2008年04月02日

04-08 (火) ストップ『ロッカショ』トーク

みなさん、こんにちは。
ももんがの井上です。

再処理とめようのMLから、イベントのご案内です。
平日の夜ですがとても魅力的なイベントです。

ちょっと誘いずらかった同僚やお友達も、この機会に一緒に誘ってみては?!


2008-04-08 (火) ストップ『ロッカショ』トーク
STOP ROKKASHOなイベント

転送歓迎!

ストップ『ロッカショ』トーク

 音楽家・坂本龍一さんがstop-rokkasho.orgの立ち上げをはじめたのは2006年5月、多くのアーティストに六ヶ所再処理工場について伝え共にアートを用いて伝えるアクションが広がりました。この動きは多くのアートを観る人へも六ヶ所再処理工場が抱える問題を届けました。昨年12月には『ロッカショ-2万4千年後の地球へのメッセージ』が出版され、さらに多くのアーティストが声をあげています。青森県ではベストセラーに上がるほどの『ロッカショ-2万4千年後の地球へのメッセージ』。アーティストの生の声を聞きませんか?皆さんの声もお待ちしております。

トーク参加アーティスト:SUGIZO,河野太郎,セヴァン・スズキ,Shing02,辻信一,中村隆市,大林ミカ *当日トーク参加者の変更がある場合がございます、ご了承ください。

トークセッション 1, セヴァン・スズキ×辻信一×中村隆市
トークセッション 2, SUGIZO×河野太郎×Shing02×桑原茂一×大林ミカ

日時:2008年4月8日(火) 18時半OPEN 19時〜
会場: 東京ウィメンズプラザ 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 電話 03-5467-1711(代)
http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html
参加費:500円
参加予約は受付しておりません。直接ご来場ください。
主催:ストップロッカショプロジェクト
問い合わせ:sr@stop-rokkasho.jp (担当澤口) 
*午後、『六ヶ所村ラプソディ−』上映会あり。
詳細・最新情報は随時こちらに掲載します。 http://stop-rokkasho.jp 

プロフィール

河野 太郎:
衆議院議員。1996年10月神奈川第15区で初当選(以降2005年まで
に四回当選し現在に至る)。総務大臣政務官、自民党神奈川県連会長、
法務副大臣などを歴任。

SUGIZO:
1992年 LUNA SEAのコンポーザー、ギタリストとしてデビュー。
2000年末のLUNA SEA終幕後、ソロ活動を再開。
現在、音楽と平行しながら平和活動、環境活動に積極的に参加、
アクティヴィストとしての動きも幅広く展開し、多岐に渉って活動中。


Shing02 文化 / 音楽 / アート=「ヒップホップ」の中で、言葉を用いてアイディアを表現するのがMCである。 シンゴ02は、最先端のテクノロジーと解放的な文化が共存するサンフランシスコのベイ・エリアで才能を磨いている一人のMC / プロデューサーである。 つづきは

桑原茂一:
選曲家、プロデューサー。「クラブキング」主宰。「ス
ネークマン・ショー」のメンバー、日本初のクラブ「ピ
テカントロプス」の仕掛け人など、一貫してカウンター
カルチャーに携わる。LOVE&PEACEに生きるオルタナ
ティブなメディアを目指し活動。

大林ミカ:
NPO法人環境エネルギー政策研究所副所長。地域のエネルギー政策
への政策提言、国際交渉でのロビーなどを中心に活動。"2008年G8
サミットNGOフォーラム"の立ち上げに参加、環境ユニットリーダー
をつとめている。

セヴァン・スズキ
環境活動家。1992年リオ・サミットに当時12歳で発言。
後に「伝説のスピーチ」と呼ばれる。以後、世界中で
講演・執筆活動を展開。現在、ナマケモノ倶楽部とともに
「アースキャラバン2008」に関わっている。

辻信一
文化人類学者。環境運動家。「スロー」や「GNH」を
キーワードに環境=文化運動をすすめる。最新刊は『幸せって、
なんだっけーー「豊かさ」という幻想を超えて』(ソフトバンク新書)

中村隆市
ウィンドファーム代表。スロービジネススクール校長。「わかちあい」
や「いのちを大切にするビジネス」をテーマに南米とのフェアトレードに
長年取り組む。著書に『スロービジネス』(ゆっくり堂)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■『ロッカショ−2万4千年後の地球へのメッセージ』
  Stop Rokkashoプロジェクト 著
  価格税込み 1,200円、講談社
  → http://www.amazon.co.jp/ 
  ロッカショ で検索!

●本文より−
SUGIZO:まず、六ヶ所の核燃料再処理工場を止めるために動こうと
    思った理由を教えてください。
坂本龍一:2006年3月くらいに見た、グリーンピースのサイトかな。
     「1日で通常の原発の1年分の放射能」という情報を
     見てしまって、信じられなかった。
 (中略)そのすぐあと、3月31日ににアクティブ試験が
     始まることを青森県が認可したというニュースがあった。
 (中略)9.11同時多発テロのときもそうでしたけれど、
     まず知るということが大切。知らないということ、
     無知ということは、死を意味するというか、死につながる。

●Stop Rokkashoプロジェクト:
2006年5月、ニューヨーク在住のアーティスト坂本龍一が、
2007年に本格稼働する(当時予定)六ヶ所村の核燃料再処理工場に
危機感を抱き、まず日本の外から声を上げる。ラッパーのshing02、
世界的に著名なデザイナー、ジョナサン・バーンブルックらとともに、
"team6"を結成、webサイト(www.stop-rokkasho.org)での
クリエイティブコモンズを使った芸術活動などを展開している。
日本では、クラブキング代表の桑原茂一やミュージシャンの
SUGIZOらがこれに共鳴し、イベント、Tシャツ制作、
出版活動などを展開している。

●本書の目次
Prologue  すべてはここから始まった
 甚大な放射能汚染を知ってください−坂本龍一
 ロッカショへの思い−SUGIZO

Part1  核燃料と再処理工場
 坂本龍一interviewed by SUGIZO
 
Part2  もうひとつのグラウンド・ゼロ
 辻信一interviewed by SUGIZO

Part3  自然エネルギーが拓く未来
 河野太郎interviewed by SUGIZO

Part4  立ち上がった人々(エッセー)
 鎌仲ひとみ、小野寺雅之、菊川慶子、哘(さそう)清悦、安村磨作紀

◇一人ひとりの地球(ショートメッセージ):桜井和寿/UA/大貫妙子/小林武
史/青木孝允/高樹沙耶/桑原茂一/吉村栄一/ピーター・バラカン/マエキタミヤ
コ/瀧本幹也/正木高志/岡野弘幹/星川淳/Oto/山根麻以/高橋靖子/サエキけん
ぞう/佐藤タイジ

◇参考文献・URLリスト
◇「この本を作った人たち」のリスト
◇写真協力:石川直樹、島田恵、瀧本幹也、など
◇その他コラム:原子力発電と核燃料の再処理/ウラン、プルトニウム、原
発、再処理工場の関係/青森県六ヶ所村と核燃料サイクル構想/日本の原子力
発電所と核燃料再処理工場/六ヶ所再処理工場の「破壊力」/再処理は放射性
物質のばらまき/再処理の工程と再処理工場の事故史/核兵器の材料を作る六
ヶ所/原発では操業が認められない高濃度の放射能/日常的かつ膨大な放射能
放出/六ヶ所再処理工場で事故が起こったら/再処理は使用済み燃料の「ゴミ
対策」?/日本の55基の原発から出る「使用済み燃料」はどこへ?/世界の安
全保障を揺るがす再処理工場/日本だけが進める不可思議な政策/原子力から
撤退するドイツ/欧州が拓く自然エネルギーの未来/持続可能なエネルギー社


※この本の印税は地球環境を守るための活動に使われます。

***************************************************************
転送おわり


posted by momotomo at 12:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月27日(日):高尾山1000人ハイク 

みなさんへ

ももんがの井上(まぼ店員)です。

虔十の会の坂田さん http://takao-kenju.sakura.ne.jp/ 
から、楽しいイベントのお誘いメールが回ってきました。

「一緒に小天狗になろう!」って、おもしろいですね。

みなさんも、楽しい気持ちでまわしてください。
そして、色々なアイデアがわいてきたひとは、ぜひ伝えて、
高尾山のSOSに力を貸してください〜。

当日は、登山したいひとは登る。
どこかで楽しく語らう人は語らう。
踊りたい人は踊る。
自分のペースで楽しもう。

わたしも、もちろん参加します。
高尾の問題を伝えるのって、
六ヶ所の問題と同じで、意外にも受け手の反応が様々で難しいこともあるね。

けれど。。。

虔十のみなさんが、
「わたしにもできること」その機会を4/27に作ってくれました。

早くTシャツを着て、高尾山に暮らす仲間の声を伝えるために、
楽しく、うろうろしたいな〜。

(現在、デザイン&製作をがんばってくださっている、素敵なTシャツだそうです)

ミーティングは、今晩だそうです。
直接、参加を!


以下、転載です。

土地収用もなんのその!
山は怒り、トンネル大崩落で、国交省は相当にきつそう。

座っていいとも!工事だヨ、全員集合!もVOL.2に突入です。
和居和居デッキは、あいかわらずにぎやかです。
みなさん、引き続きデッキを盛り上げてください。

さて、さらにドーンと高尾山を応援しちゃいます。
以下の【高尾山1000人ハイク】の告知、コピペ、ガンガン転送をよろしくお願い。
なんとしても、1000人みんなの力で集めよう。

●虔十ミーティング行います。
テーマは
@高尾山1000人ハイクの取り組み
Aアースディの取り組み
Bツリーハウス2周年イベント
に関してです。
オブザーバー参加、歓迎です。
スタッフやりたい人は、どんどん参加してください。
日時:4月2日(水)20:00〜
場所:虔十の会事務所
(三鷹市下連雀3−22−10榎本ビル401号)
    п@0422−44−4935

□■□■□■□■□ 以下、転送歓迎 ■□■□■□■□■

4月27日(日)
高尾山1000人ハイク!みんなが高尾山のメッセンジャー

小さな命がたくさんにぎわう高尾山の春。
その命のみなもとは、高尾山をめぐる豊富な地下水です。
いま、高尾山のおなかに大きな穴が開けられようとしています。
圏央道高尾山トンネル工事…
山を削り、木々を伐り、水が失われようとしていても
高尾山は身動きできません、声をあげることもできません。

「高尾山にトンネルを掘らないで」Tシャツを着て、ゴールデンウィークに訪れるたくさんの登山客にアピールを!!

高尾山のSOS!の声をみんなが伝えて!!
この日ばかりは、みんなが高尾山の申し子。
小天狗たち、ワラワラ集まれ〜

大勢でやらなきゃ目立たない、みんな誘い合って参加してください!

■受付     9:00〜10:00 高尾山口駅前

■参加費   1000円(Tシャツ&日影沢キャンプ場でのイベント参加込み)

■タイムスケジュール

9:00〜10:00  受付終了後START!
高尾山のどこを歩いてもOK!
山頂を目指すのもよし、ケーブルに乗るのもよし、どこかで楽器で遊んでいてもよし。

とにかく、「トンネル掘らないで」Tシャツを着て、一日高尾山にいてください。
そしてたくさんの人に見てもらってください。

15:00  時間がある方は、日影沢キャンプ場に集合!
       ※おいしい炊き出しあり♪
15:30〜16:15  トークセッション
       石川仁さん(カムナ葦船プロジェクト)
       マエキタミヤコさん(100万人のキャンドルナイト世話人)
       坂田昌子(ケン十の会代表)
16:20から17:20  LIVE(詳細決まり次第発表)

■申し込み方法
メールかファックスで受付ます。
当日清算ですが、Tシャツの用意のために予約受付をしてください。
氏名・住所・電話番号・参加人数・TシャツのサイズS/M/Lのいずれかをお知らせください。

メール:kenju_watanabe@yahoo.co.jp

ファックス 042−689−6950

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■エコアクション虔十の会(けんじゅうのかい)
 ■代表 坂田 昌子
 □E-mail:kenju-no-kai@nifty.com
 □Homepage:http://www3.to/kenju
 □Blog:http://kenju-no-kai.cocolog-nifty.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



posted by momotomo at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WWFのイベント 〜 Kiss the Earth 地球のために 子どもたちのために 「美しい地球・守りたい命とWWF展」‏

みなさま

地球温暖化のこと、、、。

ピンと来た方は、お友達やご家族を誘って、足を運んで見て下さいね!

(わたしは、3歳の頃からの生粋のパンダ好きなのですが、
WWFジャパンはわたしが中学生のときに、はじめて入会した動物保護の団体です。)

この4月に、WWFさんがデパートの三越と伊勢丹と手を結んで、地球の応援団を増やすべく、大きな素敵なイベントを開催してくれています。

このイベントは、遠方に住む動物好きの友達から、
「ピンバッジ、伊勢丹に行って買っておいて〜!」ってお願いの形で、教えてもらいました。

買いに行かねば・・・。むん。
そして、いずれの会場も、岩合さんの写真やパネルを全てチェックしないと気がすみません〜。

ちなみに、ホッキョクグマもジャイアントパンダも可愛いので選べませんね・・・。
2匹、自分用に買う予定です。(←ただのオタク)

(と思っていたら、今朝新聞に折り込みチラシが入っていました。
お一人様10点まで。とのこと(驚)
コレクターもいる人気のフィギュアみたいです。その分、WWFへの募金も集まるので、うれしいです☆)


みなさんもぜひ、お友達を誘って、会場へGO。
地球温暖化?はあ〜?ぴんとこないって。
なんて、無関心な感じの人のほうが結構、豹変してくれるかもしれませんよ!

                  ももんが まぼ


イベント情報:
かわいいシロクマ&パンダのストラップ・ピンバッジ:300円を買うと、
チケットレスで入場できます!

http://www.wwf.or.jp/join/action/event/2008/ev2008040101.htm

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

Kiss the Earth 地球のために 子どもたちのために 
「美しい地球・守りたい命とWWF展」

2008年4月1日(火)〜7日(月) 東京

以下、HPなどより転載します。

4月、東京の日本橋三越本店と、伊勢丹新宿店で『美しい地球・守りたい命とWWF展』
を開催します。
これは、三越と伊勢丹の統合を記念した『WWFチャリティーキャンペーン』の一貫と
して実現したもの。
本展では、国内・海外を代表する写真家たちが独自の視点で捉えた写真作品を中心
に、
地球の生態系を「美しい地球」と「守りたい命」の2つのテーマでご紹介します。

  地球環境問題の悪化の解決には、一般の方々が「地球人」のひとりとして、
できることを今すぐ始めるという参加が必要です。
このようなアクションをひとりひとりが始めるきっかけを作る場として、
親子で楽しく学べる構成になっています。
 会場では、WWFの活動紹介展示もあります。
 この機会にぜひ足をお運びください。

可愛いパンダとホッキョクグマのBE@RBRICK(ストラップ・ピンバッジ:300円)が入
場券になります!
1個あたり100円がWWFジャパンに寄付され、自然保護活動に役立てられます。

BE@RBRICK TM & (c)2001-2008 MEDICOM TOY CORPORATION. All rights reserved.

「美しい地球」 〜日本橋三越本店会場
環境破壊が進む中、かけがえのない地球の自然を迫力ある写真で紹介します。
地球の価値、そしてそれをすべての生物とわかちあう必要性を感じていただきます。

「守りたい命」 〜伊勢丹新宿店会場
絶滅危惧種の代表「ジャイアントパンダ」と「ホッキョクグマ」の写真を展示しま
す。
世界的に著名な写真家、岩合光昭氏(WWF評議員)で構成されています。

・アニマルトンネル 
世界中の希少動物について、トンネル状の展示空間で紹介します。
なぜ、こんなにたくさんの動物たちが危機に瀕しているのだろう?という大きな疑問
を、
圧倒的なビジュアルで感じとっていただきます。

・ドードーと希少動物たち
すでに絶滅した動物の代表として「ドードー」の実物大レプリカが展示されます。
そして現在、人為的な環境問題から絶滅の危機に瀕する多くの希少動物をパネル展示
で紹介し、
地球の異変と動物たちの危機について解説します。

※アニマルトンネル、ドードーと希少動物たち、WWFの活動紹介の各展示は、
日本橋三越本店・伊勢丹新宿店の両会場で行なわれます。

日時2007年4月1日(火)〜7日(月) 10:00〜19:30(20:00閉場)

※最終日の入場は17:30まで(18:00閉場)、
三越のみ4月6日の入場は19:00まで(19:30閉場)

「美しい地球」
日本橋三越本店 本館7階催物会場 
(東京都中央区日本橋室町1-4-1 TEL. 03-3241-3311)

「守りたい命」
伊勢丹新宿店 本館7階催物場
(東京都新宿区新宿3-14-1 TEL. 03-3352-1111)

入場料300円 ※チケットレス
BE@RBRICK(ストラップ・ピンバッチ)が 入場券の代わりとなります。

4月1日から全国の三越、伊勢丹32店舗(三越グループ20店舗、伊勢丹グループ12店舗
<岩田屋含む>)で販売いたします。
BE@RBRICKで日本橋三越本店・伊勢丹新宿店の両展ともご入場いただけます。
なくなり次第販売終了となりますので、お早目にお求め下さい。

主催WWFジャパン
後援国土交通省、環境省
協力松下電器産業株式会社、キヤノン株式会社、
ナショナル ジオグラフィック チャンネル、日経ナショナル ジオグラフィック社

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
ももんが まぼ

posted by momotomo at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物写真家佐野高太郎さん カラハリ写真展&トークショー(4/11金)のお誘い‏

みなさん、こんにちは!

ももんがの井上です。

わたしに高尾山のことを教えてくれた
動物写真家の佐野高太郎さん。

http://www.kotarosano.com/

彼の写真展が、昨日から、
霞ヶ関にある、世界銀行東京事務所で、はじまりました。

写真展 
KALAHARI(南部アフリカ) チーターがいる砂漠

3月31(月)〜4月11日(金) 10:00-18:00 
土日休み
場所: 世界銀行東京事務所(東京、霞ヶ関)

スライドショー
2008年4月11日(金) 午後6時30分〜7時15分  
要参加申込み 
※個別に行なってくださいね!(まぼは行きます)

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
・〜・〜・〜・〜・〜

<世界銀行HPより>

http://web.worldbank.org/WBSITE/EXTERNAL/COUNTRIES/EASTASIAPACIFICEXT/JAPANINJAPANESEEXT/0,,contentMDK:21667956%7EmenuPK:515521%7EpagePK:141137%7EpiPK:141127%7EtheSitePK:515498,00.html

HP内容を転載します。

写真家・佐野高太郎さんトークセッション (写真展「KALAHARI」)

写真家 佐野高太郎 
世界銀行情報センター(PIC東京)共催写真展
2008年7月の北海道・洞爺湖でのG8サミット・先進国首脳会議に先立ち、
5月には横浜でアフリカ各国の首脳が一堂に会する第4回アフリカ開発会議(TICAD
IV)が開催されます。

世界銀行情報センター(PIC東京)では、アフリカの様々な側面をご紹介する取り組
みのひとつとして、
アフリカの動物たちを追い続けている写真家・佐野高太郎さの作品を紹介する写真展
「KALAHARI〜チーターがいる砂漠」を開催します。
佐野高太郎さんが30ヶ月間にわたり追跡撮影した南部アフリカのカラハリ砂漠のチー
ターの生態とダイナミックで壮大なアフリカの自然・環境の美しさをぜひ、ご覧くだ
さい。
4月11日(金)には佐野高太郎さんのトークとスライドショーも同時開催の予定で
す。


なぜこんなに美しいのだろう?

南部アフリカのカラハリ砂漠、ガラガディ国立公園にてチーターに惚れ、
彼らをテーマに計30ヶ月間撮影しました。
獲物たちを捕らえるために、彼らの体には無駄がありません。
他のネコ科と比べてちいさな頭、流れるような体のフォルム、独特の爪、しなる背
骨、
長く太めのシッポ、その個性的な体のすべてにチーターが速く走る理由が表現されて
いました。

弱点もありました。
持久力のなさ、争いに弱い、木に登れない、など。
特に争いに弱いことは野生動物にとって致命的ですが、
見方を変えれば彼らは短距離を走る方に進化をしたのかもしれません。
短距離の速さだけは誰にも負けない。そんなスペシャリストに強く惹かれました。
研ぎ澄まされた者たちの命がけの駆け引き、野生に生きるものたちの美しさ、是非ご
高覧ください。

−佐野高太郎 −

写真展 
「KALAHARI(南部アフリカ) 〜チーターがいる砂漠〜」

2008年3月31日(月)〜4月11日(金) 午前10時〜午後6時 土日祝閉館
スライドショー
2008年4月11日(金) 午後6時30分〜7時15分  要参加申込み
<お話> 佐野高太郎さん(写真家)

佐野高太郎 プロフィール
1971年北海道生まれ。1981年から2年間、南アフリカに住む。
1991年NHK学園卒。以後フリーランスの写真家として活動。
各種新聞、雑誌、テレビなどに作品を発表。
1997、1998 BBC Wildlife Photographer of the Yearを2年連続受賞。
写真集に『KALAHARI チーターがいる砂漠』、『北海道 リスとナキウサギの季節』
『高尾山 ちいさな山の生命たち』(いずれも、かもがわ出版)がある。

ホームページ: http://www.kotarosano.com

場所:世界銀行情報センター(PIC東京)
開館時間:午前10時〜午後6時(土日祝閉館)
東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル1階(ロビー) 
地下鉄三田線内幸町駅、日比谷線・千代田線・丸の内線 霞ヶ関駅下車

お問合せ先  
PIC東京(世界銀行情報センター) E-mail: ptokyo@worldbank.org
Tel:03-3597-6650

お申込方法
スライドショーは、HP上のフォームより申込みいただくか、
お名前、ご所属・団体、ご連絡先を「4月11日スライドショー参加希望」と明記の上
ptokyo@worldbank.org宛にお送りください。
参加費は無料。
使用言語は日本語、日本手話通訳付。
写真展はご自由にご覧ください。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
・〜・〜・〜・〜・〜

佐野さんは去年、Aさんと結婚されて、高尾の素敵なツリーハウスで結婚式をされました
(まぼもちょこりと参列。濃ゆい動物トークをできる仲間を紹介していただきました!)
そして、さきほど、待望の赤ちゃんが誕生しました!
おめでとうございます。

残念ながら土日はお休みの写真展です。
平日の昼間にいける方、ゆったりどうぞ〜。

ただし、最終日のスライドショーは夜に行われます。
ご予約はお早めに!

また、DMを佐野さんから送っていただきましたので、
ほしいかたには差し上げます。
チーターの疾走する、美しい姿の写真です。

ももんが まぼ

posted by momotomo at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週末のももんが主催のお花見のお誘い

みなさんへ

ももんがの井上です。

前便同様、お花見のはなしですが・・・。
(MLに書いたものと重複します)

さて、先日、井上は、I田さんに誘っていただいて、
菊川慶子さん(六ヶ所村で花とハーブの里を主宰)たちと、
イタリア文化会館主催のピアノコンサートとお食事の会に参加してきました。
(菊川さんは、松戸での上映会&トークショーの為に、上京されていました)

千鳥が淵は、桜が満開で、お堀沿いにずーーーーっと続く桜の木。
うすい桜色の雲がふわふわとつながるようで、うっとりしてしまいました。

お食事のとき、菊川さんからGW時期(5/6スタート)にはじまるチューリップ祭の準備に、実際に動ける「応援の手」があるとうれしいなというお話がありました。
わたしは、M田さんと去年、超短期間でしたがお手伝いにお邪魔したときのことを思い出しながら、お話を聞きました。

畑仕事のほかにも、遅れているまきわりの仕事やみんなのお食事を作る係など、
様々な仕事があるので、お仲間を誘って力を貸して欲しいです。とおっしゃってい
ました。
下北半島の上のほうまで、原子力の施設を学びながらめぐるツアー
や八甲田山の残雪を見ながらの新緑と温泉を楽しむツアー(聞いてて前のめり気味に)など、
色々な企画を菊川さんが考えていらっしゃるのも、教えてもらいました。

わたしは、今年のGWは、高尾山の応援団として、ぽぽみと何かのイベントに参加したり、企画を考えて提案したりしたいな。と思っていますが、六ヶ所のほうも、チューリップの援農に行ってみたい!という方をおつなぎしたり、私も2泊くらいお邪魔できるかな・・・。

せっかくつながったあったかい縁。

わいわい楽しく盛り上げていきたいなーと思いました。
(もちろん、ももんがの足元の活動もがんばります)


☆ ももんが主催のお花見は、今週末に考えています。

@4月5日(土) 
場所:エコロジー雑貨ももんが 

森のマーケット(営業日): 14:00〜17:00

(ソメイヨシノのふるさと、染井霊園や六義園、旧古川庭園の散策がまだの方は、どうぞ!)

お買い物のない方は、直接、屋上へ夜お集まりください!
夕方、18:00頃から、屋上でキャンドルナイト&お花見をしたいと思います。
2枚くらい多めに、暖かい格好でお越し下さい。

A4月6日(日) 場所:埼玉県さいたま市 
 見沼自然公園にて
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Keyaki/1131/minuma.htm

ぽぽみさん主催のお花見遠足&自然観察会 です。
11:00〜14:00 (コアタイム) 

最寄駅は大宮駅・東浦和駅・浦和美園駅から、バス便です。
とにかくどこからも遠いですが、その分、空はのびのび高く、きもちのよい公園です。
終了後、希望者の方で、「むさしの湯」という温泉施設へ行きます。

※雨天中止です。

※お酒・食べ物・敷物は、参加される皆さんでの「持ち寄り形式」でお願いします。
※参加連絡:
特に事前連絡はいりませんが、お知らせいただけるとありがたいです。
(6日は、携帯がつながりません)

※ぽぽみ店長は、5日(土)の駒込のお花見は残念ながらお休みですが、
6日(日)は、地元っ子です。とことこ歩いて参加しています。
また、妹犬のあきちゃん(42キロ。ぽぽよりとてもシャイです)
も一緒に参加します。

広々とした大きな公園なので、駐車場(無料)も広いです。
わんこ連れの方もぜひ、お越し下さい。

またエコ遠足も目指していますので、車はできるだけみんなで乗りあって来てくださるか、電車&バスでお越しください。

具体的に決まったら、再度こちらを修正していきます。

みんなで、これやろうよーー(鬼ごっこ?)とか、
楽しい企画があったら、ぜひ!

(K代さんからは、ろくむし って案が上がってきました)

ももんが まぼ
posted by momotomo at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春ですね〜 :連日、桜を友達と眺める日々

080330 桜のトンネル_.JPG

ももんがのまぼ店員(井上)です。

4月に入りました!

みなさん、お元気ですか?
桜の開花と共に「新しいこと」はじめるぞ〜と力がわきあがってくる感じでしょうか?
時折、冷たい雨が降ったりもしています。

体調を整えながら(無理せず)、春を迎えてくださいね。

関西、東北に住む友達は、今週末が見ごろかな?

ちょっとわたしく事なんですけれども、
ももんがの近況を。

ブログやHPで、ご案内をアップする余裕がなかったのですが、
2002年の年末に駒込の地に越してきて(OPENして)、
6度目の春を迎えました。

みなさん、嗅覚?触覚?が働いて、六義園のしだれ桜の時期がインプットされているのでしょうか?
今年も早くから、ライトアップ時期(3月20日〜30日まで)の「○日に行くよーー、店にいる?」というお誘いのメールがあちこちから入りました。

この時期は、遠くから出張や旅行で立ち寄ってくださるお友達やお客さんも多くいらしたり、
「春のカタログを取りに行く。紅茶とおからクッキーを用意しておいて!」なんてうれしい注文の声がかかったりで、
ほぼ連日、会社の帰りは、一緒に六義園に通っていました。

甘酒を飲んだり、大笑いしたりしていました。

080328_しだれ桜.JPG

画像: 3月28日(金曜日)、Jさん、Bちゃん、Fさんと一緒に、雨の中のしだれ桜を眺めました。
毎年ため息がでちゃう、妖艶な立ち姿です。
色っぽいな〜。

先週の土曜日(29日)は、はじめてのアウェイ。
青山霊園に行って、Tちゃんとのんびりお花見をしました。
ひたすらぼーーーー。
途中、てくてく、もぐもぐ、ぼー。
(都心でも穴場はあるんだね。)

日曜日(30日)は、ももんがの色々な仕事を片付けてから、実家へ。
ぽぽみとあきと一緒に、散歩して、ごはんに戻ってまた散歩。
見沼たんぼのあたりを歩いたり、用水路ぞいにずーーーと連続する桜のトンネルをくぐったてのお花見となりました。

月曜日(31日)は、千鳥が淵で桜をチェックしてから、
ピアノコンサート(イタリア文化会館主催)へ。
六ヶ所村の花とハーブの里の菊川慶子さんを囲んで大勢でわいわいとお食事会。

火曜日(昨日、4月1日)は、Mちゃんと品川でお花見を兼ねて、イベントのミーティング。
散歩していたら、プリンスホテルのさくらタワーのお庭に迷い込み(!)、ゴージャスな桜をゆっくり味わいました〜。

桜は本当に見飽きませんね。

自然ってすごいな〜。
生きているってすごいよねぇ〜と、
毎年のことですが、感動しながら、お茶やお酒を飲み、
もりもり食べて、涙を流すほど笑ったり。。。

そんなひとときがあるからこそ、
生きてるって楽しいって思うんですよね〜。

今週末のももんが主催のお花見予定:

@4月5日(土):
午後14時〜17時:森のマーケット(お店)です。
18時〜21時:ももんがの屋上でのお花見。
風が強かったり、寒かったら、窓の外で可憐に咲くソメイヨシノを眺めながらのお花見になります。

A4月6日(日):
午前11時〜14時
ぽぽみの大好きな見沼自然公園(さいたま市)での、
お花見遠足&自然観察会です。

 どうぞ、楽ちんな格好で(暖かく)、
 おいしいものをいっぱい持って集まってください〜。

                    ももんが まぼ

080330_つくし.JPG

画像:やわらかなつくしんぼうを発見しました。
ぽぽちゃん、踏まないでよ!

080330_にっこりあきちゃん.JPG

桃の木を前にパチリ。
ももの花は、邪気をはらうそうです。
(暦の本を読んだばかり)

あきちゃん(42キロ)とぽぽみ(28キロ)です。
二匹ともなるべく桃色の花の前に立たせているのは、姉心です。
(大きいですね。たくましいですね。と声をかけられがちなんですもん)

                     ももんが店員 まぼ



posted by momotomo at 08:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。