2008年04月09日

4/13 (日) :「六ヶ所村再処理工場の危険性を問う!」シンポジウム 


こちらのブログへお越しのみなさんへ

ももんがのまぼ店員(井上)です。

こちらも直前になってしまい、ごめんなさい。

既に、NoNukesMoPeace NEWSのメルマガを購読されていたり、
原子力資料情報室(CNICさん)の会員になられている方、
いろいろなイベントでもチラシが配られていますか?

今週末の日曜日、東京・御茶ノ水にある明治大学の大きな教室で、
下記の講演会&シンポジウムが行なわれます。
(以前、再処理工場をしる会の皆さんが、七夕学習会を実施された会場ですよ!)

こちらの講演で、小出さんはキリリとしたトークをするため大阪から飛んできてくださいます。
そして、寺子屋ゼミでお世話になっている澤井さんの熱いトーク、
そして去年11月、12月とお話をきいて、皆さんにもぜひ聴いて欲しいなーと思っていた、歯科医師の山本若子さんのお話も聴けます!
(おひとりずつはちょっぴり短いお話だそうですが、ゴージャス〜)

どうぞ足をお運び下さい〜。

なお、私は、別の予定があるので早々に早退させていただきますが(涙)、小出さんの応援団ですから、聴けるところまでは、後ろの席で聴きます。
皆さんは、終了後、小出さんとハイタッチをしたり、ハグして?!わーい(嬉しい顔)、応援してきてくださいね!

2008-04-13 (日)

「六ヶ所村再処理工場の危険性を問う!」シンポジウム

http://stop-rokkasho.jp/modules/eguide/event.php?eid=290 より転載です。

開催要項

1.日 時 2008年4月13日(日) 午後1時〜4時

2.場 所 東京・神田駿河台 明治大学リバティータワー(B1 1001)

3.規 模 250人

4.主 催 全国保険医団体連合会 公害環境対策部

5. 後 援 現代史研究会

6.趣 旨
2006年3月31日からアクティブ試験を開始した青森県六ヶ所村の核燃料再処理工場
は、今夏にも本格稼働への移行を予定しています。
六ヶ所再処理工場では、既に330兆ベクレル(2006年度公表)という膨大な放射性物質が
大気と海洋に放出され、深刻な環境汚染や体内被曝が懸念されています。
シンポジウムでは、六ヶ所村再処理工場の本格稼働がもたらす危険性をさまざまな角
度から検証し、問題点を明らかにするとともに、本格稼働の中止を求める世論と運動を
発展させる契機にしたいと考えます。
ぜひご参加下さいますよう宜しくお願い致します。

7.内 容

○講演
・京都大学原子炉実験所 小出裕章氏
・弁護士 海渡雄一氏

○シンポジウム
・原子力資料情報室 澤井正子氏
・日本消費者連盟 富山洋子氏
・青森県保険医協会理事 山本若子氏

8.入場料
・無料

核燃料サイクル問題を考えるページ 
連絡先 青森県保険医協会
http://www.ahk.gr.jp/kakunen/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

他にも、NoNukesMoPeace NEWS '08.4.3 vol.009からのご案内です〜。
(登録をお勧めします)

○2008-04-19 (土) 核分裂過程/第八の戒律 上映会
http://stop-rokkasho.jp/modules/eguide/event.php?eid=301

/2008-04-28 (月) 『六ヶ所村通信no.4完成記念特集上映』鎌仲ひとみ特集
http://stop-rokkasho.jp/modules/eguide/event.php?eid=299

○六ヶ所村の今が伝わる
花とハーブの里日記
六ヶ所村の花とハーブの里から、日々の出来事やちょっとしたおはなしをお届けします。
http://tulip.hanatoherb.jp/

               以上です

※画像は、本日のぽぽみとあきです。
姉が実家に立ち寄った際、昼寝の最中だったそうです。
とろけそうに眠っていますね。
一緒に寝たいな〜。


20080409 本日のむにゃむにゃぽぽ.jpg20080409本日のぐっすりあきちゃん.jpg



posted by momotomo at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ももんが:4月12日(土)文京区・護国寺境内で行われるフリーマーケットに出店します♪

ゆきやなぎ.JPG

みなさん、こんにちは。

ももんがのまぼ店員(井上)です。

ご案内が遅くなりましたが、今週末、12日土曜日、
朝8時から14時過ぎ頃まで、
文京区の護国寺さんの境内で開催されている、
フリーマーケットに出店してくることになりました。

今回もぽぽみ店長はお休みで、まぼ店員ひとり、
スーツケース(特大)1つで、行ってまいります。
気合いれなくちゃ!

●場所:文京区 護国寺 http://www.gokokuji.or.jp/ 境内

※地下鉄有楽町線の護国寺駅の真上
早稲田−上野御徒町間を走る都営バスも通ります。
(ちょうど中ほどに、ももんがのご近所、「上富士前のバス停」がありまして、
私はここから乗ります)

●開催時間:8時00分〜15時00分
このお寺の境内で、
フリーマーケットが毎月第2土曜日に開催されているそうです。
どこかお店から近いところで、フリマやっていないかな〜と調べていて、発見!

いつもは、ぶらぶらお散歩がてら会場の空気を感じるために(くんくん)フリマ会場の下見に行くのですが、
今回は、その余裕もないままの出店となりました。どんなところかしら?

7:30に、「山門のところに集合」とのこと。
は、早い・・・。

私は、家庭から出たリサイクル品(実家やみんなからもらった雑貨や古着、贈答品など)での出店なら「素人」出店、
ももんがの商品での出店ならプロ?

どうしよう〜、雰囲気もわからないし決められないな。と思って、
主催者の方に電話で相談してみました。

今回の会場では、お客さんはどういったものを見つけるくるフリマでしょう?
リピートで出店されてるお店さんはありますか?とたずねてみたら、
リサイクル品や安いものは全然売れないんだよ。
(杉並の会場は、こちらが売れるんだけど・・・)
この会場は、かえって、高い珍しいものほうが売れるよ!
いろいろ持ってきてごらん。とのこと。

びっくり。

貸していただけるスペースは、3メートル×3メートル。
大きいですね。
そして、参加費は、プロでも素人でも、一律3,000円とのこと。
(HPの記載は2,000円だった)

ふむむ。
いつも、バザーなのか、出店(定価)なのか、
ももんがの出店のときは、どれを詰めていくか本当に悩んじゃうのですが、
今回、すくなくとも、せっかく手作りされたフェアトレードの新品の商品を 
「10円!」とかに値切られ押し切られて、悲しくなることはなさそうです。
ほっ。

それでも、人気がでる商品は本当に当日まで分からないので、
会場の雰囲気を見ながら、並べてみたり、
会場のお客さんとの会話を楽しみたいと思います。
大特価コーナーも作ったり、境内で高い空の下、お弁当を食べたり(できるのか?)と、
新しい体験ができそうで、かなり楽しみです。

(お天気もよく、のびのび気持ちのよい場所だったら、何度でも出店したいのですが、、。)

悪天候でないかぎり、私は、朝6:45頃に事務所を出て(これが一番苦しい)、
それからバスにゆられてのんびり行きます。

さすがに早すぎて、お手伝いボランティアさんをお願いするのは気がひけちゃうんで、
今回、一人で持てる範囲の荷物で小さく出店しています。

(机や陳列用の箱などはちょっと運べないので、ビニールシートに座って、商品を並べる感じの、
おままごとっぽい出店になりそう。ももんがらしいかも・・・)

9時過ぎ頃になると、最初のお客様陣(8時から、どどっといらっしゃるそう。ありがたし〜)
が落ち着くらしいです。

皆さん、晴れたら、お友達を誘って遊びにいらしてくださいね!

※画像は、いつもながらご案内と関係がないですが、
満開の雪柳をバックにぽぽみです。
前に前に進みたいので迷惑そうなぽぽみでした。


                       ももんが まぼ
posted by momotomo at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ロッカショ」出版記念トークショーイベントに行ってきました。

みなさん、おはようございます。

ももんがの井上です。

昨晩は、こちらでもご案内していたSTOP ROKKASHO JPさん主催の
『ロッカショ』の出版を記念したイベント@青山 に参加してきました。

案内の詳細などは、こちらをチェック!

http://stop-rokkasho.jp/modules/eguide/event.php?eid=297

短い時間に、豪華なゲストが登場、
ぎゅっと思いがつまった素敵なイベントでした。

私は音楽に疎くって(大きい音がとても苦手)、
そして流行とかマスコミとかをほとんど気にすることなく、
とことこマイペースに生きてきてしまったので、
坂本龍一さんくらいしか知らずにいました。ごめんなさい。

けれど、今回、環境とか地球のことを考え、実際の一歩を、
メディアを上手に使って、思いを込めて「発信」しつづけてくださった方々のおかげで、この問題が勢いをもって動き出してくれていること。

そして、去年、六ヶ所のことを友達やお店のお客さんにお話した時、有名なミュージシャンやアーティストの方もよびかけてるらしい。と添えるだけで、相手のかなり反応もよくなって、
ほんとうに助かっちゃうよ!わーい(嬉しい顔)ということが多く、
感謝の気持ちも大きかったこと。
また、何よりも、自分の目や耳、心で「感じたい」と思ってしまう性分でもあるので、
今回のこのトークショーを楽しみにしていました。

特に、SUGIZOさんとSHINGO2さんのことは、
六ヶ所の色々なイベントで出会った、若い仲間から聞いていました。
きっかけをくれた人、影響を受けた人として名まえが挙がっていたからです。

坂本龍一さんをはじめ、既に実力も人気もあった彼らが、
あえて自分の場所からアートを通じて、危険を冒して勇気を出して踏み出してくれた。
その動きが、この問題をサーファーの方とか、ひろーい様々な分野の方にと確実に伝わっていったことがよくわかりました。

そして、それと同時に色々な苦悩もあったことが、
皆さんのトークからもにじんできて、
とても人間らしかったし、その点でも素敵でした。

それでも、気持ちよく無理せず自分が楽しいと思える形で続けてくしかないよね〜と皆さんが言っていたのも、
本当に同じ気持ちだったので、会場のみんなもうなづいていました。

お話の中で、特に共感し力強くうなづいてしまったのは、
六ヶ所村再処理の問題を伝える時のみならず、すべての人間関係で、
いかに、利己的(自分だけよければ)じゃなくって、
利他的(みんなのためになる?)っていう気持ちで動き出せるか?だよねというようなことを話していたことです。

他人を思いやれる「想像力」を働かせる問題として、
この六ヶ所の再処理工場の問題ととられていたこと、
そして、SHING02さんは、そこに至るには色々な葛藤があったことを話していて、自分の中にはらむ矛盾があることも認めていくこと
(田舎に暮らしてもインターネットでグローバルに動ける。
けれど、この星のどこかに、大量のサーバーを動かし続けていることも忘れない。など)、梅原猛さんの道徳の本を読み直してて、みんなにもお勧めしてる。という話もしていました。

そしてSUGIZOさんが「六ヶ所のことを東京の人間が思い、六ヶ所のために動きたくなるのはほんとうに普通のこと。
それはカナダのセヴァンさんだってそうだろうし、この星、地球のことだからね」というようなことをお話していました。

この本をこの世に送り出すことになった力が「怒り」じゃなくって、「愛」だということ
(もちろん最初は驚き、怒り、恐怖もあったことも認めつつ)、
そして、この星に暮らすいのち、何世代も先のいのちについても責任がある。という大きな視点をもっての一歩だってことがよくわかってうれしくなりました。
ますます手元にある「ロッカショ」が大切になりました。

またフロアからは何人かが思いを伝えたり、質問などすることがありました。
最後に手を挙げて、思いを伝えた若い男性と女性のお二人発言をじっと聞いてて、じーんとしました(涙)。
お二人とも既に、六ヶ所の問題を知って実際に動き出している勇気のある方々ですが、日本にずっと住んでいるけれど、
国籍が他の国だから、日本の選挙権がない のです。というお話でした。
それを受けたSUGIZOさんが、微笑みながら力強く言ってた言葉は、
こなれた感じじゃなかったけど、その分隣の友達に話してるような感じで、心がのっていてほんとうによかったな。


なんだか、SUGIZOさん・SHINGO2さん LOVE 揺れるハート みたいな感じになってますが、この辺で偏ったまぼのレポート終わります(てへへ)。

なお、こちらのイベントについては、本当にたくさんの方が参加されていたので、後日、色々なブログやHPにアップされてくると思います。
そして主催のSTOP ROKKASHO JPのサイトや、
澤口さんたちからも詳しいレポートが色々挙がってくると思います。

そちらでじっくり読んでくださいね。

                      ももんが まぼ
posted by momotomo at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第5回 どんぐり植林 6/7(土)

皆様へ

ももんがの井上です。

元気がでてくるイベント、第二弾です♪

実際にできる、地球のための一歩。

「植林」に興味しんしんの今、ちょうどいいタイミングで、
気軽に参加できる、「どんぐり植林」のご案内をいただきましたよ。

頭で考えてばかりいるよりも、実際の一歩、はじめよう!
気持ちのいい、フィールドに飛び出しませんか?

みなさんもいかがですか?

〜〜以下、転送させていただきます〜〜〜〜〜

協力会員各位

 満開の桜もほころぶ中 ここ数日の花冷えで
咲ききっていない木々の蕾が春の喜びを少しだけ先に延ばしてくれているようです。
今度の週末は お花見を予定されている方も多いのではないでしょうか。

さて、森と人・情報館の植林ご案内の時期となってきました。
今年で「どんぐり植林」も5回目をむかえます。

この度、私たちが手塩にかけた みたけ山の植林域を「青らんぎの森」 と命名致しました。
昨年はこの森で、自ら植えた木々の成長に目を細められた方
木々との触れ合いの中で、思いっきり自然を堪能された方
皆様がそれぞれに 大きな喜びをお土産にされたことを大変嬉しく思います。

今回は、下草刈や補植のほか 山の道の補修 看板取付ベンチの設営などを予定しています。

2008年もまた、皆様と共に地球に優しく 自然と共存していけるよう
努力してまいります。
  森と人・情報館       館長 菊池惠二

(熊森賛同会員様)
★-----------------------------
第5回 どんぐり植林

日  程 平成20年6月7日(土曜日)

植林地 青梅 みたけ山

集 合  
「青らんぎの森」看板前 AM9:30集合 小雨決行

JR青梅線[御嶽]駅より徒歩約20分
 ●立川駅 出発 8:11 →御嶽駅到着 9:
01(予定) 
 [快速]ホリデー快速おくたま1号 (所要時間 
50分)
 (乗車料金450円)(乗車距離27.2km 乗り換えなし)

参加費 
●会員  無料  
●非会員 大人1,000円  子供 
500円

持 物 飲み物・お弁当は、各自ご用意ください。
山での作業となりますので、
軍手・タオルのほか長袖や長靴など作業しやすい服装や、
雨具等をご用意ください。

お車での参加も可。
無料駐車場が山のそばにございます。

ご不明の点やご質問、お申込は  
042−345−3532 ギャラリー青らんぎまで』


posted by momotomo at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/9(水) アースキャラバン2008キックオフイベント    −セヴァン&スバルと地球を遊ぼう−

みなさんへ

ももんがの井上です。

以下、色々な方からお誘いをいただきました。

先日、ご案内しましたとおり、4/8のSTOP ROKKASHOのイベント(昨晩、すごくよかったよわーい(嬉しい顔))にもセヴァンさんは参加されましたが、こちらのイベントも、前向きにずいっと歩き出したくなる、
そんな勇気をもらえそうですね!

(ブログへのアップが遅くなってしまってごめんなさいですが、
まだ受付ていただけましたので、
みなさんもいかがですか?!)

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

4/9(水) アースキャラバン2008キックオフイベント
   −セヴァン&スバルと地球を遊ぼう−

1992年リオ・サミットで「伝説のスピーチ」を残し、
「行動することで世界は変わる」と活動するセヴァン・スズキ。
「何でも創る、なんでもできる百姓」をめざす人生の冒険家、高橋素晴。

「アースキャラバン2008」は、若き環境活動家、セヴァンと素晴を
リーダーに、沖縄から北海道まで日本各地を旅しながら、カルチャー
クリエイティブな人・モノ・コトと出会っていく参加型プロジェクトです。

「アースキャラバン」スタートに立ち会うべく短期来日を果たすセヴァンも
参加するキックオフイベントを東京・表参道で開催!!

世界を変えていくのは私たち。
ぜひお集まりください。

日時:2008年4月9日(水) 18:30開場/19:00開始/20:30終了予定
会場:東京ウィメンズプラザ・ホール(地下鉄・表参道駅より徒歩5分)
参加費:1000円

ホスト:セヴァン・スズキ(環境活動家、アースキャラバン・グローバルリーダー)
     高橋素晴(環境教育者、冒険家、アースキャラバン・ローカルリーダー)

トーク:辻信一(明治学院大学教授・ナマケモノ倶楽部世話人)
     中村隆市(株式会社ウィンドファーム代表・ナマケモノ倶楽部世話人)

定員:230名(要申込、先着順)

お申込:ナマケモノ倶楽部 E-mail:info@sloth.gr.jp Fax:03-3638-0534
      (お名前、人数を添えてお申し込みください)
主催:ナマケモノ倶楽部 www.sloth.gr.jp
お問合せ:ナマケモノ倶楽部事務局 info@sloth.gr.jp

■アースキャラバン2008 http://www.earthcaravan.org/
運営:「アースキャラバン実行委員会」
    (環境=文化NGO ナマケモノ倶楽部、博報堂、博報堂DYメディアパート
ナーズ)
特別協賛:松下電器産業株式会社(パナソニックキッズスクール)
特別協力:チーム・マイナス6%(環境省)

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
セヴァン・カリス・スズキさんのことを知ったのは、
偶然、イラストに惹かれ、この本を本屋さんで手にとったからです。
噂に聞いていた、伝説の12歳の少女のスピーチを本にしたものでした!

まっすぐ心のままに伝えています。
そして、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロにて開催された
「環境と開発に関する国連会議・環境サミット」で行なわれたスピーチだと分かり、
本当に驚きました。

「あなたが世界を変える日」
http://www.atc.ne.jp/seikindo/html/anatagase.htm

セヴァンさんの12歳のときのスピーチが
 YOU TUBEで観ることができるようになってました!
アップしてくださった方、ありがとうございます〜。

伝説のスピーチ 環境サミット@リオ
http://jp.youtube.com/watch?v=C2g473JWAEg

イベントに参加する前にぜひどうぞ。

ももんが 井上




posted by momotomo at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。