを歩いてもOK!
山頂を目指すのもよし、ケーブルに乗るのもよし、どこかで楽器で遊んでいてもよ
し。
とにかく、「トンネル掘らないで」Tシャツを着て、一日高尾山にいてください。
そしてたくさんの人に見てもらってください。
15:00  時間がある方は、日影沢キャンプ場に集合!
       ※おいしい炊き出しあり♪
15:30〜16:15  トークセッション
       石川仁さん(カムナ葦船プロジェクト)
       マエキタミヤコさん(100万人のキャンドルナイト世話人)
       坂田昌子(ケン十の会代表)
16:20から17:20  LIVE(詳細決まり次第発表)

■申し込み方法
メールかファックスで受付ます。当日清算ですが、Tシャツの用意のために予約受付
をしてください。
氏名・住所・電話番号・参加人数・TシャツのサイズS/M/Lのいずれかをお知ら
せください。
メール:kenju_watanabe@yahoo.co.jp

ファックス 042−689−6950

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■エコアクション虔十の会(けんじゅうのかい)
 ■代表 坂田 昌子
 □E-mail:kenju-no-kai@nifty.com
 □Homepage:http://www3.to/kenju
 □Blog:http://kenju-no-kai.cocolog-nifty.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

posted by momotomo at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈々子さんから:ももんがアースデイ【夜の部】感想&4/27:「六ヶ所村ラプソディー」上映会@谷中 のお誘い

ももともねっとの皆様、こんにちは。奈々子です。

4月20日に駒込で開催された
ももんがアースディ【夜の部】の余韻を、まだ引きずっています・・・。

坂田さんをはじめ、虔十の会の皆様、雪子さん、佐野さんから
高尾山への想いと現状を、まさに“膝を突き合わせた状態”で
直接伺うという、大変貴重な時間を体験させていただきました。
本当にありがとうございました。

ですが一方で、この国で起こっていることを知れば知るほど・・・
高尾山でのことも、六ヶ所村でのことも
“問題の根っこは同じ” という事がよ〜くわかり
怒りや悲しみを通り過ぎて、ぐったりと脱力してしまいそうな私です。

「シリアスな問題だからこそ、笑いが無くちゃやってられないよぉ〜!」

「黒のオセロがパタパタと白に反転していくような
そんな『機』がきっと近いうちに来る気がするよ!」

と、声を嗄らして話してくださった
坂田さんの力強い笑顔が忘れられません。

4月27日の高尾山1000人ハイクが、『機』への弾みとなることを願っています。

私は、27日は「高尾山にトンネルをほらないで」Tシャツを着て
谷中のお寺で「六ヶ所村ラプソディー」上映会をがんばります!

「六ヶ所村ラプソディー」上映会@谷中のことが
上野経済新聞(インターネット新聞)にとりあげられました!!!
是非とも、ご覧になってみてください(会場の地図も載っています)

http://ueno.keizai.biz/headline/58/


谷中六ヶ所村ラプソディー上映会実行委員会スタッフ
 奈々子



posted by momotomo at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。