2008年04月30日

9条世界会議 に行こう!

********転 送 歓 迎 **************

5月4日(土),5日(日)に
「9条世界会議」が、幕張メッセで開かれます。

公式HPは http://whynot9.jp/ 

(英語版)http://www.whynot9.jp/_programme/


いろいろなシンポジウムなどの企画、ステージ、
様々なNGOのテントの出店など、盛りだくさんです!
 
ワンガリ・マータイ (ケニア/2004年ノーベル平和賞受賞)も
ビデオメッセージで出演があります。

■基調講演
マイレッド・マグワイア (北アイルランド/1976年ノーベル平和賞受賞)
「紛争を暴力ではなく、対話によって解決する。日本の9条は、そのような世界のモデルになります」

コーラ・ワイス (アメリカ/ハーグ平和アピール代表)
「すべての国の憲法が9条をもつべきです。今こそ戦争を廃絶するときです」

■出演者
ベアテ・シロタ・ゴードン (アメリカ/元GHQ日本国憲法起草者)
カルロス・バルガス (コスタリカ/国際反核法律家協会副会長)
池田香代子 「9条世界会議」日本実行委員会共同代表/翻訳家
雨宮処凜 (日本/作家)、
高遠菜穂子 (日本/イラク支援ボランティア)

18:30からのライブでは、、、

UA、
FUNKIST(黒ハート)、
加藤登紀子 など多数出演

※出演者からのメッセージ映像も観れるので、
ぜひ、HPを確認してくださいね。

◎世界から日本から武力によらない平和をめざして語り合い、
音楽を楽しむ多数のイベントが行なわれます。
(幕張メッセでは、近くでフリーマーケット、恐竜展なども同時期に開催中)

◎前売り1000円(当日1500円)、
チケットはローソンで手に入ります。 

◎「9条世界会議」公式絵本 

 『イマジン9 〜想像してごらん、戦争のない世界を』
   絵:成瀬政博、文:星川淳   合同出版(952円+税)

 宮沢りえ(女優)さんが「心から愛する人を一瞬にして灰にしてしまう原爆という悪魔を、憲法9条というエネルギーと私たちの強い想いで、この地球から追い出せたらいいのにな。」と推薦文つき。

                               

posted by momotomo at 13:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

NHKより: 地球温暖化 アンケート

みなさんへ

再処理をとめたい、いのちを大切にしたい。

そんなわたしたちに「できること」
まだまだいっぱいありますね!

そのひとつ、アンケートがありますよ。

洞爺湖サミットに向けて、日本は、
経済産業省だけじゃなく、環境省までも、
「原子力推進」に大きくかじを とりだしました。

今、この時代に?

まだ?

未来のいのちのことも考えてる?

地球温暖化策、日本としてとるべき、とっていこうと思う作戦を、
自分のことばで、しっかり届けましょう!


*************以下、転送歓迎***************

NHKの番組「日本のこれから」が、
温暖化についてのアンケートを行っています。

よろしかったらぜひ!

http://www.nhk.or.jp/korekara/

***************************

<ももんが まぼ店員 から、もうひとこと>

「温暖化はぜひとも防止したい」とおもってる私たち。

ぼーーとしていると、
「原発で温暖化防止」というキャンペーンまで、
うっかり「そうだよね。アザラシやホッキョクグマの氷が解けて大変だもん」と思って、
「原発で」の部分まで、ぜ〜んぶをみとめてしまうんじゃないかな。

4月頭の、WWFさん&伊勢丹・三越のイベントにお邪魔してから、
ここの結びつきは、ほんとうはぐらぐらしたままなのに、
国がこういうからこうなの。って感じに、
簡単にくっついてしまうのは怖いな。と、考えるようになりました。

「原発で温暖化」は方法として正しくないと思うし、
(今はCO2が悪者だけど、いつから、CO2のほうが、放射能より凶悪になったの?と、つっこむ声を色々な講演で聞きますが、その通りだなあ。って思います。
自分で考えることをやめちゃうのって、ほんとにこわい。)

小出さんのお話を聞けば聞くほど、
世界全土にある原発施設からでる気の遠くなるような大量で高温度の排水「も」、大きな原因だよな。。と思います。

上記の部分にも色々な意見があると思うんですが、
議論がなかったかのように、しーーんとしてるのがちょっと怖いな。という部分なのでした。

また、国会議員の方に六ヶ所の再処理施設について、
個別アンケートをとっているお仲間もいます。
心強い!
ありがとうございます。

手を重ねられる人、もっと色々動きたいという方、
大歓迎されますよ。
ぜひ、再処理とめようの首都圏ネットのMLに参加しましょう!

管理人のNさんにおつなぎしますので、
ももんがあてのメールでもOKです。





posted by momotomo at 01:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「天然生活」200年6月号(VOL.41)にも六ヶ所村のことが登場しました ♪

みなさんへ

先日、Iさんからメールが届きました。

「天然生活」という若い人向けのオシャレなエコ雑誌の今月号に六ヵ所特集が出ました。

ご覧になりましたか? 

何と6頁の特集で、
さそうさん、苫米地さん、鎌仲さんのインタビューと図解入り。おー、すごい。

とのこと

見たいみたい!

昼休みになるのをまって、本屋へ。
とても素敵だったので、「掲載に踏み切ってくれて、ありがとう」の気持ちをこめてお買い上げ!

ダッシュで職場に戻り、昼休みにその部分だけ読みました。
(ほかの特集も、おいしそう。オフのときのんびり楽しむ予定です)

みなさんのいい笑顔の写真&インタビュー付き。
p.99〜104までです。

カラーの前のほうからぐんぐん読んでいきました。。。

どこ?
どこ?

あった!

記事は、カラーではなかったけど、
写真も、図解も、イラスト(かわいい)もいっぱいあり、
おしゃれな感じにまとめてくださっています。

3人のメッセージもほんとうに声が聞こえてくるようでした。

すごくたくさん、
これまで、「六ヶ所」という地名も、そこで起きていることも、
きいたことがなかった方々、

手作りで丁寧に暮らしてる(暮らしたい)方々に、
読んでもらえるきっかけになりそうで、わくわくします。

「天然生活」のこの記事は、
広瀬裕子さんという作家の女性(ももんがの本棚に数冊あります〜)と
フードコーディネーターの根本きこさんのお二人が、
「六ヶ所村ラプソディー」の上映会を開いたのがきっかけみたいです。

感謝。

そして、そこにいたる「縁」を思いました。

誰かがお二人に、映画のことを伝えて、
「一緒に観ようよ」って誘ってくれたんだな。

どこかのグループがみんなで力をあわせて実施した自主上映会がきっかけかもしれない。
みっちんや伸ちゃんたちが作った6ラプカードが届いたのかもしれないね。

去年、「リンカラン」さんにフリーライターの村崎セツ子さんの六ヶ所レポートの記事が載って大喜びしました。

ずっと待っていましたが、やっと「天然生活」も載せてくれました!

と思うと、かなり会社としても悩んだ末で特集を組んでくださったと思うのです。あの時期にあの記事を載せるのは。。。

と思うと、「リンカラン」編集部の皆さん、辰巳芳子さん、なによりも村崎セツ子さんに、(またまた)ありがとう!

これからも エコ系、ロハス系の雑誌にとどまらず、
色々なメディアで「普通に」載せて欲しいですね!

勇気ある発信を、色々なところでしてくれている、
すべての仲間に あ り が と う !

                       ももんが まぼ
posted by momotomo at 01:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

O石さんよりご案内:第9回 水俣病記念講演会 −目を開き、耳をすまして

みなさん、こんにちは。

ももんがの井上です。
こちらも、O石さんからMLにお誘いがあり、
転載歓迎とあった講演会です。

本日!のイベントです。
直前になってしまってごめんなさい。

***************************************

O石さんのメッセージ:

 水俣病記念講演会のお知らせをさせてください。

 水俣病は終わっていません。
 水俣病の対応が、他の公害等の日本基準、世界基準になってしまいます。

 ご参加、転送をぜひお願いいたします。

***************************************
____________________________________________________________________
第9回 水俣病記念講演会 −目を開き、耳をすまして
____________________________________________________________________
●開催にあたって
1956年5月1日に発生が報告されて以来半世紀、水俣病は日本が強引に近代化
を進める中で惹き起こされたために、またあまりに悲惨であったために、
現在もなおこの社会を鋭く問うています。
一方で患者の方々が次々に亡くなられ、事件の風化が懸念されるようになりました。
そこで、水俣病事件の今日的な意味を発見し、その教訓を語り継いでいくために、
1999年から水俣フォーラムは、水俣病発見の日にちなんだ記念講演会を毎年開催して
きました。
その第9回となる今回は朝日新聞社との初めての共催です。
「目を開き、耳をすまして」をテーマに、水俣病を通して私たちの社会と自身のあり
ようを考えたいと思います。皆様のご来場を心よりお待ちしております。
…………………………………………………………………………………………
●日時 2008年4月29日(火・祝) 午後2時半〜6時(2時開場)
●会場 有楽町マリオン朝日ホール
    (東京都千代田区、776席、全席自由)
●交通 JR有楽町駅より徒歩1分
    地下鉄日比谷線銀座駅A0、丸ノ内線銀座駅C4出口より徒歩1分
●講師 生駒秀夫(水俣病患者) 富樫貞夫(法学者) 
    井上ひさし(作家) 大石芳野(写真家)
●司会 ピーター・バラカン(ブロードキャスター)
…………………………………………………………………………………………
●主催 水俣フォーラム、朝日新聞社
●後援 東京都教育委員会、NHK、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、
    テレビ東京、西日本新聞社、共同通信、時事通信
…………………………………………………………………………………………
入場料 一般=当日2200円 前売1600円
    8枚綴り一般前売券10000円(主催者のみ取扱い)
    学生=当日1500円 前売1000円
    中学・高校生=当日1000円 前売700円
チケット販売 チケットぴあ・サークルK・サンクス・ファミリーマート
     端末操作に必要な「Pコード」ナンバー:612-091
    ・水俣フォーラム
     TEL、FAX、メールにてお申し込み下さい
   
■お問い合わせ
 認定NPO法人 水俣フォーラム
  〒169-0075
  東京都新宿区高田馬場1-34-12 竹内ローリエビル401
  TEL:03-3208-3051 FAX:03-3208-3052
  E-mail:mf1997@mountain.ocn.ne.jp
  ホームページ:http://www6.ocn.ne.jp/~mf1997/
posted by momotomo at 00:40| Comment(1) | TrackBack(2) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーストラリアでも!六ヶ所再処理工場の記事が全国紙に登場。鎌仲さん、小出さんインタビューも。

みなさん、こんにちは。

ももんがの井上です。

ももんがともだちネットのML上、流していただいた情報です。

ぜひ、多くの方と分かち合いたいので、ブログに転載します。

何度かこちらのブログでもご紹介させていただいている、
gyaku.jp / Global Voices Online の 鴇田花子さんから届きました!

海外へどんどん伝えることで、動きも変わってきます。


鴇田さん&クリスさん、
そして、いつもみんなをつないでくれる兄貴分、益岡賢さん、
ありがとうございます♪

*********************

知り合いのオーストラリア人ジャーナリストのジャスティン・ノリさんが、六ヶ所村の再処理工場についての記事を書き、
オーストラリアの新聞The SydneyMorning Herald紙とThe Age紙にチェルノブイリ22周年の今日(これは偶然)、掲載されました。

The Sydney Morning Herald
http://www.smh.com.au/news/world/japans-nuclear-waste-will-spill-from-new-plants-chimney/2008/04/25/1208743246473.html

The Age
http://tinyurl.com/47jzjd (URLが長いので短くしました)

鎌仲ひとみ監督や小出裕章さんへのインタビューも引用されています

記事はかなり詳しくかかれているので、日本語が読めない方へもリンクを勧めてみてください。

*********************

posted by momotomo at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「六ケ所村通信no.4」ついに完成! ◆◇ ◆映画「六ケ所村ラプソディー」のその後 鎌仲監督ご挨拶、ご案内

みなさま

こんにちは。
ももんがの井上です。

「六ケ所村通信no.4」ついに完成! 
◆◇◆映画「六ケ所村ラプソディー」のその後

※転送歓迎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


      ◆◇◆ 「六ケ所村通信no.4」ついに完成! ◆◇◆
 
       映画「六ケ所村ラプソディー」のその後

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

映画「六ケ所村ラプソディー」が2006年3月に公開してから2年。
この間、六ケ所再処理工場をめぐっていろいろな出来事がありました。


T┃ O┃ P┃ I ┃ X┃
━┛━┛━┛━┛━┛


1.ついに完成!「六ヶ所村通信no.4」−鎌仲監督よりごあいさつ−
2.4/28(月)〜5/2(金)「六ヶ所村通信no.4」完成記念上映会
in東京・渋谷・アップリンク・ファクトリー


『六ヶ所村ラプソディー』
 <監督:鎌仲ひとみ/製作・配給:グループ現代/2006年/119分>
    ホームページ   http://www.rokkasho-rhapsody.com/
    ブログ(最新情報掲載)  http://rokkasho.ameblo.jp


1┃ ついに完成!「六ヶ所村通信no.4」−鎌仲監督よりごあいさつ−
━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


現実が動き始める、その瞬間
・・・「六ケ所村通信no.4」完成にあたって・・・・・・

「六ヶ所村通信no.4」はこれまでの4本の中でも最も激しく動き始めた現実を記録したものとなりました。これまでシナリオのない、刻々と変化するダイナミックな現実をどう記録し伝えていくのかを考え、映画の完成を待たずに報告という形で「六ヶ所村通信」というビデオレターを出すことにしたのは、より早くより多くの人々に情報を提供し共有したいと思ったからです。
「核燃料サイクル計画」:使用済核燃料を再処理しプルトニウムを取り出すーは国策であり、日本は原子力立国を宣言しました。世界はこれからのエネルギーをどうするのか揺れています。地球温暖化をもたらした大量生産・大量消費・大量廃棄の文明の岐路に立っているのです。
六ヶ所をめぐる問題はもう一つ新たな要素を含んでいます。私たち1人1人生き方が未来を決めるというビジョンが初めて現実に共有されつつある時代に問われているのは、政府でもなく、産業でもなく、まさしく私たちのあり方と選択だということです。
そういう意味でこれまでのようなドキュメンタリー映画よりももっともっと開かれた、
現在進行形に近い市民メディアとして「六ヶ所村通信」は制作されました。

                                    監督  鎌仲ひとみ


2┃「六ヶ所村通信no.4」完成記念上映会in東京・アップリンク・ファクトリー
━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「六ケ所村通信no.4」完成を記念して東京・渋谷のアップリンク・ファクトリーにて鎌仲ひとみ監督作品の特集上映会を開催します。
上映期間中は鎌仲監督のトークもあります。
この機会にぜひご覧ください。

4/28(月)〜5/2(金) 
inアップリンク・ファクトリー

http://www.uplink.co.jp/factory/log/002543.php

渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階 TEL:03-6825-5502
地図:http://www.uplink.co.jp/info/map.html
                  
【上映作品・スケジュール】

■「六ケ所村通信no.4」
 連日20:30、4/28(月)14:30、4/29(火・祝)13:30、5/2(金)14:30
■「六ケ所村通信no.1、no.2」・連日16:30
■「六ケ所村通信no.3」・連日19:00
■「六ケ所村ラプソディー」・4/29(火・祝)11:00、5/1(木)13:30
■「ヒバクシャ−世界の終りに」・4/30(水)13:30

【入場料】
\1000〜\1300(1ドリンク付)

☆4/28(月)よりアップリンク・ファクトリー会場にて
 「六ケ所村通信シリーズ」DVD発売致します!

詳細はこちらから→http://www.rokkasho-rhapsody.com/images/no4_page4_800.jpg





============================================
グループ現代 
『六ヶ所村ラプソディー』製作プロジェクト
配給・宣伝担当:巌本、藤井
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-11-13
Tel: 03-3341-2863 Fax:03-3341-2874
  yoshikof@g-gendai.co.jp 
  http://www.rokkasho-rhapsody.com/
  http://rokkasho.ameblo.jp
============================================
posted by momotomo at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

4月29日夜:講演会「憲法の視点でドイツと日本を検証する」

みなさん、こんばんは。

ももんがの井上です。

ももともネットのMLで、
O石さんよりお誘いが出ていたものを転載しますね。

**************************************************************

ドキュメンタリー映画「核分裂過程」は
ドイツ南部にあるヴァッカースドルフで
核燃料再処理工場の建設を阻止した運動を記録したもの。


第二次世界大戦で他国を侵略したドイツと日本。
脱原発に取組むドイツと原発推進を国策にした日本。

今年、憲法施行61年目、9条世界会議が開催されます。


下記講演会の情報です。

【日時】 4月29日(火)18:30〜21:00

【会場】 伊藤塾東京校(JR渋谷駅徒歩3分)

【講演】 「憲法の視点でドイツと日本を検証する」
     伊藤真・法学館憲法研究所所長

【入場料】無料

【主催・問合せ先】
     法学館憲法研究所(電話 03-5489-2153 メール)

【後援】 伊藤塾
  http://www.jicl.jp/jimukyoku/backnumber/20080407_02.html


O石さんよりメッセージ:
当日は、水俣病記念講演会 があります。
そちらに参加してから行きましょう。

**************************************************************

まぼより追加:

5月4・5・6日と、幕張メッセで行われる、
9条世界会議 http://whynot9.jp/first/ 

こちらでも、5日に、伊藤 真さんがシンポジウム5に出ていらっしゃるようです。
(スケジュールなどは直接、ご確認下さい。

今、「憲法の危機」ということで、
やっぱり伊藤先生はたちあがってくれました わーい(嬉しい顔)

一昨年くらい前から、
色々な市民団体の学習の場でも、お名前を見かけるようになりました。

まぼは、学生時代に(遠すぎる・・・)、
伊藤先生の「憲法・人権」のおはなしをビデオで観て(聞いて)、
ひどく衝撃を受けたことを今でも時々、思い出します。

魂の授業、そして、明快な語りでわかりやすいです。

法律は苦手・・という方も、
難しい講座はちょっと・・・という方も本当に一度は、
「伊藤真さん」のおはなしは聴いてみてください!

                    ももんが まぼ
posted by momotomo at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラーメンどんぶりとぽぽみ

080427_205015.JPG

へっちゃら.JPG

みなさん、こんばんは。

週末の夜のぽぽみ店長です。
※画像はクリックすると、大きくなります。
めりこみ具合をお確かめください 犬

「うーーーーーーーん」という大きな声で振り向いたら、

こんなことになっていました ふらふら

当初はさらに後ろ足も開いちゃって、
もっと体重がかかってました。

日ごろ、小さな台の上に食事のお皿や水を入れたお皿を並べて、
そこから食べてもらうようにしています。
ただ。今晩は、私が夕飯の準備をしたため、横着なぽぽさんに呼ばれてしまい、お口のところにお皿を置いたのです。
(平泳ぎポーズのまま食事をとっていました。お行儀・・・)

その後、、、。

いくら おおらか といっても、
ラーメンどんぶりの上でも熟睡してるのは・・・。

  
posted by momotomo at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高尾山1000人ハイクに参加してきました!

みなさんへ

こんばんは。
ももんがの井上です。

 4/27(日)、虔十の会さん主催の、「高尾山1000人ハイク」に参加してきました。

ももんがチーム(即席)からは、
K子さん、Tさん、M月さん、Mちゃん、Rさん、まぼの6人です。

また、会場を取り仕切る虔十の会のスタッフの皆さん(ぐらするーつのS井さんも)、
エコラボキャンプなどを一緒に味わった、M宅くんやみっちん、
N子さん、Kさん
他たくさんの方に会えました〜。

 6号路(琵琶滝コース)から 山頂へ、 そして、いろはの森 経由で、みんなの集合場所になっている、日影沢キャンプ場へと下りてゆきました。
 雪子さんの本「高尾山ゆっくり散歩」を見ていて、
ずっと行きたかった6号路です。

途中、滝行する方もいらっしゃいました。
こちらもしーーんと心が澄み渡るような気持ちになりました。
(だからこそ、「水道水」じゃ、困るよね もうやだ〜(悲しい顔)

また、佐野さんの高尾山の写真集でみかけたちいさな植物やちいさないきものも、とてもいい季節だったようで会えました。

途中でみんながため息がでちゃう素敵なスポットがあり、
休憩していたら、後ろから「木を植えましょう」という本を書かれた正木さんがおともだちと一緒に上ってきました。

CIMG0742 ライブ.jpg

二人のミュージシャンの方が歌ってくれて、
大きな木に抱かれて、前方に広がる柔らかな緑をみて、空をみて。。。

トッチから教えてもらった 風善(かぜよし)さんも一緒にいらして、ぜひ聴きたいと思っていた、まさにその歌『やまずめぐる』を聴かせていただけました〜。

(和居和居デッキーでの3月のライブは、YOU TUBEでも観れますよ)

目に広がる世界と耳を澄ませて聴いた歌声とウクレレの音色、
本当にしみじみとよかったです。

※風善さんのサイト:http://www.kazeyoshi.jp/


水場が気持ちよいルートで、次回もここから登りたいです。

どこを歩いても、新緑のほんとうにいい季節でした!
(わたしは、どの季節もそういってますね・・・わーい(嬉しい顔)

トーク会場での炊き出しはいつもながら美味しくて、
(パスタもコーヒーも最高でした。)、
ライブもトークショーも素敵で、、、。

高尾山を愛する仲間が笑顔で集まれる場を一生懸命つくってくれたスタッフの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

また、広島から千葉の幕張まで、5月4日の9条世界会議の会場に向けて、平和ウォークをしています。
そのためにアメリカからやってきた若いラッパーの男性二人組もステージに上がりました。
「9条は世界の宝です」と、片言の日本語で笑顔で話してくれて、
なんだか、涙が出ちゃいました。

なお、心配してくださった方もいるかと思いますが、、、。
当日、高尾山には、Tシャツを着た仲間は、1000人超いたかと思います!!!
(Tさん情報では、700人?これから確かめて、書き換えることもあるかもしれません)

とにかく、本当に同じTシャツを着た、高尾山に大好きだよ!と伝えるために集まった仲間たち。
ほんとうにいっぱいいてくれて、同じTシャツの方を見ると、
家族みたいな気持ちになって、挨拶するとき、絶対にこっとしちゃうわーい(嬉しい顔)
それもよかったです。

私は、「あなたのTシャツ、どこでもらえるの?」とか、
3回ほど話しかけられました。
はりきって、お話して、お誘いがんばりましたよ。
ひとりの方は、次は私もやるわ!とガッツポーズをしてくれましたわーい(嬉しい顔)

なので、この同じTシャツを着て、また何度でも一斉に登る日を設定してもらえるとまたはりきっちゃうよ。
いいねーーなんて、みんなで話しながら帰りました。
(虔十の会さんの負担は相当なものだと思いますが・・・)

まぼ個人としては、犬の世話が待っており、最後までイベントを観れなかったことが悔やまれます。
マエキタサンのトークを聴けた方、一緒に登ったみなさん、
そして、このブログを観てくれた方で「私も1000人ハイク登ってたよ」という方の想いもお寄せください〜。

お腹が痛いのに、それでもいつも気持ちよく、みんなをおおらかに迎えてくれる高尾山、ありがとう。
高尾山を守るために、大好きになる人を増やすのに、
いつもかっこいいイベントをしかけてくれる、
坂田さんをはじめとする虔十の会のみなさん、
本当にありがとうございました!

今後もトンネル工事、やっぱりやめよう。って声が大きくなるように、
一緒にももんがの仲間も笑顔でつながっていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

               ももんが まぼ
posted by momotomo at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月26日(土):鎌倉へおさんぽに行きました

みなさん、GWがはじまりました。

いかがお過ごしでしょうか?

わたくしごとではありますが、
ひさしぶりに鎌倉に出かけました。
Jさんと、のんびりおさんぽです。

雨がときおりぱらつく、肌寒い日でしたが、
いっぱいおしゃべりして、
あちこち歩いてほんとに楽しかったですわーい(嬉しい顔)

ともだちの案内だと、自分の一人での散歩のときには、
訪れることができないような旅にしあがります。

ふたりとも歩くのが好きなので、
てくてくてくてくいっぱい歩きます。

獅子舞(ロボット)のいる神社(鎌倉宮)に行って、
おみくじをひいたり(ういーんという、そのしぐさがおもしろい)、
厄除けの為にちいさな土のうすいお皿を投げたり、
かえるのかわいいお札をお土産に買ってきたりしました。

Jさんは、かわいいものやおいしいものに精通しているので、
おまかせコースをお願いしちゃいました♪

おしゃれな雑貨のお店や人気のあるおいしいお店、
ギャラリーなどにも寄れて、新しい鎌倉を発見しました。

絵本とおいしいお茶とスコーンのお店でごちそうになったりして、
ふーふーと大きなカップに入ったりんごとシナモンのお茶をいただいて、心もあったかになりました。
080426_ソングブックカフェ.JPG

はんぶんこにしてもらったスコーン2種もとてもおいしくて、
本も何冊も欲しいのがあったし(あべ弘士さんの)、
またぜひ、ゆっくり伺いたいカフェでした。

そして、前日に「ここに行きたいな。」と思っていたカフェのことをメールで書いていたら、ここだよ。って調べて連れて行ってくれたのでそちらにも寄れました!

ソンべカフェさんというお店では、
アースデイの素敵なイベントなどをされているそうです。
(ぎゅうどん君という看板犬にも会えました)

080426_ぎゅうどんくん.JPG

もうひとつは、長谷にある、ミドルスさんです。

先日19日(土)に、代々木公園で行われたアースデイ会場で、
以前、「六ヶ所村ラプソディー柏上映会」&田中優さん講演会の帰り道、友達になった、平和つむぎ&ガンジーの会の豊田さんと最近、結婚されたばかりのCさんに会いました。
(ラブラブでした〜ハートたち(複数ハート)

そこで、鎌倉が熱い!というお話を色々聞いて、行けたらな〜と思っていたのでした。
(ミドルスさんはこれで2度目の訪問です)

今回、バセンジーという、とても珍しい種類のアフリカの古代犬の子犬(女の子)が仲間入りして、目を細めてしまいました。
外の貼り紙に、ほほえんでしまいました。
(「小さな犬」を消して、「中ぐらい」って書いてあったのです)

店長さんの男性と愛犬溺愛話を聞き(ほほえましくてそういうの聞くの大好きわーい(嬉しい顔))、豊田さん&Cさんのお話を聞き(豊田さん、前日、河童コスチュームで店の目の前を歩いていたとのこと。鎌倉中で、はやくも有名人になってる?)

最後、店長さんが目をキラキラさせて、
「今読んでるんだけど・・・」という本 を教えてくれました。

著書:「ニンジンから宇宙へ
−よみがえる母なる大地−」 著者/赤峰 勝人    

著者の赤峰さんはふだん九州で農業をされているので、
東京での講演の機会は稀で、とても貴重な機会なのだそうです。

5月に講演会があり、1枚チラシをいただいてきました。

何かの縁だなぁと思いながら、翌日、高尾山に上ってるときに「えーーっと、ニンジンなんとかっていう本で循環農法の、、」とあやふやな話をしたら、
Kさんも、Mさんも、Tさんも、その方を知ってて、驚いちゃいました。

ひとに「熱く」勧められたら、わたし、ぴょんと乗ってみることにしています!

なので、この講演会も必ず行こうと思っています。


080426_スマートボール.JPG

帰りがけに、江ノ島駅で降りて、お夕飯を食べる場所を探しました。
海へいく道に、懐かしいレトロなお店を発見!
スマートボールなどで遊びました。楽しかった!
通りの電気屋さんのシャッターには、描いた方と会いたくなってしまった、素敵なイラストを発見しました。
ふっくらほっぺのリスの子が、なんだかぽぽみにそっくりだったので、写真を撮らせてもらってきちゃいました。

080426 シャッターのリスさん ぽぽみに激似.JPG

080426 シャッターのリスさん ぽぽみに激似.JPG

ひさしぶりの鎌倉は、魅力たっぷりで、またすぐに来たい!と思いました。
ここちよい山と海に囲まれ、
寺社やギャラリーをはじめ歴史も文化ものある、豊かな土地ですね。
人気があるのがよくわかります。(ももんがも移住したくなりました)

晴れわたった空のもとの海、
大の字に寝そべってお弁当を食べたい!と行き先が変わったのですが、それは次回のお楽しみ。
すっかりリフレッシュしてかえってきました。

次は、パンダコパンダ展&3匹のこぐま展を見に、
ジブリ美術館に行きます。

ついついあれこれぜーぜーと走ってしまう私に、
気持ちのよいもの、大好きなもの、
日々を楽しんで暮らすことの大切さをいつも思い出させてくれる友達に感謝です。


                      ももんが まぼ

posted by momotomo at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月29日(祝):FUNKISTのワンマンライブ(渋谷)

みなさんへ

ももんが井上です。
こんばんは!

明日、私は、夜、FUNKISTのワンマンライブに行きます!

あと3枚ほど、まぼの手元でチケット(1枚3000円です。おまけのゴージャスCDも預かってます)が、みんなの声がかかるのを待ってます。

一緒に行くよーって方、どうぞ声をかけてくださいね。
(メールか携帯(20時以降)でご連絡を!)

@彼らの魅力がわかります。

スペシャルインタビュー
全員のお写真の下のインタビューをぜひチェックして下さいね。

ディスクガレージ: http://www.diskgarage.com/info/funkist/

Aみなさん、ライブ前に、踊りを予習しよう!

わらいがこぼれちゃいました。
そして、パソコンを観ながら身体が動いちゃいます〜犬
王子駅前の飛鳥山(あすかやま)公園で撮ったそうです。


以下、転載

FUNKISTの「アースハウス」みんなで踊っちゃおう!

振りV
http://jp.youtube.com/watch?v=uq9ByRNSZqU

他にも、YOU TUBEで彼らの映像が観れますよ。


*****************

FUNKIST ワンマンLIVE

CLIMB AXツアー’07〜’08 FINAL −CLIMAX

2008.4.29(火.祝)

会場: SHIBUYA−AX
http://www.shibuya-ax.com/

OPEN 17:00
START 18:00

Adv(前売り) ¥3,000/ Door(当日) ¥3,500

・JR山手線原宿駅 徒歩5分
・JR山手線/営団地下鉄半蔵門線・銀座線、東急線、京王線渋谷駅 徒歩8分

地図は、直接HPを見て下さい。
※代々木第二体育館の近く。
代々木公園のNHK放送センターのところから、
線路のほうに戻る感じ。

※ももんがの仲間のの待ち合わせ場所
16:30 JR山手線原宿駅 
※事前に井上まで連絡をおねがいします。
あとは、現地で会いましょう!

〒150-0041 東京都渋谷区神南2-1-1
TEL:03-5738-2020 (10:00〜22:00)

3/8各種プレイガイド発売開始
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:280-041)
ローソンチケット0570-084-003 (Lコード:39194)
イープラス http://eplus.jp

今回のワンマンライブにいけない方、悲しまないで下さい。

5月4日に、幕張メッセで行われる、
9条世界会議でも、FUNKISTのライブが楽しめます。

同じステージでは、UAさんや加藤登紀子さんも登場♪
当日券はたったの1000円です。
こちらもお勧めします。



            ももんが まぼ
posted by momotomo at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

FUNKIST 4/29(祝・火)ワンマンライブ に行こう!

080404_緑をふやすキット.JPG


みなさんへ

去年、てんつくマンたちのお祭(イベント)に遊びに行くようになって、素敵な人と、ほんとうにいっぱい会いました。
誘ってくれたMちゃん、ありがとー。

というわけで、私もみんなに「一緒にいこうよー」と誘ってます。

FUNKISTという熱いかっこいいバンドの皆さんもその一組。
彼らの大きなライブがもうじき、4/29(火・祝)に渋谷で行なわれます!
ずいぶんとフライング気味で、ぜーぜーしながら、
ももんがのメーリングリストのほうへは、
みなさん、一緒に行こうよーって、お誘いをしていたのですが、
ブログには書きそびれていました・・・。しまった!

FUNKIST ワンマンLIVE

CLIMB AXツアー’07〜’08 FINAL −CLIMAX

2008.4.29(火.祝)

会場: SHIBUYA−AX
http://www.shibuya-ax.com/

OPEN 17:00
START 18:00

Adv(前売り) ¥3,000/ Door(当日) ¥3,500

・JR山手線原宿駅 徒歩5分
・JR山手線/営団地下鉄半蔵門線・銀座線、東急線、京王線渋谷駅 徒歩8分


地図は、直接HPを見て下さい。
※代々木第二体育館の近く。
代々木公園のNHK放送センターのところから、
線路のほうに戻る感じ。

※ももんがの仲間のの待ち合わせ場所
16:30 JR山手線原宿駅 ※事前に井上までメールください。
あとは、現地で会いましょう!
〒150-0041 東京都渋谷区神南2-1-1
TEL:03-5738-2020 (10:00〜22:00)

3/8各種プレイガイド発売開始
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:280-041)
ローソンチケット0570-084-003 (Lコード:39194)
イープラス http://eplus.jp

以下、2月に書いたものを元に書きました。
(MLの仲間の皆さん、内容がちょっとかぶります)

去年の12/23.24 と、ほんとうに素敵なイベントに参加することができました。

香川県で行なわれた、てんつくマンたち主催の、
キャンドルナイト&クリスマスイブのイベント。
「元気の種」さんに、MちゃんとNちゃんと行ってきました。

そのイベントは、ご案内の段階から、すごくおもしろくって、
てんつく通信には、「感動の涙をぬぐうため、バスタオルを持参して!」なんて書いてありました。
読むたびに笑いがこみあげてきちゃうんですが、
私は、素直にバスタオルを持っていきました。わーい(嬉しい顔)

秋田犬のイラストのバスタオル(roba3さんのプレゼント)です。

もう大正解!

そこで、FUNKIST http://funkist.info/index.php 
の大・大ファンになりました。

魂の歌を聴き、じーんとして泣いてました。

(昨年、11/18に、日比谷野外音楽堂で行なわれた、
STOP!六ヶ所 の為のイベント。
このライブで、一番最後に演奏されていた、
かっこよくて陽気なグループです、覚えてる方もおおいかな?)

元気の種でのライブが終わって、CDやDVDにサインをもらいました。
その時に、ぽぽみの写真入りの名刺を渡したのですが、
ヴォーカルの染谷西郷さん(かっこいいぴかぴか(新しい))が、おっ、駒込じゃん。って。

 彼らのフィールドが、ももんが(駒込)のお隣の町「王子(おうじ)」!であることが分かりました。
(ぽぽみと歩いてお散歩にいった一番最北端にあたります)

それに、駒込のライブハウスにもよく来ているとのこと。
お〜、寄ってくださいよ!

西郷さんのお母さんは、南アフリカの方です。
お父さん(日本人)と大恋愛だったのですが、
当時、有色人種との結婚が認められず、
モザンビークに逃げて、そこで産まれたそうです。
彼は、若い頃(今ももちろん若いけど)病気になってしまい、
どう生きていくか?を考えながらも、
実際に、動けなくなってしまったときがあって、そのときに、
もうひとつの故郷、南アフリカのおばあちゃん家に行ったそうです。

そこで、彼に歌の楽しさ、生きることのすばらしさを教えてくれた女性と会い、
スラムで貧困に苦しむ子供達、エイズでどんどんなくなっていく人々に出会いました。

彼は自分に何ができるだろう?と考え、
思いを歌にして、人前でも歌うようになったそうです。

(このあたりは、ライブでのお話やDVDやブログに詳しくあります。ぜひ、読んで観てください〜。一番いいのは、生の声だね)

彼のまわりには、とても魅力的な仲間が集い、
本当に家族のような楽しそうなバンドです。

その上、日本国中から集まってくるファンの方々も、すっごく仲がいい!

それは、彼らの歌声やハーモニーは、本当に「心」があるし、
ジーーーンとする上、元気がわいてくるからだなあ。とすぐに思います。

なので、ももんがともだちネットの皆さんにも、
とってもお勧めなのです。

そんな、彼らが、4/29(祝)に、
1500人規模の大きな会場で、ワンマンライブをすることになったそうです。

http://climbtour.funkist.info/


なんだか、もう(勝手に)目頭が熱いです。
          ←おばあちゃんみたい?犬

素敵なライブになると思います。
なので、ももんがでも、両手をあげて、応援したいと思っています。

3/9には、東京の高円寺で、てんつくマンとFUNKISTが、
内モンゴルで行なう植林のためのライブをしました。

そちらでもじーーんとして泣いたり、笑顔こぼれて、
笑って肩を組んだりして・・・。

(ちなみに、井上は大きな音が苦手でして、
なるべく避けて、ライブとは縁遠い人生を送ってきたのですが、
FUNKISTや高尾山で歌を歌ってくれるミュージシャンの方々の場合は、「うれしくなっちゃう!」ことがわかりました。)

会場で、4/29(祝)のワンマンライブのチケット(3000円)やCD(2000円) なども10枚ずつ買ってきました。

どうぞ、一緒にいくよ。という方、声をかけてくださいね。

現在、まぼ・Mさん・トッチ・あべちゃん、Rさんの5人が行きます。
あと5枚だよ〜。

※画像:みどりを増やすキット 

このキットを、FUNKIST&てんつくマンの植林ライブの日に10個買って帰ってきました。

なかには、すかしゆりの球根が入ってます。

何色のお花が咲くかな?

ライブの後、ももんがのお店の日に、お客さんにひとりずつ託してゆきました。

てんつくマンたちは、毎年、内モンゴルの植林に行っていますが、
今年は4/14〜20にそのツアーがありました。
私は、予定がつかず、行けない・・・と悲しみながら、寄付(木さんコース)を考えていたところ、
お土産のコーナーで、このかわいいイラストのついたポットを発見したのです。
この10箱の売上から、なんと、110本の苗木が買えて、
それをツアーに参加するみんなが植えてくれて、
中国の内モンゴル地区のこどもたちが育ててくれるんですって!

それに加えて、ももんがの仲間のおうちでも育ってゆきます〜。
(大島や大阪に旅立っていった球根くんもいます)

緑を増やすことで、笑顔も増える。
だれでもできることで、地球のこと、
立ち止まって、思いをはせる機会を(笑顔で)作ってくれるてんつくマン。

ほんとうに素敵なキットを用意してくれたことに、感謝しています。

花が咲いたらこちらで報告しますね!


                   ももんが まぼ








posted by momotomo at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ももんがアースデイ【お昼・第1部】ネパールカレーパーティのレポート

みなさん、こんにちは。

ももんがの井上です。

しっかり書こうとしてしまい、
レポートがどんどん遅れちゃうので、、、簡単なレポートで失礼します。

Pさんからいただいたお写真をアップします。

Pさんに「おいしいもの」を撮影していただくと、
食べ物たち がぐっと美味しく見えますね〜〜。

お野菜などの食べ物たちへの愛情がたっぷりあるからなのだと思ってます。
(たまねぎをじっくりゆっくり微笑みながら炒めている姿が、
焼きついていますわーい(嬉しい顔)


香菜がちょっと多めの、おいしい野菜のモモ完成です!

皮をこねこねまるまるとしてくれたのは、リーダーのトッチ。
私たちは、2斑に分かれて、にこにこ(にやにや)しながら、
小さく丸めて、伸ばして、包んで・・という作業です。
包むのは、今年1月にラダック料理のとき、
スカルマさんが教えてくれた方法が役立ちました!

いつもの餃子だと、三日月の形に包みますが、
モモは、まあるく花びらみたいに包むのがいいみたいです。
ちゃんと、ネパリバザーロさんのカタログの写真みたいになってるかな?!

コネコネまるまる.jpg

皮をつくるよ.jpg

キャベツを敷いて、蒸し器(せいろ)で蒸して出来上がり!

(キャベツももちろんいただきます。蒸し野菜大好き)

野菜のモモ.jpg

できた!!

前の日にアースデイの会場で買った、天日干しのおいしいお米!

こちらをレトロな大きな炊飯器で炊きました。

みんなでよそっていただきます。

できあがった、豆腐のキーマカレーは、試作のときの失敗を克服。
お豆腐をしっかり水切りをしたので、いい触感になりました。

たけのこやきのこなどの具もたっぷり。
スパイスの香りもいい感じ!

豆腐のキーマカレー.jpg

みんなでお話しながら、作って食べるのは、
どうして、こんなにおいしいのだろう〜。

会場では、映像を1本観ました。

チベットの子供達が、親元から離れて(もうやだ〜(悲しい顔))、
てくてく歩き通して、ヒマラヤ山脈を超えるのです。
中国を脱出して(ハラハラしました)、
ネパールを経由、インドにいるダライラマのもとに亡命していくドキュメンタリーでした。
(こちらも前日にアースデイでGET!
以前、アムネスティさん主催の上映会で観て、ほしかったのです)

映像を観ながら、フェアトレードの取り組みや、
日本にいると実感しずらくなってしまう、人権のことなどを、
いろいろ考えました。

お片づけなどもあり、ゆっくり感想をわかちあう時間がとれなかったのだけが、すこし残念でした。
(ラダックの調理実習のときは、最後にダンスまでしたんだ〜)

今回、急に持ちかけて、ネパールカレーパーティーのリーダーを頼んでしまった料理人のトッチさん
(本当はマクロビごはんか日本料理だよね)、
いろいろな予定を調整して参加してくださった皆さん(5人)、
ありがとうございました♪

                   ももんが まぼ

撮影の様子 .jpg

店員、けっこう真剣に撮影しています!




posted by momotomo at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ももんがより:高尾山1000人ハイクお誘い(再)

みなさま

こんにちは。

ももんがの井上です。

現在、井上は、職場にて、「GWも出勤してでも、
レポートや決算などを仕上げる。」というミッションがあり、
あわてて連日、残業の日々を迎えています(泣)。

GWは、楽しいイベント参加&衣替えなどの自分のこと(がっくり)も詰まってますから、会社に「仕事」しにくるような時間など1分もないのです!

ももんがアースデイのこってり報告、
高尾山の声を伝える、1000人ハイクのお誘い、
谷中6ラプ上映会のお知らせ、
秋田犬6匹(ブリーダー崩壊)の一時預りさんの募集、
4/29(祝)FUNKISTワンマンライブのお誘い♪などなど、
ご案内したいことがいっぱいなのですが、、、。

皆さんも、GW前の時期、
あれこれと楽しい予定やのんびりプランなどを立てて、
ちょっぴりあわあわとして、過ごしていらっしゃるでしょうか。

ひとつ前にご案内した、奈々子さんのレポート、
その場にいる気分に浸れちゃう、
素敵なしっかりレポート&お知らせ を書いてくださり感謝してます。
ありがとうございました!

谷中のお寺での6ラプ上映会は、マスコミの方への働きかけもとても上手ですねぇ。
ほかの新聞などにも、載るそうです。
上野経済新聞の記事を、教えてくださって早速読ませていただきました。
瀬戸さんの語りがそのまま載っています。
取り組みに手を重ねている仲間がほんとうにいっぱいいることに、勇気をもつと思います。

ももんがの仲間にもファンの多い、パリットフワットさん(おいしいパン屋さん)もお仲間として、名前を連ねていますよ☆

近所の根津神社は、つつじまつりで、満開でたくさんのひとでがありますよね。


奈々ちゃんや晋平さんが高尾山の声を届けるTシャツを笑顔で着てくれる。
すると、谷中に集う方たちも、「なんだなんだ?」って思ってくれる方も増えそう〜。
結構、Tシャツって読んじゃいますよね。
じーーーっとイラストや文字を読んだり、
「ねえねえ、トンネル掘ってるってほんと?」って自主的に聞いてくれる人もいるか
も?!

「六ヶ所に行こう!」だと、遠い・・・としり込みする人も、
高尾だったら、近いから、翌週行ってみようかな。って思う人が多そうです。

素敵な笑顔と着こなしで、いろいろな場に出没する作戦は、いいですね!

いろいろな問題って、自分から話しだすのは迷惑かなーと思うと、言い出しずらいこ
ともありますよね。
だから、どこでも着ていって、話しかけてくれたらラッキー☆という風に使ってもい
いですよね。

1000円の参加費。
こちらで、Tシャツはいただけます。

※どんなTシャツか?の説明の為、画像を2枚(フライングで)付けました。
坂田さんとお仲間、虔十の会の皆さんが着ています。
ももんがアースデイ(夜の部):撮影:奈々子さん

4/27(日) の1000人ハイクに都合がつかず、参加できないかたも、
「高尾山の声を伝えるよー」って気持ちの方、一緒に着ましょう。
どうぞお求め下さい。

どこからどうつながるか分かりません!
口伝えに、和居和居デッキが、もっともっと人気スポットになって、
高尾の問題をよりすその広く、伝えていくきっかけになるかもしれません。
うれしい!

高尾山のことを伝える、
高尾山でも、6ラプの話しをする。

たとえ、高尾山にいけなくても、谷中の映画祭にいけなくても、
自分のいるところで、自分のできることをして、
いのちを大切にしていきたい。と改めて思いました。

おなじ根っこの問題だって気づいたら、うごきは早い!
ほんとうにオセロのように、くるって行くと思います。

なお、4/27に今の時点で4.5人参加する仲間がいそうです。
もし、こちらのMLを見てて、ひとり参加なので不安。
とおっしゃる方もいるかもなので、
ももんがチーム(即席) を 結成します。

佐野さん情報では、ちょうど今時分が、
山桜、見ごろを迎えてるそうです!

集合: 午前 8:40 集合
京王線新宿駅 先頭から2両目の車両。

京王線 準特急 高尾山口行き
(行き先の名称が違くても、とにかく50分発の準特急です!)

08:50出発 ⇒ 09:43到着

※この時間が受付ぎりぎりなので、
こちらに乗って先に行かせていただきます。

※当日は、受付まで一緒に。というものです。
あとは、個人のペースで、もっともっとのんびり派、ごろりと寝転ぶ派、
がんがん縦走派と、好きな形で過ごしてください。
私はびわ滝コースを、雪子さんのさんぽの本を参考に登ってみたいなーと思います
が、
参加されるみなさんと相談して、のんびりいくつもりです。

                              ももんが 井上

□■□■□■□■□ 以下、転送歓迎 ■□■□■□■□■

4月27日(日)
高尾山1000人ハイク!みんなが高尾山のメッセンジャー

小さな命がたくさんにぎわう高尾山の春。
その命のみなもとは、高尾山をめぐる豊富な地下水です。
いま、高尾山のおなかに大きな穴が開けられようとしています。
圏央道高尾山トンネル工事…
山を削り、木々を伐り、水が失われようとしていても
高尾山は身動きできません、声をあげることもできません。

「高尾山にトンネルを掘らないで」Tシャツを着て、ゴールデンウィークに訪れるた
くさんの登山客にアピールを!!
高尾山のSOS!の声をみんなが伝えて!!
この日ばかりは、みんなが高尾山の申し子。
小天狗たち、ワラワラ集まれ〜
大勢でやらなきゃ目立たない、みんな誘い合って参加してください!

■受付     9:00〜10:00 高尾山口駅前

■参加費   1000円(Tシャツ&日影沢キャンプ場でのイベント参加込み)

■タイムスケジュール
9:00〜10:00  受付終了後START!
高尾山のどこを歩いてもOK!
山頂を目指すのもよし、ケーブルに乗るのもよし、どこかで楽器で遊んでいてもよ
し。
とにかく、「トンネル掘らないで」Tシャツを着て、一日高尾山にいてください。
そしてたくさんの人に見てもらってください。
15:00  時間がある方は、日影沢キャンプ場に集合!
       ※おいしい炊き出しあり♪
15:30〜16:15  トークセッション
       石川仁さん(カムナ葦船プロジェクト)
       マエキタミヤコさん(100万人のキャンドルナイト世話人)
       坂田昌子(ケン十の会代表)
16:20から17:20  LIVE(詳細決まり次第発表)

■申し込み方法
メールかファックスで受付ます。当日清算ですが、Tシャツの用意のために予約受付
をしてください。
氏名・住所・電話番号・参加人数・TシャツのサイズS/M/Lのいずれかをお知ら
せください。
メール:kenju_watanabe@yahoo.co.jp

ファックス 042−689−6950

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■エコアクション虔十の会(けんじゅうのかい)
 ■代表 坂田 昌子
 □E-mail:kenju-no-kai@nifty.com
 □Homepage:http://www3.to/kenju
 □Blog:http://kenju-no-kai.cocolog-nifty.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

posted by momotomo at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈々子さんから:ももんがアースデイ【夜の部】感想&4/27:「六ヶ所村ラプソディー」上映会@谷中 のお誘い

ももともねっとの皆様、こんにちは。奈々子です。

4月20日に駒込で開催された
ももんがアースディ【夜の部】の余韻を、まだ引きずっています・・・。

坂田さんをはじめ、虔十の会の皆様、雪子さん、佐野さんから
高尾山への想いと現状を、まさに“膝を突き合わせた状態”で
直接伺うという、大変貴重な時間を体験させていただきました。
本当にありがとうございました。

ですが一方で、この国で起こっていることを知れば知るほど・・・
高尾山でのことも、六ヶ所村でのことも
“問題の根っこは同じ” という事がよ〜くわかり
怒りや悲しみを通り過ぎて、ぐったりと脱力してしまいそうな私です。

「シリアスな問題だからこそ、笑いが無くちゃやってられないよぉ〜!」

「黒のオセロがパタパタと白に反転していくような
そんな『機』がきっと近いうちに来る気がするよ!」

と、声を嗄らして話してくださった
坂田さんの力強い笑顔が忘れられません。

4月27日の高尾山1000人ハイクが、『機』への弾みとなることを願っています。

私は、27日は「高尾山にトンネルをほらないで」Tシャツを着て
谷中のお寺で「六ヶ所村ラプソディー」上映会をがんばります!

「六ヶ所村ラプソディー」上映会@谷中のことが
上野経済新聞(インターネット新聞)にとりあげられました!!!
是非とも、ご覧になってみてください(会場の地図も載っています)

http://ueno.keizai.biz/headline/58/


谷中六ヶ所村ラプソディー上映会実行委員会スタッフ
 奈々子



posted by momotomo at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

ももんが☆アースデイ :ありがとうございました!

080419_もんじろうさん.JPG

みなさまへ

こんにちは。
ももんがの井上です。

かなり直前のご案内でしたが、みなさんのおかげで、無事、ももんがアースデイ、終
了いたしました。
皆様、ありがとうございました。

カレーパーティーリーダーをお願いした、トッチ、
トークをお願いした、雪子さん、坂田さん、佐野さん、
トーク中も裏方のおしごと一切を助けてくれた奈々ちゃん、
ほか様々な形で手を貸してくださった皆様、
イベントに元気に参加して、声を届けてくださった皆様、ありがとうございまし
た〜。

いずれも予想通り!とても素敵な企画になりましたので、
広報の時間が足りなかったこと(代々木のアースデイと重なっちゃった)を残念に
思ったのですが、
そのような中でも、あちこちから駆けつけて下さった方々と顔を合わせることがで
き、
濃いおはなしの輪が幾重にもできていて、、、。

互いの違いに感謝しつつ、
いのちを大切に思う仲間と、笑顔でつながっていくことの心強さを感じました。
笑顔や涙、みんなのひとつひとつの表情からいろいろな思いがしっかり伝わってきま
したね。
歩みを積み重ねること、
地球を思う日を小さい輪からどんどん伝える。
とても贅沢な「アースデイ」になりました。

会計報告&お掃除を終えて、ぱたりという感じでございます。

落ち着きましたら、順次、ブログのほうに、レポートを書きます。

参加してくださった皆さんからのレポート&かっこいい画像がありましたら、
(MLへでも、ブログ用でも)大・大募集中です。

とりいそぎ お礼まで

ももんが 井上

画像:
@ ぽぽみ、週末、朝のお散歩で。
りりしい横顔をパチリ。
じーーーとご覧下さい。
お口元には、葉っぱをくわえて、決めています。
(巷では、「紋次郎風」というそうですね。かなり長時間、くわえたままなので、
散歩中、いつもおなじ男性に声をかけられます。
その方のうちでは、「もんじろう」とか呼ばれてるんだろうな・・・。)

AB ぽぽみ、笑顔こぼれちゃってます。
口角きゅっとあがってます。

見沼自然公園にふたりで歩いて行ってきました。

先々週は、みんなで、ここにお花見に来ましたね!
ぽぽは、すっごく楽しかったようでした。



080419_090101.JPG

080419_083750.JPG


posted by momotomo at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

<イベントのお誘い>4/20(日)第1部:ネパールカレーパーティ 第2部:トークセッション「高尾山の声に耳をすまそう」

ももんが&地球ギャラリー.gif

ももんがともだちネット のブログにあそびにきてくださる
みなさまへ

ももんがの井上です。
こんにちは!

企画・ご案内が遅くなりました。
ようやく4/20のアースデイの企画がまとまりました〜。

お誘いあわせのうえ、遊びにいらしてください!

また、ゆったりした空間を作りたいなあ。と言いながら、
思いがぎゅっと詰まっている為、ついつい熱くなってしまっています。
昼だけでも、夜だけでも、イベントの前後にちょこっとでも。
得意なことで、力を貸してください〜。よろしくお願いします。

※添付したイラストは、2002年に作ったものそのままで恐縮ですが、
ももんが&地球ギャラリーのイメージ画像(マイムマイム)です。
(懐かしい方もいらっしゃるでしょうか。)
ももんがのアースデイのイメージは、こんな感じです。
  手をつないでいるのは、みなさんです♪

                    ももんが まぼ

〜 ともだちと一緒に、色々な場所で、色々なコミュニティーで、
   自由なかたちで 小さなアースディ をはじめちゃおう! 〜

毎年4月22日は、地球の日、アースデイです。
ひとりひとりが自由な方法で、地球への関心を表現する日だそうです。
この日の前後には、世界中で色々な催しが行なわれていますよ。
(EARTHDAY2008サイト http://www.earthday-tokyo.org/2008/about.html )

これまで「ももんがまつり」として不定期に行ってきた、小さな交流の会を、
「アースディ」のイベントとして、動き出してみることにしました。
会場は、駒込駅から1〜2分のところにある、レトロな公民館の4Fです。

午後は、懐かしい調理室で、フェアトレードのネパール料理を一緒に作り味わうパー
ティー。
地球についてあらためて考え、自分でも動き出したくなっちゃうような短編の映像を
楽しみます。

夜は、畳の部屋でほっこり、「高尾山の声に耳をすまそう」のトークセッションで
す。
虔十の会の坂田昌子さん、動物写真家の佐野高太郎さん、創作家の雪子・F・グレイ
セン
グさんをお招きします。
高尾山にそっと優しく抱かれてお話をうかがうのが一番素敵なのですが、
「ちょっと遠いなあ」とか、「一人だと参加しずらいんだ」とか、きっかけをつかめ
なかった方もいらしたようです。
そこで、駒込からも発信を開始!
畳の上ですけれど、高尾山を満喫している気分に浸っていただきながら、
ゆったりと高尾山の「声」に耳をすましていただける機会になると思います。

いずれもみんなでぐるっと輪になって、お茶やおやつを楽しみながら交流会付きで
す。
暖かい気持ちで「地球にありがとう!」を、
そして、「出会えた仲間にもありがとう!」を伝いあえる時間にしたいですね。
笑顔、笑い声で、輪を大きくしていきましょう。

魅力的なイベントが満載のこの時期、直近になってのご案内で申し訳ありませんが、
どうぞ、おともだち、ご家族をお誘い合わせの上、足をお運びください。
また、お誘いがけにも力を貸してください!
皆さんのブログやホームページ、入っていらっしゃるMLなどへのお知らせをお願いし
ます。
                                    ももんが 

□■□■□■□■□ 以下、転送・転載大歓迎 ■□■□■□■□■

☆ も も ん が ア ー ス デ ィ ☆

〜 きれいな空気と水と大地 
     すべてのいのちにかかわる問題です 〜

 この星が好きですか? 
       どんな地球を残したいですか? 
              どんな未来を選びますか?

日時:2008年4月20日(日) 
    13:00〜21:00(2部構成)

会場:駒込地域文化創造館 4F 
http://www.toshima-mirai.jp/center/e_komagome/index.html

JR山手線 駒込駅「北口」より2分、
東京メトロ南北線 駒込駅4番出口より1分

【第1部】
『フェアトレード・ネパールカレーパーティー』

会場: 駒込地域文化創造館 4F 「調理室」 ※直接、会場へお入りください。

13:00〜        :開場・受付・着替え等
13:30 〜 15:30 :ネパールカレーのスパイスでお料理を作り、一
緒に食べます。
15:30 〜 16:30 :チャイを飲みながら、環境・食についての短編映像
を2本鑑賞。

※自然派料理人の戸島さん(トッチ)にリーダーをお願いしました。
(元マクロビレストラン、現在日本料理)

メニュー:豆腐のキーマカレー、野菜のモモ (ネパリバザーロ・2008年春カタログ
より)他
※ベジタリアンの方も、ご安心下さい。

参加費:(カレースパイスセット1箱お土産付♪)
:事前予約 \1,200 / 窓口受付 ¥1,500 
持ち物:エプロン、三角巾、タッパーなど

※代々木公園アースデイで材料を調達します。19日(土)の14:00までのご予約
に、ご協力ください。



【第2部】 『トークセッション ・ 高尾山の声に耳をすまそう!』

会場: 駒込地域文化創造館 4F 「和室」 ※直接、会場へお入りください。

18:00〜        開場・受付
18:30 〜 20:30 トークセッション
20:45 〜 21:15 質問・感想をわかちあう時間

参加費:事前予約 \800 / 窓口受付 ¥1,000  (お茶・おやつ付)
※託児施設等はありませんが、ひろい畳のお部屋です。
小さなお子さん連れの方、大歓迎♪

高尾山は、東京の都心から電車で1時間ほどの所にある、標高599mの小さな山です。
ケーブルカーやリフトを使えば、思い立った時にふらっと深呼吸に行けるし、
小さな子もがんばれば遠足で歩きとおせるコースもあります。
でも、そこに広がる世界、空気の気持ちよさは格別です。

なぜなら、そこには「不殺生(ふせっしょう)」の精神で古来から大切に守られてき
た、豊かな森が広がっているからです。
(そこに息づくいのちは、植物1321種、哺乳動物28種、鳥類150種、蛇8種、昆虫類約
5000種といわれています。
イギリス1国の生物種数と匹敵するそうです。)

「種の多様性の見本」と呼ばれるほどに、多様な命を育んでこれたのは、
この山の土がたっぷりと「水」を抱いているから。

けれど、今、何十年も前の古い計画に沿って、トンネル工事が始まりました。
高尾山のお腹に穴が開けられるのです。

すべての命を支えてきた「水」は、この後、どうなるの?
そこに暮らす生き物たちは、どうなるの?
ひとは、こわした「いのち」を、もとに戻せるかな?

高尾山の魅力を伝えることで、高尾山に息づくいのちをまるごと守ろうと、
魅力ある野外ライブイベントなどを次々に展開してくださる虔十の会の皆さん。
ツリーダムや和居和居デッキで行われるイベントには、自然が大好きな人が友達をど
んどん誘って笑顔で集まってきます。
高尾の深い豊かな森の中にいる「心地よさ」をたくさんの人に味わって欲しい、高尾
山の魅力、伝わって〜!という、思いのこもったイベントの数々。
そのイベントをとりまとめている、熱きリーダーが坂田昌子さんです。
この問題のありどころを、現場での実感、現地での映像を交えながら、坂田さんにお
話していただきます。

そして、「高尾山の種の多様性の見事さ」、「いのちにとっての<水>の大切さ」を
教えてくれた動物写真家の佐野高太郎さん、
著書「高尾山たかおさん」を通じて出会い、山を一緒に歩き五感をすませること、そ
の魅力を教えてく
れた雪子・F・グレイセングさんもお迎えします。

高尾山の身に今、起きていること。
高尾山に息づく命たちの声に耳をすましてみましょう。
声をあげられない、すべてのいのちの声が、きこえてきませんか?

トーク:
●坂田 昌子 さん (エコアクション虔十の会(けんじゅうのかい)代表) 
HP: http://takao-kenju.sakura.ne.jp/
Blog:http://kenju-no-kai.cocolog-nifty.com/ 
(毎日更新中♪)

●佐野 高太郎 さん(動物写真家)
HP: http://www.kotarosano.com
写真集
『KALAHARI チーターがいる砂漠』、
『北海道 リスとナキウサギの季節』
『高尾山 ちいさな山の生命たち』
(いずれも、かもがわ出版)

●雪子・F・グレイセング さん(創作家)
http://www.artfolio.org/fujiyama/
書籍
「高尾山たかおさん」
「高尾山ゆっくり散歩」
「山はおくりもの」
(いずれも、けやき出版)

※4月20日 (日) 当日の坂田さんトーク予定@代々木公園アースディ会場
11:00〜12:30 坂田昌子の高尾山トーク@コンサベーションアライアンス・ブース
14:00〜15:00 天狗楽団演奏&坂田昌子トーク@種蒔き大作戦
15:40〜16:10 自然育児の会・女性&Kidsエリアのドームテントで坂田昌子
トーク

※会場では、翌週4月27日(日)の「高尾山1000人ハイク」のイベント受付を
します。

※佐野高太郎さんの写真集3部作、雪子・F・グレイセングさんの書籍の販売も行っ
ています。
地球上のいのちすべてをいとおしく感じるすばらしい本です。


<主 催・問合せ先>
エコロジー雑貨ももんが 井上(まぼ)
http://www.h4.dion.ne.jp/~ecomomo/
〒113-0021 文京区本駒込6-15-9フォレスタ六義園5F
電話:090-9106-0308 (平日は夜間18時以降)
メール:ecomomo8@m9.dion.ne.jp(当日20日は11:00迄にお願いします)

<協 力>
虔十の会 : http://www3.to/kenju
ももんがともだちネット : http://momotomonet.seesaa.net/


 
posted by momotomo at 12:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

19(土)アースデイに行こう!20(日)ももんがアースデイのお誘い

みなさまへ

ももんが井上です。

以下、今週末について2つ、お誘いを書きます。

@4月19日(土): アースデイ会場へ一緒に行きませんか?

(ご一緒される方は、11:30に、JR山手線原宿駅改札のところに集合です。)

マイ皿、マイはし、エコバッグを持って行きましょう。
色々なブースで、心が弾む仲間と出会えたり、
自分の魂がふるえるような出会い(人に限らず)があるかもしれません。
思いっきり、楽しみましょう!晴れますように〜♪

なお、翌日のカレーパーティーの為、
新鮮なお野菜などをアースデイ会場で買う予定です。

現在、トッチ(お料理のリーダー)、晋平さん、奈々ちゃん、まぼがぶらぶら参加予定。
みなさんも、ご一緒しませんか?

もちろん、大勢での団子移動は無理ですから、途中は、時間を決めての自由行動となると思います。
(各自、興味の赴くまま動くほうがのびのび楽しいですし、人がほんとうに多いので。)

夜は、私は、再処理工場をしる会主催の映画会を観にいきますー。
ポップコーンとビールにつられています・・・わーい(嬉しい顔)
翌日のイベントのお知らせもしてこようっと!
野菜をごっそり持ってるけど、大丈夫かな・・・。

A4月20日(日)は、駒込駅前の公民館にて、
午後から夜にかけて、
ももんがでも、小さな「アースデイ」の催しを行ないます。

(企画も遅れてしまい、直前のご案内で申し訳ありません)

当日お手伝いいただける方、参加するよーって方、
どうぞ、メールを下さい!

地球のことをいとおしく思う、「地球の日」のお祭を、世界各地、色々なところで、色々な方が個性をいかして、
友達や仲間とのつながりを深めながら、小さな単位で動き出してくれました。
そのすべてにありがとう!って言いたいです。

ももんがでも、元気に楽しい気持ちで、つながってゆけたらと思っていました。

当初、2002年頃から、細々と「ももんがまつり」という(変てこな)名前で実施してきたような、ごく身内のお客さんと、得意なことを教えあったり、おいしい&ゆったり交流会を復活させたいなと思って、
公民館の調理室と和室の予約を取りました。

が、その日がアースデイの日と重なると分かました。ドキドキ。

そして、翌週に行われる4月27日の「高尾山1000人ハイク」のお誘いをどんどんしていたら、思いがけず「興味はあったけど一人で参加しにくかったの」。とか、「ちょっと遠くて機会を逸していた」。という声が届き出しました。

それだったら、高尾がもっとぐーーーっと身近になるように、駒込からも発信を。ももんがでも高尾山の声を届けるイベントを何か手を添えてやっていきたいと思っていた時期とも重なり、
坂田さんに、思い切って、お声をおかけしてみました。

既に、アースデイ会場では、何箇所かのブースで、トークショーが決まっていましたが、夜ならいけるよ!ってうれしいお返事をいただきましたわーい(嬉しい顔)(ラッキー☆)

そこで、和室でほっこりという形式の、
「高尾山の声を聞く、坂田昌子さんのトークショー」が実現します!

(虔十の会ブログ:http://takao-kenju.sakura.ne.jp/ )

さらに、ももんがの仲間に、高尾山の魅力やそのSOSの声を、
写真で、イラストで、文章で、そして実際の遠足という形で肌で、
ずっと伝えてくれてきた、動物写真家の佐野高太郎さん、
雪子・F・グレイセングさんにもご協力いただけそうですので、
駒込でも思い切って、
「アースデイ」なんて名乗って実施しちゃうことにしました。

誰かが小さくてもとにかく動き出す。そうしたら、なんとかなるものでしょう!
(いつもみんなを巻き込んでごめんなさい。って思ってます犬

実は、ちょっと名まえがずうずうしくて恥ずかしいから、取り下げようと思っていたら、
既に虔十の会さん http://takao-kenju.sakura.ne.jp/  
のブログにアップされていました・・・。
引き下がれません (^_^)

「●4月20日 (日) 駒込文化創造館(駒込駅北口徒歩1分)
18:30〜 坂田昌子&佐野高太郎の
      高尾山トークセッション@ももんがアースディ 」   」

ひょー。
ももんがアースデイってなってます!(汗)

そして、佐野さんや雪子さんは、ももんがのお仲間にもご紹介してくるチャンスがありましたが、坂田さんってどんな方かしら?と思われる方は、、、。

去年4月14日のともだちの日、地球のなかま映画祭にも応援にきてくださって、打ち上げの席で、みんなに、高尾山のいのちについてお話をしてくださった方です。覚えている方も多いのでは?!
(あの日、高尾山のこと小学生以来はじめて思い出したって人多かった)

そして、8月には、高尾の気持ちのいい森で、
ライブ&六ヶ所村ラプソディーの上映会+小出さんの講演会を「エコラボキャンプ」という形で
実施してくださった、リーダーのかっこいい熱い女性です。

先日、ナマケモノ倶楽部主催のトークショーで、辻信一さんと坂田昌子さんとの対談時の様子が、YOU TUBE で観られます。

虔十の会さんのブログトップから、飛んでいけますので、そちらもとてもよかったです〜わーい(嬉しい顔)
皆さんも、ぜひご覧下さい!

<20日のももんがアースデイの概要> 2部構成です

<午後の部>
カレーパーティー:
13時くらいから、フェアトレードのネパールカレーのスパイスセットを使って、カレー&モモ(ネパール餃子)やデザートなどを一緒に作って食べます。
15時〜16時くらいの間に、チャイを飲みながら、短めの映像を2本観て、その後参加してくださった皆さんとの交流会です。

前半(午後)のカレーパーティーは、
自然派の料理人、トッチにリーダーを頼んでいますので、御安心ください。

<夜の部>
18時〜21時くらい、
虔十の会の坂田昌子さんのトークショー(18:30〜20:30)
佐野高太郎さん、雪子F・グレイセングさんとのトークセッション
みんなでぐるっと顔を合わせて、お茶やおやつ、ご飯を食べながら交流会。

翌週に行なわれる、高尾山1000人ハイクの予約会も兼ねちゃいます。

どうぞ、皆さん、ご家族、お友達をみーーんな誘って、ご参加下さい!
代々木のアースデイ会場の帰りに寄ってくださいね!

ご案内は、別便にて、スケジュールを載せたものを送らせていただきます。

そちらについては、転載&転送のご協力もお願いします。

ももんが 井上より

※画像

@菊川さんのところから、去年、5/13の上映会に向けて、
お嫁に来てもらったチューリップです。
ちょっとひょろりとしていますが、なんとか今年も咲いてくれました。
感動しちゃいました。

Aお花見&わんこ会のときのぽぽみ店長です(おおもりさん撮影)
ちょろっと舌を出してカメラ目線です。めずらしい。。。
後ろにいるのは、ぽぽのボーイフレンド、ぽん太くんとしろくんです。



posted by momotomo at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈々子さんより: 4月9日「アースキャラバン2008」のキックオフイベント レポート 

皆さん、こんにちは。
ブログへの掲載が遅れてしまいました。

9日に行われた、「アースキャラバン2008」キックオフイベントのレポート、奈々子さんお願いしました〜。

さすが〜!とうなる上手な文章、
最高のレポートをありがとうございます。

イベントそのものには、参加できなかった皆さんも、
臨場感いっぱいでお楽しみくださいね。
そして、日本各地をまわりますから、お近くのこのキャラバンが移動したら、ぜひ、イベントに遊びに行って仲間に加わってみてください!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「アースキャラバン2008」キックオフイベントに参加しました!

ももんがの皆様、こんにちは。

レポーター役を申し出ました奈々子です。

2008年4月9日(水)に、渋谷の東京ウィメンズプラザで開催された
「ナマケモノ倶楽部」&「パナソニック」&「博報堂」の初コラボ企画
「アースキャラバン2008」のキックオフイベントを“かいつまんで”レポートします。




私がこのキックオフイベントに参加した目的は2つ。
1つは、「伝説のスピーチの少女」セヴァンにもう一度会うため。
もう1つは、NGO団体・大手企業・大手広告代理店のコラボ企画である
「アースキャラバン」の本当の目的や想いを直に感じ取りたかったからです。

私が初めてセヴァンの存在を知ったのは、
2007年11月4日に行われた新宿御苑でのライフスタイルフォーラムでした。
素敵な笑顔を放ちながらも時折見せる彼女の真剣なまなざしにグッと引き付けられました。


現在28歳のセヴァン。この日は彼女の左手の薬指にキラリと光る細い指輪を発見!!!



「誰もが誰かの子供であり、私もいつか誰かの母親になるかもしれない」というスタンスで語る
セヴァンの言葉を“かいつまんで”書き留めておきます。



【セヴァンの言葉(要約)】

世界各国のリーダー達に『どうやって直すか解らないものをこれ以上壊し続けるのはやめてください』と
お願いをしたリオでのスピーチから16年が経ちました。
そしてこの16年間、世界のリーダー達からの答えを待ちました。
しかし残念なことに事態は変わらないどころかますます深刻な問題へと進展してしまいました。


ですが皆さん、決して絶望しないでください。


私はもう世界のリーダー達のグローバルな解決策を待つことをやめました。
私たちにとって何が本当に大切なのか?幸せとは何なのか?
それを問い直すカギはグローバルではなくローカルにあるのです。
この『アースキャラバン』という企画は、
日本各地で持続可能な生き方に取組むローカルな活動を繋いで行きながら、
子供達といっしょに『豊かさの価値観』を問い直すという試みです。


また、NGOと企業がお互いに新しいパートナーシップを試し合う“実験”でもあります。

お互いに馴れ合いの関係ではNGOと企業が良いパートナーシップを築くことはできません。
それぞれの責任を果たし、お互いを高め合うことで素晴しいコラボレーションが生まれます。
『アースキャラバン』は、私も初めて体験する“実験”なのです。



・・・このようなメッセージの後、
セヴァンはおそらく予定になかっただろうと思われる行動に出ました。

この「アースキャラバン」を企画している博報堂の若いスタッフに、
ステージに上がるよう呼びかけたのです!


セヴァンから
「このメンバーが居たからこそ、アースキャラバンが実現しました。私たちの大切な仲間です」
という紹介を受けてステージに立つ博報堂の企画運営スタッフは、
照れながらもとてもいい笑顔をしていました♪
ナマケモノ倶楽部の辻さんと出会った2年前から構想を立てていたとのこと。
まさに何もかもが初の試みで、トラブルやら調整ごとやら、
思うように行かないことの連続だと言っていました。



“効率重視”の日本の企業が、このような試みにどこまで踏み込んでいけるのか?
私個人としては興味深いテーマであり、注目していきたいと思っています。
もちろん、この“実験”が企業と環境NGOの共同による
成功事例のひとつになって欲しいと心から願います。



と、いうことで、キックオフイベントに参加した私の目的は達成されました。



最後に、
セヴァンが辻さんから言われて考えさせられたという
“ショッキングなことば”をご紹介します。



「君は、効率的に愛されたいか?」



セヴァンの答えはもちろん「NO!」です。

う〜ん、私もゆっくり愛されたい・・・(笑)

以上、現場より奈々子がお伝えしました!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※さらに、ほんとうに素敵な画像アルバムをまとめてくださっています。
ただ、こちらに含まれる写真は、ももんがともだちネットのクローズしたMLでの掲載についてはOKをもらっているのですが、
ブログ上での掲載については、OKが取れていないお写真も含まれています。
そのため、パスワード付のアルバムなのですが、パスワードと共に載せてお楽しみいただくことが現在、できません。

画像をいくつかいただいて、別の方法でアップしますので、
しばらくの間は、ご覧いただきたい方は、ももんがあてに メールをお送りください。ecomomo8@m9.dion.ne.jp
お手数ですが、よろしくお願いします。

              エコロジー雑貨ももんが 井上


posted by momotomo at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「報道ステーション」映像のご案内、声を届けよう〜

みなさん、こんにちは。

ももんがの井上です。

ももんがともだちネットのMLでも、O石さんが情報を寄せて下さって、
テレビ朝日の報道ステーションで放送される、六ヶ所村再処理工場の特集をぜひ見て、感想を送ろう!と流れました。

そちらに、番組を観られたM崎さんから細やかなコメントが載って、
誰か、ビデオ撮っていたら貸してください〜!とお願いしていたら、
トッチから以下の声が届きました。

観ることができてよかったですわーい(嬉しい顔)
私も早速、ありがとうのメッセージを送ります

トッチより

以下、報道ステーションの映像です。
知人がブログに載せてくれていました。

http://video.google.com/videoplay?docid=8908393835007530130&hl=en


でね、
是非とも報道ステーション宛に、メッセージ送りませんか?

放送、ありがとうでも、
よくやった!

でも、何でもいいと思うので♪

僕ら視聴者からの熱いメッセージは、テレビ局側にとって、
スゴイ影響力があるらしいですよ。


報道ステーションへの意見・要望投稿
http://www.tv-asahi.co.jp/hst/contents/opinion/index_see.html


意見閲覧(ここからも「投稿」ページにリンクしてます)
http://www.tv-asahi.co.jp/hst/contents /opinion/


TO トッチ、ありがとう〜。


posted by momotomo at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。