2011年07月22日

エコロジー雑貨ももんがです:リニューアル・オープンのお知らせ

20110614090538.jpg
看板わんこ(沙羅とたまき)です。
7月に沙羅2歳、たま7歳になりました。


ももんがともだちネットブログにお越しいただきました皆様へ

こんにちは。

大変ごぶさたしております。

ももんが店員のまぼです。

こちらのブログは、長く更新することができずいました。

突然のご案内という形になってしまったのですが、
地震後にいろいろなことを考え、まわりとも相談を重ねて、
本日、エコロジー雑貨 ももんが の 実店舗を、リニューアルオープン いたしました。


2011年7月22日(金曜日) 11時〜19時 

東京・駒込 の 染井商店街(ソメイヨシノの染井です) の一角で、
エコロジー雑貨ももんが&地球ギャラリー、リニューアルオープンいたしました。

しばらくは、毎日 11時〜19時に営業しています。

あまり広くない店内ですので、通常は、沙羅は歩いて30秒ほどの自宅におります。
事前に、お声がけいただければ、お店に出勤したり、私と一緒にお店番をしていることもあります。
(23日は、縁日の太鼓や声に沙羅が騒いでしまいそうなので、その時にお店の奥におります)

どうぞ、皆様、遊びにいらしてください。

どうぞよろしくお願いします。

エコロジー雑貨ももんが 井上

住所 〒170-0003 豊島区駒込6−33−4 1階
電話・ファックス 03-3910-4510(変わりません)

<店への行き方>
駒込駅(東口または北口)をおりて、旧古川庭園(バラで有名)を目指してください。
霜降商店街(しーちゃん)の入り口 から、400メートルくらいの細長い商店街を歩きます。

右手にスーパーサカガミさんを越えるあたりから、染井商店街になっています。
東日本銀行を越え、さらに、右手をごらんになりながら、てくてく進んでください。
調剤薬局、焼き鳥屋さん、お豆腐屋さん、ギャラリーカフェのあうるさん、美容室ぷっとさん、空き店舗、その横が「ももんが」です。
今回のお引越し先は、こぎれいな建物の一階です(びっくりされそう)。
反対側のお隣は、クリーニング屋さん、時計屋さん、歯医者さん、靴屋さんと続きます。

靴屋さんの正面に、染井コミュニティ広場があり、ネコたちがのんびり暮らしていて、奥は路地になっています。

なお、明日23日(土)の14時から、この広場で、「染井縁日」があります。
焼きそばとか綿あめも出るみたいです。
懐かしい感じで、おすすめです。
合わせて、そぞろ歩きに、ぜひいらしてください!


ももんが 井上





posted by momotomo at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

ももんが・引越しました&新しいわんこを迎えました!

みなさま

こんにちは。
すっかり春らしくなりましたね。

東京ではサクラも先週末でおおかた散ってしまいましたが、
やわらかな若芽の緑色が、光をうけてまぶしいです。

みなさんのお住まいになられている地域で、
それぞれの春を迎えられていることと思います。

こちらのブログは、昨年末から更新がない状態でした。
ごめんなさい。

本業が忙しい時期に加え、地味にいろいろなことが起き、
余裕がほんとうにありませんでした。
ご心配をおかけしてしまった皆様、申し訳ありませんでした。

ずいぶん前になってしまいますが、
1/6は、ももんがの店長犬で、みなさんに可愛がっていただいてきた、
ぽぽみの命日でした。
ぽぽみをなくしてここ1年ほど無気力状態が続いたり、悲しみに沈んで泣いてばかりいたのですが(完全にペットロスです)、
ぽぽちゃんの命日が過ぎた頃に、
ずっと探していた、動物と暮せる家が見つかり、
リフォームの手を入れながら引越し、
そして、新しいわんことの暮らしが始まりました。

今、あれよあれよという間に、
今の状況にたどり着いたことを思うと、
しっかり者のぽぽみが、(心が)めそめそしていたわたしに、
くいくいと赤い糸をひっぱって、
新しいおうち と 新しいわんこに結びつけてくれたように思っています。

1)引越しました。

 ももんがの事務所・倉庫ですが、文京区本駒込6丁目から、
 駒込駅の反対側、豊島区6丁目に引っ越しました。
 駒込駅から徒歩ですと、ぶらぶら商店街に沿って歩いて20分くらいです。西ヶ原駅からですと、住宅街をてくてく10分弱です。

先週、4/3(土)に、
最後の森のマーケット@フォレスタ六義園5F を 行いました。
ももともネットのMLを見て、集ってくださった15名近くの皆さんと、
六義園の山桜を眺めながら、お茶会、マーケット、宴会とフルコースで楽しみ、卒業しました。

ありがとう 窓の外 六義園の森 右手.jpg

画像:のまっち撮影

フォレスタ六義園の窓からの眺めです。右手。

4/4に引越しを終えたのですが、現時点(4/13)でも、
うずたかい段ボールに囲まれて生活しています
(身体を横にねじって移動中(泣)

2〜3月に、たくさんの友だちに日替わりで手伝ってもらいながら、
壁紙を剥がし、土佐漆喰を塗り、
わんこを迎え、(無理やり)暮らし始めました。

ようやく引越も終わったのですが、整理整頓もリフォームも「途上(20%ほど?)」ですので、
ももんがのリニューアルOPEN は、ちょっと先になりそうです。
GW後、遅くても6月中にはと思っています。

(通販は引き続きOPEN中です。メールでのご注文も大歓迎です)

新居は、活気のある霜降商店街・そめい銀座商店街をてくてく歩いていき、ちょっと路地の奥に入り込んだところにあります。

みなさんにも散策がてら来ていただけると、きっと気に入っていただける、懐かしい感じで、おもしろいところです。

ただ、普通の住宅地ですし、今後のご案内は、ネット上ではなくて、ももんがともだちネットのMLと個別メール&お葉書でさせていただく予定です。

2)新しいわんこ、沙羅(さら)ちゃんをお迎えしました☆
沙羅です.jpg

画像:ぱんだ13号さん撮影

沙羅に会いに、ぜひ、遊びに来て下さいね!

(小さかった沙羅を預って育ててくださった、モカママさんが名づけてくださいました。白い沙羅双樹の花の名まえからだそうです)

モカママさんのブログ:http://mochamama.exblog.jp/

沙羅ちゃんは、千葉県の保健所に捕獲・収容されたところを、
ちばわんで保護していただくことができました。
秋田ミックスの女の子で、現在8ヶ月で、育ち盛りです。
先月3/8(16.3キロ)から一緒に暮しはじめ、
先日、11日に、晴れて正式に私とぽぽみの妹になってくれました。

現在、私の中では「ちびちゃん」なのですが、
既に20.3キロありますので、ぽぽみと同じくらいの大きさに見えるかもしれません。

見かけはふわふわしている分(そうじゃなくても)大きいですけれど、まだ幼い子犬ですので、チアガール&店員見習いからがんばってくれています。
ゆくゆくはぽぽみ店長の跡継ぎとして修行中です。
(ぽぽみとさらは、似ているようで、個性がぜんぜん違うのも味わいです)

4/3の初めてのお店番は、一人ずつのお客さんに、
ぺろぺろ&お相撲&抱っこして攻撃で、元気にご挨拶をしましたよ。

人もわんこもにゃんこも大好きな沙羅と一緒に、
命を大切にしよう!という活動や、
泣いているわんにゃんたちを実際に減らしていくための活動を、
より一層、がんばっていきたいと思っています。

みなさん、ぜひ、沙羅に会いに、遊びにいらしてくださいね!

わんにゃん好きな方、どなたでも大歓迎です♪

**************************

上記のご案内は、ブログの更新をする余裕がまったくなくって、
ももんがともだちネットのメーリングリストに入ってくださっている方々に「投稿」という形で、断片的なご案内になってしまいました。

ご心配、ご迷惑をおかけしている方々もいらっしゃるかと思いますが、元気にしておりますし、
お店や各種イベントのほうは、
リフレッシュ後に、すこ〜しずつ整えてまいります。


今後ともどうぞ宜しくお願いします♪

エコロジー雑貨ももんが 
          井上雅代(まぼ)&沙羅
          








posted by momotomo at 13:05| Comment(23) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

12/27イベント:野間さんのプロフィール追加しました!

1227「いのち、つないで」チラシ写真入.pdf

※スナメリの男の子と
カンムリウミスズメのかわいこちゃんたちのイラストが産まれました!
チラシもぜひ、みて下さい〜。

1227チラシ2ura.pdf

もう1パターン、チラシがあります。
マスコミや議員さん、そして、この問題を知っている方に、
もうすこし細やかな記載があるバージョンです。
こちらも素敵な仲間たちが、写真で「こんにちは!」しています。

ももともちらし 12.15.pdf
--------------------------------------------------------

皆様へ

ももんがの井上です。

今晩はー。

先日もご案内させていただきましたが、
暮れも押し迫っております、今週末!


12月27日(日)に、瀬戸内海の上関に新しく原発が建てられようとしているその場所
が、
実は、生物にとっても最後の楽園、多様性のホットスポットなんだよ。
という視点から、その魅力とSOSをお伝えしてゆく、
映像+スライドトークライブの イベントを準備しています。

秋に実施した、小出ゼミ合宿の際に、ともだちになった、
植物の図鑑をつくっている、環境ジャーナリストの林将之さん。

http://www.ne.jp/asahi/blue/woods/profile.html

・『葉で見わける樹木』(小学館 1837円)
  基礎から学びたい人にはまず本書をお勧め。

・『樹皮ハンドブック』(文一総合出版 1260円)
  日本初の樹皮図鑑。樹皮情報を満載した自信作。

→彼の図鑑、超いいんです。
私もわんこの散歩のときに、持ち歩きはじめました。
楽しみが増えましたよ。
ぜひ、みなさんも、買って、使いこなしてください!(宣伝しちゃう)

彼がみんなで観るように送ってくれた、NHK山口などのテレビ番組を観ては、情報が操作されて、現地が孤立しちゃうことのこわさを感じて、遠くからでもできること、やりたいなーと改めて思っているところでした。

また、元々、生き物応援団(生き物オタク)なわたしにとって、
祝島・長島の辺りは、ほんとうに、日本のガラパゴス諸島!
生物多様性の宝庫ということが分かってきて、
生き物の生死がかかってるから応援して〜〜!って伝えたい!と思っていました。

広報もギリギリで恐縮なのですが、
(いつか、読んでくださった方が、ぴんとくる日の為にでよいので)
みなさまのつながりへ、このイベントのことも、お伝えしていただけますと、大変うれしいです。

また、お子さん連れでも、参加しやすい気軽な会です。
瀬戸内海?どこ?って方でも、
忘年会?いくいく。その前に何かあるの?という方でも、
みーんな、楽しめちゃうような、
入門用なイベントになっています。

ご案内には、学者の先生みたいな書き方をしていますけれど、
野間さんは、気さくなお兄さんです。

ぽんぽんと質問しながら、
びわ茶やおやつをいただきながら進みますので、
どなたでも、学びながら、楽しめちゃうと思います。

ご家族、お友だちをお誘いあわせのうえ、
海の美しいスライド、可愛い鳥たちのスライドを見に、
ほっとしに?!いらしてください。

ももんが 井上

-----転送・転載 大歓迎♪

(野間さんプロフィール、ネアリカ展示 加筆済み)--

いのち、つないで

生物多様性のホットスポット

瀬戸内海の海と島に生きる生物(いのち)を応援しよう!

☆日程:12月27日(日)14時〜(開場13時半)
☆会場:文京区勤労福祉会館・区民会議室
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_keizai_shisetsu_kinpuku.html
 (文京区本駒込4-35-15 駒込駅(東口)下車 徒歩9分/田端駅(北口)下車 徒歩
10分)

☆参加費:1200円 (1部、2部通し)
第1部:「ぶんぶん通信」鑑賞のみの場合は400円
第2部:お話からの参加は800円(お茶・お菓子付き)

瀬戸内の海と島には、きわめて稀な生態系が残されています。
たとえば、絶滅危惧種のカンムリウミスズメやハヤブサなどの鳥、
小さなクジラのスナメリ、島の岩壁に根付いているヒノキ科のビャクシン、希少な貝類などの海生生物が多く息づき、
豊かな生物相に支えられ、沿岸漁業が綿々と営まれてきました。

今、山口県の南西部に位置する上関の海(長島・田ノ浦海域)周辺の里山を削り、豊かな生態系の海が埋め立てられようとしています。

地球上の生きものは、お互いに絶妙なバランスの中で支えあいながら生きています。

すべてのいのちがつながっていて、そこにわたしたちもいます。

2010年は‘生物多様性’について考える年。
多様な生物たちの営みと人々の暮らしを、生き生きと捉えたドキュメンタリー映像を見たり、お話を聞いたり、お茶を飲みながら語りあって、美しい瀬戸内の海と島に私たちの想いを届けましょう。

ぜひ、お誘いあわせの上、お気軽にお越しください♪

開場 13:30

●第1部 14:00〜
映画上映:ぶんぶん通信2
(鎌仲ひとみ作品・2009年・63分)
「ぶんぶん通信」は、鎌仲ひとみ監督の新作ドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」(仮題)の制作途中を報告するビデオレター。
原子力発電所建設のために埋め立ての危機にさらされる生物多様性のホットスポット・田ノ浦の自然に焦点をあてた映像です。

●第2部 15:30〜
お話の前に、長島の豊かな自然を映し出したDVD
「瀬戸内の原風景 長島」を上映します。(「長島の自然を守る会」製作)

お話:野間直彦さん
(滋賀県立大学環境学部環境生態学科・日本生態学会・上関要望書アフターケア委員)
プロフィール:
1965年千葉県生まれ、東京多摩地区育ち。
高校生時代は高尾山によく行っていました。
また父方の先祖は瀬戸内海の島にいたため、瀬戸内の自然にも親しんできました。
千葉大卒業後、京大の大学院に進み、屋久島に住んで照葉樹林で動物による種子散布の研究をしました。
森林総合研究所九州支所勤務などを経て、1998年から滋賀県立大学講師。
最近は、木の実の数の変動、イノシシやサルによる農業被害、その対策としての里山林の伐採について、などの研究をしています。
また琵琶湖に侵入している外来植物の駆除活動も行っています。
上関の自然には、環境アセスメントの問題点指摘に加わったのが最初で、10年以上つきあっています。よろしくお願いします。

----------------------------------------------
〜同時開催〜
★上関・田ノ浦写写真展
★緑のハートでつなげよう
GreenHearts プロジェクト
★祝島のいきものたちをモチーフにしたネアリカの作品展

瀬戸内海にあるハート型の小さな島
祝島の物産品(びわ茶、ソーセージ、絵葉書など)も販売します。
フェアトレードの商品の販売もあります。

お楽しみに!

プログラムの詳細は、ももんがともだちネットブログで確認してね!
http://momotomonet.seesaa.net/

********************
なお、イベント終了後、
忘年会は、駒込で一番おいしい!ネパール料理のお店、
ホワイトヒマラヤさんで行います。
(2500円(飲み放題込み)コース)
(ベジタリアン対応があります。お早めにお願いします)

30名定員なので、3日前の人数確定のお約束をしていますので、
そちらへもご参加いただける場合は、
お早めにお声がけよろしくお願いします。
(懇親会参加については、携帯090-9106-0308まで!)

※ホワイトヒマラヤ
http://white-himalaya.com/

19:00〜21:00で貸切予約させていただいています。

メニュー:
モモ(ネパールの蒸餃子)や、カレー、ネパールてんぷらなど
10品目程度で、デザート付き。
ドリンク:生ビールや各種お酒、ソフトドリンク、マンゴージュース、ラッシーなどいろいろ。


ももんがともだちネット 井上雅代
ecomomo8@m9.dion.ne.jp

posted by momotomo at 18:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

12月27日 野間先生+ぶんぶん(IN駒込) いのち、つないで 生物多様性のホットスポット 瀬戸内海の海と島に生きる生物(いのち)を応援しよう!

みなさーーーん!

あっ  

という間に師走も半ば。

あと15日で新しい年を迎えるんですねぇ。
ひぇーーー。

みなさん、お元気でお過ごしですか?

下記のとおり、年の暮れではありますが、
27日(日)に、いきものばんざいなイベント を 
今とこれからを考える一滴の会さんと共催で、
準備しています。

この日は、日頃、ももんがともだちネットのMLに参加してくださっている皆さん同士
の、
お顔を直接見て、話してゆっくり語り合える時間にもなる と思います。

今回のゲストは、滋賀県立大学の植物がご専門の野間先生。
遠くから来てくださって、
みんなに瀬戸内の自然について、映像を交えてお話してくれます。

いのちの神秘って、見れば見るほどおもしろい♪
とってもわかりやすいし、映像のすべてが、
うっとりぽやーんとしちゃう、美しさ、かわいさ、神々しさです。

大掃除?
あとでやりましょう!(*^-^*)

お友だち、家族をお誘いの上、遊びに来て下さいね!

なお、終了後の夜は、元気に忘年会です。
(参加費、飲み放題2500円くらい)
ネパール料理のホワイトヒマラヤさん(定員30名)です。

そちらへの参加もあわせて、ご検討下さい。
「いけるよ!手伝えるよ!」とおっしゃる方は、ぜひ、お早めに
ももんがまでお知らせ下さい。
(安心させて〜笑)
                ももんが まぼ

-----------------------------------------------

いのち、つないで
生物多様性のホットスポット

瀬戸内海の海と島に生きる生物(いのち)を応援しよう!

☆日程:12月27日(日)14時〜(開場13時半)
☆会場:文京区勤労福祉会館・区民会議室
 (文京区本駒込4-35-15 駒込駅(東口)下車 徒歩9分/田端駅(北口)下車 徒歩
10分)
☆参加費:1200円 (1部、2部通し)
第1部:「ぶんぶん通信」鑑賞のみの場合は400円
第2部:お話からの参加は800円(お茶・お菓子付き)

瀬戸内の海と島には、きわめて稀な生態系が残されています。
たとえば、絶滅危惧種のカンムリウミスズメやハヤブサなどの鳥、
小さなクジラのスナメリ、島の岩壁に根付いているヒノキ科のビャクシン、
希少な貝類などの海生生物が多く息づき、
豊かな生物相に支えられ、沿岸漁業が綿々と営まれてきました。

今、山口県の南西部に位置する上関の海(長島・田ノ浦海域)周辺の里山を削り、
豊かな生態系の海が埋め立てられようとしています。

地球上の生きものは、お互いに絶妙なバランスの中で支えあいながら生きています。
すべてのいのちがつながっていて、そこにわたしたちもいます。

2010年は‘生物多様性’について考える年。
多様な生物たちの営みと人々の暮らしを、生き生きと捉えたドキュメンタリー映像を
見たり、お話を聞いたり、お茶を飲みながら語りあって、
美しい瀬戸内の海と島に私たちの想いを届けましょう。

ぜひ、お誘いあわせの上、お気軽にお越しください♪

開場 13:30

●第1部 14:00〜
映画上映:ぶんぶん通信2
(鎌仲ひとみ作品・2009年・63分)
「ぶんぶん通信」は、鎌仲ひとみ監督の新作ドキュメンタリー映画「ミツバ
チの羽音と地球の回転」(仮題)
の制作途中を報告するビデオレター。原子力発電所建設のために埋め立ての
危機にさらされる
生物多様性のホットスポット・田ノ浦の自然に焦点をあてた映像です。

●第2部 15:30〜
お話の前に、長島の豊かな自然を映し出したDVD
「瀬戸内の原風景 長島」を上映します。(「長島の自然を守る会」製作)

お話:野間直彦さん
(滋賀県立大学環境学部環境生態学科・日本生態学会・
上関要望書アフターケア委員)

〜同時開催〜
★上関・田ノ浦写写真展
★緑のハートでつなげよう
GreenHearts プロジェクト

瀬戸内海にあるハート型の小さな島
祝島の物産品も販売します。
お楽しみに!

プログラムの詳細は、ももんがともだちネットブログで確認してね!
http://momotomonet.seesaa.net/


posted by momotomo at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

開催中)豊田直巳写真展『大津波アチェの子供たち?スマトラ沖地震か ら5年?』 -- 神奈川県

■転送歓迎■

豊田直巳写真展『大津波アチェの子供たち?スマトラ沖地震か
ら5年?』 -- 神奈川県

開催期間:2009年10月31日〜2009年12月6日

開催時間:10:00〜18:00

開催地 あーすぷらざ 3階企画展示室

備考:
月曜休館 11/23(月)は開館、11/24(火)は閉館

スマトラ沖地震とアチェの子ども達

2004年12月26日、インド洋に面した国々で約23万人の方が犠牲
となったスマトラ沖地震から5年。震源に最も近いインドネシ
ア・アチェでは、地震と津波による死者・行方不明者約17万人
という被害をもたらした。多くの犠牲者を出したインドネシア
・アチェにおける、津波被害から復興までを見つめたフォトジ
ャーナリストの写真約90点を展示。(2000年3月〜2007年12月)

問い合わせ先 (財)かながわ国際交流財団 学習サービス課
045-896-2899
URL http://www.k-i-a.or.jp/plaza/news/20091031_tsunami.html
開催地 あーすぷらざ 3階企画展示室

住所 横浜市栄区小菅ヶ谷1-2-1
アクセス 公共: JR根岸線「本郷台」駅徒歩3分


■■■ 豊田直巳 Naomi TOYODA ■■■■■■■■■■■■■■■■■
○最新刊『戦争を止めたい〜
           フォトジャーナリストの見る世界』(岩波書店)
豊田直巳公式HP「境界線の記憶」 http://www.ne.jp/asahi/n/toyoda/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

posted by momotomo at 17:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊田直己さん他のお話: 11/20放射能兵器(劣化ウラン兵器)禁止国際行動デー(第6回)

みなさま

昨晩、行われたスライドトークショーで、
豊田さんのお話を始めてうかがいました。
とても迫力がありました。

お話の中でも紹介があったのですが、
下記のイベントでも、豊田さんのお話が伺えるそうです。

平日の夜ですが、タイミングのあう方は、ぜひ!

なお、この集会は、毎年行われいる「劣化ウラン兵器禁止・国際共同行動デイ」の一環として実施されているそうです。


11/20放射能兵器(劣化ウラン兵器)禁止国際行動デー(第6回)

日 時:11月20日(金) 開場17:30 開会18:00〜21:00
会 場:東京学院3F (JR水道橋駅西口下車4分)
主 催:劣化ウラン兵器禁止:市民ネットワーク
参加費:800円(前売り)、当日1000円

講 演:◎嘉指信雄氏(ICBUWアジア太平洋地域コーディネーター)
    「NO DU NEXT・劣化ウラン兵器禁止への道」
    対人地雷・クラスター爆弾禁止条約に続け

   ◎豊田直巳氏(フォト・ジャーナリスト)
「可能性が出てきた核廃絶とDU兵器」
日本の市民の行動が問われています

     ◎佐藤真紀氏(日本イラク医療支援ネットワーク事務局長)
      「市民の連帯力で繋ぐ医療支援」
      イラクの子供たちが、それぞれの未来を作るために




嘉指信雄(かざし・のぶお)氏プロフィール

「NO DU (ノーディーユー)ヒロシマ・プロジェクト」代表。
神戸大学教授(専門:現代哲学・近代日本思想)。
広島に住み始めて15年、様々な活動に関わってきているが、ここ数年、
特にDU問題に取り組む。2002年末にはイラクへの「市民平和使節・
調査団」に参加し、翌年3月2日広島で作られた「NO WAR NO
 DU! 人文字メッセージ」では、呼びかけ人代表を務めた。
 ICBUW(ウラン兵器禁止を求める国際連合)の創設メンバーで
あり、現在、ICBUWヒロシマ・オフィス代表。今年5月には、
第1回バスラ国際がん会議に招待され、再びイラクを訪れた。
森住卓著『湾岸戦争の子どもたち』(英語版、2002)、
『劣化ウラン兵器禁止を求めるヒロシマ・アピール』(日・英版、2003)
豊田直巳・清水仁制作『知られざる DU の恐怖-イラクの子どもたち
は今』(DVD/日・英版、2005)、『ウラン兵器なき世界をめざして-
ICBUWの挑戦』(2008/「平和・協同ジャーナリスト基金奨励賞」
受賞)などの制作・編集・発行に関わる。

──────────────────────────────
 


posted by momotomo at 17:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/13〜15 被爆者の声をうけつぐ映画祭

みなさま

前回の上映会は、狙いを定めてほぼフルスケジュールで、
観にいけたのですが、
今回は、今朝の朝刊で知りました!!(汗)

既に終了してしまった部分もありますが、
情報の共有にー。
明日以降も続きますので、ぜひ。

(私は、15日の午前中、映像と山田玲子さんのお話を聞きにいきますよ
 玲子さんは、8月にももんがのちいさな、ももんがまつりで、
 被爆者の声を聞かせてくださった美しく魅力的な女性です。
 なので、プレゼントを持っていくのです♪ ←おっかけ
 ぜひ、皆様も。

--------------------------------------------

<被爆者の声をうけつぐ映画祭>

11月13日(金)〜11月15日(日)
:明治大学・リバティタワーにて

http://hikakueiga.exblog.jp/

被爆者の声をうけつぐ映画祭
hikakueiga.exblog.jp

日時:2009年11月13日〜15日(3日間)

会場:明治大学リバティタワーホール(お茶の水)

各回入場料
前売りチケット:大人1000円 学生・子ども800円
当日チケット :大人1200円 学生・子ども1000円

※13日午後のプレ企画は、参加費500円です。
※15日の午前中のプログラムは、入場料無料です。
※14日夕方の記念講演と15日夕方の特別イベント、シンポジュームは、それぞれ参加費500円です。


-----------------------------------------------
プレ企画 留学生歓迎
「NAGASAKI ANGELUS BELL 1945」ワンコイン鑑賞会
11月13日(金)入場14:50 上映15:00〜16:50
「NAGASAKI1945 アンゼラスの鐘」 )(英語字幕付上映)
 参加費500円(一般の方も参加出来ます)
 上映後に有原誠治監督の挨拶、他

プログラム@ 11月13日(金)17:20〜21:00 
 オープニングイベント
 トランペット演奏(松平晃)と開会の挨拶(10分)
 特別講演「人間と科学 核兵器のない世界へのメッセージ」(60分)
 講師:被爆医師・肥田舜太郎氏
 劇映画『夕凪の街 桜の国』(118分)18:45〜 ゲスト:佐々部清監督(上映後)

プログラムA 11月14日(土)10:00〜12:00
 ドキュメント『広島長崎における原子爆弾の影響 長崎編』(約80分) 
 ゲスト:山内隆治(上映前)長崎の被爆者(上映後)

プログラムB 11月14日(土)13:30〜15:50
 短編アニメーション『太陽をなくした日』(17分)
 劇映画『青葉学園物語』(103分)13:50〜15:50 ゲスト:大澤豊監督(上映後)

映画祭記念講演 11月14日(土)16:30〜18:00
 「被爆者として、科学者として生きる」(60分)
 沢田昭二 被爆者・名古屋大学名誉教授)
 参加費500円 当日受付

プログラムC 11月14日(土)夜18:45〜21:00 
 劇映画『さくら隊散る』(112分) ゲスト:新藤次郎プロデューサー(上映前)

プログラムD 11月15日(日)10:00〜12:00 〔無料上映会〕 
 ドキュメント『ヒロシマ 母たちの祈り』(30分)
 ドキュメント&アニメ『夏服の少女たち〜ヒロシマ・昭和20年8月6日』(50分)
 ゲスト:山田玲子 広島の被爆者(上映後)

プログラムE 11月15日(日)13:00〜15:30
 劇映画『長崎の子』(50分)
 ドキュメント『二重被爆』(60分) ゲスト:青木 亨監督(上映後)

映画祭特別イベント 11月15日(日)16:00〜18:00
 シンポジューム 『原爆認定訴訟19連勝が切り拓いたもの』 (120分)
 司会:田部知江子(原爆症認定集団東京訴訟弁護士)
 シンポジスト:畑谷由江(原告)、中村桂子(NPOピース・デポ)、斎藤 紀(証言者、医師)
          山田英典(被団協)、中川重徳(原爆症認定集団東京訴訟弁護士)
 参加費500円 当日受付

映画祭エンディング 11月15日(日)18:00〜18:15
  歌:田中ルミ子 シンガーソングライター(10分)
  閉会の挨拶
       
※今後の準備の中で、ゲストや出演者などに若干の変更が出る場合があります。
※15日のプログラムDは、広島平和祈念資料館とNHKの作品のため、入場無料です。
※14日夕方の特別講演と15日夕方の特別イベントは、それぞれ参加費500円です。 

主催:明治大学軍縮平和研究所 被曝者の声をうけつぐ映画祭実行委員会
協賛:被曝者の声をうけつぐプロジェクト50 日本原水爆被害者団体協議会

【ご連絡・お問い合わせ先】
共同映画梶@03-3463-8245
鞄ニ立映画センター 03-5827-2641
ウイング・コア (FAX)03-3205-8958
Mail:eigasai★gmail.com
※上記アドレスの★を@に変えてご連絡下さい。

posted by momotomo at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

植林活動チャリティー講演 C'mon Tour 〜地球に緑と笑顔が増える〜 『ハッピー植林フェスティバル』

みなさま

ももんがともだちネットのMLへ、
サトミンさんから、お知らせをいただきましたー!

11/22の川口が参加が難しい方は、
11/28の福生へGOGO!

以下、転載

-------------------------------------------------------


てんつくマンの映画「天国はつくるもの」にパートUができました。
観た人からは、「最初から最後まで涙無しでは観られなかった。。」など、
パートTに引き続き、感動と勇気をもらえる映画だそうです。

今回、映画とてんつくマンと、
そして一緒に植林活動をしているまーちゃんと森げんたとのコラボの中身の濃い企画です!!

収益金は、森を増やすために使われます。

*******************

植林活動チャリティー公演
C’mon Tour!! in 東京

〜地球に緑と笑顔が増える〜
『ハッピー植林フェスティバル』

今、地球は雨が降らなくなっている
この瞬間も、森が消え、砂漠が広がっている

やがて世界中で水の戦争が起こるかもしれない
未来のために、今、何が出来るんだろう?

そうだ
木を植えよう

木を植えれば 緑が増え 雨が降る
虫も 花も 人も 地球も みんな喜ぶ

心に木を植え
日本の森を元気にし
世界中に緑を増やしていこう

微力は無力じゃない
微力のつながりが 世界を変えていく

母なる地球に
緑と、笑顔と、感謝の量を増やすために
ハピフェス(通称)を開催します

世界中に、希望の風が広がっていきますように

■ 開催日程
2009年11月28日(土)東京都・福生市民会館大ホール
開場:12時  開演:13時〜19時
前売:2200円 当日:2800円 (高校生以下1000円引き 1062人限定)

■ 目的
地球の緑の大切さを伝え、心と大地に木を植えること
世界中に緑と笑顔、そしてHAPPYを増やしていくこと
★植林活動を応援するためのチャリティー公演です。収益金は「WONDERFUL
WORLD 植林 FESTIVAL」を通じて、砂漠緑化や国内の植林活動の支援となりま
す。
■ 出演
★てんつくマン
(動けば変わるを合言葉に、希望を伝える活動家・「107+1天国はつくるも
の」監督)
★南ぬ風人まーちゃんうーぽー
(心に雨を降らせ、大地に木を植える三線アーティスト・「風人の祭」発起
人)
★森源太(ただ真っすぐな唄うたい、「ぜろ祭り」発起人)
★まーちゃんバンド&風人ブドゥリ太鼓&てんつくファミリー
☆司会:みーちん(元気の種まき&スマイル活性MC)

■ 内容
●13時〜 第1部 上映会(C’mon Tour!! in 東京)
「107+1天国はつくるもの」パートU上映会、てんつくマン挨拶
●15時50分〜 第2部 講演会
てんつくマンのトークライブ、ワンフェスの植林活動紹介
●17時〜 第3部 コンサート
森源太ライブ、「1円玉が世界を救う」宣言
南ぬ風人まーちゃんバンド&風人ブドゥリ太鼓
○ロビー:植林活動の紹介、出演者の物販&活動紹介、てんつくマンの書き下
ろし、
「1円玉の森」コーナー(ワンフェス募金)

■超ハッピー1円企画(ワンフェスを盛り上げよう)
★「1円玉が世界を救う」宣言★ 〜微力は無力じゃない〜
「微力は無力じゃない」ということを伝えるために、参加者みんなで創りあげ
る企画!
→実行委員やワンフェス仲間、会場の参加者にステージに立っていただき、未
来へむけて動いていくアツイ思いを宣言していただきます。
★「1円玉の森」コーナー★ 〜微力のつながりが世界を変えていく〜
1円玉大募集!微力の1円玉であっても、それが集まれば世界を変えていけると
いうことを伝えるための企画!→ワンフェスの1円募金を会場にて集めます。


■運営費用について 運営費は、以下の方法でまかないます。
1、はっぴーチケット 
前売2200円 当日2800円(高校生以下は1000円引き)※幼児は無料
→実行委員による手売りと、事務局にて予約を受け付けます(会場受付で清
算)
 2、パンフレットへの協賛広告 1口 5000円〜 (4cm×4cmを60口ま
で)
   →会場と全国各地の協力者へ2000部を配付、ホームページへも名前を掲

 3、ホームページへのバナー広告 
→お祭りHPにバナーをリンク→1万円
 4、寄付を1円〜受付けます
→お祭りへの寄付を受け付けます、また会場にて感動募金箱を設置。
5、カンパグッズによる収益
→ステッカーやグッズなどを販売します。

■チケット代、協賛、寄付の受付口座はこちら
◎ゆうちょ銀行口座「ハッピー植林フェスティバル実行委員会」まで
◆郵便局から(記号-番号)  14190−27497801 
    ◆銀行からの場合は(店番418) 四一八支店 普通口座 2749780
(※振込をされるときは、かならず内容をご連絡ください。)
    ★収益金はすべて、ワンフェス植林活動へ寄付いたします。


■ 運営組織
○主催:『ハッピー植林フェスティバル』実行委員会
○共催:NGO風人ネットワーク、WONDERFUL WORLD 植林 FESTIVAL
○後援:申請予定→福生市、福生市教育委員会、他

■ 実行委員会の構成(通称:関東♪ハピル隊♪) ※ハピル=沖縄の方言で
蝶々の意味
実行委員長: 南ぬ風人まーちゃんうーぽー(山下正雄)、假屋恵子(けい
ちゃん)、
       桜井健司(さくやん)
副実行委員長:恵美佐知子(さちべえ)、上栗絵里香、小島朋則(とも)、
古川幸平(こっへぇ)、宮島賢也(みやじっち)、大芝健太郎(しばけん)
事務局:大西雄史(かばちん)、藤井葉子(くらげ)
その他、会計、広報、舞台、受付、会場などの役割を配置する


■事務局・お問い合わせ
「NGO風人ネットワーク」(風人の家)〒532-0011  大阪市淀川区西中島
1-13-13-2FTEL 06-6101-8818  FAX06-6889-7731E-mail
kajipito@painukaji.com URL http://www.painukaji.com


■ 出演者と団体の紹介(くわしくは、HPを)

●てんつくマン(NGO MAKE THE HEAVEN代表、映画監督、ワンフェス実行委員
長)
吉本興業・お笑いコンビTEAM 0として活躍後、94年映画製作という夢を見つ
け、吉本興業を退社。98年映画の資金6000万円を集めるため、原宿表参道の路
上に座り、筆と墨を使い、相手を見てインスピレーションで言葉を書き始め
る。その言葉が多くの元気を増やすこととなり、書籍を次々に出版。03年ド
キュメンタリー映画「107+1〜天国はつくるもの〜」が完成。2008年2月に観客
動員10万人を突破し、今なおロングラン上映中。 映画や講演を通して、多く
の人々に勇気を与え続ける。 04年NGO「MAKE THE HEAVEN」を設立。香川県の
小豆島を拠点に、環境問題や海外支援を「笑い楽しみながらロマンチックに動
けば変わる」を提案しながら楽しんでいる。 http://www.tentsuku.com/


●南ぬ風人まーちゃんうーぽー(NGO風人ネットワーク代表、音楽家)
沖縄県西表島出身、本名:山下正雄。 「歌って踊って平和をつかめ」「戦争
をお祭りに」を合言葉に、まーちゃんバンドを率い、子どもから大人まで誰も
が楽しめるHAPPYなライブを展開。
『風人』(かじぴとぅ)=「自然と共に生きる人」を表現するそのライブは、
大地や人の心に、木を植えていくようである。1999年より『風人の祭』を開催
し、2002年NGO風人ネットワークを設立、地球に緑と笑顔を増やすためにお祭
りを創っている。 http://www.painukaji.com

●森源太(長崎県出身のシンガーソングライター)
カンボジアで生きる人に惹かれ、カンボジア地雷除去イベント「ぜろ祭り」
を、日本全国の仲間たちとともに主催。「唄で日本ば元気にしたか!」と全国
で公園&ライブ活動中。
http://www.morigenta.net/

□NGO風人ネットワーク
「唄って踊って平和をつかめ」を合言葉に、平和のためのお祭りを開催する仲
間たちで、大阪市の「風人の家」に事務局を置く市民団体。その中心である
「風人の祭」は、2008年は全国39箇所で開催、のべ2千人の実行委員と3万人を
こえる参加者がありました。
他にも「虹のまつり」などを開催、毎年4月は内モンゴルでの植林ツアーを展
開中。

□WONDERFUL WORLD 植林 FESTIVAL
 通称:ワンフェス。一番小さいお金、1円玉を集めて地球を緑だらけにし
ちゃうプロジェクト。
1円玉や、多くの人の小さな力を集め、国境を越えて、多くの人種が一緒に植
林をしていくプロジェクトです。てんつくマン実行委員長を中心に、「内モン
ゴル植林ツアー」では、過去5年間で502人の仲間や現地の人たちの協力で、34
万6500本の木を植えています。
http://www.wonderful-world-syokurin.org/wecan/


posted by momotomo at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【転載】「犬と猫と人間と」ニュース Vol.10 2009.11.13

******************************
  「犬と猫と人間と」ニュース Vol.10 2009.11.13
    http://www.inunekoningen.com/

     発行:映像グループ ローポジション/合同会社東風
******************************

-----------------------------------------------------------
  1.渋谷・ユーロスペースにて絶賛公開中!
-----------------------------------------------------------

●ユーロスペースでの公開も残すところあとわずか!
 11月20日(金)までとなりますので、どうぞお見逃しなく。
 上映時間:11:10/13:40/16:10/18:40→20:45

●11日よりレコメンドカードの展示をしています。
 ご入場の際に配布しているレコメンド(お薦め)カードに
 映画の感想を記して次回持参すると、割引の特典があります。
 劇場に戻ってきたカードを11日より展示しています。
 皆さまが映画に寄せてくれた感想をぜひご覧ください。
 
●イベント情報!
 10/31の竹内薫さん、11/5の杉本彩さん、11/8のマルコ・
 ブルーノさんとのトークはいずれも大盛況でした!
 ゲストを招いてのトークイベントも残すところあと2回です。

●11/14(土)16:10の回上映後に穴澤賢さん(ブログ「富士丸な日々」)

●11/15(日)16:10の回上映後には、本作のスタッフである、
 土屋トカチさん&常田高志さん

 となります。いずれも監督・飯田とのトークになります。

※イベント内容、ゲストはやむをえない都合により変更になる場合
 があります。最新情報はオフィシャルサイトにてご確認ください。

-----------------------------------------------------------
  2.「犬と猫と人間と」応援団の募集!
-----------------------------------------------------------

●ユーロスペースでの前売り券をお預かり下さっている方々、
本当にありがとうございます。販売して頂いたチケットは、ユーロ
スペースのみ有効ですので、周りでまだご覧頂いていない方が
いらっしゃいましたら、ぜひお声をかけて頂けましたら幸いです。

●横浜ジャック&ベティのチラシ配布ご協力頂ける方を大募集!!
 info@inunekoningen.comまでお問い合わせ下さい。
 前売り券も劇場窓口、ローポジションにて扱っています。

●横浜での劇場公開に併せ、映画応援を兼ねた写真募集・展示
 イベントが開催されます!ぜひこちらにもご来場ください。
 「ネコミュ! 2009 in YOKOHAMA Miysis 」
  http://nekotomo.jp/commu09/

●大阪第七藝術劇場のチラシ配布ご協力頂ける方も募集中!!  info@inunekoningen.comまでお問い合わせ下さい。

■他地域に関しても、チラシ配布に関する申し出をいただいて
おりますが、地域によりチラシの用意が難しい場合がございま
す。下記の東風までお問い合わせ下さい。

■お問合せは、配給:東風まで。
 〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-42-11 カーサ新宿705号室
 TEL:03-5155-4362 FAX:03-5155-4364
 E-mail:info@inunekoningen.com

-----------------------------------------------------------
  3.その他の劇場情報!
-----------------------------------------------------------

<現在上映中!>
〜11/13 新潟県 十日町シネマパラダイス  TEL:025-752-7505

11/7〜20 愛知県 名古屋シネマテーク    TEL:052-733-3959
     7日(土)〜13日(金)→14:15/16:20/18:30
 14日(土)〜20日(金)→朝10:30の上映となります。

<間もなく公開!>
11/21〜  岡山県 シネマクレール  TEL:086-231-0019
11/21〜  広島県 横川シネマ  TEL:082-231-1001
11/21〜  大阪府 第七藝術劇場   TEL:06-6302-2073
          ※11/23(月) 飯田監督の舞台挨拶を予定
11/21〜  京都府 京都みなみ会館   TEL:075-661-3993
          ※11/23(月) 飯田監督の舞台挨拶を予定
11/28〜  神奈川 シネマ・ジャック&ベティ TEL:045-243-9800 
          ※11/28(土) 飯田監督の舞台挨拶を予定
12/5〜  北海道 シアターキノ   TEL:011-231-9355
12/5〜  神奈川 川崎市アートセンター  TEL:044-955-0107
       ※12/5(土) 飯田監督と小西修さんのトークを予定
        上映期間中、小西修さんの写真展を予定
12/5〜  福岡県 KBCシネマ1・2 TEL:092-751-4268
          ※12/6(日) 飯田監督による舞台挨拶を予定
12/7〜  愛媛県 シネマルナティック  TEL:089-933-9240
12/12〜  兵庫県 神戸アートビレッジセンター :078-512-5500
12/13〜19 徳島県 シネアルテ  TEL:088-632-2239
          ※12/13(日) 飯田監督による舞台挨拶を予定
12/12〜  富山県 フォルツァ総曲輪 TEL:076-493-8815

<2010年>
1/9〜   静岡県 浜松 CINEMAe_ra  TEL:053-489-5539
※12/9(土) 飯田監督による舞台挨拶を予定
1/16,17  長野県 松本シネマセレクト TEL:0263-98-4928
※12/16(土) 飯田監督による舞台挨拶を予定
1/23〜  新潟県 新潟シネウインド  TEL:025-243-5530
1月予定  北海道 苫小牧シネマトーラス  TEL:0144-37-8182
時期未定 群馬県 シネマテークたかさき TEL:027-325-1744
時期未定 石川県 シネモンド  TEL:076-220-5007

まだ今後も増える予定です!

<自主上映会>
「犬と猫と人間と」船橋上映会
 日時:11/22(日) 6時開場・6時半上映開始
 会場:船橋市勤労市民センター地下2階ホール
 http://www.chibaphil.jp/map/funakin.html
 主催:『犬と猫と人間と』ちば上映実行委員会
入場料:1000円
 連絡先:090-4075-5967 / HCE03065@nifty.com
 後援:船橋市教育委員会
 
-----------------------------------------------------------
  4.ローポジション関連情報!
-----------------------------------------------------------

●飯田プロデュースのDVD『「ホームレス」と出会う子どもたち』
一般価格¥2800にて、まもなく販売開始!
 11/21東京&11/28大阪にて完成記念上映&トークライブ開催!
 詳しくは、 http://class-homeless.sakura.ne.jp/

●映画「フツーの仕事がしたい」も各地で上映会あり!
 詳しくは、 http://nomalabor.exblog.jp/

-----------------------------------------------------------
▼mixi内の「犬と猫と人間と」コミュニティもぜひ!▼
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4013137

▼最新情報はグループ ローポジションのブログで随時更新▼
 blog: http://lowposi.jugem.jp/

■自主上映に関しては、各地の劇場公開との兼ね合いを見ながら、
 ご相談させて頂いております。お問合せは東風まで。

■DVDパッケージの発売は劇場公開終了後となります。

posted by momotomo at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イベント2つ:

皆様
こんにちはー。
ももんが井上@昼休み です。

昨晩は明学前にあるギャラリーで行われた、
豊田直己さんのスライドトークイブに行ってきました。
(下に11/20のイベント案内をつけます)

もぅ、なんというかー。
まとまりませんが、すごく「魂」を感じるトークでした。
100分くらいの長いトークですが、あっという間でした。
特に、日本国内で戦争直後に大量に海や山に放棄された、
毒ガスのこと、
今も終っていない被害者の苦しみ。
それだけではなく、終っていないのは、おなじ戦争で、
戦犯にも問われず(うまく逃げて)、大儲けしたり、
何の反省もないままの人たちの側にそのままになってた利権。
新しい視点でした。

また、インドネシアに占領され、自治領として、
武力で押さえ込まれて苦しんでいた「アチェ」を襲った、
大地震、大津波。その被害の復興の影に、大量の殺戮があったことなどは、驚き。
それをタンタンと、でもあつーく話す、豊田さんの話しには、とても力がありまし
た。
その政情とか知らなかったことも多くて、つながりが見えたり・・・。
フェアトレードの世界での救援、寄付のことなどともつながっていきました。
ももんがも、がんばれることはやろう!と改めて感じました。

さて、今晩は、同じ企画・会場で、
森住卓(もりずみたかし)さんのスライドトークライブに行きます。

小出ゼミ合宿のMLで、まどかさんが教えてくれて、
2003年から折に触れて、森住さんの写真などは見つめてきたので、
ご本人に会ってみたいなーと思っていて、
手帳にくりっと○をつけていました。

-----------------------------------
でも、今朝、通勤時に、朝刊を読んでいたら、なんと、
明治大学では、肥田舜太郎医師の講演(60分)が夕方から。
しかも、大好きな漫画の映画化『夕凪の街 桜の国』の上映、
そして、監督トークとセットなのです・・・。

<被爆者の声をうけつぐ映画祭>
11月13日(金)〜11月15日(日):明治大学・リバティタワーにて
http://hikakueiga.exblog.jp/

被爆医師の肥田舜太郎さんの講演

映画『夕凪の街 桜の国』がまた上映されます(感謝)。

監督挨拶
詳しくは、下記のサイトか、全部を転載させていただいた、ももんがブログをご覧下
さい。

とっても悩ましいのですが、トークライブは、予約もしてあるし、
40人の小さな会場で、ぎゅっと森住さんのお話しを聞ける貴重な機会なので、
そちらに行ってきます・・・
(うわーーん。肥田先生ー。身体がふたつ欲しいです)
そして、15日には、山田玲子さんのお話もあります!

-----------------------------------
以下、私が2日連続で参加するトークライブの案内は、
11/4付け、ももんがブログに載っています。
一部抜粋して、転載します。

今年もキッド・アイラック・アート・ホールでの
JVJA写真展が以下のとおり開催されます。
全紙約130点を展示します。
日替わりトークショーもあります。
写真展は無料です。

日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)写真展2009
「世界187の顔」〜生命の現場から〜
『こころの眼で聞き入るとき ことばの垣根は存在しない』
--------------------------------------------
「世界187の顔」 〜生命の現場から〜
時間  11:00〜20:00 期間中無休 ※15日(最終日)は15:00まで
会場:キッド・アイラック・アート・ホール http://www.kidailack.co.jp
    東京都世田谷区松原2-43-11  京王線明大前下車徒歩2分
入場無料 ※期間中のトークショーは入場料が必要です。
写真・映像展出品者(JVJA会員):
森住卓 國森康弘 綿井健陽 野田雅也 山本宗補 権徹
古居みずえ 佐藤文則 豊田直巳 小林正典 桃井和馬
主催:日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)
    http://www.jvja.net/

【期間中特別トーク開催】
11月3日(火・祝)〜14日(土)
予約制/トーク時は入場料1000円(予約先着順・定員 40名)
予約受付:キッドアイラック・アートホール
TEL 03-3322-5564  E-mail
arthall@kidailack.co.jp
※予約で定員に達した場合は受付を終了します。あらかじめご
了承ください。
※トークショー開催時は、一部の写真展会場に入場できません

会期中のトーク日程:
11月12日[木]:
「終わらない”戦争”」  トーク:豊田直巳  (終了)
18:30 - 20:30

11月13日(金):
「核兵器廃絶はなぜ必要か。核実験場からの証言(仮題)」
18:30- 20:00 トーク:森住卓 

11月14日[土]:
「沖縄戦を知る〜沈黙を破った元兵士と住民たち」トーク:國森康弘
16:00 - 18:00 
「沖縄戦では本土出身の日本兵7万人弱と、それをはるかに
上回る15万人規模の沖縄住民が亡くなった。
国内唯一の地上戦で一体何が起きていたのか―。
戦後60余年、表に出ることの無かった元兵たちの証言を通して、その実相に迫る」

・予約/問い合わせ
日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)

東京都千代田区神田淡路町1-21 静和ビル2B
TEL 090-6101-6113 FAX 03-3252-7651
E-mail office@jvja.net
キッド・アイラック・アート・ホール
東京都世田谷区松原2-43-11
TEL 03-3322-5564
URL http://www.kidailack.co.jp

日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)
http://www.jvja.net/

-----------------------------------------------------

なお、おまけみたいですが、明日11/14(土)は、
ひさびさの、ももんが☆森のマーケット 15時〜19時です。
隣の六義園は、入場無料の日だそうです。
(途中、六義園の散歩に出ちゃうかも。お気軽に合流して下さい)
たくさんのフェアトレード商品が、皆様をお待ちしております。

----------------------------------

ももんが 井上

posted by momotomo at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。